補聴器のオススメのメーカーを教えます【失敗したくない方必見!】

補聴器でオススメなメーカーの選び方をお教えします。耳の聴こえ方、デザイン、形、性能、値段は人によって様々です。「あなたに合った補聴器はコレです」とすぐには判断は出来ません。失敗しない補聴器を購入する為にもあなたに合った補聴器の選び方をご説明します。

補聴器のメーカーは沢山あるのでどれにすればよいか悩みますよね

補聴器を購入する際にまず補聴器のメーカー選びが大切です。補聴器のメーカーって沢山ありますよね。(フォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、GNリサウンド、リオネット、ワイデックス、スターキー、ユニトロン、オーティコンなどなど)一体どのメーカーが一番性能がいいのか?一番聞こえるメーカーはどこなのか?など気になりますよね。メーカーにもそれぞれ特徴がありますから余計に迷ってしまいます。初めてで何もわからない方が決める参考となるのは有名なメーカーだから、知人のおすすめ、インターネットでの評判になるのではないでしょうか?

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器、どっちにすればいいかわからない

補聴器の形状もどちらがいいのか分からない、という方が多いかと思います。補聴器の形状は耳の聞こえ方、耳の状態、聴力の状態、手先の器用さなどで、機種選定する形状やメーカーなどは変わります。よく補聴器専門店でお客様の希望と予算と耳の状態や生活背景など説明してから相談する事をオススメします。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違いについて詳しくはこちら

補聴器のメーカーを選ぶのに正しい選び方を紹介します

初めに説明すると補聴器のメーカーは沢山ありますが根本的な補聴器の性能はどのメーカーもそこまで違いはありません。今の補聴器は雑音を抑える機能やハウリングというピーピーとする音漏れを防止する機能など数年前はよくトラブルになった問題はほぼ標準で装備されております。ですので初めて補聴器を購入される方はそこまでメーカー選びに拘らなくても大丈夫です。

メーカーにより違うのは音の入れ方の量や計算式などです。各補聴器メーカーによって計算式や音質が違うのでそこだけご自身に合うメーカーを選べば良いです。

他にも音を抑制する機能の働き方、それ以外の機能も異なる箇所があります。補聴器の経験がある方は今使用中のメーカーと同じにするのも良いと思いますし、別のメーカーを聞き比べるのも良いと思います。現在使用しているメーカーで満足しているのであれば使用中の補聴器と同メーカーだと割と馴染みやすいです。他メーカーにすると音質の違いで多少は慣れにくい事があります。しかしその逆の可能性もあります。ですのですぐに購入するのではなく初めに試聴やレンタルをする事をオススメします!勿論初めての方も補聴器がどの様な物かを知る為に試聴、レンタルをするのが良いです。自分にあった補聴器は試聴をする事が大事です!

補聴器のメーカーの違いについて詳しくはこちら

自分に合う補聴器メーカーを見つけよう

自分に合う補聴器、メーカーを選ぶには購入するお店が非常に重要となります。補聴器のメーカーでオススメをお探しの方は通信販売などの安物の補聴器は購入しない方が良いでしょう。通信販売は対面販売とは違い現物もわからずネットの口コミの評価などを見て決める事しかできません。通信販売で取扱う補聴器は音質調整は出来ませんし、性能自体がお客様の難聴にはあまり向いていないことが多いです。

ただし通信販売の補聴器は既製品で安いのでどうしても皆さん買ってしまうということが多いです。補聴器専門店としてはまずオススメはしません!!

通信販売の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについて詳しくはこちら

オススメのメーカーを選ぶには認定補聴器専門店に行く事が大事です!認定補聴器専門店には幾つかのメーカーの取り扱いがあり、性能も良い物が多いです。価格は片耳約5万円から約50万円ほどと通信販売で売られている補聴器と比べると高額になりますがその分性能が優れています。優れている所は聞こえに合った補聴器の調整も可能ですので聴力が変化した際にも対応する事ができます。その他に環境の合わせた細かな音質の調整も可能です。通信販売で買える既製の補聴器にはこの様な機能はありません。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。取り扱いメーカーもベルトーン、フォナック、シーメンスシグニア、GNリサウンド、ユニトロン、いずれも優秀な補聴器メーカーです。まずはご相談、聴力の測定、試聴、貸し出し(レンタル)もしています。認定補聴器技能者があなたに合う補聴器を提案いたします!

補聴器を購入する流れ

カウンセリング

初めに難聴になった経緯、どの様な事でお困りか、補聴器の予算や希望する性能、形などをお聞かせ下さい。話しを聞く事で補聴器のメーカーや形状を選ぶ大事な情報となります。


聴力測定

聴力の測定をします。耳の聞こえ方がわからなければ補聴器を合わす事もできません。ですので必ず聴力の測定をします。補聴器専門店で行うのは耳鼻科で行う聴力検査とは違い補聴器を調整する際に必要な聴力の測定となります。難聴の診断はしておりません。


試聴とレンタル

補聴器を試聴してみましょう。聴力の測定が終われば実際に補聴器の試聴をしてみましょう。実際の補聴器の聞こえ方がわかります。外に出てみて少し騒がしい場所で聞くとより補聴器の効果がわかりやすいです。

試聴してみて補聴器を使ってみたいという方には補聴器の貸し出しをオススメします。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器レンタルしています。身分証明できる免許書、または保険証を持参下さい。


補聴器の装用効果

補聴器を着けた時と着けていない時の装用効果の測定をいたします。


納品からアフターケア

補聴器の性能、聞こえ方がわかり生活に必要となれば補聴器購入となります。耳あな型補聴器の場合は耳の型をとりオーダーします。補聴器は耳かけ形で在庫があれば即日お渡しが可能です。耳あな型補聴器であれば一からお作りするので約1週間ほどお待ちいただく事となります。店に補聴器が届けば補聴器の調整、使い方の説明をして納品いたします。補聴器は購入後のアフターケアが大事です。補聴器は点検や調整など購入後も必要となります。購入後のアフターケアを受けれる販売店で購入すると安心です。大阪聞こえ補聴器では購入後のアフターケアもしっかり対応致します!

訪問や出張サービスもいたします!

便利な出張訪問サービスがあります!

ご来店が難しい方にはご自宅、病院や施設などに伺う事ができる出張訪問サービスを実施しています。専門スタッフが親身に対応致します。出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

補聴器のオススメのメーカーを選ぶ方法を紹介しました。補聴器のメーカーはどのメーカーも音質の違いや調整方法に違いがありますが根本的な性能はそこまで違いがありません。ですので初めての方にはそこまで重要ではありません。ただし各メーカによって好みの音質はあると思います。補聴器の経験のある方、使用中の方でメーカーにお悩みの方は使用中の補聴器メーカーと他社メーカーを聞き比べてみて選んで下さい。ネット社会なので色々と情報はありますがいい評判だけに流されず、自分に合う補聴器を選んで下さい。通信販売などの既製品の補聴器は専門店ではオススメしません。補聴器を買うには補聴器専門店でキチンと相談をして試聴をしてから買うのが一番です。

補聴器の選び方で大切なことは
  1. 難聴の悩み
  2. 価格
  3. デザインや形
  4. 試聴

このことを販売店のスタッフに聞いてもらい、ご自身が得心できる補聴器を選ぶことです。

補聴器のメーカーに悩んだらまずは補聴器専門店にご相談下さい。大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。補聴器のメーカーでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。耳に合う補聴器で快適な日々を過ごしましょう。

よく聞こえる補聴器のメーカーはどこなのか?補聴器の選び方は?

よく聞こえる補聴器ってどこのメーカーか?補聴器の選び方について説明します。
補聴器をするに辺り気になるのはよく聞こえるかどうかが大事です。
補聴器メーカーも色々とある訳ですがその中でもよく聞こえる補聴器ってどれなんでしょうか?
初めに説明するとよく聞こえる補聴器って人それぞれ異なります。
聴力の程度や気に入る音質など。補聴器ってどこのメーカーも根本的には同じなんです。
しかし調整の方法や音質などメーカー毎に特徴があったりします。よく聞こえる補聴器の選び方のポイントを紹介します。

難聴の種類、程度によって補聴器のタイプが変わります

補聴器は難聴の程度や種類によって選ぶタイプが変わります。

耳の形状や状態でも種類は変わってきます。
例えば重い難聴の方が中、高度難聴用の補聴器を選ぶとパワーが足りず着けても意味がありません。

よく聞こえる補聴器はまずは自分の聴力、耳の状態に合ったタイプを決める事が大事です。

使える補聴器の機能も補聴器メーカーにより得意な機能が違ったりします。

補聴器の形状について

補聴器の形状についてもよく聞こえる補聴器って違うのか?

補聴器には主に耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器があります。これも人により選び方のポイントがあります!

耳あな型補聴器のポイント

耳あな型補聴器は耳の型を採って作製されます。

オーダーメイド補聴器なので耳あなにピッタリ入ります。

耳あな型補聴器は耳本来の集音効果を活かす事ができます。初めの慣れない内はこもり感、閉塞感を感じやすいです。

耳かけ形補聴器のポイント

耳かけ形補聴器は2種類あります、フックタイプの標準タイプの物と外部レシーバーになっているRICタイプがあります。

耳かけ形は耳あな型と違い名前の通り補聴器本体を耳にかけて使用します。適応する聴力の幅が広いです。

耳にかけるので帽子やメガネをされている方には邪魔に感じる事がある。慣れると問題なく使えます。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違い、選び方について詳しくはこちら

補聴器のメーカーで気になる性能や特徴

よく聞こえる補聴器をお探しの方はまずはメーカーを選ぶ所から悩むと思います。
メーカーによって音質の特徴などあるので気になる方は購入前の試聴をおすすめします。
メーカーの選び方も人それぞれで補聴器専門店のスタッフのおすすめを選ぶ方、自身でメーカー毎に試聴されて決める方とさまざまです。

試聴で聞き比べされるとどこも同じという方もいれば、メーカーにより聞きやすいと言われる方もいます。
よく聞こえると評判があっても自分に合うのかはわからないという事が補聴器にはあります。
ですので購入前の試聴は大事です。

補聴器メーカーの性能、特徴について

今回大阪聞こえ補聴器で取り扱う主な3社の補聴器メーカーの特徴について紹介します。

ベルトーン補聴器の特徴

ベルトーンの大きな特徴で言えばTOUCH(タッチ)シリーズです。

  • TOUCH(タッチ)マイク

マイクが耳の形を利用した配置で聞こえも自然です。
マイクとレシーバーが離れているためハウリングが少なく通常のカナル型に比べて小さくすることができます。

  • i Phoneアプリ対応

もう一つの特徴はiPhoneとダイレクトに通信、アプリHearPlusを使えばiPhoneがリモコンとして使用できます。
電話の音声や音楽も直接補聴器に送信して騒がしい場所などでの通話もスムーズに行えます。注)使用できる機種が限られています。


シーメンス・シグニア補聴器の特徴

シーメンス・シグニアの特徴は日本の補聴器使用者の要望を集めて作られたPrimax(プライマックス)があります。

  • Primax(プライマックス)

「日本語をしっかり。楽に。」プライマックスは両耳装用で様々な快適に使用できる機能があります。

指向性や固定電話の聞きとり、風の音を軽減などの会話強調機能が充実しています。日本の方に合わせた聞きやすい音質で調整されています。

  • iPhoneアプリ、アンドロイドアプリに対応、タッチコントロールアプリ

専用のアプリをダウンロードすればお手持ちのスマートホンが補聴器のリモコン代わりになります!

通信機を購入しなくても音量の調整が自分でできます。対応する機種はプライマックス、バイナックス、オリオン2、シリオン2です。

他にも対応するアプリがあります、別途通信機が必要な物や対応機種など変更点があります。


フォナック補聴器の特徴

フォナックの独自の機能として一番の特徴はオートセンスOSとサウンドリカバーです!

  • オートセンスOS

従来の指向性の機能とは違い、最大7つの環境下に合わせたプログラムを周りの環境の変化に合わせて
自動適用することでよりよい聞こえを実現します。0.4秒ごとに200以上の組み合わせの設定から自動選択します。
騒がしい場所にいけば自然とザワザワした音を抑えるよう機能します。

プログラムの設定変更もすることができます。

  • サウンドリカバー

高音域を圧縮して中音域できくことができます。低下した高音域の音声を聞きやすく調整します。今まで聞こえなかった音がきこえると評判です!
小鳥のような高い音が聞こえたり、聞き間違えやすい加藤(カトウ)佐藤(サトウ)など一文字だけ違う言葉の聞き取りにも
効果があります。


この他にも各メーカーで得意な機能などがありますので気になるメーカーについてはお気軽にお問い合わせ下さい。

尚、今もっとも話題になっています充電式補聴器は上記の3メーカーはどれも搭載されております。

充電式補聴器についてに詳しい記事はコチラを参考にしてください。

大阪聞こえ補聴器では一人ひとりに合う補聴器を提案いたします

大阪聞こえ補聴器ではよく相談した上でその人に合う補聴器を提案します。
予算や生活環境、使用したい機能は補聴器を選ぶ上で重要です。
よく聞こえる補聴器は自分で試聴してみないとわかりません。

聴力を測定してその聴力に合わせて補聴器を調整します。その場で補聴器を試聴していただけます。

東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応する事が可能です。

東京秋葉原店、秋葉原補聴器リスニングラボは画像をクリック!

まとめ

よく聞こえる補聴器のメーカーの選び方について説明しました。よく聞こえる補聴器って人それぞれ異なります。勿論メーカーも人により選ぶメーカーが変わります。メーカーそれぞれの特徴や性能も知って選ぶと良いでしょう。補聴器専門店が推奨するよく聞こえる補聴器も性能や騒音下での聞きとりがしやすい性能の良い補聴器である事が多いです。よく聞こえる補聴器は自身で一度試聴、レンタルする事をおすすめします。大阪聞こえ補聴器では希望する予算、性能、形状をお聞きしてそれに合う補聴器を選定、提案しています。試聴や貸し出しもしていますのでどの様な感じなのかを確認して購入する事ができます。よく聞こえる補聴器で快適な生活を送りましょう。

補聴器のおすすめのメーカーをよく聞かれます!

おすすめのメーカー補聴器について教えます。

大阪聞こえ補聴器ではここの補聴器メーカーがおすすめだ!っていうのは聴力測定をして、お客様のお悩みを聞いて、試聴してから決めております。

なぜなら補聴器というのは、ひとり一人が耳の形、聴力、生活スタイル、予算、好みの音質(メーカーごとの特徴)がことなるから、
「あなたはこの補聴器にしなさい!」
なんていきなり言えません。そんなことしたら押し売りと一緒です。笑

大阪聞こえ補聴器ではSIEMENS(シバントス)、Phonak(フォナック)、Beltone(ベルトーン)、GNリサウンド、Unitorn(ユニトロン)と5つの補聴器メーカーを取り扱っていますので、好みの音質がどれなのか聞き比べが出来ますよ。

 

先日も電話での問い合わせで
「おすすめの補聴器メーカーを教えてください。」
という問い合わせがありました。詳しく聞きますと、80代のおばあ様が年々聞こえなくなっているそうです。安い通信販売のものを何台も買っているがピーピーと音漏れ(ハウリング)が激しくて周りの家族も困っている。足が不自由で耳鼻科へも補聴器店へも行けなくて困っている。耳鼻科がいいのか?補聴器屋さんへいきなり行くのが良いのか?そしてメーカーの種類が多いから何買ったらいいのか?迷うところがたくさんあるようでした。

ひとつずつ解決していきましょう、

1、足が不自由な場合。

2、耳鼻科 or 補聴器店どちらへいくべきか。

3、通信販売の補聴器って良いものあるのだろうか?

4、補聴器メーカーをどこにあるのか?

全てお応えいたします。

1、足が不自由でお店や耳鼻科へ行けない場合。

この方の例ですが、まずは足が不自由で耳鼻科や補聴器店に行けないのであれば、大阪聞こえ補聴器では自宅へお伺いして出張訪問できることを言いました。補聴器専門店へ行って相談するのも良いことだと思います。

大阪聞こえ補聴器の出張サービス

2、耳鼻科へ行くべきなのか?補聴器店に足を運ぶべきなのか?
いきなり耳鼻科へ行くのは良いケースと悪いケースがあると個人的に思います。それは耳鼻科のお医者様が補聴器に理解のある先生なのか、理解のない先生なのかという問題がるからです。言わば補聴器肯定派と否定派があるということです。補聴器相談医の札を店内に掲げている先生なら親身に相談に乗ってくれると思います。また大阪聞こえ補聴器と提携している耳鼻科医は殆どの先生が補聴器相談医の登録医であります。

3、通信販売の簡易的な補聴器ってどうなの?

また通信販売などの簡易的な低価格の補聴器はあまり良くないですね。補聴器専門店ではまずそのような簡易補聴器は集音器の部類と考えております。安くていい宣伝文句を書いてますが、あまりぴったりとあって満足したという方は少ないです。やはりきちんと聴力測定をして耳の形を計測して使用する方が間違いなく満足度も違います。

4、補聴器メーカーがたくさんあってどこがいいのかわからない!!

これが最終的に一番悩むところだと思います。先にも言いましたが、補聴器のおすすめメーカーよりも、聴力測定とその方の使用用途と予算さえわかれば、ある程度のおすすめのメーカーやお客様にある補聴器はわかりますよ。一社のメーカーしか扱っていない補聴器店もありますが、大阪聞こえ補聴器ではSIEMENS(シバントス)、Phonak(フォナック)、Beltone(ベルトーン)、GNリサウンド、Unitorn(ユニトロン)と5つの補聴器メーカーを取り扱っていますので、好みの音質がどれなのか聞き比べが出来ますよ。また大阪聞こえ補聴器では返品や機種交換も可能です。

耳あな型オーダーメイドは90日間の返品・機種交換が可能。

耳かけ型補聴器は30日間の返品・機種交換が可能。

安心してください。あなたの探していた補聴器がここにありますよ!あとは基本的なことですが、認定補聴器専門店加盟店であるのと、認定補聴器技能者が在籍しているというのもとても大事なことですね。大阪聞こえ補聴器では二名在籍しておりますし、認定補聴器専門店であります。

大阪聞こえ補聴器ではここの補聴器メーカーがおすすめだ!っていうのは聴力測定をして、お客様のお悩みを聞いて、最終的には試聴してから決めております。

認定補聴器専門店