クロス補聴器のおすすめ!【選び方がわかる】

クロス補聴器でおすすめを選ぶ方法を教えます!片耳難聴で聞こえに困っている方が多いです。片耳の難聴に効果的な補聴器があります。それはクロス補聴器と言います。効果は難聴のある側の音声をクロス補聴器で拾い聞こえる耳に着けた補聴器に送信する仕組みとなっています。そんな一側性難聴に効果があるフォナック社のクロス補聴器の選び方をまとめました。

片耳難聴でお悩みの方が多いです

片耳難聴は両耳が難聴の方に比べ理解を得られづらいです。片耳は聞こえるので聞こえる時もあれば聞こえない時もある。ですので無視をしているなど勘違いを生む事があります。日常的な会話も聞こえの程度によれば聞きとる事が困難になります。特に騒がしい場所での会話は聞こえのいい人でも聞きにくい事があるので片耳難聴の人はより聞きとりが困難になります。仕事をされている若い方、学生の方は特にその様な環境に身を置いているので悩みも増えてストレスにもなります。一般的な補聴器では改善する事が難しい事が多いです。片耳難聴と補聴器について

補聴器の選び方がわからなく効果の無い補聴器を購入してしまわない為に補聴器を選ぶ際は補聴器専門店で相談しましょう。

片耳難聴になる原因

片耳難聴になる原因は様々です。片耳難聴の主な3つの原因を紹介します。

突発性難聴

今回紹介する難聴の中でも一番有名な難聴です。芸能人にも多く発症された方がいらっしゃいます。発症の原因は不明とされています。突発性難聴は発症した時自分でわかると言われています。1週間以内にしっかり治療を行う事で改善される事があると言われていますが、治らずに難聴が残る事もあります。最近では原因はストレスやウイルス、血液の循環が悪くなる事でおこるのではないかと言われています。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

ムンプスウイルスが内耳に感染する事で発症する難聴。おたふく風邪にかかりその影響で難聴になります。それがムンプス難聴です。難聴の程度は高度以上になる事が多くて大抵が音声に反応する事ができない状態になります。片耳だけに発症することが多く、2歳児~15歳の子どもに多く発症する事が多いですが成人してもおこる難聴です。妊娠中に母親がおたふく風邪にかかりそれが原因で生まれつきに難聴になる事があります。

先天性難聴(生まれつきの難聴)

生まれつき難聴になる先天性難聴と呼ばれる難聴。先天性難聴は先天性と後天性に分かれます。遺伝子の突然変異やご両親の遺伝で難聴になった場合におこるのは先天性。妊娠中にウイルス感染した時に難聴を引き起こした場合は後天性になります。

片耳難聴に効果があるのがクロス補聴器です!

片耳難聴にお悩みの方に試していただきたい補聴器があります。それはクロス補聴器といいます。クロス補聴器の仕組みを簡単に紹介します。クロス補聴器は送信機の役割りをしています。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使う事で効果があります。ですので使用時はクロス補聴器と補聴器、両耳での使用となります。クロス補聴器を難聴のある耳に着け、補聴器を聞こえる耳に着けます。難聴側に着けたクロス補聴器に入った音声を補聴器に送信します。難聴側に入った音声を聞こえる耳に着けた補聴器に送信するという仕組みです。ですので片耳難聴であってもクロス補聴器を使用する事で難聴側の音声を聞きとる事ができます。

クロス補聴器はこの様な方におすすめです

突発性難聴などにより片耳の聴力を失った方
聴力が左右で差があり補聴器で補うのが難しい方
生まれつき片耳が難聴の方

他にも片耳の聴力が悪くて、もう片側の耳の聞こえも悪いという方にもクロス補聴器は有効です。

クロス補聴器の効果、性能や使う環境

クロス補聴器は生活する中で使用してもらうと効果的です。性能も雑音を抑える働きやピーピー音が鳴るハウリングを抑える機能もあります。騒がしい環境でも会話の聞きとり、仕事の大事な会議、学校の授業などの聞きとりも改善されるでしょう。しかし、音の方向性を感じ取る事が難しいです。片耳に音声が集中するので方向感覚がわかりづらいです。後、一般的な補聴器と比べ電池の消耗が早くなります。(常に補聴器が通信をする為)

クロス補聴器の種類について

クロス補聴器の種類について紹介します。クロス補聴器には耳にかける耳かけ形、耳あなに入れる耳あな型の二種類あります。耳かけ形(RICタイプ)と耳あな型では特徴が異なります。

クロス補聴器のメーカーや価格について

クロス補聴器を取り扱うメーカーや価格帯を紹介します。クロス補聴器を販売している補聴器メーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスになります。補聴器メーカーによって対応する補聴器の機種が決められています。クロス補聴器の性能、仕組みは各メーカーほぼ同じになります。メーカーにより音質の違いがあったり、調整方法が異なります。お値段はシーメンス・シグニア、ワイデックスが共に形状はRICタイプのみで97200円(税込み)。フォナックのみシリーズや形状により価格帯に違いがあり、クエストシリーズのRICタイプが91800円(税込み)、耳あな型が118800円(税込み)。ベンチャーシリーズのRICタイプが97200円(税込み)、耳あな型が124200円(税込み)になります。

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器をおすすめし、メインで取り扱っています!

クロス補聴器を使用した方の感想

当店、大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を多く販売しています。その中でクロス補聴器を使用した方の感想、購入した決め手や使ってみてどうなのか?クロス補聴器を使用する上でのデメリットやメリットを偽り無く書いて頂きました。何名かのクロス補聴器の感想をまとめましたので紹介します。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンやレンタルサービスをしています!

クロス補聴器をお考えの方に耳よりなおすすめ情報です!大阪聞こえ補聴器では片耳難聴でお困りの方にフォナックのクロス補聴器をお得に購入していただけるクロス補聴器モニターキャンペーンを実施中です!キャンペーンの概要はクロス補聴器を購入された際に使用時の感想など、クロス補聴器の調整に役立てる為に使用された方の声をお聞かせいただいています。

サービスの内容はこちら
  • クロス補聴器モニター価格10% off
  • 電池20パック 25,920円分プレゼント
  • V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント

クロス補聴器を一度試してみたいという方にはクロス補聴器のレンタルをやっております。一週間500円になります。レンタルの際には身分証明ができる物が必要となります。数に限りがあるのでレンタル希望の方は事前にご予約をお願いします。

クロス補聴器を購入するまでの流れ

カウンセリング

まずは片耳難聴になった経緯や補聴器をする上での希望(形や性能、予算)をお聞きします。耳鼻科で治療中か、補聴器の経験があるかないかも補聴器を選ぶ上で大事です。突発性難聴やムンプス難聴の場合は補聴器専門店に行く前に必ず耳鼻科を受診、治療を受けましょう。


聴力測定

相談をお聞きした後は聴力の測定をします。補聴器を合わせていく上で必ず必要となりますので測定をさせていただいています。補聴器専門店でおこなう聴力測定は耳鼻科でおこなう検査とは異なり難聴の診断はできませんのでご理解下さい。気導聴力、骨導聴力、語音を測定します。


試聴、レンタル

聴力の測定が終われば補聴器の試聴をしていただけます。お測りした聴力を元に補聴器を調整します。クロス補聴器を調整する際に重要なのがクロスのバランスです。防音室ではわかりづらいので外に出て試聴してもらいます。クロス補聴器を着けている時、着けていない時の聞こえ方をすぐに実感していただけます。試聴をして試してみたいという方はクロス補聴器をレンタルいたします。補聴器のレンタルは1週間500円です。生活環境の中で使う事が出来るのでより補聴器の効果がわかります。


補聴器の効果を測定

試聴した後はクロス補聴器の効果を測定します。補聴器を着けた状態で言葉の聞きとりを測定します。


納品、アフターケア

補聴器が必要となり、形状や性能を決めたら購入です。耳あな型補聴器は耳の型をおとりします。耳あな型補聴器は約1週間ほどで出来上がり、お渡しする事ができます。納品時は補聴器に聴力データを入れて調整をします。補聴器の使い方、手入れの方法を説明します。補聴器をお渡しした後は生活の中で聞こえる楽しさを実感して下さい。お渡し後の補聴器の点検や調整もとても大事です。問題が無くても定期的に補聴器の点検をおこなう事で安心してお使いできます。大阪聞こえ補聴器でも購入後のアフターケアをしっかりおこなっています。点検のご案内もお送りしています。

まとめ

クロス補聴器のおすすめについて。メーカーや種類について紹介しました。クロス補聴器はまだ登場して古くなく認知度も低い補聴器です。取扱い店もまだ少ないのが現状です。クロス補聴器は片耳難聴の方の手助けとなるでしょう。一度着ければほとんどの方が効果を実感できます。まずは試聴をして効果を体験してみて下さい。クロス補聴器はある程度慣らす事も大切です。初めから完璧な聞こえというのは中々難しいですので焦らずにお試し下さい。片耳難聴でお悩みの方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。聞こえの悩みを解消しませんか?

補聴器のオススメのメーカーを教えます【失敗したくない方必見!】

補聴器でオススメなメーカーの選び方をお教えします。耳の聴こえ方、デザイン、形、性能、値段は人によって様々です。「あなたに合った補聴器はコレです」とすぐには判断は出来ません。失敗しない補聴器を購入する為にもあなたに合った補聴器の選び方をご説明します。

補聴器のメーカーは沢山あるのでどれにすればよいか悩みますよね

補聴器を購入する際にまず補聴器のメーカー選びが大切です。補聴器のメーカーって沢山ありますよね。(フォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、GNリサウンド、リオネット、ワイデックス、スターキー、ユニトロン、オーティコンなどなど)一体どのメーカーが一番性能がいいのか?一番聞こえるメーカーはどこなのか?など気になりますよね。メーカーにもそれぞれ特徴がありますから余計に迷ってしまいます。初めてで何もわからない方が決める参考となるのは有名なメーカーだから、知人のおすすめ、インターネットでの評判になるのではないでしょうか?

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器、どっちにすればいいかわからない

補聴器の形状もどちらがいいのか分からない、という方が多いかと思います。補聴器の形状は耳の聞こえ方、耳の状態、聴力の状態、手先の器用さなどで、機種選定する形状やメーカーなどは変わります。よく補聴器専門店でお客様の希望と予算と耳の状態や生活背景など説明してから相談する事をオススメします。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違いについて詳しくはこちら

補聴器のメーカーを選ぶのに正しい選び方を紹介します

初めに説明すると補聴器のメーカーは沢山ありますが根本的な補聴器の性能はどのメーカーもそこまで違いはありません。今の補聴器は雑音を抑える機能やハウリングというピーピーとする音漏れを防止する機能など数年前はよくトラブルになった問題はほぼ標準で装備されております。ですので初めて補聴器を購入される方はそこまでメーカー選びに拘らなくても大丈夫です。

メーカーにより違うのは音の入れ方の量や計算式などです。各補聴器メーカーによって計算式や音質が違うのでそこだけご自身に合うメーカーを選べば良いです。

他にも音を抑制する機能の働き方、それ以外の機能も異なる箇所があります。補聴器の経験がある方は今使用中のメーカーと同じにするのも良いと思いますし、別のメーカーを聞き比べるのも良いと思います。現在使用しているメーカーで満足しているのであれば使用中の補聴器と同メーカーだと割と馴染みやすいです。他メーカーにすると音質の違いで多少は慣れにくい事があります。しかしその逆の可能性もあります。ですのですぐに購入するのではなく初めに試聴やレンタルをする事をオススメします!勿論初めての方も補聴器がどの様な物かを知る為に試聴、レンタルをするのが良いです。自分にあった補聴器は試聴をする事が大事です!

補聴器のメーカーの違いについて詳しくはこちら

自分に合う補聴器メーカーを見つけよう

自分に合う補聴器、メーカーを選ぶには購入するお店が非常に重要となります。補聴器のメーカーでオススメをお探しの方は通信販売などの安物の補聴器は購入しない方が良いでしょう。通信販売は対面販売とは違い現物もわからずネットの口コミの評価などを見て決める事しかできません。通信販売で取扱う補聴器は音質調整は出来ませんし、性能自体がお客様の難聴にはあまり向いていないことが多いです。

ただし通信販売の補聴器は既製品で安いのでどうしても皆さん買ってしまうということが多いです。補聴器専門店としてはまずオススメはしません!!

通信販売の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについて詳しくはこちら

オススメのメーカーを選ぶには認定補聴器専門店に行く事が大事です!認定補聴器専門店には幾つかのメーカーの取り扱いがあり、性能も良い物が多いです。価格は片耳約5万円から約50万円ほどと通信販売で売られている補聴器と比べると高額になりますがその分性能が優れています。優れている所は聞こえに合った補聴器の調整も可能ですので聴力が変化した際にも対応する事ができます。その他に環境の合わせた細かな音質の調整も可能です。通信販売で買える既製の補聴器にはこの様な機能はありません。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。取り扱いメーカーもベルトーン、フォナック、シーメンスシグニア、GNリサウンド、ユニトロン、いずれも優秀な補聴器メーカーです。まずはご相談、聴力の測定、試聴、貸し出し(レンタル)もしています。認定補聴器技能者があなたに合う補聴器を提案いたします!

補聴器を購入する流れ

カウンセリング

初めに難聴になった経緯、どの様な事でお困りか、補聴器の予算や希望する性能、形などをお聞かせ下さい。話しを聞く事で補聴器のメーカーや形状を選ぶ大事な情報となります。


聴力測定

聴力の測定をします。耳の聞こえ方がわからなければ補聴器を合わす事もできません。ですので必ず聴力の測定をします。補聴器専門店で行うのは耳鼻科で行う聴力検査とは違い補聴器を調整する際に必要な聴力の測定となります。難聴の診断はしておりません。


試聴とレンタル

補聴器を試聴してみましょう。聴力の測定が終われば実際に補聴器の試聴をしてみましょう。実際の補聴器の聞こえ方がわかります。外に出てみて少し騒がしい場所で聞くとより補聴器の効果がわかりやすいです。

試聴してみて補聴器を使ってみたいという方には補聴器の貸し出しをオススメします。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器レンタルしています。身分証明できる免許書、または保険証を持参下さい。


補聴器の装用効果

補聴器を着けた時と着けていない時の装用効果の測定をいたします。


納品からアフターケア

補聴器の性能、聞こえ方がわかり生活に必要となれば補聴器購入となります。耳あな型補聴器の場合は耳の型をとりオーダーします。補聴器は耳かけ形で在庫があれば即日お渡しが可能です。耳あな型補聴器であれば一からお作りするので約1週間ほどお待ちいただく事となります。店に補聴器が届けば補聴器の調整、使い方の説明をして納品いたします。補聴器は購入後のアフターケアが大事です。補聴器は点検や調整など購入後も必要となります。購入後のアフターケアを受けれる販売店で購入すると安心です。大阪聞こえ補聴器では購入後のアフターケアもしっかり対応致します!

訪問や出張サービスもいたします!

便利な出張訪問サービスがあります!

ご来店が難しい方にはご自宅、病院や施設などに伺う事ができる出張訪問サービスを実施しています。専門スタッフが親身に対応致します。出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

補聴器のオススメのメーカーを選ぶ方法を紹介しました。補聴器のメーカーはどのメーカーも音質の違いや調整方法に違いがありますが根本的な性能はそこまで違いがありません。ですので初めての方にはそこまで重要ではありません。ただし各メーカによって好みの音質はあると思います。補聴器の経験のある方、使用中の方でメーカーにお悩みの方は使用中の補聴器メーカーと他社メーカーを聞き比べてみて選んで下さい。ネット社会なので色々と情報はありますがいい評判だけに流されず、自分に合う補聴器を選んで下さい。通信販売などの既製品の補聴器は専門店ではオススメしません。補聴器を買うには補聴器専門店でキチンと相談をして試聴をしてから買うのが一番です。

補聴器の選び方で大切なことは
  1. 難聴の悩み
  2. 価格
  3. デザインや形
  4. 試聴

このことを販売店のスタッフに聞いてもらい、ご自身が得心できる補聴器を選ぶことです。

補聴器のメーカーに悩んだらまずは補聴器専門店にご相談下さい。大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。補聴器のメーカーでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。耳に合う補聴器で快適な日々を過ごしましょう。

補聴器の最安値のセールを開催【年末年始のお正月バーゲン!!】

補聴器を最安値でセール価格で販売するお正月セールを12月1日より来年の1月30日まで開催いたします。年末年始のスペシャルなセールです。目玉商品から奉仕価格の補聴器まで最安値で限定商品をご用意しております。皆さまのご来店心よりお待ちしております。

年末年始ですから通常では販売できない破格な値段で!

大阪聞こえ補聴器では年末年始のお客様にドドーンと最安値で補聴器を販売いたします。

通常では販売できない価格で補聴器をお届けいたしますので、是非ともこの機会にご検討ください。

大阪聞こえ補聴器では特別奉仕品や限定商品もご用意しております。

今話題の充電式補聴器シーメンスCellion(セリオン)Primax(プライマックス)2pxも用意しております。

なぜ年末年始に安くするのか!?

 

年末年始は家族や親せきが集まり、皆さんで一年の終わりと、来年の始まりを祝う縁起の良い月です。

そんなおめでたい席でふとおじいちゃん、おばあちゃんが耳が遠くなっていることに気づかれることありませんか?

一人だけ家族団らんの席で会話に入れない、紅白歌合戦や年末年始の特番のテレビの内容がわからない。

おじいちゃん、おばあちゃんの難聴をどうにかしてあげたい思いがある家族の方のご希望にお応えしてお正月セールを開催いたします。

特別奉仕品は下記のとおりです

 

今話題の充電式が20万円をきる価格で選べます。

目立ちにくいRICタイプの耳かけ式です。充電方法は差し込むだけの非接点式なので差し込んでいたのに充電ができていないという心配がありません。

ピーピーするハウリング音も心配ありません。テレビオプションが使用できるので周りに気にせず聞きやすい音量で聞くことができます。防塵防水のIP68を取得しているので故障も非常にしにくくなりました。セリオンの充電式おすすめですよ。

 

Beltoneの耳穴型のご紹介です。

この価格帯ながらも基本性能はきっちり。耳穴型でもリモコンやテレビリンクの機能が使えます。耳穴型が欲しいけれども両耳にすると高くて買えなかったという方や以前から耳穴型をお使いの方の買い替えにもおすすめです。

 

 

Beltoneの耳かけ型Origin2のご紹介です。

今まで集音器などを使っていたけれども安くてもちゃんと聴力に合わせた補聴器を使いたい。そんな方にお勧めです。

プログラムボタンの切り替えで指向性に切り替わるので騒がしい場所でも快適に聞くことができます。ボリュームの調整も簡単に操作ができますよ。5万円をきる価格でこの性能非常にお買い得です。

 

 

最近高齢の家族の方が会話がしづらくなって補聴器をさがしているそんな方にお勧めです。耳にかけたりする操作が難しいかたでもポケット型ならイヤホンを耳に入れるだけ難しい調整も必要ありません。電池も手に入りやすい単四電池を使用。カラーも好みにあわせてお選びいただけます。どなたでもお使いいただけるのでプレゼントにもピッタリです。

 

 

 

補聴器を紛失した時の保険について【知っておきたい保証】

補聴器の紛失には保険があるのか。実は紛失の保証が付いている補聴器があります。しかし全部の補聴器に付いている訳ではなく、保証の対象外になる事があります。保証内容は補聴器メーカーによっても異なります。その他対策できる事も紹介します。

補聴器をなくしてしまった

補聴器をなくして見つからない、そんな経験がある方もいらっしゃいます。旅先でどこかに置いてきて見つからない、どこかに落としてしまったなどで紛失してしまった時はとてもお困りになりますよね。聞こえない不安もありますしすぐに買うにも補聴器は高額ですよね。失くしたらどうしようと使いながら不安になる場合もあります。補聴器の保証には自然故障や初期不良に対しての品質保証はありますが、失くしてしまった場合や自分の不注意による故障などについては保険や保証の対象外になってしまいます。

補聴器を紛失してしまう恐れがある行動


  • 補聴器をケースに入れずポケットなどに入れてしまう

  • 旅先で外した時
  • 外した時に毎回違う位置に置いてしまう、置く場所が決まっていない
  • 電話の時に外してその場に置いた時
  • 洗面所で外す(排水溝に落下)
  • 一日に何度も着け外しを繰り返す

この様な場面で補聴器を紛失してしまう事が多いんです。耳あな型補聴器は耳の形に合わせて作られているので着けていて落とす事は無いのですがこの様な場面では注意が必要です。

紛失保証が適用されている補聴器があります

補聴器によって紛失保証という保険がある物があります。補聴器の紛失が心配な方にとってはとても安心できるので紛失時の保証を付ける事をおすすめします。全部の補聴器に紛失保証があればいいのですが、紛失保証が無い補聴器もあります。ですので補聴器の保証についても予め知っておくといいでしょう。補聴器の紛失保証ですがメーカーにより様々なんです。

フォナックの紛失保証

フォナックの補聴器は4つのクラスに分けられています。その中でもプレミアムクラス(90)アドバンスドクラス(70)が紛失保証の対象になります。内容は購入してから1年までが50%の割引き、2年目までで30%の割引きで買い戻しをする事が可能です。購入した販売店で対応できます。

シーメンス・シグニアの紛失保証

シーメンス・シグニアの補聴器も一部の種類にのみ紛失保証が付いています。対象となるのは7px.5pxの耳かけ型と耳あな型/7bx.7miの耳あな型のみとなります。保証内容は購入から1年間、1回に限って無料で新品を提供するというサービスです。紛失時には販売店でも対応してもらいますがその前に警察など公的機関へ届けだされたことを証明する信憑書類が必要になるのでお忘れなく。

GNリサウンドの紛失保証

GNリサウンドの紛失保証は少し他とは異なります。購入時に限りオプションで紛失・破損保証をつけることができるんです。保証期間が1年間の器種を除く総合カタログに掲載されているすべての補聴器が対象になります。これは補聴器購入時に片耳につき3万円で保証をつけられる制度です。クラスによっても異なり、9シリーズ、7シリーズは2年間、5シリーズは1年間の保証となります。この保証の内容は期間中であれば1度限り無料で補聴器を受け取る事ができます。新しい機種、リサウンドリンクス3Dの9シリーズに限り2回まで紛失保証を受ける事ができます。

この様に補聴器メーカーに元から紛失保証が付いている場合があります。紛失が心配な方にはとても安心できるサービスです。

その他、紛失時に確認して頂きたい事

加入している保険

自分が加入している保険をご確認下さい。保険には、動産総合保険という保険があります。加入している保険にこのサービスがあれば補聴器を紛失、盗難などの際に補償が受けられる事があります。万が一紛失した場合は保険の確認をしてみて下さい。

介護施設などで紛失した時

介護施設などに入居している方で補聴器を施設の職員に任せている事があります。その時に補聴器の紛失や破損がある場合施設が加入している保険により補聴器の代金を補償してもらえる可能性があります。

補聴器が紛失保証の対象にならない場合でも加入している保険なども確認してみて下さい。後は無くした後も慌てずに思い当たる所を探してみましょう。見つかる事もありますので諦めない事も大事です。

ベルトーンの補聴器なら位置情報がわかる物があります

補聴器メーカーのベルトーンのi phone対応機種は補聴器の位置を確認する事ができます。i phoneと補聴器を連動すれば補聴器の位置情報がわかります。補聴器の電源が最後に入っていた位置が地図で表示されるのでその後に動いていると見つけれないのが難点です。しかし位置が表示できるのでレストランに忘れたなどが確認できます。

ベルトーン補聴器のi phone対応機種についてはこちら

補聴器をなくさない為に

補聴器をなくすと聞こえにも影響して不安にもなります。そして補聴器は値段も高額ですので保険が無ければ困りますよね。
ですので無くさない為に対策をしましょう!補聴器には落とさないように固定する専用の落脱防止商品やパーツがあります。
大阪聞こえ補聴器では補聴器の紛失が心配な方に次の対策を提案しています。

スポーツロック(コンチャロック、サポートロック)

こちらは耳かけ形補聴器のRICタイプのみに使える物になります。ツルのような形状で耳の中でくるっと回って耳に固定できる仕組みとなっています。色は透明なので目立ちにくくなっています。特に補聴器を着けて運動をされる方におすすめです。メーカーによりサイズが少し異なりますので購入時には確認をしましょう。1個216円で販売しています。

イヤモールド(SPシェル、RICモールド、HPモールド)

耳かけ形補聴器の耳栓を自分の耳型に合わせたオーダーメイドの耳栓にする。イヤモールドにすれば耳の形にピッタリ合うので抜け落ちるなどの心配がなくなります。閉塞感を強く感じてしまう方にはあまり向かないかもしれませんがこちらも一つの方法です。耳かけ形補聴器、RICタイプでもお作りする事ができます。当店では1個10,800円で作製する事ができます。

イヤーチェーン

紹介する中では少し目立ってしまいますが紐を補聴器に付けておくと万が一落としても大丈夫です。こちらも基本耳かけ形補聴器に使用しますが耳あな型補聴器に付けられている方もいらっしゃいます。年配の方に多く使って頂いています。片耳用と両耳用があります。お色は紺と茶色です。片耳、両耳どちらも1,080円で販売しています。

これらの対策をすれば補聴器の紛失の予防になりますよ。しかし補聴器を目立たせたくない方には物により補聴器を着けているのが目立ってしまうというのがデメリットになります。これら以外に補聴器を置く場所をちゃんと決めておくのも対策になりますね。

まとめ

補聴器を紛失した際の保険について紹介しました。補聴器はメーカーにより紛失保証がある場合があります。それもメーカーにより対応が違うのでご注意下さい。自分が加入している保険を利用できる場合などもあるので一度確認を取るのもよいです。
補聴器を外す際も決めた位置に保管するのをおすすめします。ポケットにしまう癖がある方も補聴器のケースをご利用下さい。
施設で無くされた場合は施設の職員の方とよく相談してみて下さい。大阪聞こえ補聴器ではお店の保証制度はないのですが紛失時もしっかり対応しますし相談にもある程度応じております。大切な補聴器を無くさないように管理して長く愛用しましょう。


東京の秋葉原にも姉妹店がございます。東京にお住まいの方は秋葉原補聴器リスニングラボへ!

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

片耳難聴に合う補聴器の選び方【オススメを紹介】

片耳難聴の補聴器は選び方で迷ったりわからない事もありますよね。片耳難聴に合う補聴器はクロス補聴器と呼ばれる専用の補聴器を選ぶのが効果的です。補聴器専門店で相談、試聴して決める事をおすすめします。突発性難聴で悩まれている方にもおすすめできます。

突発性難聴など、片耳難聴にお悩みの方が多いです

片耳難聴の原因は様々です。(おたふく風邪、ムンプスウイルスによるムンプス難聴など)テレビタレント、浜崎あゆみさん、堂本剛さんなどが発症したりして中でも有名な症状が突発性難聴です。突発性難聴はある日突然耳の聞こえが悪くなる、全く聞こえなくなる難聴です。片耳だけにおきるのが特徴的で難聴の症状が起こった時は自分でもはっきりわかると言われています。耳鳴りやめまいも伴う事が多く原因も解明されていません。年齢も関係なく発症します。難聴になった際はすぐに適切な治療を受けると回復する確率が上がります。しかし、必ずしも治る難聴ではありません。突発性難聴以外でも片耳難聴で悩まれている方は非常に多いです。片耳難聴は仕事や学校などで困難に感じる事が多いです、聞こえない事でストレスにもなります。難聴の症状が治らない時に生活の補助となるのが補聴器です。片耳難聴で補聴器をするのならどんな補聴器をするのがいいのか紹介します。

突発性難聴についてはこちら

ムンプス難聴についてはこちら

片耳難聴で補聴器を選ぶポイント

片耳難聴でお困りの方、補聴器の購入を考えられている方で補聴器の選び方がわからない方も多いと思います。片耳難聴の補聴器を選ぶなら、まずは聞こえ方の検査、測定をするのがとても重要です。片耳難聴になった方はまずは耳鼻科で適切な治療を必ず受けて下さい。治療せずに補聴器専門店には行かないようにして下さい。補聴器専門店では聴力測定をおこないますが、あくまでも補聴器を調整、合わせる為の聴力測定です。難聴の診断などはしておりません。耳鼻科で治療せずだと治る難聴も治らなくなります。治療を受けたが片耳難聴が回復せず、補聴器を考えた時に補聴器専門店に行くようにして下さい。

補聴器専門店で補聴器を選ぶ事が非常に重要です

補聴器を選ぶ、ご相談する際は補聴器専門店を選ぶのが良いです。メガネ店より補聴器専門店の方がスタッフの補聴器に関する知識が豊富です。適切な補聴器を選んで頂けるでしょう。片耳難聴の補聴器選びは間違えると効果の無い補聴器を使用する事になります。通信販売、テレビなどで売られている補聴器、集音器は片耳難聴の方には効果が出る事は無いでしょう。安いから、買うのが簡単だからという理由で選ぶのは十分に注意して下さい。まずは通信販売で売られている補聴器、専門店で扱われている補聴器、この二つの違いを確認して下さいね。

通信販売と補聴器専門店の補聴器の違いについて

片耳難聴に合う補聴器を選ぶ

片耳難聴の方の為に作られた補聴器が実はあります。突発性難聴などの片耳難聴に一番効果的な補聴器でクロス補聴器と呼ばれる補聴器があります。一般的な補聴器とクロス補聴器を使用して聞こえを補助します。ですので補聴器とクロス補聴器の2台を使用します。どの様な効果が得られるか説明すると難聴のある耳にクロス補聴器を着けます。健聴、聞こえる耳に補聴器を着けます。このクロス補聴器は送信機の様な役割りをします。難聴側のクロス補聴器(送信機)に入った音声を聞こえる側の補聴器に送信するという仕組みです。ですので難聴側の音声が聞こえる耳に入ってくるという事です。今まで聞こえなかった難聴側の話し声、物音がすべて聞こえる耳で聞く事が出来ます。このクロス補聴器は片耳が聞こえない、難聴の方に向けた補聴器です。補聴器専門店でも取扱い店はまだ少ないですが大阪聞こえ補聴器では補聴器メーカーのフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。フォナックのクロス補聴器には耳かけ形と耳あな型の用意があります。

バイクロスという調整方法もあります。バイクロスというのは片耳が聞こえず、反対耳も難聴がある方に対する調整方法です。使い方は同じでクロス補聴器と補聴器、両方を使って補聴効果を得る事が出来ます。難聴がある耳も補聴器で補う事が出来ます。

クロス補聴器の詳しい紹介はこちら

自分が片耳難聴だと思っていても必ずクロス補聴器が適応するとは限りません。まずは耳鼻科での診断をする事、補聴器専門店でよく相談する事が大事です。

クロス補聴器は試して頂くと効果がわかります

クロス補聴器は使用して頂くとすぐに効果を実感して頂けると思います。まずは試聴やレンタルをおすすめします。生活の上で使用してみてクロス補聴器がある時と無い時で比べてみて下さい。ですので片耳難聴で補聴器を考えられている方は補聴器のレンタルをする事をおすすめします。補聴器専門店では補聴器の貸し出しをしている店舗が沢山あります。大阪聞こえ補聴器でも1週間500円でクロス補聴器をレンタルをしています。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンをおこなっています。


東京にも姉妹店があります。東京でお探しの方はご利用下さい。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

クロス補聴器のメリットやデメリット

クロス補聴器を使う上でのメリットやデメリットを紹介します。

メリット
  • 聞こえる範囲が広がる
  • 聞き返す事や聞き逃しをする機会が少なくなる
  • 数人の会話も理解しやすくなる
  • 騒がしい場所での聞きとりが改善される
デメリット
  • 音声の方向感覚が認識しずらい
  • 電池の消耗が早い

クロス補聴器で改善するのに難しい点が音声の方向感覚です。クロス補聴器では一方の聞こえる耳に音声が入る為に音の方向感覚は掴みにくいです。しかし、方向がわかりにくくても音が聞こえるということは様々な場面で大きなメリットになります。後は電池の消費が通常の補聴器と比べて早くなります。フォナックのビロングシリーズのクロス補聴器PR48電池使用で約77~96時間が使用時間となっています。通常補聴器の場合、同機種、同じ電池使用で140時間から220時間となっています。

まとめ

突発性難聴などにより、片耳難聴でお困りの方に補聴器の選び方を紹介しました。片耳難聴の原因は様々です。片耳が難聴になると生活する上でも悩む事が増えます。片耳難聴の症状がある方はまずは耳鼻科で検査、診断する事が大事です。そして、補聴器を考えられている方は補聴器専門店で補聴器を選ぶのが失敗しないコツですね!突発性難聴など片耳難聴でお困りの方にはクロス補聴器がおすすめです。片耳難聴で聞こえに困っている方は一度効果を試して下さい。仕事や学校での悩み、人付き合いでのストレスが改善されますよ。

ストレスによる難聴になった時の補聴器の選び方

ストレスで難聴になり、その時に補聴器を選ぶ方法を紹介します!
難聴の種類にはストレスが関係しておこる難聴もあります。ストレスで難聴になった時の補聴器の選び方を紹介します。ストレスが関係して起こる難聴の種類やストレス性の難聴をある程度予防するにはどういう事に気をつければよいかについても紹介します。

難聴は誰にでも起こる可能性があります

若い方は難聴とは無縁に感じている方が多いと思います。しかし、難聴って若くてもなるんです。芸能人の方が発症して難聴の種類でも有名になった突発性難聴という難聴があります。突然片耳が聞こえなくなるという難聴です。原因は今もわからない難聴です。しかし、最近では突発性難聴になる原因はストレスが関係しているのではと言われています。その他にもストレスが関係していると言われている難聴があります。

ストレスの影響で難聴になるのか

少し紹介した突発性難聴の他に難聴にはストレスが関与して起こる難聴があると言われています。
ストレスが関与する難聴の種類を紹介します。

突発性難聴

突発性難聴は突然耳が聞こえなくなります。同時に吐き気やめまいを伴います。耳鳴りが起こる事もあると言われています。発症後にすぐに病院での治療をする事で聴力は回復する事があります。
突発性難聴の原因は明らかになっていません。しかし、内耳で起こる障害はウィルスの感染、循環障害やストレスが原因ではないかと考えられています。突発性難聴は比較的に健康な人が精神的にストレス、疲労を感じているときに発症したケースがある為にストレスが原因の一つとされています。ストレスは免疫力や循環器に影響を与えます。すると心身にさまざまな不調が起こります。しかし、因果関係はまだ正確にはわかっていません。

突発性難聴についてはこちらもご参考下さい

突発性難聴の他にもストレスが関係しているのではと言われている難聴があります

ストレスが関与する難聴には以下の症状があります。

心因性難聴

心因性難聴の原因は精神的ストレスからくると言われています。
特徴は男性より女性に多いと言われ依存心の強い性格の人に多く発症すると言われています。
心因性難聴は学童期に多く家庭環境でのストレス、心理的な葛藤から逃避するために難聴が起こります。

低音障害型突発難聴

低音障害型突発難聴は、ストレスや疲労、睡眠不足などが原因とされる急性の難聴です。
内耳の蝸牛にリンパ液が増え過ぎることで起こると考えられており、低音だけが聞こえにくくなることや、低音の耳鳴りや耳の詰まった感じの症状があります。20~40代の女性に多い難聴です。

メニエール病

メニエール病は内耳の内リンパ液が過剰となって内リンパ水腫になることで起こる病気です。
症状には難聴や耳鳴り、めまいを繰り返すなどがあります。女性に多く発症すると言われています。
メニエール病の原因はストレス、几帳面な性格、睡眠不足、疲労、気圧の変化などです。

メニエール病についてはこちらもご参考下さい

生活習慣を見直して予防する事が大事です

ストレスと難聴の関係はまだ明確にはなっていませんが、何かしら関係があるとされます。
突発性難聴は原因がわからないので予防することも難しいです。ストレスは突発性難聴以外の多くの病気の要因となるのでできるだけ規則正しい生活やバランスの良い食生活を送る生活習慣が重要になります。よく睡眠をとることもストレスをためない生活習慣につながります。もし耳に異常を感じた時は早く正しい診断や治療を行うために迷わず医療機関を受診しましょう。

ストレスで難聴になった時に補聴器をどう選ぶか

ストレスの難聴で補聴器を選ぶ時、どの様に選べばよいか?

突発性難聴など片耳が聞こえなくなった場合

片耳が聞こえなくなって補聴器をされる方には片耳難聴の方が使用するクロス補聴器と呼ばれる補聴器(送信機)があります。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使用する事で聞こえなくなった片耳の聞こえを補う事ができます。
難聴のある耳にクロス補聴器をして反対側に補聴器をします。難聴側に入った音声を補聴器に送信する仕組みになっています。今まで聞こえなかった方向からの音声を聞きとれる事ができます!大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。

クロス補聴器について詳しくはこちら

メニエール病や聴力の変化が起こる場合

メニエール病や聴力の変動がある方には自分で音量やプログラムを変更できる補聴器にする事が大事です。
日によってや体調によって聴力が変動する方は自分で音量を調整できる補聴器がよいですね。
補聴器にプログラムを追加する事で聞こえにくい時や聞こえがましな時など自分で切り替える事ができます。
プログラムを変更できない補聴器の場合は聴力の変動に対応できないのであまりおすすめする事ができません。

メニエール病と補聴器について詳しくはこちら

ストレスによる難聴の疑いがある場合はすぐに病院、耳鼻科の受診をお願いします

ストレスによる難聴の疑いがある方は補聴器専門店に行く前に耳鼻科を受診しましょう。
ストレスによる難聴、突発性難聴などは耳鼻科で早期の治療を受ける事で聴力が回復する事があります。
治療を受けるのは早ければ早いほどよいです。ですので補聴器専門店に行く前に病院での治療を受けましょう。

治療しても治らなかった場合は補聴器を試してみましょう

難聴が治らなければ補聴器で聞こえを補う事ができます。大阪聞こえ補聴器では補聴器の相談から試聴、レンタルもおこなっています!出張訪問もおこなっていますよ。まずはお気軽にご相談下さい。ご購入いただいてからの補聴器のアフターケアもお任せ下さい。万が一交換、返品を希望される場合は耳かけ形補聴器は販売日より30日以内、耳あな型オーダーメイド補聴器は90日以内でしたら交換、返品をお受けしていますので安心してご相談下さい。


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応します。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

ストレスによる難聴になった場合に補聴器を選ぶポイントを紹介しました。
難聴はストレスによってもおこると言われています。生活習慣を見直す事で予防にも繋がります。
難聴の種類や程度で選ぶ補聴器は変わってきますので、補聴器専門店のアドバイスを参考に選びましょう。
大阪聞こえ補聴器ではレンタルをおすすめしています。購入前に補聴器の効果がわかるので安心して購入していただけます。ストレスによる難聴でお悩みの方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。
ご来店お待ちしております。

老人性難聴でお悩みの方の補聴器の選び方

老人性難聴になり悩みがある方に補聴器の買い方や選び方をお教えします!年齢と共に聞こえが悪くなる老人性難聴でお悩みの方に補聴器の選び方や種類などを紹介します!補聴器も種類が沢山あります。その中からどの様に選んだらよいのかわからない方も多いかと思います。これから補聴器を考えられている方も補聴器選びの参考にして下さい。

老人性難聴について

老人性難聴(加齢性難聴)は年齢と共に聴力が悪くなる難聴です。感音性難聴になる事が多いです。
聴覚に関わる細胞が減少して老化が進む事で聴力が低下します。50歳を超えてくると聴力が急激に低下して60歳以上になると会話の聞きとりも困難になってきます。難聴の進行は個人差が大きく、まだ50歳の手前で補聴器が必要になる人もいれば、80歳を超えてもほとんど聴力低下がない人もいます。老人性難聴の症状は高音域の聴力低下があります。ですので人間の言葉「あ」行や「さ」行が正しく聞き取れなくなってきます。特に女性、子供の声が聞きとりにくかったりします。
逆にドアの開閉音、車のエンジンの音などの物音に敏感になる事があります。騒がしい場所での会話が聞きづらくなり、音楽などもはっきり聞こえずぼやけて聞こえたりします。

難聴の程度や種類について詳しくはこちら

難聴?と思ったら病院、もしくは補聴器専門店に行きましょう

老人性難聴の症状が出てきたら耳鼻科、病院で聴力検査を受けましょう。
難聴の対策は早ければ早いほどいいです。しかし、難聴になっている自覚がない方も中にはいらっしゃいます。
テレビのボリュームが大きくしないと聞こえない事や、話している内容が理解しにくくなってきたなどがあれば難聴の可能性があります。ですので耳鼻科での診断を受ける事が大事です。もし自覚が本人に無ければ家族の方や周りの方の手助けも必要となります。また補聴器専門店へ行って相談する事も良いでしょう。耳鼻科や病院と連携している補聴器専門店へ行く事で適切なアドバイスをもらえます。

老人性難聴の症状による悩み

  • テレビのボリュームを大きくしないと聞こえない、大きくすると家族に迷惑がられる
  • 講演会などに行くと話している内容がわからない、聞こえない
  • 会話の中で聞き間違いや聞こえない事が増えて人との会話をする機会が減る
  • 騒がしい場所で話しかけられると内容がわからない
  • カラオケに行くと音程がつかめない、楽しめない
  • 孫の声や女性の話し声が特に聞こえない

老人性難聴になると趣味が楽しめなくなったり、テレビのボリュームなどを大きくする為家族に嫌がられたり、相手にされなくなったりと様々な悩みが出てきます。会話も聞こえにくくなると人と接する事が減り、外出する事もせず孤独感が増していきます。

補聴器をするタイミングはいつがいいのか?

老人性難聴による症状で悩んでいたり、生活に不便を感じられている方は補聴器を考えられるのがよいでしょう。
まずは耳鼻科での診断をしてもらうのが大事ですね。補聴器は難聴による聞こえを補助します。
しかし難聴が治る訳ではないのでご注意下さい。補聴器は早期に使用されるのがよいです。
理由としては言葉の理解力が低下するとそれは補聴器ではカバーできなくなるのです。
補聴器は持ち合わせている能力を良くする事はできないのです。ですので言葉の理解力がある内に補聴器をしなければあまり補聴器の効果を得る事ができません。補聴器はまだ早いなどと思われている方もいますが補聴器の使用は早い方が効果があります。

こちらも合わせて参考下さい

補聴器の性能や種類を知る事が大事です

補聴器を選ぶ時に幾つか気を付けなければいけません。

予算

まずは予算です。補聴器ってあまり安くはないんです。大阪聞こえ補聴器で取り扱う補聴器は片耳約5万円から50万円までと幅広くあります。ですのでまず予めの予算を決めておく事が大事です。価格帯によって補聴器の種類や性能も変わってきます。

1万円から5万円以下の通信販売やネットやTVCMで販売されている既成品の補聴器は専門店で扱う補聴器とはまた別物だと思って下さい。適切な音質調整ができないので専門店ではあまりおすすめできません。

集音器と補聴器の違いについて

性能

補聴器の性能も選ぶ際に重要です。補聴器はメーカーによっても色々と機能が変わってきます。
補聴器の性能は使用する上で必ず知っておく事をおすすめします。
例えばよくテレビを観る方や騒がしい場所に行く機会が多い方などそういった場面に対応できる性能で選ばなければ思っていた物と違うといった事になります。
ですので補聴器を選ぶ際は性能を知った上で決めなければ後々納得がいかなくなったりしてしまいます。

販売店

補聴器を購入する販売店も重要です。
補聴器を購入後もしっかり対応してくれるお店で購入するのが大事です。
特に補聴器の正しい選びが出来る事や補聴器の知識のある補聴器専門店での購入をおすすめします。
補聴器は購入後のアフターケアがとても大事です。

補聴器の選び方に関してこちらの記事も参考下さい

簡単便利な補聴器があります!

今最新の補聴器で取扱いの簡単な充電式補聴器があります。
お年寄りの方でも安心して使っていただけます。今まで必要だった電池の交換がいらないので快適に使用できます。
気になる補聴器の性能も感音難聴に合った性能で「さ」行など子音やこどもの高い声などがよりクリアに聞き取る事ができます。そしてどんな場所でもその場所に合う、環境に最適に音をブレンドするオートセンスOSを搭載!
こちらの補聴器に合わせて別売りでテレビを聞きやすくする通信機などその他色々ご用意できます。

その他各メーカーの充電式補聴器について詳しくはこちら

補聴器を購入前に試聴する事が大事です

いきなりどんな物かわからずに買うには勇気がいりますよね。
補聴器は高額ですのでしっかりと選びたいですね。ですので補聴器は購入前にどんな物なのか知る事が大事です。
まずは補聴器を購入する前に試聴をしてみましょう。試聴をする事で補聴器がどんな物かわかります。
ご希望のある方は貸し出しサービスなどを利用されるのがよいです。大阪聞こえ補聴器では補聴器の貸し出しを一週間500円で受けております。片耳、両耳同じとなっています。貸し出しできる補聴器は耳かけ形のみで今最新の充電式補聴器の貸し出しなども可能です!ご希望の方は是非ご相談下さい。


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

老人性難聴でお悩みの方の補聴器の選び方について紹介しました。
老人性難聴になると趣味が楽しめなくなったり周りからの疎外感などを感じてしまいます。
外にあまり出なくなってしまったり聞く事を諦めてしまいます。
そうなる前に早めに耳鼻科を受診されるなど、行動に移して難聴の改善をする必要があります。
補聴器の選び方や性能がわからなければ販売店とよく相談されるのが良いでしょう。
大阪聞こえ補聴器では試聴、貸し出しをしていますので納得のいく補聴器をお選びいただけます。
老人性難聴でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

補聴器をデザインで決めたい、そんな方におすすめの補聴器を紹介

補聴器のデザインを見て決めたいというそのような方のおすすめする補聴器を紹介します!
補聴器は耳に着ける物なので見た目を気にされる方は多いです。
大きさやデザイン、お色など希望はそれぞれです。
そこで今回は今時の補聴器のデザインやお色など見た目で選びたい方におすすめの補聴器を紹介します。

まずは補聴器について知る事が大事です

補聴器をデザインで決めたくてもその補聴器が耳に合わないという方も出てきます。
どういう事かというと補聴器って種類が色々とあり、聞こえ方や耳の状態によって補聴器の機種は決まってきます。
どの補聴器も同じという訳ではないんです。ですので初めに注意して頂くのはある程度耳の状態、聞こえ方で補聴器の種類はある程度決まってくるという事です。デザインやお色で決めたいという方はまずはこの様な事情を知っておく必要があります。

補聴器の効果や性能について

補聴器を決める際に見た目、デザインを重視される方が多いです

補聴器を初めて購入される方の中で見た目で選ばれる方は多いです。
それは補聴器に対してあまり良い印象がなく、マイナスイメージを持たれている方が多いんです。
特に若い方は補聴器を着けていると恥ずかしい、お年寄りみたい、と周りからの目を気にされます。
それは同時にまだ世間からは補聴器に関しての理解、関心があまり持たれていないという事でもあります。
最近ではオーダーメイドのイヤホンなどが流行っていてテレビでもミュージシャンの方などが着けていたり、耳に着ける行為に関しては抵抗が無くなってきているのではないでしょうか。

補聴器もどんどん進化しています

昔の補聴器のイメージが強い人は目立つサイズの補聴器というイメージが強いかもしれません。
しかし最近の補聴器はどんどん小型化が進んでいます。ですので最近では見えない補聴器、目立たない補聴器が次々に登場しています。
それは耳にかける耳かけ形補聴器、耳あなに入れる耳あな型補聴器どちらもです。
目立たない補聴器というのは若い方や女性の方に今とても人気があります。

サイズやお色などデザインで決めたい方におすすめの補聴器を紹介

では補聴器をデザインで選びたい方におすすめな補聴器を紹介致します!

耳あな型補聴器のおすすめ

  • フォナック バートBチタン

まず耳あな型補聴器のおすすめはフォナックのバートBチタンです!
こちらはわからない補聴器として売り出されており、その名の通りほんとに補聴器を着けているのかわからないです!
この補聴器はとても小さく作られています。補聴器の素材はチタン合金を使用していますのでデザインも今までの補聴器とは違い斬新です。
チタン合金は従来の素材より薄くて丈夫で、装用した時のアレルギー反応などもありません。
最小に拘った耳あな型補聴器です!こんなに小さくてもパワーもあるのである程度の聴力に対応できます!

フォナックバートBチタンについて詳しくはこちら


耳かけ形補聴器のおすすめ

  • フォナック オーディオBシリーズ

耳かけ形のおすすめはフォナックのオーディオBシリーズです。
こちらはフォナックの一番最新の耳かけ形補聴器、RICタイプになります。
おすすめできる点はまずサイズが目立たない小型になります。本体がすごく小さいので目立ちません。
カラーバリエーションは合計9色の中から選ぶ事ができます。性能もオートセンス機能搭載で環境に合わせた音質に補聴器が自動調整してくれます!
防水、防塵にも大変優れているので汗や水での故障も大幅に軽減できます!

フォナック オーディオBシリーズについて使用中のお客様の感想など詳しくはこちら


カラーで決めたい方におすすめ

  • シーメンス・シグニア 充電式補聴器セリオン(Cellion)

おしゃれな色で選びたい方にはシーメンス・シグニアの補聴器がおすすめです。中でも最新の充電式補聴器セリオンをおすすめいたします。充電式補聴器は電池式補聴器とは違い充電器で充電して使用します。ですので定期的な電池交換が不要となっています。充電方法も簡単で今人気があります。カラーバリエーションは豊富な13色からお選びいただけます!

シーメンス・シグニアの充電式補聴器セリオンについてはこちら


見せるデザインの補聴器で決めたい方におすすめ

  • シーメンス・シグニア クール(COOL)

目立たない補聴器とは逆で目立つ、デザイン性のある補聴器をお探しの方におすすめするのがシーメンス・シグニアのクールです!シーメンス・シグニアのクールはオーダーメイドの耳あな型補聴器ですが一見補聴器に見えないデザインが特徴的です。耳穴に入れたときの閉塞感を大幅に軽減するデザインです。ワンタッチで装着する事ができて外れることがないように耳全体で支えるようになっています。今までにないデザインとカラーです。

今回紹介した補聴器の他にもおすすめは色々ありますのでお気軽にご相談下さい。

大阪聞こえ補聴器では要望に合う適した補聴器を提案いたします

大阪聞こえ補聴器ではデザインで補聴器のお探しの方に希望に合った補聴器を提案いたします。
補聴器選びは予算や聞こえ方や耳の状態によっても適する補聴器は変わってきます。
ですので必ずしも希望する補聴器を選べるとは限らないのです。
しかしなるべく希望に添える機種を選ぶ事はできますのでよく相談して決めていきます。
耳あな型補聴器は試聴、貸し出しする事はできませんが耳かけ形補聴器は試聴、貸し出しする事が可能です。
ご購入前に聞こえ方もわかり検討する事ができるので安心です。

大阪聞こえ補聴器では耳あな型補聴器は90日以内、耳かけ形補聴器は30日以内でしたら交換、返品を承っています。

ご来店が難しい方には出張訪問サービスをしておりますのでお気軽にご相談下さい!


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がございますのでそちらで対応致します。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

補聴器をデザインや見た目で決めたい方におすすめする補聴器を紹介しました。

補聴器の見た目やデザインで決めたいという方は幾つか注意する点があり、予算や聞こえ方、耳の状態も補聴器選びには重要です。

ですので、希望するデザインの補聴器にする事ができない場合もあります。大阪聞こえ補聴器ではお客様のご要望に最大限応えるように補聴器の提案、ご相談を致します。購入前に試聴や貸し出しをする事も可能ですのでご相談下さい。あなたに合う補聴器の提案を致します!

好評中!大阪聞こえ補聴器では他店購入の補聴器の再調整をおこなっています!

好評があります!大阪聞こえ補聴器では他店で購入した補聴器の再調整を承っています!行きつけの補聴器専門店が閉業してしまった、購入した店舗が遠方で中々店に行く事ができないなど理由は様々ですがその様な時大変困りますよね。大阪聞こえ補聴器ではその様な理由で補聴器の調整が出来ない方、調整が上手く出来ているのか気になる方の為に補聴器のセカンドオピニオンをおこなっています。今回は大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンについて紹介します。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは第二の意見という意味です。
例で説明すると今通われている病院があり医師に診察を受けているが、違う病院の医師にも治療法や診断、診断結果やその後の治療方針や治療方法についての意見を聞くことを言います。

医師や病院によって医療内容に限界がある事もあります。
補聴器のセカンドオピニオンも同様で、今通っている補聴器専門店と異なる調整や測定方法を別の補聴器専門店で提案してもらうという内容です。
今までとは違う意見を聞く事で今解決されていない問題が解決する事があります。

こちらの記事もご参考下さい

補聴器は購入してからが大事です

補聴器は購入したらそれで終わりという物ではありません。
これはとても大事な事です。補聴器は購入してからのアフターケアがきわめて重要になります。
購入時に調整をしてお渡ししますが実際に使用してみて気になる点が出てくる事があるかと思います。
ですので問題がなければいいのですが購入してからも補聴器の再調整は行う必要があります。
定期的に販売店に行き点検、調整をしてもらう必要があります。

補聴器購入後の悩み

補聴器を購入してからも幾つか悩みが出てくる事があります。

  • 購入した店舗が閉業してアフターケアを受けられなくなった
  • 購入した店舗が遠方のために中々出向けない
  • 良心的な販売店ではなく自分に合ってない補聴器を購入してしまった
  • 入院する事になり店舗に行く事が出来なくなった

など、理由は様々考えられますが補聴器購入後にこの様な悩みが出てくる事があります。
閉業してしまったのはどうしようもない事ですが遠方にある店舗ではあまり購入するのはおすすめできません。
購入する店舗は定期的に行く事が出来る店舗にする、もしくは出張訪問をしている店舗で購入するのがおすすめです。

そんな購入後の悩みをお受けする大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンサービス!

補聴器購入後のアフターケアでお悩みの方に、大阪聞こえ補聴器ではセカンドオピニオンを実施しています!
他店で買った補聴器の調整、点検を大阪聞こえ補聴器では実施しています。修理も取扱いメーカーのみお受けできます。
どのメーカーもお受けしたい所ですが、セカンドオピニオン対応の補聴器メーカーは限られています。

セカンドオピニオン対応の補聴器メーカー

セカンドオピニオン対応の補聴器メーカーは大阪聞こえ補聴器で取扱いのあるメーカーになります。
対応メーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、GNリサウンド、ユニトロンになります。
その他のメーカーに関しては取扱いが無い為に補聴器の調整をお受けできませんので予めご了承下さい。
しかし、点検やメンテナンスはお受けする事ができます。イヤモールドの作製やレシーバー部品の取り寄せなどは可能ですのでお申し付け下さい。

セカンドオピニオンの流れ

まず初めに行うのが問診です。
お客様の難聴の経緯や今までの補聴器の装用経験、お使いの補聴器の問題点などをお聞きします。


次に行うのが補聴器を調整する為に必要な聴力の測定です。
あくまでも病院で行う検査では無く補聴器調整の為に行う測定です。
ですので難聴の診断などは行っておりません。お測りするのは気導聴力、骨導聴力、語音弁別の測定です。


聴力の測定が終わりましたら次に行うのが補聴器の再調整です。
測定結果を元に補聴器の問題点を改善する調整を行います。しっかりと要望をお伝えいただくと調整を行いやすいです。
測定結果と問題点を踏まえてお使いの補聴器が適応していないなどの場合は説明させて頂きます。
希望であればこちらで提案する機種の試聴をして頂く事も可能です。


最後に補聴器の調整が上手く適応しているか補聴器装用効果を測定します。
補聴器をつけた状態で言葉の聞きとりを行います。これをする事により補聴器の効果がしっかり出ているかがわかります。


以上がセカンドオピニオンの流れとなります。
しかし、補聴器はアフターケアが大事ですのでその後も補聴器の経過を見させて頂きます。
ですのでその後も希望があればいつでも補聴器の調整、点検はお受けします。

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店ですのでご安心下さい

当店は補聴器専門店ですので調整、点検に関してご安心下さい。
認定補聴器技能者も4名在籍しておりますので補聴器の事はお任せ下さい!

セカンドオピニオンの費用について

初回来店の調整料金は 3,000円(税別)

セカンドオピニオンで行う行程の料金全てこちらに含まれています。
その他に修理など部品交換などがある場合は別途修理代金等が必要になります。

二回目からの相談料2,000円(税別)

こちらも対応させて頂く技術料金が全て含まれています。

サービスを受けた日から2日以内の場合は追加料金無しでサービスを受けられます。

大阪聞こえ補聴器では出張訪問もお受けしています。
もちろんセカンドオピニオンでの依頼もお受けしています。

出張訪問に関してはこちら


東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がございますのでそちらで対応しております!

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

大阪聞こえ補聴器では他店で購入した補聴器の調整もお受けできます。
対応する補聴器メーカーは大阪聞こえ補聴器で取り扱う補聴器メーカーのみになりますのでご了承下さい。
補聴器は購入後のアフターケアがとても重要です。ですので購入後遅くても3ヶ月後には一度点検をしてもらうのが良いでしょう。
購入した店でのアフターケアが出来なくなってしまった方や今の補聴器の調整に問題がある方は大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンを是非ご利用下さい。セカンドオピニオンは只今好評にご利用頂いております。補聴器のアフターケア、調整でお困りの方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。

充電式補聴器が今人気です!大阪聞こえ補聴器の最安値を紹介!

充電式補聴器は人気があります!大阪聞こえ補聴器で販売する最安値の紹介です!
今従来の電池を使用する補聴器以外に充電式の補聴器が発売されています。
電池が不要なので電池切れの定期的な交換が不要になりました。
電池交換は意外と煩わしく感じられている方が多いです。その為そのような方には電池交換不要の充電式補聴器が人気なんです。
今回充電式補聴器の紹介と大阪聞こえ補聴器での最安値の紹介をします!

今までの補聴器との違いについて

今までの補聴器は空気電池を使用する補聴器が一般的でした。
その為電池が切れるとその都度交換しなければいけませんでした。
しかし今回紹介する補聴器はそんな電池の交換が不要になった充電式の補聴器です!
補聴器の性能は各種電池式と変わりないのですが空気電池ではなく充電器で充電して使用できる便利な補聴器です!
電池交換って意外と面倒に感じる事もありますよね?上手く電池交換が出来ない方でも充電式だと充電器に置くだけなので簡単です!
大阪聞こえ補聴器で取り扱っている充電式補聴器のメーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーンになります。

充電式補聴器のメリットとデメリットを紹介

メリット
  • 電池交換が不要になる(充電池が寿命の場合はメーカーでの交換が必要になります)
  • 充電の方法が簡単にできる
  • 電池ゴミが少なくて地球環境にやさしい
  • 電池の購入が不要(充電池の交換の際は交換費用が必要)
デメリット
  • 充電ができていないと補聴器が使えない
  • 充電があまりできていない場合、外出時の充電切れの心配がある
  • 充電池の寿命がなくなると新しい物と交換が必要

充電式補聴器は充電器で充電して使用するので楽に使える事がいいですね。
電池ゴミが出ないので環境にもいいですね。ただいい点ばかりという事もなく充電が不十分だと補聴器が途中で使えなくなります。
充電式補聴器は充電をしないと使用できないので外で切れてしまう事があるのが注意点です。
ベルトーンの充電式補聴器に関しては通常の空気電池との併用ができます。
ですので万が一充電が切れても空気電池を携帯していれば空気電池で補聴器を使う事ができます。
その際は間違えて充電地を捨ててしまわないように注意が必要です。

充電式補聴器の各メーカーや種類について詳しくはこちら

各メーカーの充電式補聴器の特徴

メーカー毎に充電の仕組みや充電時間が変わってきます。

フォナック

フォナックはスイスの補聴器メーカーになります。
フォナックの充電式補聴器はリチウムイオン電池を使用してます。
充電の方法は接触充電になります。フル充電が3時間、24時間で長時間稼働となっています。30分の充電で6時間使う事ができます。
フォナックの充電式は形状が選ぶ事ができます。耳かけ形のみですがRICタイプと標準タイプの2種類から選択できます。

フォナックの充電式補聴器についてはこちら


シーメンス・シグニア

シーメンス・シグニアはドイツの補聴器メーカーになります。
シーメンスの充電式補聴器もリチウムイオン電池を使用しています。しかし充電方法は非接触充電になります。
30分の充電で7時間使用可能、4時間フルに充電で27時間使う事ができます。
非接触充電ですので充電器に置くだけで簡単に充電ができます。
充電式補聴器は耳かけ形のRICタイプです。

シーメンス・シグニアの充電式補聴器はこちら


ベルトーン

ベルトーンはアメリカの補聴器メーカーでスマートホンに接続して音を調整できるなど通信機能が進んでいる補聴器メーカーです。
充電方法は銀亜鉛二次電池を使用している接触充電になります。
Zパワーを採用していて対応する補聴器を持っている方は比較的安価で充電式補聴器に切り替える事ができます。
ですのでベルトーンの充電式は空気電池との併用が可能です。
ベルトーンの充電式補聴器は耳かけ形のRICタイプになります。

ベルトーンの充電式補聴器についてはこちら

充電式補聴器をお得に買える?最安値情報!

今人気の充電式補聴器ですが今までの電池式と比べると少し費用も上がってしまいます。
補聴器が高額になると予算的に難しい問題になります。
そんな悩みでお困りの方に朗報です!
今回は大阪聞こえ補聴器の充電式補聴器の最安値を紹介します!
只今大阪聞こえ補聴器では両耳購入で片耳が半額になる大変お得なセールを開催しています!
今回のセールは紹介した各充電式補聴器、本体が20万円以上に限りすべて対象となります。
ですので人気の充電式補聴器をお得に購入できるチャンスとなっています。
そして大阪聞こえ補聴器で販売する充電式補聴器の最安値はシーメンス・シグニアのセリオンになります!
今回両耳セール適用になるとセリオンプライマックス2が大変安くなります!
気になるお値段は通常定価44万3200円がなんと34万3200円になります!これは充電式ではとてもお得です。
そして今回先着12名に限り充電器4万3200円を無料でサービス致します!ですので更に安い30万円での販売になります!
セールは大変好評頂いております、無料でお付けできる充電器には限りがございますので予めご了承下さい。

こちらの記事もご参考下さい


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します。
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

今人気のある大阪聞こえ補聴器で販売する充電式補聴器の最安値を紹介しました。
充電式補聴器は電池式補聴器の電池交換の手間が無くなった扱いが簡単な最新の補聴器です。
充電方法も簡単ですので安心してお使いいただけます。
今回大阪聞こえ補聴器では両耳セールを開催中です。この期間に購入いただくと大変安く充電式補聴器を購入する事ができます。
まずは試聴やレンタルで試してみませんか?電池交換のいらない快適な充電式補聴器を是非一度お試し下さい。