補聴器を買い替えるタイミングと値段の違い

補聴器の買い替え時期と値段の違いをわかりやすく解説していきます!
補聴器の使用した年数と自身の聞こえの低下などを知って、補聴器の買い替えをするのがよいでしょう。

補聴器は機種によりますが高価と感じると思いますが、簡単に買い替えれるモノではありません。予算がなくて補聴器が欲しくても購入するのに悩まれている人は多いです。当サイトではあなたにもっとも最適な予算内で買える補聴器を買い替える際の選び方と値段の違いについて認定補聴器技能者がわかりやすく説明しますので是非ご参考ください。

補聴器を買い替える時期や補聴器の値段のことで悩むことがいくつか出てきますね。

  • 今の補聴器を使って6年ほど経過しているけどまだ使えてるのでそのまま使って大丈夫なのか
  • 補聴器を買い替えようと思っているが色んな値段があって機種選びがよくわからない
  • 長年つかっている補聴器が故障してしまったので修理をして使うか新しく買い替えるかで悩んでいる
  • 今使っている補聴器がよくなく、次は失敗したくないのでどのお店で買い替えの相談をするか悩んでいる

以上のようなことであなたも悩むことがあるのではないでしょうか。

 

買い替えが慎重になる補聴器ですが気を付けるべきことや必要な予算がわかれば機種選びもスムーズに理解できて案外簡単に買い替えることができるんです。

ここからは、補聴器を買い替える時期についてご紹介していきます。

補聴器の買い替えをするタイミングについて

補聴器には決まっている耐用年数があります。年数はあくまでも目安として考えていただければいいのですが、その年数は5年とされています。ですので5年経過して補聴器が必ずしも使い物にならなくなるという訳ではありません。補聴器は精密機器で経年劣化がおこるので修理しながら使っていくモノです。

いくつか補聴器買い替えになる原因と理由を紹介しますね。

補聴器の修理ができなくなった

補聴器は修理しながら使用すると説明しましたが、ある時期を目途に修理することが不可能になります。補聴器は高価ですが永久に使い続けることができません。補聴器は各メーカーで色んな種類があり、毎年新製品が出てきます。その裏で販売期間が終了する補聴器もあるんです。新しい補聴器が出ると古い機種から製造しなくなり、何機種かは毎年製造終了となっています。

もし、あなたが製造終了の補聴器を使用していれば補聴器の使用期間がある程度限られてしまいます。

補聴器は各メーカー同じですが製造が終わってから5年間は部品もまだ作ることができて修理することができますが、5年を過ぎるとその補聴器の部品製造をストップするのでもう修理することができなくなってしまうんです。高い補聴器でも製造が終わった補聴器を買ってしまうと後悔してしまいます。ですので安く売られている補聴器にはそのような理由が隠れていることもあるので気をつけてください。

補聴器を調整してもうまく聞こえない

補聴器を長年使っていて聞こえが悪くなり調整しても改善されない場合は今の補聴器を買った時よりも聴力が悪くなっている可能性が考えられます。聴力の低下が多ければ今の補聴器ではうまく聞こえない可能性が高いです。

調整で音量を上げれば改善できることも勿論あるので一度補聴器を調整してみましょう。音量の調整をしても改善が見込めない場合は補聴器の出力低下かもしくは補聴器の出せる出力が足りていないということです。

今の補聴器が扱いにくいので種類を変えたい

何らかの理由で今の補聴器の装用が難しい、もしくは扱いが困難になってきたという場合は種類交換はできないので新しく買い替えなければ種類を変えることができないんです。うまく扱えなければ間違った使い方をしてしまったり、補聴器の効果にも影響が出てきます。
ですのでこの様な場合には使う補聴器の種類を見直さなければいけません。
購入時期によっては非常に悩む決断にはなるのですが使い勝手と聞きとりを重視するなら買い替えられるのがいいでしょう。


補聴器の買い替えとなる原因や理由は様々で、必ず買い替えなければならない時期も決まってないですが新しい補聴器で聞こえの快適性を上げるのなら5年経過を目安で買い替えられるのがよいのではないでしょうか。

ここからは、補聴器の値段と相場について紹介していきます。

補聴器の値段をチェックしてみましょう!

補聴器を買い替えるにあたり調べるのは補聴器の値段と相場ではないでしょうか。補聴器の値段は様々で安いモノもあれば高価なモノまでありますよね。値段の違いはどこにあるのか、それは補聴器の性能により変わるんですよ。

高い機種になればなるほど音質の調整が細分化されて聞こえの快適性が良くなります。雑音処理やマイクの性能に関しても値段の違いによって変わります。

補聴器の性能の違いについて詳しくはコチラ

補聴器の値段相場は片耳価格50,000円ほどから片耳500,000円以上のモノまでと幅広くなっています。

補聴器の買い替えの相場はどれくらいか

補聴器を買い替えられる多くの方は今使用中の補聴器と同価格帯を選ばれることが多いです。
ある程度、騒音下でも聞きとりを改善させる場合には片耳100,000円からの補聴器にするのが望ましいです。
値段=機械の性能と考えていただいて、聞きとりの改善をよくするのか、価格帯で決められるかを買い替えられる前によく考えてみましょう。

補聴器の値段の相場や違いについて詳しくはコチラもご参考ください

補聴器買い替えに選びたい機種について

補聴器は5年もすれば最新の機種が沢山出てきます。新しい補聴器は当然ですが5年前と比べて色んな機能が追加されて高性能になっています。販売期間が長い補聴器もあるので最新の補聴器にするには販売店で確認することが大事です。

充電式補聴器やテレビ、電話も快適になる補聴器や通信機器など便利でハイスペックな補聴器が目白押しなんです!

ここからは、買い替えにオススメできるリーズナブルな最新補聴器をご紹介していきますね。

お求めやすい最新補聴器を紹介

補聴器の買い替えで値段が心配なあなたにオススメできる補聴器を紹介します。

フォナック補聴器 ヴィータス 標準耳かけ型 シーメンス・シグニア補聴器 セリオン2プライマックス

ある程度の雑音抑制機能もあるので静かな環境をメインで使われるなら納得できる性能です。

欠点として通信機器への接続ができないことですね。難聴度が高くても対応できるUPも取り扱いがあります。

片耳価格88,000円

シーメンス・シグニア補聴器から最新充電式補聴器が出ています!
こちらは充電式補聴器の中でもリーズナブルな価格となっているんです。
電池交換不要で取り扱いも充電器にセットするだけなのでとても簡単!

充電中に補聴器の乾燥もしてくれるので乾燥ケースや乾燥機も不要です。

片耳価格+充電器243,200円

ここ最近のリーズナブルな価格の補聴器をご紹介しました。
他にも定番の値段を抑えた補聴器はまだいくつかありますので販売店でお尋ねください。

まずは補聴器を試してください

最新の補聴器で聞こえはよくなるのか、実際に使ってみなければ値段の違いがわからないことも多いでしょう。そのためにできれば補聴器を買い替える前にどんな装用感か、聞こえ方はいいのかを試聴して確認しましょう。

機種によれば試聴できない機種もあるのですがまずは使ってみて音質の確認、使いやすさを確かめておくのが大事です。販売店によってレンタルできるお店もあるので是非活用してください。

ここからは、補聴器を買い替えるのにお得な方法はあるのかご紹介していきますね。

補聴器の買い替えにお得な購入方法について

補聴器を買い替えるのにお得になる買い方をいくつか紹介しますね。
中には一定の条件をクリアしている人のみにしか適応されない内容も含まれているので注意してください。
補聴器を購入するのにも色々と使えるコトがあるんです!

補聴器の買い替えに医療費控除を利用する

こちらは医療費控除を使って購入する方法ですが、基本的には医療費控除を利用するのはかなりハードルが高いです。
普通に役所に提出という訳にはいかず、購入する補聴器が治療の目的であることが大事で指定の医師に書類作成をしてもらいそれで医療費控除が利用できるようになります。補聴器は医療機器ですが簡単にできるモノではないんです。

補聴器の医療費控除について詳しくはコチラ

補聴器の買い替えに補助金を使用する

補聴器はある条件を満たしていると補助金が出るようになっています。
条件は聴覚での障がい手帳をお持ちの方です。6級から2級まであってそれぞれ支給される内容にも違いがあるんです。
これはあくまで補聴器購入の補助金で支給額は補聴器との交換となり、現金での受け渡しというのはありません。
補聴器の申請は5年に一度することができます。この他に手帳に該当しない20歳未満の人には市町村にもよりますが補助金が出るという地域もありますよ。

補聴器の補助金に関して詳しくはコチラ

補聴器の買い替えの支払いを分割にする

買い替え予定の補聴器が予算オーバーしてしまったという時には支払いを一括ではなくて分割にするなど購入時の負担を減らす方法があります。補聴器販売店にも支払いの方法は様々ですが現金での支払い以外にカードで分割で支払うことやローンを組んで支払うなどが可能です。予算で悩まれているならこういった支払い方法をお店に相談してみるのがいいでしょう。

補聴器の分割払いについて詳しくはコチラ

いくつか買い替えるのにお得な購入方法をご紹介してみました。ここからは、補聴器の買い替えを相談するお店について説明していきますね。

補聴器の買い替えは補聴器の専門店へ相談!

 

補聴器は沢山のお店で取り扱いがありますね。メガネ店やデパートなどにも補聴器は売られていてご利用されることもあるでしょう。
補聴器は専門性の高い機械なので補聴器についてよく知っている、経験がある専門家が在籍しているお店で相談するのがいいですね。

専門家がいるお店になると補聴器専門店がオススメです。補聴器専門店はその名前の通り補聴器を専門に取り扱っているお店です。
補聴器の買い替えるタイミングや値段の相談にも適切に応えてくれるでしょう。

出張訪問をしているお店だとさらに安心

補聴器専門店の中にはお店に行くのが難しい人の為に出張訪問をしているお店も多いですよ。
出張訪問は自宅や施設にいながら補聴器を調整、購入できます。お店が少し遠いと感じていればこのようなサービスをしているお店を探してみてはいかがでしょうか!

まとめ

補聴器の買い替える時期と値段の違いについてご紹介しました。
買い替えるタイミングと値段の違いがわかれば意外と購入が簡単になりますよ。
予算で悩んでいるのであればなるべくお得に購入できる手段をお店に相談することで解決できるかもしれません。

聞こえがいい補聴器を無理のない価格で購入できれば悩みもなくなり快適な日々を送れるでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

補聴器の買い替えるタイミングと値段について気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

お問合せ

アクセス