充電式補聴器が今人気です!大阪聞こえ補聴器の最安値を紹介!

充電式補聴器は人気があります!大阪聞こえ補聴器で販売する最安値の紹介です!
今従来の電池を使用する補聴器以外に充電式の補聴器が発売されています。
電池が不要なので電池切れの定期的な交換が不要になりました。
電池交換は意外と煩わしく感じられている方が多いです。その為そのような方には電池交換不要の充電式補聴器が人気なんです。
今回充電式補聴器の紹介と大阪聞こえ補聴器での最安値の紹介をします!

今までの補聴器との違いについて

今までの補聴器は空気電池を使用する補聴器が一般的でした。
その為電池が切れるとその都度交換しなければいけませんでした。
しかし今回紹介する補聴器はそんな電池の交換が不要になった充電式の補聴器です!
補聴器の性能は各種電池式と変わりないのですが空気電池ではなく充電器で充電して使用できる便利な補聴器です!
電池交換って意外と面倒に感じる事もありますよね?上手く電池交換が出来ない方でも充電式だと充電器に置くだけなので簡単です!
大阪聞こえ補聴器で取り扱っている充電式補聴器のメーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーンになります。

充電式補聴器のメリットとデメリットを紹介

メリット
  • 電池交換が不要になる(充電池が寿命の場合はメーカーでの交換が必要になります)
  • 充電の方法が簡単にできる
  • 電池ゴミが少なくて地球環境にやさしい
  • 電池の購入が不要(充電池の交換の際は交換費用が必要)
デメリット
  • 充電ができていないと補聴器が使えない
  • 充電があまりできていない場合、外出時の充電切れの心配がある
  • 充電池の寿命がなくなると新しい物と交換が必要

充電式補聴器は充電器で充電して使用するので楽に使える事がいいですね。
電池ゴミが出ないので環境にもいいですね。ただいい点ばかりという事もなく充電が不十分だと補聴器が途中で使えなくなります。
充電式補聴器は充電をしないと使用できないので外で切れてしまう事があるのが注意点です。
ベルトーンの充電式補聴器に関しては通常の空気電池との併用ができます。
ですので万が一充電が切れても空気電池を携帯していれば空気電池で補聴器を使う事ができます。
その際は間違えて充電地を捨ててしまわないように注意が必要です。

充電式補聴器の各メーカーや種類について詳しくはこちら

各メーカーの充電式補聴器の特徴

メーカー毎に充電の仕組みや充電時間が変わってきます。

フォナック

フォナックはスイスの補聴器メーカーになります。
フォナックの充電式補聴器はリチウムイオン電池を使用してます。
充電の方法は接触充電になります。フル充電が3時間、24時間で長時間稼働となっています。30分の充電で6時間使う事ができます。
フォナックの充電式は形状が選ぶ事ができます。耳かけ形のみですがRICタイプと標準タイプの2種類から選択できます。

フォナックの充電式補聴器についてはこちら


シーメンス・シグニア

シーメンス・シグニアはドイツの補聴器メーカーになります。
シーメンスの充電式補聴器もリチウムイオン電池を使用しています。しかし充電方法は非接触充電になります。
30分の充電で7時間使用可能、4時間フルに充電で27時間使う事ができます。
非接触充電ですので充電器に置くだけで簡単に充電ができます。
充電式補聴器は耳かけ形のRICタイプです。

シーメンス・シグニアの充電式補聴器はこちら


ベルトーン

ベルトーンはアメリカの補聴器メーカーでスマートホンに接続して音を調整できるなど通信機能が進んでいる補聴器メーカーです。
充電方法は銀亜鉛二次電池を使用している接触充電になります。
Zパワーを採用していて対応する補聴器を持っている方は比較的安価で充電式補聴器に切り替える事ができます。
ですのでベルトーンの充電式は空気電池との併用が可能です。
ベルトーンの充電式補聴器は耳かけ形のRICタイプになります。

ベルトーンの充電式補聴器についてはこちら

充電式補聴器をお得に買える?最安値情報!

今人気の充電式補聴器ですが今までの電池式と比べると少し費用も上がってしまいます。
補聴器が高額になると予算的に難しい問題になります。
そんな悩みでお困りの方に朗報です!
今回は大阪聞こえ補聴器の充電式補聴器の最安値を紹介します!
只今大阪聞こえ補聴器では両耳購入で片耳が半額になる大変お得なセールを開催しています!
今回のセールは紹介した各充電式補聴器、本体が20万円以上に限りすべて対象となります。
ですので人気の充電式補聴器をお得に購入できるチャンスとなっています。
そして大阪聞こえ補聴器で販売する充電式補聴器の最安値はシーメンス・シグニアのセリオンになります!
今回両耳セール適用になるとセリオンプライマックス2が大変安くなります!
気になるお値段は通常定価44万3200円がなんと34万3200円になります!これは充電式ではとてもお得です。
そして今回先着12名に限り充電器4万3200円を無料でサービス致します!ですので更に安い30万円での販売になります!
セールは大変好評頂いております、無料でお付けできる充電器には限りがございますので予めご了承下さい。

こちらの記事もご参考下さい


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します。
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

今人気のある大阪聞こえ補聴器で販売する充電式補聴器の最安値を紹介しました。
充電式補聴器は電池式補聴器の電池交換の手間が無くなった扱いが簡単な最新の補聴器です。
充電方法も簡単ですので安心してお使いいただけます。
今回大阪聞こえ補聴器では両耳セールを開催中です。この期間に購入いただくと大変安く充電式補聴器を購入する事ができます。
まずは試聴やレンタルで試してみませんか?電池交換のいらない快適な充電式補聴器を是非一度お試し下さい。

大阪聞こえ補聴器の半額セール【秋の最安値キャンペーン】

大阪聞こえ補聴器では秋の半額セールを開催しております。最安値のキャンペーンで補聴器を激安で買いませんか?いざ補聴器を購入するって本当に値段と性能と考えさせられることばかりです。大阪聞こえ補聴器では性能の良い補聴器をどこよりも安く買えるキャンペーンを考えました。片耳が本体価格が20万円以上の補聴器であれば両耳に購入して頂けるならば2つ目を半額で販売いたします。

補聴器の半額セールは本体価格が片耳20万円以上の商品に限ります。また両耳に買うことを原則とします。

補聴器を両耳で買うと片耳が『半額』になる!

両耳ペアで補聴器を購入すると片耳が半額になるセールです。とてもお買い得となっております。新製品の補聴器でも最上位の補聴器でも片耳が20万円以上の補聴器なら大阪聞こえ補聴器で取扱う補聴器ブランドはなんでもドーンっと安くしちゃいます。

更には補聴器用電池も10パックプレゼント!!

さらに電池を12,960円分の10パックもプレセントいたします。

但し充電用補聴器は電池が必要ないので対象外です。

半額セールの取扱メーカーと条件について

対象商品はフォナック(PHONAK)、シーメンス・シグニア(SIEMENS・SIGNIA)
NJH関連のベルトーン(Beltone)とユニトロン(Unitron)となります。

条件
  • 片耳の補聴器の本体価格が20万円以上の商品が対象となります。
  • HPを見て頂き 『Web秋の特別セール』 とスタッフに言って頂けたら適応いたします。
  • クロス補聴器や片耳の本体価格が20万円以下の商品はセール対象外となります。
  • 当店が初めての方は電話・メール・FAXにてご予約をお願いします。

是非とも大阪聞こえ補聴器の難聴者応援システムをご利用ください。皆さまのご来店心よりお待ちしております。

補聴器のお問い合わせ

補聴器のことならどんなことでもお気軽にご相談下さい。わかりやすい説明で懇切丁寧に対応致します。

住所 〒541‐0054 大阪市中央区南本町3-6-2ケンガンビル4F
営業時間
定休日 : 日曜・祝日
営業時間 : 10:00〜19:00         土曜:10:00〜17:00
電話 : 06-6245-0330 (日曜・祝日を除く、平日の10時~17時)
FAX : 06-6245-0247 (24時間OK)


大きな地図で見る

東京の秋葉原の姉妹店はコチラをご覧ください!

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラです。

テレビに対応する補聴器の試聴も大阪聞こえ補聴器でできます!

テレビ対応の補聴器を試聴するなら大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい。
補聴器もここ数年でテレビに対応する補聴器が出ています。補聴器を通信機と合わせて使うとテレビ音声が楽に聞こえるという仕組みです。
大阪聞こえ補聴器で取り扱う補聴器メーカー全てで販売されています。
テレビ対応の補聴器の試聴を大阪聞こえ補聴器では体験していただけます!

テレビのボリューム気になりませんか?

テレビってみなさんよく観られる方も多いと思います。
そこで気になるのがテレビのボリュームです。
補聴器をされている方の中でも大きなボリュームで観られている方もいらっしゃいます。
補聴器を外すと更に大音量で見ていたりとテレビのボリュームって難聴の方にとって気になる悩みです。
聞こえないのでテレビの音量をとても大きくして観るので同居されている方も一つの悩みになります。

補聴器でテレビ音声を聞くのは難しい?

補聴器をしているのにテレビが聞こえない、この様に感じた事ありませんか?
会話の音声は聞こえるが、テレビの音声が聞こえにくい。この様に思われている方は多いです。
補聴器をしているのに何故?と思いますよね。

テレビが上手く聞こえない理由

補聴器をするとテレビも快適に観れると思っていたが上手く聞こえない事がある。
そう感じている方も中にはいらっしゃると思います。個人差もあるかと思いますがテレビが上手く聞きとれないのには理由があります。
まず理由の一つに言葉を聞きとる能力があります。言葉を理解する能力が悪くなるとテレビ音声の聞きとりも悪くなります。
そして補聴器は会話の補助をする事を前提に作られた医療機器です。テレビ番組によっても聞こえやすい、聞こえにくいがあります。
比較的聞きとりやすいのがニュース番組などはっきりした口調で話しをしている番組。
聞きとりにくいのはバラエティー番組など、大勢の会話が入り、合わせてBGMなども入るような番組は一番聞きとるのが難しいです。
テレビを聞く時の距離も大きく影響し、音声の反響音なども上手く聞こえない理由の一つです。

言葉を理解する能力とは?

言葉の理解力は耳だけに関する事ではありません。脳の聴覚神経にも関係があるんです。
左耳から入ってくる音の情報は主に右脳で、右耳からの音の情報は左脳に伝達します。
左脳と右脳にバランスよく音声の情報が届いて、左右の脳を使って能力を発揮します。
脳の働きを活性化する為には両耳を使ってしっかり聞くという事が大事です。

改善策はあるのか?

テレビの聞きとりを少しでも改善させる方法はあるのか?一つはテレビ本体の設定を変更する事。
テレビの音声をステレオからモノラルに変更してみると改善されるかもしれません。
部屋の反響をカバーするのにカーペットをひく、カーテンがあれば閉じるなどをすると吸音効果があります。
後は補聴器本体の調整などで音質の変更をするなどで改善する事ができます。

もっとテレビを楽しみたい人に

もっとテレビを楽しみたいという方におすすめするのがテレビ通信対応の補聴器です。
テレビに通信機を繋ぐだけで操作も簡単、ワイヤレスシステムでテレビの音声を直接補聴器で聞く事ができます。
これを使うとテレビの聞きとりは大幅に改善します。テレビをよく観られる方には大変喜ばれます。
このテレビ対応の補聴器は大阪聞こえ補聴器で取扱いのあるフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーンから販売されています。
どのメーカーも操作は簡単で通信機をテレビに繋いでスイッチ一つでテレビを楽に快適に観る事が出来ます。
テレビが好きでよく観られる方におすすめです。テレビ以外にも電話も同じように快適に聞く事ができます。

通信機の使用上のメリットとデメリットについて

メリット
  • 直接テレビの音声を補聴器に届けるので少し離れた場所にいても大丈夫
  • 周りの人を気にせず自分の聞きたい音声でテレビを観る事ができる
  • テレビや電話の音声を使う方の最適な音量に合わす事ができる
  • テレビや電話でハウリングする事が少ない
デメリット
  • 補聴器以外にもリモコンやワイヤレス通信機器が必要になる
  • 補聴器と通信機のペアリングなどの設定が必要となる
  • ワイヤレス補聴器にしか対応していない、対応機種が決まっている

テレビ通信対応補聴器の種類や価格についてまとめた記事がありますのでご参考下さい。
詳しくはこちら

大阪聞こえ補聴器では実際に試聴する事ができます!

テレビ通信対応補聴器を大阪聞こえ補聴器では試聴する事ができます。
初めはどの様な感じかわからないと思う方も多いと思いますので是非試聴してみて下さい。
取扱いの各メーカーの試聴が可能です。
気になる方はご来店いただき是非体験して下さい。とても楽に聞く事ができますよ。


大阪聞こえ補聴器では自宅に訪問、出張サービスもしています。

ご自宅のテレビに通信機を設置しにお伺いする事もできます。レンタルも対応できますのでご相談下さい。

まとめ

テレビ通信対応の補聴器について、大阪聞こえ補聴器では体験、試聴する事ができます!
ワイヤレス通信で補聴器に直接テレビ音声が入るのでとても楽に周りを気にせず自分の好みの音声でテレビを楽しむ事ができます。
大音量で悩んでいた同居されている方もこれがあればもう気にする心配はありません。
大阪聞こえ補聴器では試聴をする事も可能ですので購入前にどんな感じかがわかるので安心です。
テレビ通信対応の補聴器をお探しの方は一度大阪聞こえ補聴器までお問い合わせ下さい。
悩んでいたテレビのボリュームもこれで解決しますよ!

補聴器のセカンドオピニオン!他店で買った補聴器の相談、再調整致します!

補聴器版セカンドオピニオンをおこなっています!他店で購入した補聴器のご相談や再調整と聴力測定もしております!買替で他店と迷われている方でもOKです。補聴器の相談や悩みを受付けます。購入したが店舗が無くなってしまった、引っ越しをして行けなくなったなどでお困りの方のサービスです。今回は補聴器のセカンドオピニオンを紹介します。再調整、修理と点検、聴力測定、新機種の聞き比べもしっかり対応させていただきます。再調整や修理に関しては当店で取り扱うメーカーのみになりますのでご了承下さい。

セカンドオピニオンってなに?

セカンドオピニオンとは「第二の意見」という意味です。
例えば今かかりつけの病院があり医師に診てもらっているが、違う病院の医師にも治療法や診断、診断結果やその後の治療方針や治療方法についての意見を聞くことを言います。主治医以外の意見を聞いて現在の治療が適切か、他に良い治療方法がないかなど、患者がより納得のいく治療を受けることが可能になります。特に医療の世界というのは日に日に進んでいます。その全てを一人の医師が把握しているとは限らないですよね。
医師や病院によっては提供できる医療内容に限界がある場合もあります。補聴器のセカンドオピニオンも同様で、今通っている補聴器専門店とは違う調整方法や測定法を別の補聴器専門店に提案してもらうという事です。意見を聞く事で今解決されない問題が解決するかもしれません。

補聴器のセカンドオピニオンはどんな相談も受けます!

補聴器のセカンドオピニオンは下記の方におすすめです
  • 他店の意見とは違う角度での調整方法を知りたい。
  • 現在のお客様に合う補聴器の機種選定を比較したい。
  • 言葉の聞き取り、聴力測定の比較。
  • 新しく補聴器を買うのに別のアドバイスを求めたい。
  • 買ったものの取り扱いがわからない。忘れたなど。
  • 他店で取扱っていない補聴器メーカーの試聴。
  • 他店で買った補聴器の調整。

他店で購入した補聴器の相談もお受けいたします!

大阪聞こえ補聴器では補聴器のセカンドオピニオンサービスを開始してから他店で合わなくなった補聴器のアフターフォローを積極的にしております。別のお店で買われた補聴器が合わなくてタンスの肥やしになっている方はとても多いです。高いお金を出して買ったのに使わないなんて本当にもったいないですよね。また買われたお店でスタッフとの接客態度や意見が合わなかったり、音作りが合わなかったりすることもあります。そんな方々へ大阪聞こえ補聴器では他店で買われた補聴器もきちんとアフターケアしております。

補聴器を購入後こんなことで困っていませんか?
  • 補聴器の効果がうまくいっているのかわからない。
  • 購入してから長い間放置してアフターケアを受けていない。
  • 補聴器がうまく操作できない、操作方法がわからない。
  • 購入した店舗が閉店した、または移転や倒産したなど。
  • 店舗から離れた地域に引越したので補聴器を見てもらえなくなった。

この様な事でお困りの方がいらっしゃるかと思います。特に閉店してしまった、引越したという方は本当にお困りだと思います。
大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンサービスはこの様な方の為におこなっています。
店舗で取り扱いのある補聴器メーカーでしたら点検、修理、再調整をいたします!
まずはご相談をいただいてからサービスの内容に納得いただけたらお気軽にご利用下さい。

購入後に補聴器を調整していないという方が沢山いらっしゃいます

補聴器を購入してそのまま長年使われている方もいらっしゃいます。
購入したお店が無くなってどうしたらいいかがわからずにそのままという方もいますし、ただ出向くのが面倒でそのままになっているという方もいます。少し聞こえにくい気がする、大きく感じるという方でも補聴器はこの様な物なのかな?と使っている人もいるかと思います。
補聴器は買ってお終いという物ではありません!最初の調整も耳に合わせておこないますが、購入してからの調整ってとても大事なんです!
購入したばかりだとまだ補聴器の性能がどんな感じなのかわからない部分があります。
自分のできる限りでいいので補聴器を着けてみて、慣れてきたら一日中着けるようにしていただくのがよいです。
最初は小さい音量から慣れてもらって音に慣れてきたら音量や音質の調整をしていきます。
音量の大きさ、音質の問題も慣れてきて希望があれば身の回りの環境音も不快でない程度に上げていきます。

補聴器のセカンドオピニオンは認定補聴器技能者がおこないます

当店では認定補聴器技能者が4名在籍しております。知識と経験であなたの補聴器のアドバイスをいたします。

認定補聴器技能者についてはこちら

補聴器のセカンドオピニオン!その具体的な内容について

補聴器の相談をお聞きします

まずはお話しを聞かせていただきます。
大事なのは今までの補聴器購入の経緯や装用経験などをお伺い致します。
話しを聞く事でお使いの補聴器の何が合わないのか、補聴器の種類が適応しているのかがわかってきます。
補聴器に対して希望する中でも出来る事と出来ない事があるのでそれを初めに明確化するのが大事です。

他店で購入された補聴器のデータ、病院やお店で測定されたデータなどお持ち頂けたら参考にさせて頂きます。

聴力測定、語音の測定をします

話しを伺ったらまず最初におこなうのが聴力の測定です。
聴力測定にも種類があります。純音気導聴力(鼓膜の聞こえ方)と骨導聴力(神経の聞こえ方)、そして言葉の聞きとりをどの程度できるのかを測定する語音明瞭度測定、この3つを測定します。測定をした結果で今お使いの補聴器が聴力に対して適正かどうか、調整自体が聴力に対して効果的な状態での調整なのかを確認する事ができます。

補聴器の再調整をします

補聴器の調整希望の方は測定した聴力を基に補聴器の再調整をします。
どの様な場面で不便を感じるかなどもお聞きしておこなっていきます。販売店側が見てお使いの補聴器が適正ではない場合には他機種の貸し出しなどもおこないます。そのような場合にはしっかりとアドバイスさせていただきます。

最後に補聴器の装用効果を測定

補聴器の無い状態と補聴器を着けている状態で測定します。
これはしっかり補聴器の効果が出ているのかを確認する為におこないます。
結果を見れば調整後の補聴器効果がわかります。
店外での確認も可能です。一緒に外に出て外の環境で補聴器の効果を確認していただけます。

以上が初回来店時の内容となります。次回来店時も調整や補聴効果測定をおこなっていきます。
大阪聞こえ補聴器では出張訪問サービスをしていますのでこちらから自宅や病院にもお伺いする事も出来ます。

出張訪問サービスについてはこちら

料金について

大阪聞こえ補聴器のセカンドオピニオンの料金について紹介します。

調整料金初回来店 3,000円(税別) 

セカンドオピニオンの料金は初回来店は3000円(税別)です。

カルテ作成と相談、聴力測定、点検、再調整の料金が全て含まれています。その他修理などがある場合は別途修理代金等が必要となります。

 二回目からの相談料2,000円(税別)

二回目からは相談、聴力測定、点検、再調整の料金が全て含まれています。

サービスを受けた日から2日以内であれば追加料金なしで同じサービスを受けられます。

出張訪問の際は別途出張費が必要となります。

セカンドオピニオンに対応している補聴器メーカー

大阪聞こえ補聴器で取り扱いのあるメーカーに限り対応させていただきます。

  • フォナック(Phonak)
  • シーメンス・シグニア(Siemens)
  • ベルトーン(Beltone)
  • ユニトロン(Unitorn)一部対応出来ない機種がある場合があります
  • GNリサウンド(GN Resound)一部対応出来ない機種がある場合があります

以上のメーカーがセカンドオピニオンの対象となります。
その他のメーカーに関しては当店で取り扱いがない為に調整する事ができません。予めご了承下さいませ。
補聴器の調整をする事は出来ませんがクリーニングや出来る範囲のメンテナンスは致します。

まとめ

大阪聞こえ補聴器では他店で購入された補聴器の調整をおこなったり、聴力の測定などをおこなっています!
購入したお店が閉店してしまったという方や購入したお店で解決しない事がある方は一度大阪聞こえ補聴器にお越し下さい。まだ購入を悩まれている方もご相談下さい。大阪聞こえ補聴器では補聴器のセカンドオピニオンをやっています。聞こえないことで諦めることや、後悔することを減らすために一度試してみませんか?補聴器を着ける人にもある程度の慣れや理解も必要です。コミュニケーションがとれないことは思っている以上にストレスを感じます。セカンドオピニオンをご希望の方はお電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい!あなたの聞こえをサポートいたします!

【敬老の日】補聴器をプレゼントするなら通信販売 or 補聴器専門店、あなたならどっちで買う?

敬老の日で補聴器のプレゼントなら通信販売と補聴器専門店どちらがいいのか?専門店でお考えなら的確な音質調整が出来てご自宅へ出張や訪問が可能な大阪聞こえ補聴器にお任せを。9月17日(日)18日(敬老の日)も臨時営業してます。通販の補聴器ではなく専門店のキチンとした補聴器を買いませんか?大阪聞こえ補聴器の敬老の日セールは大阪府内全域は出張費を無料です。通信販売で買うのではなくきちんとアフターケアできる補聴器専門店で購入するのが一番安心ですよ。

通信販売の簡易型の補聴器と性能の良い専門店の補聴器の違いをご説明いたします。また大阪聞こえ補聴器の敬老の日セールの内容もご紹介いたします。

敬老の日によくプレゼントされる補聴器って?

敬老の日にプレゼントされる補聴器で一番多いのは圧倒的に通信販売で購入できる既製品の簡易型補聴器です。簡易型補聴器や集音器は色んな種類があります。

例をあげますと

簡易式補聴器と集音器の例
  • パイオニア フェミミ
  • みみ太郎
  • パイオニア イヤーパートナーPHA-C11
  • オムロンのイヤメイトAK-10とAK-15
  • シーメンス・シグニアのデジミミとデジミミ2
  • ミミ―電子のオリーブME-181
  • ニコンのイヤファッションNEF-02
  • FUKU MIMI 福耳
  • Pinhen 快音くん K-80

などなど上げればキリがないですね。最近では大手補聴器メーカーで話題になっている充電式補聴器の機能までも簡易式の補聴器にあるんですよ。

充電式の簡易補聴器と集音器の例
  • イヤーチャージ EC-001
  • ショップジャパン 楽ちんヒアリング 両耳セット
  • 充電式耳穴集音器 耳力チャージ

今はやりの充電式補聴器も既に簡易式でもあるなんて。

しかし通販の補聴器って本当にたくさんありますね。

これらの補聴器がよく売れる理由は圧倒的に値段が安いことなんです。

通販、新聞、TVCMの補聴器の価格の価格

片耳約1万円~5万円

補聴器専門店の補聴器

片耳約5万円~50万円

それに比べて補聴器専門店の補聴器は圧倒的に価格設定が高い!

確かにこの値段の差は大きいですね。このネット通販社会にみなさんが最安値、激安な方に流れるのも無理はないです。

しかし通販やテレビコマーシャルや新聞で紹介されている簡易型補聴器や集音器って実際の性能ってどうなんだろう!?

補聴器は安けりゃいいっていうもんじゃない!!!!!

僕は補聴器専門店に勤める認定補聴器技能者であるので言わせてもらいます。僕が補聴器を買うならば、既製品の補聴器や集音器を買うのではなく、高いお金を出してでも聴力に合わせて、自分の耳に形やサイズをきっちりと合わせて、音質の調整が出来る補聴器を補聴器の専門家に見てもらいたいです。

確かに通販やTVCMの補聴器は安くて買い易いです。この流通社会にアマゾンでも楽天でもいいからパソコンやスマホのボタンを押せば簡単に補聴器が買えちゃいます。

しかしですよ、自分の耳の代わりになるものを入れるんです。補聴器は

「身体の一部なんですよ!!」

「補聴器は医療機器なんですよ!!」

「医療機器であるからゆえに音質の調整の出来る補聴器でないとダメです!!」

「大半の簡易補聴器や集音器は音量調整は出来ても音質の調整はできません!!」

補聴器は医療機器だからこそ、音質の良い、自分の耳に合った補聴器を着けたいと思いませんか。

※ちなみに補聴器は医療機器であるので消費税はかかりません。非課税です。集音器は課税です。

補聴器の失敗例

補聴器は通信販売で取り寄せて快適に聞こえるものでもありません。大半の簡易式補聴器(通販の補聴器)はボリューム操作は出来ても音質調整が出来ません。耳は聴力も形も違うのです。簡単に通信販売やコマーシャルで買うのではなく、補聴器専門店で補聴器を買うことをオススメしております。補聴器専門店の補聴器は聴力に合わせた音質調整と耳の形を合わせてくれますよ。

またよくある補聴器を買った失敗例を簡単にまとめました。

補聴器で失敗するよくある例
  • 1、ご本人に全くやる気がない。(装用意欲がない)
    本人の理解がないと補聴器を無理に買っても結局使いません。
  • 2、耳が遠いということを気付いていない。(難聴の自覚がない)
    自分が難聴であることをわかっていないと話は前へ進みません。
  • 3、昔に補聴器を買って失敗した過去がある。
    補聴器の経験があるが失敗した人は補聴器に対して否定的になります。安い補聴器を通販で買って耳に合わなかった。または「過去に高いお金を出して買ったけど上手く使えなかった。」なんて人は余計に嫌な免疫がついているのでマイナスのイメージしかないでしょう。

敬老の日や誕生日プレゼント、長寿のお祝いに親孝行で補聴器をプレゼントするにしても、ご本人様(プレゼントを受け取る側)の聴こえに対する意識、補聴器に対する理解がないといけないです。もしプレゼントをするならば失礼のないように少し慎重に耳や聞こえに対して悩みを聞いてあげることが良いでしょう。

通信販売の補聴器と専門店の補聴器の違いはコチラ

補聴器をきちんと耳に合わせるには聴力測定!

補聴器はご本人が居ないのに買うなんてもっての外です。補聴器を合わせるにはご本人様の聴力測定をすることが何より大切です。難聴には様々な聴力の種類があります。それによって勧める補聴器も補聴器の調整も変わってきます。

※写真は大阪聞こえ補聴器の聴力測定する部屋です。きちんと測定いたしますよ!

難聴の程度をわかりやすくイラストでご説明してます。聴力は軽度難聴、中度難聴、高度難聴、重度難聴と大きく分けて四段階に分かれます。最近では難聴と認知症についてお医者様の間でもよく話し合われております。耳で受けた音を脳で言葉を理解して考えることがとても大切です。

難聴と認知症の関係性についてはコチラ

補聴器は売りっぱなしではありません!

音質の調整がキチンと出来る補聴器はその後も補聴器の調整することが可能です。当店ではアフターケアをとても大切にしております。聴力は時と共に変化いたします。定期的に聴力測定、クリーニング、フィッティングが大切です。大阪聞こえ補聴器では売った後もしっかりとケア出来る様に万全なスタッフで補聴器のアフターフォローに取り組んでおります。

補聴器に大切な三原則
  1. 補聴器の性能
  2. 調整技術
  3. 信頼関係

補聴器は医療機器です。自分に合った性能の良い補聴器を買いましょう。そして購入されるお店も調整技術の高い補聴器専門店へ行くのが良いでしょう。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器技能者が4名在籍しております。

認定補聴器技能者の詳しい記事ついてはコチラ

そしてお店の方とお客様の信頼関係が大切です。その中で予算に合わせた補聴器を相談されるのが良いでしょう。

来店が困難な場合はどうしたらいいのか?

老人ホームなどの施設に入所していたり、身体的な理由でお店へ来店できない場合はご自宅へ出張するデリバリーサービスを行なっております。大阪聞こえ補聴器ではお店でなくてもお店に近い設備でご自宅へお伺いする出張サービスも始めております。

補聴器の出張サービスに関してはコチラ(只今大阪府全域は出張料無料)

補聴器専門店の価格は様々です!

補聴器専門店で購入する補聴器の値段や価格は様々です。

当店で扱う補聴器は片耳で約5万円~50万円くらいまであります。

性能の良い補聴器になればなるほど高額にはなります。しかし高額であるから、高性能であるから、必ずしも良いとは限りません。その方に合う用途、使い勝手、使いたい場所や状況、悩みに応じて価格は決まります。

補聴器の価格と性能についてはコチラ

敬老の日に補聴器をプレゼントするまとめ

両親に少しでも快適な生活を送ってもらい為に補聴器をプレゼントしたいという考えはよくわかります。しかし本当に家族のためを思って補聴器をプレゼントするならば補聴器専門店へご本人様とご来店することをオススメいたします。また来店が難しければご自宅へお伺いすることも可能です。

簡易式の補聴器や通信販売の補聴器は大半が音量調整しかできません。音質の調整は出来ません。しっかりと補聴器専門店や耳鼻科で聴力測定をしてもらい聴力に応じて調整の出来るあなたに合った補聴器を試すことが大切です。

また補聴器のレンタルも可能です。

ご本人様が居ないのに勝手に安い製品を買ってプレゼントするのではなく、一度補聴器の専門店か耳鼻科へ相談するなど専門家の意見を聞くことが大切です。

特にこの9月というシーズンは敬老の日もあるのでテレビや雑誌や新聞、インターネットでたくさん補聴器の宣伝をしております。値段やコマーシャルに踊らせてついつい簡易式な補聴器を選ぶ方が多いです。

補聴器は耳の代わりになる医療機器であることを忘れないでください。

大阪聞こえ補聴器では補聴器専門店で補聴器を購入することをオススメしとおります。

補聴器の試聴やレンタルもしております。またデリバリーサービスでご自宅や施設へもお伺いいたします。

9月は敬老の日がありますので、補聴器セールも開催しております。

9月17日(日)と9月18日(敬老の日)は臨時営業しております。ご自宅へもお伺いいたします。

敬老の日セールの詳しい案内はコチラをクリックしてください!


東京に姉妹店があります。

東京でお探しの方へ、東京の秋葉原に大阪聞こえ補聴器の姉妹店、秋葉原補聴器があります。そちらでも充電式補聴器を取り扱っています。

東京秋葉原店秋葉原補聴器リスニングラボはこちらから

補聴器の購入をお考えの方、大阪聞こえ補聴器の補聴器レンタルが安いです!

補聴器購入を考えている方へ、大阪聞こえ補聴器はレンタルを低価格でできます!
補聴器を購入する前に効果を確認したいと思われる方は多いですよね。
補聴器は高価なので一度試してみないと購入まで踏み込めないかと思います。
そこで大阪聞こえ補聴器では低価格で補聴器のレンタルサービスをしています。
効果の無い補聴器を購入してしまった!などの失敗はしたくないですよね。レンタルする事で購入前に補聴器の効果がわかるのでおすすめですよ!

補聴器を通信販売で買うのは注意が必要

補聴器は医療機器ですので購入の際は本人と販売する側が対面して行う対面販売が基本です。
補聴器は使用するご本人がいなければ選ぶ事ができません。
何故なら補聴器はどれを使ってもいいという物ではないからです。
使用する方の聴力、耳の状態、取り扱う事ができるかを確認する必要があります。
これらを確認しなければ補聴器を選ぶ事ができません。通信販売では値段も安く販売されています。
しかし、通信販売で買える物はほとんどが集音器で補聴器といっても簡易的で音質の調整など出来ない物です。
集音器と補聴器は全く違う物なので、安いから、簡単に購入できるから、という理由で買ってしまうと意味の無い買い物になってしまいます。

集音器と補聴器の違いについて

補聴器の選び方は人それぞれ違います

補聴器をどうやって選べばよいのか?初めての方にはわからないです。
補聴器にも種類が様々あり、耳かけ型と耳あな型など形状の違いや値段も片耳で約5万円~約50万円と幅広くあります。
まずこの価格の違いは性能の違いでもあります。やはり値段が高い物になるとそれだけ調整できる範囲、性能が良くなります。
ですので補聴器を使われる方の生活環境に応じて選ぶのが望ましいです。
あまり外出されない方とよく外出、仕事もしている方では選び方も変わるんです。
ですので補聴器はご本人が販売店とよく相談して選ぶ事が大事です。

補聴器の選び方について詳しくはこちら

補聴器を購入する前に考える事

補聴器を購入する前に考える事でこのような事がありませんか?

  • 補聴器をしてよく聞こえるようになるのか?
  • 値段が高いので躊躇してしまう
  • ちゃんと自分に扱う事ができるのかが心配
  • 自分にはまだ必要ないのではないか?

そんな不安のある方に!補聴器のレンタルをおすすめいたします!

補聴器購入を考えているが迷っている方におすすめしたいのが補聴器の試聴やレンタルです。
補聴器購入を考えている方も納得して購入する事ができます!
普段生活している環境で補聴器を使ってみると補聴器の効果を確認できますよ。
大阪聞こえ補聴器では購入する前に補聴器のレンタルをおすすめしています。

補聴器レンタルサービスの流れ

大阪聞こえ補聴器のレンタルサービスは次の手順になります。

ご相談

まずはご来店いただきお話しをお伺いします。今までの補聴器の経験があるか、どのような時にお困りかなど詳しくお聞かせ下さい。

補聴器の性能についての希望もお聞きします。

聴力の測定

お話しを聞いたら聴力を測定いたします。聴力、言葉の聞き取りの測定結果によりどの様な補聴器が合うかなどがわかってきます。

試聴

測定した聴力を補聴器に読み込み試聴していただけます。補聴器での聞こえ方を実感していただけます。

レンタル

補聴器のレンタルを希望の方は調整した補聴器をレンタルいたします。

補聴器レンタルサービスはこの様な流れとなります。

大阪聞こえ補聴器ではレンタル料金を低価格でサービスしています!

06rental

大阪聞こえ補聴器のレンタルサービスは1週間500円で利用する事ができます!
片耳、両耳でも同じになります!もう1週間レンタルされる場合は追加で500円いただきます。
どの機種でもすべて500円です。レンタルできるのは耳かけ型補聴器のみになります。
長期間のレンタルはおこなっていません。レンタルをしたから購入しなくてはいけないという事はありませんのでご安心下さい。
大阪聞こえ補聴器のレンタルサービスは購入を前向きに考えている方に向けたサービスとなっています。
レンタルサービスご利用の方はお気軽にご相談下さい。レンタルの際身分証明できる免許証などをご持参下さい。

大阪聞こえ補聴器では販売した補聴器がどうしても合わない、種類を変えて欲しいなどの場合に耳あな型なら90日以内、耳かけ型なら30日以内でしたら返品、交換に応じております。


東京で補聴器レンタルご希望の方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応いたします!レンタル料金も同じく500円でサービスしています!

東京秋葉原店リスニングラボはこちらから

レンタルできる補聴器メーカー

大阪聞こえ補聴器で主に取り扱いのある3社の補聴器メーカーを用意しています。

フォナック
シーメンス・シグニア
ベルトーン

各メーカー最新の充電式補聴器やクロス補聴器もレンタルする事が可能です!
一部人気のある機種に関してはご用意できない場合がありますので試聴、レンタル希望の方は事前にお問い合わせ下さい。

補聴器メーカーによる違いについてなど詳しくはこちら

大阪聞こえ補聴器では只今お得な補聴器セールをおこなっています!

大阪聞こえ補聴器では只今お得なスペシャルセールをおこなっています!

片耳購入の方は10%引き、両耳なら20%引きで販売しております!この機会にお見逃しないようにご利用下さいませ。

セールに関する詳しい情報はこちら

まとめ

大阪聞こえ補聴器のレンタルサービスについて紹介しました。
大阪聞こえ補聴器では補聴器購入前にレンタルする事ができます!レンタル料金も低価格の500円でサービスしています。
片耳、両耳価格は変わりません。購入する前に生活している環境で補聴器をお試しいただけます。最新の機種もレンタルできます。
補聴器購入をお考えの方に大変おすすめできるサービスとなっています。是非ご利用下さい。
補聴器で聞こえる生活を目指しませんか?

今使っている電池式の補聴器を充電式に変えたい!ベルトーンの充電式補聴器ならできます!

現在使っている補聴器を充電タイプに変更したい方!ベルトーンの充電式補聴器は可能です!
電池式補聴器を使用中の方で充電式にしたいという方。補聴器メーカーのベルトーンの一部の機種なら変更する事ができるんです!
ですので電池式で使用も充電式でも別売りキットを使うとどちらでも使えるようになります。
充電が切れても空気電池にも対応できるので安心ですね!

充電式補聴器について

充電式補聴器は空気電池ではなく充電用電池を使用し、その名の通り充電して使います。
去年の年末頃より発売され始めて今年にも幾つかのメーカーが発売を開始しました。
充電式補聴器の良い所は充電して使用します。ですので電池の交換もしなくてもいいんです!
電池交換が煩わしく感じている方は実は意外と多いです。その煩わしさが充電式補聴器ではなくなります。
手先が不自由な方でも充電式なら充電器に置くだけで難しい操作も無いです。その為充電式補聴器は使用も簡単で楽なので今大変人気があります。

充電式にする事でこの様な利点があります

充電式補聴器にしたらこの様な便利な点があります!

  • 電池切れの際の交換が不要(充電用電池の交換は必要になります)
  • 電池ゴミが従来の補聴器に比べ少ないので環境にも優しい
  • 通常の空気電池に比べて充電池は容量がある

今までの空気電池に比べると電池のゴミが軽減されるので環境にとても優しいですね。

一方、充電が切れてしまうと補聴器は再び充電ができるまで使用する事ができません。

ベルトーン補聴器の充電式補聴器について

ベルトーン補聴器の充電式補聴器は今までの充電式補聴器とは違う点があります。
その大きな違いは電池式にも充電式にも変更する事が出来る事です!
これは他の補聴器メーカーには無かった機能です。ですので今までの電池式補聴器を充電式補聴器にする事ができます。
空気電池も使えるので旅先に充電器を持っていかなくてもよかったり、急なバッテリー切れでも電池を取り替えるとすぐにお使いできます。

補聴器の形状は耳かけ型のRICタイプのみになります。電池式のドアを充電用のドアに付け替える事でできます。
ベルトーンの充電器はZ POWERを採用しています。バッテリーは銀亜鉛バッテリーを使用しています。

充電は置くだけでできます!マグネットガイド付きなのでより充電する時の不備がなくなります。

Z Powerについて

ZPOWERが使用している銀亜鉛バッテリーは1950年代からNASAや重要機関によって安全性の高い充電式電池として使用されてきました。

そしてZPOWERは約20年に渡る研究を通しエネルギー容量を失う事なく約400回充電できる、銀亜鉛充電式マイクロバッテリーを開発しました。

安定した非過熱性で毒性の無い水系化学物質を使用しているため地球環境にも優しい製品です。

充電に最適な温度は10℃~40℃です。低温下での充電または40℃を超える環境での充電は推奨できません。

充電回数約400回

2日に一度充電する場合は約400サイクル、800日使用可能です。電気を使い切らなくても電池寿命に影響はないです。

連続使用時間は最長約24時間

一日中使用可能です。途中で電気が切れる心配がありません。

フル充電は最短約5時間

電池に残量がある場合、容量により3~4時間、容量ゼロの場合は最短5時間で充電が完了します。

ストリーミング通信時間約17時間

別売りのTVリンクやボイスリンク、ワイヤレスオプションとの通信が連続17時間可能です。

電池式から充電式に、切り替え可能で利点も多いです

ベルトーンの充電式補聴器は電池式でも充電式でも使えるので急な充電切れにも対応できます!お使いできる電池は312電池PR41のみになります。

別売りの充電器セットを使用する事で今までお持ちだった電池式のLegend63DWも充電式としてお使いいただけます!

充電式に切り替え可能なのはLegend63DWのみになります。Legendシリーズにも種類がありますのでお間違えないようお気をつけ下さい。

その他メーカーの充電式補聴器についてはこちら

注意するポイント!

空気電池と充電池の併用ができる事で考えられる注意点ですが、今までのように電池を捨てる癖があると思うので間違えてまだ使用できる充電池を捨ててしまうという事です。空気電池は銀色、充電池は金色なので切り替えをした際には間違えて捨ててしまわないようにしっかりと確認しましょう!

充電器に置く時も充電池に入れ替えているか確認しましょう。

ベルトーン補聴器の充電式補聴器の機種について

充電式補聴器の機種について紹介します。
充電式に対応する機種はレジェンドシリーズのLegend 63DW-Rになります。

Legend63DW-Rは3クラス用意があります。Legend-17、Legend-9、legend-6の3クラスです。
Legendシリーズなのでi Phoneでの調整も可能です。i Phoneがリモコン代わりになります。
i Phoneのアプリを使っていただくと中継機無しでダイレクトに通話も可能です。
そしてボリュームの調整やプログラムの切り替えをする事もできます。
アプリでの操作はとても簡単ですので便利にお使いいただけます。

充電式補聴器Legend63DW-Rの性能について

ベルトーンの充電式補聴器Legend63DW-Rの性能について紹介します。

ベルトーンの充電式補聴器はレジェンドシリーズになります。電池式と性能は変わりありません。レジェンドシリーズはベルトーンの中では一番新しいシリーズです。レジェンドシリーズの上位機種には世界初のパーソナルサウンドIDを搭載しています。

パーソナルサウンドID

パーソナルサウンドIDとは周囲から必要な音声を選んで注意を向けることができる、自然な聞こえを追求します。

耳が本来聞き分ける幅広い周波数帯を復元して補う機能です。マイクが耳の上に位置する耳かけ型の補聴器ですが

言葉の聞き分けに大切な周波数の聞こえを復元して補うので言葉がより明瞭に聞こえます。

クロスリンク指向性

聴覚は脳に音声を入れると同時に分析して方向や距離を認識しています。

全方向の聞きたい言葉にいつでも焦点を合わせてくれます。すべての環境において最適な音空間を提供します。

両耳装用している補聴器が互いにコミュニケーションを取り、装用者が注意を向けたい音を選ぶ事ができます。

環境音の可聴性も損なう事無く雑音下での会話の理解を高めてくれます。

サウンドシフター

聴力の衰えた高周波の音声を圧縮して聴力のある中周波数へ変換して聞こえの向上をはかります。

聞きとりにくい周波数の音声を変換して聞きやすくしてくれます。

スピーチスポッター、スピーチスポッターPRO

前方の会話音を感知して自動的に指向性モードに切り替わります。

会話音源の位置を捉え指向性幅を自動調整します。音声周波数の高音低音を把握して低音域の雑音を抑えて言葉をより明瞭にします。

Legend63DW-Rの価格帯について

 

ベルトーンの充電式補聴器Legend63DW-Rの価格

Legend63DW-R充電セット価格
  • 片耳用セット 

Legend-17 533,200円(補聴器本体490,000円+充電器セット片耳用43,200円)

Legend-9   293,200円(補聴器本体250,000円+充電器セット片耳用43,200円)

Legend-6   223,200円(補聴器本体180,000円+充電器セット片耳用43,200円)

  • 両耳用セット

Legend-17    1,039,400円(補聴器本体490,000円×2+充電器セット両耳用59,400円)

Legend-9      559,400円(補聴器本体250,000円×2+充電器セット両耳用59,400円)

Legend-6      419,400円(補聴器本体180,000円×2+充電器セット両耳用59,400円)

充電用キット単品価格

  • 充電器 1個27,500円(税別)
  • 充電池 1個6,000円(税別)
  • 充電用バッテリードア 1個20,000円(税別)

充電池が切れると新しい充電池を購入していただく事となります。電池式でお使いだった方は充電用キット一式のみ購入いただくと充電式と電池式両方で使用する事ができます。例えばすでにLegend63DWをお持ちで充電式としてもお使いになりたいという方は片耳だけでしたら充電器セット片耳用43,200円を購入いただけると充電式補聴器として使う事ができます。

東京でお探しの方へ

東京でお探しの方へ、東京の秋葉原に大阪聞こえ補聴器の姉妹店、秋葉原補聴器があります。そちらでも充電式補聴器を取り扱っています。

東京秋葉原店秋葉原補聴器リスニングラボはこちらから

まとめ

ベルトーン補聴器の充電式補聴器について紹介しました。ベルトーンの充電式補聴器は充電池と空気電池を入れ替える事が可能です。

ですので充電式でも電池式でもどちらでも対応します。(今お使いの電池式補聴器がLegennd63DWの場合のみに限られます。)

充電式にするには専用の充電用キットセットを購入いただきます。空気電池でも使う事ができるので急なバッテリー切れにも対応できます。

充電式の場合、充電する間は補聴器の使用はできませんが空気電池も使用できる事により安心してお使いいただけます。

大阪聞こえ補聴器ではベルトーンの充電式補聴器Legend63DW-Rを取り扱っています!電池式で使っていた方も専用の充電セットがあればいつでも充電式で使う事ができます。充電式が気になる方はいつでもご相談下さい!

電池がいらない!充電式補聴器を大阪でお探しの方は必見!

電池が不要の補聴器に充電式補聴器があります。大阪で探されている方に今回是非見ていただきたい内容となっています。
最近話題の充電式補聴器は電池交換が不要という事でとても好評です。
電池の交換って面倒だとか細かいので中々上手くできないという方は意外と多いんです。
充電式補聴器は充電器にセットするだけで簡単に使えます!そんな充電式補聴器を大阪で探されている方に紹介したいと思います!

充電式補聴器は一般の補聴器と何が違うのか?

まず、一般の補聴器(電池を使用する補聴器)と充電式の補聴器は何が違うのか説明いたします。
今までの補聴器は電池を使用するのが当たり前でした。
ですので電池を消耗しきると補聴器の電源が入らず使用できません。
その為新しい電池に毎回交換しなくてはなりませんでした。
一方、充電式補聴器は充電する事で使用できます!
毎回電池を取り出して交換するという事は不要になりました。
今までの電池使用の補聴器と充電式補聴器の性能は違うのかと言うと補聴器本来の性能には違いがありません。

充電式補聴器の種類について

充電式補聴器の種類ですが、まず取り扱っているメーカーから紹介します。
今充電式補聴器を販売しているメーカーですがフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、ユニトロンこれらの補聴器メーカーが充電式補聴器を販売しています。各メーカー価格帯は片耳約20万円~55万円ほどでご用意があります。最近は通信販売などで安く充電式補聴器が紹介されていますがそれは聴力に合わせた調整などができない集音器や簡易式補聴器がほとんどです。基本的には聴力をしっかり合わせて調整できる補聴器専門店で取り扱う充電式補聴器を選ぶ事をおすすめします。

集音器と補聴器の違いについてはこちら

そして充電式でもメーカーによってそれぞれ充電の方法や仕様が異なります。補聴器の形状は現在耳にかける耳かけ形のみになります。
耳かけ形でもRICタイプと呼ばれる物で、フォナックのみ標準の耳かけ形も用意があります。
今回は大阪聞こえ補聴器で取り扱うメーカーに絞って紹介しています。

充電式補聴器の大きな特徴

充電式補聴器の特徴にはメリット、デメリットでどの様な事があるのか?

  • 電池交換する必要がない(充電池が寿命の場合は交換が必要になります)
  • 廃棄する電池個数が削減出来るので環境にやさしい
  • 電池を購入する必要がない(充電池交換の際は必要)
  • 充電が不十分だと補聴器を使用できない事がある
  • 出先での充電切れの心配がある(一部空気電池に交換できる機種もあります)
  • 充電バッテリーがなくなると交換しないといけなくなる

充電式補聴器の各メーカーの充電方法や充電時間について

各メーカーの充電式補聴器の違いについて特に違うのが充電の仕組みや充電時間になります。


フォナック

フォナックはスイスの補聴器メーカーです。
フォナックの充電式補聴器はリチウムイオン電池を採用しています。充電方法は接触充電です。フル充電は3時間でお使いできます。24時間で長時間稼働。30分充電で6時間使えます。フォナックは唯一形状が選ぶ事ができます。RICタイプのオーデオB-Rと標準タイプのボレロB-PRの2種類から選択できます。


シーメンス・シグニア

シーメンス・シグニアはドイツのシーメンスグループから補聴器部門が独立した補聴器メーカーです。シーメンスの充電式補聴器もリチウムイオン電池を利用していますが、充電方法は非接触充電です。30分の充電で7時間使用可能です。4時間フル充電する事で27時間使えます。非接触充電なので、充電器に置くだけで充電できます。シーメンス・シグニアの充電式補聴器はRICタイプのプライマックス・セリオンになります。


ユニトロン

ユニトロンはスイスの補聴器メーカーです。
銀亜鉛二次電池を使用します。充電方法はマグネットガイドによる接触充電です。充電時間は6時間、充放電可能な使用回数が400回の制限があります。しかし電池単体の交換費用が安いのが特徴です。Zパワーと呼ばれるシステムを採用しており、対応している空気電池式の補聴器の電池ロッカーをZパワー専用の電池ロッカーに交換するだけで充電式補聴器として使用する事ができます。ですので充電式、電池式どちらでも使用する事ができます。ユニトロンの充電式補聴器はRICタイプでMoxi‐Fit Rになります。ベルトーンやリサウンドも同じZパワーになります。


ベルトーン

ベルトーンはアメリカの補聴器メーカーです。スマホと接続して音を調整できるなど通信機能が進んでいる補聴器メーカーです。充電方法はユニトロンと同じで銀亜鉛二次電池を使用の接触充電です。こちらもZパワーを採用しています。ユニトロン同様にすでに対応する補聴器を持っている方は比較的安価にて充電式補聴器に切り替える事ができます。ベルトーンの充電式補聴器はRICタイプのLegend 63DW‐Rです。

ユニトロンやリサウンドも同じZパワーになります。


この様に充電の仕様や充電時間などがそれぞれ違いますね。

各メーカーの充電式補聴器の特徴や性能について詳しくはこちら!

この機会に是非!大阪聞こえ補聴器の超お得な補聴器セール!!

充電式補聴器をお探しの方は必見!只今、大阪聞こえ補聴器では今回紹介した話題の充電式補聴器を敬老の日キャンペーンにて特別価格で販売しております!各取り扱いメーカーすべて対象となります!この機会に充電式補聴器に買い替えをお考えの方、新しく補聴器をお考えの方には大変お得な内容になっています。充電式補聴器以外の各メーカー最新の補聴器もすべて特別価格となっております!お見逃しの無いようご利用下さいませ。

敬老の日特別セールに関しては詳しくはこちら

大阪聞こえ補聴器では補聴器の貸し出しや出張訪問もしています!

大阪聞こえ補聴器では補聴器レンタルを1週間500円で貸し出しをしています!
充電式補聴器の貸し出しも可能です!(前もって予約をお願いしています)
そして来店の難しいお客様には自宅や病院先まで出張訪問もしています。出張訪問エリアは大阪府以外でも兵庫、奈良、京都の一部の地域にもお伺いしています。一部地域については要相談でお願いいたします。
そして、更に今なら敬老の日キャンペーンで出張費をなんと大阪府全域は無料でサービスしています!

まとめ

大阪で充電式補聴器をお探しの方に、充電式補聴器の種類やメーカーについて紹介しました。

充電式補聴器は今後の補聴器の主力製品になるでしょう。簡単で便利なんです。

補聴器は小型が進んでおります。高齢者には電池交換はとても大変な作業です。

細かい電池交換が不要になるのは本当に便利です。

また電池をお店まで買いに行く手間も要りません。

大阪聞こえ補聴器では今話題の充電式補聴器を取り扱っています。同じ充電式補聴器でも各メーカーによってそれぞれ特徴があります。

充電式補聴器と同じ性能の電池式補聴器も用意していますので気軽に試聴も可能、電池式の物で貸し出しする事もできます。

充電式補聴器での貸し出し希望の方は前もってご予約をお願い致します。今大阪聞こえ補聴器ではお得なキャンペーンを開催していますのでこの機会に是非最新の充電式補聴器をお試し下さい。その他最新機種もすべてお安くなっておりますよ。

大阪聞こえ補聴器のお得なセールをこの機会に是非ご利用下さいませ。


フォナックの補聴器のことなら大阪聞こえ補聴器もしくは東京秋葉原にあるリスニングラボにお任せください。

秋葉原のリスニングラボ店はこちらの画像をクリック

よく聞こえる補聴器のメーカーはどこなのか?補聴器の選び方は?

よく聞こえる補聴器ってどこのメーカーか?補聴器の選び方について説明します。
補聴器をするに辺り気になるのはよく聞こえるかどうかが大事です。
補聴器メーカーも色々とある訳ですがその中でもよく聞こえる補聴器ってどれなんでしょうか?
初めに説明するとよく聞こえる補聴器って人それぞれ異なります。
聴力の程度や気に入る音質など。補聴器ってどこのメーカーも根本的には同じなんです。
しかし調整の方法や音質などメーカー毎に特徴があったりします。よく聞こえる補聴器の選び方のポイントを紹介します。

難聴の種類、程度によって補聴器のタイプが変わります

補聴器は難聴の程度や種類によって選ぶタイプが変わります。

耳の形状や状態でも種類は変わってきます。
例えば重い難聴の方が中、高度難聴用の補聴器を選ぶとパワーが足りず着けても意味がありません。

よく聞こえる補聴器はまずは自分の聴力、耳の状態に合ったタイプを決める事が大事です。

使える補聴器の機能も補聴器メーカーにより得意な機能が違ったりします。

補聴器の形状について

補聴器の形状についてもよく聞こえる補聴器って違うのか?

補聴器には主に耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器があります。これも人により選び方のポイントがあります!

耳あな型補聴器のポイント

耳あな型補聴器は耳の型を採って作製されます。

オーダーメイド補聴器なので耳あなにピッタリ入ります。

耳あな型補聴器は耳本来の集音効果を活かす事ができます。初めの慣れない内はこもり感、閉塞感を感じやすいです。

耳かけ形補聴器のポイント

耳かけ形補聴器は2種類あります、フックタイプの標準タイプの物と外部レシーバーになっているRICタイプがあります。

耳かけ形は耳あな型と違い名前の通り補聴器本体を耳にかけて使用します。適応する聴力の幅が広いです。

耳にかけるので帽子やメガネをされている方には邪魔に感じる事がある。慣れると問題なく使えます。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違い、選び方について詳しくはこちら

補聴器のメーカーで気になる性能や特徴

よく聞こえる補聴器をお探しの方はまずはメーカーを選ぶ所から悩むと思います。
メーカーによって音質の特徴などあるので気になる方は購入前の試聴をおすすめします。
メーカーの選び方も人それぞれで補聴器専門店のスタッフのおすすめを選ぶ方、自身でメーカー毎に試聴されて決める方とさまざまです。

試聴で聞き比べされるとどこも同じという方もいれば、メーカーにより聞きやすいと言われる方もいます。
よく聞こえると評判があっても自分に合うのかはわからないという事が補聴器にはあります。
ですので購入前の試聴は大事です。

補聴器メーカーの性能、特徴について

今回大阪聞こえ補聴器で取り扱う主な3社の補聴器メーカーの特徴について紹介します。

ベルトーン補聴器の特徴

ベルトーンの大きな特徴で言えばTOUCH(タッチ)シリーズです。

  • TOUCH(タッチ)マイク

マイクが耳の形を利用した配置で聞こえも自然です。
マイクとレシーバーが離れているためハウリングが少なく通常のカナル型に比べて小さくすることができます。

  • i Phoneアプリ対応

もう一つの特徴はiPhoneとダイレクトに通信、アプリHearPlusを使えばiPhoneがリモコンとして使用できます。
電話の音声や音楽も直接補聴器に送信して騒がしい場所などでの通話もスムーズに行えます。注)使用できる機種が限られています。


シーメンス・シグニア補聴器の特徴

シーメンス・シグニアの特徴は日本の補聴器使用者の要望を集めて作られたPrimax(プライマックス)があります。

  • Primax(プライマックス)

「日本語をしっかり。楽に。」プライマックスは両耳装用で様々な快適に使用できる機能があります。

指向性や固定電話の聞きとり、風の音を軽減などの会話強調機能が充実しています。日本の方に合わせた聞きやすい音質で調整されています。

  • iPhoneアプリ、アンドロイドアプリに対応、タッチコントロールアプリ

専用のアプリをダウンロードすればお手持ちのスマートホンが補聴器のリモコン代わりになります!

通信機を購入しなくても音量の調整が自分でできます。対応する機種はプライマックス、バイナックス、オリオン2、シリオン2です。

他にも対応するアプリがあります、別途通信機が必要な物や対応機種など変更点があります。


フォナック補聴器の特徴

フォナックの独自の機能として一番の特徴はオートセンスOSとサウンドリカバーです!

  • オートセンスOS

従来の指向性の機能とは違い、最大7つの環境下に合わせたプログラムを周りの環境の変化に合わせて
自動適用することでよりよい聞こえを実現します。0.4秒ごとに200以上の組み合わせの設定から自動選択します。
騒がしい場所にいけば自然とザワザワした音を抑えるよう機能します。

プログラムの設定変更もすることができます。

  • サウンドリカバー

高音域を圧縮して中音域できくことができます。低下した高音域の音声を聞きやすく調整します。今まで聞こえなかった音がきこえると評判です!
小鳥のような高い音が聞こえたり、聞き間違えやすい加藤(カトウ)佐藤(サトウ)など一文字だけ違う言葉の聞き取りにも
効果があります。


この他にも各メーカーで得意な機能などがありますので気になるメーカーについてはお気軽にお問い合わせ下さい。

尚、今もっとも話題になっています充電式補聴器は上記の3メーカーはどれも搭載されております。

充電式補聴器についてに詳しい記事はコチラを参考にしてください。

大阪聞こえ補聴器では一人ひとりに合う補聴器を提案いたします

大阪聞こえ補聴器ではよく相談した上でその人に合う補聴器を提案します。
予算や生活環境、使用したい機能は補聴器を選ぶ上で重要です。
よく聞こえる補聴器は自分で試聴してみないとわかりません。

聴力を測定してその聴力に合わせて補聴器を調整します。その場で補聴器を試聴していただけます。

東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応する事が可能です。

東京秋葉原店、秋葉原補聴器リスニングラボは画像をクリック!

まとめ

よく聞こえる補聴器のメーカーの選び方について説明しました。よく聞こえる補聴器って人それぞれ異なります。勿論メーカーも人により選ぶメーカーが変わります。メーカーそれぞれの特徴や性能も知って選ぶと良いでしょう。補聴器専門店が推奨するよく聞こえる補聴器も性能や騒音下での聞きとりがしやすい性能の良い補聴器である事が多いです。よく聞こえる補聴器は自身で一度試聴、レンタルする事をおすすめします。大阪聞こえ補聴器では希望する予算、性能、形状をお聞きしてそれに合う補聴器を選定、提案しています。試聴や貸し出しもしていますのでどの様な感じなのかを確認して購入する事ができます。よく聞こえる補聴器で快適な生活を送りましょう。

充電式補聴器を各メーカーの性能や価格について比較【徹底検証!!】

充電式補聴器の機能面と性能や値段(価格)について紹介します。最近では各補聴器メーカーは充電式が普及してきています。
電池の交換が必要ではなくなり、補聴器の電源のオンオフも簡単でとても便利に快適に使っていただけます。
電池交換が面倒だった方には嬉しいですね!今回そんな充電式補聴器の各メーカーの比較した性能や価格の違いについて紹介します。

充電式補聴器と従来の電池使用の補聴器との違い

今何社かの補聴器メーカーで充電式補聴器が出てきています。
充電式補聴器と電池を使用する補聴器の違いって何があるのか?
まず一つ、充電式補聴器は電池を使用せずに使用します。
今までの補聴器は空気電池を使用するのが一般的でした。
その為電池が切れれば新しい電池に交換する必要があります。
充電補聴器は空気電池を使用せずに使う事ができます。

空気電池について詳しくはコチラ

電池交換をわずらわしく感じている方は多いです!

電池式は交換が面倒です。

充電式補聴器はその名の通り充電するだけで電池交換が不要。
これが充電式補聴器の一番の魅力でしょう。
補聴器を使用されている方の中でこの電池交換を煩わしく感じている方は多いです。
理由として考えられるのは電池が小さくて交換が難しく感じたり、電池交換の頻度が思っているより早く感じる。
電池の入れ間違えで電池ロッカーを破損させてしまった経験がある方などがそう感じている事が多いです。上の写真のように電池ホルダーを開けて電池を取り換える必要がなくなるのです。
今は補聴器の小型化が進んでいる為、高齢の方にとっては交換が難しい事があります。特に手先がだんだんと不器用になってくると電池交換は本当に大変です。

充電式補聴器は置くだけで簡単です!

充電式補聴器になると置くだけで簡単に充電が可能になります。コードレス電話の子機を置くように簡単に充電が出来ます。

充電式補聴器のメリットとデメリット

充電式補聴器にはどのようなメリット、デメリットがあるのか?

充電式補聴器のメリット
  • 電池交換する必要がない(充電池が寿命の場合は交換が必要になります)
  • 環境にやさしい
  • 電池を購入する必要がない

充電式の場合はまず電池交換のわずらわしさがないです。高齢の方も安心して使用する事ができます。
電池交換の際に向きを間違えてしまい壊してしまうという事もありません。電池のごみも出ませんし充電池を交換してもほとんどがリサイクルされるので環境にもやさしいです。
換えの電池が無くても困る事はありません。電池残量のチェック、使用期限を気にする必要などがなくなります。

充電式補聴器のデメリット
  • 充電が不十分だと使用できない
  • 出先での充電切れの心配
  • 充電バッテリーがなくなると交換しないといけません。

充電し忘れてしまうと当然のことながら使用する事ができません。
充電しても時間が短かった時には出先で電池が切れないか心配になってしまいます。

充電式のバッテリーにも限界があります。メーカーによりますが永久的ではありません。1年~4年でバッテリーを交換しないいけません。そこだけは憶えておかないといけませんね。

充電式補聴器はデメリットを減らすように工夫されています!

各補聴器メーカーでデメリットの改善がされています。

  • 早い充電が可能で少しの充電でも長時間使用できるようになっている
  • 空気電池と充電池が併用できるように作られているメーカーもある
  • 出先で充電ができるように充電バッテリ―付きのケースの販売がある

短時間で充電ができたり携帯できる充電器の充電パッカーが販売されていたりと心配なく使用できるようになっています!なんか携帯電話やスマートホンと変わらないですね。

写真の付属品はベルトーンの追加の充電器です。ベルトーンとユニトロンに関してはLegendシリーズやMoxiは従来の使い捨て電池から充電式にアップデート可能です。

各メーカーの充電式補聴器の性能の違い

充電式補聴器は現在4メーカーから出ています。
その補聴器メーカーはスイスのフォナック(Phonak)、ドイツのシーメンス・シグニア(Signia)、アメリカのベルトーン、スイスのユニトロンです。
それぞれのメーカーで充電式補聴器の特徴、価格などが異なります。
各補聴器メーカーごとに充電式補聴器の性能について見てみましょう。

フォナック(PHONAK)
  • スイス製
  • オーデオB-R・ボレロB-PR(Audeo B-R)
  • 本体組み込み型の接触方式充電(チタン接点)
    リチウムイオン電池を使用 30分充電で6時間使用 3時間充電で24時間使用可能
    形状はRICタイプと標準の耳かけ型の2種類
    電池寿命は約3~4年
    電池の保護回路が付いている
    価格は片耳320,000円~580,000円
    電池の交換は片耳20,000円

今回新たにRICタイプ以外に標準タイプの充電式も登場しています。これは今現在フォナックのみになります。

シーメンス・シグニア(SIEMENS SIGNIA)
  • ドイツ製
  • セリオン(Cellion)
  • 本体組み込み型の非接触方式充電
    リチウムイオン電池を使用 30分充電で7時間使用 4時間充電で26時間使用可能
    形状はRICタイプ
    電池寿命は約2年
    価格は片耳403,200円~553,200円
    電池の交換は片耳40,000円
ベルトーン(Beltone)
  • アメリカ製
  • レジェンド 63DW-R(Legend)
  • 空気電池、充電池の併用が可能、接触方式充電(マグネットガイド)
    Zパワー(銀亜鉛二次充電池)を使用 5~6時間充電で24時間使用可能
    形状はRICタイプ
    電池寿命は約1年
    価格は片耳223,200円~533,200円

現在レジェンドシリーズ63DWのRICタイプをお使いの方は専用の電池ロッカーと充電池に交換するだけで充電式に変更できます!
レジェンド63DWから充電式にする場合は両耳セットで55,000円、片耳なら40,000円で変更可能
充電池交換は6000円 電池ロッカーは20,000円

ユニトロン(UNITRON)

Moxi Fit-R(モクシー)

空気電池、充電池の併用可能、接触方式充電(マグネットガイド)
Zパワー(銀亜鉛二次充電池)を使用 5~6時間充電で24時間使用可能
形状はRICタイプ
電池ロッカーの交換だけで充電式に変更する事ができるので、対応した機種をすでにお持ちの場合も使用可能
電池寿命が約1年
価格は片耳191,200円~523,200円

充電方式と充電池の違いについて

各補聴器メーカーによって充電池の種類や充電の仕組みが違います。

接触式

フォナックの補聴器は接触式です。充電器と本体の接点が接することで充電が可能、物理的に接触することで充電するので給電が確実に行える。接点が腐食しやすい素材の場合は取扱に注意が必要。はじめのうちは少しだけ抜き外しが固いです。

ベルトーンとユニトロンはマグネット式なので接触式ですが固くなくサッと充電が可能です。


非接触式

シーメンス・シグニアや充電池と本体内部に取り付けられた給電パッドが一定の距離に近づくと給電される、物理的に接触しないが、給電範囲であれば確実に充電できる。接点の腐食などの心配はないが、給電が不安定になりやすい。このような違いがあります。
接触式は充電が確実に行える分しっかり接していないと充電されませんし、端子の腐食などが心配されます。
フォナックはチタン製接点なので腐食の心配はなし、ベルトーンは交換可能な電池ロッカーなので充電しづらくなったら交換できます。非接触式は充電の不安定さはあるものの、接点の腐食などがなく、本体に組み込みやすいのも特徴です。
シグニアでは充電器本体に充電されているか確認しやすい充電インジケータを付けて充電の状態を見れます。

充電地の違い

リチウムイオン電池

大容量で電力が高く(3~4Vほど)、放電時の電圧も変動が少ないです。充放電の回数も1,000回程度、
使い切らずに充電すると容量が減ってしまう事もありません。急速充電が可能です。

銀亜鉛二次電池

容量は比較的に多いですが電池残炉量が少なくなると電圧が不安定になる。
充電回数は400回程度で放電時にデンドライトが発生するので充電回数が限られる。

フォナックはリチウムイオン電池の保護回路設計をしていて充電回数は1500回、変圧回路も組み込まれているので電圧の変動がほぼありません。
シーメンス・シグニアはリチウム電池使用を使用しています。変圧しているので電源は安定していますが、保護回路はなし、充電回数は非公開です。
ベルトーンとユニトロンは銀亜鉛二次電池を使用したZパワーというシステムを使っています。そして対応機種であれば今まで使っていた補聴器にも付けられるのが特徴です。
充電回数は400回まで専用の電池ロッカーを使用しますが、空気電池を併用する事ができます。電池の特性上充電量が少ないと少し安定しない可能性があります。

防水防塵性能

補聴器の防水、防塵性能について紹介します!画像はシーメンス・シバントスの補聴器です。

シーメンス・シグニア

IP68

フォナック

IP68(粉塵は入らず、30分水に入っていても壊れない)

ベルトーン

記載なし

IPについて詳しくはコチラ

フォナックもシ-メンス・シグニアも完全に密閉されたデザインになっているので防水性能は最高水準になります。
ベルトーンは充電池と空気電池が併用できるように電池ロッカーの開閉ができる作りの為密閉されていません。防水、防塵については2メーカーに比べて低くなります。

フォナックの充電式補聴器について詳しくはコチラ
シーメンス・シグニアの充電式補聴器について詳しくはコチラ
ベルトーンの充電式補聴器について詳しくはコチラ

まとめ

充電式補聴器の性能や価格帯についてメーカーごとに紹介しました。
補聴器メーカーにより特徴、価格に違いがあります。
充電に使われる充電池の種類や充電速度、空気電池を併用できるなどの違いもあります。
あとはメーカーごとに調整方法が異なり、通信機器の使い方などそれぞれにいい機能があります。
補聴器自体の音質などにもそれぞれ特徴があり自分の耳にあったメーカーの補聴器で選ばれるのが良いと思います。
充電式補聴器はこれからまだ色々と出てくる事が予想されます。
フォナックからはRICタイプ以外に標準の耳かけ型が出たりと新しい物が出てきています。
他メーカーからも充電式補聴器が発売される事もあるかもしれませんね!
大阪聞こえ補聴器では各充電式補聴器の試聴が可能です!空気電池使用の同シリーズの補聴器もそれぞれありますのでまずはお問い合わせ下さい。補聴器もどんどん進化していきますね!

充電式補聴器のことなら大阪聞こえ補聴器もしくは東京では秋葉原リスニングラボにお任せください!

秋葉原のリスニングラボ店はこちらの画像をクリックして下さい!