ムンプス難聴に適した補聴器の値段【相場と比較】

ンプス難聴に適している補聴器の値段の違いを比較しました!
補聴器の性能に合わせて価格は高く設定されていますよね。
しかし、ご利用になる環境や用途によって補聴器を選ぶことであなたに最適な補聴器と値段が決まります。

 

幼少の頃にムンプス難聴になり大人になったあなたは今片耳難聴でさまざまな悩みを抱えているのではないでしょうか。

友人同士の会話でも聞こえないことがあり楽しめなかったり、話しをされても立ち位置によっては聞こえず不思議がられたりするので何とか改善したいですよね。

ムンプス難聴で片耳が聞こえないあなたにおすすめするのがクロス補聴器です。

当サイトではムンプス難聴に適した補聴器の値段の相場をご紹介しますので是非ご参考ください。

値段の高い補聴器は高性能で雑音や音声をより聞きやすくしてくれます。

安い補聴器が聞こえないわけではないのですが騒がしい場所での聞きとりでは性能の差がでてしまいます。

あなたの環境にあった性能の補聴器を選ぶことで必要な補聴器の値段を知ることができるでしょう。

ここからは、ムンプス難聴になる原因や症状についてご紹介していきますのでどうぞお読みください。

ムンプス難聴の原因について

ムンプス難聴はおたふく風邪にかかることで発症する難聴です。おたふく風邪になると必ず発症する訳ではありません。

 

難聴の症状がでるのは中でも0.2%~1.1%と言われています。
おたふく風邪にかかる原因のムンプスウイルスが耳の中の内耳に入ることで内耳にある器官に障害をもたらします。

 

主に小児に多く見られるおたふく風邪ですが成人になってからもかかる風邪です。後天性と先天性に分けられていて生まれる前に母親がおたふく風邪にかかりその影響でムンプス難聴が発症しているケースは先天性でそれ以外は後天性となります。

症状は難聴と共に耳鳴りがおきることもあり、難聴の程度は高度にもなります。ほとんどが片耳だけにおこる難聴です。

 

治療の方法は今はまだ特攻薬が存在しないので病院で治療をしても残念ながらほぼ回復することはないと言われています。

ムンプス難聴は補聴器で改善できる

 

ムンプス難聴やそれ以外の片耳難聴も補聴器を使ってほとんどが改善できます。
病院で補聴器の効果がないと言われることも多い片耳難聴ですがある特殊な補聴器を使うと改善できます。補聴器の効果がないと思い諦めていたあなたもクロス補聴器を使えば改善できるかもしれません。

 

ここからは、ムンプス難聴に適した補聴器と値段の違いについてご紹介していきますね。

ムンプス難聴に使いたい補聴器

ムンプス難聴に使う補聴器はカンタンに決めてはいけません。

それは一般的な補聴器の調整では補聴器をつけても効果が出ないからです。もちろん難聴の程度にもよりますが会話で困るほどの難聴だと片耳だけに補聴器をあわせても改善できないでしょう。クロス補聴器は会話の聞きとりができない難聴でも改善することができるのです。


このように補聴器とクロス補聴器2台使うことで聞こえのよい耳で言葉を聞くことができます。クロス補聴器から補聴器に音を送信する仕組みとなります。

補聴器の値段の違いは性能の違いです

補聴器の値段を見ると結構な差があります。

片耳約10万円の補聴器があれば片耳50万円の補聴器もありその差は大きいです。
この価格の差はズバリ補聴器の性能の違いにあります。クロス補聴器は送信機なので性能の違いはありませんが、補聴器には性能の違いがあるんです。

値段が高い補聴器は一番性能が高いという事です。

言わば高い補聴器の性能が今補聴器が出来る限界の性能という事です。値段が高い補聴器はチャンネル数が多いです。チャンネル数を簡単に説明すると画像の画素数のようなイメージです。

 

数値が多ければ音質の調整が細かくできます。良い補聴器になるにつれてマイクの制度も良くなるので聞きたい音声をより聞きやすくしてくれて、より雑音を制御する事もできます。使う環境によっては性能の違いがわからない事もあります。

例えば静かな部屋などでは高い補聴器も安い補聴器も違いはほとんどわからないです。自分の生活環境にあった補聴器を選ぶ事が大事になります。

補聴器の種類と値段の相場について

補聴器の種類と値段の相場を紹介していきます。

このように補聴器は大きく分けて3種類あります。この中でクロス補聴器で使えるのは耳かけ型と耳あな型です。
クロス補聴器は各メーカーの補聴器にしか対応することができません。補聴器で一番安いモノで20,000円台からあり一番高くなると片耳で500,000円です。一番安いモノは簡易的な補聴器で聴力に合わせた細かな調整ができません。

いい音質で雑音の抑制も安心できるのは100,000円台の補聴器からでしょう。あらかじめ価格の相場を知ることで予算も決めることができるでしょう。

 ポケット型  耳かけ型  耳あな型

 

一番使いやすい補聴器です。寝たきりの方や簡単なものがいい方はポケット型がいいでしょう。

簡易的な補聴器です。乾電池を使用するタイプが主流です。

価格22,000円~70,000円

 

耳かけ型補聴器は軽度難聴~重度難聴まで幅広い聴力の方に対応できます。色んな機能を使いたい方にもおすすめです。

RICタイプの小型なものから、通常タイプのモノまで種類は色々とあります。

片耳価格50,000円~500,000円

 

耳あな型はオーダーメイドの補聴器。

軽度難聴~重度難聴まであわすことができます。

耳の集音能力を利用するので満足度の高い聞きとりができます。耳の中に隠れる超小型から大きいサイズで選べます。

片耳価格98,000円~500,000円

   

※およその参考価格です

補聴器のメーカーによってお値段と機能に違いがありますのであらかじめ確認をしておきましょう。

クロス補聴器の種類と価格について

クロス補聴器の種類です。耳かけ型と耳あな型がお選びいただけます。クロス補聴器は同メーカーの補聴器にしか対応できないのでご了承ください。クロス補聴器は3つのメーカーで販売されていてフォナックのみ耳かけ型と耳あな型が選べます。

フォナッククロスⅡ-312、13 RICタイプ フォナッククロスB-312、13 RICタイプ

フォナッククロスⅡの耳かけ型RICタイプになります。

対応機種 ボレロV、オーデオV、ナイーダV、スカイV

価格 90,000円(税抜)

フォナッククロスBの耳かけ型RICタイプです。

対応機種 ボレロB、オーデオB

価格 95,000円(税抜)

フォナッククロスⅡ-312、13

耳あな型

フォナッククロスB-312、13

耳あな型

フォナッククロスⅡの耳あな型になります。

対応機種 バートV

価格 115,000円(税抜)

フォナッククロスBの耳あな型になります。

対応機種 バートB

価格 120,000円(税抜)

以下はシーメンス・シグニアとワイデックスのクロス補聴器の名称と価格です。両社は耳かけ型のみの販売となります。

シーメンス・シグニア ワイデックス
RICタイプ   クロスPure  90,000円(税抜) RICタイプ    WIDEX CROS  90,000円(税抜)

クロス補聴器の種類や相場について詳しくはコチラ

クロス補聴器をつかう場合は補聴器との合計金額となります。

フォナックのクロス対応の補聴器で一番安いモノが150,000円ほどですのでクロス補聴器に必要な予算はおよそ250,000円からとなります。

 

ここからは、ムンプス難聴で補聴器を使うときに注意することを紹介しますね。

ムンプス難聴の方が補聴器を利用するときの注意事項

ムンプス難聴は片耳難聴になることがほとんどで聞こえの状況により補聴器を選ばなければいけません。初めに少しお話ししましたが一般的な補聴器で改善できる場合と改善できない場合があるんです。

 

補聴器を試すことで自分でも効果があるのかはわかりますが、販売店の補聴器選びが間違えていると自分にあった補聴器にはならないです。

補聴器を使うかクロス補聴器を使うか

聴力を見た段階である程度わかるのが補聴器とクロス補聴器どちらが効果があるかです。
補聴器専門店の視点で簡潔に言えば聴力の差が約50dBあると補聴器での改善はほぼ難しいでしょう。

補聴器を使っても改善できないケースというのは
  • 音を入れても聞こえにくい耳
  • 言葉が理解できない耳

この様な場合、補聴器をつけても一般会話でもうまく聞こえず、音が入っているのはわかるが違和感を強く感じてしまうことが多いです。逆に補聴器が有効的なのは難聴の程度が中程度の難聴くらいまでであること、言葉の明瞭度が約50%以上ある場合です。これらは当然自分ではわからないことなので補聴器専門店で相談して見てもらうのがよいでしょう。

 

自身で補聴器をつけた場合とクロス補聴器をつけた場合で比べて確認するのもいいでしょう。

ここからは、補聴器専門店の選び方について紹介します。ムンプス難聴に詳しいお店に行かなければ自分にあう補聴器を選ぶことはできないかもしれません。

ムンプス難聴に詳しい補聴器専門店で相談しよう

補聴器を選ぶ時はムンプス難聴に詳しい専門店で補聴器を選ぶのがよいでしょう。症例に詳しい専門店でなければ間違えた補聴器選びをすることになるかもしれません。実際によくあるのが効果がない補聴器をすすめられて購入してしまうことです。

 

自分でも初めてならこれが補聴器をしても限界なのかと思ってしまいます。勿論補聴器には限界があるのですべてが聞きとれるわけではありませんが、クロス補聴器を理解していないお店だと補聴器選びを失敗してしまうリスクが高いです。

補聴器専門店で選ぶメリット

補聴器はインターネットでも買えますし、メガネ店やデパートにでも販売されています。
自分で納得ができるお店であればよいですがオススメするのは補聴器専門店です。

補聴器専門店で補聴器を選ぶと次のようなメリットがあります。
  • 認定補聴器技能者が在籍しているので補聴器の知識と調整が優れている
  • 適正な補聴器選びに期待ができる
  • 聴力測定や補聴器調整の機材が揃っている
  • アフターケアや保証がキチンとできているお店が多い

補聴器専門のお店なので補聴器を選ぶなら間違いはないでしょう。

出張訪問しているお店も中にもありますが、自分で足を運ばなければいけないということや補聴器の調整に時間をかけなければいけないという点だけ理解しておいてくださいね。

まとめ

ムンプス難聴にあう補聴器の値段について紹介しました。

あなたが自分にあう補聴器を手にできたら会話に自分から入ることだって難しくありません。

 

不自然な反応を見せず恥ずかしい思いもなくなると人と接することへの抵抗も減るのではないでしょうか。

ムンプス難聴に適した補聴器の価格や種類がわかれば購入にも一歩近づけますね。

今まで聞こえなかった音や声を聞ける楽しさを感じることができる生活が待っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ムンプス難聴による片耳難聴でお悩みならお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ