補聴器のセカンドオピニオン【他店購入でも調整OK!】

補聴器 セカンドオピニオン
補聴器のセカンドオピニオンは他店で購入した補聴器の調整や修理をおこなうサービスです。補聴器を他店で購入したものの納得のいく聞こえ方にならない・他店購入だが調整のみお願いしたいなどのご相談をよくいただきます。大阪聞こえ補聴器では他店で購入した補聴器の調整や点検、聞こえの相談をうけたまわっています。他店購入の補聴器のことでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。
so01


以下のようなことでお困りではありませんか?

  • 購入した補聴器店の調整がしっくりこない
  • 購入した補聴器店が閉店してしまった
  • 引っ越しで今までのお店が遠くなり通いづらい
  • 出張・訪問サービスを利用して補聴器の調整をしたい
  • ネットや通販で購入したため調整ができない


補聴器は購入したお店で調整をしてもらうのが基本ですが、満足のいく調整結果が得られない場合は他の補聴器店で調整してもらうのもひとつの選択肢です。
自宅に近く通いやすい補聴器店や出張訪問サービスのある補聴器店で調整を受けたり、なにより信頼できるスタッフのいる補聴器店で調整をおこなうことが大切ですね。
上記のことでお悩みの場合は大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンサービスをぜひご利用ください。

補聴器セカンドオピニオンの流れ

so02補聴器のセカンドオピニオンの流れについてのご紹介です。
補聴器のセカンドオピニオンは他店で購入された補聴器の調整や修理受付をおこないます。
ご来店からセカンドオピニオンサービス終了までの所要時間は約1時間ほどで、費用は初回1万円、2回目以降は5千円を頂戴いたします。
調整後の聞こえにご納得いただけない場合は、初回・2回目以降にかかわらずセカンドオピニオンサービスを受けられて7日以内であれば無料で再調整いたしますのでお申し付けください。

当店取り扱いのメーカーは下記6社になります。

  • フォナック(Phonak)
  • シグニア(Signia)・シーメンス(Siemens)
  • オーティコン(Oticon)
  • GNリサウンド(GN Resound)
  • ベルト―ン(Beltone)
  • ユニトロン(Unitron)


当店で取り扱いのないメーカーの補聴器セカンドオピニオンサービスは受け付けかねますのでご了承ください。ご来店のさいに耳鼻科で検査をおこなった聴力データなどお持ちであれば持参ください。

お問い合わせ・ご相談

so03セカンドオピニオンは予約制となりますので、セカンドオピニオンに関するご相談やご予約のお問い合わせは電話またはメール・FAXにてお願いいたします。
お問い合わせ時にお使いの補聴器メーカーと機種をお知らせください。
※メーカー・機種がわからない場合は店舗にお持ち頂ければスタッフがお調べいたします。

来店・補聴器の持ち込み

so05予定日にご来店いただきましたら、他店購入の補聴器をお持ち込みください。
カウンセリングにて他店購入した補聴器の聞こえでお困りのことをお伺いいたします。
大阪聞こえ補聴器では出張訪問でもセカンドオピニオンをお受けしておりますので、ご自宅でセカンドオピニオンサービスを受けたい場合はお申し付けください。
大阪聞こえ補聴器の出張・訪問サービスはコチラ

補聴器の点検・確認

so06お持ち込みいただいた補聴器の状態や調整がどのような状態か測定機器を使ってチェックしてます。
補聴器の不調・故障などがあればこの時点でメーカーへ修理依頼をして、修理完了後にセカンドオピニオンの調整作業をすすめます。
必ず補聴器の保証書をわすれないようにしてくださいね。
※修理に関してはセカンドオピニオン費用プラス修理費用が発生する場合がありますので、その際は改めて料金をご案内させていただきます。

聴力測定

so07補聴器の調整をおこなうための聴力測定です。
ヘッドホンをつけて、ピーピーやキーキーなどの発信音を聞く純音聴力測定と、言葉の聞き取り能力をチェックする聞き取りテスト(語音明瞭度測定)をおこない、測定データをもとに調整の準備をします。
 
 

補聴器のフィッティング確認

so08適切な補聴器のフィッティングかどうかを確認していきましょう。
補聴器のフィット感がわるいと使用頻度が下がったり聞こえにも影響があります。また聴力に対して適切でない耳栓を選んでいる状態だと、ピーピー音(ハウリング)や、聴力に必要な音を十分に出すことができない原因になります。
耳栓・チューブやコードの長さなどを見直して最適な状態に合わせましょう。

補聴器の調整

so09聴力データや聞こえの要望に沿って補聴器の調整を行っていきます。
補聴器をかけて聞こえの要望を確認しつつとこまかな調整、設定をしていきます。

要望によっては補聴器の調整だけで改善できないこともあるため、アクセサリーや買い替えのご案内をすることもあるのであらかじめご了承ください。

聞こえの改善・確認

so10セカンドオピニオン調整前の補聴器の状態と、セカンドオピニオン調整後の補聴器で言葉の聞き取り測定をおこない、どれだけ聞き取りに違いがあるのかを検証します。
また、店内や店外でスタッフや同伴したご家族の皆さんと話して聞こえ方をご確認ください。
違和感や聞こえにくさがあれば再調整をしていきますのでお申し付けください。問題なければそのままお使いいただき様子をみていただきます。

セカンドオピニオンご利用後1週間以内であれば無料で再調整しますのでお気軽にご相談ください。

ご来店の際に必要なもの

so11
セカンドオピニオンでご来店時に必要なモノは以下となります。

  • 使用中の補聴器
  • 補聴器の保証書
  • 身分証明できるモノ
  • 耳鼻科での聴力検査のデータ(お持ちであれば)


補聴器本体のみでセカンドオピニオンの調整は可能ですが、故障により修理が必要な場合で保証期間中であればメーカーの保証書が必要になり、修理中に補聴器のお貸し出しをご希望であれば身分証明書のコピーをいただきますのでご持参の上ご来店をお願いいたします。

まとめ

so12
大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンサービスをご紹介しました。
補聴器は購入後の調整がとても大切です。購入店で満足のいく調整ができなければ他のお店で調整をすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
セカンドオピニオンサービスでより良い聞こえのためのお手伝いができれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。