片耳難聴に最適な補聴器のレンタル方法【カンタンにわかる】

補聴器 レンタル a12

片耳難聴に最新の補聴器をレンタルで試してみませんか?片耳難聴にはクロス補聴器がベストな補聴器としてお使いいただけます。補聴器のレンタルは短期間で利用できる無料レンタルから、長期の有料レンタルと、利用したい日数にあわせて選ぶことができるんです。補聴器はレンタルする時に聴力測定をして補聴器の調整もおこないますので現在の聴力も自分で確認することができますよ。補聴器の点検などもおこなうことができるので普段お使いの補聴器があればお持ちください。当サイトでは片耳難聴に適した補聴器のレンタル機種について、レンタルの方法をご紹介していますのでご参考ください。

片耳難聴にお悩みで補聴器を検討されているのであれば補聴器のレンタルを試してみませんか?片耳難聴は補聴器選びが大変重要となります。選び方を間違えてしまうと補聴器での改善は期待できないでしょう。片耳難聴を改善する補聴器を失敗せず選ぶには補聴器のレンタルが大変重要となります。もしあなたが補聴器を着けようか迷っているのなら一度補聴器の無料体験をご利用ください。片耳難聴の改善ができるクロス補聴器をレンタルして聞こえを確かめてみるとあなたに必要かどうかがわかります。ぜひ最後までご一読ください。

補聴器のレンタルについて確認する

ここからは、片耳難聴について、原因や改善方法についてご紹介しますね。

片耳難聴とは

片耳難聴 a2

片耳難聴(一側性難聴)は名前の通りですが片耳の聴力だけが低下している難聴です。片耳は健康なのでより周囲からも理解されにくい難聴です。片耳難聴といってもその症状や原因はいくつかあり、治療をすることで治る可能性もあります。難聴のレベルもさまざまで重度の難聴、高度難聴、中度、軽度難聴と難聴になった原因によっても変わります。片耳難聴は片耳は聞こえますが聞こえる範囲も少なくなり、生活するうえで仕事や学校の授業などに支障が出て困るシーンが多く、グループでの会話なども内容が理解しにくくなり楽しむことができません。

片耳難聴の原因

片耳難聴になる原因はいくつかあり、原因が不明とされているものもあります。

  • 生まれつきの難聴(先天性難聴)
  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴(おたふく風邪)
  • 音響外傷
  • 外傷性難聴

主な種類をあげましたが、これらの難聴の種類が片耳だけにおこる可能性が高い難聴です。生まれつきの難聴はウイルスの感染であったり、ムンプス難聴はおたふく風邪にかかった時にそのウイルスが原因でおこります。突発性難聴は原因が不明で突然聞こえなくなるという特徴があります。片耳難聴はそれぞれの種類により症状も違い、耳なりをともなったりめまいがおきるなどがあります。

治療と改善方法はあるのか

片耳難聴の治療は専門の医師によりおこなわれます。難聴に気づいたらすぐに医師に診てもらうのが重要で、放置しておくと治らない可能性がより高くなります。片耳難聴の治療に多いのはステロイドの投与が多いようです。片耳難聴は症状にもよりますが必ず回復する難聴ではありません。治療をしても聴力が回復しなければ耳鼻科医師から補聴器の提案などがされると思いますが、片耳難聴には通常の補聴器では改善が難しいことが多いです。片耳難聴を改善させる一番の方法はクロス補聴器の使用が考えられます。病院によっては補聴器外来をしているところもあり、補聴器のレンタルができる場合もあります。

片耳難聴の悩み

片耳難聴 悩み a1

片耳難聴になると生活するうえでお困りになることが多くありますよね。聞こえに関する悩みが大半をしめるかと思いますが、その中でもどんな場所でお困りなのか状況によっても悩みはさまざまです。

  • 騒がしい場所では会話が理解しにくくなる
  • 自分の立ち位置や座り位置をいつも考えなくてはいけない
  • 遠くから話しかけられると気づけないことが多い
  • 複数人になると会話に参加することが難しく楽しめない
  • 無視していると思われたり聞き返しをすることがありコミュニケーションがうまくできない
  • 集中して聞くことが多いので疲れやすくストレスにもなっている
  • 片耳が聞こえないので音の方向感がわかりにくい

片耳難聴ではコミュニケーションをとる時に勘違いされることや悲しくなることがありますよね。両耳の難聴とは違い片耳が聞こえているので中々理解してもらえないことも多いです。片耳難聴の悩みを軽減させるのであればクロス補聴器を試してみませんか?

ここからは、片耳難聴用のクロス補聴器についてご紹介しますね。

片耳難聴に適したクロス補聴器について

クロス補聴器 a1

片耳難聴では通常の補聴器では改善ができないことがあります。難聴の程度により適用する補聴器には違いがあります。難聴度によっては通常の補聴器で改善があることもあり、一概に片耳難聴には絶対クロス補聴器がよいとは言えません。聴力データを確認したうえで通常の補聴器がいいのかクロス補聴器がいいのかがわかります。クロス補聴器を使う前にしくみを理解しておく必要があります。

クロス補聴器のしくみ

片耳難聴に使えるクロス補聴器は通常の補聴器とはしくみがことなります。厳密に言えばクロス補聴器は送信機になります。クロス補聴器は送信機ですので音の出力はなく、受信機の役割りとなる通常の補聴器と一緒に使うため両耳装用で機能が働くようになるんです。難聴側の耳にクロス補聴器をつけて、健康な耳に補聴器をつけることで、クロス補聴器で集音した音声を補聴器に通信して届けます。クロス補聴器(難聴のある耳)の方向の音声が補聴器(健康な耳)に入ってくるので、難聴側で声をかけられても内容が聞こえるようになるんです。

クロス補聴器 しくみ a1

クロス補聴器の特徴

クロス補聴器の集音範囲は補聴器と同じで約2メートルほどの距離の会話音を拾うことができます。クロス補聴器には性能の違いはありませんので選ぶ補聴器により性能が決まります。クロス補聴器は一緒に使う補聴器によって聞こえの快適性が変わるので、自分の生活環境や使いたいシーンを考えて補聴器を選ばなくてはいけません。クロス補聴器をつけることで今までと比べ聞こえの幅は広がります。

クロス 効果 a1

クロス補聴器をつければ補聴器に音が入るため電話の音声だって聞くことができるんです。片耳だけで集中して聞かなければいけなかったのがクロス補聴器をつければそこまで集中しなくてもよくなるので疲れやストレスも軽減しますよ。クロス補聴器を着ければ聞こえの改善がかなり期待できますが、音の方向感をつかむのが慣れなければ難しかったり、電池の持ちが通信を常にしているため早いことなどがあります。しかしそんなデメリットも気にならないくらいクロス補聴器のメリットは強いといえます。

クロス補聴器について詳しくはコチラをご覧ください

片耳難聴に選びたいクロス補聴器を紹介【2019年最新版!】

片耳難聴用の補聴器レンタルの流れ

補聴器 レンタル a2

片耳難聴に適した補聴器のレンタル手順を紹介していきます。補聴器のレンタルって初めてであればよくわからないことが多いのでなかなか踏み込めないですよね。しかし補聴器のレンタルってとてもカンタンにおこなえるんですよ。レンタルに必要な主な工程は全部で6つです。

  1. 無料相談
  2. 聴力測定
  3. 機種選び
  4. 補聴器の調整
  5. 補聴器の試聴
  6. 補聴器をレンタル

まずは補聴器専門店に行き無料相談を利用しましょう。あなたの片耳難聴についてお話しください。もし病院でまだ治療中などであれば事前に病院の先生に確認してからにしましょう。無料相談の後は聴力の測定をします。病院でする聴力検査とは違い、難聴の診断目的でもありません。あくまでも補聴器の調整をおこなうためですのでご理解ください。聴力の測定が終わればあなたの聴力に適した補聴器の試聴ができます。補聴器を着けているときの聞こえ方を体感することができ、着けていないときと着けているときの違いがわかります。試聴をして問題がなければそのまま補聴器をレンタルすることができます。補聴器の相談から補聴器のレンタルまでおよそトータルで1時間半ほどの時間でできますよ。

レンタルできる補聴器について

レンタル 補聴器 a1

レンタルできる補聴器は耳かけ型のみですが、取り扱いのある各メーカーの機種をご利用いただけます。補聴器店によって取り扱いのあるメーカーは違うので、あなたの片耳難聴にあう機種があるかどうかを確認しておかなくてはいけません。片耳難聴であればクロス補聴器(フォナック、シグニア、コルチトーン、ワイデックスで取り扱いがあります)を置いているお店を選びましょう。もし希望する補聴器があるのであれば事前に用意があるか確認しておきましょう。人気がある機種などはレンタル中でないこともありますので気をつけてくださいね。

耳あな型補聴器はオーダーメイドですので、耳の形を取らなければ試すことができません。当店では耳あな型補聴器を試したいという場合には3ヶ月以内でしたら交換、返品対応をしています。ですので一度購入いただくことになりますが期間内に合わないということがあれば対応させていただきますので安心してご利用いただけます。

補聴器レンタルに必要なもの

補聴器のレンタルに必要となるのはあなたの身分を証明できる身分証だけで大丈夫です。

  • 運転免許証
  • 保険証
  • マイナンバーカード

おもに保険証か運転免許証を提示していただければいいでしょう。補聴器店によっては必要なモノに違いがあるかと思いますので事前に確認しておきましょう。

補聴器レンタルの料金と期間

補聴器のレンタル料金は長期のレンタルか短期のレンタルかで変わりがあるでしょう。当店の場合では10日間のレンタルはどの補聴器でも無料でお試しが可能で、10日から1日経過ごとに100円必要となります。補聴器店により、無料でやっているところもあればすべて有料のお店もあるでしょう。レンタル期間にも違いがあるので確認しておきましょう。

補聴器レンタルのご相談とお問い合わせはお気軽に

補聴器をレンタルで試したいとお考えであればまずは補聴器店にお問合せ、無料相談をご利用ください。はじめてでもわかりやすく補聴器の説明もしてくれるので気軽にお店に相談してみましょう。補聴器店はたくさんありますが、中でも補聴器専門店を選んでいただくと補聴器の知識や経験が期待できますので安心してレンタルできるでしょう。あなたの悩みにあった補聴器をぜひトライしてみてください。

補聴器のレンタルについてはコチラ

補聴器の無料レンタル【10日間のお得なキャンペーン!】

まとめ

片耳補聴器 a1

片耳難聴に適した補聴器のレンタルについてご紹介しました。片耳難聴でもし補聴器に興味があればぜひ体験してみてください。補聴器のレンタルは面倒に思うかもしれませんがカンタンな手続きだけでオッケーですので気軽に試していただけるんです。補聴器のレンタル方法があらかじめわかっていれば補聴器店にも相談しやすくなりますね。あなたの片耳難聴に適した補聴器をレンタルすることで悩みの解決に一歩近づきます。

お問い合わせ