フォナック補聴器の取扱店で試聴体験してみましょう

フォナック a2

フォナック補聴器の取扱店で試聴体験やレンタルをしてみませんか。フォナック補聴器の取扱店では、フォナック補聴器の最新機種がラインナップされています。数々ある機種の中からあなたの聴力やご要望にあう最適といえる補聴器を補聴器認定技術者のスタッフがご提案いたします。フォナック補聴器の取扱店では新規での無料補聴器相談をはじめ、買い換えのご相談や調整をすることができます。補聴器のメンテナンスや専用の備品販売などフォナック補聴器に関わることであればお受けすることができます。

フォナック補聴器をお求めならフォナックを扱う補聴器専門店に行くことがいいでしょう。補聴器専門店ではすべての補聴器メーカーを扱っているお店はあまりありません。販売店によって契約をしている補聴器メーカーが違うんです。フォナック補聴器が希望であればフォナック取り扱いの補聴器専門店でなければお選びいただけません。当サイトではフォナック補聴器の最新機種の紹介とお店でどのようなサービスなどがあるのかメインにご紹介しています。フォナック補聴器を考えている、または興味があればぜひご参考ください。

フォナック補聴器をお得に購入する方法

ここからは、フォナック補聴器の会社や企業の歴史についてご紹介していきますね。

フォナック補聴器とは

フォナック ロゴ a1

フォナック(ソノヴァホールディング)はスイス、チューリッヒ近郊のシュテファに本社があります。フォナック補聴器はスイスで生まれた補聴器メーカーです。フォナックは1947年にフランス系ベルギー人の投資家グループによる、チューリッヒに本社を置く「AG für Elektroakustik」の創立からスタートしました。フォナックは今年で創立71周年をむかえます。フォナックはこれまで最新の聞こえのソリューションの開発や生産、流通をしてきました。フォナックは聞こえのソリューションを提供するグローバルカンパニーで、世界で100ヵ国以上で活動しています。フォナックを代表するテクノロジーには、両耳間通信技術、ロジャーワイヤレス、オートセンスOSなどさまざまあります。(フォナック公式サイトより一部抜粋)

フォナック公式サイトはコチラ

フォナック補聴器の取扱店について

フォナック補聴器の取扱店舗は全国でも100店舗近くあります。フォナックの補聴器は補聴器専門店からメガネ店まで補聴器を扱うお店で幅広く取り扱いがあります。フォナック補聴器を希望するならフォナック補聴器を置いている補聴器店でなければお求めいただけません。以下のリンクからお住まいの近くにあるフォナック補聴器の取扱店舗を確認してみましょう。

フォナックの取り扱いがある補聴器店は公式サイトからご覧ください

ここからは、フォナック補聴器のラインナップをご紹介していきますね。

フォナック補聴器のラインナップ紹介

フォナック 種類 a1

フォナックでは耳かけ型補聴器と耳あな型補聴器をメインに扱っています。あらゆる難聴者のニーズにこたえるため、軽度難聴でお困りの方、重度難聴の方などに最適な機種が揃っています。両耳難聴、片耳難聴それぞれにあう補聴器がフォナックにはあります。とくに、他メーカーと違うのは片耳難聴用のクロス補聴器の開発が進んでいたり、補聴援助システムであるロジャーの扱いなどがあります。

フォナックのロジャーについて

フォナックのロジャーと補聴器や人工内耳について【便利な補聴援助システム】

フォナック補聴器のラインナップをチェックしてみましょう。あなたの求めている機種が見つかるかもしれません。

耳かけ型補聴器 オーデオBシリーズ

フォナック オーデオb a1

フォナック補聴器の人気シリーズの耳かけ型補聴器RICタイプのオーデオBシリーズです。RICタイプは通常の耳かけ型補聴器と違い、外部に音を出すレシーバーが付いた、小型機種です。オーデオBシリーズは2つの電池タイプからそれぞれお選びいただけます。オーデオBはオーデオVシリーズの後継機種として登場しました。補聴器の性能はオーデオVシリーズについていた自動環境認識調整機能も継承されており、さまざまな環境で会話の聞きとりの快適性をあげてくれます。サウンドリカバーの機能も従来のものより改良され、サウンドリカバー2となり、より聞きとりの補助をする音質調整ができるようになりました。オーデオBシリーズはシンプルなデザインで扱いもしやすく気軽につけることができます。小型で目立ちにくい機種が選べるのもポイントです。会話の補助以外にワイヤレス通信機能もついているので会話の聞きとり以外にも楽しみが増えます。

補聴器のクラス(性能) B30 B50 B70 B90
電池 312/13 312/13 312/13 312/13
チャンネル数 8ch 12ch 16ch 20ch
片耳市場相場 158,000円 230,000円 350,000円 500,000円

耳あな型補聴器 バートBシリーズ

フォナック バートb a1

フォナックの耳あな型補聴器、バートBシリーズはバートVシリーズの次世代機として登場しました。こちらのバートBシリーズは耳かけ型のオーデオBシリーズと同じ性能となり、それに加えてバイオメトリックキャリブレーション機能を搭載しています。このバイオメトリックキャリブレーションは耳の解剖学にもとづいて耳の集音ポイントを計算し、より自然な聞こえを得る働きをしてくれます。バートBシリーズは耳あな型補聴器の中でも耳あなに隠れるほどの超小型サイズから、扱いやすいフルサイズまで選ぶことができます。聴力の状態や大きさの好みによってタイプをお選びいただけます。最新モデルにはチタン合金で作られた超小型の機種、バートBチタンがあるなど多くのユーザーにオススメできるシリーズです。

補聴器のクラス(性能) B30 B50 B70 B90
電池 312/13 312/13 312/13 312/13
チャンネル数 8ch 12ch 16ch 20ch
片耳市場相場 188,000円 280,000円 370,000円 540,000円

バートBには10電池タイプ(IIC、CIC)もあります。

バートBチタン

補聴器のクラス(性能) B70 B90
電池 10 10
チャンネル数 16ch 20ch
片耳市場相場 390,000円 550,000円

バートBチタンについてはコチラ

見えない補聴器で専門店がオススメする超小型耳あなタイプ【フォナック バート B-チタン】

片耳難聴用クロス補聴器 クロスBシリーズ

フォナック クロスb a1

フォナック補聴器の片耳難聴専用の機種がフォナッククロスシリーズです。クロス補聴器は片耳難聴、あるいは片耳が難聴でもう片耳にも難聴があるという方の聞こえを改善することができる画期的な補聴器です。クロス補聴器のしくみをわかりやすく説明すると、クロス補聴器は難聴側の音声を聞こえる耳で聞かせてくれる働きをします。難聴度が高い耳に送信機の役割をするクロス補聴器をつけ、片耳には受信機の役目をする通常の補聴器をつけます。通常の補聴器とクロス補聴器をペアリングさせることによって、音声の送受信をします。クロス補聴器は片耳難聴用ですが両耳につけなければ改善効果はありません。クロス補聴器は誰もが適応する機種ではなく、片耳難聴なら誰でもあうモノではありませんので適応するかどうかを専門店でみてもらわなければいけません。フォナックのクロス補聴器は他のメーカーと違い、耳かけ型と耳あな型、充電タイプの機種を選ぶことができます。クロス補聴器には特別性能が分けられていません、一緒に使う補聴器の性能で指向性やその他機能に違いがあります。

クロスタイプ クロスB RIC クロスB カナル/カスタム
電池 312/13 312/13
市場相場 95,000円(税抜) 120,000円(税抜)
クロスタイプ 充電式クロスBR RICタイプ BTEタイプ
電池 リチウムイオン電池(充電池)
市場相場 110,000円(税抜)充電器別12,000円(税込)

フォナックのクロス補聴器について詳しくはコチラ

フォナックのクロス補聴器を徹底解説!

充電式耳かけ型補聴器 オーデオBRシリーズ

フォナック オーデオbr a1

フォナックの充電式補聴器フォナックBRシリーズです。充電タイプで選べるのは耳かけ型のみとなります。充電式補聴器は従来の電池式補聴器とは違って電池の交換が不要となります。電池交換がわずらわしく思っていた方にとっては大変便利にお使いいただけます。補聴器の性能はオーデオBシリーズと同様となり、自動環境認識のよる環境にあわせた音質調整を補聴器が自動でおこないます。この機能によりさまざまなシーンの中でストレスなく快適に会話を楽しむことができます。オーデオBRシリーズは若い方を中心に電池交換が苦手な年配の方に人気があります。フォナックの充電式補聴器はこちらのオーデオBRシリーズ以外にも、耳かけ型標準タイプのボレロBRと、よりパワーのある重度難聴用のナイーダBRの2シリーズがあるので難聴度にあわせてお選びいただけます。

補聴器のクラス(性能) B50 B70 B90
電池 リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電(充電池)
チャンネル数 12ch 16ch 20ch
片耳市場相場 260,000円 380,000円 530,000円

ボレロBR、ナイーダBR

補聴器のクラス(性能) B50 B70 B90
電池 リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電池(充電池) リチウムイオン電池(充電池)
12ch 16ch 20ch
片耳市場相場 308,000円 418,000円 568,000円

チャージャーケース(充電器)は別売り12,000円です。

ここからは、フォナック補聴器の取扱店舗のサービス内容などについてご紹介していきますね。

フォナック補聴器の店舗でできること

補聴器店 a1

フォナック補聴器の取扱店ではフォナック補聴器の相談をはじめ、聴力測定、補聴器の調整やメンテナンス修理、試聴とレンタルから補聴器の購入などができます。聴力のデータにあわせて、あなたの希望するフォナック補聴器を選ぶことができます。試聴体験やレンタルをすることができるのでフォナック補聴器について興味がある、購入を考えているのならフォナック補聴器取扱店に相談しましょう。

試聴レンタル

フォナック補聴器の聞こえ性能を実感するためには、フォナック補聴器を実際に試聴して体験するのはもちろん、レンタルを利用して自宅の中でも使用するのが一番いいですね。フォナック補聴器の聞こえの性能や機能特徴や扱いの方法などを事前に知らずに購入することはオススメできないです。どのメーカーにも言えることですが、気になるフォナックの機種があれば試聴をしてみましょう。お店によってレンタルのサービス内容には違いがあるので確認してからお店にいきましょう。

補聴器の調整

補聴器の調整は補聴器を使うのにとても重要となります。もちろんフォナック補聴器の取扱店ではそれぞれの聴力にあわせて補聴器の調整をおこないます。補聴器の調整は一度だけで終わりとは言えません。当然支障がなければ無理に調整する必要はありませんが、聞こえの変化や補聴器を使用している時に気になることなどがあれば再調整をするのがいいでしょう。レンタルをされた時には補聴器を使ってみてどんなことが気になったかなどメモにとっておくと次回の調整に役に立ちます。

補聴器のご相談

補聴器の相談ではあなたの難聴での悩みや生活の中で困っていること、希望する補聴器の性能などをよく相談してください。補聴器の相談時にはなるべく聞こえの情報を伝えるのがいいですね。病気をして難聴になったなど、場合によっては病院の紹介が必要なケースもあります。希望する補聴器の形状も目立たないものがいいなどお伝えください。購入の予算についてもある程度考えておくとより希望にあうフォナック補聴器が選べるでしょう。

取扱店でフォナック補聴器の試聴やレンタルができる!

補聴器 レンタル a1

フォナック補聴器の取扱店では補聴器の試聴、およびレンタルすることができます!補聴器の試聴とレンタルは補聴器を選ぶのに必要となってきます。補聴器はスペックだけ見ても実際に自分の耳につけてみて、装用感や聞こえの感じを確認しなくてはいけません。ただ試聴やレンタルをするだけでなく、一番いいのは他メーカーの補聴器も比較するのがいいですね。他メーカーとの比較は、メーカーによって補聴器の音質や特徴に違いがあり、その違いをよく理解できるためです。

ここからは、フォナック補聴器の購入の負担を減らすお得な方法をご紹介します。

フォナック補聴器をお得に購入する方法

補聴器 お得 a1

フォナック補聴器はかならず定価で買わなくてもいいんです。フォナック補聴器をお得に購入するには補助金を利用することをはじめ、お店のセール期間やキャンペーンを利用する方法があります。補助金を使う方法は聴覚での障がい者手帳をお持ちの方が利用できます。障がい者手帳をお持ちでなくても地域によっては補助が出るところもあります。この補助制度を利用することができれば負担を少なくして補聴器を購入することができます。補助金を使う以外には各店舗のセールやキャンペーンを利用する方法があります。補聴器店によってキャンペーン期間があったり、期間限定のセールをおこなうお店もあるのでその期間ならお得に購入することができます。

補聴器の補助金制度について詳しくはコチラ

補聴器は保険の対象になるのか?【補助金や申請について】

まとめ

補聴器 a2

フォナック補聴器の取扱店やフォナック補聴器の機種についてご紹介しました。フォナック補聴器は取り扱いのあるすべての補聴器店で購入することができます。フォナック補聴器の機種をある程度事前に知っておけば予算を考えたり、計画を立て補聴器店に足を運ぶことができますね。お店のサービス内容もうかがう前にわかっていれば安心ですよね。

フォナック補聴器の取扱店について理解することができればあなたも希望するフォナック補聴器を失敗せず選ぶことができるでしょう。

お問い合わせ