フォナック バートB70-312(Phonak VirtoB70-312)

フォナック補聴器のバートB70-312(Phonak VirtoB70-312)をご紹介します。バートBシリーズはフォナック最新のビロングシリーズの耳あな型補聴器です。ビロングシリーズの特徴は、日常生活の中で変わる環境に応じて音質の自動調整をおこなってくれるオートセンスOS機能を搭載しています。
そのほかにも高音域の聴力低下を補ってくれるサウンドリカバー2や、シェル(本体)形成に耳の解剖学的構造に対応した新技術バイオメトリックキャリブレーションを採用しているのもフォナックのすぐれている性能です。バートBのカナルサイズは操作性がよく、幅広い聴力レベルの方に対応してくれます。

フォナック バートB70-312 カナル

  • スイス
  • 耳あな型カナルタイプ
  • 2年保証
  • 312電池
  • ワイヤレス通信 可
バートb フォナック
フォナックのバートB70カナルは、オーダーメイドの耳あな型補聴器です。フォナック独自の機能であるオートセンスOSが静かな場所や騒がしい環境など、周りの環境にあわせて常に最適な音質のブレンドをしてくれます。そのため音をナチュラルに変化させて違和感を軽減してくれる働きをしてくれるんです。そのほかの聞きとりサポートは、聞きとりづらい低下した高音域の音を、音質の圧縮により聞きとりやすい音域に変換して聞こえを改善してくれる機能もあります。耳あな型のメリットである耳介効果を利用した聞きとりでより自然で快適な音質で会話の聞きとりが可能です。
耳あな型補聴器 装用
フォナック オートセンスos
フォナック サウンドリカバー

バートB70のポイント!

  • 環境を認識する自動調整
  • 突発音の抑制機能
  • カンタンな音量調整
  • プログラムの切り替えが可能
  • 指向性による快適性の向上
  • ワイヤレス機器に対応

</tr>

片耳市場価格相場 370,000円
電池寿命 最大約130時間
適応聴力 軽度難聴から高度難聴
指向性 ウルトラズーム指向性
チャンネル数 16ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

フォナック補聴器バートBシリーズの特徴は、自動音質調整のオートセンスOSでさまざまな環境で聞こえをサポートしてくれる機能がついているトコロですね。
生活している中でめまぐるしく変化する周囲の音環境を分析して、最適なプログラムを自動でブレンドしてくれるので、周囲の音の変化に対応して常に快適な音質にしてくれます。

そのほかにバートBは子音の聞きとりをサポートしてくれるサウンドリカバー2が搭載されていて、判別が難しく聞き間違い高音域の周波数を圧縮して変換してくれるんです。この働きにより言葉の聞き間違いを減らして、識別しやすいように聞きとりをサポートしてくれます。

フォナックの耳あな型補聴器はオーダーメイドで作られるので装用がしやすく耳からも落ちにくいです。カナルサイズは小ぶりで扱いもしやすく、オプションでボリュームコントロールを付けることも可能。それに加え、バートBは人間の耳の構造を分析し、集音ポイントを計算してより自然に近い音作りも実現しています。

このバイオメトリックキャリブレーションの搭載で、耳あな型補聴器で得られる耳本来の耳介効果をさらに引き立たせてくれるんです。フォナックのB70はハイクラスな性能でさまざまなシーンで聞きとりをサポートし、ワイヤレス機能でより便利かつ楽しみも増やしてくれる補聴器となっていますね。

a aa a

メーカー公式サイト