突発性難聴で両耳の聞こえを改善する補聴器

 

突発性難聴による両耳の聞こえ改善をする補聴器についてご紹介します。
突然、両耳の聴力がなくなってしまった!突発性難聴では吐き気と耳なりやめまいがあることがありますが、日常生活での会話や音のききとりにくさなどさまざまな症状があります。突発性難聴はほとんどが片耳だけにおこることがおおいですが、両耳にもまれになることがあるんです。突発性難聴になったと思ったときの原因や対処法について補聴器の専門スタッフがわかりやすく解説しています。当サイトを参考にして突発性難聴のこと、悩みを解決する手段をぜひ知っていただきたいです。

 

ある日突然、両耳が聞こえなくなってしまったあなたは何がおこったかわからずあわててしまうのではないでしょうか。数時間前まではふつうにきこえていた両耳がきこえなくなるとだれだってパニックになるでしょう。音がきこえていた世界からしずかな世界にかわってしまうとうまく話声もききとることができず、ちいさくかすかにきこえるくらいで普通に生活するのも難しくなりますね。より集中してきこうとするのでストレスにもなり、つかれがでてしまいきこえないこと以外に身体的な影響があるおそれがあります。

 

 

突発性難聴による悩みは会話以外にも音に気づけないことによる事故にもつながってしまうことがあります。車の音がわからないなどとても危険ですのでどうにか改善をさせる必要がありますね。

 

 

ここからは、突発性難聴について紹介しますね。

突発性難聴とは

突発性難聴 聞こえない

突発性難聴は高度から重度の難聴になることがおおいので、発症すればほとんどの音をきくことが難しくなってしまいます。基本的には片耳だけにおこるとされていますが片耳だけではなく両耳におこることもごくまれにあると言われています。症状のよくにている難聴もあるので正確な診察をうけなくては難聴の種類はわかりません。

両耳の突発性難聴

両耳が突発性難聴になるのはきわめてめずらしいとされています。突発性難聴に似ている症状で特発性両側感音難聴という症状があるそうです。
この難聴は両耳が高度から重度の感音性難聴になるといわれています。突発性難聴と原因や症状がにていて、両耳の突発性難聴はこの特発性両側感音難聴であることが高いとされているようです。

片耳の突発性難聴

突発性難聴の症状のほとんどが片耳のみが難聴になるようです。
片耳だけの難聴ですが難聴レベルは高度から重度難聴になる場合がありますので、片耳のきこえだけにたよって生活しなくてはいけません。
片耳が聞こえるのでなんとか生活はできますが、音の方向感をつかむことも難しくなり会話のききとりも困難になってしまいます。

 

ここからは、突発性難聴の原因について紹介していきますね。

突発性難聴の原因

突発性難聴 原因

突発性難聴は原因がまだわかっていない難聴です。
ウイルスや血液の循環不良やストレスなどが原因ではないかと、さまざまありますがたしかなことはわかっていないといわれています。

はっきりとした原因がわからないのがこわいですね。年齢や性別にも決まりはなくいつだれがなるかわかりません。

両耳におこる原因

両耳におこるのも原因不明とされています。片耳におこる時と同じような神経の障がいやウイルスなどが考えられているようです。
若い人にもおきますし、年配の方にもおきるようです。両耳におこる場合は遺伝にも関係があるとされています。

 

ここからは、突発性難聴の症状について紹介していきますね。

突発性難聴の症状

突発性難聴 症状

突発性難聴になると内耳に障がいがおきて感音性難聴をひきおこします。回転せいのめまいと耳なりがあることもあり、難聴はひどくなると全く聞こえなくなるまでわるくなることがあります。

 

突発性難聴になる瞬間は自分でもよくわかるといわれています。体験をされた話ではプツっと音がなってきこえなくなったなど、急にきこえなくなるケースがおおいです。難聴と同時に耳鳴りがおこったり、めまいや吐き気をともなうことがあるようですね。再発することはありませんが、かならず完治するわけではないのでとてもやっかいな難聴です。

両耳におこった時の症状

片耳におこる時と同じような症状ですが、もし突発性難聴ではなく、特発性両耳感音性難聴の場合は両耳ともに進行性の難聴となります。この場合1年間で約1dBほど聴力の低下がおこるそうです。会話のききとりに必要な周波数帯が低下するためにほとんどきこえなくなってしまうおそれがあります。突発性難聴の診断は病院によってもさまざまのようでより正確な診断が必要とされます。

 

ここからは、突発性難聴の治療について紹介していきますね。

突発性難聴の治療法

突発性難聴 治療

突発性難聴にはまだ治療法がありません。しかし、早期に治療をうけることで回復することがあるといわれています。突発性難聴はステロイドやビタミン剤の投与が治療法とされているようです。100%改善できるわけではないですが突発性難聴であれば治療をうけるのが望ましいですね。

安静にしておくことが大事です

治療期間中はよくやすむこと、規則正しい生活をするようにしましょう。突発性難聴は入院をして治療もできるようですね。突発性難聴になったら仕事にいくのもひかえるのがいいですし、騒音のないしずかなところで安静にすごしましょう。

 

ここからは、医師への相談について紹介していきます。

耳鼻科診療と医師への相談

医師 相談

突発性難聴になったらそのままにせず、すぐに病院にいくということが大事となります。2週間までに治療しないといけないなどの話がありますが、突発性難聴のうたがいがあればすぐに診察をうけるのがいいのではないでしょうか。もしかすると突発性難聴ではないこともありますし、病院で耳の状態をすぐにみてもらうのがいいですね。

診察や治療期間について

治療する期間はさまざまかもしれません、ながくつづける方もいれば治療をあきらめてしまう方もいます。1週間しか治療しない人もいれば1、2ヶ月ほど治療をつづける方もいます、期間についてはよく医師と話をするのがいいですね。

 

ここからは、医師に補聴器をすすめられた時のことについてご紹介しますね。

医師から補聴器の装用をすすめられたら

医師 補聴器 すすめる

きこえの回復がなく、難聴のレベルによれば医師から補聴器をすすめられることもあるでしょう。しかし、片耳だけが難聴であれば病院では補聴器をすすめられることはないかもしれません。両耳が難聴であればそれにあう補聴器をすすめられる、もしくは補聴器でも改善ができないようであれば人工内耳というアドバイスもあるかもしれません。

 

もしもきこえの改善を考えるのであれば補聴器の装用がおすすめではないでしょうか、片耳だけの突発性難聴にもつかえる補聴器など最近では難聴にあわせた補聴器の種類がふえてきています。

補聴器を試聴してみることが大事です

医師から補聴器をすすめられたが装用を悩んでいるのであれば補聴器の試聴をしてみることがおすすめで、すぐに買うのではなく補聴器専門店で試聴やレンタルをしてみることがいいでしょう。補聴器をつかってみると自分でどれくらいきこえの改善ができるのかもよくわかるのではないでしょうか。補聴器をつけるかどうかはだれかが強要するモノではないので、自分でよくお考えになってください。気をつけていただきたいのがきこえなくなったからとすぐに補聴器を買ったりしないようにすることです。突発性難聴の症状が安定してから2ヶ月以内は様子をみて補聴器購入はさけてください、きこえが回復するかもしれません。

 

突発性難聴につかえる補聴器についてはこちら

まとめ

突発性難聴 両耳 改善

突発性難聴による両耳のきこえの改善などについて紹介しました。突発性難聴であるかどうかを決めるのは病院の医師にしかできませんのでうたがいがあれば診察をうけるのがいいでしょう。難聴には原因や特徴がにているものがあるので医師にまかせるほかありません。突発性難聴のきこえを改善できている人もいるのでまずはあせらずに行動してください。

 

両耳の聞こえを改善できる補聴器や、そのほかの改善方法を知ることであなたの日常は今よりも楽になるかもしれません。

 

お気軽にお問合せください