最新の防水型補聴器を3機種で比較【汗や水に強くて機能もバツグン!】

最新 防水型補聴器 比較
 
最新防水型補聴器の中で売れ筋の3機種を比較し検証してみました。防水型補聴器といえば梅雨の時期や湿度が高い環境の中で活躍しますね。急な夕立ちで雨水がかかっても防水設計の補聴器なら心強いです。

今回は各メーカーで発売されている防水型の補聴器を特徴や機能などを比較します。水場に関係するお仕事やスポーツなどで汗が心配な方にも安心して使える防水補聴器をチェックしてみましょう。

過去に水の中に補聴器を落として水没で壊してしまった、汗が出やすく夏場になるといつも補聴器が故障していたというあなたにオススメしたいのが防水が強化されている補聴器です。今の補聴器のほとんどは防水性にすぐれていて、一番補聴器の故障が多い夏場をはじめ水濡れでの故障はほぼ対応することがなくなりました!
防水性の強い補聴器は水に濡れてもカンタンに故障することはありません。しかし完全防水ではないことだけは頭にいれておきましょう。

防水型補聴器の用途について

bousui 1
 
防水型補聴器の用途についてですが、補聴器を選ぶときにみなさん気にされるのが水による故障についてです。
特に耳かけ型補聴器では防水性の強さは大事になります。水遊びや、水に濡れやすい環境でも安心して使いたいという方は防水性が大事になりますね。

防水補聴器の用途として普段使いはもちろん、水場での使用にも適しています。
 

水にかかわるお仕事をされている方の使用

水に濡れるリスクが高い職場の方には防水が強い補聴器を選ぶのがいいですね。
しかし、完全防水の補聴器はないので水に補聴器が長時間浸かるおそれがある場合などには補聴器を外していただく必要があります。
 

汗をかきやすい方の使用

運動をよくされて汗が心配な人には防水補聴器が安心です。耳かけ型補聴器で防水加工がされていなければ頻繁に故障がおきるおそれがあります。
しかし、汗には塩分がふくまれるため汗が多い方は防水型の中でも耳あな型補聴器がいいですね。
 

アウトドアが趣味の方の使用

川や海に行って釣りをしたり、山に登ってキャンプが好きな方など、アウトドアを趣味としている方にも防水補聴器はオススメですね。防水以外に防塵の効果もあるので砂埃などからも守ってくれます。

 

防水型補聴器だから水につけても壊れないというわけではなく、基本的には濡れないように注意していただき、濡れたあとには乾燥などメンテナンスをするのがとても大事です。kansou

 

防水型補聴器の防水保護について

bousui 2
 
防水補聴器の防水保護についてのご紹介です。補聴器の防水にも種類があり主な種類はIPとHPF80ナノブロック、ナノコーティングなどがありますね。

ナノブロック(ナノコーティング)に関しては補聴器本体および内部の部品にプラズマナノコーティング(プラズマガス化ポリマーコート)をほどこすことで汗や汚れ、水から保護をしてくれる撥水加工がされています。この加工がされている補聴器は内部部品でさえも水をはじいてくれるので加工がされていない補聴器と比べると約80%の水濡れ故障が減少しているようです。(NJHによるメーカー統計)
bousui 0
 
そして補聴器の中で一番多く採用されているのがIP規格で、IP(防水・防塵の規格)はIEC(国際電気標準化会議)に定められ、JIS(日本工業規格)でも多く採用されている電気製品に関わる防水・防塵の規格です。

IPはIngress Protection、侵入に対する保護を意味します。IPの後ろには2つの数字が付くのですが、前に付く数字が防塵のレベルを意味する数字、後ろに付く数字が防水レベルです。防水防塵それぞれのIPレベルをご覧ください。

IP 防塵の等級(前に付く数字)保護程度テスト方法
IP0○保護なしなし
IP1○手の接近からの保護直径50mm以上の固形物体が内部に侵入しない
IP2○指の接近からの保護直径12mm以上の固形物体が内部に侵入しない
IP3○工具の先端からの保護 直径2.5mm以上の工具先端や固形物体が内部に侵入しない
IP4○ワイヤーなどからの保護直径1.0mm以上のワイヤーや固形物体が内部に侵入しない
IP5○粉塵からの保護機器の正常な作動に支障をき
たしたり、安全を損なう程の料の粉塵が内部に侵入しない
IP6○完全な防塵構造粉塵の侵入が完全に防護されている

IP防水の等級(後ろにつく数字)保護程度テスト方法
IP○0保護なしなし
IP○1垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない200mmの高さより3〜5mm/分の水滴、10分
IP○2垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない200mmの高さより15°の範囲3〜5mm/分の水滴、10分
IP○3垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない200mmの高さより60°の範囲
10ℓ/分の放水、10分
IP○4いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない300〜500mmの高さより全方向に10ℓ/分の放水、10分
IP○5いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない3mの距離から全方向に12.5ℓ/分・30kpaの噴流水、3分間
IP○6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
3mの距離から全方向に100ℓ/分100kpaの噴流水、3分間
IP○7規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない水面下・15㎝〜1m、30分間
IP○8水面下での使用が可能メーカーと機器の使用者間の取り決めによる

IEC60529(JIS C 0920)保護等級を参照
補聴器では防水の強い機種ではIP68が採用されているので高い防水防塵性をほこります。
 

防水型補聴器の選び方

bousui 3
 
防水型補聴器の選び方ですが、水濡れでの故障がとにかく心配ということであれば一番すぐれた等級のモノを選びましょう。また、耳かけ型補聴器ではなく耳あな型補聴器で選ぶこともオススメです。

耳あな型補聴器は水濡れのリスクが非常に少ないため防水加工がされている耳あな型補聴器が一番水濡れでの故障のリスクは軽減されます。

防水補聴器は防水性にすぐれていますが、完全防水ではないため汗や水に濡れたあとのケアには注意が必要です。補聴器本体は防水加工がされていますが水分の付着を放っておくのは危険ですね。濡れたあとには水分をしっかり拭き取り、乾燥させましょう。
bousui ric
耳かけ型補聴器のRICタイプには外部レシーバーが付属していますが、レシーバーの結合部分は防水の強度がないので水没したあとなど、ケアを必ずおこなう必要があります。また、プールや海、お風呂での使用に関してはなるべく避けるようにしましょう。

 

売れ筋の防水型補聴器をオススメ3機種で比較

bousui hikaku
 
売れ筋の防水補聴器を3機種で比較してみます。補聴器はメーカーによってもそれぞれで防水の強さや使える機能が違うんです。

比較機種phonak amフォナック オーデオM70-Rstarkey livioスターキー リビオAI 1600 ITC-Rresound cicリサウンド リンクスクアトロ 7CIC-W
防水性IP68 IP67ナノコーティング
ワイヤレス接続2maru 12maru 22maru 1
水濡れのリスクの低さ3kaku1maru 12maru 2
補聴器のタイプ充電式耳かけ型補聴器充電式耳あな型補聴器目立たない小型耳あな型補聴器
バッテリー3時間フル充電
約18時間
3.5時間フル充電
約23時間
約70時間
メーカー保証2年2年2年
相対評価

 

おすすめの防水型補聴器の3機種を紹介

bousui 4
 
比較をした3機種の防水補聴器のスペックをさらに詳しく紹介いたします。防水性の強さや使える機能も好評なモデルです。

フォナック補聴器 オーデオM70-R(Phonak Audeo M70-R)

  • スイス
  • 耳かけ型RIC
  • 2年保証
  • リチウムイオン充電池
  • ワイヤレス通信アリ

フォナック補聴器の高音質かつ多機能性にあふれているのが充電式耳かけ型補聴器オーデオマーベルです。フォナック最新のテクノロジーによるクリアでリッチな聞こえをお届けします。防水加工、IP68ですので水に濡れてもしっかりケアしておけば安心です。

オートセンスOSによるオートマチックな音質調整で環境にあわせてイイ聞きとりが期待できます。

phonak am 1
ric
phonak am 2
オーデオM70-Rのポイント!

  • クリアでリッチな聞こえ
  • 音質を自動に微調整
  • 高音域のサポートに強い
  • IP68の防水・防塵性
  • パワフルな充電タイプ
  • Bluetooth内蔵モデル

片耳価格相場 412,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約18時間
適応聴力 軽度難聴~重度難聴
指向性 ウルトラズーム指向性
チャンネル数 16ch
オススメ度

スタッフのレビュー

フォナック補聴器オーデオM70-Rのオススメポイントは、環境に合わせた音質の微調整をしてくれるトコロ、ブルートゥース内蔵で機能性が高いトコロ、水濡れから守ってくれるIP68の防水性があるトコロです。

どんな場所でも快適性を維持してくれるオーデオマーベル、防水性もIP68と安心できますね。防水に関連した注意事項として、外部レシーバーの水濡れに注意が必要となります。

sf

商品ページはコチラ


リサウンド リサウンドリンクス7CIC-W(Resound linxquattro7CIC-W)

  • デンマーク
  • 耳あな型
  • 2年保証
  • PR536電池
  • ワイヤレス通信アリ

リサウンド補聴器のオーダーメイド耳あな型補聴器であるリサウンドリンクスクアトロ7CIC-Wは小型サイズでワイヤレス通信に対応可能。臨場感のある音質でレストランなどで不意に話しかけられても気づける全自動音声センサーを搭載しています。

CICタイプなので小型で目立たないサイズなので色んなシーンで活躍してくれる補聴器です。

resound cic 1
resound cic 3
gn bousui
リサウンドリンクスクアトロ7CIC-Wのポイント!

  • 騒がしい環境に強い
  • 雨や湿気を強力ガード
  • 全自動センサーによる聞きとりサポート
  • 装用が目立たない
  • ワイヤレス通信が可能
  • 高音質で豊かな聞こえ

片耳価格相場 340,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約70時間
適応聴力 軽度難聴~高度難聴
指向性 無指向性
バンド数 14バンド
オススメ度

スタッフのレビュー

リサウンド補聴器の小型耳あな型補聴器リンクスクアトロ7CIC-Wです。防水型の中でも水濡れのリスクを最小限にできる小型な耳あな型で、急な雨などでも濡れる心配がほとんどありません。防水加工にはナノコーティングが採用され、本体はもちろん、内部の部品にも撥水加工がされているので防水性がとても高いです。

機能性もワイヤレスが使えるトコロや音質の高さなど、防水以外にもすぐれているトコロが多い補聴器ですね。

s f 2

商品ページはコチラ


スターキー リビオAI1600 ITC-R(Starkey livio AI1600 ITC-R)

  • アメリカ
  • 耳あな型
  • 2年保証
  • リチウムイオン充電池
  • ワイヤレス通信アリ

スターキーがリリースした世界初の充電式耳あな型補聴器がリビオシリーズです。今までになかった機能性をもっており、センサー&AIが搭載されていてAIによる調整サポートを実現しました。ヒアラブルのようなモデルとなっていて、健康管理や情報のアシストも補聴器がおこなってくれます。

ワイヤレス通信にももちろん対応していてスマートホンで便利な機能が使えるまさに新時代の補聴器です。

starkey livio ai 2
starkey livio ai 3
starkey ac
リビオAI 1600 ITC-Rのポイント!

  • Bluetoothが内蔵
  • スマホで健康管理できる
  • IP67の防水・防塵
  • 便利な充電式
  • タップするだけのカンタン操作
  • センサー&AIによる音質の微調整

片耳価格相場 316,500円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約23時間
適応聴力 軽度難聴~重度難聴
指向性 イマージョン指向性
チャンネル数 16ch
オススメ度

スタッフのレビュー

スターキーの充電式耳あな型補聴器リビオAI1600のオススメポイントは、耳あな型補聴器を充電式で使える便利性、タッチセンサーによるカンタンな操作、耳あな型補聴器の中でも高い部類のIP67の防水性です。

充電式耳あな型というのもスゴイですが、人工知能AIを補聴器に搭載して新しい可能性を引き出した補聴器ですね。

s f 3

商品ページはコチラ


 

おすすめの防水型補聴器の中でイチオシはコレ!

bousui 5
 
防水補聴器の中で特に当店スタッフがオススメするイチオシ補聴器はコチラ!

スタッフがイチオシする防水補聴器のオススメはコチラ!!

oshi
リサウンドのリンクスクアトロ7CIC-Wを防水型補聴器のオススメに選んだ理由は、水濡れのリスクがとても低い耳あな型補聴器で、かつ小型サイズなトコロ、あとはワイヤレス通信も使えたりと、防水性と音質性能がバランスよくすぐれているからです。

耳あなにおさまる小型サイズの補聴器なので水に濡れにくく、ナノコーティングによる撥水加工もすべてほどこされているのでとても安心して使える防水型補聴器だと思います!

 

まとめ

bousui matome
 
最新の防水補聴器について機種を比較しながらご紹介しました。2020年現在リリースされている補聴器のほとんどが防水加工されておりどれも似たようなモノと思ってしまいますが、それぞれスペックの違いがあり、比較してみるとわかりやすいですね。

防水補聴器として販売されていた過去の補聴器より今では断然とすぐれた補聴器が増えているので水濡れの故障も一段となくなるでしょう。

最新の防水補聴器で水濡れの不安をなくして快適な補聴器ライフを楽しみませんか。

  

コメントは受け付けていません。