シグニア ピュア312 3NX(Signia Pure 312 3NX)

シグニア Pure 312 3NXのご紹介です。補聴器の装用によって、自分の声が大きくなり感じる違和感を抑え、自然な装着感を実現する新技術搭載の補聴器で、Bluetoothでのダイレクトストリーミングを可能にしたNXシリーズでも最小の耳かけ型補聴器です。

シグニアはもともとシーメンス補聴器として皆さんに知られていたブランドで、2016年の1月に社名変更しました。シーメンスから数えて130年の歴史をもつ老舗の補聴器メーカーです。ドイツで設計され、日本の支社より流通している補聴器になります。世界シェアは現在3位に位置し、世界110か国で愛用されている人気の高いブランドです

。NXシリーズは最大48chでの信号処理を可能にする高性能チップを利用し、高域まで細微に表現する再生力の高さと6方向の強力な指向性を得意とし、さらにはBluetooth通信を利用した汎用性の高いのが特徴ですね。自分の声が響きにくくなるOVPという独自機能により、会話中に自分の声の音声だけが抑えられ、相手の会話はそのままで快適な使用状況にできるため、はじめての装用で違和感にを覚えやすい軽度・中度の難聴者の皆さんや買い換えの検討をされている方に選ばれています。

シグニア ピュア312 3NX(Signia Pure 312 3NX)

  • ドイツ
  • 耳かけ型RICタイプ
  • 2年保証
  • 電池式 PR41
  • ワイヤレス通信 可
3nx a1
シグニア補聴器のピュアNXシリーズはOVPと呼ばれる自分の声を抑制する機能がついているので、自分の声が気にならない、響き感も少ない音質になります。両耳間通信も可能でより騒がしい場所でも会話の快適性をあげてくれます。音量調整もカンタンにできる扱いやすい機種です。スマホアプリにも対応しているのでアプリと連動すれば微調整も楽にできます。

Pure3NXのポイント!

  • プログラム変更をカンタン操作
  • ボリュームの切り替えが可能
  • 突発音の抑制機能
  • ワイヤレス通信可能で便利
  • 両耳間通信で聞きとりの快適性アップ
  • 自声の抑制機能

片耳価格相場 270,000円
電池寿命 最大約120時間
適応聴力 軽度から重度難聴
指向性 ビーム指向性
チャンネル数 24ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

いまや業界のスタンダードとなった人気のRIC型補聴器の3NX Pureは、目立ちにくい小型サイズながらもロッカースイッチというボリュームとしてもプログラムボタンとしても利用できる利便性の高い設計になっています。その性能はスタンダードクラスの価格帯でも水準以上の性能を誇るシグニアならではの安定感が特長です。シグニア独自のOVP機能(Own Voice Processing)によって自分の声を抑えこもっている感覚を軽減できるので、自分の声が邪魔で声に集中しにくいと感じることが減り、耳栓で塞いでも違和感が緩和されるようになります。軽度難聴でも聞こえをもっと上げたいけど自分の声が響くのがイヤ!という方にも安心してオススメできるので軽度~中度の難聴者の方やはじめての補聴器として選択するケースが多いように思います。

そのほかにも突発音抑制や雑音抑制機能は、設定によってはとても強力で様々な環境下でも快適な状態にすることができますね。
業界でも珍しいBluetooth通信での両耳間通信によって正確な指向性を持ち、静かな場所では無指向性で高音質な状態を保ちますが、雑音量が増えると指向性をグッと狭めて言葉にフォーカスできます。ただしBluetoothでの通信は電池消耗が激しいので、騒がしい場所に長い時間いるときには、電池持ちが短くなるので予備の電池は必須ですね。

Bluetooth機能によって、外部機器やスマホとの連動が可能で、音楽やTVの鑑賞をしたり、状況によって本体のコントロールもできるので使い心地のよさも魅力的です。


メーカー公式サイト