片耳難聴に適した最小な補聴器【最新のおすすめ!】

片耳難聴に装用する最小の補聴器のおすすめとは!
最新の最小補聴器はとても高性能で小型化がすすんでいるので見た目が気になるあなたにも気にいるサイズが見つかるのではないでしょうか。当サイトでは突発性難聴やムンプス難聴などの片耳難聴に適した最小の補聴器について聞こえる仕組みから値段までわかりやすくお知らせしています。

 

片耳難聴には一般的な補聴器では改善できない場合があるので補聴器選びはとても大事なんです。あなたに合った最適な最小補聴器えらびのお役にたてれば幸いです。

 

片耳難聴でうまく会話が聞きとれず補聴器を考えているあなたは、見た目を気にしてなかなか着ける勇気がなく補聴器に抵抗があるのではないでしょうか。

 

片耳が聞こえない生活に不自由をしていて我慢していませんか?片耳難聴は周りの人にはわかりにくい難聴ですが聞こえないことによる悩みはおおきいです。
補聴器の見た目が気になるあなたには小型の目立たない補聴器がおすすめです。是非当サイトで紹介する片耳難聴に適する最小補聴器をご参考ください。

 

ここからは、片耳難聴にあう最小の補聴器を紹介していきますね。

片耳難聴に適した最小の補聴器について

片耳難聴では適応する補聴器の選び方が難しく、簡単には決めることができません。片耳難聴に適する最小補聴器は一般的な補聴器とは違いクロス補聴器を使います。

 

クロス補聴器は送信機になるので受信機となる補聴器が必要になり、両耳に着けて片耳難聴を改善させます。最小補聴器は目立ちにくさを追求したデザインで一目ではわからないサイズです。クロス補聴器を取り扱うメーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスから出ています。

クロス補聴器のタイプについて

クロス補聴器には耳かけ型補聴器のRICタイプと呼ばれるモノと耳あな型補聴器が選べます。耳あな型補聴器が選べるのはフォナックのみです。
どちらのタイプにも特徴がありますので選ぶ時に重要となります。大きさも耳かけと耳あなでは違うんですよ。

 

まずは耳かけ型補聴器RICタイプの特徴について説明しますね。

 

耳かけ形補聴器(RICタイプ)は補聴器本体を耳にかけます。補聴器側は標準型の耳かけも使用できます。RICタイプは音声を出力するレシーバーと呼ばれる機械が耳あなに入るので標準の耳かけ形補聴器に比べ音声がよく入ります。既成の耳栓をするのが難しい場合は耳の型を採取してオーダーメイド耳栓を着ける事もできます。

耳かけ型RICタイプの利点

  • ボリュームの操作が簡単、便利で防水性に優れている
  • 色んな機能を使うことができる
  • 耳かけ形は耳あなに比べてこもり感が軽減される
  • レシーバー交換で幅広い聴力に対応するので聴力に左右されない

耳かけ型RICタイプの欠点

  • 補聴器本体を耳にかけて使用するので汗や水の影響を受けやすい
  • クロス補聴器対応のRICタイプはレシーバーが補聴器本体外部に付いて通常耳かけ形に比べ故障を起こしやすい
  • 耳にかけて使用する為メガネのツルやマスクなどの邪魔に感じる事がある
  • 髪の毛などのノイズが入りやすい
改善策としては防水性能、マイクの位置が調整された最新型のモデルを使う。 フォナックでも最新型のオーデオBやボレロBではマイクの位置が調整され髪の毛で発生するノイズが軽減されています。 防水防塵性能もIP68の最高水準(30分水に沈めても壊れない、埃などが中に入らない構造)になっているので完全防水ではないが故障を軽減できる。

次に耳あな型補聴器の特徴についてご紹介します。

耳あな型は既成ではなく、使用する耳の型を採取して製作するオーダーメイド補聴器になり、形状はカナルのみしか選べません。
既成の物とは違い耳にしっかり合うので落とす心配もありません。難聴の程度は中度難聴の方からが適応しやすいです。

耳あな型の利点

  • 耳の中は汗をかかないので汗での影響を受けにくい
  • 運動をよくされる方におすすめ
  • 帽子やヘルメット、マスクなどの邪魔にならない
  • メガネを使用される方にも影響がない
  • 耳あなに補聴器本体が入るので耳本来の集音効果を最大限利用できる
  • より自然に近い音質に聞こえる

耳あな型の欠点

  • 耳あなを塞ぐ為に閉塞感がでやすい
  • 自分の声が大きく、こもった様に聞こえる
  • 耳垢が多く水っぽい方には向かない
  • 健聴側に耳あなを使用される場合はより閉塞感を感じる
欠点を改善する方法もあります。 こもり感を軽減するには補聴器にベントと呼ばれる穴を開けます。 通気する為こもり感、響く感覚が軽減できます。

聞こえ改善の仕組み

クロス補聴器の改善の仕組みは補聴器と合わせて使うことで効果を発揮します。両耳に補聴器とクロス補聴器を着けなければクロス補聴器の効果はありませんのでご注意ください。

片耳難聴である耳にクロス補聴器を着け、健康な耳に補聴器を着けて使用します。クロス補聴器は送信機なので、拾った音声を受信機の変わりとなる補聴器に飛ばして健康な耳で難聴側の音声を聞くということができます。

片耳難聴でもう片側にも難聴がある場合にも使うことができ、その場合には両耳の難聴を補うことができるんです。その方法をバイクロスといいます。

ここからは、片耳難聴に最適な最小補聴器をご紹介していきますね。

片耳難聴に最適な最小の補聴器を紹介

 

片耳難聴に最適な最小補聴器について紹介します。あなたの気に入る最小補聴器はあるでしょうか。

フォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスでクロス補聴器の仕組みはどのメーカーも同じですがそれぞれ電池の持ち時間や種類と機能が違います。

フォナック クロスB RICタイプ フォナック クロスB 耳あな型
耳かけクロス補聴器ビロングシリーズ対応
サイズ:312・13価格 95,000円(税抜)
耳あな型クロス補聴器ビロングシリーズ対応
サイズ:312・13価格 120,000円(税抜)
シーメンス・シグニア クロス Pure、NX RICタイプ ワイデックス クロス RICタイプ

耳かけ型クロス補聴器
プライマックス、NXシリーズ対応
サイズ:312

価格 90,000円(税抜)

耳かけクロス補聴器
ユニーク・ドリーム・デイリーシリーズ対応
サイズ:Fusion 312
    Fashion 13

価格 90,000円(税抜)

フォナック
B312の特徴 B13の特徴
使用電池 312電池のみ 使用電池 13電池のみ
防水、防塵 IP68 耳かけ型のみ 防水、防塵 IP68 耳かけ型のみ
ボリューム、プログラム変更どちらか可能です ボリュームコントロール、プログラム変更共に操作可能です
小型で目立ちにくい
電池寿命 

耳かけ型 最大約58時間 耳あな型 最大約76時間

電池寿命

耳かけ型 最大約96時間 耳あな型 最大約126時間

シーメンス・シグニア
Pureの特徴 NXの特徴
使用電池 312電池のみ 使用電池 312電池のみ
防水、防塵 IP67 防水、防塵 IP68
プログラム切り替え可能です プログラムの切り替え、もしくはボリューム変更可能です
小型で目立ちにくい 小型で目立ちにくい
電池寿命 耳かけ型のみ最大約110時間 電池寿命 耳かけ型のみ最大約110時間
ワイデックス
FSの特徴 FAの特徴
使用電池 312電池のみ 使用電池 312電池のみ
プログラムスイッチで送信のオンオフが可能です ボリュームスイッチで送信機側の音量調整が可能です
小型で目立ちにくい
電池寿命 耳かけ型のみ最大約150時間 電池寿命 耳かけ型のみ最大約120時間

このように各メーカーで特徴が違うのでそれを踏まえて選んでみましょう。

片耳難聴に最適な最小補聴器のランキング

フォナック クロスB RIC×フォナック オーデオB30-312 RIC 


フォナック オーデオB50-312 RICタイプ 定価180,000円

フォナック クロスB RICタイプ 定価95,000円(税抜)

普段の日常生活でお使いになられるのに適した性能となっています。騒音下での聞きとりに関して少し性能面で不安な面があるのでそのような場所での使用にはあまり向いていません。マイクの性能は無指向性となります。

合計価格 282,600円

フォナック クロスB RIC×フォナック オーデオB50-312 RIC 


フォナック オーデオB50-312 RICタイプ 定価250,000円

フォナック クロスB RICタイプ 定価95,000円(税抜)

雑音抑制と指向性マイクへの切り替えも可能となる50クラス。仕事での使用にも向いた優れた性能になります。価格と性能ともにバランスの取れた機種です。当店で一番人気です。

合計価格 352,600円

フォナック クロスB RIC×フォナック オーデオB70-312 RIC 


フォナック オーデオB70-312 RICタイプ 定価350,000円

フォナック クロスB RICタイプ 定価95,000円(税抜)

非常に安定した性能になります。価格も少し上がりますがその分雑音の抑制も強くなりマイクの精度もさらによいのでより快適な聞きとりを実感していただけます。

合計価格 452,600円

形状は全て同じとなります。目立たないサイズだと312タイプをオススメしています。13タイプは電池の持ち時間や機能面に優れていますが若干サイズが大きくなります。

ここからは、最小補聴器の総評を紹介していきますね。

片耳難聴に最適な最小補聴器の総評

片耳難聴に最適な最小の補聴器のおすすめはフォナックのクロス補聴器RICタイプです。

耳かけ型でもこんなに小さくて本体が見えにくいですよね。後ろ側からは見えることがありますが、片耳難聴に最適な最小補聴器では今はこのサイズが限界です。

オススメする片耳難聴用の最小補聴器

オススメなのが最新機種である充電タイプです!サイズは312タイプと同じで、クロス補聴器の弱点である電池寿命を克服した機種となります。

充電器に置くだけでよく、電池交換の手間がありません。充電と乾燥を同時にできるすぐれモノです!

 

フォナック クロスB-R 110,000円(税抜き)

使用電池リチウムイオン電池

充電寿命 16時間

対応機種 オーデオB-R RICタイプ(充電式のみ)

ここからは、最小補聴器の値段の違いについてご紹介しますね。

最小補聴器の値段の違い

最小の補聴器には値段の違いがそれぞれありますね。クロス補聴器は性能が統一されているので価格の違いはほとんどありません。
片耳難聴に最適な最小補聴器の値段は補聴器の性能によって変化します。補聴器の性能がよくなれば値段もあがりますので自分の求める性能でお選びください。

補聴器の値段の違いについて詳しくはこちら

試聴とレンタルでお試し

片耳難聴で最小補聴器を購入する前には試聴とレンタルを利用しましょう。

クロス補聴器も試聴とレンタルが可能ですよ。お店により費用が違いますが、確認のうえ是非ご利用ください。自分の生活環境で使えばより効果がわかるので大変おすすめです。

 

ここからは、片耳難聴にあう最小補聴器を相談するお店についてご紹介していきますね。

片耳難聴に最適な最小補聴器に詳しい専門店選び

片耳難聴にあう最小補聴器を相談するなら補聴器専門店がおすすめです。

補聴器を販売しているお店は小さいお店から大きいお店までいろいろあり、信用できるお店を利用いただければいいのですがその中でも補聴器専門店であれば安心できます。
補聴器専門店は補聴器について知識と経験があるので片耳難聴に最適な最小補聴器についても適切に紹介してもらえるでしょう。

認定補聴器技能者に相談しましょう

補聴器の専門家である認定補聴器技能者なら補聴器の相談を親身に対応してくれるでしょう。資格をもったプロなので補聴器の調整もバッチリやってくれますよ。

まとめ

片耳難聴に最適な最小補聴器についてご紹介しました。

片耳難聴で話しが聞こえずに悩んでいたあなたも最小補聴器を着けることで聞こえの悩みを解決できるのではないでしょうか。これなら見た目も最小で目立ちにくく周囲の目も気にならないですよ。聞こえの悩みと見た目の悩みを同時に解決できるのが最小の補聴器です。

片耳難聴を最小の補聴器で改善できれば日々の生活もきっと変わりますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

片耳難聴で目立たない補聴器をお探しならお気軽にお問合せください。

お問合せ

アクセス