補聴器を買い替える前にご覧ください【最新機種を比較!】

補聴器の買い替えをする前に比較してみましょう!

最新補聴器の機能や特徴と価格の相場をメーカー別に比較しました。種類の多い補聴器を比較することであなたに最適な補聴器を見つけることができるでしょう。話しを聞くだけではわかりにくい補聴器を実際に使うことで性能や扱いやすさがよくわかります。補聴器はどれでもいいという訳ではなく、あなたの聴力に適応しているということが必須条件です。補聴器の買い替えに関する様々なギモンにお答えしていきますのでどうぞ当サイトをご参考に買い替えをお考えください。

 

補聴器を買い替える予定にしているが補聴器には価格の安い高いもありますし、種類も豊富なのでどれに買い替えるかで悩みますよね。
補聴器の買い替えで悩んだら最寄りの補聴器販売店で話しを聞いてみましょう。一人で悩んでも解決は難しいので専門家のアドバイスと実際に補聴器を試してみることで悩みも解消するでしょう。今の時代インターネットで色んな情報を手にできますが、最終的には自身で使って判断することがとても重要です。

ここからは、補聴器の買い替え時期について紹介していきますね。どうぞ読み進めてください。

補聴器の買い替え時期について

補聴器を買い替える時期は様々で一番の目安となるのが耐用年数の5年という期間です。
家電製品などにも定められている耐用年数と同じで、5年過ぎたからと必ず使えなくなる訳ではありません。
あくまでも買い替えの目安としてお考えください。

補聴器の買い替えが必要となってくるのは以下の状況です

  • 今使っている補聴器が自分の聴力に合わなくなっている
  • まだ使えているが故障頻度が多く修理代金が高額になっている
  • 病気など身体的な理由で今使っている補聴器の扱いが難しい
  • 補聴器が故障して修理をしようとしたがメーカーで修理対応ができなくなった

 

以上の内容が当てはまる場合には補聴器を使用するのであれば買い替えをしないといけないでしょう。

最終的には自身の判断で買い替えましょう

5年過ぎているから必ず新しい補聴器を買いなさいというのは間違いです。

ただし、耐用年数を過ぎているので買い替えをした方が安心はできます。福祉で申請される補聴器も5年で新しい補聴器が申請可能となっています。修理ができなくなった時や修理代金が高い、聴力に合わなくなった時は本格的に買い替えをお考えください。

ここからは、最新の補聴器を比較しましたのでご紹介していきます。

最新補聴器の比較しました!

補聴器には長年歴史があり、その中で性能は各補聴器メーカーで日々改善されています。ピーピー音の酷かったのも今ではほとんどなくて快適性があがり、雑音ばかり聞こえていたというのも雑音抑制が良くなり静かに聞くことができるようになっています。

価格帯にも違いは出ていて、昔はとても高額な補聴器が多かったですが今ではリーズナブルな価格で提供されるようになりました。今お使いの補聴器が5年以上経過しているのであれば今の最新補聴器を試聴すれば聞こえの快適性の違いがよくわかるのではないでしょうか。

メーカー別に比較

フォナック ベルトーン オーティコン

どんなシーンでも補聴器が音質調整してくれる、便利な機能がついたオートセンスOSが搭載されているのが特徴的です。通信機器も豊富で、ロジャーなど優れたモノが多いです。最近ではチタン合金製の超小型補聴器、充電式補聴器などが話題になりました。

耳かけ型補聴器の防水性が高いのも魅力的です。

価格帯は片耳約50,000円台の福祉用から約500,000円台のモノまで用意があります。

世界初のiPhone補聴器を出したのがベルトーンです。iPhoneと連動でき、音量操作が可能というとても便利な機種です。職人による耳あな型補聴器の製作技術が素晴らしいです。耳あな型で外部マイクのモノも選ぶことができます。外マイクは風切り音の抑制に効果的ですよ。

価格帯は片耳約50,000円台の福祉用から500,000円台のモノまであります。

補聴器とインターネット接続を実現した世界初の補聴器を取り扱っています。そしてオーティコンの最新機種は360度の音声を拾うことをメインにしており、その中で雑音や人の声を分けて音質調整をしてくれるので広い範囲の音をしっかり聞くことができます。

価格帯は片耳約50,000円台の福祉用から約500,000円台まであります。

ここからは、最新の補聴器オススメ機種を紹介していきますね。

買い替えるのにオススメな最新補聴器について

最新の補聴器の中でもオススメな補聴器を用途別で紹介します。

あなたはどの補聴器が気になりますか?


 

電池の交換が面倒だと思うなら 目立たない着けているのがわからない補聴器をお探しなら テレビや電話をよく聞きたいなら

充電式補聴器

補聴器を使う中で必ずしなくてはいけないのが電池の交換です。電池が切れると使うことができないので交換をします。この電池交換をわずらわしく感じているという人は多くいます。

ベルトーン補聴器

Trust6-63DW R 片耳、充電器代金含め263,200円

 

目立たない小型補聴器

補聴器を着けているのを内緒にしたい、着けていても見えない補聴器を探されている方は多いです。あまり大きなサイズの補聴器だと見た目が気になりますよね。そんな悩みにお答えできるのが超小型補聴器です!耳あな型と耳かけ型と共に目立たない補聴器が多くなっています。

フォナック補聴器 バート B70 チタン 片耳390,000円

 

通信機能に優れたダイレクト補聴器

今ドキはパソコンにも繋ぐことが可能になってきている補聴器。補聴器をしてもテレビがよく聞こえないなどでお悩みならテレビと通信可能な補聴器を選ぶことでお悩みが解決します。別途通信機が必要となりますが補聴器から好きな音量でテレビを楽しむことが可能ですよ。電話も補聴器とペアリングすることで楽々通話ができるんです。

フォナック補聴器 オーデオB50 ダイレクト 片耳270,000円

およその参考価格です

およその補聴器の価格相場について

紹介した種類以外にも補聴器はいくつもあります。値段も様々で片耳で約50,000円ほどから販売されています。
高い機種になると片耳で500,000円ほどになるので価格の差は大きいです。値段の違いとなるのは補聴器の性能で、高い機種になるにつれて音質に違いが現れます。
特に騒がしい環境になると効果の違いがよくわかり、雑音の抑制機能に変化があるんです。使われる環境により補聴器の性能、値段が変わるということを知っておいてください。

めに種類がわかっていれば補聴器選びにとても役に立つのではないでしょうか。

 ポケット型  耳かけ型  耳あな型

 

一番使いやすい補聴器です。寝たきりの方や簡単なものがいい方はポケット型がいいでしょう。

簡易的な補聴器で扱いが楽です。乾電池を使用するタイプが主流です。

価格22,000円~70,000円

 

耳かけ型補聴器は軽度難聴~重度難聴まで幅広い聴力の方に対応できます。色んな機能を使いたい方にもおすすめです。

RICタイプの小型なものから、通常タイプの少し大型のモノまで種類は色々とあります。

片耳価格50,000円~500,000円

 

耳あな型はオーダーメイドの補聴器。

軽度難聴~重度難聴まであわすことができます。

耳の集音能力を利用するので満足度の高い聞きとりができます。耳の中に隠れる超小型から持ちやすい大きいサイズで選べます。

片耳価格98,000円~500,000円

   

※およその参考価格です

補聴器の種類は以上となります。種類によっても勿論ですが補聴器メーカーでの違いがあることも知っておいてください。

補聴器メーカーによる補聴器の違いについて詳しくはコチラ

ここからは、補聴器を買い替える時の購入方法についてご紹介していきますね。

補聴器をお得に購入する方法について

補聴器の価格が予算を超えてしまいお悩みなら支払い方法の見直しや購入時の補助を活用してください。補聴器は高価なので買い替える時にはある程度の予算が必要となってきます。自分の購入したい補聴器があと一歩予算に合わないということがあっても支払い方法を変えるだけで妥協しなくても済むんです!

 

補聴器を買い替える時には決して一括で支払わなくても大丈夫!カードローンなど分割でお支払いいただくことが可能なんですよ。
分割で支払いができるなら予算内でお目当ての補聴器に買い替えれるかもしれませんね。販売店によって支払い方法が異なるので予め確認をしておきましょう。

お支払い方法以外でお得に購入する方法

カード払いなど支払い方法で購入金額を抑えること以外に補聴器の買い替え時にできる方法を教えますね。
その一つに補聴器の購入に医療費控除を適用する方法があります。医療費控除を適用するにはただ購入するだけでは無理で補聴器相談医が作成する書類が必要となります。
簡単にできる方法では無いですが方法の一つとして知っておくと役に立つかもしれません。

 

その他にも補助を使う買い替え方法もあります。補助は聴覚での障がい者手帳をお持ちの方に出る補聴器の支給があります。等級ごとに支給額は異なり、その金額内で補聴器を支給してもらえるというサービスです。手帳に該当しない方でも補聴器の支給がされる場合があります。地域により変わりますのでお近くの役所などでご確認ください。比較的に対象となるのは若い方が多いです。

ここからは、補聴器の買い替えの相談場所についてご紹介していきますね。

補聴器買い替えの相談は認定補聴器技能者のいる補聴器専門店へ

補聴器を取り扱う販売店は数多くあり、メガネ店やデパート、電気店などでも購入可能です。これらの販売店を利用される方も多くいらっしゃると思いますし、決してダメな訳でもありませんが、補聴器を購入または買い替えの相談をするのにオススメなのは補聴器専門店でしょう。補聴器専門店は補聴器に関しての専門性が高く、補聴器に関して知識のある販売員が在籍しています。

補聴器専門店を利用すればあなたに合う補聴器もきっと見つけることができるでしょう。

補聴器はお試ししてからの購入がオススメです

補聴器の買い替えをする時には購入前に補聴器を試しに試聴することをオススメします。補聴器は一度使ってみなければわからない点も多々出てきます。
販売店で試聴する以外にもレンタルサービスをしているお店も多くありますので是非ご利用してください。

まとめ

補聴器の買い替えについて、機種の比較をご紹介しました。
補聴器の買い替えは失敗したくないので慎重になりますよね。最新の機種を比較していくことであなたに最適な補聴器がきっと見つかるでしょう。
買い替え時期を理解して補聴器の性能と価格がわかれば以外と簡単に買い替えに踏み切れると思いますよ。

 

納得のいく最新の補聴器に買い替えることができれば聞こえも変わり毎日が楽しくなるかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

補聴器の買い替えや最新の補聴器機種についてはお気軽にお問合せください。

お問合せ

アクセス