シグニアが目立たない補聴器Silk Xをリリース【視線を気にせず着けれるサイズ】

シグニア 目立たない補聴器 silkx

シグニアから目立たない耳あな型補聴器Silk X(シルク)が発売されました。

シグニアのSilk Xはとても小さい補聴器で、耳道のまがりや耳のあなが細い人にも着けやすい既成の耳あな型補聴器となっています。

Silk Xはオーダーメイドの補聴器ではありませんが、CICやIICとよばれる小さい耳あな型補聴器や、小型の耳かけ型補聴器RICタイプのイイところをとりいれている補聴器です。とにかくサイズが小さく、よく見ないと補聴器をつけているのがわかりません。シルクは補聴器を見せたくない方にとてもオススメできる補聴器です。

シルクはまわりの目を気にせず聞こえをおぎなえるので、人前でも積極的に補聴器をつけれますね♪

 

シグニア補聴器について

signia rogo

世界をリードする補聴器ブランドのひとつがシグニアです。シグニアはシーメンス140年以上の歴史を受け継ぎ、たしかな品質とともにお客様に寄りそう誠実な補聴器ブランドでありつづけます。

従来ある補聴器の常識を変える革新的な技術でパフォーマンスの向上をはかります。
(シグニア補聴器カタログ内より引用)

シグニア公式サイト

シグニアSilk Xについて

hikaku

幅広い世代から注目されるであろう最小サイズの耳あな型補聴器がシルクです。若い方を中心に補聴器の見た目がイヤでつけないという方は多くて、きこえないことをガマンしていると精神的にも疲れてしまいますね。シルクは補聴器に抵抗感があり、つけるのをためらい悩まれている方にぜひ知ってほしいオススメの補聴器です。

silk souyou

実際にシルクをつけているコチラの写真ですが、これは補聴器をつけているのがわからないですね。

シルクはオーダーメイドではなく既成タイプなので、着け心地が心配になるかもしれません。シルクには専用の耳せん(イヤチップ)のとりつけが可能です。とくに耳あなが細くても対応できる形状で、既成のイヤホンなど耳にあいにくいわたしもつけましたが、今までつけたことがある既成タイプとくらべて装用感がとてもよかったですね。

Silk Xの性能について

seinou

Silk Xは小型ながらエクスペリエンスシリーズとほぼ同じスペックという高性能モデルです。性能のポイントは、Xセンサーとよばれる超広角センサーが内蔵され、補聴器が50の環境シーンをあらかじめインプットしているので、つけている環境にあわせて自動調整をおこなってくれます。Silk Xは耳につけるだけで面倒な操作がいりません。(動きを感知するモーションセンサーはつきません)

商品メーカーサイトはコチラ

シグニア補聴器Silk Xを紹介

signia silk x

Silk Xは両耳装用で識別しやすくできるように、左がブルー右がレッドです。外側からみえるフェイスプレート部分はブラックで統一されているのでより目立ちにくくなります。1Xから7Xまでスペックを選べるのでさまざまなニーズにマッチしやすいです。聴力によりますが使える機能がふえるため両耳でつけるのがオススメですね。

Silk X(シルク)

signia silk x 2

Silk Xのオススメポイントは360度の環境音を自動で快適にして、よりクリアに会話を楽しめるところです。最小サイズなので、補聴器を隠したい人や、つけているのがわからない補聴器を探されていればマストですね。既成ならではのトラブルになりそうな、耳あなのフィット感も選べる耳せんのおかげで多くの耳穴にあいやすく設計されています。

そしてSilkは、既存の小型補聴器にはほとんどない、スマートホンアプリに対応しているのでスマートホンを補聴器のリモコン代わりにすることも可能なんです。Silkはこれからの補聴器選びでぜひ知っておいてほしい補聴器といえます。

機種クラス保証内容
7X3年修理保証
2年紛失保証
5X3年修理保証
2年紛失保証
3X2年修理保証
1年紛失保証

 

まとめ

silk x matome

シグニア補聴器のSilkを紹介しました。Silkがあればまわりの目を気にせずきこえをおぎなえます。補聴器をつけたときの見た目の問題もきこえの悩みも解決できれば、友人とのコミュニケーションを積極的にとれるようになって毎日がより楽しくなりますね♪

 

コメントは受け付けていません。