クロス補聴器のおすすめ!【選び方がわかる】

クロス補聴器でおすすめを選ぶ方法を教えます!片耳難聴で聞こえに困っている方が多いです。片耳の難聴に効果的な補聴器があります。それはクロス補聴器と言います。効果は難聴のある側の音声をクロス補聴器で拾い聞こえる耳に着けた補聴器に送信する仕組みとなっています。そんな一側性難聴に効果があるフォナック社のクロス補聴器の選び方をまとめました。

片耳難聴でお悩みの方が多いです

片耳難聴は両耳が難聴の方に比べ理解を得られづらいです。片耳は聞こえるので聞こえる時もあれば聞こえない時もある。ですので無視をしているなど勘違いを生む事があります。日常的な会話も聞こえの程度によれば聞きとる事が困難になります。特に騒がしい場所での会話は聞こえのいい人でも聞きにくい事があるので片耳難聴の人はより聞きとりが困難になります。仕事をされている若い方、学生の方は特にその様な環境に身を置いているので悩みも増えてストレスにもなります。一般的な補聴器では改善する事が難しい事が多いです。片耳難聴と補聴器について

補聴器の選び方がわからなく効果の無い補聴器を購入してしまわない為に補聴器を選ぶ際は補聴器専門店で相談しましょう。

片耳難聴になる原因

片耳難聴になる原因は様々です。片耳難聴の主な3つの原因を紹介します。

突発性難聴

今回紹介する難聴の中でも一番有名な難聴です。芸能人にも多く発症された方がいらっしゃいます。発症の原因は不明とされています。突発性難聴は発症した時自分でわかると言われています。1週間以内にしっかり治療を行う事で改善される事があると言われていますが、治らずに難聴が残る事もあります。最近では原因はストレスやウイルス、血液の循環が悪くなる事でおこるのではないかと言われています。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

ムンプスウイルスが内耳に感染する事で発症する難聴。おたふく風邪にかかりその影響で難聴になります。それがムンプス難聴です。難聴の程度は高度以上になる事が多くて大抵が音声に反応する事ができない状態になります。片耳だけに発症することが多く、2歳児~15歳の子どもに多く発症する事が多いですが成人してもおこる難聴です。妊娠中に母親がおたふく風邪にかかりそれが原因で生まれつきに難聴になる事があります。

先天性難聴(生まれつきの難聴)

生まれつき難聴になる先天性難聴と呼ばれる難聴。先天性難聴は先天性と後天性に分かれます。遺伝子の突然変異やご両親の遺伝で難聴になった場合におこるのは先天性。妊娠中にウイルス感染した時に難聴を引き起こした場合は後天性になります。

片耳難聴に効果があるのがクロス補聴器です!

片耳難聴にお悩みの方に試していただきたい補聴器があります。それはクロス補聴器といいます。クロス補聴器の仕組みを簡単に紹介します。クロス補聴器は送信機の役割りをしています。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使う事で効果があります。ですので使用時はクロス補聴器と補聴器、両耳での使用となります。クロス補聴器を難聴のある耳に着け、補聴器を聞こえる耳に着けます。難聴側に着けたクロス補聴器に入った音声を補聴器に送信します。難聴側に入った音声を聞こえる耳に着けた補聴器に送信するという仕組みです。ですので片耳難聴であってもクロス補聴器を使用する事で難聴側の音声を聞きとる事ができます。

クロス補聴器はこの様な方におすすめです

突発性難聴などにより片耳の聴力を失った方
聴力が左右で差があり補聴器で補うのが難しい方
生まれつき片耳が難聴の方

他にも片耳の聴力が悪くて、もう片側の耳の聞こえも悪いという方にもクロス補聴器は有効です。

クロス補聴器の効果、性能や使う環境

クロス補聴器は生活する中で使用してもらうと効果的です。性能も雑音を抑える働きやピーピー音が鳴るハウリングを抑える機能もあります。騒がしい環境でも会話の聞きとり、仕事の大事な会議、学校の授業などの聞きとりも改善されるでしょう。しかし、音の方向性を感じ取る事が難しいです。片耳に音声が集中するので方向感覚がわかりづらいです。後、一般的な補聴器と比べ電池の消耗が早くなります。(常に補聴器が通信をする為)

クロス補聴器の種類について

クロス補聴器の種類について紹介します。クロス補聴器には耳にかける耳かけ形、耳あなに入れる耳あな型の二種類あります。耳かけ形(RICタイプ)と耳あな型では特徴が異なります。

クロス補聴器のメーカーや価格について

クロス補聴器を取り扱うメーカーや価格帯を紹介します。クロス補聴器を販売している補聴器メーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスになります。補聴器メーカーによって対応する補聴器の機種が決められています。クロス補聴器の性能、仕組みは各メーカーほぼ同じになります。メーカーにより音質の違いがあったり、調整方法が異なります。お値段はシーメンス・シグニア、ワイデックスが共に形状はRICタイプのみで97200円(税込み)。フォナックのみシリーズや形状により価格帯に違いがあり、クエストシリーズのRICタイプが91800円(税込み)、耳あな型が118800円(税込み)。ベンチャーシリーズのRICタイプが97200円(税込み)、耳あな型が124200円(税込み)になります。

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器をおすすめし、メインで取り扱っています!

クロス補聴器を使用した方の感想

当店、大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を多く販売しています。その中でクロス補聴器を使用した方の感想、購入した決め手や使ってみてどうなのか?クロス補聴器を使用する上でのデメリットやメリットを偽り無く書いて頂きました。何名かのクロス補聴器の感想をまとめましたので紹介します。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンやレンタルサービスをしています!

クロス補聴器をお考えの方に耳よりなおすすめ情報です!大阪聞こえ補聴器では片耳難聴でお困りの方にフォナックのクロス補聴器をお得に購入していただけるクロス補聴器モニターキャンペーンを実施中です!キャンペーンの概要はクロス補聴器を購入された際に使用時の感想など、クロス補聴器の調整に役立てる為に使用された方の声をお聞かせいただいています。

サービスの内容はこちら
  • クロス補聴器モニター価格10% off
  • 電池20パック 25,920円分プレゼント
  • V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント

クロス補聴器を一度試してみたいという方にはクロス補聴器のレンタルをやっております。一週間500円になります。レンタルの際には身分証明ができる物が必要となります。数に限りがあるのでレンタル希望の方は事前にご予約をお願いします。

クロス補聴器を購入するまでの流れ

カウンセリング

まずは片耳難聴になった経緯や補聴器をする上での希望(形や性能、予算)をお聞きします。耳鼻科で治療中か、補聴器の経験があるかないかも補聴器を選ぶ上で大事です。突発性難聴やムンプス難聴の場合は補聴器専門店に行く前に必ず耳鼻科を受診、治療を受けましょう。


聴力測定

相談をお聞きした後は聴力の測定をします。補聴器を合わせていく上で必ず必要となりますので測定をさせていただいています。補聴器専門店でおこなう聴力測定は耳鼻科でおこなう検査とは異なり難聴の診断はできませんのでご理解下さい。気導聴力、骨導聴力、語音を測定します。


試聴、レンタル

聴力の測定が終われば補聴器の試聴をしていただけます。お測りした聴力を元に補聴器を調整します。クロス補聴器を調整する際に重要なのがクロスのバランスです。防音室ではわかりづらいので外に出て試聴してもらいます。クロス補聴器を着けている時、着けていない時の聞こえ方をすぐに実感していただけます。試聴をして試してみたいという方はクロス補聴器をレンタルいたします。補聴器のレンタルは1週間500円です。生活環境の中で使う事が出来るのでより補聴器の効果がわかります。


補聴器の効果を測定

試聴した後はクロス補聴器の効果を測定します。補聴器を着けた状態で言葉の聞きとりを測定します。


納品、アフターケア

補聴器が必要となり、形状や性能を決めたら購入です。耳あな型補聴器は耳の型をおとりします。耳あな型補聴器は約1週間ほどで出来上がり、お渡しする事ができます。納品時は補聴器に聴力データを入れて調整をします。補聴器の使い方、手入れの方法を説明します。補聴器をお渡しした後は生活の中で聞こえる楽しさを実感して下さい。お渡し後の補聴器の点検や調整もとても大事です。問題が無くても定期的に補聴器の点検をおこなう事で安心してお使いできます。大阪聞こえ補聴器でも購入後のアフターケアをしっかりおこなっています。点検のご案内もお送りしています。

まとめ

クロス補聴器のおすすめについて。メーカーや種類について紹介しました。クロス補聴器はまだ登場して古くなく認知度も低い補聴器です。取扱い店もまだ少ないのが現状です。クロス補聴器は片耳難聴の方の手助けとなるでしょう。一度着ければほとんどの方が効果を実感できます。まずは試聴をして効果を体験してみて下さい。クロス補聴器はある程度慣らす事も大切です。初めから完璧な聞こえというのは中々難しいですので焦らずにお試し下さい。片耳難聴でお悩みの方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。聞こえの悩みを解消しませんか?

フォナックのクロス補聴器モニター募集!!


片耳が聞こえない難聴者へフォナック社(Phonak)のクロス補聴器(CROS)のモニターキャンペーンのモニターを募集します。突発性難聴やムンプス難聴(おたふく風邪)、外傷性による難聴など様々な病気や怪我などで片耳が聞こえなくなった一側性難聴の方々がいらっしゃいます。大阪聞こえ補聴器ではそんな片耳の難聴の方が社会生活で快適に過ごして頂ける改善策としてクロス補聴器を推奨しております。
この約2年間の間でたくさんのお客様からクロス補聴器の良さを体験してもらいご感想を頂いております。
クロス補聴器のモニターキャンペーンでは実際に片耳難聴の方にクロス補聴器を使用してもらい、体験して効果を実感してから補聴器の購入を考えてもらうご提案をしております。使用された経過報告をまとめてもらい、懇切丁寧に応対いたします。モニターだけのサービスや値引などもご提案いたします。

片耳が聞こえない方の主な原因

片耳の難聴になる原因は幾つかあります。

  1. 先天性の難聴
  2. 突発性難聴
  3. ムンプス難聴(おたふく風邪)
  4. 音響外傷(強大音や騒音による難聴)
  5. 聴神経腫瘍

生まれつきにおこる難聴(先天性難聴)、突発性難聴、ムンプス難聴(おたふく風邪)、音響外傷(ロック難聴)など様々です。
片耳難聴は早期の治療で治るケースもあります。突発性難聴やムンプス、音響外傷などは発症してすぐに適切な治療をする事で回復する可能性があります。治療して回復しなかった場合は残念ながら元の聴力に戻る事はありません。片耳難聴の多くは内耳の部分にあたる感音性の難聴になります。

片耳難聴にクロス補聴器が効果的です

クロス補聴器とは片耳が聞こえない難聴用に開発された補聴器の調整方法です。聞こえない耳にクロスといわれる送信機を着けます。見た目は補聴器と同じです。もう片方の聞こえる耳に補聴器を着けて、聞こえない耳の音をクロスという送信機で音を受け取り聞こえる耳に送信して音を聞きとる調整方法です。近年は補聴器の通信技術が向上して瞬時に通信が行えるようになりました。

片耳が聞こえない方にはとても画期的な商品であります。

クロス補聴器の詳しい記事は こちら

クロス補聴器の過去のお客様の感想はこちらをご覧ください。

  1. クロス補聴器のモニター感想文
  2. クロス補聴器のモニター感想文
  3. クロス補聴器のモニター感想文
  4. クロス補聴器のモニター感想文

片耳難聴には色んなケースがございます。クロス補聴器が効果的であるかどうかは様々です。実際に体験してもらったお客様の声を読んでもらうことが参考になると思いますのでご紹介いたします。

  •  クロス補聴器モニター価格10% off 
  •  20パック 25,920円分プレゼント 
  •   V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント 

クロス補聴器(CROS)を使用するには聞こえていない耳にクロス補聴器をして頂き、聞こえている側の耳に補聴器を使用して頂かないといけません。なので両耳に補聴器をすることになります。

一番安い価格はフォナック クロス312で91,800円(税込)になります。

それにフォナック オーデオV30が150,000円になるので

合計が241,800円になります。そこからキャンペーンの値引をすると

クロス補聴器の最安値の価格は217620円

となります。また電池を20パック25,920円分プレセントします。

他にもクロスの種類や性能の高い種類はたくさんありますが、最安値の価格は206,820円になります。

クロスのモニターキャンペーンの条件

必ず初来店から販売、アフターケアまでの約3週間~1ヶ月の感想文とアンケートにお答えいただきます。

キャンペーンの条件
  • 片耳が聞こえないことの悩み
  • クロスを試そうと思った動機
  • クロス補聴器を購入してからの長所と短所
  • 身分証明証のコピーを取らせて頂きます。
  • レンタル代金は3週間500円頂戴いたします。

キャンペーンの内容は下記のとおりです。

  1.  クロス補聴器モニター価格10% off 
  2.  20パック 25,920円分プレゼント 
  3.   V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント  

補聴器がV50以上の商品は補聴器の天敵である湿気や汗からの故障を防ぐ乾燥機D-DRYをプレゼントいたします。

クロス補聴器の大阪でのレンタルは大阪聞こえ補聴器でお試し下さい!【片耳難聴と突発性難聴の方へ】

クロス補聴器を大阪でレンタルするなら大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい!
片耳難聴でお悩みの方におすすめする補聴器、クロス補聴器を普段生活している環境でお試しいただけます。
大阪でクロス補聴器に関して多くのお客様にご来店いただいています。
片耳難聴の方に効果のあるクロス補聴器を大阪聞こえ補聴器で試してみませんか?

片耳が難聴になる原因は?

片耳の難聴になる原因は幾つかあります。
生まれつきにおこる難聴(先天性難聴)、突発性難聴、ムンプス難聴(おたふく風邪)、音響外傷(ロック難聴)などがあります。
片耳難聴は早期の治療で治るケースもあります。突発性難聴やムンプス、音響外傷などは発症してすぐに適切な治療をする事で回復する可能性があります。治療して回復しなかった場合は残念ながら元の聴力に戻る事はありません。片耳難聴の多くは感音性の難聴になります。

難聴の種類や程度などについてはこちら

片耳難聴の方には様々な悩みがあります

片耳難聴って片耳は正常もしくは軽度の難聴な事が多いです。
片耳の難聴はもう片方の耳は聞こえてるので両耳難聴の人に比べると幾分よいのですが不便には変わりありません。
片耳難聴は特定の条件になると会話が聞こえづらいなど何かと大変な思いをしている人も少なくありません。

  • 騒音下では声は聞こえても会話の内容がわからない
  • 数人で会話した時に話しをしている相手、会話内容がわからない時がある
  • 聞き返し、聞き逃しが多くなる
  • 人とのコミュニケーションを上手くとれなくなる
  • 離れた所から話しかけられると気がつかない事がある

片耳難聴は片耳が正常に聞こえるが反対側はうまく聞こえません。
近距離の会話は困る事は少ないのですが、少し距離がある状態で尚且つ難聴側で会話が始まると内容の理解が難しくなります。
常に人との距離を注意しなくてはいけません。話し相手や環境により神経をとても使うのでストレスを感じたりする事が多くなります。

まずは補聴器ってどんな物なのか、購入前に知る事はできないのか?

補聴器は高価です。片耳で約5万円~約50万円相当の物まで幅広い価格設定になっています。形も耳あな型と耳かけ型があったりします。
この価格の違いは補聴器メーカーにもよりますし、耳あなか耳かけか、補聴器の機能、性能がいい物は高価になってきます。
補聴器を購入するなら失敗はしたくありませんよね?よくある失敗例では通信販売でわからずに安いという理由で集音器などを買ってしまったなど。
他には聴力に合っていない補聴器を知識の無い販売店から購入して使い物にならなかったなどがあります。
補聴器は使用する方の聴力に合わせるものなので試聴とレンタルが利用できる補聴器専門店があります。

試聴やレンタルをして実際自分にその補聴器が合っているのか?使いこなす事が出来るのかがわかると思います。
生活環境で使用してみて補聴器がある時、無い時の違いがわかり補聴器の必要性がわかるので試聴やレンタルする事は重要です。

片耳難聴の方の為に開発されたのがクロス補聴器です!

今回紹介している補聴器は一般的な補聴器と違い少し特殊になります。
クロス補聴器の仕組みは難聴側にクロス補聴器(クロス送信機)、健聴側には通常の補聴器を装用します。ですのでクロス補聴器と補聴器を両耳に使用します。価格はクロス補聴器と補聴器を合わせて約150000円ほどから用意があります。形状は耳あな型、耳かけ型RICタイプのどちらを選べます。
難聴側の音はクロス補聴器のマイクで集音して、健聴側の補聴器に電波で送信して健聴の耳で難聴側と健聴側の音声を聞くという仕組みです。
大阪聞こえ補聴器では補聴器メーカー、フォナック(Phonak)のクロス補聴器を取り扱っています。

クロス補聴器の性能や種類、価格についてはこちら

クロス補聴器をする事で改善できること

クロス補聴器する事でどの様に改善されるのか?

  • 聞こえる範囲が広がる
  • 聞き返す事や聞き逃しをする機会が少なくなる
  • 数人での会話も理解がしやすくなる
  • 騒音下でも会話の聞きとりがしやすくなる

クロス補聴器をする事でこの様な効果が考えられます。よく聞こえる耳に聞こえない側の音声が入るので普段聞こえる音声にプラスで聞こえなかった音声も聞こえる様になります。音の方向の判断は初めは難しく感じますが、補聴器に慣れてくると個人差はありますが方向の判断もしやすくなってきます。クロス補聴器は補聴器としてはまだ開発されて新しい物です。クロス補聴器の調整も少し特殊で補聴器店でも取り扱わなかったりわからないという事が実際にあります。クロス補聴器を販売、調整をして経験がなければ効果的な調整ができない事もあるので、本格的に扱っている補聴器専門店は全国でも数が少ないという現状があります。今までも片耳難聴になった多くの方々に対してクロス補聴器での聞こえの改善をしてきました。


クロス補聴器を購入頂いたお客様の体験談、感想をいただいております!

 

フォナックのクロス補聴器を使用したお客様の感想1

フォナックのクロス補聴器を使用したお客様の感想2

フォナックのクロス補聴器を使用したお客様の感想3

クロス補聴器の取り扱い店、レンタルを大阪でお探しの方は大阪聞こえ補聴器にお越し下さい!

大阪聞こえ補聴器では購入を検討されている方に1週間500円で補聴器をレンタルする事が可能です。勿論クロス補聴器も対象です。
まずは補聴器を聴力に合わせて調整をおこないますので聴力の測定やカウンセリングなどもキッチリおこないます。
レンタルは要望があれば延長する事も可能ですのでその際はご相談下さい。
購入をされた時にはレンタル料金は割引させていただきます。安心してご利用ください。

クロス補聴器のレンタルの流れ
  1. カウンセリング
  2. 聴力の測定
  3. 試聴
  4. レンタル

補聴器のレンタルや購入時の流れはこの様になります。
所要時間は約1時間~1時間半程度になります。

試聴や貸し出しの機種は標準耳かけ型か耳かけ型のRICタイプのみになります。
耳あな型は耳の型を採って製作するオーダーメイドになります。試聴はできませんのでご了承下さい。
レンタルをする際にはお持ち頂く必要な物があります。まずはご本人の住所が確認できるもの、免許証や保険証などですね。
あとはレンタル料金です。機種の貸し出しは希望があればメーカーも選ぶ事ができます。クロス補聴器に関してはフォナックのみになります。
機種の種類などでレンタルの価格には変わりはありません。片耳、両耳問わず1週間500円での貸し出しになります。クロス補聴器その他補聴器のレンタルを希望される際は事前にご予約をお願いしています。人気のある機種やクロス補聴器はレンタル中でご用意無い場合がありますので事前にご連絡下さい。


東京でクロス補聴器のレンタルをご希望の方は秋葉原に姉妹店がございます。東京秋葉原店もクロス補聴器を取り扱っていますのでお気軽にご相談下さい。詳しくはこちら!

大阪聞こえ補聴器では出張訪問サービスもやっています!

大阪聞こえ補聴器では大阪府内、一部の京都、奈良、兵庫に出張訪問しています。

しかも今なら大阪府内全域出張費無料でお伺いしています!詳しくはこちら

まとめ

大阪でクロス補聴器のレンタルをご希望の方は大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい。
大阪聞こえ補聴器では片耳難聴の方に効果的なクロス補聴器について力を入れております。
経験があるからこその機種選定などお客様の耳の聞こえに合う補聴器を提案いたします。
補聴器のレンタルは購入する前に試す事が出来ますので購入してからの失敗という事にはならないので安心です。
クロス補聴器をご希望の方でも実は標準の補聴器の方が耳に合うという方も中にはいらっしゃるのでその時はしっかりアドバイスもいたします。
まずは聴力の測定や言葉の聞き取りをお調べしていますのでご安心下さい。クロス補聴器をレンタルされる方は是非一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。しっかりきこえに合わせた調整で片耳難聴の聞こえを改善いたします。

片耳が難聴の為仕事で悩みがある方へ、聞こえを改善するクロス補聴器を紹介!

片耳難聴により仕事でお困りの方に聞き取りを良くするクロス補聴器を提案いたします!
片耳難聴で仕事での大事な会議や接客など、聞き取りが困難な方に試していただきたいのがクロス補聴器です!
クロス補聴器は片耳難聴の方の聞き取りに効果的な補聴器(送信機)です。
難聴のある耳にクロス補聴器を着けてもう片方に補聴器をします。
クロス補聴器に入った音声を補聴器側に送信するといった仕組みになっています。
片耳難聴で聞き取りにくかった方向の音声も聞きやすくなります。

片耳の難聴について

片耳難聴は先天性(生まれつき)や突発性、ムンプス(おたふく風邪)、音響外傷(ロック難聴)などが原因でおこります。
両耳難聴とは違い片耳は聞こえるので難聴だと周りにもなかなか理解してもらえない事があります。
しかし、片耳の難聴は色々と困難があります。片耳難聴はまず音声の聞きとりが損なわれます。
正しい音の方向感覚や騒音の中で聞きたい会話と周囲の雑音を分ける能力が損なわれます。
仕事で大事な会議や、取引き先との会話、面接など困難に感じる場面が多いです。
大事な話しは片耳で集中して聞きとろうとするので疲労感、ストレスを感じます。

片耳が聞こえないとこんな時に困ります

片耳の難聴はどんな時に不便に感じるのか。

  • 音声の方向感がわからない
  • 全ての音が片耳だけに入って来るの為音を分けることができない
  • 健聴の方に比べて聞き返しが増える
  • 内耳神経の異常によりめまいや耳鳴りがおこる事がある
  • 騒がしい所では会話を聞き取るのが困難
  • 空返事をしてしまう、または会話を理解しないで返事をしてしまう事がある
  • 大事な話を聞く時に片耳を集中するので精神的に疲れる、ストレスを感じる

片耳は聞こえるのでそのまま生活される方が中にはいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。
音の方向感や集団での会話が聞こえなくてストレスを感じる。
それが片耳難聴(一側耳性難聴)の辛いところなんです。
特に仕事をされている方にはとても、コミュニケーションを取る機会が多い方にはとても不便を感じます。
音の識別や聞き返しなどストレスが大きくなり転職を繰り返したり、退職してしまう方も中にはいらっしゃいます。

耳鼻科へ行って自身の難聴をよく知ることです

難聴の症状を耳鼻科医師によく説明して、聴力検査、治療をすることがとても大事です。
特に突発性難聴、急性難聴、ムンプス難聴、音響外傷などにより突然聞こえなくなったという場合は早期発見による治療が重要です。
これらの難聴は早期の治療で聴力が回復する可能性があります。仕事をされている方は安静にした方が良いので休暇を取られたりするのが望ましいです。治療をしたけど難聴が残った場合は補聴器で補助をすることを勧められることがあると思います。

難聴の程度や種類について

片耳難聴の聞きとりを改善する方法

片耳難聴になり、難聴のある耳の聞きとりを改善する方法に補聴器の使用があります。
補聴器は難聴の方の聞きとりを補助する医療機器です。
価格は片耳で約5万円ほどから50万円くらいと幅広くあります。
この価格の差は性能の差でもあります。やはり価格が高価な機種ほど性能が高くなります。
片耳難聴の場合難聴のある耳に補聴器をするのですが聴力の程度、言葉の聞きとりなどの影響で補聴器をしても効果が出ない場合があります。
仕事で使う為に購入した補聴器でも効果が出なければ意味が無いですよね。
補聴器で効果が出なければどうすればよいのか?
実はその様な片耳難聴の方の為に開発された補聴器があります!

片耳の難聴に効果があるクロス補聴器を紹介します

補聴器の効果が出ない方に試していただきたいのが補聴器メーカーフォナックのクロス補聴器です。
クロス補聴器は片耳難聴の方に効果がある補聴器(送信機)です。
一般的な補聴器とは違い、クロス補聴器は補聴器と一緒に使って効果がある送信機です。

難聴のある耳にクロス補聴器を着けて、もう片耳には補聴器を着けます。
難聴側のクロス補聴器に入った音声を補聴器側に送信して聞こえのいい耳で難聴側の音声を聞く事ができます。
クロス補聴器は耳にかける耳かけ形と耳あな型があります。防水や防塵にも強い物が出ています。

クロス補聴器の価格や性能について詳しくはこちら

クロス補聴器で大事な仕事の話しなどの聞き逃しが減ります!

クロス補聴器をする事で難聴側からの話しも聞こえのいい耳で聞きとる事ができるので仕事でのストレスなどが減ります!
今までは聞こえのいい耳に神経を使い疲労感、ストレスなどを抱えながら仕事をしていた方もこのクロス補聴器だと送信機から聞く事ができます。
クロス補聴器は大阪聞こえ補聴器で取り扱っています。ご希望の方には貸し出しもしています。
効果をわかった上で購入できるので安心です。

まとめ

片耳難聴のために仕事でお悩みの方におすすめできる補聴器、クロス補聴器を紹介しました。
仕事をされている方で片耳難聴だと大事な話しが聞きとれなかったり、聞き間違えのミスをしたり疲れやストレスを感じやすくなります。
そんな片耳難聴を補助するのがクロス補聴器です。クロス補聴器は片耳難聴の方に効果が出る補聴器です。
片耳難聴のため仕事で悩みがある方は一度お試しされてはいかがでしょうか?
大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器の取り扱い、試聴、貸し出しをしています。
片耳難聴でお困りの方は一度お試し下さい。聞こえない事で悩む事も減り快適な生活が送れますよ。

クロス補聴器の耳あな型と耳かけ形の違いって何?

クロス補聴器には耳あな型、耳かけ形があります。この違いとは何なのか?
まず結論として耳あな型と耳かけ形は補聴器の性能としては同じになります。
しかし、それぞれに特徴があります。人によって耳あな型がいい方、耳かけ形がいいという方が変わってきます。
耳あな型と耳かけ形ではどの様な違いがあるのかを紹介していきます。

クロス補聴器とは?

まずクロス補聴器について。クロス補聴器は片耳難聴の方に効果的な補聴器(送信機)です。
片耳が健聴、もしくは軽度難聴で片耳が難聴の方に対して効果があります。
難聴のある耳にクロス補聴器を装用して健聴の耳に補聴器を使用します。
仕組みはクロス補聴器に入った音声を補聴器に届けるので難聴のある耳の方向からの音声も健聴側の補聴器から聞く事ができます。

クロス補聴器のメーカーについて

今クロス補聴器はワイデックス、シーメンス・シグニア、フォナックの3社の補聴器メーカーで取り扱いがあります。
大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。

フォナック以外のメーカーのクロス補聴器の価格帯などについて
今回はフォナックのクロス補聴器について紹介します!

フォナックのクロス補聴器は3シリーズの中からお選びいただけます

フォナッククロス クエスト、スパイスシリーズ用

クエスト、スパイスシリーズ対応のクロス補聴器です。
クロス補聴器の中では一番低価格になります。

フォナッククロス

耳かけ型の送信機です。使用電池はPR41(312)です。20色のカラーからお選びいただけます。

85,000円(税抜)

  • 電池寿命 25~35時間

       使用電池 PR41(312)


フォナッククロスH2O

耳かけ型の送信機です。使用電池はPR48(13)です。上記のフォナッククロスと同様の20色のカラーからお選びいただけます。 防水・防塵の国際保護等級IP67を取得。汗やホコリによる故障の心配が軽減できます。

85,000円(税抜)

  • 電池寿命 42~52時間

       使用電池 PR48(13)


フォナッククロス-312、13

耳あな型の送信機です。形状はカナルタイプとフルシェルタイプで、使用電池はPR41(312)とRP48(13)があります。

115,000円 (税抜)

  • 312 電池寿命 25~35時間

   使用電池 PR41(312)

  • 13 電池寿命  48~58時間

   使用電池 PR48(13)

フォナッククロス(クロスⅡ)ベンチャーリーズ用

ベンチャーシリーズ対応のクロス補聴器です。

クロスⅡ-312、13

耳かけ型の送信機です。11色のカラーからお選びいただけます。防水が312がIP57、13がIP67になります。

90,000円(税抜) 

  • 312 電池寿命 46~58時間

        使用電池 PR41(312)

  • 13 電池寿命 77~96時間

        使用電池 PR48(13)


クロスⅡ-312カスタム

カナルタイプのフォナック クロスⅡ 耳あな型のクロス補聴器です。

115,000円 (税抜)

  • 電池寿命 53~76時間  

   使用電池 PR41(312)


画像はフルシェルのイメージになります。

フォナッククロスⅡ-13カスタム

ハーフシェル、フルシェルタイプのフォナック クロスⅡ 耳あな型のクロス補聴器です。

115,000円 (税抜)

  • 電池寿命 88~126時間   

        使用電池 PR48(13

フォナッククロス(クロスB)ビロングシリーズ用

こちらがクロス補聴器の最新機種になります。ビロングシリーズのクロス補聴器です。防水、防塵はIP68になります。

クロスB-312

オーデオBと一緒に使って、一側性難聴の方の聞こえをサポートするクロス送信機です。

95,000円(税抜)

  • 電池寿命 46~58時間

        使用電池 PR41(312)


クロスB-13

オーデオBと一緒に使って、一側性難聴の方の聞こえをサポートするクロス送信機です。

95,000円(税抜)

  • 電池寿命 77~96時間

        使用電池 PR48(13)
防水・防塵機能は完全防水とは異なります。電池寿命は使用状況により異なります。

ビロングシリーズのクロス補聴器は耳あな型の取り扱いがありません。

クロス補聴器には耳あな型、耳かけ形があります!

フォナックのクロス補聴器ですが形状は耳あな型と耳かけ形(RICタイプ)の2種類あります。
本題ですがクロス補聴器の耳あな型と耳かけ形の違いは何か。
それぞれメリットとデメリットがありますのでそちらも参考にしてみて下さい。

耳あな型補聴器の特徴について

耳あな型は既成ではなく、使用する耳の型を採取して製作するオーダーメイド補聴器になります。
既成の物とは違い耳にしっかり合います。難聴の程度は中度難聴の方からが適応しやすいです。

メリット

耳あな型補聴器は耳あなに入れて使用します

耳の中は汗をかかないので汗での影響を受けにくいです。
運動をよくされる方におすすめできます。

帽子やヘルメット、マスクなどの邪魔にならないです

メガネを使用される方にも影響がありません。

耳あなに補聴器本体が入るので耳本来の集音効果を最大限利用できます

より自然に近い音質に聞こえます。

デメリット

耳あなを塞ぐ為に閉塞感があります

耳あなに補聴器が入る為耳あなを塞いだ感覚になります。

自分の声が大きく聞こえる、こもった様に聞こえる

耳を塞いだ状態になるので違和感が出ます。慣れていただく事が必要になります。

耳垢が多く水っぽい方には向かない

耳あなに補聴器を入れる為に、耳垢の状態がとても柔らかい方などは補聴器の故障に繋がりやすいです。

健聴側に耳あなを使用される場合はより閉塞感を感じます

もともと聞こえる耳に補聴器を入れるので難聴のある耳に比べて聞こえ方にも影響が出てしまいます。

このデメリットを改善する方法もあります。
こもり感を軽減するには補聴器にベントと呼ばれる穴を開けます。
通気する為こもり感、響く感覚が軽減できます。

耳かけ形補聴器(RICタイプ)の特徴について

耳かけ形補聴器(RICタイプ)は補聴器本体を耳にかけます。補聴器側は標準型の耳かけも使用できます。
RICタイプは音声を出力するレシーバーと呼ばれる機械が耳あなに入るので標準の耳かけ形補聴器に比べ音声がよく入ります。
既成の耳栓をするのが難しい場合は耳の型を採取してオーダーメイド耳栓を着ける事もできます。

メリット

ボリュームの操作が簡単、便利で防水性に優れている

耳かけ形補聴器はボリュームの操作が便利に扱えます。防水機能も優れているので汗による故障を軽減してくれます。

こもり感が軽減される

耳かけ形は耳あなに比べてこもり感が軽減されます。
耳栓をオープンタイプにするなど、好みや形状に合った耳栓を使用できます。

幅広い聴力に対応するので聴力に左右されない

軽度でも高度でも合う聴力の程度が幅広く適応しやすい。

デメリット

汗や水での故障をしやすい

補聴器本体を耳にかけて使用するので汗や水の影響を受けやすい

レシーバーの故障を起こしやすい

クロス補聴器対応のRICタイプはレシーバーが補聴器本体外部に付いています。
その為通常耳かけ形に比べ故障を起こしやすい。

マスクやメガネなどの邪魔になりやすい

耳にかけて使用する為メガネのツルやマスクなどの邪魔に感じる事がある。

髪の毛などのノイズが入りやすい

補聴器のマイク位置が髪に触れる位置なので当たるとその音を拾う為。

デメリットの改善策としては防水性能、マイクの位置が調整された最新型のモデルを使う。
フォナックでも最新型のオーデオBやボレロBではマイクの位置が調整され髪の毛で発生するノイズが軽減されています。
防水防塵性能もIP68の最高水準(30分水に沈めても壊れない、埃などが中に入らない構造)になっているので完全防水ではないが故障を軽減できる。

今回はクロス補聴器がRICタイプのみなのでRICタイプの特徴について紹介しました。

クロス補聴器は大阪聞こえ補聴器で取り扱っています!

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器を取り扱っています。
ご相談から試聴、貸し出しもしています。関西でお探しの方は一度ご相談下さい。

大阪市以外の一部の地域も出張訪問をお受けしていますよ!詳しくはこちら

東京でクロス補聴器をお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応いたします。

東京秋葉原店リスニングラボは画像をクリック!

まとめ

クロス補聴器の耳あな型、耳かけ形の違いについて紹介しました。

耳あな型と耳かけ形では補聴器自体の機能は変わりません。

しかしそれぞれに特徴があります。聴力や耳の状態などでどちらが良いかが決まります。

フォナックのクロス補聴器は3シリーズから選ぶ事ができます。シリーズによって補聴器の性能、価格帯が変わります。

耳あなか耳かけで迷われる場合、耳あな型は一度耳の型を採取して作製しないといけないので一度お作りする、もしくは耳かけの耳栓部分に印象剤を詰めて疑似体験していただくかです。

耳あな型は90日以内なら交換、返品対応をさせていただいています。耳かけ形は30日以内での対応になります。

クロス補聴器の耳あな型、耳かけ形どちらにするかは聴力、耳の状態を考慮してアドバイスさせていただきます。

クロス補聴器をご希望の方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。

クロス補聴器の取扱い店を大阪でお探しなら大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい!

クロス補聴器の取り扱い店を大阪で探している方は大阪聞こえ補聴器にお越し下さい!
片耳難聴の方に効果があるクロス(CROS)補聴器をご存知でしょうか?
クロス補聴器は片耳難聴の方に効果があります。クロス補聴器の取り扱い店はまだ少ないのが現状です。大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器の販売、レンタルをしています!ご相談から受付けていますよ!

片耳難聴の方の補聴器選びについて

片耳難聴でお悩みの方に知っていただきたい事があります。
それは補聴器をただ使うだけでは効果がないかもしれないという事です。
片耳難聴の場合、聴力の程度によって補聴器では補えない事があります。

片耳難聴について

片耳難聴で補聴器の効果が出ないケース

聴力の低下が大きすぎて補えない

余りにも聴力低下がある場合は補聴器でも補えない事があります。

耳が音声を理解出来なくなってきているために効果が期待できない

音声を理解する能力が低下してしまっている場合、補聴器の効果があまり期待できない。
補聴器をするにあたって重要になるのは聞こえた音声をしっかり理解できるかの理解度が重要です。

聴力が特殊で補聴器を合わせるのが難しい

極端な聴力の低下がある場合は補聴器で補うのが難しい。
いずれも聴力、語音弁別を調べる事でわかります。

片耳難聴に効果があるのがクロス補聴器です!

クロス補聴器は一般的な補聴器とは性能が違います。
クロス補聴器の仕組みは難聴がある耳にクロス補聴器をしてもう片耳に補聴器をします。
クロス補聴器は送信機のような役割です。補聴器とクロス補聴器を両方使って機能します。
簡単に説明すると難聴側にクロス補聴器をつけて拾った音声を補聴器側に送信するといった仕組みになります。
難聴側の音声を補聴器側に通信するので片耳で両方向の音声を認識する事ができます。

クロス補聴器が対象となる方

片方の耳が健聴の方

片耳はよく聞こえるがもう片方に難聴がある方

補聴器をしてもうまく補えない方(聴力低下が大きい方や音を理解するのが困難な方)

聴力低下が極端な方や大幅に低下している方。言葉の理解力が低下している方

この様な聴力の方が対象になります。青色が左耳、赤色が右耳の聴力になります。

聴力の程度や聴力の見方について

バイクロスと呼ばれる調整方法もあります

バイクロス(BiCROS)は片耳が聞こえずもう一方の耳が難聴である方を対象とします。
聞こえない側の耳の音は、クロス補聴器が受信して処理し、反対側の補聴器に送信します。
聞こえる側の補聴器が両方の補聴器で捉えた音を組み合わせて増幅して良い方の耳に伝えます。
聞こえる側の耳が健聴でしたらクロス、聞こえる側の耳が難聴でしたらバイクロスと呼ばれます。

このクロス、バイクロスは同じクロス補聴器で調整する事ができます。
聴力により自動的にクロスかバイクロスに設定されます。

クロス補聴器の形状について

クロス補聴器は耳かけ形(RICタイプ)と耳あな型の2種類あります。

耳かけ形(RICタイプ)

RICタイプの特徴は外部に音の出るレシーバーがあるので本体が小型です。
耳にかけて使用し、操作も簡単です。幅広い聴力に対応します。本体カラーのバリエーションが多いのも特徴の一つ。
耳穴に比べるとこもり感があまり無く使用できます。耳栓があっていなかったり音を出しすぎるとハウリング(ピーピー音)の原因になる。
しかし、最近の耳かけ形補聴器はハウリング抑制の機能が優れているのでほとんどハウリングする事がなくなりました。

耳あな型

耳あな型の特徴はオーダーメイドで耳型を採って作るので耳の形状にピッタリとあいます。
耳の中にしっかり入るので音声のボリューム感もRICタイプに比べて出ます。本体も小型の物など目立ちにくい作りです。
ハウリングもRICタイプに比べ軽減されます。耳あなを塞ぐのでRICタイプに比べるとこもり感を感じやすいです。

クロス補聴器のメーカーについて

クロス補聴器は今製造しているメーカーが限られています。
製造がある補聴器メーカーはワイデックス、シーメンス・シグニア、フォナックです。
大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。
クロス補聴器のメーカー、種類や価格帯について

フォナックのクロス補聴器は片耳難聴の方にとても好評に使っていただいています!
フォナッククロス補聴器を使用中の方の声

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器の試聴、貸し出しもしています!

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器を取り扱っているので試聴、貸し出しもしております!
ご予約いただけましたらクロス補聴器を500円で1週間貸し出しいたします。
使用していただくと効果もわかりますので安心して購入いただけます。
ご相談から受け付けていますのでお問い合わせ下さい。一部の地域へは出張訪問もしています!

東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がありクロス補聴器も扱っていますので秋葉原店で対応致します!

秋葉原補聴器リスニングラボは画像をクリックして下さい!

東京、大阪共にクロス補聴器のモニターキャンペーンを8月10日までおこなっています!

クロス補聴器の購入をお考えの方にお得なキャンペーンです!詳しくは下の画像をクリック!

まとめ

片耳難聴でお困りの方におすすめするのがクロス補聴器です。
大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器を取り扱っています。
大阪以外の兵庫、京都、奈良の一部にお住まいで来店の難しい地域にお住まいの方には出張訪問もしています。
(その他の地域の方は要相談になります。理由としては適切なアフターケアがおこなえない可能性がある為)
クロス補聴器は片耳が難聴の方に対して効果があります。
試聴していただくとよくわかると思います。
片耳難聴でお困りの方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。

【突発性難聴のレポート】フォナック社クロス補聴器の感想やデメリットとメリットについて

突発性難聴の改善にフォナックのクロス補聴器が気になる!そんな人の為にお客様の声や体験した感想やデメリットとメリットをレポートでまとめました。突発性難聴で片耳だけ聞こえない片耳難聴でお悩みの方の解決策としてクロス補聴器が有効です。しかし本当に効果があるのか?そんな皆さんの悩みの解決になればと思います。大阪聞こえ補聴器と秋葉原補聴器リスニングラボではクロス補聴器のレポートをWEBで観覧できるようにしております。一側性難聴で困っている方が少しでも社会復帰できて快適に生活が出来る為に役立てばと思います。

尚、クロス補聴器のレポートにご協力頂いたお客様、本当にありがとうございます。

突発性難聴ってなに?

突発性難聴は1944年に初めて報告された症状です。

最近ではジャニーズ事務所に所属されている堂本剛さんが発症してニュースになりました。

ミュージシャンにも多くエレファントカシマシの宮本浩次さん、スガシカオさん、浜崎あゆみさん、坂本龍一さん、藤あや子さん、相田翔子さん、などなどたくさんの芸能人の方が患っています。

原因はストレス、強大音、神経麻痺、ウイルスなど色々と言われております。
原因が不明で突然内耳性の感音性の難聴になる。感音性は耳の中の内耳神経のことです。

突然難聴になり、その時の事がはっきりとわかる場合が多い。例えば朝起きたら聞えなくなっていたなどです。

発症時には強いめまいを伴う事があり、ある程度時を経て難聴が進んだような場合は突発性難聴とはされません。
原因がわかっているものは突発的な難聴でも突発性難聴とは診断はされず原因にしたがって診断名がつきます。発症率は約3千人に1人と推定されています。

突発性難聴の症状や片耳が聞こえない一側性難聴についての記事コチラ

今回は突発性難聴で片耳が聞こえなくなった主婦の方の症例です。

今回のお客様はそんな突発性難聴で耳が聞こえなくなった方でした。

とても丁寧に長文でレポートしてくれましたのでご紹介します。その中でクロス補聴器のメリットやデメリット、お客様が感じる疑問点がとてもよくわかりました。本当にありがたい感想でした。これはこれからクロス補聴器を考えている方々にも是非とも参考にしてもらいたいのでご紹介いたします。

片耳が聞こえない方に有効なクロス補聴器とは?

こちらのサイトでは片耳が聞こえない人がクロス補聴器を使用した体験談と感想を紹介いたします。クロス補聴器の仕組みについて知って頂くことが大事です。

クロス補聴器について詳しくはコチラをお読みください。

クロス補聴器は片耳が聞こえない片耳難聴(一側性難聴)に効果的な補聴器のフィッティング方法です。聞こえない側の音を反対側の聞こえている側に音を送信して聞かせる補聴器のことを言います。

突発性難聴の方のクロス補聴器をしたお客様の感想

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器の体験談をお客様の声として掲載しております。下記の女性のクロスの感想です。

※WEBの掲載に辺りお客様からは承諾を得ております。骨導聴力はあえて表記しておりません。


  • 38歳 主婦 女性 奈良県在住
  • 難聴になった原因 / 平成28年5月に突発性難聴を発症
  • 聴力 左耳73.75dB / 右耳18.75dB
  • 主訴 / 左耳の難聴の改善
  • 困っていること / 左側、うしろから話しかけられても気付かない。(自転車や車が通っても気付かない)騒がしい所では会話が聞き取れない。
  • 購入した補聴器 右耳 フォナック オーデオB-13 B90(Phonak Audeo B-13 B90)受信機 / 左耳 フォナック クロスB13 (Phonak CROS B-13) 送信機

一式価格641,480円 → 特別値引き 542,340円にて販売。電池20パックとD-DRY乾燥機の代金も含みます。

 


難聴になった経緯

平成28年5月に突発性難聴になる。直ぐに病院で治療をしたが聴力が回復することはありませんでした。耳鼻科で補聴器の紹介も受けて試しましたが効果がありませんでした。ショックでした。

そんな時にスマホで検索してクロス補聴器の存在を知りました。

子供がまだ小さいくて幼稚園や学校の会議や話し合いが多く、その時に難聴のある左側から話しかけられると聞こえない。聞き返すことが出来ない。特に大勢での会話になると言葉が明瞭に理解できない。方向感がわからない。今回はインターネットで突発性難聴での解決策としてクロス補聴器があると知り大阪聞こえ補聴器へご来店しました。


突発性難聴の方のクロス補聴器の体験期

今回のクロス補聴器の体験記はとても丁寧にレポートして頂けました。わかりやすくメリットとデメリットのクロス補聴器の長所と短所を色分けいたしました。

緑色の文字はメリットです。 赤色の文字はデメリットです。

フォナック オーデオB-13 B30とクロスB13で貸し出し

6月5日 補聴器をレンタルして帰りにスタバに寄り外のオープンテラスの席に座る。前を幹線道路があり交通量が多い状況で左側からスーツケースのキャスターの音をマイクで音を拾った様に急に耳に入ってきた。電車の中でも急に左側での音や話し声を拾い耳に入ってくる。

駅から家までの道中、私の左側をすれ違う人の話す声が聞こえる。いつも行くスーパーに寄るレジの人の声が聞き取れる。

家にいて髪の毛を触った時などのガサガサと大きな音にびっくりする。自分のスリッパをはいている足音が盗聴器を聞いている感じに聞こえる。右耳に着けている補聴器の透明な線が痛くて型がついていた。

6月6日 歯磨きをした時に水を流す音が響く。家の部屋のスイッチを押す音が響く。

子供を迎えに幼稚園に行った時、園庭で遊んでいる子供達の声や親がおしゃべりしてる声が耳に入ってきた。園庭で話す時いつもは周りが騒がしく聞きとり辛いが聞きとれる。

幼稚園からの帰り道、交通量のある道路を歩いて帰る。右側(聴こえる側)に車が通っていて、左側(聴こえない側)に子供と手をつないで歩いてしゃべりながら帰るが、いつもは子供が話す声が聞きとれないが、何を話しているか聞こえる。マイクでひろう様な聞こえ方。

車に乗って出かけた時、左後ろに乗っている子供の話す声が聞き取れる。(いつもは聞き取れない。)

6月7日 幼稚園の迎えに行った時に順番に並んで待っている時、うしろのお母さんが話してきたのがわかった。今まではうしろから話しかけられてもわからない。

右耳に着けている補聴器の透明の線が痛い。左側も外すと少し痛い。髪の毛のガサガサの音が慣れない。

6月8日 今日はすごく暑く汗をかいた時に補聴器が壊れないか心配になった。

6月9日 今日は幼稚園の参観日で最初は外の畑でじゃがいも掘りの参観。左側にいるお母さんと話をする。聞き取れたり、聞き辛かったりするが、今までなら全く聞き取れなかったと思う。教室に移り参観。子供の声が騒がしいと聞きとり辛くなる。汗で壊れないか気になった。夕方に補聴器を外してスーパーへ行く。やっぱり補聴器があるのとないのでは聞こえ方が違う。

6月10日 美容室に行く。水に濡れて壊れると困るので補聴器は着けないで行った。夕方イオンモールへ行く。騒がしい店内で左側から話しかけられる声が聞こえる。夕食を食べるのに4人掛けのテーブルに座る。店内では音楽が流れお客さんも多く左側に座っている人の声が聞き取れたり、聞きとりにくかったり、前の席に座っている人も同じ。

6月11日 今日は一日家で過ごしたので補聴器は着けずに過ごした。

6月12日 だんだんと補聴器にも慣れてきたが、右側の補聴器の線の痛みは夕方にある。

水を流す音が響く、電気のスイッチや洗濯機のドアの閉める音は響く。髪の毛のガザがさ音も慣れない。


8日間使用してクロス補聴器への疑問点をお答えする

6月16日 お店へ来店する。気になったことを大阪聞こえ補聴器の店長の野田さんに疑問点を色々と質問する。

【質問1】 補聴器の寿命はありますか?

【答え1】あります。補聴器の平均寿命は約5年です。しかし最近の補聴器は防水・防塵の等級がIP68を取得しております。丁寧に使用すれば5年以上持ちます。僕の知っているお客様の中には稀に10年使用している方もいております。

フォナックのクロス補聴器は特に防水・防塵の故障が少なく丈夫なことで長けています。また補聴器のメーカー保証は2年なので2年経つ前に一度オーバーホール修理に出してほぼ新品の状態にしてもらうのも長持ちさせるのにとても有効的です。大阪聞こえ補聴器ではB50 以上の商品であればD-DRY乾燥機もプレゼントしております。乾燥機に補聴器を寝る時に収納して天敵である汗や湿気から補聴器を守って頂けたら長く補聴器を使用できます。

汗や湿気の故障や防水についてはコチラ

またレシーバー部分の断線による故障がたまにあります。レシーバーの修理は一般的なメーカーであれば1万円~1万2千円ほどしますが、フォナックのレシーバーは5,000円と非常に安いです。修理部品が安いのはありがたいです。ちなみに保証内であればレシーバーの修理交換は無料です。

【質問2】補聴器以外にかかる費用ってありますか?

【答え2】ないです。費用がかかるとしたら電池です。しかし大阪聞こえ補聴器では電池も20パック付けて販売いたします。なので初期投資は補聴器の本体価格のみです。電池がなくなってからは電池代の費用はかかります。

耳栓がどうしても合わない方などは極稀に耳栓をオーダーして特注の耳栓(イヤーモールド)を作ることがあります。その時は1万円ほど別途かかります。今回は場合は特注して耳栓を作ることはありません。

【質問3】耳かけ型と耳あな型の違いってありますか?

【答え3】違いはあります。クロス補聴器には耳かけ型と耳あな型の2種類あります。どちらがいいのか迷われる方は非常に多いです。バイクロスでの補聴器を試されるのであれば耳あな型は効果的です。

バイクロスについて

耳あな型は耳介を使った集音効果があるので指向性が働いて聞きとりやすいことがあります。耳かけ型は耳の後ろにマイクがくるので耳介の効果での集音効果はあまりありません。なので一昔前のクエストシリーズ(Quest)のクロス補聴器では聞こえない側に耳あな型を、聞こえる側に耳かけ型を使用して音を聞くと耳介の効果での音の方向感や会話がわかりやすくなっておりました。但しVenture(ベンチャーシリーズ)とBelong(ビロングシリーズ)では耳あな型と耳かけ型のコンビネーションでの使用は出来ません。クエストシリーズのみです。

しかしそれはフォナックの音声環境認識のオートセンスOSの技術がクエストシリーズからビロングシリーズで遥かに向上してかなり解決されております。

Bシリーズ(Belong/ビロング)からは耳あな型での耳介を用いた指向性はあまり関係なくなってきています。それはビロングシリーズはB50 以上のタイプであれば両耳間通信でのマイクが4つ作動し、雑音と会話の指向性をマイクで環境認識してくれます。また耳かけ型のマイクの位置もビロングシリーズは改善されており、横はもちろん縦への音も集音力を高めております。ですのでビロングシリーズからはB50 以上であればクロス補聴器は耳あな型よりも耳かけ型の方が効果的です。バイクロスはでは話は別ですが、クロス補聴器で耳あな型を両耳に使用すると耳を塞いでしまうので自然に入って聞こえる音も耳栓をした状態なのであまり効果的とは言えません。耳かけ型はこもらないで閉塞感が少なくて着けていて楽です。

但し耳かけ型のデメリットは眼鏡を掛けたりマスクをする方にはマイクに触れて音がガザガサして気になるでしょう。耳あな型は当たらないのでガサガサした雑音はありません。

【質問4】補聴器の値段の差は何が違うのでしょうか?

【答え4】フォナックのクロス補聴器の場合は聞こえている側に補聴器を入れて、聞こえていない側にクロス補聴器を入れます。クロス補聴器は種類はないですが、補聴器は種類があります。

B30だと18万円、B50だと25万円、B70だと36万円、B90 だと50万円。基本的にB50から両耳間通信での環境認識を行ないます。質問3でも言いましたが、フォナックでは環境認識機能のことをOS(オートセンスOS)と呼びます。

オートセンスOSは静かな環境、騒音下でのことば、騒音下での快適性、音楽、反響する環境での快適性、非常に騒がしい中でのことば、車の中でのことばの計7つのプラグラムで207通りの音を最適な聞こえで作る機能です。

B30もクロス補聴器の能力として充分に効果を発揮しますが、雑音と会話をわける環境認識のオートセンスOSが乏しいです。両耳間通信でのOSの効果を発揮できるB50からが雑音と会話や音の方向感もより効果的になります。それがB70やB90になるとさらにオートセンスOSの効果も良く、チャンネル数も豊富になるので雑音下での会話の聞き取りが向上します。

【質問5】補聴器を着けていて体に影響はありますか?

【答え5】聞こえなかった側の音が聞こえるという体への良い影響はあります。悪い影響は耳に掛けたり、耳に入れて使用するので、長時間使用して耳が痛い、痒いなどの症状は極稀に言われる方はいております。そんな時は耳栓をお店の人に見てもらったり、サイズや長さを交換するのが良いでしょう。また長時間の使用はしないで休憩しながら使用することが大切です。

また調整や知識の乏しいお店で買われるのは良くありません。クロス補聴器や補聴器のことをよく理解しているお店で体に合った補聴器を使用することが大切です。

【質問6】私に合う補聴器メーカーは他にありますか?

【答え6】クロス補聴器はフォナック社以外にもあります。シーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)やワイデックス(WIDEX)、そしてフォナック(Phonak)と今のところ計3社の補聴器メーカーでクロス補聴器が存在します。弊社で考えている補聴器の技術の中でクロスに大切なのは両耳間通信とOS(オートセンス環境認識機能)です。この2つの機能に関してはフォナック社が一番優れていると考えております。もし他社のメーカーを比較されるのであれば他店で試聴して頂くことをオススメします。その上でどのメーカーのどの機種にするかを考えられるのが良いと思います。

【質問7】どのくらい防水に耐えることができますか?

【答え7】フォナック補聴器のBシリーズは防水・防塵性能IP68です。汗や水、砂やほこりなどの侵入を防ぐ防水防塵性能がついに国際保護規格の最高水準IP68を取得。粉塵の中に8時間入れた後でも、深さ1mの水中に30分以上入れた後でも修理が必要なダメージが発生しません。

防水やIP68について


フォナック オーデオB-13 B50とクロスB13で貸し出し

6月16日 B30からB50に変更。B50を着けて商店街に出る。ザワザワガヤガヤしている商店街の中で野田店長さんが左側から話しかけてくる声がB30の時よりハッキリと聞こえる感じがある。

耳栓を穴が空いていないクローズドタイプに変えて帰りました。帰りの電車の中で右からしゃべりかけられた時、耳が少しこもった感じがあり、やや聞きにくく感じた。

6月17日 病院へ行った時B30と聞こえ方がそんなに変わらない感じもある。ボリュームを上げてみたりもした。上げすぎると声が大きく聞こえるがザーザーという感じの音も入って来るので聞き易くなかった。

6月18日 一日家で過ごす。テレビを観たり、家の事をしたりする。補聴器に慣れてきたのか家の中だからなのか、聞こえているという感じがなくなった。

6月19日 小学校で集まりがあり会議室に7人で話をする。みんなで雑談をしだすと少し辛いかなと思う時もある。途中で電池が切れた!電池が切れてそのまま話を聞いている時、特に不便もなかったが左の耳の閉塞感を感じた。

6月20日 子供が体調を崩して家で過ごす。ずっと変わらないことだが洗濯機のドアを閉める時の音や部屋の電気のスイッチを押す時の音が響く。髪の毛を触った時のガサガサ音もいまだに慣れない。

6月21日 子供の用事で行っている時にママ友達とおしゃべりする。5人でしゃべっていたが5人以外誰もいてなかった部屋だったので聞きとれないこともなくおしゃべりできた。

6月22日 朝、幼稚園に子供と歩いて行っている時うしろから来ている車に気がつかなかった。

6月23日 家でテレビを見ている時に補聴器のボリュームを上げるとテレビ以外の全ての音のボリュームが上がり聞き辛く感じた。小学校の体育館で講演会に参加。周りが騒がしいと聞きにくくなることもある。


14日間の途中経過の感想

B50を着けて野田店長と商店街へ出た時は店長さんの声がB30 の時よりもハッキリと聞こえて良かったが、1週間過ごしてみてだんだんとB30 とB50 の差がわからなくなった。どちらも聞き易くはなるが、騒がしい所では聞きにくくなることもある。

聞きとり辛い時にボリュームを上げると全体のボリュームが大きくなって聞こえるが、他の雑音も大きくなるのは良くない。

突発的な大きな音にびっくりする。ヒールのコツコツ歩く音、紙にくしゃくしゃとする音、ドアを勢いよく閉めた時の音、物を落とした際の音、etc…。

突然の大きな音に不快を感じる。騒がしい所でなるべく聞きにくくならないようなのが良い。B30とB50の指向性の違いははじめのうちはよかったが使っていくうちにあまりわからなかった。

最後にB90の一番良い機種で試させてもらう。


フォナック オーデオB-13 B90とクロスB13で貸し出し

6月24日 Phonak Audeo B13 B50をデモ機で試聴していたが、Phonak Audeo B13 B90に変更してもらう。

補聴器を着けたまま帰りにパンケーキの店の行列に並ぶ。お店の前を幹線道路が走っており交通量が多いので行列に並んで待っている間、母と妹と会話する。聞き取れたり、聞き取れなかったり、お店の中でも同じ。

6月25日 家で過ごす。紙のクシャクシャとする音やスイッチを押した時の音や洗濯機の扉を閉める時の音が響かない。今までのB30とB50であったら響いていたのがB90は快適であった。

6月26日 幼稚園でお迎えで園庭で子供が遊んでいる間、ママ同士でしゃべる。左側にいたままの声が聞き取れる。

6月27日 補聴器を着けずに一日過ごした。友達にネイルをしてもらったが静かな環境だったので特に不便はなかった。

6月28日 今日はイオンモールへ行ってみた。周りが騒がしい時に、騒がしさを抑えてくれる時がある。左隣にいる友達の声が聞き取れる。騒がしいのを抑えてくれる切替のような感じが何度かある。どういうタイミングで切り替わるのかわからないが、時々聞きとり辛い時がある。

6月29日 車に乗って出かける。となり(左)に座っている子供の会話がわかる。レンタル中に電池の交換は1度もしなかった。特にボリュームを上げたりもなく過ごせた。

以上のクロス補聴器のモニターをおこないフォナックB-13 B90とクロスB-13を購入いたしました。


お客様のクロス補聴器の総合的な感想

私は昨年、突発性難聴になり左耳が聞こえなくなり1年が経ちました。耳鼻科で治療に通いましたが治りませんでした。耳鼻科の先生に補聴器を紹介してもらい聞こえない左耳の方に補聴器をはじめて着けましたが、私の耳には効果はありませんでした。補聴器をつけたら聞こえるかもと少し期待してしまったので効果がなくショックでした。

そんな時にスマホで検索していて目にとまったのがクロス補聴器でした。

ただ私の住んでいる所には取り扱っているお店がなく、色々と探してこちらの関西きこえ補聴器(大阪聞こえ補聴器)さんを見つけました。すぐにTELをしてお店に行き気になっていたクロス補聴器を着けさせて頂きました。

店内では静かなこともあり効果はわかりませんでしたが、店の外に出てみると商店街の人通りやBGMなどで騒がしい状況で聞こえない左耳の方から話しかけられた時に声が聞こえました。左耳が聞こえなくなってから一年が経ち、もう聞こえないと諦めていたので聞こえた時は本当に感動しました。

その日からレンタルさせて頂き日常生活でも試してみました。子供が通っている幼稚園や小学校、そしてスーパーやショッピングモールなど騒がしい所での聞こえ方は聞き取れる時もあるし、聞きとりにくいこともありました。色々なクラスの補聴器を試させて頂きレンタルしました。B30とB50はわたしにはあまり変わらないのが感想です。B70はその時に無かったのですが、B90をレンタルさせて頂きました。B30とB50では水を流している時の音や洗濯機のドアの音を閉める時の音や突然の大きな音などが響いていたのですがB90はそれがなくなりました。

騒がしい場所やしゃべっている人の声の声量にもよりますが聞きとりにくかったりする時もあるので全てを解決して快適に生活できるわけではないと思いますが、クロス補聴器が無かった時は聞こえていない耳側から話しかけられても気づかないし後ろからも気づかないで、いつも気を張っている感じで生活していましたので、クロス補聴器をつけることで、それがなくなり気持ちが楽になりました。

当初は髪の毛が当たるガサガサとなる音が気になったり、耳の上のところが痛くなったりすることもありましたが、慣れてきたせいもあるのか今では気にならなくなり、痛いのもなくなりました。

私の場合、左耳が聞こえず右耳は聞こえることもあって静かな所で生活している上では不自由さは感じませんが、実際の日常では騒がしい場面、場所での生活が多いのでクロス補聴器で聞こえを補ってくれることは私にとってはクロス補聴器の存在は大きいものだと思いました。

クロス補聴器ないと聞こえない耳の方から話しかけられたり、あと多人数や騒がしい所なんかでの会話は聞き取れないので本当に不自由でした。クロス補聴器を着けても聞こえないところはありますが、着けていない時とは全然違います。着けている方が良いです。

クロス補聴器を購入するに辺り私は本当にたくさん悩み迷いました。野田さんにも色々と相談に乗って頂き教えて頂きました。

最初に対応してくれた栗谷さん、そして途中から最後まで対応してくださいました野田さんのお二人共いつも私の話を聞いて下さり、そしていつも丁寧な対応して頂き本当にありがとうございました。

これからの私の生活がクロス補聴器によりより良い生活が送れると思っております。

乱筆乱文にて失礼いたしました。

平成29年7月23日 クロス補聴器モニターキャンペーンのお客様より

クロス補聴器の感想のまとめ

大阪聞こえ補聴器の認定補聴器技能者の野田から一言。

クロス補聴器を大阪と東京で数多く販売してきましたが、若い方の突発性難聴で聴力が回復しなかった人は本当に多いことを最近つくづく痛感しております。

片耳だけ聞こえない一側性難聴は我慢をすればなんとか済むと思いの方が多い反面、聞こえていないことを誤魔化している方が多いんだなとも感じます。諦めてしまっている方がほとんどなんでしょうね。

今までの補聴器なら悪くなった耳に無理やり大きな出力を入れて音を聞かせる手段が主でした。ほぼそれしか方法がなかったということもありますが、無理して補聴器を使うってしんどいですからね。しかしフォナック補聴器のように両耳間通信で電波で聞こえる耳に聞こえない側の音の飛ばす技術は本当にタイムラグ(音のズレ)も少なくて音質も向上しております。しんどい思いをして一般的な補聴器をするよりもクロス補聴器は本当に効果的かつ有効的です。

今回の女性の方のケースだと、主婦の方でしたが、幼稚園や小学校での交流が非常に多い方でした。一側性難聴になられた方々が口を揃えて言う1対1の会話は聞こえるが、【2人以上になると会話が厳しい】、【理解していないのに空返事をする】、【聞き返しが出来ない】、そして誤魔化して過ごされて積極的に人との交流を避けてしまう傾向があるので、クロス補聴器で一人でも多くの人が積極的にコミニケーションを取る糸口になれば良いなと思います。社会人でも主婦の方でも20代~50代は会話の内容や人とのコミニケーションも多いですからね。主婦の方は学校、家庭、職場と様々な所で人と交流を持たないといけないので片耳が聞こえないのは辛いと思います。

今回のケースで3週間みっちりと貸し出しから補聴器のクラス別で比較もして感心したのがAudeo B-13 B90の音質の良さでした。B30 やB50 ではあんなにも紙の音、洗濯機の扉の音、大きな突発音がうるさいと言っていたのに、B90を貸した途端に気にならなくなったのには僕も驚きました。

クロス補聴器で100%解決するわけではありません。耳に補聴器を着けないといけないから異物感が合ったり、騒がしい中だと聞き取りにくい、などのデメリットはありますが、補聴器がないよりは遥かに聞き取りの向上はいたします。そういう意味ではメリットの方が多いです。個人差もありますし必ず誰にでも合うわけではありません。なので試して体験してから納得してから購入して頂きたいですね。

今回のお客様は本体のカラーを白と黒の可愛いデザインで交互に選ばれたのが女性的で印象的でした。僕ももしするならこの2種類のカラーはオシャレだと思います。

 フォナック・ビロングシリーズのオーデオのカラーバリエーション 

本当に丁寧にこと細かくご質問や相談を頂き、最後には納得して買って頂けたので良かったです。僕の方も色々と勉強になりましたし、次に同じような症状で困られた方にも役に立ちます。これからも懇切丁寧にアフターフォローして行きます。今後とも宜しくお願いいたします!

フォナックのクロス補聴器キャンペーン延長!!

大阪聞こえ補聴器と東京の秋葉原補聴器リスニングラボはモニターキャンペーンでクロス補聴器のレンタルから聞き比べそして機種選定まで適切に行います。

 クロス補聴器モニター価格10% off 
 電池を20パック 25,920円分プレゼント 
 V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント 

クロス補聴器をお考えの方にとてもお買い得なキャンペーンです。

是非一度、大阪聞こえ補聴器のクロス補聴器モニターキャンペーンをお考えください。

クロス補聴器モニターキャンペーンはコチラ

※クロス補聴器キャンペーンは4月29日まで開催しておりましたが、好評につき8月10日(木)まで延長することになりました。

東京でクロス補聴器をご希望の方はコチラ

フォナックのクロス補聴器の感想「思ったより音声が聞こえるのが不思議!」


フォナック社(Phonak)のクロス(CROS)補聴器のモニターキャンペーンの感想について紹介します。職場で片耳が聞こえなくて悩まれていたお客様の症例です。クロス補聴器を試した効果と実体験の感想を約1ヶ月に渡りまとめたものを紹介したいと思います。こちらでは片耳が聞こえない一側性難聴(片耳難聴)でお困りの方の役に立つブログ書いております。

まず一側性難聴(片耳難聴)について知りたい方はコチラをお読みください。

片耳が聞こえない方に有効なクロス補聴器とは?

こちらのサイトでは片耳が聞こえない人がクロス補聴器を使用した体験談と感想を紹介いたします。

まずクロス補聴器の仕組みについて知って頂くことが大事です。

クロス補聴器について詳しくはコチラをお読みください。

クロス補聴器は片耳が聞こえない片耳難聴(一側性難聴)に効果的な補聴器のフィッティング方法です。

聞こえない側の音を反対側の聞こえている側に音を送信して聞かせる補聴器のことを言います。

クロス補聴器をしたお客様の感想

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器の体験談をお客様の声として掲載しております。下記の女性のクロスの感想です。

※掲載に辺りお客様からは承諾を得ております。骨導値に関しましては記載しておりません。



50歳 OL 女性 大阪市在中

  • 難聴になった原因 / 小学校2年生の時に熱のはな(口唇ヘルペス)の為の高熱を発症。熱が下がった後に右耳の聴力の異常に気づく。左耳は正常。
  • 聴力 左耳 18.8dB / 右耳 106.3dB(聾啞)
  • 主訴 / 職場で左側の壁後ろに上司がおり、右側が聞こえない為、後ろ又は右後ろから離されると聞き取れなくて辛い。
  • 購入した補聴器 左耳 フォナック オーデオB-13 B70(Phonak Audeo B-13 B70)受信機 / 右耳 フォナック クロスB13 (Phonak CROS B-13) 送信機
  • 一式価格 497,960円 → 特別値引き 407,340円にて販売。電池25パックとD-DRY乾燥機を含みます。

お悩み

右耳が聞こえなくなって40年余り。これまでは差ほど不便を感じていなかったのですが、転職した職場で、聞こえを指摘されたことで、あれこれ調べて、クロス補聴器なるものがあることを知り、一番わかりやすく親切で親しみ易い印象だった大阪聞こえ補聴器(関西きこえ補聴器)の野田さんを訪ねることにしました。


クロス補聴器の体験期

2月18日 初めてクロス補聴器を体験する。

思ったよりも違和感はなく、聞こえない右側の音・声が聞こえるのが不思議。

外出して少し慣れたので意識して左右を比較すると、聞こえている左耳より右耳の方が気持ち低音で聞こえる気がする。

食事中一旦補聴器を外してみる。店内の右側から来る人の足音が聞こえなくなった。そのかわり左側からの人の話し声が鮮明になった。しばらくしてからクロス補聴器を着けたら、左右同じ感じに聞こえる。気持ち音の種類が減った気がした。ノイズを補聴器が雑音抑制で消してくれたからだろうか?

脱着の際に眼鏡がずれる。補聴器のコードが眼鏡のつるに乗っていた為でした。補聴器をしていたことを忘れる。補聴器を落としたのではないかと焦ったが、眼鏡のつるに隠れてきちんと収まっていた。ホッとした。

2月19日 昼から8時間装着。特に耳が痛くなるとか違和感も感じないで快適。

カラオケボックスへ行ったがすこぶる快適に聞こえる。

2月20日 職場で朝から帰宅までの10時間使用。聞き逃しが無く良好。緊張のせいか疲れる。帰りは風が強いが正面からの風の音は拾わないことに気づく。

2月21日 耳の上が少し痛かった。眼鏡の位置を直したら解決した。

2月22日 夕食で右隣の娘の声が顔を向けても聞こえ辛かったのが普通に会話できる。今まで片耳が聞こえなかった時は話が理解できなかったのではなく、聞きとれないことで言葉が頭に入ってこないでうわの空のような返事になっていた。年配の方で会話が成り立たないで苛立たせてしまうことがあったのもこういうことだったのかもしれない思った。

2月23日 耳が痛く仕事に集中が出来ない。今日は補聴器を外す。

2月24日 朝から補聴器のコードがたるまないで後ろに本体を張るように装着。耳が痛いのが解決した。聞こえない右側に立たれて指示を受けながら仕事をしたが言葉を聞き直しこともなく、向き直すこともなくスムーズに作業が出来た。

2月27日 大阪聞こえ補聴器の野田さんから正しい装着方法を教わる。補聴器の上から眼鏡をするのではなく、眼鏡の上から補聴器をするのが正しかった。そのせいで痛みが出ていた。正しく装着すると随分と楽になった。

2月28日 Phonak Audeo V70をデモ機で試聴していたが、V30に変更してもらう。

3月1日 仕事が忙しかったからか、特にクロス補聴器に対して問題もなく使用する。

3月2日 終日着けているせいか、慣れてきたのか、自然すぎて聞こえているのが左からか右からか区別が出来ない。実感が無い。かなり慣れてきたように思う。

3月3日 朝、小学生の集団登校に出くわす。自転車や車が通る音、買い物、食事をする時、そのあとカラオケ、左側(聞こえている側)で聞こえないので、右耳を向けることが3、4度あった。特に雑音が大きいと声がかき消されて聞き取れない時もあるようだ。

3月6日 今日は電池の交換をした。クロス補聴器になると電池の消耗が普通の補聴器と違い両耳が通信されるので電池消耗が早いことを教えてもらう。PR41の312タイプとPR48の13タイプがあるが多少は本体が大きくなるが電池が長持ちする方が便利で良いかなと考える。

3月7日 右と左の補聴器が連動した時にお知らせ音がなることを知る。

3月8日 職場にて使用した時にV30シリーズよりもV70シリーズの方が会話がしやすい。

3月13日 補聴器の機種選定でお店に伺う。フォナックV70にしようと思ったが、新しくB70が発売されたことの説明を聞く。Bシリーズの方が防水・防塵の等級がIP68と耐久が強いこと、またオートセンスOS機能が向上しているので製品が良いことを教えてもらう。左耳 フォナック オーデオB-13 B70(Phonak Audeo B-13 B70)受信機 / 右耳 フォナック クロスB13 (Phonak CROS B-13) 送信機で購入をする。


クロス補聴器の総合的な感想

装着してみて、目の前が拓けた気がして、

これまで聞こえなかった側からの音が聞こえ何ともいえない違和感と不思議な心地でテンションが上がったのを覚えています。

3週間ほどデモ機をお借りして、これまで不便と思わなかったのは人と関わりに無頓着になっていただけなのではと思うようになり、購入することにしました。 

購入して1ヶ月近くなりますが、ほぼ毎日装着。

補聴器を通しての音は少し甲高く、機械的な音になるので、はじめはその違いで、左右のどちらかの音がわかるようになると言われて、聞こえの方向を感じるように意識してきましたが、

慣れてきたからか、着けていることが気にならなくなり、どちらから聞こえているのも意識しなくなっていました。

何となく正しい方向を向いているので、馴染んできたのだと思います。

ふいに早口で聞き取りにくかった時に、無意識で左耳(聞こえる方)を傾けることもあります。これは癖になっているのですね。

物音がわずらわしく思えたり、声が響くように聞こえたりした時に、これまでと逆を向いたり、左耳を軽く塞ぐことでしのいでいたのが出来ず、一時補聴器を外したり、逆にクロス補聴器を通して聞こえた音で、聞きたい音がかすんでしまったことがあったり、電池が切れた時のお知らせ音は覚えたのですが、不意に聞こえる機会音が補聴器からのお知らせ音か、携帯やテレビからの電子音かわからず勘違いしてしまうことがあります。早くもっと慣れるように頑張って毎日着けます。

クロス補聴器を通して毎日の生活の質がもっと向上するようにしたいと思います。

近日中に調整にお願いしたいと思います。その折は、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年4月8日 クロス補聴器モニターキャンペーンのお客様より

クロス補聴器の感想のまとめ

大阪聞こえ補聴器の店長・認定補聴器技能者の野田からのまとめです。

片耳が聞こえない一側性難聴で困っている方は職業によってかなり悩みが変わります。困っている方の大半が会議が多かったり接客業であったりする方が多いです。また最近では大学生や新入生からの問合せも多いです。やはり学業や仕事上で大勢でお話しすることや会議が多い方などで一側性難聴で困っている方は多い証拠ですね。

今回のモニターのお客様で驚いたことは最初は聞こえていない側の音がクロス補聴器で聞こえることの喜びの反響が大きかったことです。接客をしてお客様の驚いた顔がとても印象的でした。僕自身も嬉しかったです。

また試聴器をお貸しして10日~12日目くらいで違和感がなく自然と使用できたことです。クロス補聴器を通して両耳で聴きとれる感覚を覚えてくれたことが頭で順応してくれたのが記録としてわかったことは大きかったです。

V30シリーズでも十分にクロス補聴器の機能は果たしてますが、V70クラスの方が職場での会話も指向性が働いて雑音が少なく会話が聞こえる。というクラスによって性能の違いが出ることがお客様の声として返ってきたのも興味深いものでした。

それとフォナックのBシリーズ(ビロング)になって防水と防塵のIP68になったのは大きいですね。耳かけ型タイプを使用する時には汗での故障が多いですし、クロス補聴器を使用する方は長時間使用する方が多いので汗や湿気の防水対策にかなり強力な味方になるはずです。

フォナックのクロス補聴器キャンペーン延長!!

大阪聞こえ補聴器のモニターキャンペーンはクロス補聴器のレンタルから聞き比べまで適切に行います。

クロス補聴器モニター価格10% off
電池を20パック 25,920円分プレゼント 
V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント

とクロス補聴器をお考えの方にとてもお買い得なキャンペーンです。

是非一度、大阪聞こえ補聴器のクロス補聴器モニターキャンペーンをお考えください。

クロス補聴器モニターキャンペーンはコチラ

※クロス補聴器キャンペーンは4月29日まで開催しておりましたが、大好評につき8月10日(木)まで延長することになりました。

東京でクロス補聴器をご希望の方はコチラ

 

片耳の難聴に効果的!クロス補聴器の種類や価格について

補聴器にも種類が色々とあるのですがその中でCROS(クロス)補聴器をご存知でしょうか?クロス補聴器はいわば送信機の役割りをしています。
このクロス補聴器は片耳が聞こえない片耳難聴(一側性難聴)の方を対象として生まれた機器になります。
聞こえる側に補聴器をして、聞こえない側にクロス補聴器をして使用します。
クロス補聴器が送信機の役割りで音を拾い、その音を補聴器側に届けます。
ですので、クロス補聴器と一般の補聴器、二台必要になります。
今回はクロス補聴器にはどの様な種類があるのか、特徴などを紹介します。

片耳難聴の主な原因

片耳が難聴になる原因にはどのようなものがあるのか?

  1. 突発性難聴
  2. ムンプス難聴(おたふく風邪)
  3. 先天性難聴

などが主な原因です。

難聴には種類がいくつかあります

難聴の種類について詳しくはコチラ

片耳の難聴には補聴器で補うのが難しい場合があります

片耳の難聴、特殊な聴力の方、音声の聞き取りが悪い方は一般的な補聴器では補う事が難しい事があります。
難聴になったからといってすべて補聴器で補える訳では無いという事はあまり知られていません。
ある程度音声の理解、聴力の程度によりその人に合う補聴器は異なるのです。
ですので補聴器購入を考えられている方は自身の聴力を調べて購入する必要があります。
自分で判断せずまずは耳鼻科医師、補聴器専門店に相談しましょう。

片耳難聴の方を対象にした補聴器

では一般的な補聴器で補えない方はどうするのか?
実は片耳難聴の方を対象にした補聴器があるんです!
それがクロス補聴器です。
クロス補聴器はフォナック(PHONAK)、シーメンス・シグニア、ワイデックスの補聴器メーカーから出ています。
クロス補聴器とは一体どのような補聴器なのか?

クロス補聴器の性能

クロス補聴器は一般的な補聴器とは性能が違います。
クロス補聴器の仕組みは難聴がある耳にクロス補聴器をし、もう片耳に補聴器をします。
クロス補聴器はいわば送信機のような役割です。
簡単に説明すると難聴側にクロス補聴器をつけて、拾った音声を補聴器側に送信するといった仕組みです。
ですので、難聴側の音声を補聴器側に飛ばすので片耳で両方向の音声を認識する事ができます。

この様な聴力の方が対象になります。

バイクロスについて

バイクロス(BiCROS)は片耳が聞こえずもう一方の耳が難聴である方を対象とします。
聞こえない側の耳の音は、クロス補聴器が受信して処理し、反対側の補聴器に送信します。
聞こえる側の補聴器が両方の補聴器で捉えた音を組み合わせて増幅して良い方の耳に伝えます。
聞こえる側の耳が健聴でしたらクロス、聞こえる側の耳が難聴でしたらバイクロスと呼ばれます。

このクロス、バイクロスは同じクロス補聴器で調整する事ができます。
聴力により自動的にクロスかバイクロスに切り替わります。

この様な聴力の方が対象になります。

クロス補聴器にはどの様な種類があるのか?

クロス補聴器の種類には二種類あります。

耳かけ形(RIC)

耳にかけるタイプの補聴器です。
最近の補聴器はかなり軽量化されました。
レシーバーと呼ばれる音の出る機械が耳穴に入ります。

耳穴型

耳の型を採って作るオーダーメイド補聴器です。
耳の型を採るので耳穴の形状にしっかりと合います。

種類により性能は違うのだろうか?

耳かけ形と耳穴型の二種類の型がありますがそれぞれ性能の違いがあるのか?
まず、性能の違いというのはありません。耳かけ形も耳穴型も性能は同じです。
では形が違うだけなのか?という事ですがそれ以外に異なる点がいくつかあります。

耳かけ形と耳穴型では何が違うのか?

耳かけ形(RIC)

RICタイプの特徴は外部に音の出るレシーバーがあるので本体が小型です。

耳にかけて使用し、操作も簡単です。幅広い聴力に対応します。本体カラーのバリエーションが多いのも特徴の一つ。

耳穴に比べるとこもり感があまり無く使用できます。耳栓があっていなかったり音を出しすぎるとハウリング(ピーピー音)の原因になる。

耳穴型

耳穴型の特徴はオーダーメイドで耳型を採って作るので耳の形状にピッタリあいます。

耳の中にしっかり入るので音声のボリューム感もRICに比べ出ます。本体も小型の物など目立ちにくい作りです。

ハウリングもRICに比べ軽減されます。RICに比べるとこもり感を感じる事があります。

耳穴型と耳かけの違いについて詳しくはコチラ

クロス補聴器の価格帯について

クロス補聴器の価格帯を各メーカーでまとめました。

フォナック

RICタイプ

クエストシリーズ用    フォナッククロス    

91,800円 

ベンチャーシリーズ用 フォナッククロスⅡ-312、13  97,200円

 

耳穴タイプ   

クエストシリーズ用    フォナッククロス312、13   118,800円

ベンチャーシリーズ用  フォナッククロスⅡ-312、13カスタム  124,200円

シーメンス・シグニア

RICタイプ   クロスPure  97,200円

ワイデックス

RICタイプ    WIDEX CROS  97,200円

クロス補聴器の価格は以上になります。すべて税込み価格です。

各メーカー同じ価格設定ですね。クロスの機能としては各メーカー同じになります。

フォナックのみ耳穴型があり、カラーバリエーションも各メーカー異なります。

後は別に補聴器の価格が必要になります。各メーカーそれぞれ対応する補聴器が決まっています。

合計金額の例

フォナックの補聴器ですとベンチャーシリーズのRICで150,000円からになります。耳穴で180,000円からあります。

ですのでフォナックのクロスⅡをRICで買われると合計は247,200円になります。耳穴ですと304,200円になります。

まとめ

クロス補聴器は片耳難聴の方にとても効果的です。

片耳難聴には補聴器でも補えない事があります。特殊な聴力で補聴器を合わすのが難しい時有効なのがクロス補聴器です。

補聴器メーカー3社でクロス補聴器は出ていますが基本的な性能、仕組みに違いはありません。
大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器をメインに取り扱っています。
当店では試聴も出来ますので、片耳難聴でお困りの方は是非効果を体感して下さい。

効果がある方はすぐに実感できますよ!

大阪聞こえ補聴器では只今クロス補聴器のモニターキャンペーンも実施しています!詳しくはコチラ

片耳難聴でも障害者手帳は出るのだろうか?聴覚障害の福祉制度について

難聴は両耳共に起こる以外に片耳だけに起こる事もあります。(一側性難聴)

ある一定の聴力になると聴覚障害者に該当し障害者手帳が出ます。
ではどの程度の難聴だと障害者手帳が出るのか?片耳だけが難聴でも障害者手帳や補助が受けられるのか?
結論から言うと片耳だけの難聴では障害者手帳は出ません。聴覚障害で手帳が出るのはある条件が決まっています。
今回は障害者手帳の制度や補助金の仕組みや片耳の難聴に対して効果的な補聴器CROS(クロス)補聴器について紹介します。

主な難聴の種類

まず難聴の種類とは障害が起こった部位によって分けられます。

伝音性難聴

外耳や中耳の障害による難聴

感音性難聴

内耳、聴神経や脳の障害、高齢化による難聴

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因を持つ難聴

難聴の種類について詳しくはコチラ

聞こえの程度について

聞こえによる聴力の程度について

軽度難聴(聴力レベル25dB以上40dB未満)

小さな声や騒音下での会話の聞き間違いや聞き取り困難を自覚する。会議などでの聞き取り改善目的では、補聴器の適応となることもある。

中等度難聴(聴力レベル40dB以上70dB未満)

普通の大きさの声の会話の聞き間違いや聞き取り困難を自覚する。補聴器の良い適応となる。

高度難聴(聴力レベル 70dB以上90dB未満)

非常に大きい声か補聴器を用いないと会話が聞こえない。聞こえても聞き取りには限界がある。両耳の聴力レベルがそれぞれ平均70db以上の場合には、判定医の診療により障害者認定を受けられる場合もある。

重度難聴(聴力レベル 90dB以上)

補聴器でも聞き取れないことが多い。人工内耳の装用が考慮される。

次にオージオグラムで見てみましょう

これは右耳の聴力測定結果の例です。縦に並んる数字(横軸)が音の大きさ、dB(デシベル)と呼ばれます。

下にある横に並んだ数字(縦軸)が周波数、Hz(ヘルツ)です。

dBは下に行くほど大きい音になります。Hzは音の種類です。

上のグラフの場合は右耳の気導聴力のグラフになります。

聴力レベルの計算方法は500Hzと1000Hz×2と2000Hzの聴力を足して4で割り算をして計算されます。これを4分法といいます。

この場合は35+40×2+50÷4ですので平均聴力41.25dBになり軽中度の難聴になります。

福祉法における聴覚障害者の等級について

では障害者手帳が交付されるのはどの様な聴力の方でしょうか?

日本では平均聴力レベルが70dB以上から障害者手帳の交付がされます。
しかし、国連の世界保健機構(WHO)では41dBから補聴器の装用が推奨されるとあります。
聴覚障害のみの場合、最も重度だと障害者程度等級は2級までになります。
ろう(あ)者は言語障害が加わると1級に認定される場合があります。

障害者程度、等級判定基準について

2級 両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)
3級 両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4級 1.両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
   2.両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
6級 1.両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
   2.一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの

(注)
1)同一の等級について二つの重複する障害がある場合は、1級上の級とする。ただし、二つの重複する障害が特に本表中に指定されているものは、該当等級とする。
2)異なる等級について二つ以上の重複する障害がある場合については障害の程度を勘案して、当該等級より上の級とすることができる。
(身体障害者福祉法施行規則別表第5号「身体障害者障害程度等級表」より)

以上の内容が障害者手帳交付の条件になります。

片耳だけが難聴では手帳は出ないの?

難聴度が手帳の等級条件に該当すれば障害者手帳が交付され補助金が出て補聴器が支給されます。
しかし、片耳は健聴でもう片耳が難聴の場合は障害者手帳の交付はされません。
難しい問題なのですが片耳だけが難聴の場合は手帳の申請は通らないんです。
しかし、ある条件があれば片耳の難聴でも手帳が出ます。
その条件は上で紹介した障害者程度等級の6級の所にあります。
一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のものとあります。
片耳が90dB以上で、他側耳が健聴ではなく50dB以上の聴力レベルであれば手帳6級に該当します。

注意してほしいのが片耳が健聴ではなく50dB以上の聴力であれば手帳が出るという事です。

上記のような難聴の場合はバイクロスが効果的です。

片耳の難聴では様々な悩みが出てきます

片耳が難聴になるという事は片耳が健聴であっても大きく聞こえに影響してきます。
片耳の難聴について見た目にはわかりません。
特に一般的な難聴に比べると片耳だけ聞こえない難聴は一見は普通の健常者と変わりません。
静かな場所や1対1の会話は普通にコミニケーションが取れたとしても、騒がしい場所や集団での会話や色んな方向から話しかけられると、
聞き取れなかったり、音の方向感がわからなくなるのでとてもストレスを感じます。

  1. 片耳が聞こえない事で音の方向感がわからなくなる。
  2. 全ての音が片耳から入るので音を聞き分ける事が困難。
  3. 一般の人に比べ聞き返しが多くなる。
  4. 騒がしい場所や会議、集団での会話が聞き取れない。
  5. 聞き返しが多くなり相手に嫌な印象を与える。
  6. 仕事上でのミスが多くなる。
  7. 集中して話を聞くので精神的に疲れやすくなる。
  8. ストレスの原因になる。

片耳だけが難聴の場合どの様に対応すればいいのか?

片耳だけの難聴になり聴力が戻らない場合どうすればいいのか?

ただ補聴器をするだけでは聴力を補えない事があります。
何も知らずに補聴器を選んでしまうと失敗してしまいます。
失敗するというのはつけても効果が無い補聴器を購入してしまうという事です。

補聴器をしても効果が無いというのはどういった場合か?

聴力の低下が大きすぎて補えない場合

余りにも聴力が低下している場合は補聴器でも補えない。

音を理解できる耳ではないために効果が期待できない場合

音声の理解度が低下して音が理解できない場合。
補聴器をするにあたり重要なのは聞こえた音をしっかり理解できるかの理解度の部分があります。
聴力検査、語音弁別能検査で調べることができる。

聴力が特殊で補聴器を合わせるのが難しい場合

極端な聴力の低下がある場合は補聴器で補うのが難しい。

片耳難聴を補助、クロス補聴システムについて

おたふく風邪(ムンプス)、突発性難聴、生まれつき片耳が聞こえない(先天性難聴・感音性難聴)
などが片耳の難聴になる主な原因です。
片耳が難聴の場合、通常の補聴器では対応できない事があります。
そこで効果的なのがクロス補聴器です。

大阪聞こえ補聴器ではスイスの補聴器メーカーPHONAK(フォナック)のクロス補聴器をおすすめしています。

聞こえない側の耳を聞こえている方の耳に音を送信して、片耳で両耳の音を聞きとる補聴器です。両耳に補聴器をしないといけません。聞こえない方の耳にクロス(送信機)を着けて、聞こえている側の耳に補聴器(受信機)を着けます。
聞こえていない側の音を聞こえている側に瞬時に音を送信し片耳で両方の音を聞きとる、聞き分ける、という仕組みになっています。

詳しいクロス補聴器の紹介については コチラ

まとめ

片耳の難聴では障害者手帳の交付はされないです。
ただし、片耳が50dBで他側耳が90dBの聴力の場合は手帳が交付されます。
手帳が交付されるのには条件がありその条件に該当しないと交付はされません。
片耳難聴で手帳交付がない為に困っている方も沢山いらっしゃいます。
健聴の方に知っておいてもらいたいのは片耳難聴の人は健康な人が思っているより聞こえに困っているという事。
周りの方の理解もとても重要です。片耳難聴でお困りの方は一度クロス補聴器を試してみて下さい。
大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンなど片耳難聴の方に対する取り組みもおこなっています。

あなたの聞こえをサポートいたします!