高度難聴~重度難聴用の補聴器人気おすすめ5選【聞こえをしっかりサポート】

重度難聴 おすすめ 補聴器

高度難聴から重度難聴用の補聴器で売れ筋の人気機種をランキング形式でご紹介しています。高度難聴~重度難聴の場合には、相当に大きい音でなければ感じとることができないレベルの難聴です。まずは耳鼻開始にご相談されてから補聴器を選びをしましょう。重度難聴では補聴器を装用しても聞きとりが難しいことが多々あります。場合によっては人工内耳の適応も考えられます。高度から重度の難聴になると聴覚の障害者手帳が交付され、補助を受けて補聴器を購入することも可能です。当サイトで紹介する高度難聴と重度難聴で使いたいおすすめのパワータイプの補聴器をぜひご参考ください。

 

高度の難聴から重度の難聴では、補聴器の装用がなければ生活に支障がでてきます。ほとんどの音情報を感じることができなくなるので、外ではキケンな目にあうこともあります。重度の難聴では補聴器の装用のほかに手話を取り入れたコミュニケーションも必要になってきます。重度難聴では、補聴器で得る音の情報だけで会話の内容を理解するのも難しいケースが多くなるんです。

高度難聴から重度難聴で人気があるおすすめの売れ筋補聴器を確認する

ここからは、難聴についてわかりやすくご紹介しますね。

 

難聴の程度について

難聴 a1

難聴についてカンタンにご紹介します。難聴になると片耳もしくは両耳の聞こえが悪くなります。難聴には伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴に分けられます。いずれも難聴ですが、おこる原因や聞こえの症状が違います。難聴と一括りにいってもさまざまなんです。そして、難聴にも程度が決められています。難聴には軽度難聴、中度難聴、高度難聴、重度難聴とレベルがあります。軽度難聴から順番に難聴度が高くなります。

難聴の診断や聴力検査は補聴器店ですることはできないので、必ず聞こえに異変を感じたときには耳鼻科を受診して医師に診ていただくのがいいです。

難聴程度

正常なきこえとは

正常な聞こえとは聴力レベルで言うと20dB未満の音まで聞こえる状態です。木の葉っぱがふれあう音まで聞こえます。もちろんですが補聴器の装用は不要です。

 

 

軽度難聴

軽度難聴になると、小さなささやき声などが聞こえづらくなります。騒がしい場所でも会話が聞きにくくなります。補聴器の装用に関しては最近では軽度難聴に対応する機種なども出てきています。医師と相談し、必要と感じたら補聴器を装用するのがいいでしょう。

 

 

中等度難聴

中度難聴になると普通の日常会話が聞きとりにくくなってきます。テレビを見るときの音量も少し上げないと聴こえにくくなります。会話中の聞き返しも増えてきます。言葉のききとりが悪くなれば、明瞭度が悪くなり補聴器での聞き取り改善も難しくなってきます。早期での補聴器装用が大事となります。

 

 

高度難聴

高度難聴者は会話レベルでの発言を聞くことが難しくなります。耳もとでも大きな声を出さないと聞きとれなくなります。日常会話は補聴器をはじめ、聴覚補助機器を使用しなければ成立させるのは難しいでしょう。

 

 

重度難聴

重度難聴になると会話が聞きとれなくなるほか、日常でのほとんどの音を聞くことができなくなります。安全な生活を送るためにも補聴器の装用が大事です。もしくは医師の判断で人工内耳を検討されるということもあるでしょう。重度難聴者は大きな音がおもに振動としてしか知覚されないです。難聴の程度は音域によっても異なり、多くの場合では低音域の聞き取りは比較的聞きとりやすいことが多いようです。

世界中の3億6千万の人々が毎日難聴に対処しています。 このうちの約10%が高度~重度の難聴を抱えています。(世界保健機関2016年)

難聴の程度についてはこちらをご覧ください

難聴について

ここからは、高度難聴と重度難聴におすすめしたい補聴器をご紹介しますね。

 

高度難聴と重度難聴用の人気おすすめ補聴器5選!

重度難聴 補聴器 5

高度難聴や重度難聴用の補聴器は通常の補聴器ではなく、強いパワーが出せる補聴器が必要になります。

 ベルトーン Boost Plus 9 95DW

  • アメリカ
  • BTEタイプ
  • 2年保証
  • 675電池
  • ワイヤレス通信可
beltone boost
ベルトーン補聴器の高度難聴から重度難聴に対応できるパワー耳かけ型補聴器です。ベルトーン補聴器の特徴の一つであるスマート補聴器ですので、お使いのスマートホンと一緒に使えばより便利に使うことができます。高度難聴、重度難聴では特に苦手となる騒音や雑音のある環境でもしっかり抑制をしてくれて快適な音質で言葉を届けてくれます。標準タイプの耳かけ型補聴器で、ベルトーン補聴器の中でも一番強力なパワーを出すことが可能です。
イヤモールド 1
beltone iphone
beltone img
Boost 9のポイント

  • 最新の強力なレシーバー
  • サウンドシフター機能搭載
  • フィードバックイレーサー機能
  • スマホと連動可能
  • サウンドクリーナーで雑音を減少
  • 選べる音の増幅モード

片耳市場価格相場 268,000円
電池寿命 最大約500時間
適応聴力 高度難聴~重度難聴
指向性 クロスリンク指向性
チャンネル数 14Ch
おすすめ度

スタッフのレビュー

ブースト9はベルトーンの補聴器の中でも最高レベルの音の増幅を可能にするパワー型補聴器です。ブーストは高度難聴、重度難聴者のために作られた耳かけ型補聴器です。ベルトーンの最新の技術を取り入れているので音の快適性もすぐれています。ブーストには最大利得を活かしてくれる4つの機能を搭載。ピーピー音がするハウリング現象を抑えてくれるフィードバックイレーサー、オリジナルの特殊フック、重度難聴用の最新型レシーバー、聞こえにくい周波数帯の音声を圧縮し、聴力のある中周波数に変換で聞こえの向上をしてくれます。チューブを使用する耳かけ型BTEタイプなのでチューブの種類で必要な音域を強調することができます。おすすめは既成の耳栓ではなく、耳のカタチをとり作るイヤモールド耳栓を付けることです。高度難聴、重度難聴の聞こえを補うためにより音を聞かせてくれるイヤモールド耳栓の作りはすばらしく、熟練の職人の手により作られ耳にキレイに馴染みます。スマートホンと連動させれば通話もダイレクトに聞きとることができます。

a

 


 シグニア Motion 13P 5NX

  • ドイツ
  • BTEタイプ
  • 2年保証
  • 13電池
  • ワイヤレス通信可
signia motion p
補聴器を会話を楽しむツールにしてくれるのが、シグニアのNXシリーズです。NXシリーズの中でもパワーがあるモーションPは標準の耳かけ型タイプの補聴器です。モーションPNXは両耳装用時にさらに聞き取りの向上を働かせてくれるウルトラHD機能を搭載。会話をより聞きやすくしてくれます。快適性をよりあげるために自分の声の違和感を軽減してくれる機能も搭載。Bluetoothが内蔵された補聴器なのでスマートホンアプリを使うこともでき、手元でカンタンに音の微調整をコントロールすることができます。防水性能もIP68を取得しているので安心してお使いいただけます。モーションのパワータイプは、最大100dBの聴力レベルにまで対応することができます。
signia motion so
signia img
signia iym
Motion 13Pのポイント!

  • 重度難聴でも安心のパワー
  • Bluetoothに対応可能
  • 安心の防水加工
  • 両耳間通信による聞きとり向上
  • 専用のテレビ機器とも連動可能
  • 自分の声を抑制してくれる

片耳市場価格相場 360,000円
電池寿命 最大約130時間
適応聴力 高度難聴~重度難聴
指向性 ビーム指向性
チャンネル数 32ch
おすすめ度

スタッフレビュー

シグニアのモーションパワータイプは耳かけ型のBTEタイプの補聴器です。シグニアのNXシリーズは言葉の聞き取りをサポートしてくれるハイスペックな機能がついています。補聴器を装用したときに自分の声が水の中にいるような、こもった感じになることがあります。モーションNXは自分の声の大きさだけを抑制してくれるOVP機能を搭載しています。他の言葉はそのままで維持、自分の声だけを補聴器が記憶して抑制してくれるシグニアだけの機能です。このほかにも両耳装用時に快適性を得られる指向性機能が働くので高度難聴や重度難聴の聞こえをより明瞭にしてくれるんです。モーションNXはスマートホンや外部の通信機器と接続可能なBluetooth内蔵のデジタル補聴器ですのでより便利にお使いいただけるでしょう。BTEタイプの聞き取りをさらに改善させるには耳の型をとって作るオーダーメイド耳栓、イヤモールドが効果的です。シグニアのイヤモールドはお菓子みたいなカラフルで楽しいデザインですので補聴器のイメージも変えてくれます。汗や水にも強い防水性能ですので完全防水ではありませんがさまざまなシーンで装用していただけます。

b

 


 シグニア Charge&Go7NX HPモールドRIC

  • ドイツ
  • RICタイプ
  • 3 年保証
  • リチウムイオン電池
  • ワイヤレス通信可
signia charge&go
シグニア補聴器の充電式耳かけ型RICタイプも重度難聴に対応することが可能です。充電タイプなので電池交換が不要、充電器にセットするだけでカンタンに充電してお使いいただけます。本来RICタイプは軽度から高度難聴までに対応しますが、耳のカタチをとったオーダーメイドのモールド付きレシーバーにすることで重度難聴者にもお使いいただけます。チャージ&ゴーはBluetooth内蔵、スマートホンアプリを使えばボリュームの調整やプログラムの切り替えなどが手元でかんたんに操作することができます。NXチップによる高音質な性能を活かし、より会話の聞きとりを快適にしてくれます。
nx kinou
signia iphone img
nx tip
Charge&Go7NXのポイント!

  • 便利な充電タイプ
  • 両耳装用で聞き取り向上
  • 周囲の雑音を最大限抑制
  • 自分の声を抑制してくれる
  • オーダーメイド耳栓で装用が安定
  • iPhone・Androidとの連携が可能

片耳市場価格相場 557,000円別途充電器43,200円
電池寿命 最大約19時間
適応聴力 高度難聴~重度難聴
指向性 ビーム指向性
チャンネル数 48ch
おすすめ度

スタッフレビュー

NXチップを採用した耳かけ型充電式補聴器がチャージ&ゴーNXです。通常のRICタイプの充電式補聴器ですが、オーダーメイドのハイパワーレシーバー、HPモールドを取り付けることで重度難聴にも対応することが可能です。電池交換が面倒に感じる方であれば充電式が大変使いやすいです。3時間の充電で最大約19時間使用できるので毎日短時間で充電することができます。RICタイプはBTEタイプと比べ筐体が小さいです。見た目が気になる方でもつけやすいサイズですよ。補聴器の性能は、シグニアNXシリーズだけの自声抑制のOVP機能をはじめ、ことばの聞き取りをしっかりサポートしてくれる性能です。特におすすめは両耳装用で、両耳装用では片耳装用では得られない、ビーム指向性による会話の聞きとりをより明瞭にしてくれる働きがあります。高度難聴から重度難聴で充電タイプを選ぶならシグニアの充電補聴器がおすすめです。

c

 


 オーティコン Opn1 P

  • デンマーク
  • BTEタイプ
  • 3年保証
  • 13電池
  • ワイヤレス通信可
opn bte p
オーティコン補聴器のパワータイプの耳かけ型補聴器です。オーティコンのオープンは今までにないオーティコン独自開発のベロックスチップを採用しています。従来のチップと比べ高速処理をおこなうので音質をより快適にしてくれます。オープンは脳で聞く補聴器として新しいフィッティング形式を取り入れており、脳の働きや疲れを軽減させてくれる聞こえです。今までの指向性を重視した調整ではなく、360度周囲の音を届けてくれるオープンサウンドナビゲーターで大切な音の情報を聞かせてくれます。閉ざされた音の世界からオープンな世界に変えてくれるのがオーティコンのオープンです。
opn bte 1
oticon opn brain
oticon img
Opn 1 Pのポイント!

  • 360度の聞こえ
  • 重度難聴をカバーできるパワー
  • 聞きたいことばに注意を向けてくれる
  • 脳で聞く疲れを軽減
  • ノイズを最大限抑制
  • ワイヤレス接続機能が使える

片耳市場価格相場 オープン価格
電池寿命 最大約170時間
適応聴力 中度難聴~重度難聴
指向性 オープンサウンドナビゲーター
チャンネル数 48ch
おすすめ度

スタッフレビュー

オーティコンのオープン、パワータイプは高度難聴はもちろん重度難聴者の聞こえもしっかりサポートしてくれます。オーティコン独自の最新技術を搭載したオープンの魅力はオープンサウンドナビゲーターにより、360度の音情報を聞かせてくれます。その周囲の音の中でも聞きたい会話に注目させてくれるように音質の処理や雑音の抑制が働きます。補聴器はパワー型ですので少しだけ大きくなります。RICタイプと違い補聴器本体にレシーバー内蔵ですのでチューブをとりつけて使うタイプです。既成のゴム耳栓も選ぶことができますが、おすすめは耳の型をとって作るオーダーメイドの耳栓がおすすめです。高度難聴や重度難聴ではより音を入れてあげる必要があるのでゴム耳栓よりも耳にしっかりフィットするイヤモールド耳栓をつけるのがいいです。オープンならあなたの聞こえをより豊かにしてくれるかもしれません。

d

 


 フォナック Naida B70 UP

  • スイス
  • BTEタイプ
  • 2年保証
  • 675電池
  • ワイヤレス通信可
phonak naidab
フォナックの高度難聴、重度難聴者向けに開発されたパワータイプの補聴器がナイーダBです。ナイーダシリーズは10年以上世界中の方々に愛用されつづけています。中でもウルトラパワーであれば重度難聴の方にしっかりと音を入れてくれます。重度難聴で一番困難になる言葉の聞き分けを、よりメリハリがある音で伝えてくれるスローコンプレッション機能を搭載しています。他には補聴器がプログラムの自動調整をしてくれる、オートセンスOS機能をはじめ、快適性を重視した音で聞くことができます。耳かけ型補聴器のフックの形状をイヤフック、パワースリムチューブ、ミニフックから選ぶことができます。
phonak bte s
フォナック オートセンス
サウンドリカバー2
Naida B70のポイント!

  • 環境に合わせる音質調整機能
  • スローコンプレッションで聞きとりサポート
  • 重度難聴でも安心のウルトラパワー
  • イヤフックの種類を選べる
  • イヤモールド耳栓に対応可能
  • サウンドリカバー機能搭載

片耳市場価格相場 500,000円
電池寿命 最大約320時間
適応聴力 高度難聴~重度難聴
指向性 ウルトラズーム指向性
チャンネル数 16ch
おすすめ度

スタッフレビュー

フォナックのナイーダBは長年に渡って高度難聴、重度難聴者に愛用されてきました。ナイーダのおすすめは言葉の聞きとりを補助してくれるスローコンプレッション機能を搭載しています。スローコンプレッション機能は言葉の聞きとりが困難な方に大変有効な音質調整技術となっていて、言葉の抑揚を明瞭にしてくれます。2008年から販売され、次世代機として発表されるたび、スペックも高くなっています。ナイーダはイヤフックの種類を難聴度や耳の形状によって変えることができます。もともと本体が通常より大きくなるBTEタイプですが、少しでも目立たないようにするにはパワースリムチューブを使うのがいいでしょう。風の音や雑音を減らしてなるべく聞きとりを改善させてくれるナイーダはおすすめのパワータイプ補聴器です。

d2

 


高性能な機種を紹介しました。高度難聴から重度難聴では補聴器の性能をよく選ぶことをおすすめします。もし気になった機種があればぜひお試しください。

ここからは、高度難聴、重度難聴の補聴器を選ぶときに覚えておいていただきたいことをご紹介しています。

 

高度難聴~重度難聴用補聴器を購入する際に覚えておいてほしいコト

補聴器 手帳

高度難聴もしくは重度難聴と医師に診断され補聴器を購入するときには、国からの補助を受けれるということを覚えておきましょう。両耳が高度難聴、もしくは重度難聴になると聴覚での障害者手帳が交付されます。もし、障害者手帳が交付されれば、補聴器の購入に対する補助をうけることができます。役所と病院、補聴器店での手続きが必要となりますが、負担を減らして補聴器を購入することができますので利用されるのをおすすめします。この補聴器の補助金、助成制度は5年ごとに更新されますので、5年経過で新しい補聴器にすることが可能です。

補助金制度について詳しくはコチラ

障害者手帳で補聴器の補助金制度を申請する方法【一発でわかる!】

重度難聴で補聴器の改善が難しいこと

高度難聴と重度難聴に限った話ではないのですが、補聴器の装用をしても聞こえには限界が出てきます。特に重度難聴で補聴器を使用しても改善が難しい3つの項目があります。

  • 騒しい環境での聞きとり

多くの背景雑音がある騒がしい環境では、会話についていくのは非常に困難になります

  • 言葉の明瞭性

たとえ補聴器などで音の増幅をしても、会話の内容がハッキリと聞きとれないことがあります

  • 電話の会話

電話で話すことは非常に困難になる、あるいは不可能な場合がある

主な会話での対処と環境による対処の方法

補聴器装用だけで改善が難しい場合にもちいられる対処方法です。

  • 視覚を使った対処法

高度~重度難聴者は読唇などの視覚を頼りにする(手話や筆談なども含まれる)

  • 騒がしい環境での対処法

騒音をできるだけ抑えなくては聞き取りが困難になるのでなるべく環境内で静かな場所を見つける

  • 大きな会議室などの対処法

聞きたい話をより正しく聞くために話者の近くで聞く、相手の口元も確認できるので効果的

補聴器選びのご相談

補聴器 相談

高度難聴や重度難聴で補聴器を選ぶときにはまずは病院でしっかり聴力検査を受けましょう。補聴器を選ぶお店はたくさんあり、眼鏡店やデパートでも購入することができますね。数ある補聴器の取扱い店ですが、中でも補聴器専門店で補聴器を選ぶことがおすすめです。高度難聴や重度難聴に適応する補聴器は、通常よりもパワーがある福祉対応の機種であることが多いです。補聴器専門店以外の取扱い店では専門性が低いことも考えられ、希望する補聴器も用意がない可能性もあります。

 

 

補聴器の相談は資格を持った専門スタッフが対応

補聴器専門店では認定補聴器技能者の資格を持ったスタッフに対応してもらうのが一番です。認定補聴器技能者は補聴器の知識と経験が多くあり、試験に合格した者のみが名乗ることができる資格です。補聴器について詳しいため、あなたに最適な補聴器を選ぶお手伝いをしてくれるでしょう。

 

 

補聴器の試聴とレンタル

補聴器を選ぶときには試聴のほかに補聴器のレンタルも利用してみましょう。補聴器のレンタルを利用すれば、補聴器の性能がよくわかるので選ぶ判断がしやすいです。補聴器のメーカーで比較することもおすすめです。補聴器はメーカーによっても聞こえ方の音質の違いや、使える機能なども変わります。試聴とレンタルでじっくり選べるお店であればなおいいですね。

 

 

まとめ

補聴器 aa1

高度難聴と重度難聴に使いたい補聴器のおすすめをご紹介しました。高度難聴と重度難聴にも対応できる補聴器を選ぶときには性能に注意して選びましょう。出せる音のパワー以外に言葉の聞き取りをより聞き取りやすくしてくれる機能がついていたり、なるべく雑音を少なくしてくれる機能があれば、より聞き取りの改善をしてくれるでしょう。

難聴度にあわせてあなたにあう補聴器を見つけることができれば、今よりも音の情報が増えて生活のサポートを得ることができるでしょう。

お問い合わせ

 

 

お問い合わせ