20万円以内で購入できる両耳補聴器の人気おすすめ3選

20万円 補聴器
 
20万円以内での購入できる最新の両耳補聴器を売れ筋商品のご紹介してきます。20万円以下で購入できる両耳補聴器はあなたの聴力を十分にサポートしてくれます。補聴器の形状はさまざまあり、小型軽量のものや見えにくいものなど低価格帯補聴器でもバリエーションが出てきました。

このような方に低価格の両耳補聴器は選ばれています。

  • 片耳補聴器で音の方向がわかりにくいと感じている
  • 両耳で聞くと音が立体的に聞こえる
  • 片耳だけだとボリューム感に欠ける

 

片耳補聴器に比べて両耳補聴器をすることで音の方向感がわかりやすく、立体的かつ臨場感のある音になります。片耳だけ高級なものを着けるよりも、それなりの性能で両耳したほうがよく聞き取りできるというひともいるでしょう。

今回は20万円の限られた予算で、両耳補聴器にできる機種のおすすめの紹介しています。また両耳補聴器の選び方や、メリットなども解説いたします。
 

 

補聴器の値段の違い

20undr001
 
補聴器の値段の違いはズバリ性能です。
安価なものであれば必要最低限の機能だけをおさえています。
逆にさまざまな環境で聞き取りやすい、スマホとつないで便利に使えるなどの性能や機能を向上させるほど高価になります。

20万円で両耳揃えられるモデルは、最新チップ搭載だが聞き取りのサポート機能が制限されていたり、メーカー保証が短いなどが特徴です。
形状や機能を絞り込んで選べば十二分に聞き取りをサポートできるので、最適な機種選びが重要ですね。

つぎでは機種の選び方をご紹介していきます。

 

 

補聴器選びは3つのポイントで!

20undr002
 

20万円以内で上手に両耳補聴器を購入するには3つのポイントを抑えるといいでしょう。

  • 用途にあった機能
  • 希望にあった形状
  • 聴力にあった出力

 

難聴の程度によって必要な出力が異なります。
難聴に対して小さければ聞こえを補いにくくなり、大きすぎれば耳に負担がかかるので適正な出力を選びましょう。
使用する環境によって必要な機能は異なります。騒がしい場所では指向性を重視したほうが扱いやすく、スマホで通話するなら通話用のアクセサリーに接続できる機能が必要です。
そして見えにくいように小さいもの、扱いやすいように大きいものなど希望するサイズが一人ひとりあります。

この3つを抑えておけばおおむね問題なく使える補聴器になるでしょう。
細かな使いにくさがあるときには、少し予算を上げてみると一気に扱いやすくなることもあります。価格帯で比べてみるとより納得のいく補聴器が選べるでしょう。
 

 

20万円以下で選ぶ人気おすすめ両耳補聴器3選

20undr003
 
20万円以下で選ばれている人気おすすめ両耳補聴器をご紹介していきます。
売れ筋の両耳補聴器から3機種厳選しましたのでご覧ください。

 スターキー muse 1200 CIC(Starkey Muse 1200 CIC)

  • アメリカ
  • 耳あな型
  • 1年保証
  • 10A電池
  • ワイヤレス通信なし
20undr011
スターキーのミューズ1200は低価格でありながらオーダーメイドで作る耳あな型補聴器です。CICサイズでつくればパッと見ただけでは気づかれない極小サイズの補聴器になります。ハウリング抑制、各種雑音抑制機能など値段を抑えながらも納得の行く機能を備えています。

Muse 1200のポイント

  • 目立たないサイズ
  • オーダーメイドの装着感
  • 高周波数変換機能
  • プログラム切り替え可
  • ボイス強調機能

片耳市場価格相場 92,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大145時間
適応聴力 軽~高度難聴
指向性 無指向性
チャンネル数 12ch
オススメ度

スタッフのレビュー

両耳20万円以内で購入できる唯一の耳あな型補聴器といえるのが、スターキーMuse1200です。

低価格ながら抑制機能が充実しており、ザワザワした騒音や風が吹き付けたときに起こる風切り音、そして車などの機械音も抑えてくれます。

CICサイズで制作できるため、相手に気づかないほど小さい見た目です。耳穴におさまるので自然な方向感を得ることもできて価格・見た目・聞こえ共に納得できる補聴器ですね。

20undr014

今すぐお問い合わせ


 フォナック ヴィータス BTE-P(Phonak Vitus BTE-P)

  • スイス
  • 耳かけ型
  • 2年保証
  • 13電池
  • ワイヤレス通信なし
20undr009
フォナックのヴィータスはエントリー価格帯ですが、両耳連動機能を搭載しているのではじめての両耳補聴器にも最適な補聴器です。
フォナックらしい会話を強調した再生音が特徴になります。
他メーカーと比較しても強固な防水防塵性能をもっているためことも魅力的な補聴器です。
ヴィータスのポイント

  • 小さな音を増幅しやすい
  • IP68の防水・防塵性
  • ハウリングに強い
  • テレコイル搭載
  • ウルトラズーム指向性

片耳市場価格相場 88,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大220時間
適応聴力 軽~高度難聴
指向性 ウルトラズーム指向性
チャンネル数 4ch
オススメ度

スタッフのレビュー

フォナックのヴィータスは、両耳補聴器を同期させて指向性をよりこまかくコントロールしてくれます。さらに左右で集音情報を補い合うようになっているので騒がしい場所での聞こえに期待ができます。

複数人との会話はチャンネル数の関係もあってそれなりにこなせる程度と思っていただけるといいでしょう。
防水防塵機能も高いので、自宅だけでなく外でも使って行きたいというヒトにおすすめです。

20undr013

今すぐお問い合わせ


 スターキー リビオ1000a RIC (Starkey Livio1000a RIC)

  • アメリカ
  • 耳かけ型
  • 1年保証
  • 312電池
  • ワイヤレス通信なし
20undr015
スターキーのリビオ1000a RICは、スターキー最新のリビオAIと同じチップを利用した最新のエントリー補聴器です。ハウリング抑制・衝撃音抑制・風切り音抑制・雑音抑制と、あらゆる雑音に対する機能をもっているため同価格帯でも静かで扱いやすく。小型サイズ(RIC)の耳かけ型補聴器という点も魅力的です。
リビオ1000aのポイント

  • 目立ちにくい小型サイズ
  • 充実した抑制機能
  • 高周波数変換機能
  • IP58の防水防塵性
  • ボイス強調機能

片耳市場価格相場 92,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大110時間
適応聴力 軽~高度難聴
指向性 ダイナミック指向性
チャンネル数 10ch
オススメ度

スタッフのレビュー

スターキーのリビオ1000aは、20万円以内で購入できる両耳補聴器の中でもっとも新しい高性能の補聴器です。7種類の環境を分別して突発音・風切り音・機械音を適切に押さえてくれます。
ボイス強調機能は、話し声のスキマの雑音まで抑えてくれます。これにより言葉が浮き立つように聞こえるのもこの補聴器の良いところですね。
両耳揃えても20万円以下でもっとも高性能かつ小型の補聴器をお求めならコレで決まりです。

20undr010

今すぐお問い合わせ


 
以上が20万円以内で購入できる両耳補聴器のおすすめでした。
20万円以内の補聴器は両耳機能が搭載されていないモデルが多くはあるので、より両耳の効果を向上させたい方は30万円ほどまで価格をお上げていただけるといいでしょう。
 

両耳補聴器のメリット

20undr004
 

両耳に補聴器をするメリットは以下の通りです。

  • 音の方向感と立体感がでる
  • 両耳通信機能でより扱いやすい
  • 全体の音量が下がり耳の負担が減る

 

ヒトは両耳で音を聞くことで、音の方向や奥行きを感じています。ですから両耳で補聴器をすることで方向感や立体感を得やすくなります。
また補聴器を2台ペアリングさせることで、指向性を精密にコントロールをして雑音をへらすことが可能です。
両耳で聞くと両耳加算効果で音量感が上がるので、聞くための音量もそれなりに抑えることができます。
 

 

補聴器を長くお使いいただくために

20undr005
 

補聴器はなかなか値段の張るものですから、できる限り長く使用したいとお考えでしょう。
補聴器を長くお使いいただくには、補聴器のメンテナンスは必須です。

毎日使った後に本体の拭き上げやブラシでの細かなゴミの除去をしましょう。
そして本体を乾燥剤や乾燥機で乾燥させると故障のリスクをへらせます。

また購入したお店で定期的なメンテナンスをすると自分でできない部分の清掃点検もできます。3ヶ月に一度程度メンテナンスに訪れるといいでしょう。
 
 

まとめ

20undr006
 

20万円以下の補聴器を両耳にすると、耳の負担をへらしつつ広い範囲のきこえをカバーできます。

補聴器があれば、家族や友人との楽しい会話や仕事での重要な会話もラクにできますね。

気楽にできる会話が人生によりハリを与えるでしょう。

コメントは受け付けていません。