クロス補聴器のおすすめ!【選び方がわかる】

クロス補聴器でおすすめを選ぶ方法を教えます!片耳難聴で聞こえに困っている方が多いです。片耳の難聴に効果的な補聴器があります。それはクロス補聴器と言います。効果は難聴のある側の音声をクロス補聴器で拾い聞こえる耳に着けた補聴器に送信する仕組みとなっています。そんな一側性難聴に効果があるフォナック社のクロス補聴器の選び方をまとめました。

片耳難聴でお悩みの方が多いです

片耳難聴は両耳が難聴の方に比べ理解を得られづらいです。片耳は聞こえるので聞こえる時もあれば聞こえない時もある。ですので無視をしているなど勘違いを生む事があります。日常的な会話も聞こえの程度によれば聞きとる事が困難になります。特に騒がしい場所での会話は聞こえのいい人でも聞きにくい事があるので片耳難聴の人はより聞きとりが困難になります。仕事をされている若い方、学生の方は特にその様な環境に身を置いているので悩みも増えてストレスにもなります。一般的な補聴器では改善する事が難しい事が多いです。片耳難聴と補聴器について

補聴器の選び方がわからなく効果の無い補聴器を購入してしまわない為に補聴器を選ぶ際は補聴器専門店で相談しましょう。

片耳難聴になる原因

片耳難聴になる原因は様々です。片耳難聴の主な3つの原因を紹介します。

突発性難聴

今回紹介する難聴の中でも一番有名な難聴です。芸能人にも多く発症された方がいらっしゃいます。発症の原因は不明とされています。突発性難聴は発症した時自分でわかると言われています。1週間以内にしっかり治療を行う事で改善される事があると言われていますが、治らずに難聴が残る事もあります。最近では原因はストレスやウイルス、血液の循環が悪くなる事でおこるのではないかと言われています。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

ムンプスウイルスが内耳に感染する事で発症する難聴。おたふく風邪にかかりその影響で難聴になります。それがムンプス難聴です。難聴の程度は高度以上になる事が多くて大抵が音声に反応する事ができない状態になります。片耳だけに発症することが多く、2歳児~15歳の子どもに多く発症する事が多いですが成人してもおこる難聴です。妊娠中に母親がおたふく風邪にかかりそれが原因で生まれつきに難聴になる事があります。

先天性難聴(生まれつきの難聴)

生まれつき難聴になる先天性難聴と呼ばれる難聴。先天性難聴は先天性と後天性に分かれます。遺伝子の突然変異やご両親の遺伝で難聴になった場合におこるのは先天性。妊娠中にウイルス感染した時に難聴を引き起こした場合は後天性になります。

片耳難聴に効果があるのがクロス補聴器です!

片耳難聴にお悩みの方に試していただきたい補聴器があります。それはクロス補聴器といいます。クロス補聴器の仕組みを簡単に紹介します。クロス補聴器は送信機の役割りをしています。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使う事で効果があります。ですので使用時はクロス補聴器と補聴器、両耳での使用となります。クロス補聴器を難聴のある耳に着け、補聴器を聞こえる耳に着けます。難聴側に着けたクロス補聴器に入った音声を補聴器に送信します。難聴側に入った音声を聞こえる耳に着けた補聴器に送信するという仕組みです。ですので片耳難聴であってもクロス補聴器を使用する事で難聴側の音声を聞きとる事ができます。

クロス補聴器はこの様な方におすすめです

突発性難聴などにより片耳の聴力を失った方
聴力が左右で差があり補聴器で補うのが難しい方
生まれつき片耳が難聴の方

他にも片耳の聴力が悪くて、もう片側の耳の聞こえも悪いという方にもクロス補聴器は有効です。

クロス補聴器の効果、性能や使う環境

クロス補聴器は生活する中で使用してもらうと効果的です。性能も雑音を抑える働きやピーピー音が鳴るハウリングを抑える機能もあります。騒がしい環境でも会話の聞きとり、仕事の大事な会議、学校の授業などの聞きとりも改善されるでしょう。しかし、音の方向性を感じ取る事が難しいです。片耳に音声が集中するので方向感覚がわかりづらいです。後、一般的な補聴器と比べ電池の消耗が早くなります。(常に補聴器が通信をする為)

クロス補聴器の種類について

クロス補聴器の種類について紹介します。クロス補聴器には耳にかける耳かけ形、耳あなに入れる耳あな型の二種類あります。耳かけ形(RICタイプ)と耳あな型では特徴が異なります。

クロス補聴器のメーカーや価格について

クロス補聴器を取り扱うメーカーや価格帯を紹介します。クロス補聴器を販売している補聴器メーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスになります。補聴器メーカーによって対応する補聴器の機種が決められています。クロス補聴器の性能、仕組みは各メーカーほぼ同じになります。メーカーにより音質の違いがあったり、調整方法が異なります。お値段はシーメンス・シグニア、ワイデックスが共に形状はRICタイプのみで97200円(税込み)。フォナックのみシリーズや形状により価格帯に違いがあり、クエストシリーズのRICタイプが91800円(税込み)、耳あな型が118800円(税込み)。ベンチャーシリーズのRICタイプが97200円(税込み)、耳あな型が124200円(税込み)になります。

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器をおすすめし、メインで取り扱っています!

クロス補聴器を使用した方の感想

当店、大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を多く販売しています。その中でクロス補聴器を使用した方の感想、購入した決め手や使ってみてどうなのか?クロス補聴器を使用する上でのデメリットやメリットを偽り無く書いて頂きました。何名かのクロス補聴器の感想をまとめましたので紹介します。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンやレンタルサービスをしています!

クロス補聴器をお考えの方に耳よりなおすすめ情報です!大阪聞こえ補聴器では片耳難聴でお困りの方にフォナックのクロス補聴器をお得に購入していただけるクロス補聴器モニターキャンペーンを実施中です!キャンペーンの概要はクロス補聴器を購入された際に使用時の感想など、クロス補聴器の調整に役立てる為に使用された方の声をお聞かせいただいています。

サービスの内容はこちら
  • クロス補聴器モニター価格10% off
  • 電池20パック 25,920円分プレゼント
  • V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント

クロス補聴器を一度試してみたいという方にはクロス補聴器のレンタルをやっております。一週間500円になります。レンタルの際には身分証明ができる物が必要となります。数に限りがあるのでレンタル希望の方は事前にご予約をお願いします。

クロス補聴器を購入するまでの流れ

カウンセリング

まずは片耳難聴になった経緯や補聴器をする上での希望(形や性能、予算)をお聞きします。耳鼻科で治療中か、補聴器の経験があるかないかも補聴器を選ぶ上で大事です。突発性難聴やムンプス難聴の場合は補聴器専門店に行く前に必ず耳鼻科を受診、治療を受けましょう。


聴力測定

相談をお聞きした後は聴力の測定をします。補聴器を合わせていく上で必ず必要となりますので測定をさせていただいています。補聴器専門店でおこなう聴力測定は耳鼻科でおこなう検査とは異なり難聴の診断はできませんのでご理解下さい。気導聴力、骨導聴力、語音を測定します。


試聴、レンタル

聴力の測定が終われば補聴器の試聴をしていただけます。お測りした聴力を元に補聴器を調整します。クロス補聴器を調整する際に重要なのがクロスのバランスです。防音室ではわかりづらいので外に出て試聴してもらいます。クロス補聴器を着けている時、着けていない時の聞こえ方をすぐに実感していただけます。試聴をして試してみたいという方はクロス補聴器をレンタルいたします。補聴器のレンタルは1週間500円です。生活環境の中で使う事が出来るのでより補聴器の効果がわかります。


補聴器の効果を測定

試聴した後はクロス補聴器の効果を測定します。補聴器を着けた状態で言葉の聞きとりを測定します。


納品、アフターケア

補聴器が必要となり、形状や性能を決めたら購入です。耳あな型補聴器は耳の型をおとりします。耳あな型補聴器は約1週間ほどで出来上がり、お渡しする事ができます。納品時は補聴器に聴力データを入れて調整をします。補聴器の使い方、手入れの方法を説明します。補聴器をお渡しした後は生活の中で聞こえる楽しさを実感して下さい。お渡し後の補聴器の点検や調整もとても大事です。問題が無くても定期的に補聴器の点検をおこなう事で安心してお使いできます。大阪聞こえ補聴器でも購入後のアフターケアをしっかりおこなっています。点検のご案内もお送りしています。

まとめ

クロス補聴器のおすすめについて。メーカーや種類について紹介しました。クロス補聴器はまだ登場して古くなく認知度も低い補聴器です。取扱い店もまだ少ないのが現状です。クロス補聴器は片耳難聴の方の手助けとなるでしょう。一度着ければほとんどの方が効果を実感できます。まずは試聴をして効果を体験してみて下さい。クロス補聴器はある程度慣らす事も大切です。初めから完璧な聞こえというのは中々難しいですので焦らずにお試し下さい。片耳難聴でお悩みの方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。聞こえの悩みを解消しませんか?

補聴器のオススメのメーカーを教えます【失敗したくない方必見!】

補聴器でオススメなメーカーの選び方をお教えします。耳の聴こえ方、デザイン、形、性能、値段は人によって様々です。「あなたに合った補聴器はコレです」とすぐには判断は出来ません。失敗しない補聴器を購入する為にもあなたに合った補聴器の選び方をご説明します。

補聴器のメーカーは沢山あるのでどれにすればよいか悩みますよね

補聴器を購入する際にまず補聴器のメーカー選びが大切です。補聴器のメーカーって沢山ありますよね。(フォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、GNリサウンド、リオネット、ワイデックス、スターキー、ユニトロン、オーティコンなどなど)一体どのメーカーが一番性能がいいのか?一番聞こえるメーカーはどこなのか?など気になりますよね。メーカーにもそれぞれ特徴がありますから余計に迷ってしまいます。初めてで何もわからない方が決める参考となるのは有名なメーカーだから、知人のおすすめ、インターネットでの評判になるのではないでしょうか?

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器、どっちにすればいいかわからない

補聴器の形状もどちらがいいのか分からない、という方が多いかと思います。補聴器の形状は耳の聞こえ方、耳の状態、聴力の状態、手先の器用さなどで、機種選定する形状やメーカーなどは変わります。よく補聴器専門店でお客様の希望と予算と耳の状態や生活背景など説明してから相談する事をオススメします。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違いについて詳しくはこちら

補聴器のメーカーを選ぶのに正しい選び方を紹介します

初めに説明すると補聴器のメーカーは沢山ありますが根本的な補聴器の性能はどのメーカーもそこまで違いはありません。今の補聴器は雑音を抑える機能やハウリングというピーピーとする音漏れを防止する機能など数年前はよくトラブルになった問題はほぼ標準で装備されております。ですので初めて補聴器を購入される方はそこまでメーカー選びに拘らなくても大丈夫です。

メーカーにより違うのは音の入れ方の量や計算式などです。各補聴器メーカーによって計算式や音質が違うのでそこだけご自身に合うメーカーを選べば良いです。

他にも音を抑制する機能の働き方、それ以外の機能も異なる箇所があります。補聴器の経験がある方は今使用中のメーカーと同じにするのも良いと思いますし、別のメーカーを聞き比べるのも良いと思います。現在使用しているメーカーで満足しているのであれば使用中の補聴器と同メーカーだと割と馴染みやすいです。他メーカーにすると音質の違いで多少は慣れにくい事があります。しかしその逆の可能性もあります。ですのですぐに購入するのではなく初めに試聴やレンタルをする事をオススメします!勿論初めての方も補聴器がどの様な物かを知る為に試聴、レンタルをするのが良いです。自分にあった補聴器は試聴をする事が大事です!

補聴器のメーカーの違いについて詳しくはこちら

自分に合う補聴器メーカーを見つけよう

自分に合う補聴器、メーカーを選ぶには購入するお店が非常に重要となります。補聴器のメーカーでオススメをお探しの方は通信販売などの安物の補聴器は購入しない方が良いでしょう。通信販売は対面販売とは違い現物もわからずネットの口コミの評価などを見て決める事しかできません。通信販売で取扱う補聴器は音質調整は出来ませんし、性能自体がお客様の難聴にはあまり向いていないことが多いです。

ただし通信販売の補聴器は既製品で安いのでどうしても皆さん買ってしまうということが多いです。補聴器専門店としてはまずオススメはしません!!

通信販売の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについて詳しくはこちら

オススメのメーカーを選ぶには認定補聴器専門店に行く事が大事です!認定補聴器専門店には幾つかのメーカーの取り扱いがあり、性能も良い物が多いです。価格は片耳約5万円から約50万円ほどと通信販売で売られている補聴器と比べると高額になりますがその分性能が優れています。優れている所は聞こえに合った補聴器の調整も可能ですので聴力が変化した際にも対応する事ができます。その他に環境の合わせた細かな音質の調整も可能です。通信販売で買える既製の補聴器にはこの様な機能はありません。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。取り扱いメーカーもベルトーン、フォナック、シーメンスシグニア、GNリサウンド、ユニトロン、いずれも優秀な補聴器メーカーです。まずはご相談、聴力の測定、試聴、貸し出し(レンタル)もしています。認定補聴器技能者があなたに合う補聴器を提案いたします!

補聴器を購入する流れ

カウンセリング

初めに難聴になった経緯、どの様な事でお困りか、補聴器の予算や希望する性能、形などをお聞かせ下さい。話しを聞く事で補聴器のメーカーや形状を選ぶ大事な情報となります。


聴力測定

聴力の測定をします。耳の聞こえ方がわからなければ補聴器を合わす事もできません。ですので必ず聴力の測定をします。補聴器専門店で行うのは耳鼻科で行う聴力検査とは違い補聴器を調整する際に必要な聴力の測定となります。難聴の診断はしておりません。


試聴とレンタル

補聴器を試聴してみましょう。聴力の測定が終われば実際に補聴器の試聴をしてみましょう。実際の補聴器の聞こえ方がわかります。外に出てみて少し騒がしい場所で聞くとより補聴器の効果がわかりやすいです。

試聴してみて補聴器を使ってみたいという方には補聴器の貸し出しをオススメします。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器レンタルしています。身分証明できる免許書、または保険証を持参下さい。


補聴器の装用効果

補聴器を着けた時と着けていない時の装用効果の測定をいたします。


納品からアフターケア

補聴器の性能、聞こえ方がわかり生活に必要となれば補聴器購入となります。耳あな型補聴器の場合は耳の型をとりオーダーします。補聴器は耳かけ形で在庫があれば即日お渡しが可能です。耳あな型補聴器であれば一からお作りするので約1週間ほどお待ちいただく事となります。店に補聴器が届けば補聴器の調整、使い方の説明をして納品いたします。補聴器は購入後のアフターケアが大事です。補聴器は点検や調整など購入後も必要となります。購入後のアフターケアを受けれる販売店で購入すると安心です。大阪聞こえ補聴器では購入後のアフターケアもしっかり対応致します!

訪問や出張サービスもいたします!

便利な出張訪問サービスがあります!

ご来店が難しい方にはご自宅、病院や施設などに伺う事ができる出張訪問サービスを実施しています。専門スタッフが親身に対応致します。出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

補聴器のオススメのメーカーを選ぶ方法を紹介しました。補聴器のメーカーはどのメーカーも音質の違いや調整方法に違いがありますが根本的な性能はそこまで違いがありません。ですので初めての方にはそこまで重要ではありません。ただし各メーカによって好みの音質はあると思います。補聴器の経験のある方、使用中の方でメーカーにお悩みの方は使用中の補聴器メーカーと他社メーカーを聞き比べてみて選んで下さい。ネット社会なので色々と情報はありますがいい評判だけに流されず、自分に合う補聴器を選んで下さい。通信販売などの既製品の補聴器は専門店ではオススメしません。補聴器を買うには補聴器専門店でキチンと相談をして試聴をしてから買うのが一番です。

補聴器の選び方で大切なことは
  1. 難聴の悩み
  2. 価格
  3. デザインや形
  4. 試聴

このことを販売店のスタッフに聞いてもらい、ご自身が得心できる補聴器を選ぶことです。

補聴器のメーカーに悩んだらまずは補聴器専門店にご相談下さい。大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。補聴器のメーカーでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。耳に合う補聴器で快適な日々を過ごしましょう。

補聴器のオススメな店の選び方【優良専門店のポイント!】

補聴器を買う時にオススメの店を選ぶポイントについて。補聴器のお店を選ぶなら認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店がオススメです。  補聴器の知識と経験のある販売員、耳鼻科との連携も取れているので安心できます。補聴器購入にオススメなお店選びをお教えします。

補聴器をどこで買えばいいのかわからない

補聴器を買おうと思っても売っている店が多くてどこで買ったらいいのかわからない!そんな方も多いかと思います。今どきインターネットの通販などでも購入する事もできる補聴器。補聴器を売っているお店はメガネ店、補聴器専門店、百貨店、電気店など様々です。色々お店がある中、補聴器を買う時に一体どのお店を利用するのがオススメなのでしょうか?

購入する店により扱う補聴器の種類が違います

補聴器には多くの種類がありメーカーもあります。買う店により勿論取り扱う補聴器も変わります。その中で注意しなければならないのが同じ補聴器という名前だけで判断してしまうという事です。補聴器という名前であっても音質を聞こえに合わす事ができる物とできない物があるんです。ここを選び間違えると難聴の方であれば着けても効果がない物を買ってしまう恐れがあります。よく通信販売などで売られている補聴器は値段もリーズナブル(1万円以下から6万円ほど)です。購入の手段も自宅で買う事ができるのでとても簡単です。しかしその分売られている補聴器は聞こえに合わす事ができない物となります。聞こえに合わす事ができないというのは補聴器の聞こえる幅が予め決まっていて音の増幅は出来るが聴力に合わした補聴器の調整が出来ないという事です。そうなると聴力は人それぞれ違うので効果が出る人と出ない人が出てきます。効果が出なければ買っても意味がありませんよね。通信販売は安く買えるが対面販売では無い為、補聴器がどんな物のなのか説明を見るだけでしかわかりません。正直素人が見ても詳しい内容まではわからないですよね。通信販売で売られている補聴器は集音器に近いです。ですので難聴がある方にはあまりオススメできない、一般大衆向けの物がメインです。この事をよく理解して補聴器を買わなければ失敗してしまうんです。

集音器と補聴器の性能の違い(専門店の補聴器と通信販売の補聴器の違い)について

補聴器の店を探すなら認定補聴器専門店がオススメです

補聴器を買う店の決め手となるのはズバリ!補聴器専門店であるかどうかです。補聴器専門店というのは認定補聴器専門店の事です。認定補聴器専門店というのは公益財団法人テクノエイド協会が補聴器販売店からの認定申請に基づき、その店舗の補聴器販売事業が、 補聴器の適正な販売を行うために遵守すべきものとして定めている「認定補聴器専門店業務運営基準」に適合して行われていると認定し、 当協会の認定補聴器専門店登録簿に登録し、認定証書を交付している補聴器販売店です。この運営基準は、補聴器関係各分野の有識者によって構成されている補聴器協議会の議を経て定められており、又、認定補聴器専門店の認定は、 補聴器協議会の答申に基づいて行っております。(テクノエイド協会HP内より)認定補聴器専門店には補聴器の知識と調整技術に優れた資格を持つ認定補聴器技能者が在籍しています。売られている補聴器も通信販売の物とは違いひとりひとりの聴力に合わす事のできる性能のいい補聴器を取り扱っています。価格帯は片耳で約5万円から50万円まであります。メガネ店や電気店にも補聴器専門店と同じ補聴器は売っていますが補聴器は聴力に合わす調整技術が非常に重要です。調整が上手く出来ていなければ性能が良い補聴器を買っても効果を十分発揮できていない可能性があります。その為補聴器を買う店を選ぶなら認定補聴器技能者がいる補聴器専門店がオススメなのです。認定補聴器専門店の多くは耳鼻科との連携も取れている為に安心できます。

このマークが目印です!



認定補聴器技能者

認定補聴器専門店を探すには耳鼻科からの紹介やインターネットで探されるのが確実です。全国の認定補聴器専門店を探せるページもありますので利用してみて下さい。当店、大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。

補聴器の性能と安心できるサービスがある、信頼できる店で買う事が大事です!


認定補聴器専門店で補聴器を購入する流れ

まずは問診、相談をします。どのような経緯で難聴になったのか、お困りになっている事、補聴器購入の予算などをお聞きします。


聴力の測定を行います。あくまでも耳鼻科などでの聴力検査とは違い、補聴器を合わせる為の測定となります。ですのでここでは難聴の診断などは行いません。気導聴力(鼓膜の聞こえ方)骨導聴力(神経の聞きとり)語音測定(ことばの聞きとり)を測定します。


測定した聴力のデータを元に補聴器を合わせ、試聴をしていただきます。ここで補聴器がどの様な物なのかがわかります。実際に補聴器を着けてどれだけ聞こえ方が変わるのかを実感する事ができます。補聴器を着けた時、着けていない時の言葉の聞きとりを測定します。通信販売の補聴器と違い、補聴器の効果をしっかり確認する事ができます。


すぐに決めれないけど補聴器を使ってみようかな?と感じられた方は補聴器のレンタルを致します。実生活の中で補聴器を使用して補聴器の購入を考える事ができます。補聴器がどの様な物なのかがわかった上で購入できるのでオススメです。大阪聞こえ補聴器では1週間500円でレンタルしています。レンタルに必要なのは身分証明ができる物だけです。補聴器が必要では無いと感じたり予算の都合で見送りになっても問題ありません。レンタルをしたから必ず購入しなければならないという訳ではないので安心してご利用下さい。


補聴器を購入しよう!となった方は機種の選定です。補聴器を買うとなると予算の問題もありますしメーカーや補聴器の形状、機種を選ばなければいけません。補聴器には耳にかける耳かけ形補聴器、耳あなの型をとって作るオーダーメイドの耳あな型補聴器が主な物となります。着けられる方の好みにもなりますし、聴力や耳の状態にもこの形状選びは大きく関わります。ご自身の予算の中でこういった機種や形状を選ぶ際も知識のある販売員がオススメを説明してくれたりアドバイスしてくれるので安心です。自分ひとりで補聴器を買うのと専門の人に相談するのでは専門の人に見てもらった方が何に関しても安心できますよね。補聴器が決まれば注文をします。


注文した補聴器が店に届いたら納品です。補聴器を合わせてから補聴器の使い方など大事な内容を説明します。今日から補聴器で不便に感じていた悩みが減るでしょう。そして補聴器は買ってお終いではありません。定期的な点検や調整などアフターケアが非常に重要です。補聴器を買ってからもお気軽に点検や調整にお越し下さい。大阪聞こえ補聴器ではあまり調整、点検をされていない方にも6ヶ月と2年の点検案内をお知らせして実施しています。

補聴器専門店で買うメリットやデメリット

メリット
  • 認定補聴器技能者が補聴器の調整、点検するので安心できる
  • アフターケアなど補聴器購入後も気軽に調整、点検できる
  • 耳の事で何かあれば耳鼻科の紹介など連携が取れているので安心できる
  • 補聴器故障、紛失の際もしっかり対応してもらえる
デメリット
  • お店に足を運ばなければならない
  • 調整や点検などする際に時間が必要
  • 補聴器の値段が高額

大阪聞こえ補聴器では店舗に出向くのが難しい方の為にオススメな出張訪問サービスを実施しています。お年寄りの方、施設や病院のご訪問も可能です!出張訪問サービスについて

まとめ

補聴器を買う際にオススメな店の選び方について説明しました。オススメなのは認定補聴器専門店です。資格を持った認定補聴器技能者が在籍しているので補聴器の調整も安心できます。売られている補聴器も高額にはなりますが雑音を抑える機能やピーピー音がするハウリングもほとんどありません。聴力に合わせた調整をする事ができる性能の良い補聴器を取り扱っています。買う時の手間や値段だけで補聴器を選んでしまうと失敗してしまいます。しっかり性能の違いを理解した上でお選び下さい。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者は4名在籍していますので補聴器のご相談はお気軽にご連絡下さい。信頼できるお店で自分に合う補聴器をお選び下さい。聞こえる生活でより快適な日々を送りましょう。

補聴器をデザインで決めたい、そんな方におすすめの補聴器を紹介

補聴器のデザインを見て決めたいというそのような方のおすすめする補聴器を紹介します!
補聴器は耳に着ける物なので見た目を気にされる方は多いです。
大きさやデザイン、お色など希望はそれぞれです。
そこで今回は今時の補聴器のデザインやお色など見た目で選びたい方におすすめの補聴器を紹介します。

まずは補聴器について知る事が大事です

補聴器をデザインで決めたくてもその補聴器が耳に合わないという方も出てきます。
どういう事かというと補聴器って種類が色々とあり、聞こえ方や耳の状態によって補聴器の機種は決まってきます。
どの補聴器も同じという訳ではないんです。ですので初めに注意して頂くのはある程度耳の状態、聞こえ方で補聴器の種類はある程度決まってくるという事です。デザインやお色で決めたいという方はまずはこの様な事情を知っておく必要があります。

補聴器の効果や性能について

補聴器を決める際に見た目、デザインを重視される方が多いです

補聴器を初めて購入される方の中で見た目で選ばれる方は多いです。
それは補聴器に対してあまり良い印象がなく、マイナスイメージを持たれている方が多いんです。
特に若い方は補聴器を着けていると恥ずかしい、お年寄りみたい、と周りからの目を気にされます。
それは同時にまだ世間からは補聴器に関しての理解、関心があまり持たれていないという事でもあります。
最近ではオーダーメイドのイヤホンなどが流行っていてテレビでもミュージシャンの方などが着けていたり、耳に着ける行為に関しては抵抗が無くなってきているのではないでしょうか。

補聴器もどんどん進化しています

昔の補聴器のイメージが強い人は目立つサイズの補聴器というイメージが強いかもしれません。
しかし最近の補聴器はどんどん小型化が進んでいます。ですので最近では見えない補聴器、目立たない補聴器が次々に登場しています。
それは耳にかける耳かけ形補聴器、耳あなに入れる耳あな型補聴器どちらもです。
目立たない補聴器というのは若い方や女性の方に今とても人気があります。

サイズやお色などデザインで決めたい方におすすめの補聴器を紹介

では補聴器をデザインで選びたい方におすすめな補聴器を紹介致します!

耳あな型補聴器のおすすめ

  • フォナック バートBチタン

まず耳あな型補聴器のおすすめはフォナックのバートBチタンです!
こちらはわからない補聴器として売り出されており、その名の通りほんとに補聴器を着けているのかわからないです!
この補聴器はとても小さく作られています。補聴器の素材はチタン合金を使用していますのでデザインも今までの補聴器とは違い斬新です。
チタン合金は従来の素材より薄くて丈夫で、装用した時のアレルギー反応などもありません。
最小に拘った耳あな型補聴器です!こんなに小さくてもパワーもあるのである程度の聴力に対応できます!

フォナックバートBチタンについて詳しくはこちら


耳かけ形補聴器のおすすめ

  • フォナック オーディオBシリーズ

耳かけ形のおすすめはフォナックのオーディオBシリーズです。
こちらはフォナックの一番最新の耳かけ形補聴器、RICタイプになります。
おすすめできる点はまずサイズが目立たない小型になります。本体がすごく小さいので目立ちません。
カラーバリエーションは合計9色の中から選ぶ事ができます。性能もオートセンス機能搭載で環境に合わせた音質に補聴器が自動調整してくれます!
防水、防塵にも大変優れているので汗や水での故障も大幅に軽減できます!

フォナック オーディオBシリーズについて使用中のお客様の感想など詳しくはこちら


カラーで決めたい方におすすめ

  • シーメンス・シグニア 充電式補聴器セリオン(Cellion)

おしゃれな色で選びたい方にはシーメンス・シグニアの補聴器がおすすめです。中でも最新の充電式補聴器セリオンをおすすめいたします。充電式補聴器は電池式補聴器とは違い充電器で充電して使用します。ですので定期的な電池交換が不要となっています。充電方法も簡単で今人気があります。カラーバリエーションは豊富な13色からお選びいただけます!

シーメンス・シグニアの充電式補聴器セリオンについてはこちら


見せるデザインの補聴器で決めたい方におすすめ

  • シーメンス・シグニア クール(COOL)

目立たない補聴器とは逆で目立つ、デザイン性のある補聴器をお探しの方におすすめするのがシーメンス・シグニアのクールです!シーメンス・シグニアのクールはオーダーメイドの耳あな型補聴器ですが一見補聴器に見えないデザインが特徴的です。耳穴に入れたときの閉塞感を大幅に軽減するデザインです。ワンタッチで装着する事ができて外れることがないように耳全体で支えるようになっています。今までにないデザインとカラーです。

今回紹介した補聴器の他にもおすすめは色々ありますのでお気軽にご相談下さい。

大阪聞こえ補聴器では要望に合う適した補聴器を提案いたします

大阪聞こえ補聴器ではデザインで補聴器のお探しの方に希望に合った補聴器を提案いたします。
補聴器選びは予算や聞こえ方や耳の状態によっても適する補聴器は変わってきます。
ですので必ずしも希望する補聴器を選べるとは限らないのです。
しかしなるべく希望に添える機種を選ぶ事はできますのでよく相談して決めていきます。
耳あな型補聴器は試聴、貸し出しする事はできませんが耳かけ形補聴器は試聴、貸し出しする事が可能です。
ご購入前に聞こえ方もわかり検討する事ができるので安心です。

大阪聞こえ補聴器では耳あな型補聴器は90日以内、耳かけ形補聴器は30日以内でしたら交換、返品を承っています。

ご来店が難しい方には出張訪問サービスをしておりますのでお気軽にご相談下さい!


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がございますのでそちらで対応致します。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

補聴器をデザインや見た目で決めたい方におすすめする補聴器を紹介しました。

補聴器の見た目やデザインで決めたいという方は幾つか注意する点があり、予算や聞こえ方、耳の状態も補聴器選びには重要です。

ですので、希望するデザインの補聴器にする事ができない場合もあります。大阪聞こえ補聴器ではお客様のご要望に最大限応えるように補聴器の提案、ご相談を致します。購入前に試聴や貸し出しをする事も可能ですのでご相談下さい。あなたに合う補聴器の提案を致します!

見えない補聴器で専門店がオススメする超小型耳あなタイプ【フォナック バート B-チタン】

周囲から見えない補聴器を専門店でお探しならオススメのIICやCIC耳あな型はフォナック(Phonak)バートB-チタンです。職場や学校などで補聴器を着けていることが周囲に見えないので安心してお話が出来ます。「チタン」素材なので極限まで軽く、薄く。そして強く。フォナック補聴器史上最も小さく目立たない耳あな型補聴器をご紹介します。

目立たない小さな補聴器が求められる理由

なぜ補聴器は目立たない、わからない、見えない、といった補聴器が求められるのでしょう。その理由についてお応えします。

小さな小型補聴器が求められる理由は

「難聴者であることを知られたくない。」

「周りに補聴器をしていることを知られたくない。」

ということが多く寄せられております。周りの人に補聴器をしていることを内緒にしたい方が多いです。また難聴者であることを内緒にしたい方がいております。大阪聞こえ補聴器でも色んな方に小型補聴器を販売いたしましたが、ほとんどの方が見えない補聴器を望まれる理由に自分が難聴者であることを内緒にしたい。とおっしゃられます。

なぜ補聴器をしていることを内緒にしたいのか?

補聴器をしていることを隠したい、内緒にしたい人は自分が難聴であることに対してコンプレックスがある方が多いです。

難聴というハンディキャップを隠したい理由
  1. 自分の耳が難聴であることを周囲に隠したい。
  2. 補聴器をしていることが恥ずかしい。
  3. 大きな目立つ補聴器では難聴であることが周囲にわかり抵抗がある。
  4. 職場や学校には知られたくない。
  5. 家族や友人などのプライベートでさえ知られたくない。
  6. 歳を取ったという印象を与えたくない。
  7. 常に若くいたい。

職場や学校で自分が難聴であることが周囲にわかってしまうと、仕事を任されないことや、頼りにされないことを気にしてしまいます。学校や仕事場で耳が聞こえないことで差別を受けた話などはお客様からも極稀にお聞きします。本当に悲しい話ではあります。そんな話を聞く度に胸が痛いです。誰でもコンプレックスな部分を指摘されるのは集団生活では本当に辛いことであります。

事実、補聴器を初めて選ぶ時に世界中の62%の人が目立たない補聴器を望まれております。

※フォナック社のアメリカ、ドイツ、フランス、中国での調べです。

目立たない補聴器には大きく分けて二種類あります

「目立たない」、「見えない」、「わからない」といった補聴器には大きく分けて耳あな型タイプと耳かけ型タイプの二種類あります。CICといった超小型耳あな型補聴器とRIC補聴器という耳かけ型補聴器があるのです。

CICの小型耳あな型タイプ特徴
  1. オーダーメイドで耳の中にスッポリと収まるタイプです。
  2. スポーツをする時や動きに強いアクティブなのが特徴です。
  3. 耳の中は汗腺が少ないので補聴器の故障の原因である汗に対して故障が少ないです。
  4. 着けた時に密閉されるので違和感はある。

RIC補聴器の耳かけ型タイプの特徴
  1. 耳の後ろに本体部分を掛けて頂き、補聴器の音の出るレシーバーは耳の中へ納めます。
  2. 耳かけ型は近年小型が進み以前に比べると目立たなくなりました。
  3. 耳あな型に比べると密閉率が低いので装用した時の違和感は少ない。

RICの耳かけ型補聴器の目立つ欠点

RIC補聴器は従来の耳かけ型よりも遥かに小さくなったので小型で目立ちません。しかしRIC耳かけ型には目立たない補聴器や見えない補聴器として欠点があります。

それは髪の毛の短い方などは斜め後ろや真後ろから除くと見えてしまうのです。

これは見えない補聴器をお求めの方には最大の欠点であります。

耳の後ろが隠れるくらいの長さまであれば目立たない補聴器として成立いたしますが、髪の毛の短い方や髪の毛のない方には後ろ側からは見えてしまうのです。

髪の毛の長い女性でもポニーテールなどにして耳を出すと補聴器をしていることがわかってしまいます。

レシーバーチューブの線が気になるということで拒否されることもあります。

また眼鏡を掛けたり、帽子をかぶるとマイクを触れることで雑音が入ったり、耳がかさ張るので邪魔になることを嫌がる方もいます。

CIC小型耳あな型補聴器の目立つ欠点

CIC小型耳あな型補聴器はオーダーメイドで耳にスッポリと入ります。しかし耳の穴の容積や形状によっては大きく仕上がったり若干外へ飛び出してしまいます。

極力目立たなく作ることを重点を置いておりますが、耳に大きさや聴力によっては目立つこともあるのです。

特に耳の形状によっては横から見た時などは耳の穴を塞いだ補聴器のフェースプレートが周囲に見えてしまいます。

本当にオススメの見えない補聴器はこれだ!!

究極に見えない補聴器や目立たない補聴器ってあるのだろうか?

本当に見えない補聴器はRIC耳かけ型でもCIC耳あな型でもありません!

そんなお客様の要望にお応えしたオススメ補聴器がこれだ!!

 フォナック B-チタン 

フォナック社が開発した世界初のチタンで出来た超小型補聴器です。

CICからより目立たなくて丈夫で軽量化するのにはチタニウム素材が最適と辿り着いたのです。

CICではなくIICと呼ばれるCICをさらに小さくした耳あな型補聴器で、真横から見ても小さくて補聴器を着けていることが周囲から見えません。

CICとIICの補聴器の大きさを比較

CICとIICの大きさの比較です。一円玉を置いたらさらにIICのファナックチタン-Bの小さいのがわかると思います。

着けた時の比較の写真

CICとIICを装用した時の比較を見ても目立たないです。ちなみに取り出し用コードのテグスは短く目立たなくすることは可能ですのでご安心ください。

フォナック バートBチタンはなぜ目立たない補聴器なのか?

RIC補聴器もCIC補聴器も横から耳を除いたり、後ろから除くと多少でありますが補聴器を使用していることがわかります。

ではIIC補聴器のフォナック バートBチタンはなぜ目立たないのか。その外観の特徴についてご説明いたします。

B-チタンが極限まで小さい理由

 小さくなった理由 

  • チタン合金

シェルの素材をチタンの中でも強度の高いチタン合金を使用。従来のシェルはアクリルで平均0.4㎜の厚さでしたが、チタン合金は半分の0.2㎜で作成。

  • マイクと電池の一体化

マイクと電池の収納部分を一体化に成功。ICチップも60%縮小して内部構造を極限まで小さく作りました。

この二つの技術で今まで一番小さかったフォナックのV-Nanoより60%縮小して作れることに成功しました。

チタンより強いチタン合金がなぜ良いのか

  • 軽く、硬い素材でわれにくい
  • 高い耐食性でさびにくい
  • 高い生体親和性
  • 環境にやさしい100%リサイクル可能な素材
  • 低い熱伝導率で入れ初めに冷たい感覚などあまり感じない
  • 高級感のある色合い
  • アレルギーのリスクも少なく耳にやさしい

 チタンにしたかったのではなくて、究極を求めるとチタンになった!! 

バートBチタンが小型補聴器として優れている理由

有利になったことバートVとバートBの比較

  • チタン素材なので従来のアクリルより15倍の強度。
  • 内部のスペースの余裕があるので、高度難聴などでパワーの強いレシーバーが必要でも出力が大きいものも作れる。
こもり感の軽減したAOVoベント採用

 バートB-チタンからAOVoベントを採用いたしました。

ベントとはこもり感、閉塞感の少なくする通気孔(ベント)のことです。耳あな型補聴器というのは耳の穴を栓してしまうのですが、バートB-チタンから内部を小型にできた分だけ可能な限りベント孔を大きく開けることができます。その分だけ装用感を軽く快適に使用できます。

耳の奥にすっぽりと収まるので、耳介の収音効果を今までよりも活用できる。

フォナックバートBは小型だが高性能!

バートBチタンは小さいけれど高性能です。バートBはフォナックの最新機種のプラットホーム「ビロング(Belong)」を採用しています。ビロングはこんな特徴があります。

自動環境認識機能 オートセンスOS

会話をする中で雑音があると聴こえ辛いですよね。その雑音や騒音も、時と場所によって種類が違うことに着目した機能です。
0.4秒に一度、マイクで周辺の音を取集し、今どのようなところにいてどのような雑音があるか分析をします。
その中で雑音を抑えて、会話が聞きやすい音に自動で調整してくれます。

サウンドリカバー2

高音域の聞こえづらい音を圧縮して言葉を識別しやすくします。子供の高い声や、「サ行」「ハ行」などを聞き取りやすくできます。ビロングでは2段階の圧縮がかかり、一つは浅く常にかかっていて特に高い音を常時聞こえやすくするのと、音の角をとって柔らかくし聞きやすくしてくれます。もう一つは瞬間的に深くかかる圧縮です。常時深い圧縮を掛けると高い音の子音は聞き取りやすくなりますが、低い音の母音に影響が出て音が濁りやすかったのですが、一瞬だけ深くかかるように工夫したことで、影響が出さずに聞こえやすさを上げることができます。

防水・防塵性能 IP68

汗や水、砂やほこりなどの侵入を防ぐ防水防塵性能がついに国際保護規格の最高水準IP68を取得。
粉塵の中に8時間入れた後でも、深さ1mの水中に30分以上入れた後でも修理が必要なダメージが発生しません。
バートBチタンではチタン製の本体と撥水性のナノコーティングで汗や湿気に強くなり、故障のリスクが減って毎日気兼ねなく使えるようになりました。

エキスパンション・広域ブースター

エキスパンションは、ささやき声などの非常に小さな音を拡張したり、小さな雑音をカットしたりできる機能です。静かなところではより静かに、騒がしいところではちいさな声も今まで以上にくっきりはっきりと聞かせられるようになりました。
広域ブースターは、広帯域で出力に裕を持たせることができます。大きな音が入力されたときに、びりびり音割れてしまうことを無くしてクリアな音質を獲得できと同時に、あと少しだけ音量がほしいというときの後押しができるようになります。

日々日常で使いやすく、壊れづらいかつ聞きやすいというバートBの優秀さが感じられます。

 本当に見えない補聴器をお求めの方へ

本当に見えない補聴器、目立たない補聴器、わからない補聴器を購入したいなら、RIC耳かけ型補聴器や耳あな型のCIC補聴器ではなくIIC補聴器のフォナックのチタン-Bが一番良いでしょう。

フォナックのチタン-Bは耳の中にスッポリと収まり、横から見ても、後ろから見えても周囲のわかりにくい構造になっております。

仕事をしていたり、学校やプライベートでも補聴器をしていることや難聴であることをみんなに内緒にしたい方はたくさんいております。

フォナックのチタン製のIICにして頂けたら補聴器をしていることが周りに見つかることはとても少なくなります。

音質はご好評いただいておりますビロングシリーズの70と90シリーズになります。価格帯やオプションは下記のとおりです。

バートBのラインナップ

バートBチタン
モデル名 チャンネル数 価格
バートB90 20ch 片耳¥550,000-
バートB70 16ch 片耳¥390,000-

プレミアムクラスのB90とアドバンスドクラスのB70のみの販売となります。

出力選択は3種類
  • 軽中等度用 Mレシーバー
  • 軽中等度~高度 Pレシーバー
  • 中等度~高度(高度よりの重度)SPレシーバー
製作可能サイズ
  • IIC(Nano)
  • CIC

※耳型と、聴力の程度によってサイズが多少異なります。
※耳型によってはサイズ選択できない可能性があります。(出来る限りIICで作るように勧めております。)

選択可能オプション
  • ミニコントロール(ボリューム機能のみ)
  • イージーフォン

段階的に音量が上がるボリューム用のミニコントロールか、電話をかけたとき補聴器に直接音が入るイージーフォン
いずれか一つを選択できます。

大阪聞こえ補聴器では見えない補聴器をお求めの方へフォナックのバートBチタンの超小型補聴器をオススメしております。

フォナックの補聴器のことなら大阪聞こえ補聴器もしくは東京秋葉原にあるリスニングラボにお任せください。

秋葉原のリスニングラボ店はこちらの画像をクリック

補聴器の評判、おすすめが気になる!そんな方に補聴器の正しい選び方をお教えします!

補聴器の評判やおすすめの補聴器が気になる、そんな方に補聴器の正しい選択方法をお教えします!

補聴器って沢山種類がありますよね。そして販売しているメーカーも沢山あります。
その中で評判のいい補聴器、メーカーってどこなのか?
気になる方も多いですよね。結論をいうとここの補聴器が一番いいというように断言できません。
補聴器の仕組みはどこのメーカーも同じです。しかし、調整の方法が違ったり、メーカー毎にそれぞれ特徴があります。
聴力や予算によってもおすすめする補聴器は異なります。ではどのように補聴器って選んだらいいのでしょうか?
補聴器のおすすめが知りたい、評判が気になる方は是非ご覧下さい。

 

補聴器の評判、おすすめが知りたい!

まず、補聴器といってもかなりの種類があります。
補聴器の購入を考えている方は最近ではまずインターネットで補聴器について調べると思います。
やはり気になるのはみんなの評判や、おすすめする物、販売店、使った感想だと思います。
それは購入して失敗したくないという思いもあるし、性能がいい物が知りたいと思うからです。
しかし、補聴器のおすすめというのは人それぞれ異なります。
それは難聴でもそれぞれ人により耳の聞こえは違うからです。ですのでおすすめする補聴器は人により変わります。
難聴にもどのような音、声質が聞こえにくいのかみなさん違うんです。
補聴器の形状も同じように、生活環境や健康状態で人によりおすすめする形は変わります。

難聴の聞こえの違いとは?

難聴の人はただ音声の聞きとりが悪くなる訳ではありません。
難聴の種類によっても音、声の聞こえ方など違います。
ですので補聴器は人それぞれ合う物が違います。
難聴の種類というのがこちらです!

難聴の種類についてはコチラ

補聴器のおすすめ、評判が知りたい理由

おすすめや評価、評判が知りたいという方はこのように考える方が多いです。

  • 一番性能がいい補聴器が知りたい
  • 人気がある、売れている補聴器が知りたい
  • 価格の安い補聴器が知りたい
  • 形などどれがいいのか知りたい

このように、売れている=いい補聴器、と考える方もいるだろうし、少しでも安く買いたいと思っている方もいらっしゃると思います。

自分に合った補聴器を見つける事が大事です

ではどのように補聴器を選ぶのが良いのか?
それは自分に合った補聴器を見つける事です。
どのように見つけたらいいのか?それは補聴器専門店に足を運ぶ事です。
インターネットでも補聴器の情報は得られますが肝心なのは果たしてそのおすすめの補聴器が自分に合うのか?という所です。
補聴器は一度試してみないと効果があるのかどうかがわからないです。
ただ耳の聞こえが悪くなったから補聴器ならなんでも良いという訳ではないです。
その補聴器が自分の聴力、耳の状態に合う物なのか知る必要があります。

例えば耳漏れがある方であれば耳あな補聴器の場合故障しやすくなるなど、補聴器の特徴を知る事も大事です。

補聴器の形状や特徴についてはコチラ

補聴器のメーカーにはこだわらなくても大丈夫?

補聴器のメーカーって沢山あります。その中からおすすめの物や評判がいい物を探すというのは正直あまり意味の無い事です。

補聴器メーカーに初めから拘る必要って実はあまりないのです。それは補聴器の価格やデザイン、調整方法などメーカーにより異なりますが聞こえにはそれほど違いが出る事は無いからです。しかし例外で言えば同じメーカーの補聴器を長年使用されている方の場合。

長年同じ補聴器メーカーを使用されている方は新たに購入する時も同じメーカーで買われると慣れやすいです。

それはメーカー毎の音質の違い、調整方法が関係します。他メーカーに変えた時今までと音質が変わり違和感を感じる方も中にはいらっしゃいます。

補聴器メーカーのそれぞれの違い性能は認定補聴器技能者が在籍している補聴器専門店とよく相談されるのがよいです。

耳鼻咽喉科、補聴器専門店で聞こえをみてもらう

補聴器の情報を知って次に考えるのがどうやって補聴器を購入するかです。
補聴器購入にあたりするべき事は自分の耳の状態、聞こえを知る事です。
聞こえが悪くなったから通販などで購入というのは避けて下さい。
避けなければいけない理由としては、本当に自分の聴力に合うのかわからないという点が一番です。
購入したが使い物にならないといった事になりかねません。
ですので、補聴器購入をする前にするべき事は聴力を調べてもらう事です。
方法は耳鼻咽喉科を受診する、もしくは補聴器専門店に行くかです。
いずれも聴力の測定、検査を受ける事ができます。
そして補聴器専門店ならそのまま補聴器の試聴をする事も可能です。

安心できる補聴器専門店に出会う事

自分が信頼できる補聴器専門店に出会うという事はとても大事です。

補聴器は機種の選び方、調整方法によっては効果が期待できません。

高い補聴器を購入したが全然聞こえないなどもよくあるケースです。

これは補聴器は悪くないが聴力に合った補聴器ではない、もしくは調整がしっかり出来ていない事が考えられます。

補聴器の機種の選び方や調整はとても重要で性能がいい高価な補聴器でも聴力に合っていなかったり調整が間違えていると使い物にならなくなります。

それらをしっかり相談、選定してもらえる補聴器専門店に出会う事が補聴器選びにとって大事です。

補聴器専門店で補聴器の効果を知る

自分の気になった補聴器を一度試してみたい場合は補聴器専門店で試聴、もしくはレンタルする事ができます。

補聴器専門店では購入前に補聴器を試聴する事が出来ます。試聴をして補聴器の効果を測定、確認する事もできます。

それでその補聴器が自分に合っているかどうかを確認する事ができます。ですので購入してから失敗したという事になりにくいです。

しかし、オーダーメイドの耳あな型補聴器に関しては型を採ってお作りしないといけない為試聴する事ができません。

補聴器は購入して終わりではないという事

自分に合った補聴器を見つけて購入してそれで終わり、という訳ではありません。

補聴器は購入してからも調整をする事が重要です。何故重要なのか?

それは聴力の変化や補聴器に慣れてきた時に聞こえ方が変化する為です。

補聴器は購入してからのアフターケアが一番大事です。

大阪聞こえ補聴器では出張、訪問サービスをしています!

補聴器専門店に行って補聴器を試してみたいが近くに無い、または足腰が不自由で出歩く事が困難。

そのような方に大阪聞こえ補聴器では出張、訪問サービスをしています!

大阪市内は勿論、大阪府内、一部兵庫、京都方面まで出張訪問しております。(その他の地域に関しては適切なアフターケアがおこなえない恐れがある為要相談)聴力の測定、補聴器の調整がご自宅でも可能です。

出張、訪問サービスについて詳しくはコチラ

まとめ

補聴器の評判やおすすめを知りたい方に知ってもらいたい補聴器の選び方について紹介しました。

みんなの口コミや評判、おすすめなど補聴器以外でも気にはなるものです。しかし、補聴器は身につける医療機器です。

人それぞれ耳の聞こえ方も違います。おすすめや評判を気にする事もいいですが一番は自分の耳で補聴器を試してみる事が大事です。

そして自分に合う補聴器、補聴器専門店に出会う事です。大阪聞こえ補聴器もお客様に安心、信頼してもらえる店作りを心がけています!

補聴器をお考えの方は一度耳鼻咽喉科、もしくは補聴器専門店に足を運ばれてはいかがでしょうか?

自分に合った補聴器で快適な生活を送りましょう。

補聴器のおすすめのメーカーをよく聞かれます!

おすすめのメーカー補聴器について教えます。

大阪聞こえ補聴器ではここの補聴器メーカーがおすすめだ!っていうのは聴力測定をして、お客様のお悩みを聞いて、試聴してから決めております。

なぜなら補聴器というのは、ひとり一人が耳の形、聴力、生活スタイル、予算、好みの音質(メーカーごとの特徴)がことなるから、
「あなたはこの補聴器にしなさい!」
なんていきなり言えません。そんなことしたら押し売りと一緒です。笑

大阪聞こえ補聴器ではSIEMENS(シバントス)、Phonak(フォナック)、Beltone(ベルトーン)、GNリサウンド、Unitorn(ユニトロン)と5つの補聴器メーカーを取り扱っていますので、好みの音質がどれなのか聞き比べが出来ますよ。

 

先日も電話での問い合わせで
「おすすめの補聴器メーカーを教えてください。」
という問い合わせがありました。詳しく聞きますと、80代のおばあ様が年々聞こえなくなっているそうです。安い通信販売のものを何台も買っているがピーピーと音漏れ(ハウリング)が激しくて周りの家族も困っている。足が不自由で耳鼻科へも補聴器店へも行けなくて困っている。耳鼻科がいいのか?補聴器屋さんへいきなり行くのが良いのか?そしてメーカーの種類が多いから何買ったらいいのか?迷うところがたくさんあるようでした。

ひとつずつ解決していきましょう、

1、足が不自由な場合。

2、耳鼻科 or 補聴器店どちらへいくべきか。

3、通信販売の補聴器って良いものあるのだろうか?

4、補聴器メーカーをどこにあるのか?

全てお応えいたします。

1、足が不自由でお店や耳鼻科へ行けない場合。

この方の例ですが、まずは足が不自由で耳鼻科や補聴器店に行けないのであれば、大阪聞こえ補聴器では自宅へお伺いして出張訪問できることを言いました。補聴器専門店へ行って相談するのも良いことだと思います。

大阪聞こえ補聴器の出張サービス

2、耳鼻科へ行くべきなのか?補聴器店に足を運ぶべきなのか?
いきなり耳鼻科へ行くのは良いケースと悪いケースがあると個人的に思います。それは耳鼻科のお医者様が補聴器に理解のある先生なのか、理解のない先生なのかという問題がるからです。言わば補聴器肯定派と否定派があるということです。補聴器相談医の札を店内に掲げている先生なら親身に相談に乗ってくれると思います。また大阪聞こえ補聴器と提携している耳鼻科医は殆どの先生が補聴器相談医の登録医であります。

3、通信販売の簡易的な補聴器ってどうなの?

また通信販売などの簡易的な低価格の補聴器はあまり良くないですね。補聴器専門店ではまずそのような簡易補聴器は集音器の部類と考えております。安くていい宣伝文句を書いてますが、あまりぴったりとあって満足したという方は少ないです。やはりきちんと聴力測定をして耳の形を計測して使用する方が間違いなく満足度も違います。

4、補聴器メーカーがたくさんあってどこがいいのかわからない!!

これが最終的に一番悩むところだと思います。先にも言いましたが、補聴器のおすすめメーカーよりも、聴力測定とその方の使用用途と予算さえわかれば、ある程度のおすすめのメーカーやお客様にある補聴器はわかりますよ。一社のメーカーしか扱っていない補聴器店もありますが、大阪聞こえ補聴器ではSIEMENS(シバントス)、Phonak(フォナック)、Beltone(ベルトーン)、GNリサウンド、Unitorn(ユニトロン)と5つの補聴器メーカーを取り扱っていますので、好みの音質がどれなのか聞き比べが出来ますよ。また大阪聞こえ補聴器では返品や機種交換も可能です。

耳あな型オーダーメイドは90日間の返品・機種交換が可能。

耳かけ型補聴器は30日間の返品・機種交換が可能。

安心してください。あなたの探していた補聴器がここにありますよ!あとは基本的なことですが、認定補聴器専門店加盟店であるのと、認定補聴器技能者が在籍しているというのもとても大事なことですね。大阪聞こえ補聴器では二名在籍しておりますし、認定補聴器専門店であります。

大阪聞こえ補聴器ではここの補聴器メーカーがおすすめだ!っていうのは聴力測定をして、お客様のお悩みを聞いて、最終的には試聴してから決めております。

認定補聴器専門店

補聴器の適応性は語音明瞭度で見極めるのがおすすめ!

補聴器の購入でお悩みの方、語音明瞭度で考えるのもおすすめですよ!

補聴器の語音明瞭度測定ってなぞや!?

と思いの方、補聴器の語音明瞭度とは補聴器を使用した時に、どれだけ言葉が聞き取れるか、判別できるか、数値で解る測定の事です。日本語の五十音がランダムに流れます。聞こえてきた一音を応えて頂きます。例えば、『あ』だったら『あ』、『き』だったら『き』といった感じです。間違えても構いません。最初は大きい音から始まります。100dBから始めますが、100dBほどの大きな音で響いて気分が悪くなる方やあまりにもわかりにくい方は80dBや90dBで始めることもあります。そこから5dBや10dBと音を下げていって応えていきます。間違えても構いません。大きな音でどれだけ正解したか、中くらいの音でどれくらい応えれたか、小さい音でどれだけ応えれたか、様々な音で音の正解率やどのように間違えているかを見ていきます。

また補聴器を着けた時と外した時の装用効果を見て頂くのもとても効果的です。客観的に間違えている言葉や聞こえている言葉がわかります。

耳鼻科などでは語音明瞭度検査と言われておりますが、補聴器店では検査とは言えませんので語音明瞭度測定と言っております。またスピーチオージオグラムなどとも耳鼻科などでは言われております。

この語音明瞭度測定は補聴器の装用効果がわかるのでおすすめですよ。

関西きこえ補聴器(大阪聞こえ補聴器)では語音明瞭度測定の補聴器の装用効果の測定をとても大切にしております。是非ともお持ちの補聴器で語音明瞭度測定を試されたいのであればご相談ください。

補聴器の調整について


お問合せ 住所 〒541‐0054大阪府大阪市中央区南本町3-6-2ケンガンビル4階 / 電話06-6245-0330 / FAX06‐6245‐8705 / 平日10:00~19:00 土10:00~17:00 / 休み 日曜日 祝日(要予約) 大阪聞こえ補聴器 (関西きこえ補聴器)

補聴器でおすすめは大阪のTV番組で紹介されたちちんぷいぷいシーメンスバイナックス!

補聴器でおすすめは関西きこえ補聴器(大阪聞こえ補聴器)がちちんぷいぷいで紹介したSIEMENS(シーメンス)Binax(バイナックス)です!おすすめの理由はなんといってもデザインと音質です。特にMBSラジオ松井愛さんの番組でも紹介したシーメンスBinax(バイナックス)が人気ありますね。

SIEMENS(シーメンス)耳穴型補聴器

 

MBSのちちんぷいぷいや松井愛さんのすこーし愛してで

関西きこえ補聴器(大阪聞こえ補聴器)が紹介されました。

binax(バイナックス)

SIEMENS Binax(シーメンス補聴器)の豊富なカラーバリエーション

SIEMENS(シーメンス補聴器)の新しい補聴器でBinax(バイナックス)という機種は去年の秋に発売されまして、5月にはついに7bx、5bx、3bxと全てのシリーズが出揃いました。今まで40万円台クラスの7bxで48chと30万円台クラスの5bxで36chしかなかったのに、3bxの24chが発売されることはお求めやすいラインナップになってとても嬉しいことであります。また今回から耳かけ型以外に耳あな型やCOOL(クール)タイプも発売されました。既製品の耳かけ型もおすすめですが、カラーシェルで充実したデザインの耳あな型はぴったりと収まって目立たないオーダーメイドがお好きな方には本当におすすめです。

SIEMENS(シーメンス)耳穴型補聴器のカラー

3月2日にMBSテレビのちちんぷいぷいでご紹介させて頂いた補聴器もこのタイプになります。
大阪で大人気のヤマヒロアナウンサーが無理やり耳に装用して取れなくなったのは驚きました。補聴器は実際その方に合わせてオーダーメイドして作るので、取れなくなるや、取りにくいなんてことはありませんのでご安心ください。ちちんぷいぷいのあの映像では見本の補聴器を無理やり押し込んだので取れなくなっただけであります。生放送で見ていて驚きました。汗!でもさすがは大阪人ですね、生放送のトラブルも冗談で交わすなんて大阪の芸人魂を見ました。あっと!ヤマヒロさんは芸人やなくてアナウンサーでした。大阪で補聴器をご希望の方、こちらのブログを読んで興味を持たれたら大阪聞こえ補聴器(関西きこえ補聴器)にご相談ください。ちちんぷいぷいで紹介したシーメンス補聴器も試聴できます。

補聴器のレンタル補聴器を14日間レンタルいたします!

関西きこえ補聴器(大阪聞こえ補聴器)ではただいま補聴器のレンタルキャンペーンを強化しています。14日間レンタル料3,000円でお貸しいたします。またレンタルキャンペーンをご利用されて晴れて補聴器の購入になった方にはレンタル代金を全額ご返却いたします。また電池一年間分と一万円割引もいたします。お気軽にご相談ください。