フォナックの重度難聴にあう補聴器の紹介【2018年最新版!】

フォナック 補聴器 重度難聴

フォナックから重度難聴で使える補聴器が新登場しました!

スイスの補聴器メーカーのフォナックから耳かけ型補聴器の重度難聴用が新発売されています。補聴器はどれを選んでもいいわけではなく、難聴の程度により種類が分けられていて適合する補聴器を選ばなければ補聴器の効果をうまく得ることはできません。今回紹介するのは難聴の中でも重い、重度難聴にあう補聴器です。当サイトでは高度難聴、重度難聴用補聴器の新商品の性能や特徴、価格を紹介していますのでご参考ください。補聴器の買い替えや新規購入に是非役立てていただきたいです。

 

重度難聴の補聴器を使用しているが補聴器の寿命で買い替えを考えているあなたに新商品の耳かけ型補聴器をご紹介します。補聴器は多数のメーカーから発売されていて、種類や特徴もさまざまです。選び方も難しくて重度の難聴では補聴器選びを慎重にしなければ効果がなかったり、あなたに最適な補聴器とはなりません。

 

高度難聴、重度難聴で補聴器選びでお悩みなら役に立つ情報もあります、今回は福祉機器にも力を入れているフォナックの重度難聴用の耳かけ型補聴器を是非ご覧ください。

 

ここからは、重度難聴についてご紹介していきますね。

難聴の程度について

難聴の程度を知るには耳鼻科での医師による聴力検査で知ることができます。補聴器店でも聴力の測定はしますが、医師ではないため難聴の診断はしていません。
難聴の程度は4つにわけられていて、難聴レベルは順に軽度難聴、中度難聴、高度難聴、重度難聴と分けられるんです。

重度難聴 補聴器

難聴の程度が重くなると使う補聴器のパワーが強い補聴器を選ばなければ効果がでることはありません。重度難聴になると補聴器なしでは一般会話の聞きとりはできず、補聴器の存在はとても大事となります。

重度難聴にあう補聴器とは

重度難聴にあう補聴器の種類についてご紹介します。軽度難聴や中度難聴ではほとんどの補聴器が適応しますが、重度難聴になると選ばれる補聴器は限られます。補聴器は耳かけ型補聴器をはじめ、耳あな型補聴器や箱型補聴器などの種類があり、その中でも対応する聴力レベルごとにわけられています。

 

重度の難聴になると選ばれる機種は限られ、重度難聴用機種しか対応しません。主に耳かけ型補聴器が重度難聴に適しています。

 

ここからは、重度難聴に最適な新商品の耳かけ型補聴器についてご紹介しますね。

高度、重度難聴にあう新商品の耳かけ型補聴器について

フォナック新商品の高度難聴、重度難聴者向けの補聴器を二種類ご紹介します。

補聴器 重度難聴用 フォナック

ナイーダB‐SP

使用電池 PR48

電池寿命 最大約160時間

対応聴力 高度難聴(重度)

補聴器 重度難聴 種類

ナイーダB-UP

使用電池 PR44

電池寿命 最大約320時間

対応聴力 重度難聴

PHONAK 補聴器 重度難聴

ナイーダB-R RIC(充電式)

使用電池 リチウムイオン電池

電池寿命 最大約24時間

対応聴力 軽度から重度難聴

PHONAK 補聴器 重度難聴

ナイーダV30 SP、UP

SP

使用電池 PR48

電池寿命 最大約140時間

対応聴力 高度難聴

UP

使用電池 PR44

電池寿命 最大約320時間

対応聴力 重度難聴

性能と特徴について

新製品の性能と特徴をご紹介します。

ナイーダB、ナイーダB-R

ナイーダ B-R ナイーダB
チャンネル数 補聴器(非課税) チャージャーケース 合計 補聴器(非課税)
B90(プレミアム) 20チャンネル 片耳 568,000円 12,000円 580,000円 片耳 568,000円
B70(アドバンス) 16チャンネル 片耳 418,000円 12,000円 430,000円 片耳 568,000円
B50(スタンダード) 12チャンネル 片耳 308,000円 12,000円 320,000円 片耳 568,000円
B30 (エッセンシャル) 8チャンネル 片耳 568,000円

ナイーダシリーズは高度難聴、重度難聴者に長年好評をいただいているシリーズです。毎年機能がよくなり、さらに快適に使用していただけるようになっています。

新しく登場したのは通常の電池使用の耳かけ型補聴器とRICタイプ、そして電池が不要なナイーダB-R(充電式)があります!電池の交換が面倒に感じられるという要望にお応えできるのが充電式です。今回の高度、重度難聴用補聴器にも登場しました!

 

電池使用と性能自体は同じですが価格や電池寿命など特徴に違う箇所がありますのでお好きなタイプをお選びください。今回は新機能としてスローコンプレッションという音の振り幅を大きく調整し、言葉の抑揚を明瞭にしてメリハリのある音を届けてくれます。

チャンネル数は数が多いほど細かな調整が可能で雑音抑制の機能も細かに調整できます。


ナイーダV30

8チャンネル 30-SP 片耳 43,900円
8チャンネル 30‐UP 片耳 67,300円

フォナックの総合支援法用の補聴器となります。価格は安く設定されていてその分性能は一般会話を補える最低限必要な性能となっています。

 

聞きとりに快適性を求めるなら上位機種がおすすめですが、自宅で過ごすことが多かったりするとあまり高性能な機種にしなくても問題ありません。フォナックの福祉用機種は長年クエストシリーズでしたがベンチャーシリーズになったので前の機種とは快適性が変わりますよ。防水、防塵の加工もされているので急な雨、汗や水濡れにもご安心いただけます。

補聴器と一緒にロジャーを使うとより効果的です

 

補聴器 ワイヤレスマイク ロジャー

フォナックの新製品とあわせて使っていただきたいのがロジャーです。ロジャーはフォナックから出ている福祉用の機器で、補聴器と一緒に使うと聞こえがより改善されます。ロジャーができることは騒がしい場所での話し声の聞きとりや、相手と少し離れた場所での会話の聞きとりなど補聴器の使用だけでは改善が難しいことを補ってくれるんです。

 

 

種類もいくつかあり、ペンの形をしているモノやスマホのような形状などがあり性能にも違いがあります。最新補聴器をロジャーと組み合わせて今まで以上の聞きとりの効果を実感してください。会話を聞く以外にテレビや音楽鑑賞にもつかえます!

フォナック ロジャー 使い方

フォナックのロジャーについて詳しくはこちら

 

ここからは、重度難聴補聴器を買える場所についてご紹介していきますね。

重度難聴にあう耳かけ型補聴器を買える場所

補聴器 お店 選び方

補聴器を買えるお店は多数ありお店によるサービスの違い、取り扱いメーカーの違いがあります。

 

今回紹介したフォナックの補聴器もフォナックの取り扱いがなければ買うことはできません。多くのメーカーを取り扱うお店や、自分が欲しいメーカーについて特化した補聴器店を選ばなければ補聴器選びに失敗してしまいます。

補聴器店の選び方で失敗してしまうとあなたに最適な補聴器は選ぶことができないかもしれません。

補聴器を選ぶなら補聴器専門店がおすすめです

補聴器店は地域別に多くあり、そのお店の特徴もさまざまですね。メガネ店や電気店でも取り扱いがある補聴器ですが数ある店舗の中でも補聴器専門店を選ばれるのがおすすめです。補聴器専門店は全国にある補聴器だけの専門店です。専門店ならではの知識と経験であなたに最適な補聴器を選んでいただけるでしょう。

 

重度の難聴の場合にはパワーのある特別な機種を取り扱っていなければ適応する補聴器が選べません。そのため補聴器の取り扱いが多く、補聴器に関して詳しい信頼できる専門店を選ぶと安心できます。

 

ここからは、通常の購入以外にできる特別な購入方法をご紹介していきますね。

補助金を使った購入方法

高度難聴や重度難聴と診断されている場合、聴覚での障がい者手帳をお持ちになっていると思いますが手帳を持っていたら補聴器の補助があります。補聴器をしなければ生活ができない、生命にかかわる状態だと補聴器が必須となるのでお住まいの役所で手続きをすると補聴器を受け取れるんです。

補聴器 補助金

知らなければもったいないことですので覚えておきましょう。この補聴器の補助は5年経過ごとに新しい補聴器の申請をすることができ、補聴器の修理に関しても補助がでます。補聴器の支給以外にも受けれる補助があるので詳しくはお住まいの役所で確認しましょう。

補聴器の補助金について詳しくはこちら

補助で受け取れる補聴器について

支給される補聴器には種類が決まっています。主に耳かけ型補聴器となりますが、特定の条件があれば耳あな型補聴器で出ることもあるのですが重度難聴者なら基本的には耳かけ型補聴器が適応しやすいです。補聴器は両耳ともに難聴であっても基本的に片耳のみの支給となりますが、こちらも特例で両耳に支給される場合があります。

 

各メーカーで総合支援法用補聴器としてあるモノが補助で受け取ることができる補聴器です。今回紹介しているフォナックのナイーダV30も補助の対象となる総合支援法用の補聴器です。

ここからは、試聴とレンタルについてご紹介していきますね。

補聴器は試聴とレンタルが大事

補聴器 レンタル

補聴器を買う時に大事なのが実際に試聴やレンタルをすることが大事なんです。
使ってみなければ補聴器の効果はわかりません。ですので話しを聞いてすぐに買うのではなく試聴をしましょう。

レンタルができるお店なら是非利用して生活環境の中でお使いください。そうすることでその補聴器の効果がよりわかりますよ。

出張訪問が利用できると安心です

補聴器店の中でも出張訪問を利用できるお店があります。自宅から離れていて足を運びにくい、不自由で出歩くことができないという方におすすめです。
自宅や施設でも補聴器を購入することができるんですよ。もちろん補聴器の調整や点検、聴力測定も可能となります。

まとめ

補聴器 難聴 聞こえ

フォナックの重度難聴用の補聴器についてご紹介しました。

フォナックの新製品は高度難聴から重度難聴に対応できる最新の補聴器です。今までのシリーズと比べて性能と機能も向上しているので新しい補聴器に買い替え、新規購入におすすめできる補聴器となっております。補聴器の購入をご検討中なら是非一度お試しください。

 

フォナックの新製品の補聴器を是非使ってみてください。聞きとりが快適に変化するかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

フォナック、その他メーカーの重度難聴用補聴器についてはお気軽にお問合せください。

お問合せ

アクセス