生まれつき片耳が聞こえない方の補聴器の選び方について

生まれつき片耳が聞こえない、そのような悩みのある方が補聴器の選び方はどの様に選べばよいのか?生まれつき難聴の方で両耳難聴になってしまう方もいらっしゃいますが片耳が難聴という方もいらっしゃいます。その様な片耳が難聴という方にはクロス補聴器と呼ばれる補聴器(送信機)をする事で聴力を補う事ができ効果的です。生まれつき片耳が聞こえない方が使用するのに適した補聴器の選び方を紹介します。

生まれつき片耳が聞こえない、先天性難聴について

生まれつき難聴になる先天性難聴と呼ばれる難聴があります。
遺伝子の異常が発見される場合もあるのですが、大半は原因不明です。
内耳が形成過程を途中でストップしてしまったために起こる内耳奇形(ないじきけい)と呼ばれる障害もあります。
先天性難聴には先天性、後天性に分かれます。遺伝子の突然変異、ご両親の遺伝によって難聴であった場合におこるのは先天性。
妊娠中にウイルス感染した時に難聴を引き起こす事もあり、その場合は後天性になります。

難聴の種類にもそれぞれ特徴があります

生まれつきの難聴には難聴の種類があります。

伝音性難聴
感音性難聴
混合性難聴

この3つの難聴の種類に分かれていて片耳におこる場合、両耳におこる場合があります。
難聴の種類によっても症状が分かれていますし、難聴となる原因も変わります。

先天性難聴のそれぞれの原因について

伝音性難聴

音声が外耳、中耳を伝わる過程に何か障害がある事でおきます。

  • 外耳道が塞がっている
  • 鼓膜の損傷
  • 中耳に水が溜まる、滲出性中耳炎
  • 中耳の感染

伝音性難聴の特徴は小さい音は聞こえにくいが音を大きくすると聞こえるようになります。
伝音性難聴は病気や外傷などの障害による一時的な難聴である場合が多く治療で症状が回復する事があります。
薬や溜まった水を抜いたりする以外に手術が必要な場合もあります。難聴が改善されない場合は補聴器の使用で聞こえを補う事ができます。

感音性難聴

感音性難聴は内耳にある有毛細胞、神経に障害がおきて音声がうまく伝わらなくなります。

  • 遺伝によるもの
  • 妊娠中のウイルスの感染(ヘルペスや風疹など)
  • 聴覚神経におこる障害

伝音性難聴と違い治療が確立されていない難聴です。難聴の症状が軽度の場合は経過観察、日常生活に支障が出てくる場合は補聴器や人工内耳の使用で補います。補聴器の使用で音声が聞こえるようになるが言語の発音など難聴の影響を完全になくす事が出来ません。

混合性難聴

混合性難聴は感音性難聴の症状に伝音性難聴の症状が出る、感音性と伝音性が混ざった難聴です。
内耳と中耳どちらにも障害がおきます。中耳炎を引き起こす事で症状が悪化する場合があります。

難聴には片耳、両耳におこる事どちらのケースもあります

難聴は片耳におこる場合、両耳におこる場合があります。両耳に難聴がある場合は両耳に補聴器をする事で聞こえを補う方法があります。
片耳が難聴で軽度の場合は以外とそのまま生活されている方が多い事があります。生まれつきの為慣れてしまっているという事もあります。
しかし、片耳が難聴だと人とのコミュニケーションをとる時や生活する上で様々な障害が出てきます。

  • 難聴側で話しをされると聞きとれない事がある
  • 会話の内容が不明瞭な時がある
  • 大勢の人数で会話をする時に聞きとれない事がある
  • 聞き返す事や聞き間違いがある
  • 難聴側の音に気づけない事がある

生まれつき片耳が難聴の方も症状によりますが補聴器をして聞こえを補うという方法があります。

生まれつき片耳難聴で補聴器をするなら

難聴の程度にもよりますが補聴器をする場合に効果が出る方と出ない方があります。
聴力が著しく低下している場合、聴力が特殊な方、言葉を理解する能力が低下している方は補聴器を使用しても効果が期待できない事があります。

補聴器を選ばれる際はよく補聴器専門店でご相談下さい。

片耳難聴にはクロス補聴器が効果的です

片耳難聴を補うにはクロス補聴器と呼ばれる補聴器(送信機)が効果があります。
クロス補聴器とは難聴側の耳にクロス補聴器をして健聴側の耳に補聴器をします。
仕組みはクロス補聴器に入る音声を補聴器に送信するという仕組みです。
難聴側で聞こえる音声も健聴側の耳で聞く事ができるという事です。

  • 難聴側で話しをされても聞きとる事ができる
  • 難聴側の音に気づく事ができる
  • 聞き間違いが減る
  • 複数人での会話も聞きとりやすくなる

クロス補聴器をする事でこの様な利点があります。

クロス補聴器の性能、値段について詳しくはこちら

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。
フォナックのクロス補聴器は販売した多くのお客様が大変喜んで使用していただいています。
今まで聞こえなかった方向の音声が聞こえるので初めは大変驚かれます。

大阪聞こえ補聴器でクロス補聴器を購入頂いた方からの感想を幾つか頂いていますのでご覧下さい。

  1. フォナックのクロス補聴器を購入された方の感想
  2. フォナックのクロス補聴器を購入された方の感想
  3. フォナックのクロス補聴器を購入された方の感想
  4. フォナックのクロス補聴器を購入された方の感想

東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がございます。フォナックのクロス補聴器も取り扱っていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
東京秋葉原店、秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

生まれつき片耳が聞こえない方に、片耳の難聴に効果的なクロス補聴器を紹介しました。生まれつきの難聴には様々な原因がありますが言わば防ぎようのない事です。難聴のまま生活される方もいますが補聴器をして補う事もできます。今回紹介したクロス補聴器は片耳が難聴の方に向けた補聴器です。
今まで聞こえなかった方向の音声を健聴側で聞く事ができます。特に学生の方、お仕事をされている方は人とのコミュニケーションをとる機会が多いです。聞こえない事が多いとストレスにもなり精神的にもよくありません。クロス補聴器は難聴側の音声を健聴側に届けてくれる送信機です。

ですので今まで難聴側で話しをされても聞こえなかった事も健聴側の補聴器で聞く事ができます。大勢の会話には慣れる事が必要になります。

補聴器には補える事に限界があるのでそれを予め知っておく事も大事です。片耳が難聴でお困りの方は一度クロス補聴器を試してみて下さい。

大阪聞こえ補聴器ではレンタルも可能です。聞こえないが聞こえるに変わるかもしれません。ご来店お待ちしております。

補聴器を体験したレビューを紹介【積極的になることができ、性格も少し明るくなった】

補聴器を使用した体験談のレビュー(感想文)をご紹介いたします。61歳の男性のお客様です。「仕事上で接客業でお客様との応対で困る」という方です。大阪聞こえ補聴器リスニングラボではお客様の声を大切にしております。実際に使用した体験談を掲載してこれから補聴器を試される難聴で悩まれている方の解決策になればと考えております。

お客様が補聴器を買われた経緯をご紹介いたします。

  • 名前 Y・K 様 / 年齢61歳 / 職業 ヘルパーとスーパーマーケット勤務
  • 難聴 右耳55.00dB / 左耳46.25dB 両耳とも中度難聴
  • 難聴になった原因 なぜ難聴になったのか原因はわかりませんが、10年前から徐々に悪くなった。
  • 難聴で困っていること 会話全般、コミニケーション、仕事上のでの聞き間違いなど。
  • 具体的な悩み 【接客業であるため、お客様の問いかけが聞こえない時が多々ある。仲間の会話に入れない。】

Y・K様が来店された時、おっしゃられていたのはとにかく接客業をしている為にお客様と聞き間違いがあれば困ることでした。またスーパーマーケットで働いている為に左耳にインカムをするのでとりあえず右耳のみで使用したい。とのご希望でありました。デジタル補聴器を各メーカー試聴して慎重に購入を決めたいとのことでした。出来るだけ目立たないタイプを希望されておりました。

お客様が補聴器を購入された経過報告

4月5日 初来店で相談と聴力測定と試聴

初来店されたのが4月5日でした。左耳は仕事でインカムを使用するので右耳の片耳だけをご希望されておりました。いくつか補聴器メーカーを試聴して本当に自分に合う補聴器を購入したい。とのことでした。Phonak(フォナック)、SIEMENS・SIGNIA(シーメンス・シグニア)の2社の補聴器を試聴して頂きました。結果、音質と値段で具体的に印象がよかったのがフォナック社のAudeo B30-13(オーデオB)でありました。まだ試聴して間もないのでフォナックもシーメンスシグニアも一週間ほどレンタルさせて頂きました。聞き比べて本当に合うのはどちらなのか見極めてもらううようにして頂きました。

4月12日 機種選定の為、試聴してもらいました。

聞き比べの結果、シーメンス・シグニアよりもフォナック社が良かったそうです。また別の補聴器メーカーのBeltone(ベルトーン)の補聴器も試聴しました。両ブランドとも一週間レンタルいたしました。

4月19日 機種を決定

「一番音質が良くの情報情報量が入り、明瞭度が良かったのはフォナック補聴器のオーデオB30-13だ。」と言われました。フォナック補聴器 オーデオB30-13に決定いたしました。

本当に大切なのは販売してから補聴器を使用しての耳のリハビリです。ここから先はその後のお客様の使用した経過報告をまとめました。

4月20日 スーパーマーケットの仕事にて補聴器を使用
スーパーマーケットの仕事にて近くで話している仲間の声が聞こえる。内容が分かる。
ヘッドホンを離していても、音の漏れが聞こえる。
 4月23日 介護の仕事にて補聴器を使用
ヘルパー業で、利用者さんの問いかけが以前よりわかる。
(利用者さんが高齢者や障害者の方が多いため、滑舌が良くなく理解しにくい。)
5月7日 補聴器への違和感
補聴器への違和感(装着している感覚)がほとんどない。
5月20日 補聴器にかなり慣れてきた
難聴のため人との接触への不安感が強かったが、大分それも減り、
積極的になっているような気がする。
6月10日 聞こえにくい時もある
以前より聞こえるのだが、まだまだ聞こえにくい時がある。
両耳もしくは片耳で、もっとグレードの高いもののほうが良いのだろうと思われる。
7月23日 故障?
音量調節ができなくなっている。
7月26日 ボリュームのスイッチが外れた
補聴器のカタログ確認。音量調節のスイッチがはずれている。
7月28日 スイッチの修理と感想文を提出
スイッチを修理する。感想文の提出。特に問題なく順調に使用している。

補聴器の総合的な感想

フォナックの試聴器を付けて4ヶ月たちました。
最初、補聴器を耳に着けることに抵抗があり、聞こえにくいまま数年送ってきました。
実際装着してみると、ほとんど違和感はありませんでした。
聞こえなかった音も聞こえ、それに慣れるのに時間がかかる方もおられるとの事ですが、そのことに関しても大丈夫でした。
職場で接客時の不安感も軽減され、積極的になることができ、性格も少し明るくなったような気がします。
今は(職場ではインカムをしているため)片耳だけの装着なのですが、
できれば両耳装着を将来的には考えています。
以前より聞こえるようになっているのですが、内容がとらえられないこともあります。
あまりあせらず、様子を見ながら、またこの店にお世話になろうかなと思っております。

大阪聞こえ補聴器の店長 野田圭男のまとめ

 今回販売させて頂いたY・K様は接客業をされているお客様で、仕事の時に聞き取りにくい時があると支障がでるのでなんとか解決したいという要望がありました。
「補聴器の機種を選ぶのに自分にとって何が一番よく聞こえるのか?」
ということをとても悩まれておりました。僕も出来る限りお客様の持っている聞こえの能力を引き出せる補聴器はないかと思いまして、うちで取扱っている補聴器メーカーを一通り試聴からレンタルまでさせて頂きました。予算も10万円代から20万円までと明確な金額が決まっていたので勧めやすかったです。
結果、フォナックのオーデオB30-13が一番明瞭度が良いということで機種選定させて頂きました。お客様によって耳に合う音質は様々です。本当に自分に合う補聴器をご希望の場合は試聴して自分の耳に体験することですね。
満足いただけた様で販売させて頂いたこちらとしても嬉しかったです。現在は右耳のみの使用ですが、今後は左耳にも補聴器を入れて両耳で生活したいとおっしゃられておりました。
「性格も少し明るくなったような気がします。」
とおっしゃられておりました。社会生活が積極的になり性格もポジティブになられてようでした。
Y・K様ご協力ありがとうございました。今後ともアフターケアをきちんとさせて頂きます。

補聴器を購入するなら補聴器専門店でご相談ください!!

補聴器に大切な三原則
  1. 補聴器の性能
  2. 調整技術
  3. 信頼関係

補聴器は医療機器です。自分に合った性能の良い補聴器を買いましょう。そして購入されるお店も調整技術の高い補聴器専門店へ行くのが良いでしょう。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器技能者が4名在籍しております。

認定補聴器技能者の詳しい記事ついてはコチラ

そしてお店の方とお客様の信頼関係が大切です。その中で予算に合わせた補聴器を相談されるのが良いでしょう。


補聴器は東京でもレンタルをご希望の方は秋葉原に姉妹店がございます。東京秋葉原店も各種メーカーの補聴器を取り扱っていますのでお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちら!