補聴器のセカンドオピニオン!他店で買った補聴器の相談、再調整致します!

補聴器版セカンドオピニオンをおこなっています!他店で購入した補聴器のご相談や再調整と聴力測定もしております!買替で他店と迷われている方でもOKです。補聴器の相談や悩みを受付けます。購入したが店舗が無くなってしまった、引っ越しをして行けなくなったなどでお困りの方のサービスです。今回は補聴器のセカンドオピニオンを紹介します。再調整、修理と点検、聴力測定、新機種の聞き比べもしっかり対応させていただきます。再調整や修理に関しては当店で取り扱うメーカーのみになりますのでご了承下さい。

セカンドオピニオンってなに?

セカンドオピニオンとは「第二の意見」という意味です。
例えば今かかりつけの病院があり医師に診てもらっているが、違う病院の医師にも治療法や診断、診断結果やその後の治療方針や治療方法についての意見を聞くことを言います。主治医以外の意見を聞いて現在の治療が適切か、他に良い治療方法がないかなど、患者がより納得のいく治療を受けることが可能になります。特に医療の世界というのは日に日に進んでいます。その全てを一人の医師が把握しているとは限らないですよね。
医師や病院によっては提供できる医療内容に限界がある場合もあります。補聴器のセカンドオピニオンも同様で、今通っている補聴器専門店とは違う調整方法や測定法を別の補聴器専門店に提案してもらうという事です。意見を聞く事で今解決されない問題が解決するかもしれません。

補聴器のセカンドオピニオンはどんな相談も受けます!

補聴器のセカンドオピニオンは下記の方におすすめです
  • 他店の意見とは違う角度での調整方法を知りたい。
  • 現在のお客様に合う補聴器の機種選定を比較したい。
  • 言葉の聞き取り、聴力測定の比較。
  • 新しく補聴器を買うのに別のアドバイスを求めたい。
  • 買ったものの取り扱いがわからない。忘れたなど。
  • 他店で取扱っていない補聴器メーカーの試聴。
  • 他店で買った補聴器の調整。

他店で購入した補聴器の相談もお受けいたします!

大阪聞こえ補聴器では補聴器のセカンドオピニオンサービスを開始してから他店で合わなくなった補聴器のアフターフォローを積極的にしております。別のお店で買われた補聴器が合わなくてタンスの肥やしになっている方はとても多いです。高いお金を出して買ったのに使わないなんて本当にもったいないですよね。また買われたお店でスタッフとの接客態度や意見が合わなかったり、音作りが合わなかったりすることもあります。そんな方々へ大阪聞こえ補聴器では他店で買われた補聴器もきちんとアフターケアしております。

補聴器を購入後こんなことで困っていませんか?
  • 補聴器の効果がうまくいっているのかわからない。
  • 購入してから長い間放置してアフターケアを受けていない。
  • 補聴器がうまく操作できない、操作方法がわからない。
  • 購入した店舗が閉店した、または移転や倒産したなど。
  • 店舗から離れた地域に引越したので補聴器を見てもらえなくなった。

この様な事でお困りの方がいらっしゃるかと思います。特に閉店してしまった、引越したという方は本当にお困りだと思います。
大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンサービスはこの様な方の為におこなっています。
店舗で取り扱いのある補聴器メーカーでしたら点検、修理、再調整をいたします!
まずはご相談をいただいてからサービスの内容に納得いただけたらお気軽にご利用下さい。

購入後に補聴器を調整していないという方が沢山いらっしゃいます

補聴器を購入してそのまま長年使われている方もいらっしゃいます。
購入したお店が無くなってどうしたらいいかがわからずにそのままという方もいますし、ただ出向くのが面倒でそのままになっているという方もいます。少し聞こえにくい気がする、大きく感じるという方でも補聴器はこの様な物なのかな?と使っている人もいるかと思います。
補聴器は買ってお終いという物ではありません!最初の調整も耳に合わせておこないますが、購入してからの調整ってとても大事なんです!
購入したばかりだとまだ補聴器の性能がどんな感じなのかわからない部分があります。
自分のできる限りでいいので補聴器を着けてみて、慣れてきたら一日中着けるようにしていただくのがよいです。
最初は小さい音量から慣れてもらって音に慣れてきたら音量や音質の調整をしていきます。
音量の大きさ、音質の問題も慣れてきて希望があれば身の回りの環境音も不快でない程度に上げていきます。

補聴器のセカンドオピニオンは認定補聴器技能者がおこないます

当店では認定補聴器技能者が4名在籍しております。知識と経験であなたの補聴器のアドバイスをいたします。

認定補聴器技能者についてはこちら

補聴器のセカンドオピニオン!その具体的な内容について

補聴器の相談をお聞きします

まずはお話しを聞かせていただきます。
大事なのは今までの補聴器購入の経緯や装用経験などをお伺い致します。
話しを聞く事でお使いの補聴器の何が合わないのか、補聴器の種類が適応しているのかがわかってきます。
補聴器に対して希望する中でも出来る事と出来ない事があるのでそれを初めに明確化するのが大事です。

他店で購入された補聴器のデータ、病院やお店で測定されたデータなどお持ち頂けたら参考にさせて頂きます。

聴力測定、語音の測定をします

話しを伺ったらまず最初におこなうのが聴力の測定です。
聴力測定にも種類があります。純音気導聴力(鼓膜の聞こえ方)と骨導聴力(神経の聞こえ方)、そして言葉の聞きとりをどの程度できるのかを測定する語音明瞭度測定、この3つを測定します。測定をした結果で今お使いの補聴器が聴力に対して適正かどうか、調整自体が聴力に対して効果的な状態での調整なのかを確認する事ができます。

補聴器の再調整をします

補聴器の調整希望の方は測定した聴力を基に補聴器の再調整をします。
どの様な場面で不便を感じるかなどもお聞きしておこなっていきます。販売店側が見てお使いの補聴器が適正ではない場合には他機種の貸し出しなどもおこないます。そのような場合にはしっかりとアドバイスさせていただきます。

最後に補聴器の装用効果を測定

補聴器の無い状態と補聴器を着けている状態で測定します。
これはしっかり補聴器の効果が出ているのかを確認する為におこないます。
結果を見れば調整後の補聴器効果がわかります。
店外での確認も可能です。一緒に外に出て外の環境で補聴器の効果を確認していただけます。

以上が初回来店時の内容となります。次回来店時も調整や補聴効果測定をおこなっていきます。
大阪聞こえ補聴器では出張訪問サービスをしていますのでこちらから自宅や病院にもお伺いする事も出来ます。

出張訪問サービスについてはこちら

料金について

大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンの料金について紹介します。

調整料金初回来店 3,000円(税別) 

セカンドオピニオンの料金は初回来店は3000円(税別)です。

カルテ作成と相談、聴力測定、点検、再調整の料金が全て含まれています。その他修理などがある場合は別途修理代金等が必要となります。

 二回目からの相談料2,000円(税別)

二回目からは相談、聴力測定、点検、再調整の料金が全て含まれています。

サービスを受けた日から2日以内であれば追加料金なしで同じサービスを受けられます。

出張訪問の際は別途出張費が必要となります。

セカンドオピニオンに対応している補聴器メーカー

大阪聞こえ補聴器で取り扱いのあるメーカーに限り対応させていただきます。

  • フォナック(Phonak)
  • シーメンス・シグニア(Siemens)
  • ベルトーン(Beltone)
  • ユニトロン(Unitorn)一部対応出来ない機種がある場合があります
  • GNリサウンド(GN Resound)一部対応出来ない機種がある場合があります

以上のメーカーがセカンドオピニオンの対象となります。
その他のメーカーに関しては当店で取り扱いがない為に調整する事ができません。予めご了承下さいませ。
補聴器の調整をする事は出来ませんがクリーニングや出来る範囲のメンテナンスは致します。

まとめ

大阪聞こえ補聴器では他店で購入された補聴器の調整をおこなったり、聴力の測定などをおこなっています!
購入したお店が閉店してしまったという方や購入したお店で解決しない事がある方は一度大阪聞こえ補聴器にお越し下さい。まだ購入を悩まれている方もご相談下さい。大阪聞こえ補聴器では補聴器のセカンドオピニオンをやっています。聞こえないことで諦めることや、後悔することを減らすために一度試してみませんか?補聴器を着ける人にもある程度の慣れや理解も必要です。コミュニケーションがとれないことは思っている以上にストレスを感じます。セカンドオピニオンをご希望の方はお電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい!あなたの聞こえをサポートいたします!

敬老の日に補聴器のプレゼントはいかがでしょうか?選び方について紹介します!

敬老の日が近づいていますね、日頃の感謝を込めて補聴器をプレゼントするのはどうでしょうか?選び方を紹介します。
敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんへ補聴器をプレゼントしようとお考えの方へ、喜ばれる補聴器選びについて紹介します。初めに言うと通信販売で購入するのはあまりおすすめできません。
通信販売にあるのは補聴器というより集音器になります。おすすめできない大きな理由としては聴力に合わせた調整などができない事です。ではどの様に補聴器を選ぶのが良いのか紹介します!

補聴器はどこで購入するのがよいのか?

補聴器ですがどこで購入するのがいいのかですが、まず補聴器は通販で買うのはおすすめできません!
今の時代インターネットの普及で簡単に品物を購入できる時代になりました。
プレゼントをインターネットで調べてそのまま購入するというのは経験がある方も多いのではないでしょうか?
通信販売で売っている補聴器は価格帯も安い物が多く手軽に購入する事ができます。
しかし、その安さだけで補聴器を選んでしまうとせっかくのプレゼントも意味の無い物になる可能性があります!

何故通信販売などで購入するのがおすすめできないか?

通信販売や新聞広告に出ている既成品の補聴器、集音器はまず聴力に合わせた調整が出来ない物がほとんどです。
そして既製品の為、耳の形にしっかり合わない事もあります。耳あなにちゃんと入らない、入れると痛い、などでは意味がないですよね。
あまりにもサイズが違うとピーピーと音漏れの原因にもなります。
補聴器は管理医療機器です。補聴器を選ばれる時はご本人がその場に居合わせて対面で購入するのが望ましいです。すなわち補聴器専門店できちんと聴力を見てもらい、耳に形も見てもらって選ばれるのが良いです。

買ったけど使わないのは、家族もショックですし、本人も家族へ対して申し訳ない気持ちでいっぱいになるでしょう。

しかしご自身の耳に合わない補聴器を無理して気をつかって使うのもおじいちゃん、おばあちゃんに可哀そうです。
また補聴器専門店も押し売りする様な所ではなくしっかりと相談ができるお店が良いですね。

補聴器専門店で購入するのがよい理由とは

内緒でプレゼントを贈りたいという方も中にはいらっしゃるかと思いますが、説明した様に補聴器はご本人が居合わせて購入するのがいいです。

サプライズで補聴器をプレゼントしても返って迷惑がられることもあります。家族の方が難聴であるなら、そのことをキチンとご本人様に理解してもらい、「補聴器を試してみよう!」と言って承諾を得てからお店へ来店することが良いでしょう。足が不自由であるとか体調の理由などでお伺い出来ない場合はご自宅へお伺いいたしますよ。
ですので聞こえが悪いからと簡単に通販などで購入するのはおすすめできません。
何故本人がいないと購入してはダメなのか?
それはまず聞こえの程度がわからないという所です。
耳が遠いから補聴器だったら何でもいいか。という訳にはいかないんです。
補聴器は聞こえの程度がわからないと合う補聴器を選ぶ事ができません。
ですので聴力がわからないのに通販で買うと聴力に合っていないいない為に全然聞こえないという事になります。
それではせっかくのプレゼントも意味がないですよね?


補聴器専門店では購入前に補聴器の試聴、貸し出しもしているのでご本人の聞こえ方も確認して購入する事ができます。
大阪聞こえ補聴器でも補聴器の試聴、レンタルをしていますのでお気軽にご相談下さい!

補聴器を購入に行くのが難しい方はどうすればよいか?

補聴器をお店に購入に行くのが難しい方はまずは補聴器専門店で相談されるのがよいです。
耳鼻科での聴力データなどがあればある程度どの様な補聴器がよいかもわかります。
自己判断で通信販売で買うのは避けて補聴器専門店の方とよく相談して下さい。

大阪聞こえ補聴器ではご来店の難しいお客様の為に出張訪問サービスをしています!

大阪市内は勿論、大阪府、京都、奈良、兵庫の一部の地域まで出張訪問をしています!
出張訪問のご要望はお電話、メールで受け付けています!
詳しくは画像をクリック

生活環境や予算で選ぶのが大事です

補聴器選び方で大事なのは補聴器の形状なども勿論ですが性能の選び方と予算  です。
補聴器の価格帯は片耳5万円から50万円と幅広くあります。
何故価格がこんなに違うのかというとそれは性能にあります。
環境に合わせた調整が多く出来る物につれて補聴器の価格もあがります。
価格が高くなればなるほど補聴器の性能が良くなるのですが重要なのは補聴器を使われる方の生活環境です。
あまり外出されない方とよく外出される方ではやはり補聴器の性能の選び方も変わってきます。
ですので騒がしい所で静かに会話を聞きたいという事であればそれに対応した補聴器ではないと上手く聞こえないという事になったりします。
ですので使う環境に合わせるという事はとても大事です。予算の問題もあるので性能で選ぶ際はよく補聴器専門店で相談するのがよいです。

クーリングオフについて

専門店スタッフの方とよく相談、試聴して決めた結果補聴器を買ったが合わない、返品したい。
その様な時のために大阪聞こえ補聴器では耳かけ形なら30日、耳あな型オーダーメイドなら90日までの返品、機種交換、再作などもしております。
ただし一部かかった備品(電池や耳栓)などは差し引く場合もございますが大半の本体価格に関しては全額返金いたします。

紛失や破損はクーリングオフは出来ません。故障などは実費いただくこともありますのでご注意ください。

補聴器は購入して終わりではないという事

補聴器をプレゼントして終わり、となる方もいるかも知れませんが補聴器は購入後のアフターケアが大事です。
耳は年齢と共に聞こえなくなります。その都度、聴力測定をして調整したり音の出る音孔部分に耳垢が詰まることがあるのでクリーニングなども必要になってきます。
定期的に調整したり補聴器のクリーニング、点検などがとても大事です。
大阪聞こえ補聴器でも一人ひとりのお客様の補聴器をしっかりとアフターケアしております!

まとめ

敬老の日にプレゼントで補聴器をお考えの方に選び方を紹介しました。

良く聞こえる補聴器でおじいさま、おばあさまの聞こえがよくなる補聴器をプレゼントしないと意味がありません。
通信販売で補聴器を購入するのはあまりおすすめできません。
一番安心して購入できるのは認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店ですね。

認定補聴器技能者

大阪聞こえ補聴器(関西きこえ補聴器)では認定補聴器技能者が4名在籍しております。
価格や性能など補聴器を選ぶ際は専門店のスタッフとよく相談をすることが大事です。
大阪聞こえ補聴器ではご来店が難しい方に自宅へ出張訪問しております!
自宅で補聴器の調整やクリーニングいたします。アフターケアもお任せ下さい!

大阪聞こえ補聴器では敬老の日&店舗改装キャンペーンに備えて補聴器のセールも開催いたします!敬老の日のプレゼントで補聴器をお考えの方へ、一度大阪聞こえ補聴器で補聴器相談をいたしませんか?

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラです。

クロス補聴器の耳あな型と耳かけ形の違いって何?

クロス補聴器には耳あな型、耳かけ形があります。この違いとは何なのか?
まず結論として耳あな型と耳かけ形は補聴器の性能としては同じになります。
しかし、それぞれに特徴があります。人によって耳あな型がいい方、耳かけ形がいいという方が変わってきます。
耳あな型と耳かけ形ではどの様な違いがあるのかを紹介していきます。

クロス補聴器とは?

まずクロス補聴器について。クロス補聴器は片耳難聴の方に効果的な補聴器(送信機)です。
片耳が健聴、もしくは軽度難聴で片耳が難聴の方に対して効果があります。
難聴のある耳にクロス補聴器を装用して健聴の耳に補聴器を使用します。
仕組みはクロス補聴器に入った音声を補聴器に届けるので難聴のある耳の方向からの音声も健聴側の補聴器から聞く事ができます。

クロス補聴器のメーカーについて

今クロス補聴器はワイデックス、シーメンス・シグニア、フォナックの3社の補聴器メーカーで取り扱いがあります。
大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。

フォナック以外のメーカーのクロス補聴器の価格帯などについて
今回はフォナックのクロス補聴器について紹介します!

フォナックのクロス補聴器は3シリーズの中からお選びいただけます

フォナッククロス クエスト、スパイスシリーズ用

クエスト、スパイスシリーズ対応のクロス補聴器です。
クロス補聴器の中では一番低価格になります。

フォナッククロス

耳かけ型の送信機です。使用電池はPR41(312)です。20色のカラーからお選びいただけます。

85,000円(税抜)

  • 電池寿命 25~35時間

       使用電池 PR41(312)


フォナッククロスH2O

耳かけ型の送信機です。使用電池はPR48(13)です。上記のフォナッククロスと同様の20色のカラーからお選びいただけます。 防水・防塵の国際保護等級IP67を取得。汗やホコリによる故障の心配が軽減できます。

85,000円(税抜)

  • 電池寿命 42~52時間

       使用電池 PR48(13)


フォナッククロス-312、13

耳あな型の送信機です。形状はカナルタイプとフルシェルタイプで、使用電池はPR41(312)とRP48(13)があります。

115,000円 (税抜)

  • 312 電池寿命 25~35時間

   使用電池 PR41(312)

  • 13 電池寿命  48~58時間

   使用電池 PR48(13)

フォナッククロス(クロスⅡ)ベンチャーリーズ用

ベンチャーシリーズ対応のクロス補聴器です。

クロスⅡ-312、13

耳かけ型の送信機です。11色のカラーからお選びいただけます。防水が312がIP57、13がIP67になります。

90,000円(税抜) 

  • 312 電池寿命 46~58時間

        使用電池 PR41(312)

  • 13 電池寿命 77~96時間

        使用電池 PR48(13)


クロスⅡ-312カスタム

カナルタイプのフォナック クロスⅡ 耳あな型のクロス補聴器です。

115,000円 (税抜)

  • 電池寿命 53~76時間  

   使用電池 PR41(312)


画像はフルシェルのイメージになります。

フォナッククロスⅡ-13カスタム

ハーフシェル、フルシェルタイプのフォナック クロスⅡ 耳あな型のクロス補聴器です。

115,000円 (税抜)

  • 電池寿命 88~126時間   

        使用電池 PR48(13

フォナッククロス(クロスB)ビロングシリーズ用

こちらがクロス補聴器の最新機種になります。ビロングシリーズのクロス補聴器です。防水、防塵はIP68になります。

クロスB-312

オーデオBと一緒に使って、一側性難聴の方の聞こえをサポートするクロス送信機です。

95,000円(税抜)

  • 電池寿命 46~58時間

        使用電池 PR41(312)


クロスB-13

オーデオBと一緒に使って、一側性難聴の方の聞こえをサポートするクロス送信機です。

95,000円(税抜)

  • 電池寿命 77~96時間

        使用電池 PR48(13)
防水・防塵機能は完全防水とは異なります。電池寿命は使用状況により異なります。

ビロングシリーズのクロス補聴器は耳あな型の取り扱いがありません。

クロス補聴器には耳あな型、耳かけ形があります!

フォナックのクロス補聴器ですが形状は耳あな型と耳かけ形(RICタイプ)の2種類あります。
本題ですがクロス補聴器の耳あな型と耳かけ形の違いは何か。
それぞれメリットとデメリットがありますのでそちらも参考にしてみて下さい。

耳あな型補聴器の特徴について

耳あな型は既成ではなく、使用する耳の型を採取して製作するオーダーメイド補聴器になります。
既成の物とは違い耳にしっかり合います。難聴の程度は中度難聴の方からが適応しやすいです。

メリット

耳あな型補聴器は耳あなに入れて使用します

耳の中は汗をかかないので汗での影響を受けにくいです。
運動をよくされる方におすすめできます。

帽子やヘルメット、マスクなどの邪魔にならないです

メガネを使用される方にも影響がありません。

耳あなに補聴器本体が入るので耳本来の集音効果を最大限利用できます

より自然に近い音質に聞こえます。

デメリット

耳あなを塞ぐ為に閉塞感があります

耳あなに補聴器が入る為耳あなを塞いだ感覚になります。

自分の声が大きく聞こえる、こもった様に聞こえる

耳を塞いだ状態になるので違和感が出ます。慣れていただく事が必要になります。

耳垢が多く水っぽい方には向かない

耳あなに補聴器を入れる為に、耳垢の状態がとても柔らかい方などは補聴器の故障に繋がりやすいです。

健聴側に耳あなを使用される場合はより閉塞感を感じます

もともと聞こえる耳に補聴器を入れるので難聴のある耳に比べて聞こえ方にも影響が出てしまいます。

このデメリットを改善する方法もあります。
こもり感を軽減するには補聴器にベントと呼ばれる穴を開けます。
通気する為こもり感、響く感覚が軽減できます。

耳かけ形補聴器(RICタイプ)の特徴について

耳かけ形補聴器(RICタイプ)は補聴器本体を耳にかけます。補聴器側は標準型の耳かけも使用できます。
RICタイプは音声を出力するレシーバーと呼ばれる機械が耳あなに入るので標準の耳かけ形補聴器に比べ音声がよく入ります。
既成の耳栓をするのが難しい場合は耳の型を採取してオーダーメイド耳栓を着ける事もできます。

メリット

ボリュームの操作が簡単、便利で防水性に優れている

耳かけ形補聴器はボリュームの操作が便利に扱えます。防水機能も優れているので汗による故障を軽減してくれます。

こもり感が軽減される

耳かけ形は耳あなに比べてこもり感が軽減されます。
耳栓をオープンタイプにするなど、好みや形状に合った耳栓を使用できます。

幅広い聴力に対応するので聴力に左右されない

軽度でも高度でも合う聴力の程度が幅広く適応しやすい。

デメリット

汗や水での故障をしやすい

補聴器本体を耳にかけて使用するので汗や水の影響を受けやすい

レシーバーの故障を起こしやすい

クロス補聴器対応のRICタイプはレシーバーが補聴器本体外部に付いています。
その為通常耳かけ形に比べ故障を起こしやすい。

マスクやメガネなどの邪魔になりやすい

耳にかけて使用する為メガネのツルやマスクなどの邪魔に感じる事がある。

髪の毛などのノイズが入りやすい

補聴器のマイク位置が髪に触れる位置なので当たるとその音を拾う為。

デメリットの改善策としては防水性能、マイクの位置が調整された最新型のモデルを使う。
フォナックでも最新型のオーデオBやボレロBではマイクの位置が調整され髪の毛で発生するノイズが軽減されています。
防水防塵性能もIP68の最高水準(30分水に沈めても壊れない、埃などが中に入らない構造)になっているので完全防水ではないが故障を軽減できる。

今回はクロス補聴器がRICタイプのみなのでRICタイプの特徴について紹介しました。

クロス補聴器は大阪聞こえ補聴器で取り扱っています!

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器を取り扱っています。
ご相談から試聴、貸し出しもしています。関西でお探しの方は一度ご相談下さい。

大阪市以外の一部の地域も出張訪問をお受けしていますよ!詳しくはこちら

東京でクロス補聴器をお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応いたします。

東京秋葉原店リスニングラボは画像をクリック!

まとめ

クロス補聴器の耳あな型、耳かけ形の違いについて紹介しました。

耳あな型と耳かけ形では補聴器自体の機能は変わりません。

しかしそれぞれに特徴があります。聴力や耳の状態などでどちらが良いかが決まります。

フォナックのクロス補聴器は3シリーズから選ぶ事ができます。シリーズによって補聴器の性能、価格帯が変わります。

耳あなか耳かけで迷われる場合、耳あな型は一度耳の型を採取して作製しないといけないので一度お作りする、もしくは耳かけの耳栓部分に印象剤を詰めて疑似体験していただくかです。

耳あな型は90日以内なら交換、返品対応をさせていただいています。耳かけ形は30日以内での対応になります。

クロス補聴器の耳あな型、耳かけ形どちらにするかは聴力、耳の状態を考慮してアドバイスさせていただきます。

クロス補聴器をご希望の方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。

初めての補聴器選びで大事な事

はじめて補聴器を選ぶ上で大切なことを紹介します。
補聴器の経験が無くて初めて補聴器を選ぼうと考えている方に補聴器とはどの様なものなのか?
両耳か片耳どちらにすればいいのか?など気になる点を紹介します!

補聴器ってどれを使ってもいいという訳ではないんです。初めての方の補聴器選びの参考になれば良いと思います。

 

補聴器って種類が多くて悩んでしまう!

補聴器を初めて選ぼうとカタログなどに目を通すが書いてる内容もよくわからないし、種類が多すぎて何がよいのかわからない!そんな方は多いと思います。初めての方は補聴器に関して知らない事が多く、どの様に選んで購入すればよいのかわからず迷ってしまいます。補聴器は作っているメーカーも多く、価格も違い、補聴器の形状にも種類があります。
ですので何も知らずに一人で悩んで通信販売などで選ぶと補聴器ではない集音器などを購入して失敗するという事もおきてしまいます。

補聴器は管理医療機器になります、集音器は医療機器ではありません。集音器と補聴器は全くの別物です。

補聴器と集音器の違いについてはコチラ

まずは何からすればいいのか?

補聴器をお考えという事は聞こえが悪くなっているかも?と感じられている方だと思います。
まず悩まれている方は耳鼻科、補聴器専門店に行く事をおすすめします!
初めに重要なのは自身の聴力です。どのくらい聞こえているのかしっかり調べる必要があります。
その上で補聴器が必要かどうかを確認する事が大事です。

補聴器が初めての方が感じる不安や悩み
  • 補聴器をしてほんとに聞こえるのか
  • 予算に合う物があるか
  • 補聴器をすると見た目が気にならないか
  • ちゃんと自分で扱う事が出来るか

初めての事は何に関しても不安や悩みがありますよね。まずは耳鼻科医師、補聴器専門店にご相談下さい。

補聴器はどれでもいいという訳ではないという事

補聴器には種類が幾つかあります。
一般的に多いのが耳の型を採って作製するオーダーメイドの耳あな型補聴器、耳に本体をかけて使用する耳かけ形補聴器です。
他にもクロス補聴器骨伝導式補聴器や簡易的なポケット型の補聴器などがあります。

何故形状が色々あるのか?

補聴器の形状が幾つかあるのにはまず使用する方の難聴の種類や、耳の状態、その人が扱えるか(電池の交換など)どうかで選べるようになっています。補聴器と言ってもどれを使ってもいいという訳ではありません。
使用する人の難聴の程度や種類、耳の状態、扱う事が出来るかなどに合わせて選ぶ事が重要です。
最近では電池交換不要で更に扱いが楽になった充電式補聴器も出ていますので選ぶ幅が増えています。

補聴器の選び方について詳しくはコチラ

難聴の程度や種類についてはコチラ

最近では目立たない補聴器も出てきていますので見た目を気にされる方にはその様な補聴器が大変好評です!

最新の目立たない補聴器についてはコチラ

補聴器は両耳にするのがいいのか片耳だけでもいいのか?

補聴器を両耳にするか片耳だけにするか。
難聴の程度によりますが両耳共に難聴の場合は両耳に補聴器をするのが効果的です。
両耳にした方が良いという理由に関しては本来、耳は左右を同時に働かせて機能しています。
ですので両耳共に聞こえが悪くなっている場合は両耳に補聴器をするのがよいです。

両耳か片耳の選び方について詳しくはコチラ

逆に片耳だけが難聴の場合、一般的には難聴のある耳にするのがよいでしょう。
しかし、片耳難聴の場合聴力によれば一般的な補聴器で補うのが難しい場合があります。
補聴器の選び方を間違えると効果がなく意味の無い物になってしまいます。

片耳難聴の補聴器について詳しくはコチラ

補聴器の性能の選び方

補聴器の形や装用する耳について説明しましたが次に大事なのが補聴器の性能です。
補聴器の性能選びもとても重要です。
補聴器をどのような環境で使用する事が多いのか?
生活環境以外にテレビや電話をよく使うかなどで補聴器の選び方は変わります。
ここで大事なのが予算の問題です。
補聴器は性能が良くなると価格が上がります。
ですので予算の中で性能を決めていきます。
補聴器の価格も片耳で5万円~50万円と幅広くあります。
初めに説明した集音器は低価格で購入もしやすいですが性能を考えると聴力に合わせた調整ができませんので難聴の方に向かない事が多いです。ですので難聴の方にはしっかり調整ができる補聴器をおすすめします。

補聴器の性能について詳しくはコチラ

信頼できる補聴器専門店を見つけましょう

補聴器を購入するにあたり購入するお店も大事です。

いくらいい補聴器を購入してもお店の対応が悪ければダメですよね。しっかり話しをきいてくれてアドバイスしてくれる、信頼できるお店を見つける事が大事なんです。

補聴器は調整がしっかりできていないと効果が期待できません。アフターサービスもとても重要で補聴器は買っておしまいという物ではありません。購入してからの調整、点検が大事です。ですので補聴器購入後のアフターケアをしっかりと約束してくれる店を選ぶのが良いです。大阪聞こえ補聴器も日々お客様に信頼、安心して頂けるような店づくりにはげんでいます!

まずは補聴器の試聴、レンタルがおすすめです!

補聴器の選び方について説明しましたが、いきなり購入となるとまだ気になる事はありますよね。
それは補聴器がちゃんと聞こえるかどうかです。補聴器の効果がわからなければ購入も不安ですよね。
ですので購入の前に補聴器の試聴をしてみましょう。
補聴器専門店であれば購入前に補聴器の貸し出しもしていますよ。
大阪聞こえ補聴器では補聴器の試聴、レンタルをおこなっていますよ!
購入前に補聴器がどんな物なのかわかりますので安心ですよ!(耳あな型補聴器はオーダーメイドで耳型を採って作製する為貸し出しする事が出来ません。)

当店では耳あな型補聴器でお作りして耳に合わないなどありましたら購入から90日以内でしたら交換、返品もお受けしていますよ。耳かけ形は30日以内でしたらお受けしています。

まとめ

初めて補聴器を購入しようと考えている方向けに紹介しました。

まずは一人で悩まず耳鼻科や補聴器専門店で相談しましょう!聴力にしっかり合わせる事ができる補聴器にされるのがよいです。簡単に購入できる集音器は音の増幅しか出来ない物がほとんどです。

聴力の程度により補聴器の効果も変わってきます。ですので信頼できる補聴器専門店でよく相談されるのがよいですね。

大阪聞こえ補聴器では一人ひとりのお客様にその人の生活環境に適した補聴器を提案しています!初めての方は補聴器を購入される前に試聴やレンタルをされるのがおすすめですよ。

自分にあった補聴器をみつけませんか。

ネット通販での補聴器の評判は参考なるのか?【正しい選び方伝授!】

補聴器のネット通販での口コミや評判って果たして参考になるのだろうか?補聴器の選び方で迷われている方に読んでもらいたいネットでの口コミや評判や評価について本当にあなたに合う補聴器の選び方を紹介します!

初めて補聴器を考える人はまず選び方で迷います。そしてネット世代は口コミや評価や評判などをパソコンやスマホで調べる事があると思います。
補聴器って人により使う種類は違いますよね?
勿論補聴器のメーカーなども異なります。これは補聴器ってどれを使ってもいいという訳ではないという事なんです。
初めての人は補聴器自体どんな機器なのかも詳しく知りません。どれでもよければそんなに種類も必要ないですよね。
ですのでネットでの評価がいい補聴器でも自分には合わないという事があります。
どの様に補聴器を選んだらよいのか?今回は本当にあなたの耳に合う補聴器の選び方について紹介します。

ネット通販の評価、評判などは参考になるのか?

補聴器のレビューや評判ってネットなどでよく書かれていますね。
補聴器の事を知らずに補聴器について調べる方は参考にする事があるのではないでしょうか?
それは補聴器がどういった機械なのかを知らないという事が考えられます。
あとは何に関しても流行の物、人気がある物を欲しがる人って多いですよね。
しかし、補聴器は人それぞれに合う補聴器が異なります。
ですので補聴器の評価や評判というのはあまり参考にはなりません。

ネットで評判・評価・口コミを調べてみたら

ネットで補聴器の「評判・評価・口コミ・レビュー」などを検索してみると上位に通信販売の簡易式補聴器や集音器の情報がたくさん出てきます。まず補聴器は通信販売で買うのか、専門店で買うのか、そこに大きな違いがあります。

ネットで買う補聴器は値段も安くて買いやすいですが、補聴器の専門家から言わせるとあまりオススメできるものではありません。

通信販売やネットの集音器や簡易式補聴器についてはコチラ

補聴器の専門家がおすすめする条件
  1. 聴力測定をしてくれる
  2. しっかり音質の調整ができる
  3. 耳に形が合うもの
  4. 親身になり悩みを聞いてくれるお店

上記を優先して選ぶことです。通信販売や簡易式補聴器や集音器では音質調整も出来ないですし、対面販売やアフターケアもできません。だからこそ補聴器専門店で相談をして購入するのが良いのです!!

評価や評判を気にしすぎると自分に合う補聴器がみつかりにくい?

評価や評判を気にしてしまうのはまず補聴器についての知識が無い為でしょうか。

ひとつ付け加えると、ネット通販の補聴器の評判と補聴器専門店で買う補聴器の評判は別と考えてください。

何もわからない人からすると

 評価や評判がいい = いい補聴器 

と考えると思います。

しかし、補聴器は説明したように聴力の程度や耳の状態で使用できない、または効果が出ない事があります。

自分に合う補聴器を選ぶのに評価、評判を気にしすぎると自分に本当に合う補聴器を見つけるのは難しいんです。

通信販売や集音器を除いての話ですが、補聴器はメーカーや種類はたくさんあります。ひとつのメーカーだけでも100種類を超えます。そんな中であなたに合う補聴器をネットや口コミだけを頼りに選ぶというのはとても難しいことです。

補聴器の種類にはどのような物があるのか?

耳あな型補聴器、耳かけ形補聴器、ポケット型(箱型)補聴器などが主な種類になります。
この中で耳の状態に適しているか、あとはその人が扱いやすい形状かで選びます。


補聴器の種類についてはコチラ

補聴器は形状以外に音の出力が強く出る物など難聴の程度に合わせたパワーも選ぶことが大切です。

補聴器は聴力の程度に合わせます

評価や評判を見て、いざその補聴器を購入しよう!と補聴器店に行くと適応しないと言われてまた振り出しに戻ってしまう事があります。
もしくは良心的な販売店ではなかった場合はそのまま効果がない補聴器を購入してしまう事にもなってしまいます。
補聴器はお客様のすべての要望を受ける事は難しく、販売店の適切な機種選定が重要になってきます!
そこでどれだけ要望に近づけるかです。形状に関しても小さい補聴器が希望だがサイズを大きくしないと聴力に合わないなどの場合はよく相談して決めなければいけません。

難聴の程度などについてはコチラ

耳の状態や使用環境も重要

聴力により補聴器の形状も変わると説明しましたがそれ以外にも補聴器の種類、形状を選ぶポイントがあります。

例えば、お客様が「耳あな型が希望。」でしたが実際の耳の状態を専門家が見れば「耳かけ形の方が適している。」など、使う環境、耳の状態で大きく変わります。また周囲の補聴器をしていることを知られたくないために目立たないもの必要とする場合もあります。

補聴器のタイプは大きく分けて耳あな型と耳かけ型にわかれます。そういったアドバイスをしてくれるのも専門店の良い所です。

耳あな型が適しているケース
  • 仕事でヘルメットなどを着用する
  • 汗をよくかく
  • よく運動される方
耳かけ形が適しているケース
  • 耳漏れがひどい方
  • 軽度から重度の難聴の方

補聴器の耳あな型、耳かけ形について詳しくはコチラ

補聴器専門店で相談して補聴器は選びましょう!

補聴器の選び方はネットで評価や評判を見るより補聴器専門店でよく相談されるのがよいです!

要望を伝えた上で販売店のアドバイスを受けましょう。適切なアドバイスがもらえる、信頼できる補聴器専門店に出会う事が大事です。

電気店や通販で購入するのはあまりおすすめはできません。補聴器は機種選定を間違えると効果の無い物になってしまいます。

補聴器は価格も高価ですので補聴器選びはよく相談して選びましょう。

片耳の価格は4万円~50万円するものまであります。メーカーもたくさんありますし、機種も100種を超えます。

大阪聞こえ補聴器ではしっかりとお話しを聞いた上で補聴器を選定しています。生活環境に合う、その人にとって一番よい物を提案しています!

補聴器の試聴やレンタルもおすすめです!

補聴器は価格が高価です。購入前にどの様な感じなのか知る事ができます。

補聴器専門店だと補聴器の貸し出し・試聴・レンタルなどおこなっています。

補聴器とはどういった物なのか確認するのもよいでしょう。

そうすると補聴器購入で失敗する事も減りますよ。

06rental

大阪聞こえ補聴器でも補聴器の試聴、貸し出しをおこなっています!

まとめ

補聴器の評価や評判は全員には当てはまらないという事を覚えておいて下さい。

補聴器はいくら評判が良くても合わない事があります。評価や評判だけで補聴器は選ばない方がいいです。

補聴器専門店でよく相談をして選びましょう。補聴器メーカーも様々ありますが、補聴器のメーカーより大事なのは自分の生活環境に適しているか、聴力の程度に合う補聴器なのかです。初めての方はメーカーにはあまり拘る必要はありません。ネットで評価や評判が気になる方は一度補聴器専門店に足を運んでみて下さい。本当に自分に合う補聴器が見つかると思いますよ!

大阪聞こえ補聴器ではお客様の希望に沿って適切なアドバイスをおこない補聴器の選び方と難聴をサポートいたします。

補聴器の値段、高い安いで何が違うのか?値段の違いで迷われている方におすすめする補聴器選び!

補聴器は値段が高い、安いで何か違いはあるのか?

補聴器って値段を見るとピンからキリまであります。
価格設定は幅広く、片耳で10万円前後から高い物だと50万円ほどの補聴器もあります。
何故こんなにも値段の違いがあるのでしょうか?
それは補聴器本体の性能で変わってくるんです。性能といっても補聴器はどれも同じでは?
と思われる方もいらっしゃると思います。今回は補聴器の値段の違いについて紹介していきます。

通販で買える補聴器が安いのは何故?

補聴器の値段で10万円前後からと説明しましたがよく通信販売などで
売られている物はもっと安いのでは?何が違うの?と思われた方!
実は通信販売で買える補聴器というのは集音器と呼ばれる部類の機器です。
集音器は医療機器では無い為通信販売などで簡単に購入する事が可能です。
値段も補聴器に比べると安く、5千円ほどからでも購入する事ができます。
安い物でも聞こえるなら、と購入される方もよくいらっしゃいます。
しかし、この集音器は補聴器のように聞こえに合わせた調整ができないです。
ただ単順に音を増幅させるだけで調整も音量の上げ下げのみがメインです。
ですので難聴の方が使用するには向いていないです。購入しても効果がない事があります。

集音器と補聴器の違いについてはコチラ

補聴器の値段の違いとは?

高い物で片耳50万円前後まである補聴器。
何故そんなに値段の幅があるのでしょうか?初めて値段を聞く人や集音器の値段に慣れている方はとても驚かれます。
補聴器以外の場合、例えば衣料品などの場合はブランドの名前だったり生地の違い、デザインなどで変わります。
いい生地を使っている、手の込んだデザインの服は高くなったりします。
補聴器の場合、見た目などは高い物も安い物も同じです。
補聴器の値段の違いは補聴器内部の精密機器の違い、補聴器の性能の違いで変わります。
ですので値段が上がるにつれて補聴器の精度もあがると考えて下さい。

補聴器の性能の違いとは?

補聴器の値段が性能で変わると説明しましたが具体的にどの様に違うのかを説明します。
補聴器の値段により変わる性能を大きく分けてみました。

  • 雑音抑制機能
  • チャンネル数
  • 指向性マイク
  • ハウリング抑制

補聴器の値段が変わるとこれらの性能が大きく変わってきます。

それぞれどの様な機能なのか?

値段が変わる事により大きく変わる機能を紹介しましたがそれぞれどの様な機能なのか。

雑音抑制機能

雑音抑制機能は車の走行音、ドアの閉まる音や食器の音、騒音などを響かないように抑制します。
そしてそういった環境下での会話を聞きやすくするといった機能です。
大きな雑音などを補聴器が認識し抑制します。値段が高い補聴器だと一番精度がよくなります。

チャンネル数

チャンネル数は補聴器に入る音を細かく分割、音質を調整します。
低音と高音の調整ができる物では2チャンネル、中間域も調整できるのが3チャンネルになります。
このチャンネル数は多ければ多いほど細かく調整できる音域が増えます。
チャンネル数が多いほど補聴器の値段が上がります。

指向性マイク

指向性マイクとは補聴器をした状態で顔を向けた方向の音声を聞きやすくする為に音声を強調してくれる機能です。
ですのでその方向以外の音を拾わないように補聴器が機能します。
この指向性の働きが良くなるにつれて補聴器の値段も上がります。

ハウリング抑制

ハウリング抑制機能について、ハウリングとは耳から補聴器に入った音が漏れている時や
壁や障害物などに近づいた時に補聴器からピーピー音がなる現象です。
ハウリング抑制機能とはピーピーなる音を補聴器が抑制してくれる機能です。
補聴器の値段が上がるにつれてこのハウリング抑制の性能が上がります。

補聴器の値段、高くなければよくないのだろうか?

補聴器の値段の違いは性能であると紹介しました。

ですので高い補聴器は性能が一番良いという事になります。

そこで気になるのは安い補聴器はダメなのか?という所です。

安いといっても補聴器は元々が高価な物です。安くても10万円ほどからになります。

片耳10万円の補聴器と50万円の補聴器。勿論機能、性能は50万円の補聴器が良いです。

しかし、誰もが50万円の補聴器を買う必要はありません。10万円でも効果がある人にとっては十分にお使いいただけます。

ですので、必ずしも高い補聴器を購入する必要はないんです。

これはどうゆう事かというと、使う人が補聴器の性能をどこまで必要とするのかで変わります。

家で寝たきりの人に50万円の補聴器の機能が必要でしょうか?家で寝たきりなら10万円の補聴器でも50万円の補聴器を使っても同じになります。

値段の違いで補聴器を迷われる方は自身の生活している環境で考えるのが良いです。

仕事をしていて会議など大勢の人の話しを聞いたり活発に動かれている方に10万円の補聴器だと性能面で不安です。

ですので補聴器の性能面、予算内から補聴器を選ぶのが一番良いです。

補聴器の選定は認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店でよく相談されるのがよいです!

まとめ

今回は補聴器の値段について、選び方を紹介しました。

補聴器の値段はピンからキリまであります。値段が高価な補聴器になるにつれて性能が良くなります。

しかし、自分の使う環境によっては性能の中で必要がなくても大丈夫な物があったりします。

補聴器の値段で選ぶ事があれば自分の予算と必要な補聴器の性能に合わせて選ぶのがいいでしょう。

そのあたりはよく補聴器専門店で相談されるのがよいです。大阪聞こえ補聴器では補聴器のご相談からお受けしています。

専門スタッフがその人に合う補聴器を一緒に考えてお選びします。補聴器の値段で補聴器選びを迷われている方は一度ご相談下さい!

生活スタイルに合った補聴器を提案いたします。

補聴器の評判、おすすめが気になる!そんな方に補聴器の正しい選び方をお教えします!

補聴器の評判やおすすめの補聴器が気になる、そんな方に補聴器の正しい選択方法をお教えします!

補聴器って沢山種類がありますよね。そして販売しているメーカーも沢山あります。
その中で評判のいい補聴器、メーカーってどこなのか?
気になる方も多いですよね。結論をいうとここの補聴器が一番いいというように断言できません。
補聴器の仕組みはどこのメーカーも同じです。しかし、調整の方法が違ったり、メーカー毎にそれぞれ特徴があります。
聴力や予算によってもおすすめする補聴器は異なります。ではどのように補聴器って選んだらいいのでしょうか?
補聴器のおすすめが知りたい、評判が気になる方は是非ご覧下さい。

 

補聴器の評判、おすすめが知りたい!

まず、補聴器といってもかなりの種類があります。
補聴器の購入を考えている方は最近ではまずインターネットで補聴器について調べると思います。
やはり気になるのはみんなの評判や、おすすめする物、販売店、使った感想だと思います。
それは購入して失敗したくないという思いもあるし、性能がいい物が知りたいと思うからです。
しかし、補聴器のおすすめというのは人それぞれ異なります。
それは難聴でもそれぞれ人により耳の聞こえは違うからです。ですのでおすすめする補聴器は人により変わります。
難聴にもどのような音、声質が聞こえにくいのかみなさん違うんです。
補聴器の形状も同じように、生活環境や健康状態で人によりおすすめする形は変わります。

難聴の聞こえの違いとは?

難聴の人はただ音声の聞きとりが悪くなる訳ではありません。
難聴の種類によっても音、声の聞こえ方など違います。
ですので補聴器は人それぞれ合う物が違います。
難聴の種類というのがこちらです!

難聴の種類についてはコチラ

補聴器のおすすめ、評判が知りたい理由

おすすめや評価、評判が知りたいという方はこのように考える方が多いです。

  • 一番性能がいい補聴器が知りたい
  • 人気がある、売れている補聴器が知りたい
  • 価格の安い補聴器が知りたい
  • 形などどれがいいのか知りたい

このように、売れている=いい補聴器、と考える方もいるだろうし、少しでも安く買いたいと思っている方もいらっしゃると思います。

自分に合った補聴器を見つける事が大事です

ではどのように補聴器を選ぶのが良いのか?
それは自分に合った補聴器を見つける事です。
どのように見つけたらいいのか?それは補聴器専門店に足を運ぶ事です。
インターネットでも補聴器の情報は得られますが肝心なのは果たしてそのおすすめの補聴器が自分に合うのか?という所です。
補聴器は一度試してみないと効果があるのかどうかがわからないです。
ただ耳の聞こえが悪くなったから補聴器ならなんでも良いという訳ではないです。
その補聴器が自分の聴力、耳の状態に合う物なのか知る必要があります。

例えば耳漏れがある方であれば耳あな補聴器の場合故障しやすくなるなど、補聴器の特徴を知る事も大事です。

補聴器の形状や特徴についてはコチラ

補聴器のメーカーにはこだわらなくても大丈夫?

補聴器のメーカーって沢山あります。その中からおすすめの物や評判がいい物を探すというのは正直あまり意味の無い事です。

補聴器メーカーに初めから拘る必要って実はあまりないのです。それは補聴器の価格やデザイン、調整方法などメーカーにより異なりますが聞こえにはそれほど違いが出る事は無いからです。しかし例外で言えば同じメーカーの補聴器を長年使用されている方の場合。

長年同じ補聴器メーカーを使用されている方は新たに購入する時も同じメーカーで買われると慣れやすいです。

それはメーカー毎の音質の違い、調整方法が関係します。他メーカーに変えた時今までと音質が変わり違和感を感じる方も中にはいらっしゃいます。

補聴器メーカーのそれぞれの違い性能は認定補聴器技能者が在籍している補聴器専門店とよく相談されるのがよいです。

耳鼻咽喉科、補聴器専門店で聞こえをみてもらう

補聴器の情報を知って次に考えるのがどうやって補聴器を購入するかです。
補聴器購入にあたりするべき事は自分の耳の状態、聞こえを知る事です。
聞こえが悪くなったから通販などで購入というのは避けて下さい。
避けなければいけない理由としては、本当に自分の聴力に合うのかわからないという点が一番です。
購入したが使い物にならないといった事になりかねません。
ですので、補聴器購入をする前にするべき事は聴力を調べてもらう事です。
方法は耳鼻咽喉科を受診する、もしくは補聴器専門店に行くかです。
いずれも聴力の測定、検査を受ける事ができます。
そして補聴器専門店ならそのまま補聴器の試聴をする事も可能です。

安心できる補聴器専門店に出会う事

自分が信頼できる補聴器専門店に出会うという事はとても大事です。

補聴器は機種の選び方、調整方法によっては効果が期待できません。

高い補聴器を購入したが全然聞こえないなどもよくあるケースです。

これは補聴器は悪くないが聴力に合った補聴器ではない、もしくは調整がしっかり出来ていない事が考えられます。

補聴器の機種の選び方や調整はとても重要で性能がいい高価な補聴器でも聴力に合っていなかったり調整が間違えていると使い物にならなくなります。

それらをしっかり相談、選定してもらえる補聴器専門店に出会う事が補聴器選びにとって大事です。

補聴器専門店で補聴器の効果を知る

自分の気になった補聴器を一度試してみたい場合は補聴器専門店で試聴、もしくはレンタルする事ができます。

補聴器専門店では購入前に補聴器を試聴する事が出来ます。試聴をして補聴器の効果を測定、確認する事もできます。

それでその補聴器が自分に合っているかどうかを確認する事ができます。ですので購入してから失敗したという事になりにくいです。

しかし、オーダーメイドの耳あな型補聴器に関しては型を採ってお作りしないといけない為試聴する事ができません。

補聴器は購入して終わりではないという事

自分に合った補聴器を見つけて購入してそれで終わり、という訳ではありません。

補聴器は購入してからも調整をする事が重要です。何故重要なのか?

それは聴力の変化や補聴器に慣れてきた時に聞こえ方が変化する為です。

補聴器は購入してからのアフターケアが一番大事です。

大阪聞こえ補聴器では出張、訪問サービスをしています!

補聴器専門店に行って補聴器を試してみたいが近くに無い、または足腰が不自由で出歩く事が困難。

そのような方に大阪聞こえ補聴器では出張、訪問サービスをしています!

大阪市内は勿論、大阪府内、一部兵庫、京都方面まで出張訪問しております。(その他の地域に関しては適切なアフターケアがおこなえない恐れがある為要相談)聴力の測定、補聴器の調整がご自宅でも可能です。

出張、訪問サービスについて詳しくはコチラ

まとめ

補聴器の評判やおすすめを知りたい方に知ってもらいたい補聴器の選び方について紹介しました。

みんなの口コミや評判、おすすめなど補聴器以外でも気にはなるものです。しかし、補聴器は身につける医療機器です。

人それぞれ耳の聞こえ方も違います。おすすめや評判を気にする事もいいですが一番は自分の耳で補聴器を試してみる事が大事です。

そして自分に合う補聴器、補聴器専門店に出会う事です。大阪聞こえ補聴器もお客様に安心、信頼してもらえる店作りを心がけています!

補聴器をお考えの方は一度耳鼻咽喉科、もしくは補聴器専門店に足を運ばれてはいかがでしょうか?

自分に合った補聴器で快適な生活を送りましょう。

補聴器してもテレビが聞こえない!快適に楽しむワイヤレス通信機で解決!!

補聴器でテレビを聞いても聞こえない。そんな方に補聴器をしてテレビが聞こえる。快適に楽しめる解決方法を教えます。補聴器のテレビや電話のワイヤレス通信機を各メーカーでまとめてみました!

補聴器装用者でよくある悩みの一つにテレビの聞きとりがあります。
テレビ番組によっても聞きとりにくかったり、内容がわからないので楽しめない。
そんな方に補聴器から直接テレビ音声を聞く事ができるワイヤレス通信機があります!
これがあればもし家族や友人と一緒でも音量を気にせず楽しむ事ができます。
今回は大阪聞こえ補聴器が取り扱う各補聴器メーカーのテレビ用通信機について紹介します!

補聴器をしてもテレビが聞きとりにくいのは何故か?

補聴器をしたら聞こえると思っていたテレビ。
意外に聞きとりにくい?そう感じている方も多いのではないでしょうか?
実はそれには理由があります。
一つは自身の言葉を聞きとる能力です。言葉の理解力が落ちるとテレビ音声の聞きとりも悪くなります。
そして補聴器はそもそも人との会話を補助する事を前提に開発された医療機器です。
テレビを聞く時の距離も大きく影響してきます。テレビ音声の反響音なども影響します。

テレビの他に聞きとりにくい音、声があるのは音の種類、周波数が関係しています。

テレビを今より楽しみたい、テレビに関する悩み

テレビ番組によって聞きとれない事がある

NHKやアナウンサーのはっきりとした音声は聞こえるが、民放のバラエティー番組やドラマ、漫才、早口、BGMのある番組は聞こえない。

音量を上げないと聞こえないので周りの人に指摘される

聞こえが悪くなるとどうしてもテレビの音量を上げてしまいます。
その為家族や周りの人と見る時に聞く音量が異なるので十分にテレビを楽しめません。
この様な悩みがある方におすすめしているのが補聴器をテレビと連動できるワイヤレス通信機です!

補聴器と一緒に使えるテレビ用ワイヤレス通信機

では補聴器と一緒に使えるワイヤレス通信機を紹介していきます!
まずはどの様なメリット、デメリットがあるのか?

メリット
  • 直接音声を補聴器に届けます。離れていても安心
  • 補聴器がテレビや電話の音を使う方の最適な音量に合わせる
  • テレビや電話での、ハウリングがほとんどない
デメリット
  • 補聴器本体以外に、リモコンや発信機などワイヤレス通信機器が必要
  • ペアリングなどの設定が必要となる
  • ワイヤレス補聴器にしか対応していない

テレビ通信機を使用すると周りを気にせず自分好みの音量でテレビを楽しむ事ができます。

補聴器メーカーによってテレビ通信に必要な機器が違います。

各補聴器メーカーのテレビ用通信機、紹介するのはBeltone(ベルトーン)、シーメンス・シグニア、PHONAK(フォナック)です!

ベルトーン(Beltoen)補聴器のテレビ通信機、TVリンク2

ベルトーンのテレビ用通信機、TVリンク2です!2.4GHzの中継機不要のワイヤレスシステムです!

 

使用方法は簡単でテレビに接続して設置するだけです。テレビの音量を上げなくても補聴器から直接テレビの音声が聞こえる仕組みになっています。

補聴器をテレビ用のプログラムに切り替えて使用します。複数の補聴器に同時に対応します。ドルビーデジタル音声に対応。

そのまま使用可能ですが専用のリモコンを併用するとより便利に使う事ができます!リモコンはテレビ切り替えの他に音量調整もできます。

更にi Phoneをお使いの方は専用アプリを使用する事でi Phoneで簡単操作できます!

テレビリンクを使用すると音質もクリアで補聴器でのテレビがより聞きとりやすくなります。

テレビリンク2

21,600円

リモコン2 

21,600円

シーメンス・シグニア補聴器のテレビ通信機、テレビ用補聴器Pure13BT

シーメンス・シグニアの通信機で紹介するのが最近登場したテレビ通信タイプの補聴器、Pure 13 BTです!

こちらは新製品になります。

よりテレビを聞きやすくする為に開発されたシーメンス・シグニアの新製品です。ブルートゥース対応です。

テレビ通信タイプという名目では初めてでしょうか。テレビの視聴に特化した補聴器が登場しました。

Pure 13 BTはストリームラインTVを使用すると補聴器に直接音声が入りますので自分だけの音量で楽しむ事ができます。

見たいテレビの迫力をダイレクトに補聴器へ届けます。臨場感ドルビーデジタル音声に対応しています。

テレビ以外にi Phoneを使用する事で電話やラジオも楽しむ事ができます!補聴器電池の持ちも13電池使用で長持ちします!

Pure 13 BTについては詳しくはコチラ

フォナック(PHONAK)補聴器のテレビ通信機、コムパイロットⅡテレビパッケージ

フォナックの通信機はコムパイロットⅡテレビパッケージコムパイロットエアⅡテレビパッケージの二種類を紹介します!

コムパイロットには二種類あり、どちらも受信機、送信機を使って使用します。

こちらがコムパイロットⅡとテレビリンクです。

テレビ用ブルートゥースアダプターをテレビに接続して使います。音声をブルートゥースでコムパイロットに送信します。
テレビの音声が直接補聴器に届きます。周りを気にせずお好みのボリュームに調節することができます。

こちらがコムパイロットエアⅡです。

こちらはネックループが不要です。新しいタイプのコムパイロットになります。

小型でスタイリッシュなクリップ式で装着も簡単です。胸元やポケットに留めて使うことができます。

テレビリンクの使い方についてはコムパイロットⅡと同じになります。

それぞれ単品での購入も可能になっています。

テレビパッケージの価格

コムパイロットⅡ+テレビリンクⅡ 48,000円(税抜き)

コムパイロットエアⅡ+テレビリンクⅡ 50,000円(税抜き)

単品での価格

コムパイロットⅡ 30,000円(税抜き)

コムパイロットエアⅡ 32,000円(税抜き)

フォナックテレビリンクⅡ 18,000円(税抜き)

この様に各メーカーそれぞれ通信機や、接続の仕組みが異なります。
お使いのメーカーであるという事とお持ちの補聴器がワイヤレス補聴器である事に注意して下さい!

テレビ通信以外にも色々と便利な通信機があります!

今回紹介したテレビ用通信機以外に補聴器と一緒に使える便利なワイヤレス通信機があります。
電話を聞きやすくする物や会議などで使えるマイクなど。
各メーカーそれぞれ違った物が出ていますので補聴器と合わせて使うと大変便利です。
ご興味のある方は一度お問い合わせ下さい。

まとめ

今回は補聴器でよりテレビを楽しめるワイヤレス通信機を紹介しました。

紹介したワイヤレス通信機を使うと今までより補聴器でテレビを快適に楽しむ事ができるでしょう。

大阪聞こえ補聴器ではベルトーン、シーメンス・シグニア、フォナックのワイヤレス通信機を各種取り扱っています。

各メーカーそれぞれ通信機にも特徴があります。中継機器が必要だったり、必要がなかったりそれぞれ違います。

テレビ通信機は当店で試聴する事も可能です!今まで不便に感じたり聞こえにくかったテレビを通信機を使って快適にしませんか?

自宅で補聴器調整が可能!GNResound(ジーエヌリサウンド)のスマート補聴器を紹介!

自宅にいても補聴器の調整ができます!補聴器メーカージーエヌリサウンド(GN Resound)の新製品のスマート補聴器を紹介します。

今回紹介するスマート補聴器とはどのような補聴器なのか?
新しく始まったジーエヌリサウンドの補聴器の調整方法も画期的です!
今までになかった離れた場所で補聴器の調整が可能になった?補聴器の遠隔サポートサービスなど。
新たに開発された新しい補聴器の機能などを紹介します。

きこえのケアは新次元へ

今回新しくジーエヌリサウンドから発表された補聴器リサウンド・リンクス3D。
リサウンド・リンクス3Dは従来の補聴器に比べて聞き取りの能力が向上しています。
周囲の音の認識や掛け声、会話相手の声の双方を提供してくれます。

リサウンド・リンクス、最高クラスの音質の3つのポイント

  1. さまざまな環境下で会話音や雑音などを正しく認識!
  2. 正面以外の横方向、後方からの音声も聞き取れる!
  3. 雑音がある状況下でも会話の理解が向上!

環境の違いがわかり、聞き逃しも少なく騒がしくても聞き取りがよくなりました。

もっと聞こえるワイヤレスの技術

リサウンドの最新のワイヤレス技術を搭載しています。
ios端末やオプションにあるワイヤレスアクセサリーからの直接音声ストリーミングに対応しています。
ですので電話やテレビをより楽しむ事ができます。
また、お客様自身で操作できるアプリを提供することで更に便利、快適に使用できます。

リサウンド・リンクス3Dの音質を支える5つの機能

ジーエヌリサウンドは常に自然な音質を追求しています。
正確な音環境の識別に基づく音声処理はさらに進化しています。
リサウンドの補聴器は常に着けているのを忘れるほどの自然なきこえを目指して開発されています。

5つの機能の紹介

両耳連動指向性Ⅲ

両耳間通信で常に周囲の音の分析、指向性と無指向性やマイクの設定を自動に切り替えるので
周囲の音、状況を認識して聞きたい音声を判断して聞き取る手助けをします。
雑音下でもしっかり聞き取りできるようにコントロール。音声の移動も正しい情報をしっかり脳に伝えます。

空間認識

耳介効果の再現、両耳間の音の補正を行い空間を認識して音を立体的に捉えるための自然の音響情報を脳へ伝えます。
どこから音が届いているかを認知する能力を助けることで自然な感覚で周囲の状況をつかむ事ができます。

環境適応システムⅡ

7つの異なる音環境毎に好みの音感を保存して変化する音環境に合わせて自動で設定の変更をします。
外出が多くてもその時々の生活環境に適した音量に補聴器が自動であわせてくれるのでどこにいても快適に過ごせます。

環境適応ノイズトラッカーⅡ(雑音抑制)

補聴器は相手の言葉以外に周囲の音も同じに増幅するので補聴器の音を不快に感じる事もあります。
この機能は雑音を予測して低減します。雑音と音声の違いを1000分の1秒単位で分析して雑音のみ効果的に抑制します。
移り変わる周囲の音環境の変化を補聴器が自動に分析して好みに合わせて雑音を抑制します。
音が大きく変化する環境や騒音下でも全自動で雑音を抑制してくれるので疲れにくく快適に会話が聞けます。

ウルトラDFSⅡ(ハウリング抑制)

実際の補聴器装用者の耳の音漏れをモデリングして複数の制御フィルターを使用。制御フィルターを使用しています。
特にがハウリング(ピーピー音)が起こりやすい状況下でもハウリングサポートが瞬時に作動してハウリングを抑えます。
ハウリングを未然に抑制することで聞き取りを妨げないようにします。

もっと聞こえるワイヤレス機能

i phoneでの通話音声が直接補聴器から聞こえるため、ハウリングや周囲の騒音を気にする事なく通話もできます。
それ以外にも音楽などお客様の生活に合わせて便利に使う事ができます。
別売りのワイヤレスアクセサリーを使用する事でもっと楽に補聴器を使用できます。
アクセサリーから補聴器に直接音声を送信するので快適に使用できます。

リサウンド・スマート3Dアプリの紹介!

専用のアプリをダウンロードする事でより便利に補聴器を使えます。
操作も簡単ですので快適に使用する事ができます。
全てを一つの画面に集約しているので補聴器のプログラムの変更や音量調節も簡単にできます。

新しいサービス、遠隔サポートサービス

ジーエヌリサウンドの新しいサービスリサウンド・アシスト遠隔サポートを紹介します。
このサービスはお客様がどこにいても販売店でのサービスが受けられます。
お使いの補聴器を自宅でも調整する事ができるんです!調整も販売店でおこなうサービスと同じ方法で受ける事ができます。
このサービスはとても画期的です!補聴器店で調整されたデータが合わなければすぐに変更も可能です。

遠隔サポートサービスはどの補聴器販売店でも受けられるとは限りません。ですので事前に確認を取る必要があります。

補聴器のラインナップの紹介

ジーエヌリサウンドの新製品リサウンド・リンクス3Dは新しい機能が搭載された補聴器です。

今までの補聴器と比べるとより聞き取りの効果が上がるように環境に合わせた音質で聞く事が可能です!

リサウンド・リンクス3Dの特徴としてまず、音質の向上があります。会話における鮮明さを重視しています。

状況に合わせた最適な音を届ける環境適応システムⅡなどの機能があります。

電話や音楽、テレビなど、ワイヤレス機器と合わせて使えば便利で快適に、生活がより楽しくなります。

スマートホンアプリでのボリューム操作や微調整が可能です。

そして、一番の今回の新機能として遠隔サポートサービスがあります。

家にいながら販売店から調整サポートを受ける事ができます。

 

豊富なデザインで気に入る1台をお選びいただけます。

補聴器のカラーは耳かけ形で全14色からお選びできます。耳あな型は6色から展開されています。

このシリーズには汗や湿気を弾く撥水加工ナノテックコーティングが施されていますのでより安心してお使いできます。

ナノテックコーティングについてはコチラ

補聴器のクラスは全部で3クラスあります。ハイグレードの5プレミアムの7プラチナの9があります!

リサウンド・リンクス3Dのまとめ

今回紹介したジーエヌリサウンドの新たな補聴器、リサウンド・リンクス3D。

快適なワイヤレス通信機能、環境に最適な音質、自宅で調整が可能な遠隔サポートサービス。

新たな機能が沢山あります。補聴器の指向性機能の向上などにより会話の聞き取りがより快適になりました。

そして注目されているのが遠隔サポートサービスです。このサービスは自宅でも補聴器販売店の専門スタッフの調整を受ける事ができます。

補聴器もとても便利になっていきますね。これからも補聴器はどんどん使用しやすくなっていく気がします。

より快適にみなさんが補聴器を使う事ができるようになるといいですね。

補聴器の耳栓が合わない方、オーダーメイドで耳栓を作れるのをご存知ですか?

補聴器に着ける耳栓が合いにくい方、実はオーダーメイドで耳栓を作る事が出来るのを知っていますか?

通常耳にかける耳かけ形補聴器に耳栓を使用します。人間の耳は人それぞれ形状が異なるため既製の耳栓では当然合わないという人がいます。
そのような方には耳の型を採って作るオーダーメイドの耳栓(イヤモールド)をおすすめします。イヤモールドはピーピー音(ハウリング)の予防にもなります!オーダーメイドで作る事により耳に合うのはもちろん他にも良い所がありますので紹介します。

こちらが耳かけ形補聴器にイヤモールドを付けた状態になります。

耳かけ形補聴器について

一般的な補聴器には補聴器には耳にかける耳かけ形補聴器、耳穴に入れる耳穴型の補聴器があります。
今回は耳かけ形補聴器について説明します。耳かけ形補聴器は耳栓を耳に入れて使用します。

耳かけ形補聴器は対応する聴力が幅広い為適応しやすい補聴器になります。

耳穴型補聴器に比べると閉塞感、こもり感が少なく使用できます。

軽度から重度難聴の方まで対応する機種があります。通常の耳かけ補聴器の他にRICタイプと呼ばれる物があります。

大きさも小さい物から重度用の少し大きな形状の物もあります。

価格も耳穴型よりも安価で扱いやすいです。デメリットをあげれば耳穴型に比べ汗や水による故障が多くなる傾向があります。

帽子やメガネをされる方は煩わしく感じる事があります。

補聴器の種類についてはコチラ

耳栓が合わないとどの様な事がおきるのか?

この補聴器の耳栓は初めに付いてあるのが既製のゴム耳栓です。
サイズがS、M、Lとあってこの中で耳穴に合う物を選びます。
しかし、既製の為耳穴に合わないという方も出てきます。

ゴム製の耳栓はこのような物になります。

耳栓が合わない事で起こりうる3つの症状

  1. 音が漏れる(ピーピー音がなる、ハウリング)がおこる
  2. 耳穴にしっかり入らず補聴器の装着が不安定になる
  3. しっかり耳に入らず、うまく音声が入らない

補聴器の耳栓が合わないと大きくこの3つの症状が出ます。耳栓のサイズ、形状など実は聞こえに大きく影響するんです!

音が漏れる原因

補聴器からピーピー音がなるハウリング
補聴器を装用している方は経験がある方も多いのではないでしょうか?
実はこの音漏れって原因がわかれば軽減する事ができるんです。
最近の補聴器では性能も上がってほとんどこのハウリングも起こらなくなりましたが起こる原因はあります。

音が漏れる原因とは?

  1. 音を出しすぎている
  2. 耳栓と耳穴の間に隙間ができている
  3. 耳栓がしっかり耳穴に入っていない
  4. 壁や障害物の横などに補聴器が近づく
  5. 補聴器のハウリング抑制がうまく作動していない

この様な原因が挙げられます!

耳栓が合っていない方が感じる悩み

  • 耳穴にしっかり耳栓が入っていないので音声の入り方が不安定
  • 補聴器から音漏れがする事がある
  • 耳にしっかり入っていないので補聴器を落とさないか不安
  • 耳に入れると痛い

耳栓は耳の型を採って作る事ができます!

補聴器の耳栓が合わない方、オーダーメイドで耳栓を作製できるのをご存知でしょうか?

耳穴の形状により耳栓がうまく入らない方、既製の耳栓だとしっかり音が入らない方などにおすすめするのが
オーダーメイドの耳栓、イヤモールドです!ハウリングの解決策にもなります。
イヤモールドは耳の型を採るのでピッタリ耳に合った状態で装用できます!
大阪聞こえ補聴器ではNJH補聴器のイヤモールドをおすすめしています。
NJHのイヤモールドは仕上がりがとても綺麗です!
ある程度の加工にも対応しています!
耳かけ形のRICタイプと呼ばれる物でもオーダーメイドで耳栓を作る事が出来ます。

オーダーメイド耳栓、イヤモールドについて

NJH補聴器のイヤモールドは高い技術力をもつ、熟練の技術者によって作製されます。
一つ一つ手作りで丁寧に作られています。イヤモールドは販売店で耳型を採りメーカーで製作してもらいます。

こちら向かって左がイヤモールドで右がRICモールドです。

イヤモールド製作に必要な耳型採取の手順

まずは耳穴の確認をします。この時耳穴の状態、鼓膜の確認をしっかりとおこないます!

耳型採取5

耳穴の確認ができれば次にストッパー、綿球を入れます。耳道の第二カーブの所まで入れます。

耳型採取6

ストッパーを入れたらこの二種類の耳型採取専用のシリコン素材を手に取ります。粘土のような感じです。

耳型採取7

そしてこれを素早く手で混ぜ合わせます!

耳型採取12

二種類混ぜ合わせたらシリンジに入れ、耳の中に流し込んでいきます。感覚としては痛いとかは無く、ひんやりとします。
耳型採取8

約5分ほど待ったら固まるので慎重に空気を入れながらゆっくり耳から外していきます!

耳型採取10

耳から取り出したら耳型の完成です!この耳型をメーカーに送りイヤモールドを作製してもらいます。

耳型採取11

大阪聞こえ補聴器では耳型採取を安全丁寧におとりしています!

イヤモールド装用によるメリットとデメリット

メリット
  • 耳にピッタリ入るのでずれて抜ける事がない
  • ハウリングをより防止する事ができる
  • 補聴器本体がずれても落とす心配がなくなる
デメリット
  • 耳穴にしっかり入るので閉塞感を感じる事がある
  • 費用がゴム製の耳栓よりかかる
  • 使用期間が長くなると変色する事がある

イヤモールドには形状の違いや種類が色々あります!

イヤモールドの素材の種類について

ハード

硬く、抗菌性、耐久性がある。成人向け

ソフト

柔らかいが、汚れやすく耐久性がない。児童向け

他にも素材がシリコンの物、体温により柔らかくなるサーモソフトなどがあります。一般的にはハードとソフトが多いでしょうか。

イヤモールドの形状について

スタンダード 密閉度が高く重度難聴まで対応できる
セミカナル  安定感が良い
カナル    装用感が良く耳から出し入れしやすい
ミニカナル  小型で軽い作り         
スケルトン  特殊な加工により軽い着け心地になる
RICモールド RICタイプの補聴器専用でゴム耳栓よりとても安定感がある

形状について、この中で一般的なのはスタンダード、カナル、RICモールドになります。

まとめ

補聴器の耳栓は初めに付属するのは既製のゴム耳栓です。
しかし、人により耳にうまく合わない事があります。
耳栓が耳にしっかり合っていないと補聴器の音漏れや耳穴から浮いた状態になりうまく音声が聞きとれない事があります。
そのような耳栓が合わない方や、音のボリューム感が必要な方にはオーダーメイド耳栓をおすすめします。
大阪聞こえ補聴器ではオーダーメイド耳栓、イヤモールドはNJH補聴器の物をおすすめしています。理由としてやはり仕上がりがとても綺麗です。加工もできる限りの要望で仕上げていただけます。イヤモールドは耳に合わない方は勿論、しっかり音を入れなければならない高度、重度難聴の方。ゴム耳栓ではハウリングを起こしてしまうという方にもおすすめです!補聴器の耳栓は聞こえに大きく影響します。耳栓が合わないなどでお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか?