突発性難聴に補聴器は必要か【聴力が回復しない方必読】

突発性難聴で補聴器が必要なのでしょうか?突発性難聴はその名の通り突発的に片耳が聞こえなくなる症状が特徴的です。感音性難聴の部類に入ります。発症した場合はすぐに病院で治療を受ける事が大切です。片耳が聞こえるから大丈夫だと様子をみたりする事もおやめ下さい。病院で治療をしたが聴力が治らなかった方は片耳難聴に適応するクロス補聴器もしくは一般的な補聴器のどちらかを使用すれば聞こえを改善する可能性があります。そんな突発性難聴に補聴器専門店のスタッフが詳しくお答えします。当店は補聴器専門店であります。難聴や耳の病気に関しての診断はしておりません。突発性難聴や耳の病気に関しての診断は専門の医療機関で診てもらう事をお勧めいたします。また突発性難聴に必ずしも補聴器が有効的という事ではありませんので予めご了承下さい。

突発性難聴で片耳が聞こえなくなった場合

突発性難聴という名前を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?芸能人の方にも発症した方が多い難聴の一つです。(キンキキッズの堂本剛さん、浜崎あゆみさんなど)症状としては急に片耳、まれに両耳の聞こえが悪くなる、または全く聞こえなくなります。同時に回転性のめまいが起きたり、耳鳴りがある事があります。
突発性難聴について詳しくはこちら
年齢や性別など、関係が無くおきる難聴です。そして何かをしたから突発性難聴になった、などこれという原因、理由が不明とされている事も突発性難聴の特徴の一つです。突発性難聴は自分ですぐに発症した事がわかると言われています。

突発性難聴以外の片耳難聴についてはこちら

ムンプス難聴について
先天性難聴について
音響外傷について

もし突発性難聴になったら

突発性難聴になったらまずは病院に行く事です。突発性難聴は早期に治療をする事で聴力が回復する事があります。ですので発症したら早期に適切な治療を受けて下さい。一般的にはステロイドの投与による治療ですが入院治療もあるようです。発症後は激しい運動なども控え、安静にする事です。

突発性難聴の悩み

片耳が聞こえなくなったがもう片耳は聞こえているから大丈夫と思う方、もしくはもう諦めている、片耳の聞こえだけでいいと考えられている方と様々だと思います。しかし、突発性難聴になり片耳が聞こえないという生活は色々な困難、悩みが出てきます。

突発性難聴になった事で出てくる悩み
  • 音の方向感覚がつかめない

片耳が聞こえない事で音がどちらから聞えているのか判断する事が難しくなります。本来は両耳で聞いてるのでわかりますが片耳が聞こえなくなると方向感がわからなくなります。

  • 騒がしい環境にいる時に何を話しているのか聞きとる事が難しい

外や騒がしい場所になると会話の聞きとりがより難しくなります。複数人の話し声が重なるとわからないという事もあります。

  • 難聴のある耳側で話しをされると聞きとりが難しい、聞こえない

片耳難聴である事を相手が知らなければその事を知らない場合聴力が悪い側で話しかける事も当然あります。そういった時にはどうしても聞き返したりする事が増えます。状況によれば一対一の会話でもスムーズに行うのが困難になります。

  • 片耳が聞こえる為周囲から理解されない事がある

片耳難聴は反対耳は聞こえる為に周囲からなかなか理解してもらえない事があります。内緒にしていると無視しているなど勘違いされてしまう事が出てきます。


片耳難聴になったが周囲には内緒にしているという方も少なくないかと思います。しかし、片耳難聴になると色んな悩みが出てきます。お仕事をされている方も仕事上でミスをしたりする事も出てくるかもしれません。ですので片耳難聴であれば周囲に打ち明けるという事も大事なんです。片耳難聴であるという事は打ち明けるのに勇気がいる事だと思いますが誤解されて生活するのもストレスや悩みになります。わかってもらえると悩みやストレスも解消されるかもしれません。

突発性難聴で補聴器は必要でしょうか?

突発性難聴で片耳難聴になると補聴器で改善する事が可能です。しかし、強制する物ではありませんので補聴器を使用せずそのままの方もいます。ですが補聴器で改善をしなければ前途にあるような悩みが出たりする事があります。ですので補聴器をして聞こえを改善するか、補聴器無しで聞こえを諦めるかどちらかをしっかり考えて決めるようにして下さい。補聴器をお考えになる方はまずは病院での治療を受けて、聴力が戻る事が無いという状況になってからお考え下さい。病院での治療をする前に補聴器を使う事は望ましくありませんのでご注意下さい。そして補聴器を選ぶ時に気をつける事があります。まず一つに補聴器を買うお店です。片耳難聴の方で補聴器を選ぶ時に気をつけるのは購入する店と機種です。補聴器は専門店で購入するのがよいです。こちらの記事もご参考下さい
そしてもう一つが買う補聴器の種類です。補聴器は買う種類を間違えると使い物にならなくなります。突発性難聴などの片耳難聴の場合は難聴の程度によって選ぶ補聴器が特殊です。その為補聴器専門店で合う補聴器を見てもらう必要があります。突発性難聴になり聴力が回復しなかった方が補聴器をする時は一般的には聞こえなくなった側の耳に補聴器をする事が多いです。それも間違いではありませんが、聴力の程度によっては一般的な補聴器よりも改善する方法があります。それがクロス補聴器という特殊な補聴器です。聞こえる側と聞こえない側の耳の聴力の差が40~50dB以上差がある場合にはクロス補聴器という調整方法があります。一般的な補聴器とクロス補聴器をお店で試聴して比べられるのも良いかもしれません。

クロス補聴器を簡単解説!

クロス補聴器は補聴器と一緒に使う事で効果があります。まずクロス補聴器と呼ばれる送信機と補聴器が必要です。この2機種を使って聞こえを補います。使い方は簡単で難聴のある耳にクロス補聴器を着けます。そして反対側には補聴器を着けます。これだけでいいんです。クロス補聴器の仕組みはクロス補聴器に入ってきた音声を電波で補聴器側に飛ばします。ですのでクロス補聴器(難聴のある耳)側の音声が補聴器(聞こえる耳)側に入ってくるという仕組みです。難聴のある耳でそのまま聞くのではなく、聞こえる耳で聞く事ができます。

クロス補聴器の使い方や種類、価格について詳しくはこちら

クロス補聴器をすればすべてが解決する訳ではありません。補聴器をしても改善が難しい事があります。クロス補聴器の使用で改善が難しいのが音声の方向感覚です。後、騒がしい環境においても聞きとりが難しい事があります。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器をお試しいただけます

大阪聞こえ補聴器では突発性難聴や片耳難聴になった方にフォナック補聴器のクロス補聴器をお試しいただいております。ご相談から聴力測定、試聴、貸し出しする事も可能です。まずはお気軽にご相談下さい!出張訪問もしております!尚、当店ではクロス補聴器のモニターキャンペーンをしています。クロス補聴器の使用した感想やどのように効果があるかなど感想文を書いて頂き今後の補聴器調整の為に参考にさせて頂いております。感想文を書いていただいた方に割引きやお得なサービスを実施しています。クロス補聴器モニターキャンペーンについて詳しくはこちら


東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

突発性難聴に補聴器は必要かを紹介しました。突発性難聴の多くは片耳難聴になります。しかし、病院で適切な治療を受ける事で聴力は治る事があります。補聴器を考えられる方はまずは病院での治療を受けて下さい。そして補聴器を購入する際も補聴器専門店でしっかり見てもらう事が大事です。片耳難聴で補聴器を選ぶ際は適応する補聴器をしっかり見極める事が大事です。補聴器を選ぶ際は一般的な補聴器とクロス補聴器を聞き比べてお選び頂くとよいでしょう。大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器フォナック補聴器のクロス補聴器を取り扱っています。補聴器は片耳難聴の方の聞こえを改善してくれるでしょう。聞こえない生活から聞こえる生活に変えてみませんか?まずはお試しして効果を実感してみて下さい。ご相談お待ちしております。