補聴器の購入で使える補助金・助成金【わかりやすくご紹介】

補聴器の購入に補助金や助成金が支給されるケースがあります。補聴器は価格の高さがネックになり購入をお悩みの方は多いですが一定の条件を満たせば補助金が支給され補聴器の購入費用をおさえられる制度があるんです。このページでは補助金の対象・申請方法・受け取りまでをわかりやすくご紹介しています。 ※補助金で補聴器を購入する場合は、申請が通ったあとに購入手続きとなるため申請後1~2ヶ月でのお受け取りと

続きを読む

知っていますか?聴覚障害の障害者手帳をお持ちの方が国から受けられる補助について

ご存知でしょうか?聴覚障害手帳を持っている方の受ける事ができる補助の内容を紹介します。 難聴になり聴覚障害者の手帳を交付された方にはどのような補助を受ける事ができるのでしょうか? 中には実はあまり知られていない事もあります。5年に1度補聴器の申請ができる他にも等級により受ける事ができる補助内容が変わります。 今回は気になる国からの補助内容について紹介します。 聴覚障害者手帳について

続きを読む

難聴になったが障害者手帳は交付されるのだろうか?補聴器の補助はあるのか

難聴になり、その場合は障害者手帳が交付されるのでしょうか?補聴器に関する補助はあるんでしょうか? 初めに説明すると難聴になっても障害者手帳が交付されない場合があります。 障害者手帳が出ると補聴器の補助などを受ける事ができるので予算的に補聴器を購入出来ない方には大変助かることです。 難聴の程度により障害者手帳が交付されるかが決まります。障害者手帳の交付や補助について紹介します。 難聴

続きを読む

突発性難聴で治らず難聴になった場合は障害者手帳は出るのか?

突発性難聴になり治療をしたが難聴になってしまったら障害者手帳は交付されるか? まず障害者手帳は難聴者全員が交付される訳では無いです!障害者手帳はある一定の聴力からしか出ないんです。 では障害者手帳はどの様な方が対象になるんでしょうか?突発性難聴についてと福祉制度について今回紹介していきます。 まず突発性難聴になったら 突発性難聴はその名の通り突然耳が聞こえなくなるという難聴

続きを読む

補聴器の補助金制度、手帳交付について。申請の対象になる条件とは?

補聴器を少しでも負担無く購入したい方へ朗報です。補聴器はある一定の 聴力や言葉の聞き取りの基準を満たすと補助金(公的助成)の制度を受けることができます。 聴覚障害者として認定をされ、障害者手帳をお持ちの方のみ受ける事ができます。 今回は補聴器の補助金の申請の仕方をお教えいたします。 補聴器の補助金制度とは何か? 障害者総合支援法という法律が、平成25年4月1日から施行されました。

続きを読む

片耳難聴でも障害者手帳は出るのだろうか?聴覚障害の福祉制度について

難聴は両耳共に起こる以外に片耳だけに起こる事もあります。(一側性難聴) ある一定の聴力になると聴覚障害者に該当し障害者手帳が出ます。 ではどの程度の難聴だと障害者手帳が出るのか?片耳だけが難聴でも障害者手帳や補助が受けられるのか? 結論から言うと片耳だけの難聴では障害者手帳は出ません。聴覚障害で手帳が出るのはある条件が決まっています。 今回は障害者手帳の制度や補助金の仕組みや片耳の難聴

続きを読む