フォナックのクロス補聴器モニター募集!!


片耳が聞こえない難聴者へフォナック社(Phonak)のクロス補聴器(CROS)のモニターキャンペーンのモニターを募集します。突発性難聴やムンプス難聴(おたふく風邪)、外傷性による難聴など様々な病気や怪我などで片耳が聞こえなくなった一側性難聴の方々がいらっしゃいます。大阪聞こえ補聴器ではそんな片耳の難聴の方が社会生活で快適に過ごして頂ける改善策としてクロス補聴器を推奨しております。
この約2年間の間でたくさんのお客様からクロス補聴器の良さを体験してもらいご感想を頂いております。
クロス補聴器のモニターキャンペーンでは実際に片耳難聴の方にクロス補聴器を使用してもらい、体験して効果を実感してから補聴器の購入を考えてもらうご提案をしております。使用された経過報告をまとめてもらい、懇切丁寧に応対いたします。モニターだけのサービスや値引などもご提案いたします。

片耳が聞こえない方の主な原因

片耳の難聴になる原因は幾つかあります。

  1. 先天性の難聴
  2. 突発性難聴
  3. ムンプス難聴(おたふく風邪)
  4. 音響外傷(強大音や騒音による難聴)
  5. 聴神経腫瘍

生まれつきにおこる難聴(先天性難聴)、突発性難聴、ムンプス難聴(おたふく風邪)、音響外傷(ロック難聴)など様々です。
片耳難聴は早期の治療で治るケースもあります。突発性難聴やムンプス、音響外傷などは発症してすぐに適切な治療をする事で回復する可能性があります。治療して回復しなかった場合は残念ながら元の聴力に戻る事はありません。片耳難聴の多くは内耳の部分にあたる感音性の難聴になります。

片耳難聴にクロス補聴器が効果的です

クロス補聴器とは片耳が聞こえない難聴用に開発された補聴器の調整方法です。聞こえない耳にクロスといわれる送信機を着けます。見た目は補聴器と同じです。もう片方の聞こえる耳に補聴器を着けて、聞こえない耳の音をクロスという送信機で音を受け取り聞こえる耳に送信して音を聞きとる調整方法です。近年は補聴器の通信技術が向上して瞬時に通信が行えるようになりました。

片耳が聞こえない方にはとても画期的な商品であります。

クロス補聴器の詳しい記事は こちら

クロス補聴器の過去のお客様の感想はこちらをご覧ください。

  1. クロス補聴器のモニター感想文
  2. クロス補聴器のモニター感想文
  3. クロス補聴器のモニター感想文
  4. クロス補聴器のモニター感想文

片耳難聴には色んなケースがございます。クロス補聴器が効果的であるかどうかは様々です。実際に体験してもらったお客様の声を読んでもらうことが参考になると思いますのでご紹介いたします。

  •  クロス補聴器モニター価格10% off 
  •  20パック 25,920円分プレゼント 
  •   V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント 

クロス補聴器(CROS)を使用するには聞こえていない耳にクロス補聴器をして頂き、聞こえている側の耳に補聴器を使用して頂かないといけません。なので両耳に補聴器をすることになります。

一番安い価格はフォナック クロス312で91,800円(税込)になります。

それにフォナック オーデオV30が150,000円になるので

合計が241,800円になります。そこからキャンペーンの値引をすると

クロス補聴器の最安値の価格は217620円

となります。また電池を20パック25,920円分プレセントします。

他にもクロスの種類や性能の高い種類はたくさんありますが、最安値の価格は206,820円になります。

クロスのモニターキャンペーンの条件

必ず初来店から販売、アフターケアまでの約3週間~1ヶ月の感想文とアンケートにお答えいただきます。

キャンペーンの条件
  • 片耳が聞こえないことの悩み
  • クロスを試そうと思った動機
  • クロス補聴器を購入してからの長所と短所
  • 身分証明証のコピーを取らせて頂きます。
  • レンタル代金は3週間500円頂戴いたします。

キャンペーンの内容は下記のとおりです。

  1.  クロス補聴器モニター価格10% off 
  2.  20パック 25,920円分プレゼント 
  3.   V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント  

補聴器がV50以上の商品は補聴器の天敵である湿気や汗からの故障を防ぐ乾燥機D-DRYをプレゼントいたします。

片耳難聴でも障害者手帳は出るのだろうか?聴覚障害の福祉制度について

難聴は両耳共に起こる以外に片耳だけに起こる事もあります。(一側性難聴)

ある一定の聴力になると聴覚障害者に該当し障害者手帳が出ます。
ではどの程度の難聴だと障害者手帳が出るのか?片耳だけが難聴でも障害者手帳や補助が受けられるのか?
結論から言うと片耳だけの難聴では障害者手帳は出ません。聴覚障害で手帳が出るのはある条件が決まっています。
今回は障害者手帳の制度や補助金の仕組みや片耳の難聴に対して効果的な補聴器CROS(クロス)補聴器について紹介します。

主な難聴の種類

まず難聴の種類とは障害が起こった部位によって分けられます。

伝音性難聴

外耳や中耳の障害による難聴

感音性難聴

内耳、聴神経や脳の障害、高齢化による難聴

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因を持つ難聴

難聴の種類について詳しくはコチラ

聞こえの程度について

聞こえによる聴力の程度について

軽度難聴(聴力レベル25dB以上40dB未満)

小さな声や騒音下での会話の聞き間違いや聞き取り困難を自覚する。会議などでの聞き取り改善目的では、補聴器の適応となることもある。

中等度難聴(聴力レベル40dB以上70dB未満)

普通の大きさの声の会話の聞き間違いや聞き取り困難を自覚する。補聴器の良い適応となる。

高度難聴(聴力レベル 70dB以上90dB未満)

非常に大きい声か補聴器を用いないと会話が聞こえない。聞こえても聞き取りには限界がある。両耳の聴力レベルがそれぞれ平均70db以上の場合には、判定医の診療により障害者認定を受けられる場合もある。

重度難聴(聴力レベル 90dB以上)

補聴器でも聞き取れないことが多い。人工内耳の装用が考慮される。

次にオージオグラムで見てみましょう

これは右耳の聴力測定結果の例です。縦に並んる数字(横軸)が音の大きさ、dB(デシベル)と呼ばれます。

下にある横に並んだ数字(縦軸)が周波数、Hz(ヘルツ)です。

dBは下に行くほど大きい音になります。Hzは音の種類です。

上のグラフの場合は右耳の気導聴力のグラフになります。

聴力レベルの計算方法は500Hzと1000Hz×2と2000Hzの聴力を足して4で割り算をして計算されます。これを4分法といいます。

この場合は35+40×2+50÷4ですので平均聴力41.25dBになり軽中度の難聴になります。

福祉法における聴覚障害者の等級について

では障害者手帳が交付されるのはどの様な聴力の方でしょうか?

日本では平均聴力レベルが70dB以上から障害者手帳の交付がされます。
しかし、国連の世界保健機構(WHO)では41dBから補聴器の装用が推奨されるとあります。
聴覚障害のみの場合、最も重度だと障害者程度等級は2級までになります。
ろう(あ)者は言語障害が加わると1級に認定される場合があります。

障害者程度、等級判定基準について

2級 両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)
3級 両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級 1.両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
   2.両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
6級 1.両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
   2.一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの

(注)
1)同一の等級について二つの重複する障害がある場合は、1級上の級とする。ただし、二つの重複する障害が特に本表中に指定されているものは、該当等級とする。
2)異なる等級について二つ以上の重複する障害がある場合については障害の程度を勘案して、当該等級より上の級とすることができる。
(身体障害者福祉法施行規則別表第5号「身体障害者障害程度等級表」より)

以上の内容が障害者手帳交付の条件になります。

片耳だけが難聴では手帳は出ないの?

難聴度が手帳の等級条件に該当すれば障害者手帳が交付され補助金が出て補聴器が支給されます。
しかし、片耳は健聴でもう片耳が難聴の場合は障害者手帳の交付はされません。
難しい問題なのですが片耳だけが難聴の場合は手帳の申請は通らないんです。
しかし、ある条件があれば片耳の難聴でも手帳が出ます。
その条件は上で紹介した障害者程度等級の6級の所にあります。
一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のものとあります。
片耳が90dB以上で、他側耳が健聴ではなく50dB以上の聴力レベルであれば手帳6級に該当します。

注意してほしいのが片耳が健聴ではなく50dB以上の聴力であれば手帳が出るという事です。

上記のような難聴の場合はバイクロスが効果的です。

片耳の難聴では様々な悩みが出てきます

片耳が難聴になるという事は片耳が健聴であっても大きく聞こえに影響してきます。
片耳の難聴について見た目にはわかりません。
特に一般的な難聴に比べると片耳だけ聞こえない難聴は一見は普通の健常者と変わりません。
静かな場所や1対1の会話は普通にコミニケーションが取れたとしても、騒がしい場所や集団での会話や色んな方向から話しかけられると、
聞き取れなかったり、音の方向感がわからなくなるのでとてもストレスを感じます。

  1. 片耳が聞こえない事で音の方向感がわからなくなる。
  2. 全ての音が片耳から入るので音を聞き分ける事が困難。
  3. 一般の人に比べ聞き返しが多くなる。
  4. 騒がしい場所や会議、集団での会話が聞き取れない。
  5. 聞き返しが多くなり相手に嫌な印象を与える。
  6. 仕事上でのミスが多くなる。
  7. 集中して話を聞くので精神的に疲れやすくなる。
  8. ストレスの原因になる。

片耳だけが難聴の場合どの様に対応すればいいのか?

片耳だけの難聴になり聴力が戻らない場合どうすればいいのか?

ただ補聴器をするだけでは聴力を補えない事があります。
何も知らずに補聴器を選んでしまうと失敗してしまいます。
失敗するというのはつけても効果が無い補聴器を購入してしまうという事です。

補聴器をしても効果が無いというのはどういった場合か?

聴力の低下が大きすぎて補えない場合

余りにも聴力が低下している場合は補聴器でも補えない。

音を理解できる耳ではないために効果が期待できない場合

音声の理解度が低下して音が理解できない場合。
補聴器をするにあたり重要なのは聞こえた音をしっかり理解できるかの理解度の部分があります。
聴力検査、語音弁別能検査で調べることができる。

聴力が特殊で補聴器を合わせるのが難しい場合

極端な聴力の低下がある場合は補聴器で補うのが難しい。

片耳難聴を補助、クロス補聴システムについて

おたふく風邪(ムンプス)、突発性難聴、生まれつき片耳が聞こえない(先天性難聴・感音性難聴)
などが片耳の難聴になる主な原因です。
片耳が難聴の場合、通常の補聴器では対応できない事があります。
そこで効果的なのがクロス補聴器です。

大阪聞こえ補聴器ではスイスの補聴器メーカーPHONAK(フォナック)のクロス補聴器をおすすめしています。

聞こえない側の耳を聞こえている方の耳に音を送信して、片耳で両耳の音を聞きとる補聴器です。両耳に補聴器をしないといけません。聞こえない方の耳にクロス(送信機)を着けて、聞こえている側の耳に補聴器(受信機)を着けます。
聞こえていない側の音を聞こえている側に瞬時に音を送信し片耳で両方の音を聞きとる、聞き分ける、という仕組みになっています。

詳しいクロス補聴器の紹介については コチラ

まとめ

片耳の難聴では障害者手帳の交付はされないです。
ただし、片耳が50dBで他側耳が90dBの聴力の場合は手帳が交付されます。
手帳が交付されるのには条件がありその条件に該当しないと交付はされません。
片耳難聴で手帳交付がない為に困っている方も沢山いらっしゃいます。
健聴の方に知っておいてもらいたいのは片耳難聴の人は健康な人が思っているより聞こえに困っているという事。
周りの方の理解もとても重要です。片耳難聴でお困りの方は一度クロス補聴器を試してみて下さい。
大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンなど片耳難聴の方に対する取り組みもおこなっています。

あなたの聞こえをサポートいたします!

約3千人に1人がなる突発性難聴!一側性難聴の聞こえを補う方法とは?

難聴には様々な種類がありその中の一つに突発性難聴(一側性難聴)があります。
突発性難聴(一側性難聴)、それは今もまだ原因が解明されていない難聴の種類です。
突発性難聴は発症してから1週間以内に適切な治療をすると治る確率があがります。治らなければもう元の聴力には戻りません。
今回はその突発性難聴についてどのような症状があるのか?もし突発性難聴になった場合聞こえの改善策はあるのか?

最近話題になっているクロス(CROS)補聴器についても書いております。

突発性難聴とは?

 

突発性難聴は1944年に初めて報告された症状です。
原因が不明で突然内耳性の感音性の難聴になる。感音性は耳の中の内耳神経のことです。

突然難聴になり、その時の事がはっきりとわかる場合が多い。例えば朝起きたら聞えなくなっていたなどです。

発症時には強いめまいを伴う事があり、ある程度時を経て難聴が進んだような場合は突発性難聴とはされません。
原因がわかっているものは突発的な難聴でも突発性難聴とは診断はされず原因にしたがって診断名がつきます。発症率に男女差はなく40代から60歳代に多いのですが、小児の発症もあり全年齢で起こります。発症率は約3千人に1人と推定されています。再発する事はなく、遺伝要素はないです。

突発性難聴の特徴

突然聞えなくなる
高度な感音性難聴(軽度~重度の場合もある)
原因が不明
発症時に強いめまいがある
耳鳴り、耳閉憾を伴う事がある
吐き気、嘔吐を伴う事がある
一側が難聴になる場合が多い(両耳におこる場合もある)

このような特徴が一致すれば突発性難聴の可能性が高いです。
ただし似たような症状が出るメニエール病の疑いもありますので医師の診断結果を待ちましょう。

・メニエール病
30代から40代の女性に多い病気です。
よく見られる症状は突発性難聴と同じく、片耳の聞こえが悪くなる。
立っているのが困難になるほどの強烈なめまいもあります。
めまいに襲われると同時に難聴や耳鳴り、吐き気等の症状があらわれて数十分から数時間この発作がおさまるのを待つしかありません。
メニエール病の大きな特徴は発作を繰り返しながら悪化していきます。
メニエール病の治療には投薬や手術があります。悪化すると日常生活が困難になる。メニエール病は早期に治療を開始することで完治する事も少なくはありません。

 突発性難聴がおこる原因

突発性難聴は初めに紹介したようにおこる原因は不明とされています。
しかし、幾つか原因と考えられているものがありますので紹介します。

ウイルスによる感染

ムンプス難聴やヘルペスウイルスの感染による内耳炎など、
ウイルス感染が原因という説。
ムンプス難聴とはおたふく風邪によるウイルス感染で高度な一側性の難聴になる。

内耳循環障害

毛細血管の血流が妨げられて内耳に血液が十分に届かず機能不全を起こす為におこるという説。
ただし突発性難聴は健康な人がなる事が多い為こちらはあまり有力な説ではないようです。

ストレスによるもの

過度のストレスが原因からおこるという説。
ストレスが原因でおこる難聴には心因性難聴と呼ばれるものがあります。
身体はいたって健康なのに耳の聞こえが悪くなってしまう。耳鳴りや頭痛を伴う事もある。
突発性難聴もストレスが原因ではないかといわれています。

突発性難聴の治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

突発性難聴は早期治療する事で聴力が回復する確率が高くなります。
適切な早期治療、安静にする事が極めて重要です。重度の場合は入院するのが望ましいとされています。一般的には発症から一週間以内に治療すれば比較的に治る確率があがります。
それ以降になると治る確率は大幅に下がってしまいます。

突発性難聴を防ぐ対策はあるのか?

突発性難聴は原因がわからない為予防する事が困難です。
健康な人が急に聞えなくなってしまうのでいつなるのかも予測できません。

突発性難聴の主な治療方法

突発性難聴の治療はステロイド剤の投与、血流改善剤、代謝促進剤、高気圧酸素療法などがある。
中でもステロイド剤の投与がほとんどの施設で第一選択となっています。
適切に治療すれば3分の1は完治し、3分の1は難聴や耳鳴りが残るものの症状は軽くなり、あとの3分の1は残念ながら治らないです。

治療したが聴力が回復しなかった場合

病院にて治療を受けたが回復の見込みがなかった方はどうすればいいのか?
早期治療で治る確率は上がりますが必ずしも完治する訳ではありません。
突発性難聴は治療で回復しなかった場合もう元の聴力に戻る事はありません。

今回は一側耳の聴力が失われてしまった時に有効な改善法を紹介したいと思います。

突発性難聴により片側の耳の聴力が悪くなってしまった時どのようにすれば改善できるのだろうか?
もう聴力は回復しないし片耳が聞こえないまま生活しなくてはいけないのか?

片耳が聞こえない事による悩み

片耳が聞こえなくなったけどもう片方は聞えるしそこまで困らないかなと思った方もいるかもしれません。しかし、片側が聞えなくなる事で生活に色々な支障が出てきます。

・音の方向感覚がわからない

片耳が聞こえない事で音がどこから聞えているのかわからなくなります。
通常両耳で聞いてるのですぐわかりますが片耳が聞こえなくなるとどこから音が聞えているのかわからなくなります。

・周りが騒がしいと何を話しているのか聞き取れない

外や騒がしい場所になると会話の聞き取りがより難しくなります。

・横で話しをされると聞き取れない

片側耳の難聴になると相手がその事を知らない場合は聴力が悪い側で話しかける事もあります。
そういった時聞き返したりする事が増えてきます。一対一の会話もスムーズに行うのが困難になります。

このように片耳が聞こえなくなると仕事での重要な話しがわからない事や友人との会話など生活に支障が出てきます。
ではそれをどのようにすれば改善できるのか?

補聴器で片側耳の聞こえを補う画期的な方法を紹介します!

難聴により聞き取りが悪くなった、あるいは全く聞えなくなった時に手助けとなるのが補聴器です。
・補聴器について
ここで注意してもらいたいのが補聴器の種類です。ただ補聴器をすればいいという訳ではないんです!何も知らずに補聴器を進められて失敗したという事例もよくあります。
そんな失敗をしない為に今回は一側耳の難聴の方に効果のある補聴器

クロス補聴器を紹介します!

クロス補聴器とは?

クロス補聴システムとも呼ばれています。
クロス補聴器は片耳の聴力低下があり、もう片耳が聞こえているという方に効果があります。
クロス補聴器は一側性難聴で条件さえあえばよい効果が見込まれます。
聞える耳に補聴器を装用して聞えない耳にクロス補聴器(送信器)を装用します。
聞えない耳にするクロス補聴器に入った音を聞える耳にする補聴器に送信するというイメージです。
ですので両方向からの音を片耳で聞くという事ができます。

クロス補聴器の使用に適している方

片方の耳が健聴の方
補聴器をしてもうまく補えない方(聴力低下が大きい方や音を理解するのが困難な方)

クロス補聴器は片耳だけが聴力低下した方の為に作られた機器になります。
補聴器では補えない耳なので聞える耳に音を転送する、それがクロス補聴器の仕組みです。

バイクロス補聴器

バイクロス補聴器は上記で述べたクロス補聴器の構造から聞こえている側の耳に軽度もしくは中度の難聴がある場合に対応します。聞こえている側も軽中度難聴があれば補聴器で難聴を補い、聞こえていない側の耳は聞こえている側へクロス補聴で送信する調整のことです。

クロス補聴器をする事で改善できる3つのポイント

・聞こえにくい方向から話しかけられても聞きやすくなる
・騒がしい環境でも聞きやすくなる
・大勢の人の話しも聞えない側からでも聞きやすくなる

音の方向感に関しては片耳に音を入れる為改善が難しいです。しかしこの3点に関しては聞きやすく改善する事ができます。

当店ではPHONAK(フォナック)のクロス補聴器をおすすめしています。
フォナックのクロス補聴器には耳かけ形と耳穴型の2種類があります。

※クロス補聴器は電波を使用する製品のため、心臓ペースメーカーをお使いの場合はご購入の前に必ず専門医にご相談ください。

クロス補聴器の耳かけ形と耳あな型の効果の違い

耳かけ形
  1. 耳を塞がないので違和感が少ないです。
  2. 片耳が健康で片耳が聞こえないクロスの方に有効的です。
  3. 耳かけ形の良い所はすぐに試していただく事ができます。
    既製なので店舗での試聴がすぐにできる。耳あな型は耳の型を採って作るので仕上がるまで試す事ができません。
  4. 耳かけ形はメガネや帽子をされる方の邪魔になりやすくなってしまいます。
    耳かけはマイクの位置に髪の毛やメガネなどが当たると余計な音を拾ってしまう事があります。
  5. 耳かけ形はマイクの位置の関係で通常の耳が音を拾う感覚と異なります。
    前方より後方の音が聞きやすいなどの原因はそのような理由があります。
    全体的に音を拾いやすいです。
耳あな型
  1. 耳の方をオーダーするので耳を塞ぎます。ですので慣れるまでに違和感があります。
  2. バイクロスには有効的です。
  3. 耳の耳介を利用して音を集音するので音の入り方が自然に近くなる。
    耳かけ形と違い耳穴型は耳の中に入れるので前方の音の方が入りやすく余計な音を拾いにくい。
    耳本来の感覚に近くなります。
  4. メガネや帽子などの邪魔にならない。
    耳穴型は耳かけ形と違い耳の中に入れるので当たったり邪魔にならないです。
  5. 騒がしい場所などでは耳かけ形に比べると聞き取りやすい。
    マイクの位置関係で耳かけ形は全方向の音を拾いやすいのに比べ耳穴型は前方の音を中心に拾いやすい。
  6. 耳かけ形と耳穴型ではこのような違いがあります。
    フォナックのクロス補聴器の価格は耳かけ形は約9万円で耳穴型は約12万円です。
    それと補聴器も必要ですので耳かけ形で26万円ほどから、耳穴型は約30万円からになります。

クロス補聴器のまとめ

クロス補聴器は聞えない耳にクロス補聴器を装用し、聞える耳に補聴器を装用します。
クロス補聴器に入った音を聞える耳の補聴器に送信するという仕組みになっています。
主に片側の耳が聞こえにくく補聴器では補えない一側性難聴の方向けの機器になります。
このクロス補聴器をする事で聞えにくい側の音声を聞える側の耳で聞く事ができます。

最後に

急に耳が聞こえなくなったらすぐに病院で診てもらいましょう。

医師の診断にしたがって治療して下さい。
治療して回復すれば安心ですが、回復しなかった場合
その時はもう諦めてそのまま生活する方も中にはいるのですが
そうすると仕事や友人とのコミュニケーションに支障が出てきます。
ですので回復しなかった場合は補聴器を一度試してみて下さい。
補聴器は耳を治療する道具ではありませんが聞こえの補助をしてくれます。
聴力にあった補聴器を着ければ個人差もありますが効果があります。
大阪聞こえ補聴器では今回紹介したクロス補聴器に力を入れています。
試聴も勿論可能です。お客様からはクロス補聴器で仕事で聞えなかったという悩みがなくなったなどのお声をいただいています。
一側性難聴でお困りの方は諦める前に是非一度試してみて下さい。