補聴器の買い替えにローンを利用できます

補聴器の買い替えはローンを利用してお得に!機能や種類が豊富な補聴器は値段も高価格なものが多いですよね。当サイトでは補聴器の買い替えをローンやクレジットを利用して購入する方法をご紹介しています。是非今後の買い替えの時に参考にしてみてください。

 

一括での支払いが難しいと悩んでいるならローンを組んでお得に購入しませんか?販売店により補聴器の支払い方法は違うと思いますが最近の補聴器専門店では負担なくローンが組めるというお店もあるんです。補聴器はモノにより大変高価ですが、分割で支払いができたりする予算内で購入することができるかもしれません。支払いの方法に関しては各補聴器販売店にて確認をお願いします。

 

補聴器の寿命で買い替えることになったけど欲しい補聴器の価格が予算オーバーで購入に手が出ないとお悩みのあなたに朗報です!
補聴器はすべて一括で支払わないといけないと思われているかもしれませんが、実はカード払いができたりローンを組んで購入することもできるんですよ。予算でお悩みなら支払いを選ぶことでその悩みが解決するのではないでしょうか。購入を楽にできる、そんな購入方法をお伝えしていきます!

 

ここからは、補聴器を買い替える時期について詳しく解説していきますね。

補聴器の買い替え時期について

補聴器は使用してどれくらい持つのか、疑問に思うことがあると思います。
買い替えの時期は決められた耐用年数で決める以外にも他の原因で買い替えをしなければならないことがあります。補聴器は家電製品などと同じように耐用年数が一応定められています。その年数は5年なのですが、5年経つともう使えないのかと言うとそんなこともありません。丁寧に扱ってもらえると5年よりある程度長く使えます。ですのでこの5年という期間は目安で考えていただいて大丈夫です。5年経てば補聴器も新しい機種がたくさんあるので今の補聴器よりも快適な聞こえが期待できます。

これ以外で買い替えを考えなくてはいけない原因に、修理対応不可ということがあります。修理対応不可とはメーカーでの修理の受付けが終了してしまうということです。販売を終了した機種に関しては5年間は部品の製造などをおこなうのですがその時期をすぎると部品が無いため修理もすることができなくなります。壊れたままの補聴器は使えないので買い替えをしなければいけなくなります。

聞こえにあわなくなったら買い替えが必要かもしれません

補聴器は自身の聴力を入れて調整しています。補聴器の機種によってそれぞれ適応している聴力が異なります。もし、今の補聴器が自分の聴力にあっていなければよい聞こえにすることはできません。購入した頃より聴力の低下が起こることはありますので変化の仕方によっては今の補聴器が適応しなくなっていることも考えられます。

調整して聞こえが良くなれば問題はないですが、聞こえにくいと思った時には一度聴力の測定や検査を受けてみてください。

ここからは、補聴器の買い替え時の購入方法についてご紹介していきますね。

補聴器の買い替えでローンを使う

紹介する購入方法はどの販売店でもおこなっている訳ではありませんので予めご了承ください。補聴器の買い替え購入の時に販売価格はとても重要ですよね。自分の予算内で購入するので欲しいと思う補聴器が予算を超えていると悩んでしまいます。無理をして購入するのはあまりよくはないので、決めた予算内で買い替えを検討するのが望ましいですね。

 

あと少し安くなれば買えると思うことがあると思うのですがもし補聴器を買い替える時にそう感じたら購入の支払い方法を考えてみてはいかがでしょうか。補聴器を購入するのに何も一括で支払う理由なんてなくて、分割で購入することだってできるんです。分割で購入できれば予算内で諦めかけていた性能のいい機種を購入できるかもしれません。お店によっては一括でしかしてくれない店もあるかもしれませんのではじめに支払い方法を確認しておきましょう。

 

販売店によりローンが組めることもできるんです。手数料もお店が負担してくれたりすると、とても購入が楽になると思いませんか。

  • 学生やサラリーマンの方で高性能な補聴器が欲しいけど高くて買えない方
  • 補聴器の買い替えが必要だけど現金での持ち合わせがない方
  • 年金での生活を送られている方
  • 高価な補聴器をなるべく低金利で長期のローンを組んで買いたい方

以上のようにお悩みならローンを利用することをオススメします。

ローンを組む時の注意点

ローンを組んで補聴器を購入する時には何点か注意が必要です。まずは自分の収入で、仕事をしているかどうか、何年勤続しているかなどで自分だけではローンが組めない場合があります。その場合には保証人の協力があればローンを組むことができます。学生の方はご親族の方に協力してもらいましょう。その他にも65歳以上でローンを組むのであれば家族や友人の保証人が必要となります。

 

それ以外の注意点は以下となります。

  • 購入者または保証人は60歳未満の有職者である
  • 支払の完済時の年齢が75歳までである

 

この低金利ローンの条件や注意事項は当店のオリコローン利用時の内容となりますので他のローン会社の条件と異なることがございます。

ここからは、補聴器を購入する時に使えるかもしれないお得な方法をご紹介していきますね。

補聴器の購入で使える補助金について

補聴器の購入である条件が当てはまれば補聴器の申請が可能となります。条件となるのは聞こえの状態が障がい者手帳に該当するかどうかです。聴力での障がい者手帳が出ればその等級に応じた補助を受けることができます。手帳があれば5年に一度補聴器の申請をすることができるんです。補助金という名目ですが実際に現金で受け取れるという訳ではないのでご注意ください。
手帳に該当するかどうかの判断は指定の耳鼻科医じゃないと決めることができません。

補聴器の申請について詳しくはこちら

手帳に該当しなくても補助をうける方法

障がい者手帳に該当しなかった聴力の方でも補助を受けることができるかもしれません。市町村によるのですが補聴器の補助を受けれる地域があります。特に補聴器購入が自分では難しい学生に対しておこなわれているんです。

他にも補聴器メーカーが学生に対して割引きしてくれることもありますので販売店に確認してみましょう。

ここからは、補聴器の種類による違いなどをご紹介していきますね。

補聴器の機種や種類の違いを知っておきましょう

補聴器を買い替えるのに知っておきたいのが補聴器の種類や機種による違いです。

種類や機種によっても価格が変わります。ローンを組む際にはある程度どの補聴器でも対応できるでしょう。補聴器の買い替えは今使っている補聴器と同じ種類やメーカーにすると慣れもあるので扱いやすいです。補聴器には片耳で50,000円の補聴器もあれば片耳500,000円の補聴器があったり価格帯に大きな差がありますね。この価格の違いは性能の違いでもあります。価格が高くなればやはりそれだけ機械の性能やマイクの精度など快適な聞こえになります。静かな環境以外に騒がしい場所で使うにはある程度性能の優れた補聴器を選ばれるのがおすすめです。

補聴器の性能や価格の違いについて詳しくはこちら

補聴器の種類をご紹介

補聴器は大きく分けて耳かけ型と耳あな型、ポケット型があります。種類によって価格帯や特徴が違うので買い替える時の参考にしてみてください。今お使いの種類が使いにくいなどがあれば買い替える補聴器の種類を変更するなど検討するのがいいでしょう。

耳かけ型補聴器 耳あな型補聴器 ポケット型補聴器

本体を耳にかけて使用する耳かけ型補聴器。標準タイプ(BTE)とRICタイプの二種類あります。軽度から重度の難聴に対応できるので多くの人が扱えます。扱いもスイッチが付いてボリューム変更や使い勝手もいいです。こもり感が出にくく違和感も少ないです。メガネや帽子をされる方には少しわずらわしく感じることがあるかもしれません。

価格相場 片耳50,000円から500,000円

耳の形をとって作るオーダーメイド補聴器です。耳の形をとるのでピッタリ入り耳から落ちる心配もありません。軽度から高度、一部重度難聴にも対応しています。見えにくい小型のものから大きいサイズまであります。耳あなに入れるだけなのでメガネや帽子の邪魔になりません。個人差がありますが着けている時に違和感がでることがあります。

 

価格相場 片耳98,000円から500,000円

一番簡易的な補聴器です。名前の通りポケットにも入るくらいの箱型の補聴器です。耳にイヤホンを入れて使用します。補聴器の細かい調整ができず、ボリュームの上げ下げのみとなっています。その分価格帯は安くなります。扱いは簡単ですがボリュームの誤動作の心配なども考えられる作りとなっています。

価格相場 22,000円から70,000円

およその参考価格です

補聴器の種類について詳しくはこちら

ここからは、補聴器の買い替えの時に注意することをご紹介しますね。

補聴器の買い替えで注意すること

補聴器を買い替える時には購入場所や補聴器の種類にも注意をはらうことです。補聴器は今では多くのお店で販売されていますがどこで買えばいいのかわからないと悩むケースがあります。メガネ店やデパートなどでも販売されているのでご利用いただくのもいいのですが補聴器を選ぶ時のオススメとしては補聴器専門店ですね。

理由としては補聴器を専門に扱っているので補聴器の知識や経験に期待ができます。補聴器は同じ補聴器でも調整の仕方によって聞こえが左右されます。ですので補聴器の買い替えで利用するお店も任せて大丈夫か確認しましょう。

補聴器を買い替える前に

ある程度機種が決まってじゃあ買い替えよう!とその前に。その補聴器の試聴はお済ですか?

補聴器は一度着けてみないと効果がわかりません。話しを聞いただけや、値段が安いからと簡単に決めすぎてもよくないです。補聴器の試聴は必ずやっておいた方がいいですね。お店によっては補聴器のレンタルをしているので実際の生活環境で使ってみて効果の確認をして決めるのがオススメです!

まとめ

補聴器の買い替えとローンの利用についてご紹介しました。補聴器は高価なので予算を上回ってしまうことが考えられます。

補聴器の買い替えで妥協はあまりしたくないですよね。ローンを組んだり、分割にしたりと支払い方法を変えるだけで補聴器買い替えの負担を減らせますよ。補聴器買い替えの予算で悩んでいたあなたもローンを組めば悩みが解消されるでしょう!

ローンを組んで補聴器を買い替えれば予算で悩まず高性能な補聴器を手にすることができますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

補聴器の買い替えでローンを考えていればお気軽のお問合せください。

お問合せ

アクセス