補聴器の買い替えと価格について【最新版!】

補聴器を買い替えの機種の価格を比較しました!
補聴器の買い替えに参考になるよう、補聴器の価格の違いと機種の選び方の基準についてわかりやすく解説しています。補聴器の買い替えを考えているなら必見ですよ。
買い替えをする時期でお悩み、補聴器の価格帯の違いや機種の選び方でお困りなら当サイトを見れば解決するかもしれませんので是非ともご参考ください。
失敗しない為にも慎重になる補聴器の買い替え時期と補聴器の価格の違いを知ることであなたに最適な補聴器を選ぶことができるでしょう。

補聴器の買い替えでは悩みは付きものです。あなたもいくつかの悩みの原因があり補聴器の買い替えがスムーズにできないのではないでしょうか。

  • まだ補聴器が使えているが何を基準に買い替えればいいかわからない
  • 補聴器の買い替えを考えているが価格が多く、どう選べばいいかわからない
  • 補聴器を買い替えても価格が高いし、今よりよく聞こえるのかわからない

買い替えるタイミングもイマイチわからず、価格帯の違いにもわからない点が多いですよね。補聴器の買い替え時期と補聴器の価格帯の違いが理解できれば補聴器買い替えの悩みも解決するでしょう。補聴器の買い替えをうまくおこない、よい聞こえを維持しましょう。

ここからは、補聴器の買い替える時期についてご紹介していきますね。

補聴器の買い替える時期について

補聴器の買い替えには目安となる期間があるのをご存知でしょうか?
家電製品などにみられる耐用年数が行政により補聴器にも設けられています。その耐用年数は5年とされていて、一応の買い替えの目安になっています。5年経つと補聴器が使えなくなるという訳ではありません。あくまでも5年で買い替えるのが目安なだけなので5年以上使われている方は多いです。この5年という年数期間が補聴器の買い替えで一般的な時期とされていますが、それ以外にも買い替えをした方がよい、もしくはせざるを得ない場合があります。

補聴器を買い替えなければならないケース

ここで紹介するのは補聴器の買い替えをしなくてはいけない、もしくはした方がいい場合を紹介します。

  • 補聴器を調整してもらって音量を上げても聞こえが悪い
  • 補聴器が故障して修理に出したが、修理不能だった
  • 補聴器の修理代金が高額になっている

この3つでどれかに当てはまれば補聴器の買い替えをオススメします。
補聴器の調整をしても聞こえが悪いというのは補聴器の対応できる聴力と変わってしまっているおそれがあります。補聴器は種類によって対応できる聴力が決まっているのでそれに合わなくなれば調整をしても使えなくなってしまうんです。補聴器の修理ができなくなってしまうというのは各メーカー、補聴器は販売を終了すると5年間は部品を製造しますがその期間を過ぎれば部品を作らなくなり修理ができなくなるんです。

あまり安いからと古い機種を買うと丸5年しか補聴器を使うことができなくなります。最後に補聴器の修理代金が高くなってきた場合です。補聴器の修理代金は購入後1年から機種によっては3年間保証期間があり、その期間内は補聴器の自然故障は無料でできます。期間がすぎて4、5年経つと修理代金が上がってきます。故障個所によっては割と高額になるのでそうなると修理せずに買い替えた方がお得になる場合があります。

補聴器の買い替えは最終的には自己判断になります。上記の内容を参考に補聴器の買い替えをお考えください。

ここからは、補聴器を買い替える時に知りたい価格の違いをご紹介していきますね。

補聴器の価格の違いについて

補聴器の買い替え時期を知った次に補聴器の価格の違いを知りましょう。

補聴器をお使いならおよその価格は知っているかもしれませんが安いものではなく、価格は高額です。
それに価格帯にも幅がある為に選ぶのは大変悩むポイントとなっています。補聴器の価格相場は片耳で約50,000円から500,000円ほどのモノまであります。なぜこんなにも価格に差があるのかには秘密があります。価格がこんなにも違って何も変わらない訳はなく、価格の違いで聞こえにも変化があります。

補聴器は性能の違いで価格が変化する

補聴器の価格の違いはズバリ性能面にあります!性能というのは中の機械の違いで聞こえやすさや、雑音処理などの機能のことです。

補聴器にはクラスが分けられていて低価格なモノから高額なモノまでで環境に合わせた聞こえの違いや快適性が変わります。補聴器を買う時にはもちろん人それぞれ予算があるのでその中で自分の使う環境に応じた性能を選ぶ必要があるんです。安いモノでいいと安易に選んでしまうと思っている補聴器の効果を得ることができず失敗してしまうでしょう。

補聴器の性能の違いについて詳しくはこちら

補聴器の価格相場について

補聴器は各メーカーで同じような価格相場となっています。

 ポケット型  耳かけ型  耳あな型

一番使いやすい補聴器です。寝たきりの方や簡単なものがいい方はポケット型がいいでしょう。

簡易的な補聴器です。乾電池を使用するタイプが主流です。

価格22,000円~70,000円

耳かけ型補聴器は軽度難聴~重度難聴まで幅広い聴力の方に対応できます。色んな機能を使いたい方にもおすすめです。

RICタイプの小型なものから、通常タイプのモノまで種類は色々とあります。

片耳価格50,000円~500,000円

耳あな型はオーダーメイドの補聴器。

軽度難聴~重度難聴まであわすことができます。

耳の集音能力を利用するので満足度の高い聞きとりができます。耳の中に隠れる超小型から大きいサイズで選べます。

片耳価格98,000円~500,000円

   

※およその参考価格です

補聴器は安いモノで片耳50,000円から、高くなるとおよそ片耳500,000円です。
価格が高い機種は補聴器の音質や細かな調整が可能になってより快適な聞こえとなります。

必要最低限の性能がある補聴器の価格帯

一般的にある程度の聞こえの快適性を求めるなら片耳100,000円台の補聴器からでしょう。100,000円以下の補聴器を決して悪い性能でもないですが、雑音抑制やマイクの機能などが劣るので外での使用にはあまり向いていません。街なかでもよく使用されるのであればそれなりに雑音抑制とマイクの精度がしっかりしていなければ聞こえにも影響があるでしょう。しっかり聴力に合わせた調整と雑音抑制ができる機種であれば片耳100,000円台の補聴器からお選びいただくことをオススメいたします。

ここからは、補聴器の買い替えで選ぶオススメの機種についてご紹介しますね。

補聴器の買い替えで選ぶオススメ機種

ここ最近では補聴器もどんどん進化しています。今使っている補聴器を購入した時にはなかった欲しかった性能がある機種も今では登場しているかもしれません。

当サイトでオススメな機種をいくつかご紹介しますのでお使いになる用途やデザインと価格でお選びいただくといいでしょう。

あなたにピッタリな補聴器を見つけてください!

3つのオススメ機種

当サイトで選んだオススメ機種3つをご紹介!

充電式補聴器 超小型補聴器 ダイレクト補聴器

電池交換がわずらわしく感じるなら電池交換が不要な充電式補聴器があります。充電方法も簡単な最新の補聴器です!

乾燥器が必要ないので使わない時は充電器にセットしておくだけでオッケー!

シーメンス補聴器 セリオン


あまり補聴器をしているのを気づかれたくないなら超小型の耳あな型補聴器があります。補聴器を着けているのもほとんどわからないくらいのサイズの補聴器が選べます。ただし聴力により合わない場合もあります。
フォナック補聴器 バートB70チタン

電話をよりスムーズにしたいならケータイ電話と連動させて電話を快適に聞ける機種があります。電話の着信も補聴器でとることができます!

ブルートゥース内蔵の補聴器は多く出ていて電話の他にも音楽やテレビを楽しむことだってできます。

フォナック補聴器 オーデオB50ダイレクト

 

上記の3つの様な最新補聴器がオススメですね。

他にも最新機種はいろいろありますのでお近くの販売店にてご確認ください。

ここからは、補聴器を買い替える時の購入方法をいくつかご紹介していきますね。

補聴器の購入方法について

補聴器を購入する時には色々と方法があり、必ずしも一括で支払わないといけない訳ではありません。中には知っておくと便利な方法もありますので是非ご参考ください。

補聴器の買い替えで予算でお困りなら補聴器の購入方法で解決するかもしれません。

ローンやクレジットカードで分割払い

一括支払いでは購入が難しいというあなたには分割で支払うという方法があります。分割で購入することができれば妥協せずに欲しかった補聴器を手にすることができるかもしれません。買い替える時に予算でお困りなら是非購入方法の相談をしてみてください。

補助金を使う方法

補聴器の買い替えで補助金を使う方法があります。ただし、こちらは条件があり誰でも利用できるモノではありません。

補助金を利用するには障がい者手帳を持っている方に限定されます。手帳をお持ちなら補聴器の申請が5年ごとに可能となります。手帳をお持ちの方以外でも市町村によっては補聴器の補助を受けれる地域もあるのでお近くの役所にご相談ください。

補聴器の補助金について詳しくはコチラ

補聴器の買い替えは専門店に相談しましょう

補聴器を買い替える時に注意をしてもらいたいのがお店選びです。今ではメガネ店やデパート、電気店などでも補聴器が買える時代ですので補聴器を買える場所は様々です。

納得のできるお店をお選びいただけていればいいのですが、オススメするなら補聴器専門店を選ぶのがいいでしょう。補聴器専門店には補聴器の専門家が在籍しているのであなたにあう適切な補聴器をきっと提案してくれるでしょう。買い替えは失敗したくないので特に慎重にしなければなりませんよね。

自分にあう補聴器を提案してもらえるか、親身になってくれるかが補聴器専門店選びに重要ですよ。

買い替える前には試聴やレンタルを利用しましょう

補聴器をすぐに買い替えるのではなく、まずは試聴やレンタルをしましょう。

一度使ってみなければ補聴器の効果はわかりません。補聴器を試聴することやレンタルすることはとても大事です。普段の生活環境で使ってみると自分に合った補聴器かどうか判断できるでしょう。

まとめ

補聴器の買い替えと価格の違いなどをご紹介してきました。

補聴器の買い替える時期と価格の違いを知ることであなたに一番あう補聴器が見つかりますよ。購入方法も考えて予算通りに目当ての補聴器を購入しましょう。

悩みが解決して新しい補聴器を買い替えることができれば聞こえも快適で生活も楽しくなるでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。補聴器の買い替えや価格のご相談はお気軽にお問合せください。

お問合せ

アクセス