片耳難聴に適した補聴器の値段【相場と比較】

片耳難聴に適している補聴器の値段の違いを比較しました。

 

聴器は性能に合わせて価格が高く設定されていますね。

しかし、使う環境や用途によって補聴器を選ぶことであなたに最適な補聴器と値段が決まります。子供の頃は片耳難聴を意識していなかったあなたは今大人になって仕事の会議や騒がしい場所でうまく聞こえず悩んでいませんか。

 

片耳が聞こえないので車の運転をする時にも危険な目にあったり、日頃の会話も集中して聞いたりとストレスも感じますよね。家の中ではそれほど不自由を感じなくても特定の場所によって耳の聞こえは変わり悩みの原因となります。片耳難聴を改善させるには補聴器を使って改善させます。

 

しかし、片耳難聴で補聴器を選ぼうと思っても値段の違いなどわからないことが多いですよね。当サイトでは片耳難聴に最適な補聴器の値段と相場をわかりやすく説明していきますのでどうぞご参考ください。

補聴器は値段が高くなると高性能になり雑音が少なく音声を聞き取りやすくしてくれます。
安い補聴器が聞こえないわけではないですが人の声や音が混み合っている騒音下では性能の差がでてしまうものです。
補聴器を使う環境に合わせた選び方をすることで適正な補聴器の価格を知ることができるでしょう。

ここからは、片耳難聴について原因や改善策を解説していきますね。

片耳難聴の原因について

片耳難聴になる原因は様々で症状によれば治療しても回復しないケースがあります。あなたの片耳難聴の原因を知ることで適正な補聴器を選ぶことができるでしょう。

片耳難聴の原因をまとめてみました。

以上の難聴が原因で片耳の聞こえが悪くなってしまうんです。片耳難聴は早期での病院治療が必要となりますが確実に難聴が治る訳ではありません。今の医学でも特攻薬がないので片耳難聴が治るかは判断することができません。
治療をして治ればいいですが、治らなければ補聴器を使って改善させる方法があります。

片耳難聴は補聴器で改善できる

あなたの悩みである片耳難聴は補聴器を使うことで聞きとりの改善をすることができます。
しかし、片耳難聴の程度によっては一般的な補聴器で改善できない場合があるんです。
一般的な補聴器で効果が見込めなければ特殊なクロス補聴器を使うことで聞きとりを改善することができます。
使う補聴器の種類により必要な予算が決まってきます。

ここからは、片耳難聴で使う補聴器の値段や相場を解説していきますね。

片耳難聴に使いたい補聴器の値段とその違い

あなたに合う補聴器を選ぶには聴力がわからなければ決めることができません。
片耳難聴を補聴器を装用して改善させるには2つのパターンがあるんです。

難聴のある耳に補聴器をつけて改善させる方法

言葉の聞き取りが60%以上残っていて音を入れると言葉を認識できる場合

クロス補聴器をつけて改善させる方法

補聴器で音を入れても言葉の認識ができない、違和感が強く音としか判別ができない場合

片耳難聴はどちらかの方法で補聴器の装用効果を出すことができます。
補聴器のみを使う場合は1台だけの価格が必要で、クロス補聴器を使う場合は補聴器とクロス補聴器2台あわせた価格が必要となります。どちらのパターンで改善させるかでも値段は違ってきますが種類や性能によっても変わるんです。

クロス補聴器とは

クロス補聴器は健康な耳に補聴器をつけて難聴のある耳にクロス補聴器をつけます。

クロス補聴器から入った音声を直接耳に入れるのではなく、健康な耳につけた補聴器に送信する仕組みになっています。

ですので聞きとる力が残っていなくても聞こえている耳で難聴側の音声を聞くことができるんです。

クロス補聴器について詳しくはコチラ

補聴器の値段の違いは性能の違いでもあります

補聴器は安い値段もあれば高い補聴器もありますね。
片耳難聴にあう補聴器の値段は片耳でおよそ100,000円台から500,000円と幅広くあります。
この値段の違いは補聴器の性能で変わり、性能がよくなればその分補聴器の値段はあがるんです。

 

性能の違いとは補聴器の音質や雑音の抑制機能、マイクの働きが大きく変わります。性能がよくなれば騒がしい場所での聞きとりが改善されてより快適に使うことができます。

逆に静かなお部屋での聞きとりは高い補聴器と安い補聴器に大きな違いはありません。
補聴器の性能はあなたの生活環境に合わせて選びましょう。

値段の違いが出るのは騒音下での聞きとりや雑音の入り方など特定の場所で変わってきます。

補聴器の種類と値段について

補聴器にはいくつか種類があり、あなたの難聴の程度や耳の状態で使える補聴器は変わります。

使いやすい補聴器であったり、目立ちにくいモノや機能性で補聴器は選んでいただいて補聴器の種類によって値段も変わりますので自身の予算に合わせて最終的に選びましょう。

補聴器の種類と値段

補聴器の種類には耳かけ型補聴器、オーダーメイドの耳あな型補聴器、箱型補聴器(ポケット型)の3種類あり、これらがデジタル補聴器の主流です。この中でクロス補聴器にも対応できるのは耳かけ型補聴器と耳穴型補聴器です。

 ポケット型  耳かけ型  耳あな型

 

一番使いやすい補聴器です。寝たきりの方や簡単なものがいい方はポケット型がいいでしょう。

簡易的な補聴器です。乾電池を使用するタイプが主流です。

価格22,000円~70,000円

 

耳かけ型補聴器は軽度難聴~重度難聴まで幅広い聴力の方に対応できます。色んな機能を使いたい方にもおすすめです。

RICタイプの小型なものから、通常タイプのモノまで種類は色々とあります。

片耳価格50,000円~500,000円

 

耳あな型はオーダーメイドの補聴器。

軽度難聴~重度難聴まであわすことができます。

耳の集音能力を利用するので満足度の高い聞きとりができます。耳の中に隠れる超小型から大きいサイズで選べます。

片耳価格98,000円~500,000円

   

※およその参考価格です

補聴器のメーカーによってお値段と機能も変わりますのであらかじめ確認をしておきましょう。

クロス補聴器の種類と値段

クロス補聴器はフォナックとシーメンス・シグニア、ワイデックスの3社から販売されています。

フォナッククロスⅡ-312、13 RICタイプ フォナッククロスB-312、13 RICタイプ

フォナッククロスⅡの耳かけ型RICタイプになります。

対応機種 ボレロV、オーデオV、ナイーダV、スカイV

価格 90,000円(税抜)

フォナッククロスBの耳かけ型RICタイプです。

対応機種 ボレロB、オーデオB

価格 95,000円(税抜)

フォナッククロスⅡ-312、13

耳あな型

フォナッククロスB-312、13

耳あな型

フォナッククロスⅡの耳あな型になります。

対応機種 バートV

価格 115,000円(税抜)

フォナッククロスBの耳あな型になります。

対応機種 バートB

価格 120,000円(税抜)

こちらはフォナックのクロス補聴器の価格です。フォナックのクロス補聴器は耳かけ型と耳あな型で選ぶことができます。

以下はシーメンス・シグニアとワイデックスのクロス補聴器の価格帯となります。両社は耳かけ型のみの販売となります。

シーメンス・シグニア ワイデックス
RICタイプ   クロスPure  97,200円(税抜) RICタイプ    WIDEX CROS  97,200円(税抜)

 

クロス補聴器の種類や価格について詳しくはコチラ

この種類の中から補聴器の性能を決めていきます。クロス補聴器は補聴器と二台足した金額が購入予算となります。
補聴器は販売しているお店によっても価格は違い、値引きをしてくれるお店やローンで購入できるなどの条件が異なります。

 

ここからは、片耳難聴で補聴器を使う時の注意点を紹介していきますね。

片耳難聴の方が補聴器を利用するときの注意事項

 

片耳難聴にあう補聴器を使う時はある程度の性能で選ぶのが大事です。
値段が関係するので予算にもよりますが、最低限ボリュームの調整ができたり騒がしい場所での雑音抑制がある補聴器にされると安心できます。片耳難聴で聞きとりが難しい騒がしい場所での聞きとり効果が見込める性能がいいです。

補聴器を購入する前に試聴やレンタルをすること

片耳難聴で補聴器を購入する前には一度補聴器を使ってみましょう。
補聴器を使うことであなたに合った補聴器であるか、性能に納得できるかどうかがわかります。
補聴器を選んで実際に聞きとりが難しい場面で使うと補聴器の効果もわかり、性能に満足できるかを確認できるでしょう。

片耳難聴の補聴器選びについてこちらもご参考ください

 

補聴器の値段の違いや選び方について色々気をつけることがありましたね。ここからは、失敗なく補聴器を選ぶ方法をご紹介します。

片耳難聴に詳しい補聴器専門店で相談しましょう

補聴器を選ぶ時に間違いの無い選び方があります。

それはあなたの片耳難聴について詳しい補聴器専門店で相談することです。
補聴器専門店や販売店は数多くありますよね。

色んなお店を利用されていると思いますが、あなたの難聴を理解して補聴器を選んでくれるお店でなければ最適な補聴器を選ぶことは難しいでしょう。

 

クロス補聴器や片耳難聴の補聴器についてあまりわかっていない販売店があるのが現実です。それらを理解していなければあなたに合う補聴器は選べないでしょう。補聴器専門店を選ぶことによりあなたに合う補聴器は見つけやすいでしょう。

補聴器専門店で補聴器を選ぶメリット

認定補聴器専門店には補聴器の専門家である認定補聴器技能者が在籍しています。
補聴器の知識や調整技術があるので補聴器選びで失敗することはほぼないでしょう。

補聴器専門店では以下のようなメリットがあります
  • 補聴器に対しての知識と技術が高いので最適な補聴器を選びやすくなる
  • 片耳難聴について適正な補聴器を選んでもらえる
  • 聴力測定の設備やクリーニングなどの点検機材も揃っている
  • 補聴器購入の保証を明確にしているお店が多い

補聴器専門店で購入すると買ってからのアフターケアをしてもらえたりサービスがしっかりしているので安心ですね。
専門店で購入すると補聴器の調整には足を運ぶ必要がありますが、最近では出張訪問をしているお店もあるので事前にお店の案内を確認してみましょう。

まとめ

片耳難聴に合う補聴器の値段についてご紹介しました。

補聴器の値段や選び方がわかればあなたの片耳難聴を改善できる方法がわかります。
悩んでいた騒音下の聞きとりも補聴器を使えば改善できるかもしれません。

仕事の会議だってストレスなく聞けたらいですよね。補聴器の性能と値段を知り、予算を決めて補聴器を選べばあなたは満足のいく聞こえを手に入れることができるでしょう。

補聴器をつけて片耳難聴の悩みがなくなれば快適な毎日を過ごすことができます。

最後までお読みいただきありがとうございます。
片耳難聴でお悩みなら当店にご相談ください。

 

お問い合わせ