老人性難聴に気づいたら。補聴器をする時期はいつからか?【認知症と難聴の関係】

老人性難聴とわかったら補聴器装用はどのタイミングがいいのか?認知症は難聴と関わりがある事についても紹介します。 老人性難聴は年齢と共に聞こえが悪くなる難聴です。加齢と共に耳の聞こえが悪くなってきたと思われた方はその可能性があります。この老人性難聴は治る事はありません。補聴器の使用は早めにするのが望ましいです。 聞こえが悪くなると補聴器を考えられると思いますが「自分にはまだ早いかな」

続きを読む

認知症と難聴、補聴器の関係について

「難聴も認知症の危険因子」これは2015年に厚生労働省から発表されたコメントです。 難聴になると認知症になるリスクが高くなる事がわかってきています。 2017年、現在の日本は超高齢社会と言われています。今後もますます高齢化が進んで行く事が予測されています。今回は認知機能の低下によって起こる事がわかってきている難聴について、認知症と補聴器の早期装用についてなどを紹介します。 認知症、うつ病

続きを読む