10万円で購入できる補聴器のオススメ【コスパがイイ!】

10万円 補聴器
 
10万円でも購入できる補聴器のオススメについてご紹介しています。補聴器を選ぶときは機種の特徴いがいに値段も当然気になりますよね。補聴器は管理医療機器として扱われ、機械の性能によって価格も違うのでカンタンに選べるモノではありません。価格と性能のバランスを見て、自分の使用目的や使う環境に適しているかに注目しなければいけません。ですので高い補聴器だからと言ってかならずあなたに最適な補聴器になるとは限らないんです。

当サイトでは今回補聴器の価格帯を限定して補聴器選びのポイントを紹介していきます。値段しか見ないというのはあまりよくないのでしっかり補聴器の特徴を知ったうえで選ぶのが大事です。ぜひご自身にあう補聴器選びの参考にしてください。

 

補聴器の値段の違い

10 man 1
 
補聴器の値段の違いについてご紹介します。カンケツに言ってしまうと、補聴器に限らず機械の性能が優れていたりついている機能が多いモノは、使える機能が限られたモノよりも当然高額になりますよね。補聴器は種類によって価格帯の違いにかなりの差があります。補聴器は片耳で約50,000円から500,000円までと幅広く価格の設定がされています。これらは価格があがるにつれて雑音の処理がより高度になったり、音質の快適性があがるんです。

補聴器を選ぶときには値段の違いも知っておく必要があるでしょう。

 

補聴器選び3つのポイント

10 man 2
 
補聴器を選ぶときのポイントをカンケツに3つ紹介します。3つのポイントは価格・機能・聞こえに適しているかです。価格帯だけで選ぶのも悪くはないですが、補聴器を着けたときに役に立たなければ意味がありません。ご自身の生活環境を考えて、補聴器が対応できるかどうか知っておく必要があるでしょう。

安さに重点をおいても、ある程度自分が使う環境に補聴器が適していなければ買っても勿体ないですよね。そして肝心なのは自分の聴力にあっているかどうかです。難聴の程度や聞こえかたはみなさんそれぞれで異なります。同じレベルの難聴でも、ことばの聞きやすさは人によりかわるので個人にあった補聴器でなければいけません。

値段だけでも決めたいところですが、補聴器を選ぶには聴力の程度や使う環境にも注意しなければいけないんです。

 

10万円で選ぶ人気おすすめ補聴器3選!

10 man 3
 
片耳10万円で買えるオススメの補聴器を紹介しています。この価格帯では種類がかなり限られますが、その中でのオススメをご覧ください。

 

ベルトーン オリジン2-75D(Beltone Origin2-75D)

  • アメリカ
  • 耳かけ型
  • 2年保証
  • 13電池
  • ワイヤレス通信なし

ベルトーン補聴器の定番バリューモデルがオリジンです。コストをおさえた耳かけ型補聴器でその中でも非常に扱いやすい機種になります。アナログボリュームでカンタンに音量調節もできるので場面により好みの音量に変更可能です。

ベルトーン補聴器オリジン2-75Dは高度難聴まで対応でき、オプションでオーダーメイド耳せん(イヤモールド)を取り付けることも可能です。

origin2 1
origin2 2
origin2 3
オリジン2-75Dのポイント!

  • 扱いやすいサイズ
  • カンタンなボリューム
  • シンプルに使える
  • 防水加工で安心
  • イヤモールド取り付け可能

片耳市場価格相場 78,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約230時間
適応聴力 高度難聴
指向性 環境適応型指向性
チャンネル数 4ch
オススメ度

スタッフのレビュー

ベルトーン補聴器オリジン2-75Dは、ベルトーンのバリュー価格帯の機種の中でも人気があります。大きすぎず、小さすぎないサイズなので扱いやすさがあり、ご自身でカンタンに調節できるボリュームがついており非常にシンプルな使い心地です。

オリジン2-75Dはおもに自宅や静かな環境で使うのであればオススメの耳かけ型補聴器ですね。

s f 1

メーカーサイトはコチラ


リサウンド リサウンド・ベアVE330-DP(Resound bea VE330-DP)

  • デンマーク
  • 耳あな型
  • 1年保証
  • 312電池
  • ワイヤレス通信なし

リサウンド補聴器のオーダーメイド耳あな型補聴器リサウンドベアは、他メーカーを含めたオーダーメイド補聴器の中でコストパフォーマンスにすぐれた補聴器です。
環境に応じて音質の変更ができるプログラムボタンや、ボリュームのオプションを付けることも可能ですのである程度のニーズにあわせることができます。

vea 1
vea 2
vea 3
リサウンド・ベア VE330-DPのポイント!

  • シンプルな作り
  • 安心の防水加工
  • ノイズの除去がすぐれている
  • ボリューム操作ができる
  • 新世代レンジチップ搭載

片耳市場価格相場 98,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約110時間
適応聴力 軽度難聴~高度難聴
指向性 指向性
バンド数 7バンド
オススメ度

スタッフのレビュー

リサウンド補聴器の中でもコスパがイイのがリサウンド・ベアVE330-DPです。オーダーメイドの耳あな型補聴器で片耳10万円以内というトコロや、値段が安くてもりサウンドの高性能なコンピューターチップを搭載しているので音質の快適性にもすぐれています。

今マスクをつける機会が多いので耳あな型補聴器は人気があります。耳あな型補聴器は少し高価なイメージですが、10万円で買えるのがうれしいですね。

s f2

メーカーサイトはコチラ


シグニア プロンプト(Signia prompt MP)

  • ドイツ
  • 耳かけ型
  • 2年保証
  • 13電池
  • ワイヤレス通信あり

シグニア補聴器の耳かけ型補聴器プロンプトはシグニアのリリースしている補聴器の中でもとてもリーズナブルな価格設定ですので、より多くのユーザーの手に届きやすいモデルです。防水加工もされているので水ぬれにも安心できますね。

prompt 1
prompt 2
prompt 3
プロンプトのポイント!

  • リモコン対応
  • スマートホンアプリ対応
  • IP67の防水・防塵加工
  • ツインマイク搭載
  • 音量調節可能

片耳市場価格 50,000円(当店価格はお問い合わせください)
電池寿命 最大約190時間
適応聴力 中度難聴~重度難聴
指向性 アダプティブ
チャンネル数 8ch
オススメ度

スタッフのレビュー

シグニアの耳かけ型補聴器プロンプトは、価格相場50,000円で買えるうれしい価格帯の補聴器ですね。値段が安いだけではなく、補聴器のスペックも悪くはありません。ツインマイクの搭載や指向性機能がついているので会話のしやすさをおぎなってくれます。

シグニア補聴器のプロンプトは、オプションでリモコンを使ったり、オーダーメイド耳せんを用意すればより満足度が高くなる補聴器です。

sf 3

メーカーサイトはコチラ


10万円で買えるオススメ補聴器をご紹介しました。他にも価格帯をおさえた補聴器がありますので店頭でご確認ください。

 

片耳補聴器を両耳補聴器へ

riy kata
 
片耳だけ補聴器を購入して後にもう片耳分を購入されるケースもありますね。片耳分補聴器をすでにお持ちであればもう一台購入することになりますが、注意することがあるんです。注意するポイントはもう一台用意する補聴器の種類で、今使っている補聴器のメーカー、同じ形状や機種で選ぶのが基本となります。

片耳ずつで違うメーカーや、耳かけ型と耳あな型を着けるというのはあまり好ましくありません。(聴力や耳の状態などによってはそのように決定するケースもあります)補聴器には両耳間通信機能と呼ばれる両耳装用したときにはたらく機能があります。この機能はすべての機種についているわけではないですが、メーカーによる補聴器の音質の違いや装用感も違うので同じタイプの補聴器を選ぶのがいいですね。

 

補聴器を長くお使いいただくために

na ha
 
補聴器を長く使っていただくためには補聴器のアフターケアが大事です。補聴器を購入してから手入れをまったくしないのと、定期的にするのでは補聴器の状態にも違いが出ます。補聴器はすぐに買い替えれるモノではありませんので、できる限り長く使っていきたいですよね。

そこで大事になってくるのが補聴器のメンテナンス、アフターケアです。補聴器は耳に着けるのでどうしても耳アカが詰まってしまうことや、汚れがでます。自宅でできるケアとして補聴器の耳せんや音孔部分の掃除、本体を拭いてあげると清潔に使えますし、補聴器の不具合をふせぐ効果もあるんです。

 

まとめ

10man matome
 
片耳10万円以内の補聴器と選び方などについてご紹介しました。今回10万円という範囲での補聴器紹介でしたが以外と調べればあるんです。補聴器のお店によれば高額な機種を紹介するだけの場合もあるかもしれません。

予算内で自分にあった補聴器が見つかれば日々の生活も快適になるでしょう。

  

コメントは受け付けていません。