クロス補聴器のおすすめ!【選び方がわかる】

クロス補聴器でおすすめを選ぶ方法を教えます!片耳難聴で聞こえに困っている方が多いです。片耳の難聴に効果的な補聴器があります。それはクロス補聴器と言います。効果は難聴のある側の音声をクロス補聴器で拾い聞こえる耳に着けた補聴器に送信する仕組みとなっています。そんな一側性難聴に効果があるフォナック社のクロス補聴器の選び方をまとめました。

片耳難聴でお悩みの方が多いです

片耳難聴は両耳が難聴の方に比べ理解を得られづらいです。片耳は聞こえるので聞こえる時もあれば聞こえない時もある。ですので無視をしているなど勘違いを生む事があります。日常的な会話も聞こえの程度によれば聞きとる事が困難になります。特に騒がしい場所での会話は聞こえのいい人でも聞きにくい事があるので片耳難聴の人はより聞きとりが困難になります。仕事をされている若い方、学生の方は特にその様な環境に身を置いているので悩みも増えてストレスにもなります。一般的な補聴器では改善する事が難しい事が多いです。片耳難聴と補聴器について

補聴器の選び方がわからなく効果の無い補聴器を購入してしまわない為に補聴器を選ぶ際は補聴器専門店で相談しましょう。

片耳難聴になる原因

片耳難聴になる原因は様々です。片耳難聴の主な3つの原因を紹介します。

突発性難聴

今回紹介する難聴の中でも一番有名な難聴です。芸能人にも多く発症された方がいらっしゃいます。発症の原因は不明とされています。突発性難聴は発症した時自分でわかると言われています。1週間以内にしっかり治療を行う事で改善される事があると言われていますが、治らずに難聴が残る事もあります。最近では原因はストレスやウイルス、血液の循環が悪くなる事でおこるのではないかと言われています。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

ムンプスウイルスが内耳に感染する事で発症する難聴。おたふく風邪にかかりその影響で難聴になります。それがムンプス難聴です。難聴の程度は高度以上になる事が多くて大抵が音声に反応する事ができない状態になります。片耳だけに発症することが多く、2歳児~15歳の子どもに多く発症する事が多いですが成人してもおこる難聴です。妊娠中に母親がおたふく風邪にかかりそれが原因で生まれつきに難聴になる事があります。

先天性難聴(生まれつきの難聴)

生まれつき難聴になる先天性難聴と呼ばれる難聴。先天性難聴は先天性と後天性に分かれます。遺伝子の突然変異やご両親の遺伝で難聴になった場合におこるのは先天性。妊娠中にウイルス感染した時に難聴を引き起こした場合は後天性になります。

片耳難聴に効果があるのがクロス補聴器です!

片耳難聴にお悩みの方に試していただきたい補聴器があります。それはクロス補聴器といいます。クロス補聴器の仕組みを簡単に紹介します。クロス補聴器は送信機の役割りをしています。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使う事で効果があります。ですので使用時はクロス補聴器と補聴器、両耳での使用となります。クロス補聴器を難聴のある耳に着け、補聴器を聞こえる耳に着けます。難聴側に着けたクロス補聴器に入った音声を補聴器に送信します。難聴側に入った音声を聞こえる耳に着けた補聴器に送信するという仕組みです。ですので片耳難聴であってもクロス補聴器を使用する事で難聴側の音声を聞きとる事ができます。

クロス補聴器はこの様な方におすすめです

突発性難聴などにより片耳の聴力を失った方
聴力が左右で差があり補聴器で補うのが難しい方
生まれつき片耳が難聴の方

他にも片耳の聴力が悪くて、もう片側の耳の聞こえも悪いという方にもクロス補聴器は有効です。

クロス補聴器の効果、性能や使う環境

クロス補聴器は生活する中で使用してもらうと効果的です。性能も雑音を抑える働きやピーピー音が鳴るハウリングを抑える機能もあります。騒がしい環境でも会話の聞きとり、仕事の大事な会議、学校の授業などの聞きとりも改善されるでしょう。しかし、音の方向性を感じ取る事が難しいです。片耳に音声が集中するので方向感覚がわかりづらいです。後、一般的な補聴器と比べ電池の消耗が早くなります。(常に補聴器が通信をする為)

クロス補聴器の種類について

クロス補聴器の種類について紹介します。クロス補聴器には耳にかける耳かけ形、耳あなに入れる耳あな型の二種類あります。耳かけ形(RICタイプ)と耳あな型では特徴が異なります。

クロス補聴器のメーカーや価格について

クロス補聴器を取り扱うメーカーや価格帯を紹介します。クロス補聴器を販売している補聴器メーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスになります。補聴器メーカーによって対応する補聴器の機種が決められています。クロス補聴器の性能、仕組みは各メーカーほぼ同じになります。メーカーにより音質の違いがあったり、調整方法が異なります。お値段はシーメンス・シグニア、ワイデックスが共に形状はRICタイプのみで97200円(税込み)。フォナックのみシリーズや形状により価格帯に違いがあり、クエストシリーズのRICタイプが91800円(税込み)、耳あな型が118800円(税込み)。ベンチャーシリーズのRICタイプが97200円(税込み)、耳あな型が124200円(税込み)になります。

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器をおすすめし、メインで取り扱っています!

クロス補聴器を使用した方の感想

当店、大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を多く販売しています。その中でクロス補聴器を使用した方の感想、購入した決め手や使ってみてどうなのか?クロス補聴器を使用する上でのデメリットやメリットを偽り無く書いて頂きました。何名かのクロス補聴器の感想をまとめましたので紹介します。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンやレンタルサービスをしています!

クロス補聴器をお考えの方に耳よりなおすすめ情報です!大阪聞こえ補聴器では片耳難聴でお困りの方にフォナックのクロス補聴器をお得に購入していただけるクロス補聴器モニターキャンペーンを実施中です!キャンペーンの概要はクロス補聴器を購入された際に使用時の感想など、クロス補聴器の調整に役立てる為に使用された方の声をお聞かせいただいています。

サービスの内容はこちら
  • クロス補聴器モニター価格10% off
  • 電池20パック 25,920円分プレゼント
  • V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント

クロス補聴器を一度試してみたいという方にはクロス補聴器のレンタルをやっております。一週間500円になります。レンタルの際には身分証明ができる物が必要となります。数に限りがあるのでレンタル希望の方は事前にご予約をお願いします。

クロス補聴器を購入するまでの流れ

カウンセリング

まずは片耳難聴になった経緯や補聴器をする上での希望(形や性能、予算)をお聞きします。耳鼻科で治療中か、補聴器の経験があるかないかも補聴器を選ぶ上で大事です。突発性難聴やムンプス難聴の場合は補聴器専門店に行く前に必ず耳鼻科を受診、治療を受けましょう。


聴力測定

相談をお聞きした後は聴力の測定をします。補聴器を合わせていく上で必ず必要となりますので測定をさせていただいています。補聴器専門店でおこなう聴力測定は耳鼻科でおこなう検査とは異なり難聴の診断はできませんのでご理解下さい。気導聴力、骨導聴力、語音を測定します。


試聴、レンタル

聴力の測定が終われば補聴器の試聴をしていただけます。お測りした聴力を元に補聴器を調整します。クロス補聴器を調整する際に重要なのがクロスのバランスです。防音室ではわかりづらいので外に出て試聴してもらいます。クロス補聴器を着けている時、着けていない時の聞こえ方をすぐに実感していただけます。試聴をして試してみたいという方はクロス補聴器をレンタルいたします。補聴器のレンタルは1週間500円です。生活環境の中で使う事が出来るのでより補聴器の効果がわかります。


補聴器の効果を測定

試聴した後はクロス補聴器の効果を測定します。補聴器を着けた状態で言葉の聞きとりを測定します。


納品、アフターケア

補聴器が必要となり、形状や性能を決めたら購入です。耳あな型補聴器は耳の型をおとりします。耳あな型補聴器は約1週間ほどで出来上がり、お渡しする事ができます。納品時は補聴器に聴力データを入れて調整をします。補聴器の使い方、手入れの方法を説明します。補聴器をお渡しした後は生活の中で聞こえる楽しさを実感して下さい。お渡し後の補聴器の点検や調整もとても大事です。問題が無くても定期的に補聴器の点検をおこなう事で安心してお使いできます。大阪聞こえ補聴器でも購入後のアフターケアをしっかりおこなっています。点検のご案内もお送りしています。

まとめ

クロス補聴器のおすすめについて。メーカーや種類について紹介しました。クロス補聴器はまだ登場して古くなく認知度も低い補聴器です。取扱い店もまだ少ないのが現状です。クロス補聴器は片耳難聴の方の手助けとなるでしょう。一度着ければほとんどの方が効果を実感できます。まずは試聴をして効果を体験してみて下さい。クロス補聴器はある程度慣らす事も大切です。初めから完璧な聞こえというのは中々難しいですので焦らずにお試し下さい。片耳難聴でお悩みの方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。聞こえの悩みを解消しませんか?

補聴器のオススメな店の選び方【優良専門店のポイント!】

補聴器を買う時にオススメの店を選ぶポイントについて。補聴器のお店を選ぶなら認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店がオススメです。  補聴器の知識と経験のある販売員、耳鼻科との連携も取れているので安心できます。補聴器購入にオススメなお店選びをお教えします。

補聴器をどこで買えばいいのかわからない

補聴器を買おうと思っても売っている店が多くてどこで買ったらいいのかわからない!そんな方も多いかと思います。今どきインターネットの通販などでも購入する事もできる補聴器。補聴器を売っているお店はメガネ店、補聴器専門店、百貨店、電気店など様々です。色々お店がある中、補聴器を買う時に一体どのお店を利用するのがオススメなのでしょうか?

購入する店により扱う補聴器の種類が違います

補聴器には多くの種類がありメーカーもあります。買う店により勿論取り扱う補聴器も変わります。その中で注意しなければならないのが同じ補聴器という名前だけで判断してしまうという事です。補聴器という名前であっても音質を聞こえに合わす事ができる物とできない物があるんです。ここを選び間違えると難聴の方であれば着けても効果がない物を買ってしまう恐れがあります。よく通信販売などで売られている補聴器は値段もリーズナブル(1万円以下から6万円ほど)です。購入の手段も自宅で買う事ができるのでとても簡単です。しかしその分売られている補聴器は聞こえに合わす事ができない物となります。聞こえに合わす事ができないというのは補聴器の聞こえる幅が予め決まっていて音の増幅は出来るが聴力に合わした補聴器の調整が出来ないという事です。そうなると聴力は人それぞれ違うので効果が出る人と出ない人が出てきます。効果が出なければ買っても意味がありませんよね。通信販売は安く買えるが対面販売では無い為、補聴器がどんな物のなのか説明を見るだけでしかわかりません。正直素人が見ても詳しい内容まではわからないですよね。通信販売で売られている補聴器は集音器に近いです。ですので難聴がある方にはあまりオススメできない、一般大衆向けの物がメインです。この事をよく理解して補聴器を買わなければ失敗してしまうんです。

集音器と補聴器の性能の違い(専門店の補聴器と通信販売の補聴器の違い)について

補聴器の店を探すなら認定補聴器専門店がオススメです

補聴器を買う店の決め手となるのはズバリ!補聴器専門店であるかどうかです。補聴器専門店というのは認定補聴器専門店の事です。認定補聴器専門店というのは公益財団法人テクノエイド協会が補聴器販売店からの認定申請に基づき、その店舗の補聴器販売事業が、 補聴器の適正な販売を行うために遵守すべきものとして定めている「認定補聴器専門店業務運営基準」に適合して行われていると認定し、 当協会の認定補聴器専門店登録簿に登録し、認定証書を交付している補聴器販売店です。この運営基準は、補聴器関係各分野の有識者によって構成されている補聴器協議会の議を経て定められており、又、認定補聴器専門店の認定は、 補聴器協議会の答申に基づいて行っております。(テクノエイド協会HP内より)認定補聴器専門店には補聴器の知識と調整技術に優れた資格を持つ認定補聴器技能者が在籍しています。売られている補聴器も通信販売の物とは違いひとりひとりの聴力に合わす事のできる性能のいい補聴器を取り扱っています。価格帯は片耳で約5万円から50万円まであります。メガネ店や電気店にも補聴器専門店と同じ補聴器は売っていますが補聴器は聴力に合わす調整技術が非常に重要です。調整が上手く出来ていなければ性能が良い補聴器を買っても効果を十分発揮できていない可能性があります。その為補聴器を買う店を選ぶなら認定補聴器技能者がいる補聴器専門店がオススメなのです。認定補聴器専門店の多くは耳鼻科との連携も取れている為に安心できます。

このマークが目印です!



認定補聴器技能者

認定補聴器専門店を探すには耳鼻科からの紹介やインターネットで探されるのが確実です。全国の認定補聴器専門店を探せるページもありますので利用してみて下さい。当店、大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。

補聴器の性能と安心できるサービスがある、信頼できる店で買う事が大事です!


認定補聴器専門店で補聴器を購入する流れ

まずは問診、相談をします。どのような経緯で難聴になったのか、お困りになっている事、補聴器購入の予算などをお聞きします。


聴力の測定を行います。あくまでも耳鼻科などでの聴力検査とは違い、補聴器を合わせる為の測定となります。ですのでここでは難聴の診断などは行いません。気導聴力(鼓膜の聞こえ方)骨導聴力(神経の聞きとり)語音測定(ことばの聞きとり)を測定します。


測定した聴力のデータを元に補聴器を合わせ、試聴をしていただきます。ここで補聴器がどの様な物なのかがわかります。実際に補聴器を着けてどれだけ聞こえ方が変わるのかを実感する事ができます。補聴器を着けた時、着けていない時の言葉の聞きとりを測定します。通信販売の補聴器と違い、補聴器の効果をしっかり確認する事ができます。


すぐに決めれないけど補聴器を使ってみようかな?と感じられた方は補聴器のレンタルを致します。実生活の中で補聴器を使用して補聴器の購入を考える事ができます。補聴器がどの様な物なのかがわかった上で購入できるのでオススメです。大阪聞こえ補聴器では1週間500円でレンタルしています。レンタルに必要なのは身分証明ができる物だけです。補聴器が必要では無いと感じたり予算の都合で見送りになっても問題ありません。レンタルをしたから必ず購入しなければならないという訳ではないので安心してご利用下さい。


補聴器を購入しよう!となった方は機種の選定です。補聴器を買うとなると予算の問題もありますしメーカーや補聴器の形状、機種を選ばなければいけません。補聴器には耳にかける耳かけ形補聴器、耳あなの型をとって作るオーダーメイドの耳あな型補聴器が主な物となります。着けられる方の好みにもなりますし、聴力や耳の状態にもこの形状選びは大きく関わります。ご自身の予算の中でこういった機種や形状を選ぶ際も知識のある販売員がオススメを説明してくれたりアドバイスしてくれるので安心です。自分ひとりで補聴器を買うのと専門の人に相談するのでは専門の人に見てもらった方が何に関しても安心できますよね。補聴器が決まれば注文をします。


注文した補聴器が店に届いたら納品です。補聴器を合わせてから補聴器の使い方など大事な内容を説明します。今日から補聴器で不便に感じていた悩みが減るでしょう。そして補聴器は買ってお終いではありません。定期的な点検や調整などアフターケアが非常に重要です。補聴器を買ってからもお気軽に点検や調整にお越し下さい。大阪聞こえ補聴器ではあまり調整、点検をされていない方にも6ヶ月と2年の点検案内をお知らせして実施しています。

補聴器専門店で買うメリットやデメリット

メリット
  • 認定補聴器技能者が補聴器の調整、点検するので安心できる
  • アフターケアなど補聴器購入後も気軽に調整、点検できる
  • 耳の事で何かあれば耳鼻科の紹介など連携が取れているので安心できる
  • 補聴器故障、紛失の際もしっかり対応してもらえる
デメリット
  • お店に足を運ばなければならない
  • 調整や点検などする際に時間が必要
  • 補聴器の値段が高額

大阪聞こえ補聴器では店舗に出向くのが難しい方の為にオススメな出張訪問サービスを実施しています。お年寄りの方、施設や病院のご訪問も可能です!出張訪問サービスについて

まとめ

補聴器を買う際にオススメな店の選び方について説明しました。オススメなのは認定補聴器専門店です。資格を持った認定補聴器技能者が在籍しているので補聴器の調整も安心できます。売られている補聴器も高額にはなりますが雑音を抑える機能やピーピー音がするハウリングもほとんどありません。聴力に合わせた調整をする事ができる性能の良い補聴器を取り扱っています。買う時の手間や値段だけで補聴器を選んでしまうと失敗してしまいます。しっかり性能の違いを理解した上でお選び下さい。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者は4名在籍していますので補聴器のご相談はお気軽にご連絡下さい。信頼できるお店で自分に合う補聴器をお選び下さい。聞こえる生活でより快適な日々を送りましょう。

老人性難聴の補聴器を購入する方法【正しい選び方を伝授!】

老人性難聴で補聴器を選ぶなら専門店で買いましょう。認定補聴器技能者が性能、金額、デザイン、聴力、耳の状態に応じてあなたに合う失敗しない補聴器の買い方をご提案します。老人性難聴は補聴器専門店で正しく選びキッチリ解決しましょう!

補聴器の選び方

親が老人性難聴と診断されたので補聴器を考えているけど補聴器の選び方がわからない。どこで買えばいいかわからない。そんな方も多いと思います。補聴器にはいくつか種類がありますね。耳かけ形補聴器、耳あな型補聴器、ポケット型補聴器とその中で販売している補聴器メーカーも幾つかあります。初めて補聴器を考える方は補聴器自体についてもよくわからない点が多くあるでしょう。補聴器選びで大きく分けても値段の違い、形、メーカー(性能)の違いがあります。

値段の違い

補聴器は専門店で売られている補聴器だと片耳で約5万円から50万円まであります。一方、通信販売などでは1万円を切る物から高くても6万円ほどです。何も知らなければ価格の違いに困惑してしまいますね。

補聴器の形の違いもわからないポイントです。耳あなに入れる補聴器と耳にかける補聴器は何が違うのかわかりませんよね。

メーカー(性能)

補聴器を販売しているメーカーも何社かにわかれます。メーカーによって違いはあるはずなのでどの補聴器メーカーが優秀なのか考えると思います。補聴器の性能も気になりますよね。よく聞こえる補聴器を選びたいですよね。

老人性難聴の補聴器の選び方について

老人性難聴に合う補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。耳鼻科で予め老人性難聴と診断された方を対象に説明します。補聴器専門店では聴力の測定を致しますが難聴の診断はしておりませんので予めご了承下さい。補聴器を選び購入するまでの流れです。

聴力や耳の状態を確認してもらう

補聴器の選び方ですがまず大事なのはご本人様の耳の聞こえ方です。聴力を測らない事には適応する補聴器も選べません。そして耳の状態です。耳の状態でも選ぶ補聴器の形が変わります。例えば耳漏れがある方、耳の中が湿っている方には耳あな型補聴器があまり適さないなど補聴器の形を選ぶ上で重要です。これは老人性難聴に限らず大事です。補聴器専門店で適切なアドバイスを貰いましょう。

実際に補聴器がどんな物かを知る

次に大事なのが補聴器のメーカー、機種の性能です。専門店で扱う補聴器の性能は値段により変わってきます。もちろんメーカーによってもです。ですので値段が高い補聴器には今の補聴器で出来る最大限の性能が入っているとお考え下さい。この性能の選び方は耳の聞こえ方、予算と自身の生活環境に合わせて選んでいきます。補聴器専門店で相談して決めるのがよいでしょう。メーカー、機種がある程度決まったら補聴器を試聴したりレンタルをする事で補聴器がどのような物かわかりますので是非利用しましょう。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器のレンタルをしていますので希望の方は事前にご予約をお願い致します。補聴器の形状、耳あな型や耳かけ形は好みに合わす事ができますが耳の状態や聴力によっては希望に添えない場合もあります。故障のリスク、聞こえの改善をするには補聴器専門店のスタッフとよく相談して決めるのが大切です。

聞こえに合う補聴器が見つかれば購入

機種が決まれば補聴器専門店で注文します。耳あな型補聴器にする場合はオーダーメイドの補聴器なので耳の型をとります。注文した補聴器が出来上がったらお渡しします!購入後の補聴器のアフターケア、点検もとても大事ですので定期的に補聴器の調整などする必要があります。補聴器は買ってお終いではありません、聴力が変わったり音量に変化を出したい時は補聴器専門店で調整、点検してもらいましょう。

補聴器の種類、性能の違いについて詳しくはこちら

補聴器専門店で購入する方が良い理由

補聴器専門店で買うのをおすすめする理由があります。通信販売や電話注文などでも今時補聴器は買えます。しかし、この補聴器には注意する事があります。対面販売で売られていない補聴器や集音器と呼ばれる物は聴力に合わせた音質の調整が出来ません。簡単に分けると集音器などの類は一般向けで、補聴器専門店で取り扱う補聴器は難聴者向けに作られた機器です。ですので通信販売の補聴器は老人性難聴の方が使う物として向いていません。老人性難聴であれば聴力のデータを入れて調整ができる補聴器にしなければ効果が無い物になります。通信販売などで売られている物は安いです。その分良い性能は見込めません。安く買えても使い物にならなければ意味がありません。購入する際は補聴器専門店で取り扱う補聴器と通信販売で売られている補聴器、集音器の違いをしっかりと理解した上で購入しなければいけません。

通信販売で売られている補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについてはこちら


認定補聴器専門店で相談するのが解決の決め手になります!

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者が4名在籍しています。あなたの聞こえに合った補聴器を提案致します。ご相談、聴力測定、試聴、レンタル、すべてお受けします!他店で買われた補聴器で、今の調整を変えたい方、購入店が閉店してしまってお困りの方は当店の取扱いメーカー(フォナック、ベルトーン、シーメンス、GNリサウンド)であれば再調整をお受けします。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

補聴器のセカンドオピニオンはこちら

補聴器専門店で買うメリットとデメリット

メリット
  • 補聴器を選ぶ際に適切なアドバイスをもらえる
  • 補聴器の試聴やレンタルが出来る
  • 性能がわかった上で購入できる
  • 補聴器の効果をみてもらえる
  • 購入した後も定期的に点検、調整してもらえる
デメリット
  • 補聴器専門店に足を運ぶ必要がある
  • 聴力の変化など、音質を調整するのに時間が必要
  • 通信販売などと比べると予算が上がる

補聴器専門店の補聴器は年齢と共に難聴が進んだ時も聴力を測定して聞こえに合わせて調整をする事ができますので購入してからも安心です。大阪聞こえ補聴器では店舗に足を運ぶのが難しい方の為にご自宅や入院先に訪問する事ができる出張訪問サービスをおこなっています。出張訪問のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

老人性難聴の補聴器を選ぶ方法を紹介しました。補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。通信販売では安く買えますし、足を運ぶ必要もありません。しかし、いい事ばかりでは無くその分売られている補聴器も性能には期待できません。老人性難聴であればちゃんと聴力に合わす事ができる補聴器を選びましょう。性能に関しても補聴器専門店でアドバイスをもらい性能を確認しましょう。プレゼントなどで補聴器を考えている方は失敗しない様に気をつけて下さい。聞こえに合った補聴器で明るい生活をおくりましょう。

老人性難聴でお悩みの方の補聴器の選び方

老人性難聴になり悩みがある方に補聴器の買い方や選び方をお教えします!年齢と共に聞こえが悪くなる老人性難聴でお悩みの方に補聴器の選び方や種類などを紹介します!補聴器も種類が沢山あります。その中からどの様に選んだらよいのかわからない方も多いかと思います。これから補聴器を考えられている方も補聴器選びの参考にして下さい。

老人性難聴について

老人性難聴(加齢性難聴)は年齢と共に聴力が悪くなる難聴です。感音性難聴になる事が多いです。
聴覚に関わる細胞が減少して老化が進む事で聴力が低下します。50歳を超えてくると聴力が急激に低下して60歳以上になると会話の聞きとりも困難になってきます。難聴の進行は個人差が大きく、まだ50歳の手前で補聴器が必要になる人もいれば、80歳を超えてもほとんど聴力低下がない人もいます。老人性難聴の症状は高音域の聴力低下があります。ですので人間の言葉「あ」行や「さ」行が正しく聞き取れなくなってきます。特に女性、子供の声が聞きとりにくかったりします。
逆にドアの開閉音、車のエンジンの音などの物音に敏感になる事があります。騒がしい場所での会話が聞きづらくなり、音楽などもはっきり聞こえずぼやけて聞こえたりします。

難聴の程度や種類について詳しくはこちら

難聴?と思ったら病院、もしくは補聴器専門店に行きましょう

老人性難聴の症状が出てきたら耳鼻科、病院で聴力検査を受けましょう。
難聴の対策は早ければ早いほどいいです。しかし、難聴になっている自覚がない方も中にはいらっしゃいます。
テレビのボリュームが大きくしないと聞こえない事や、話している内容が理解しにくくなってきたなどがあれば難聴の可能性があります。ですので耳鼻科での診断を受ける事が大事です。もし自覚が本人に無ければ家族の方や周りの方の手助けも必要となります。また補聴器専門店へ行って相談する事も良いでしょう。耳鼻科や病院と連携している補聴器専門店へ行く事で適切なアドバイスをもらえます。

老人性難聴の症状による悩み

  • テレビのボリュームを大きくしないと聞こえない、大きくすると家族に迷惑がられる
  • 講演会などに行くと話している内容がわからない、聞こえない
  • 会話の中で聞き間違いや聞こえない事が増えて人との会話をする機会が減る
  • 騒がしい場所で話しかけられると内容がわからない
  • カラオケに行くと音程がつかめない、楽しめない
  • 孫の声や女性の話し声が特に聞こえない

老人性難聴になると趣味が楽しめなくなったり、テレビのボリュームなどを大きくする為家族に嫌がられたり、相手にされなくなったりと様々な悩みが出てきます。会話も聞こえにくくなると人と接する事が減り、外出する事もせず孤独感が増していきます。

補聴器をするタイミングはいつがいいのか?

老人性難聴による症状で悩んでいたり、生活に不便を感じられている方は補聴器を考えられるのがよいでしょう。
まずは耳鼻科での診断をしてもらうのが大事ですね。補聴器は難聴による聞こえを補助します。
しかし難聴が治る訳ではないのでご注意下さい。補聴器は早期に使用されるのがよいです。
理由としては言葉の理解力が低下するとそれは補聴器ではカバーできなくなるのです。
補聴器は持ち合わせている能力を良くする事はできないのです。ですので言葉の理解力がある内に補聴器をしなければあまり補聴器の効果を得る事ができません。補聴器はまだ早いなどと思われている方もいますが補聴器の使用は早い方が効果があります。

こちらも合わせて参考下さい

補聴器の性能や種類を知る事が大事です

補聴器を選ぶ時に幾つか気を付けなければいけません。

予算

まずは予算です。補聴器ってあまり安くはないんです。大阪聞こえ補聴器で取り扱う補聴器は片耳約5万円から50万円までと幅広くあります。ですのでまず予めの予算を決めておく事が大事です。価格帯によって補聴器の種類や性能も変わってきます。

1万円から5万円以下の通信販売やネットやTVCMで販売されている既成品の補聴器は専門店で扱う補聴器とはまた別物だと思って下さい。適切な音質調整ができないので専門店ではあまりおすすめできません。

集音器と補聴器の違いについて

性能

補聴器の性能も選ぶ際に重要です。補聴器はメーカーによっても色々と機能が変わってきます。
補聴器の性能は使用する上で必ず知っておく事をおすすめします。
例えばよくテレビを観る方や騒がしい場所に行く機会が多い方などそういった場面に対応できる性能で選ばなければ思っていた物と違うといった事になります。
ですので補聴器を選ぶ際は性能を知った上で決めなければ後々納得がいかなくなったりしてしまいます。

販売店

補聴器を購入する販売店も重要です。
補聴器を購入後もしっかり対応してくれるお店で購入するのが大事です。
特に補聴器の正しい選びが出来る事や補聴器の知識のある補聴器専門店での購入をおすすめします。
補聴器は購入後のアフターケアがとても大事です。

補聴器の選び方に関してこちらの記事も参考下さい

簡単便利な補聴器があります!

今最新の補聴器で取扱いの簡単な充電式補聴器があります。
お年寄りの方でも安心して使っていただけます。今まで必要だった電池の交換がいらないので快適に使用できます。
気になる補聴器の性能も感音難聴に合った性能で「さ」行など子音やこどもの高い声などがよりクリアに聞き取る事ができます。そしてどんな場所でもその場所に合う、環境に最適に音をブレンドするオートセンスOSを搭載!
こちらの補聴器に合わせて別売りでテレビを聞きやすくする通信機などその他色々ご用意できます。

その他各メーカーの充電式補聴器について詳しくはこちら

補聴器を購入前に試聴する事が大事です

いきなりどんな物かわからずに買うには勇気がいりますよね。
補聴器は高額ですのでしっかりと選びたいですね。ですので補聴器は購入前にどんな物なのか知る事が大事です。
まずは補聴器を購入する前に試聴をしてみましょう。試聴をする事で補聴器がどんな物かわかります。
ご希望のある方は貸し出しサービスなどを利用されるのがよいです。大阪聞こえ補聴器では補聴器の貸し出しを一週間500円で受けております。片耳、両耳同じとなっています。貸し出しできる補聴器は耳かけ形のみで今最新の充電式補聴器の貸し出しなども可能です!ご希望の方は是非ご相談下さい。


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

老人性難聴でお悩みの方の補聴器の選び方について紹介しました。
老人性難聴になると趣味が楽しめなくなったり周りからの疎外感などを感じてしまいます。
外にあまり出なくなってしまったり聞く事を諦めてしまいます。
そうなる前に早めに耳鼻科を受診されるなど、行動に移して難聴の改善をする必要があります。
補聴器の選び方や性能がわからなければ販売店とよく相談されるのが良いでしょう。
大阪聞こえ補聴器では試聴、貸し出しをしていますので納得のいく補聴器をお選びいただけます。
老人性難聴でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

テレビに対応する補聴器の試聴も大阪聞こえ補聴器でできます!

テレビ対応の補聴器を試聴するなら大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい。
補聴器もここ数年でテレビに対応する補聴器が出ています。補聴器を通信機と合わせて使うとテレビ音声が楽に聞こえるという仕組みです。
大阪聞こえ補聴器で取り扱う補聴器メーカー全てで販売されています。
テレビ対応の補聴器の試聴を大阪聞こえ補聴器では体験していただけます!

テレビのボリューム気になりませんか?

テレビってみなさんよく観られる方も多いと思います。
そこで気になるのがテレビのボリュームです。
補聴器をされている方の中でも大きなボリュームで観られている方もいらっしゃいます。
補聴器を外すと更に大音量で見ていたりとテレビのボリュームって難聴の方にとって気になる悩みです。
聞こえないのでテレビの音量をとても大きくして観るので同居されている方も一つの悩みになります。

補聴器でテレビ音声を聞くのは難しい?

補聴器をしているのにテレビが聞こえない、この様に感じた事ありませんか?
会話の音声は聞こえるが、テレビの音声が聞こえにくい。この様に思われている方は多いです。
補聴器をしているのに何故?と思いますよね。

テレビが上手く聞こえない理由

補聴器をするとテレビも快適に観れると思っていたが上手く聞こえない事がある。
そう感じている方も中にはいらっしゃると思います。個人差もあるかと思いますがテレビが上手く聞きとれないのには理由があります。
まず理由の一つに言葉を聞きとる能力があります。言葉を理解する能力が悪くなるとテレビ音声の聞きとりも悪くなります。
そして補聴器は会話の補助をする事を前提に作られた医療機器です。テレビ番組によっても聞こえやすい、聞こえにくいがあります。
比較的聞きとりやすいのがニュース番組などはっきりした口調で話しをしている番組。
聞きとりにくいのはバラエティー番組など、大勢の会話が入り、合わせてBGMなども入るような番組は一番聞きとるのが難しいです。
テレビを聞く時の距離も大きく影響し、音声の反響音なども上手く聞こえない理由の一つです。

言葉を理解する能力とは?

言葉の理解力は耳だけに関する事ではありません。脳の聴覚神経にも関係があるんです。
左耳から入ってくる音の情報は主に右脳で、右耳からの音の情報は左脳に伝達します。
左脳と右脳にバランスよく音声の情報が届いて、左右の脳を使って能力を発揮します。
脳の働きを活性化する為には両耳を使ってしっかり聞くという事が大事です。

改善策はあるのか?

テレビの聞きとりを少しでも改善させる方法はあるのか?一つはテレビ本体の設定を変更する事。
テレビの音声をステレオからモノラルに変更してみると改善されるかもしれません。
部屋の反響をカバーするのにカーペットをひく、カーテンがあれば閉じるなどをすると吸音効果があります。
後は補聴器本体の調整などで音質の変更をするなどで改善する事ができます。

もっとテレビを楽しみたい人に

もっとテレビを楽しみたいという方におすすめするのがテレビ通信対応の補聴器です。
テレビに通信機を繋ぐだけで操作も簡単、ワイヤレスシステムでテレビの音声を直接補聴器で聞く事ができます。
これを使うとテレビの聞きとりは大幅に改善します。テレビをよく観られる方には大変喜ばれます。
このテレビ対応の補聴器は大阪聞こえ補聴器で取扱いのあるフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーンから販売されています。
どのメーカーも操作は簡単で通信機をテレビに繋いでスイッチ一つでテレビを楽に快適に観る事が出来ます。
テレビが好きでよく観られる方におすすめです。テレビ以外にも電話も同じように快適に聞く事ができます。

通信機の使用上のメリットとデメリットについて

メリット
  • 直接テレビの音声を補聴器に届けるので少し離れた場所にいても大丈夫
  • 周りの人を気にせず自分の聞きたい音声でテレビを観る事ができる
  • テレビや電話の音声を使う方の最適な音量に合わす事ができる
  • テレビや電話でハウリングする事が少ない
デメリット
  • 補聴器以外にもリモコンやワイヤレス通信機器が必要になる
  • 補聴器と通信機のペアリングなどの設定が必要となる
  • ワイヤレス補聴器にしか対応していない、対応機種が決まっている

テレビ通信対応補聴器の種類や価格についてまとめた記事がありますのでご参考下さい。
詳しくはこちら

大阪聞こえ補聴器では実際に試聴する事ができます!

テレビ通信対応補聴器を大阪聞こえ補聴器では試聴する事ができます。
初めはどの様な感じかわからないと思う方も多いと思いますので是非試聴してみて下さい。
取扱いの各メーカーの試聴が可能です。
気になる方はご来店いただき是非体験して下さい。とても楽に聞く事ができますよ。


大阪聞こえ補聴器では自宅に訪問、出張サービスもしています。

ご自宅のテレビに通信機を設置しにお伺いする事もできます。レンタルも対応できますのでご相談下さい。

まとめ

テレビ通信対応の補聴器について、大阪聞こえ補聴器では体験、試聴する事ができます!
ワイヤレス通信で補聴器に直接テレビ音声が入るのでとても楽に周りを気にせず自分の好みの音声でテレビを楽しむ事ができます。
大音量で悩んでいた同居されている方もこれがあればもう気にする心配はありません。
大阪聞こえ補聴器では試聴をする事も可能ですので購入前にどんな感じかがわかるので安心です。
テレビ通信対応の補聴器をお探しの方は一度大阪聞こえ補聴器までお問い合わせ下さい。
悩んでいたテレビのボリュームもこれで解決しますよ!

補聴器のセカンドオピニオン!他店で買った補聴器の相談、再調整致します!

補聴器版セカンドオピニオンをおこなっています!他店で購入した補聴器のご相談や再調整と聴力測定もしております!買替で他店と迷われている方でもOKです。補聴器の相談や悩みを受付けます。購入したが店舗が無くなってしまった、引っ越しをして行けなくなったなどでお困りの方のサービスです。今回は補聴器のセカンドオピニオンを紹介します。再調整、修理と点検、聴力測定、新機種の聞き比べもしっかり対応させていただきます。再調整や修理に関しては当店で取り扱うメーカーのみになりますのでご了承下さい。

セカンドオピニオンってなに?

セカンドオピニオンとは「第二の意見」という意味です。
例えば今かかりつけの病院があり医師に診てもらっているが、違う病院の医師にも治療法や診断、診断結果やその後の治療方針や治療方法についての意見を聞くことを言います。主治医以外の意見を聞いて現在の治療が適切か、他に良い治療方法がないかなど、患者がより納得のいく治療を受けることが可能になります。特に医療の世界というのは日に日に進んでいます。その全てを一人の医師が把握しているとは限らないですよね。
医師や病院によっては提供できる医療内容に限界がある場合もあります。補聴器のセカンドオピニオンも同様で、今通っている補聴器専門店とは違う調整方法や測定法を別の補聴器専門店に提案してもらうという事です。意見を聞く事で今解決されない問題が解決するかもしれません。

補聴器のセカンドオピニオンはどんな相談も受けます!

補聴器のセカンドオピニオンは下記の方におすすめです
  • 他店の意見とは違う角度での調整方法を知りたい。
  • 現在のお客様に合う補聴器の機種選定を比較したい。
  • 言葉の聞き取り、聴力測定の比較。
  • 新しく補聴器を買うのに別のアドバイスを求めたい。
  • 買ったものの取り扱いがわからない。忘れたなど。
  • 他店で取扱っていない補聴器メーカーの試聴。
  • 他店で買った補聴器の調整。

他店で購入した補聴器の相談もお受けいたします!

大阪聞こえ補聴器では補聴器のセカンドオピニオンサービスを開始してから他店で合わなくなった補聴器のアフターフォローを積極的にしております。別のお店で買われた補聴器が合わなくてタンスの肥やしになっている方はとても多いです。高いお金を出して買ったのに使わないなんて本当にもったいないですよね。また買われたお店でスタッフとの接客態度や意見が合わなかったり、音作りが合わなかったりすることもあります。そんな方々へ大阪聞こえ補聴器では他店で買われた補聴器もきちんとアフターケアしております。

補聴器を購入後こんなことで困っていませんか?
  • 補聴器の効果がうまくいっているのかわからない。
  • 購入してから長い間放置してアフターケアを受けていない。
  • 補聴器がうまく操作できない、操作方法がわからない。
  • 購入した店舗が閉店した、または移転や倒産したなど。
  • 店舗から離れた地域に引越したので補聴器を見てもらえなくなった。

この様な事でお困りの方がいらっしゃるかと思います。特に閉店してしまった、引越したという方は本当にお困りだと思います。
大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンサービスはこの様な方の為におこなっています。
店舗で取り扱いのある補聴器メーカーでしたら点検、修理、再調整をいたします!
まずはご相談をいただいてからサービスの内容に納得いただけたらお気軽にご利用下さい。

購入後に補聴器を調整していないという方が沢山いらっしゃいます

補聴器を購入してそのまま長年使われている方もいらっしゃいます。
購入したお店が無くなってどうしたらいいかがわからずにそのままという方もいますし、ただ出向くのが面倒でそのままになっているという方もいます。少し聞こえにくい気がする、大きく感じるという方でも補聴器はこの様な物なのかな?と使っている人もいるかと思います。
補聴器は買ってお終いという物ではありません!最初の調整も耳に合わせておこないますが、購入してからの調整ってとても大事なんです!
購入したばかりだとまだ補聴器の性能がどんな感じなのかわからない部分があります。
自分のできる限りでいいので補聴器を着けてみて、慣れてきたら一日中着けるようにしていただくのがよいです。
最初は小さい音量から慣れてもらって音に慣れてきたら音量や音質の調整をしていきます。
音量の大きさ、音質の問題も慣れてきて希望があれば身の回りの環境音も不快でない程度に上げていきます。

補聴器のセカンドオピニオンは認定補聴器技能者がおこないます

当店では認定補聴器技能者が4名在籍しております。知識と経験であなたの補聴器のアドバイスをいたします。

認定補聴器技能者についてはこちら

補聴器のセカンドオピニオン!その具体的な内容について

補聴器の相談をお聞きします

まずはお話しを聞かせていただきます。
大事なのは今までの補聴器購入の経緯や装用経験などをお伺い致します。
話しを聞く事でお使いの補聴器の何が合わないのか、補聴器の種類が適応しているのかがわかってきます。
補聴器に対して希望する中でも出来る事と出来ない事があるのでそれを初めに明確化するのが大事です。

他店で購入された補聴器のデータ、病院やお店で測定されたデータなどお持ち頂けたら参考にさせて頂きます。

聴力測定、語音の測定をします

話しを伺ったらまず最初におこなうのが聴力の測定です。
聴力測定にも種類があります。純音気導聴力(鼓膜の聞こえ方)と骨導聴力(神経の聞こえ方)、そして言葉の聞きとりをどの程度できるのかを測定する語音明瞭度測定、この3つを測定します。測定をした結果で今お使いの補聴器が聴力に対して適正かどうか、調整自体が聴力に対して効果的な状態での調整なのかを確認する事ができます。

補聴器の再調整をします

補聴器の調整希望の方は測定した聴力を基に補聴器の再調整をします。
どの様な場面で不便を感じるかなどもお聞きしておこなっていきます。販売店側が見てお使いの補聴器が適正ではない場合には他機種の貸し出しなどもおこないます。そのような場合にはしっかりとアドバイスさせていただきます。

最後に補聴器の装用効果を測定

補聴器の無い状態と補聴器を着けている状態で測定します。
これはしっかり補聴器の効果が出ているのかを確認する為におこないます。
結果を見れば調整後の補聴器効果がわかります。
店外での確認も可能です。一緒に外に出て外の環境で補聴器の効果を確認していただけます。

以上が初回来店時の内容となります。次回来店時も調整や補聴効果測定をおこなっていきます。
大阪聞こえ補聴器では出張訪問サービスをしていますのでこちらから自宅や病院にもお伺いする事も出来ます。

出張訪問サービスについてはこちら

料金について

大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンの料金について紹介します。

調整料金初回来店 3,000円(税別) 

セカンドオピニオンの料金は初回来店は3000円(税別)です。

カルテ作成と相談、聴力測定、点検、再調整の料金が全て含まれています。その他修理などがある場合は別途修理代金等が必要となります。

 二回目からの相談料2,000円(税別)

二回目からは相談、聴力測定、点検、再調整の料金が全て含まれています。

サービスを受けた日から2日以内であれば追加料金なしで同じサービスを受けられます。

出張訪問の際は別途出張費が必要となります。

セカンドオピニオンに対応している補聴器メーカー

大阪聞こえ補聴器で取り扱いのあるメーカーに限り対応させていただきます。

  • フォナック(Phonak)
  • シーメンス・シグニア(Siemens)
  • ベルトーン(Beltone)
  • ユニトロン(Unitorn)一部対応出来ない機種がある場合があります
  • GNリサウンド(GN Resound)一部対応出来ない機種がある場合があります

以上のメーカーがセカンドオピニオンの対象となります。
その他のメーカーに関しては当店で取り扱いがない為に調整する事ができません。予めご了承下さいませ。
補聴器の調整をする事は出来ませんがクリーニングや出来る範囲のメンテナンスは致します。

まとめ

大阪聞こえ補聴器では他店で購入された補聴器の調整をおこなったり、聴力の測定などをおこなっています!
購入したお店が閉店してしまったという方や購入したお店で解決しない事がある方は一度大阪聞こえ補聴器にお越し下さい。まだ購入を悩まれている方もご相談下さい。大阪聞こえ補聴器では補聴器のセカンドオピニオンをやっています。聞こえないことで諦めることや、後悔することを減らすために一度試してみませんか?補聴器を着ける人にもある程度の慣れや理解も必要です。コミュニケーションがとれないことは思っている以上にストレスを感じます。セカンドオピニオンをご希望の方はお電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい!あなたの聞こえをサポートいたします!

【敬老の日】補聴器をプレゼントするなら通信販売 or 補聴器専門店、あなたならどっちで買う?

敬老の日で補聴器のプレゼントなら通信販売と補聴器専門店どちらがいいのか?専門店でお考えなら的確な音質調整が出来てご自宅へ出張や訪問が可能な大阪聞こえ補聴器にお任せを。9月17日(日)18日(敬老の日)も臨時営業してます。通販の補聴器ではなく専門店のキチンとした補聴器を買いませんか?大阪聞こえ補聴器の敬老の日セールは大阪府内全域は出張費を無料です。通信販売で買うのではなくきちんとアフターケアできる補聴器専門店で購入するのが一番安心ですよ。

通信販売の簡易型の補聴器と性能の良い専門店の補聴器の違いをご説明いたします。また大阪聞こえ補聴器の敬老の日セールの内容もご紹介いたします。

敬老の日によくプレゼントされる補聴器って?

敬老の日にプレゼントされる補聴器で一番多いのは圧倒的に通信販売で購入できる既製品の簡易型補聴器です。簡易型補聴器や集音器は色んな種類があります。

例をあげますと

簡易式補聴器と集音器の例
  • パイオニア フェミミ
  • みみ太郎
  • パイオニア イヤーパートナーPHA-C11
  • オムロンのイヤメイトAK-10とAK-15
  • シーメンス・シグニアのデジミミとデジミミ2
  • ミミ―電子のオリーブME-181
  • ニコンのイヤファッションNEF-02
  • FUKU MIMI 福耳
  • Pinhen 快音くん K-80

などなど上げればキリがないですね。最近では大手補聴器メーカーで話題になっている充電式補聴器の機能までも簡易式の補聴器にあるんですよ。

充電式の簡易補聴器と集音器の例
  • イヤーチャージ EC-001
  • ショップジャパン 楽ちんヒアリング 両耳セット
  • 充電式耳穴集音器 耳力チャージ

今はやりの充電式補聴器も既に簡易式でもあるなんて。

しかし通販の補聴器って本当にたくさんありますね。

これらの補聴器がよく売れる理由は圧倒的に値段が安いことなんです。

通販、新聞、TVCMの補聴器の価格の価格

片耳約1万円~5万円

補聴器専門店の補聴器

片耳約5万円~50万円

それに比べて補聴器専門店の補聴器は圧倒的に価格設定が高い!

確かにこの値段の差は大きいですね。このネット通販社会にみなさんが最安値、激安な方に流れるのも無理はないです。

しかし通販やテレビコマーシャルや新聞で紹介されている簡易型補聴器や集音器って実際の性能ってどうなんだろう!?

補聴器は安けりゃいいっていうもんじゃない!!!!!

僕は補聴器専門店に勤める認定補聴器技能者であるので言わせてもらいます。僕が補聴器を買うならば、既製品の補聴器や集音器を買うのではなく、高いお金を出してでも聴力に合わせて、自分の耳に形やサイズをきっちりと合わせて、音質の調整が出来る補聴器を補聴器の専門家に見てもらいたいです。

確かに通販やTVCMの補聴器は安くて買い易いです。この流通社会にアマゾンでも楽天でもいいからパソコンやスマホのボタンを押せば簡単に補聴器が買えちゃいます。

しかしですよ、自分の耳の代わりになるものを入れるんです。補聴器は

「身体の一部なんですよ!!」

「補聴器は医療機器なんですよ!!」

「医療機器であるからゆえに音質の調整の出来る補聴器でないとダメです!!」

「大半の簡易補聴器や集音器は音量調整は出来ても音質の調整はできません!!」

補聴器は医療機器だからこそ、音質の良い、自分の耳に合った補聴器を着けたいと思いませんか。

※ちなみに補聴器は医療機器であるので消費税はかかりません。非課税です。集音器は課税です。

補聴器の失敗例

補聴器は通信販売で取り寄せて快適に聞こえるものでもありません。大半の簡易式補聴器(通販の補聴器)はボリューム操作は出来ても音質調整が出来ません。耳は聴力も形も違うのです。簡単に通信販売やコマーシャルで買うのではなく、補聴器専門店で補聴器を買うことをオススメしております。補聴器専門店の補聴器は聴力に合わせた音質調整と耳の形を合わせてくれますよ。

またよくある補聴器を買った失敗例を簡単にまとめました。

補聴器で失敗するよくある例
  • 1、ご本人に全くやる気がない。(装用意欲がない)
    本人の理解がないと補聴器を無理に買っても結局使いません。
  • 2、耳が遠いということを気付いていない。(難聴の自覚がない)
    自分が難聴であることをわかっていないと話は前へ進みません。
  • 3、昔に補聴器を買って失敗した過去がある。
    補聴器の経験があるが失敗した人は補聴器に対して否定的になります。安い補聴器を通販で買って耳に合わなかった。または「過去に高いお金を出して買ったけど上手く使えなかった。」なんて人は余計に嫌な免疫がついているのでマイナスのイメージしかないでしょう。

敬老の日や誕生日プレゼント、長寿のお祝いに親孝行で補聴器をプレゼントするにしても、ご本人様(プレゼントを受け取る側)の聴こえに対する意識、補聴器に対する理解がないといけないです。もしプレゼントをするならば失礼のないように少し慎重に耳や聞こえに対して悩みを聞いてあげることが良いでしょう。

通信販売の補聴器と専門店の補聴器の違いはコチラ

補聴器をきちんと耳に合わせるには聴力測定!

補聴器はご本人が居ないのに買うなんてもっての外です。補聴器を合わせるにはご本人様の聴力測定をすることが何より大切です。難聴には様々な聴力の種類があります。それによって勧める補聴器も補聴器の調整も変わってきます。

※写真は大阪聞こえ補聴器の聴力測定する部屋です。きちんと測定いたしますよ!

難聴の程度をわかりやすくイラストでご説明してます。聴力は軽度難聴、中度難聴、高度難聴、重度難聴と大きく分けて四段階に分かれます。最近では難聴と認知症についてお医者様の間でもよく話し合われております。耳で受けた音を脳で言葉を理解して考えることがとても大切です。

難聴と認知症の関係性についてはコチラ

補聴器は売りっぱなしではありません!

音質の調整がキチンと出来る補聴器はその後も補聴器の調整することが可能です。当店ではアフターケアをとても大切にしております。聴力は時と共に変化いたします。定期的に聴力測定、クリーニング、フィッティングが大切です。大阪聞こえ補聴器では売った後もしっかりとケア出来る様に万全なスタッフで補聴器のアフターフォローに取り組んでおります。

補聴器に大切な三原則
  1. 補聴器の性能
  2. 調整技術
  3. 信頼関係

補聴器は医療機器です。自分に合った性能の良い補聴器を買いましょう。そして購入されるお店も調整技術の高い補聴器専門店へ行くのが良いでしょう。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器技能者が4名在籍しております。

認定補聴器技能者の詳しい記事ついてはコチラ

そしてお店の方とお客様の信頼関係が大切です。その中で予算に合わせた補聴器を相談されるのが良いでしょう。

来店が困難な場合はどうしたらいいのか?

老人ホームなどの施設に入所していたり、身体的な理由でお店へ来店できない場合はご自宅へ出張するデリバリーサービスを行なっております。大阪聞こえ補聴器ではお店でなくてもお店に近い設備でご自宅へお伺いする出張サービスも始めております。

補聴器の出張サービスに関してはコチラ(只今大阪府全域は出張料無料)

補聴器専門店の価格は様々です!

補聴器専門店で購入する補聴器の値段や価格は様々です。

当店で扱う補聴器は片耳で約5万円~50万円くらいまであります。

性能の良い補聴器になればなるほど高額にはなります。しかし高額であるから、高性能であるから、必ずしも良いとは限りません。その方に合う用途、使い勝手、使いたい場所や状況、悩みに応じて価格は決まります。

補聴器の価格と性能についてはコチラ

敬老の日に補聴器をプレゼントするまとめ

両親に少しでも快適な生活を送ってもらい為に補聴器をプレゼントしたいという考えはよくわかります。しかし本当に家族のためを思って補聴器をプレゼントするならば補聴器専門店へご本人様とご来店することをオススメいたします。また来店が難しければご自宅へお伺いすることも可能です。

簡易式の補聴器や通信販売の補聴器は大半が音量調整しかできません。音質の調整は出来ません。しっかりと補聴器専門店や耳鼻科で聴力測定をしてもらい聴力に応じて調整の出来るあなたに合った補聴器を試すことが大切です。

また補聴器のレンタルも可能です。

ご本人様が居ないのに勝手に安い製品を買ってプレゼントするのではなく、一度補聴器の専門店か耳鼻科へ相談するなど専門家の意見を聞くことが大切です。

特にこの9月というシーズンは敬老の日もあるのでテレビや雑誌や新聞、インターネットでたくさん補聴器の宣伝をしております。値段やコマーシャルに踊らせてついつい簡易式な補聴器を選ぶ方が多いです。

補聴器は耳の代わりになる医療機器であることを忘れないでください。

大阪聞こえ補聴器では補聴器専門店で補聴器を購入することをオススメしとおります。

補聴器の試聴やレンタルもしております。またデリバリーサービスでご自宅や施設へもお伺いいたします。

9月は敬老の日がありますので、補聴器セールも開催しております。

9月17日(日)と9月18日(敬老の日)は臨時営業しております。ご自宅へもお伺いいたします。

敬老の日セールの詳しい案内はコチラをクリックしてください!


東京に姉妹店があります。

東京でお探しの方へ、東京の秋葉原に大阪聞こえ補聴器の姉妹店、秋葉原補聴器があります。そちらでも充電式補聴器を取り扱っています。

東京秋葉原店秋葉原補聴器リスニングラボはこちらから

【最安値!!】大阪聞こえ補聴器は敬老の日のスペシャルセールを開催中

大阪聞こえ補聴器では敬老の日のキャンペーンでセールを開催しております。補聴器が最安値で購入できるお買得なセールです。敬老の日にご家族へ補聴器をお考えの方にもおすすめです。片耳10%OFF、両耳20%OFFで販売いたします。電池も20パックプレゼントいたします。ご自宅への出張も可能です。大阪府下全域は出張費無料でお伺いいたします。

尚、大阪聞こえ補聴器は8月22日よりリニューアルオープンいたしました。ご来店される方にはより快適な空間で補聴器の調整が可能になりました。

大阪聞こえ補聴器の敬老の日キャンペーンはご来店頂いても、ご自宅へ出張してもサービス満点です!!

 9月17日(日)と9月18日(祝・月)は10時~17時まで臨時営業しております。

詳しいセールの内容は下記をお読みください。

リニューアルされた店内

大阪聞こえ補聴器は敬老の日に合わせてリニューアルされました。快適な空間で補聴器の試聴や調整や販売が可能になりました。

  ここが変わった大阪聞こえ補聴器の店内
  1. プライベート空間の確保
  2. 防音室を2部屋完備
  3. 試聴スペースを拡大
  4. 認定補聴器技能者4名在籍
  5. おしゃれな雰囲気で落ち着いて試聴が出来る
  6. 補聴器メーカーの性能の比較をアドバイス
  7. 自宅への補聴器訪問サービスの強化

落ち着いた雰囲気の広々とした店内になっております。

プライベート空間を確保した補聴器の調整室は防音設備の施された補聴器のフィッティングにあう作りになっております。

防音室を2つ完備しまして、お客様が混雑されても待ち時間が少なくプライバシーを保護した密閉された空間で相談をお聞きすることが可能になりました。

敬老の日のスペシャルセールの内容

 さらに電池を片耳の場合は10パックプレゼント 

 両耳の場合は20パックプレゼントいたします。

大阪聞こえ補聴器のセールは全商品の補聴器が片耳10%OFFで両耳20%になります。また最新型の補聴器でも全商品対象となります。

※クロス補聴器だけは片耳扱いになるので10%OFFのみになります。

補聴器の価格はピンからキリまでございます。安いタイプであれば片耳5万円から高い商品であれば50万円するものまでございます。大阪聞こえ補聴器では予算と性能に合わせて幅広く取り揃えております。

専門のスタッフが試聴や性能の違いなども全て丁寧にご説明いたします。

自宅訪問サービスも大阪全域は出張費無料!!

 大阪はどこでも出張費無料!!

大阪聞こえ補聴器は9月末までは自宅へお伺いする訪問サービスを大阪全域は出張費無料にしております。ご自宅にいながら補聴器の相談や販売や調整が全て可能なんです。敬老の日のおじいさまやおあばあさまの補聴器のプレゼントを考えられているならば是非ともご相談ください。

体調が悪くてお店まで来れない方、足腰が不自由な方、お店まで行くのは頑固でなかなか話が進まない方など、様々なケースに対応して自宅まで訪問いたします。

車でお伺いいたしまして、相談、聴力測定、試聴、貸し出し(レンタル)、販売まで全て可能になっております。

出張サービスは大阪聞こえ補聴器が力を入れているサービスです。ご利用の場合は必ず事前にご予約を入れてください。

新規でご相談される方のみの対象となります。

自宅訪問サービスの詳しくはコチラ

先着50名様で来場者には粗品プレゼント!!

期間中にご来場いただきましたお客様には敬老の日とリニューアルオープンの記念に補聴器用の乾燥ケース(シリカゲル付)もしくは補聴器の携帯ケースをプレゼントいたします。長年使用した乾燥ケースや携帯用ケースが傷ついたり、汚れたりしていませんか?ご来店いただきましたらプレゼントいたしますよ。

夏の汗は補聴器の天敵です。故障する前にしっかりと乾燥ケースに収納して補聴器を湿気や汗から守りましょう!また補聴器の乾燥ケースは中身のシリカゲル(乾燥剤)の効き目がなくなっていることが多いです。色が変わっていないかチェックして、もし乾燥剤が古いならこの機会に乾燥ケースをゲットしましょう。

補聴器を買うならば信頼できるお店で買いましょう!

補聴器を購入するならば、専門店で買いましょう。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器技能者が4名在籍しております。

安心して試せるお店に行くのが一番です。

  1.  補聴器の性能 
  2.  調整技術 
  3.  信頼関係 

上記の三拍子そろった補聴器専門店でご相談ください。大阪聞こえ補聴器では常にお客様に合う補聴器をご提案するように心がけております。合わなければ耳かけ型なら30日、耳あな型なら90日の返品・機種交換もしております。安心してお試しできる補聴器専門店です。

大阪聞こえ補聴器の敬老の日セールのまとめ

  1. 大阪聞こえ補聴器の敬老の日セールは9月30日(土)まで開催しております。
  2. 9月17日(日)と9月18日(祝・月)は通常は定休日ですが、敬老の日ですので臨時営業いたします。臨時営業は10時~17時までの営業です。
  3. スペシャルセールで片耳は10%OFFで両耳20%OFFの割引をいたします。
  4. 販売になりましたら電池を片耳10パック、両耳で20パックプレゼントいたします。
  5. 来店された方には粗品として乾燥ケース(シリカゲル付)もしくは携帯ケースをプレゼントいたします。
  6. 認定補聴器技能者の在籍している補聴器専門店です。
  7. 万が一補聴器が合わなくても耳かけ型なら30日、耳あな型なら90日の返品・機種交換も応じます。

以上、大阪聞こえ補聴器の敬老の日のスペシャルセールの内容でした。 皆さまのご来店心よりお待ちしております。

敬老の日におじいちゃんやおばあちゃんに補聴器をプレゼントとしてお考えの方にはこちらの記事を参考にしてください。

敬老の日の補聴器のプレゼントはこちら


大阪聞こえ補聴器の姉妹店、東京のお店は下記へアクセス下さい。

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラです。

大阪市で補聴器の自宅訪問を希望されるならお任せ下さい!【10月末まで出張費無料!!】

大阪市内にて補聴器の自宅や入院先などへ訪問を希望されるなら大阪聞こえ補聴器にお任せあれ!大阪聞こえ補聴器では自宅への訪問出張サービスを強化しております。高齢者で足腰が不自由な方、歩行が困難な方、寝たきりの方、大阪市内でも大阪府下全域でもご自宅へ補聴器の販売や調整などご相談お受けいたします。大阪であれば大阪府全域お伺いいたします!

そんな大阪聞こえ補聴器の自宅へお伺いする出張サービスについてご紹介いたします。

平日の午前10時から午前12時までにご連絡頂けたらその日のうちにご自宅へお伺いいたします。(一日に回る件数に限りがございます。予約が埋まれば別の日で調整いたします。)

補聴器店へ行けなくて、こんなことで困ってませんか?

  1. 足が不自由(歩行が困難)で補聴器店まで行けない。
  2. 家族にいつも車で補聴器店へ連れて行ってもらっているが気をつかう。家族の都合でしか来店できない。
  3. 補聴器店の環境ではなく、自宅の環境で補聴器を聞きたい。(リラックスできる。)
  4. 訪問介護と同じようにご自宅へ伺います。

上記の要望にお応えして出来たサービスがお客様のご自宅へ訪問する出張サービスです。

出張サービスのシステムについて

  1. 電話、FAX、メールでご予約のご連絡をください。電話06-6245-033 FAX06-6245-8705 メールinfo@seiseido.co.jp にお問い合わせください。(一日に回る件数に限りがございます。予約が埋まれば別の日で調整いたします。) 完全予約制です。
  2. 平日の午前10時~午前12時の間にお問合せ頂けたらその日のうちにご自宅や指定した場所へお伺いいたします。(一日に回る件数に限りがございます。予約が埋まれば別の日で調整いたします。)
  3. ご自宅へ訪問する出張サービスは大阪市はもちろんのこと、大阪府下全域どこへでもお伺いいたします。大阪府以外の京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県の一部の地域であればお伺いいたします。訪問できるエリアについてはこちらをご参考下さい。出張エリア
  4. 自宅でなくても、入院先の病院や職場など指定された場所へもお伺います。
  5. 訪問出張サービスに年齢制限はありません。お子様からご高齢者まで全ての方に対象です。
  6. 基本的に料金は大阪市内であれば出張費は無料です。技術料として聴力測定は1,000円かかります。補聴器の調整が必要であれば調整料に1,000円かかります。(今回は敬老の日キャンペーンで大阪府下全域は出張費無料にいたします。10月31日まで)
  7. 新規の方の補聴器の相談は聴力測定から試聴から取り扱いのご説明まで合わせますと所要時間は60分~90分はかかります。
  8. ご高齢の方は補聴器を購入するのにはどなたか家族や信頼できるお友達など付き添いただくようお願いします。

出張エリアについて

出張エリアは基本的に大阪市内は全域無料でお伺いいたします。大阪市以外は別途出張費がかかります。今回は大阪府下全域は出張費を無料にいたします。下記の条件をよくお読みください。但し出張費も出来る限り安く設定させて頂いております。

大阪聞こえ補聴器は敬老の日セールで大阪市以外の大阪府の全エリアは出張費は無料にいたします!!

出張費の無料サービスに関しましては「敬老の日の出張無料サービスをお願いします。」

と必ず電話やFAX、メールで言って頂けた方に限らせて頂きます。

基本的には下記の出張費がかかるのでお気を付け下さい。通常の出張費の基本料金は下記のとおりです。

ゾーン1:無料出張エリア(大阪市)
大阪市:中央区、西区、北区、浪速区、淀川区、天王寺区、福島区、住之江区、阿倍野区、東淀川区、住吉区、都島区、平野区、港区、城東区、此花区、生野区、東住吉区、西成区、東成区、西淀川区、鶴見区、大正区、旭区
ゾーン2:交通費1,000円
大阪府:池田市、茨木市、柏原市、門真市、堺市、四條畷市、吹田市、摂津市、大東市、高石市、豊中市、寝屋川市、羽曳野市、東大阪市、藤井寺市、松原市、箕面市、守口市、八尾市、
兵庫県:尼崎市、伊丹市
ゾーン3:交通費2,000円
大阪府:泉大津市、和泉市、交野市、河内長野市、岸和田市、狭山市、高槻市、富田林市、枚方市、河南町(南河内郡)、島本町(三島郡)、太子町(南河内郡)、忠岡町(泉北郡)、豊能町、千早赤阪村
兵庫県:芦屋市、川西市、宝塚市、西宮市
奈良県:生駒市
ゾーン4:交通費3,000円
大阪府:泉佐野市、貝塚市、熊取町(泉南郡)、田尻町(泉南郡)、能勢町(能勢郡)
兵庫県:神戸市全域、猪名川町(川辺郡)
ゾーン5:交通費実費
大阪府:泉南市、阪南市、岬町(泉南郡)
兵庫県:明石市、亀岡市
京都府:京都市内、宇治市、木津川市、京田辺市、城陽市、長岡京市、向日市、八幡市、大山崎町、久御山町(久世郡)、精華町
奈良県:奈良市全域、香芝市、大和郡山市、班鳩町、王寺町、三郷町、平群町

*交通費が実費なエリアは原則としてガソリン代(走行距離の比例計算)と高速代金を頂戴します。

*本マップの圏外への訪問出張サービスをご希望の方は、お問い合わせください。可能な限り対応させていただきます。

大阪聞こえ補聴器訪問出張サービスエリアマップはコチラをご覧ください。

ご自宅で補聴器専門店と同じ設備で対応します!

大阪聞こえ補聴器の訪問システムはご自宅で補聴器専門店と同じサービスを受けることが可能です。

自宅にて聴力測定が出来るんです!!

自宅でも聴力測定は可能です。防音室がないと聴力測定って出来ないと思いの方もいると思いますが大丈夫です。静かな環境さえ整えてくれたらご自宅でも聴力は測定できるんですよ。シーメンス社製のオージオメーターを持って聴力測定をいたします。

自宅で調整や販売が出来るんです!!

補聴器の調整はコンピューターで合わせるデジタル補聴器というものになっています。ですのでノートパソコンが一台あれば補聴器の調整も納品もご自宅で簡単に出来るんです。

大がかりな設備はなくても全て車に道具を積んで出張いたします!

アフターケアもお任せ下さい!!

認定補聴器技能者大阪聞こえ補聴器は認定補聴器技能者が4名在籍しておりますのでご安心ください。

売ったら売りっぱなしではありません、販売した補聴器に対してはアフターケアも万全です。むしろ高齢者にやさしいお店作りを目指しております。ですのでアフターケアを大切にしております。お客様のことを考えて大阪聞こえ補聴器は訪問販売に力を入れております。

補聴器を買った時はまだ元気に来店できても、そのうち歳を取って来店できなくなるケースが非常に多いです。そんな時にきちんとアフターフォローできる補聴器専門店、そんな高齢者にやさしいお店にしたいのです。

訪問介護と同じような感覚でご自宅へお伺いしまして補聴器のアフターケアをいたします。

補聴器はアフターケアがとても大切です。いつもまでも大切に使って頂きたいので迅速丁寧な対応でご自宅へお伺いいたします。

大阪聞こえ補聴器の自宅訪問サービスのまとめ

大阪聞こえ補聴器の出張サービスは自宅以外でも指定された場所であればお伺いいたします。

大阪聞こえ補聴器は敬老の日セールで大阪市以外の大阪府の全エリアは出張費は無料にいたします!!

出張費の無料サービスに関しましては「敬老の日の出張無料サービスをお願いします。」

と必ず電話やFAX、メールで言って頂けた方に限らせて頂きます。

通常では出張費がかかるのでお気を付け下さい。

また大阪市はいつでも無料でお伺いいたします。出張費はいりません。

但し初回は聴力測定は1,000円かかります。調整が必要であれば技術料が1,000円かかります。

大阪府以外のエリアのについては一部出張費がかかります。

訪問出張サービスエリアマップはと料金はコチラをご覧ください。

大阪聞こえ補聴器は自宅へ訪問して補聴器の販売、調整、点検、聴力測定が店舗と同じ設備で出来ます。

アフターケアを大切にしております。販売した補聴器に対して売りっぱなしなんてことはありませんのでご安心ください。

認定補聴器技能者も4名在籍しております。懇切丁寧にご相談お聞きいたします!

敬老の日の補聴器セールを開催中!!

大阪聞こえ補聴器では9月30日(土)まで敬老の日セールを開催しております。

敬老の日におじいさま、おばあさまに補聴器のプレゼントをお考えであればご相談ください。

セール期間中は特別価格で補聴器を販売いたします。もちろんご自宅へも訪問させて頂きます。

セールの詳しい内容はコチラをご覧ください。


東京にも大阪聞こえ補聴器と同じ姉妹店の秋葉原補聴器リスニングラボがあります。東京近辺でクロス補聴器の相談をされたい方はコチラをクリックしてください。

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラ

敬老の日のプレゼントを大阪聞こえ補聴器がご提案いたします!

敬老の日におじいちゃんおばあちゃんへプレゼントとして補聴器をお考えなら、大阪聞こえ補聴器にお任せください。敬老の日のプレゼントってなにをあげたら喜ばれるのか?なかなか難しですよね。簡単に通信販売やネットや新聞広告の安いだけの補聴器を買うのではなく、一人ひとりの耳に合った補聴器をプレゼントすることが大切です。今回は補聴器専門店が推奨する敬老の日に満足のいく補聴器をお教えいたします。

補聴器をプレゼントする時によくある失敗談

敬老の日や誕生日におじいちゃんやおばあちゃんに補聴器を買ってあげたけど結局使わないでタンスの肥やしになるパターンって良くある話です。なぜ買ったのに補聴器を使わないのだろうか!?

よくある失敗談の例をあげてみました。
  1. 本人のやる気がない。装用意欲が無ない。
  2. 難聴の自覚がない。
  3. 難聴であることを認めていない。とても頑固である。
  4. 買ったけど耳に合わない。
  5. 買ったけど聞こえない。
  6. 買ったけどピーピーと音漏れがする。(ハウリング)

といったところでしょうか。やはり本人にまずやる気があるかどうか。そして耳に合った音質の調整が可能な補聴器をプレゼントしたかどうかが大切です。耳の形や音質に問題がなかったか、プレゼントする時に値段だけが専攻して安価なまがい物の補聴器を買ってしまったなどが原因が多いです。失敗しない補聴器を選ぶには第一原則として聴力測定をすることがまず大切です。

聴力測定とは?

聴力測定をしてあげることが大切です。聴力測定は補聴器専門へ行きましょう。もしくは耳鼻科で聴力検査をしてもらいましょう。聴力測定をすると難聴度がわかるのでご自身に合う補聴器の基本的なモデル(クラス)がわかります。

また先ほどあげた失敗例の原因は1、2、3は性格的な問題です。そんな方にはまず難聴であることを自覚してもらうことが大切です。テレビのボリュームが大きいとか、聞き返しが多いとか、呼んでも返事がないとか、そういった難聴に対して自覚を持ってもらいましょう。男性の方に特に多いのですが、難聴を認めない方ほど頑固で、

「わしは補聴器なんてなくても聞こえるっ!」

と断固拒否する方が多いです。聴力測定を受けてもらい難聴であることを自覚してもらうことが大切です。

とりあえず聴力測定をしましょう。

聴力測定さへすれば、その方がどれくらい聞こえていて、どれくらい難聴であるのかが数値ではっきりとわかります。

音には周波数という音の種類がありまして、高い音が聞こえていないのか、低い音が聞こえていないのか、その人によって難聴の波形や聞こえ方は違います。上のオージオグラム(聴力データ)は右耳のグラフです。縦軸は音の大きさをdB(デシベル)で表し、横軸は周波数で音の種類です。周波数はHz(ヘルツ)で表します。

聴力測定をすればお客様の聞こえる難聴の程度がわかります。聴力測定は10分~15分程度で終わります。大阪聞こえ補聴器では聴力測定を受けるのが嫌な頑固な方へ、ご自宅へお伺いして聴力測定をする出張サービスも行なっております。ご自宅で専門店と同じ設備で聴力を調べることが出来ます。

お店に行きたくない頑固なお客様もお伺いすれば聴力測定はしてくれると思います。あとは家族の説得が大切です。(笑)

大阪聞こえ補聴器の自宅訪問は聴力測定から補聴器の販売、試聴、調整が可能です。

大阪聞こえ補聴器の訪問出張サービスはコチラ

通信販売やネットでの簡易式な補聴器を買わないこと!

よくある失敗談で4、5、6にある

  • 買ったけど耳に合わない。
  • 買ったけど聞こえない。
  • 買ったけどピーピーと音漏れがする。(ハウリング)

これは補聴器専門店で買っていない可能性が高いです。おそらく集音器、助聴器、簡易式補聴器などの通信販売やネットやテレビ直販で買われた方が多いかと考えられます。

補聴器専門店で購入した補聴器であれば耳に合わない、ピーピーと音漏れするなんていうリスクは少ない補聴器を選んでくれる筈です。専門店で買ったけど合わない場合は認定補聴器技能者の資格のある補聴器店へ行かれてはどうでしょうか。

認定補聴器技能者の資格の持っているお店が良いでしょう


お客様の顔や耳の状態、耳の形、聴力データも見ないで補聴器を通販で買うなんてもっての外です。補聴器は医療機器です。

一人ひとりの耳の形や音質やデザインに合った補聴器を買わないと耳から落ちたり、ピーピーと音漏れがしたり、満足に聞こえないことが多いです。

補聴器専門店で聴力を測定したら、あとは補聴器を試聴しましょう。補聴器専門店でしたらしっかりとした知識で補聴器を勧めてくれます。またその人に合ったメーカーや音質、耳の形も合わせてくれます。最近の補聴器はデジタル補聴器といいまして聴力測定したデータを基にその方に合った音質を作ることが出来ます。また好みの音質に合わせて出来る限りお客様の耳に合わせた快適な音作りをいたします。

認定補聴器技能者の免許を持っているお店へ行かれるとまず間違いありません。

補聴器は値段がピンからキリまであります

よく通信販売やテレビコマーシャルで補聴器を買う方が多いです。買って満足いかないで使わないなんて話はよく聞きます。けれどもどうして通信販売の補聴器がそんなによく売れるのでしょうか?

それは価格が圧倒的に安いからなんです。いわゆる通販の集音器、助聴器、簡易式補聴器は価格が片耳で1万円~5万円くらいなんです。それに比べて補聴器専門店の補聴器は安くて片耳で4万円で一番高いクラスだと50万円までするものまであります。

ここの値段の差に負けてしまうのですね。確かに補聴器専門店の補聴器はピンからキリまであります。

しかし安くて耳に合わないものを買うよりも、多少はお金を払っても良いものを買ってあげるのが良いと思います。

特に敬老の日や誕生日などは感謝の意も込めてプレゼントするものです。多少のコストはかかるかも知れませんが、満足の行くものをプレゼントする方が良いと思います。

昔デジタル補聴器が発売された時は一台30万円の補聴器が主流だった時もあります。最近はそんなデジタル補聴器も安いタイプで10万円代からあります。以前に比べるとかなり安くて買えるようになっております。

値段も性能も満足のいく補聴器を届けたい!

最終的には値段も性能も満足のいく補聴器をお届けすることがお客様に喜ばれる補聴器だと思います。そしてそれが補聴器専門店の使命であると考えております。

大阪聞こえ補聴器では予算と性能に合わせた補聴器を取り揃えております。敬老の日は間もなくです。最近家族の間で敬老の日だから補聴器を考えているなどの話題がありましたらご遠慮なくご相談ください。

大阪聞こえ補聴器では親身になってお悩みをお聞きします。

  1. 難聴の相談
  2. きっちりと聴力測定
  3. ご自宅への訪問、出張
  4. 価格帯のご説明
  5. 性能の比較と試聴
  6. 30日~90日のクーリングオフ

失敗しない満足のいく補聴器をご提案いたします。敬老の日はもうすぐです。新聞広告やテレビコマーシャルやインターネットなどたくさんのメディアで広告されるでしょう。しかしその前に一度でいいから補聴器専門店へご相談ください。大阪聞こえ補聴器は9月17日(日)~9月18日(祝日)は臨時営業しております。たくさんの試聴器を揃えてご来店とお問い合わせもお待ちしております。

また敬老の日のスペシャルセールも予定しております。

補聴器全商品が片耳10%OFFと両耳20%OFFです。

電池を2年間分サービスでプレゼントいたします。

敬老の日のスペシャルセールはコチラ


東京の秋葉原にも姉妹店が出来ました。大阪聞こえ補聴器と同じように敬老の日セールを開催しております。

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラです。