補聴器は片耳と両耳どちらの耳にするのが最適か

 

補聴器 片耳 両耳

補聴器は片耳か両耳かどちらにするのが最適なのかをご紹介していきます。補聴器の装用耳は難聴の程度にもよりますし、片耳難聴なのか両耳難聴かで補聴器の種類や補聴器をつける耳がかわります。自分にはどんな補聴器があうのか、両耳につけた方がいいのか難聴のレベルにもよりますので医師の判断によってもかわってきます。まちがえた補聴器の選び方をしてしまうと聞こえの改善をうまくできない可能性がありますので注意しなければいけません。こちらのサイトでは補聴器専門店が考える補聴器の装用についてお伝えしますのでぜひご参考ください。

 

補聴器は両耳につけるのがいいとききますがどういうトコロがいいのかがよくわからないので補聴器の選び方もわからない。補聴器は高額なモノなので失敗もしたくないとお悩みではないでしょうか。あなたの悩む補聴器の装用について補聴器専門店の専門スタッフがおこたえしていきます。補聴器は両耳につけるのがいいのになぜ片耳だけしている人がおおいのかなど、ギモンを感じることがあると思います。

  • 両耳に補聴器をつけるとジャマに感じないか
  • 片耳だけに補聴器をつけているけど両耳につけるときこえはもっとよくなるのか
  • 両耳に補聴器をつけて今より聴力がさがったりしないか
  • 両耳に補聴器をつけるとうるさくないか

 

両耳で購入となると補聴器の予算が倍になることでも悩まれると思いますので補聴器の選び方はよく考えなくてはいけません。

 

ここからは、片耳と両耳のそれぞれの難聴について紹介していきたいと思います。

片耳難聴と両耳難聴について

片耳難聴 両耳難聴

難聴にもさまざまな原因や種類があり、難聴のレベルによっても補聴器の装用方法はかわります。難聴は片耳だけに症状がでることもありますし、両耳が難聴になることだってあるんです。片耳だけが難聴か両耳が難聴なのかは医師の検査でわかります。補聴器専門店では難聴の診断はしていません。片耳の難聴と両耳の難聴、それぞれの原因や症状について紹介します。

難聴の原因

片耳と両耳のそれぞれの難聴の原因は病気や遺伝などさまざまです。

  • 片耳難聴の原因

おもな難聴の種類は突発性難聴やムンプス難聴など聴神経になにかの障がいがおこることで発症するケースがおおいといわれています。耳の中にあるコマクのおくの内耳には音を感知する神経器官がたくさんあり、その一部に影響がでるとうまく音を脳につたえることができなくなります。このほかにウイルスの感染や親の遺伝によることもあります。

  • 両耳難聴の原因

両耳難聴の原因の中でもおおいのが年齢とともにきこえがわるくなる加齢性難聴があります。この原因も内耳の神経の劣化によりおこります。

難聴の症状

それぞれの症状について。

  • 片耳難聴の症状

片耳だけがきこえが悪くなり、耳鳴りやめまいがあることがあります。片耳は聞こえるのですが音の情報量がハンブンになるため、うるさい環境ではほとんどきこえなくなります。音や声の方向感もわからなくなります。

  • 両耳難聴の症状

両耳難聴も耳鳴りやめまいなどがおきやすくなるようです。片耳難聴にくらべて難聴が進行することがあります。耳もとでおおきな声をださないときこえなかったり、声だと認識することができず音でしか感じることができないようになるまできこえが悪くなることもあります。

難聴の治療

耳鼻科医師による治療は難聴に気づいたらすぐにおこなうべきです。難聴の種類によれば治療をすることで回復する難聴もあるようです。

おもに鼓膜の障がいや中耳炎などは治療でなおる確率がたかく、加齢による難聴はなおらないといわれています。片耳難聴の突発性難聴などはカンペキな治療方法がまだないようなので治療で100%なおることはまだ難しいようです。治療がおこなわれ、改善がみられなければ難聴のある耳に補聴器の装用をすすめられることがあるでしょう。

 

ここからは、両耳補聴器のしくみについてご紹介していきますね。

両耳補聴器のしくみ

両耳補聴器 仕組み

両耳難聴であれば医師から両耳の補聴器装用をすすめられるでしょう。なぜ両耳補聴器がいいのか、人間はもともと左右の耳で音の情報をあわせて処理をしています。左右からおおくの音をきくことで最適な聞こえとなっています。

 

両耳に補聴器をつければ本来からあるこの両耳聴の効果をふたたび得ることができます。補聴器のしくみは音をいれるマイクと音の増幅をするアンプ、音をだすレシーバー、音の情報など調整に必要なコンピューターチップからなりたっています。難聴によりきこえない音の種類を増幅させてつたえる役割りをします。

両耳間通信でより聞こえを快適に

両耳補聴器では両耳間通信ができる補聴器があります。これにより補聴器マイクの指向性がよくなったり、音情報の調整を最適にすることができます。最近の補聴器は片耳補聴器ではつかえない機能もふえてきています。

 

ここからは、両耳補聴器の効果についてご紹介していきますね。

両耳補聴器の効果について

両耳 補聴器 効果

両耳補聴器がよいとされている理由は以下のような効果があるためです。

  • 会話の理解力の改善がよりみられる
  • 音の方向を感じとることができやすい
  • 左右の音情報がわかりやすくなるので外でのキケンも回避できる
  • 片耳で聞くよりつかれがでにくい

片耳補聴器でも聞こえの改善はできるかもしれませんが、よりよくするのであれば両耳補聴器が効果的です。両耳に補聴器をつかうことで、片耳だけの補聴器に比べて音の可聴範囲は4倍ほどになるといわれています。左右のアンプの効果で音質もより改善されることがわかっています。

なぜ両耳補聴器が効果的なのか

片耳補聴器の場合は片耳は補聴器で改善していますが、補聴器をしていない耳はずっと音を聞かずにやすんだ状態になってしまいます。

聴力は使わないと聞く能力が低下してしまい、言葉の明瞭度にも影響がでてしまいます。音を聞くことをやめればだんだん音を認識する力もなくなってきます。人間には2つ耳がついていますので両耳の聞こえが悪くなれば両方を改善させた方がより自然なきこえになるんです。左右の音の情報をしっかりバランスよくきくことが大事です。世界の中で日本はまだまだ両耳補聴器への関心はすくないですが、よりおおくの人が今後両耳で補聴器の使用をされるといいと思います。

 

ここからは、両耳補聴器の種類についてご紹介していきますね。

両耳補聴器の種類について

両耳 補聴器 種類

両耳に使う補聴器の種類は主に耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器です。
補聴器の種類でも装用のちがいと音をだす力がかわりますので特徴について知っておきましょう。

それぞれの種類の特徴について

見た目以外にもそれぞれに特徴があります。

耳あな型補聴器 耳かけ型補聴器
耳あな型補聴器耳の形をとって作るオーダーメイドの補聴器は耳本来の耳介効果を使いより自然なきこえができるとされています。耳のあなをふさぐために違和感がでやすくなりますがなれると気にならなくなります。本体のサイズは目立たない大きさが選べます。耳の状態によればオーダーできない場合があります。 耳かけ型補聴器耳かけ型補聴器は幅広い聴力に対応できます。標準型とRICタイプと呼ばれるレシーバーが外部についているモノがあります。外部レシーバーなので交換することでパワー不足のときでも補うことができて便利です。サイズも目立ちにくいモノから大きめのモノが選べます。耳あな型とくらべるとメガネやマスクなどのジャマになることがあります。

耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器の違いについて詳しくはこちら

両耳補聴器の相場について

補聴器の相場はある程度きまっていて、耳あな型補聴器だとおよそ片耳100,000円から500,000円、耳かけ型補聴器が約片耳50,000円から500,000円です。

 

両耳だとこの倍の金額となるので耳あな型補聴器なら両耳で約200,000円、耳かけ型補聴器で約100,000円の予算は最低必要となります。両耳補聴器にするか片耳補聴器にするかで経済的な影響がありますのでムリのないようにお選びください。

 

ここからは、補聴器専門店での相談について紹介していきますね。

認定補聴器専門店で相談

認定補聴器専門店 相談

両耳補聴器を医師にすすめられ、補聴器を相談をするなら耳鼻科医師と連携のとれている認定補聴器専門店で補聴器相談をすることがおすすめです。悩みを理解してくれる信頼できる販売店で相談しましょう!

補聴器の試聴体験をしましょう

両耳補聴器の改善効果を知るには補聴器を試聴して体験してみることがダイジです!両耳にしたときにどれくらいきこえが改善されるのかがわかればより補聴器の関心も深まるのではないでしょうか。

まとめ

 

両耳補聴器 装用 改善

最後までお読みいただきありがとうございます、補聴器の装用耳について紹介しました。両耳に補聴器をするか、片耳にするかは価格の違いもあるのでカンタンにはきめることができないですよね。両耳に補聴器をした方がいい理由を知っていれば両耳に補聴器をすることに抵抗もなく、聞こえの改善もできるでしょう。

両耳補聴器で聞こえが快適になれば趣味や会話も楽しくなりますよ。

 

お気軽にお問合せください