補聴器のオススメのメーカーを教えます【失敗したくない方必見!】

補聴器でオススメなメーカーの選び方をお教えします。耳の聴こえ方、デザイン、形、性能、値段は人によって様々です。「あなたに合った補聴器はコレです」とすぐには判断は出来ません。失敗しない補聴器を購入する為にもあなたに合った補聴器の選び方をご説明します。

補聴器のメーカーは沢山あるのでどれにすればよいか悩みますよね

補聴器を購入する際にまず補聴器のメーカー選びが大切です。補聴器のメーカーって沢山ありますよね。(フォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、GNリサウンド、リオネット、ワイデックス、スターキー、ユニトロン、オーティコンなどなど)一体どのメーカーが一番性能がいいのか?一番聞こえるメーカーはどこなのか?など気になりますよね。メーカーにもそれぞれ特徴がありますから余計に迷ってしまいます。初めてで何もわからない方が決める参考となるのは有名なメーカーだから、知人のおすすめ、インターネットでの評判になるのではないでしょうか?

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器、どっちにすればいいかわからない

補聴器の形状もどちらがいいのか分からない、という方が多いかと思います。補聴器の形状は耳の聞こえ方、耳の状態、聴力の状態、手先の器用さなどで、機種選定する形状やメーカーなどは変わります。よく補聴器専門店でお客様の希望と予算と耳の状態や生活背景など説明してから相談する事をオススメします。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違いについて詳しくはこちら

補聴器のメーカーを選ぶのに正しい選び方を紹介します

初めに説明すると補聴器のメーカーは沢山ありますが根本的な補聴器の性能はどのメーカーもそこまで違いはありません。今の補聴器は雑音を抑える機能やハウリングというピーピーとする音漏れを防止する機能など数年前はよくトラブルになった問題はほぼ標準で装備されております。ですので初めて補聴器を購入される方はそこまでメーカー選びに拘らなくても大丈夫です。

メーカーにより違うのは音の入れ方の量や計算式などです。各補聴器メーカーによって計算式や音質が違うのでそこだけご自身に合うメーカーを選べば良いです。

他にも音を抑制する機能の働き方、それ以外の機能も異なる箇所があります。補聴器の経験がある方は今使用中のメーカーと同じにするのも良いと思いますし、別のメーカーを聞き比べるのも良いと思います。現在使用しているメーカーで満足しているのであれば使用中の補聴器と同メーカーだと割と馴染みやすいです。他メーカーにすると音質の違いで多少は慣れにくい事があります。しかしその逆の可能性もあります。ですのですぐに購入するのではなく初めに試聴やレンタルをする事をオススメします!勿論初めての方も補聴器がどの様な物かを知る為に試聴、レンタルをするのが良いです。自分にあった補聴器は試聴をする事が大事です!

補聴器のメーカーの違いについて詳しくはこちら

自分に合う補聴器メーカーを見つけよう

自分に合う補聴器、メーカーを選ぶには購入するお店が非常に重要となります。補聴器のメーカーでオススメをお探しの方は通信販売などの安物の補聴器は購入しない方が良いでしょう。通信販売は対面販売とは違い現物もわからずネットの口コミの評価などを見て決める事しかできません。通信販売で取扱う補聴器は音質調整は出来ませんし、性能自体がお客様の難聴にはあまり向いていないことが多いです。

ただし通信販売の補聴器は既製品で安いのでどうしても皆さん買ってしまうということが多いです。補聴器専門店としてはまずオススメはしません!!

通信販売の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについて詳しくはこちら

オススメのメーカーを選ぶには認定補聴器専門店に行く事が大事です!認定補聴器専門店には幾つかのメーカーの取り扱いがあり、性能も良い物が多いです。価格は片耳約5万円から約50万円ほどと通信販売で売られている補聴器と比べると高額になりますがその分性能が優れています。優れている所は聞こえに合った補聴器の調整も可能ですので聴力が変化した際にも対応する事ができます。その他に環境の合わせた細かな音質の調整も可能です。通信販売で買える既製の補聴器にはこの様な機能はありません。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。取り扱いメーカーもベルトーン、フォナック、シーメンスシグニア、GNリサウンド、ユニトロン、いずれも優秀な補聴器メーカーです。まずはご相談、聴力の測定、試聴、貸し出し(レンタル)もしています。認定補聴器技能者があなたに合う補聴器を提案いたします!

補聴器を購入する流れ

カウンセリング

初めに難聴になった経緯、どの様な事でお困りか、補聴器の予算や希望する性能、形などをお聞かせ下さい。話しを聞く事で補聴器のメーカーや形状を選ぶ大事な情報となります。


聴力測定

聴力の測定をします。耳の聞こえ方がわからなければ補聴器を合わす事もできません。ですので必ず聴力の測定をします。補聴器専門店で行うのは耳鼻科で行う聴力検査とは違い補聴器を調整する際に必要な聴力の測定となります。難聴の診断はしておりません。


試聴とレンタル

補聴器を試聴してみましょう。聴力の測定が終われば実際に補聴器の試聴をしてみましょう。実際の補聴器の聞こえ方がわかります。外に出てみて少し騒がしい場所で聞くとより補聴器の効果がわかりやすいです。

試聴してみて補聴器を使ってみたいという方には補聴器の貸し出しをオススメします。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器レンタルしています。身分証明できる免許書、または保険証を持参下さい。


補聴器の装用効果

補聴器を着けた時と着けていない時の装用効果の測定をいたします。


納品からアフターケア

補聴器の性能、聞こえ方がわかり生活に必要となれば補聴器購入となります。耳あな型補聴器の場合は耳の型をとりオーダーします。補聴器は耳かけ形で在庫があれば即日お渡しが可能です。耳あな型補聴器であれば一からお作りするので約1週間ほどお待ちいただく事となります。店に補聴器が届けば補聴器の調整、使い方の説明をして納品いたします。補聴器は購入後のアフターケアが大事です。補聴器は点検や調整など購入後も必要となります。購入後のアフターケアを受けれる販売店で購入すると安心です。大阪聞こえ補聴器では購入後のアフターケアもしっかり対応致します!

訪問や出張サービスもいたします!

便利な出張訪問サービスがあります!

ご来店が難しい方にはご自宅、病院や施設などに伺う事ができる出張訪問サービスを実施しています。専門スタッフが親身に対応致します。出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

補聴器のオススメのメーカーを選ぶ方法を紹介しました。補聴器のメーカーはどのメーカーも音質の違いや調整方法に違いがありますが根本的な性能はそこまで違いがありません。ですので初めての方にはそこまで重要ではありません。ただし各メーカによって好みの音質はあると思います。補聴器の経験のある方、使用中の方でメーカーにお悩みの方は使用中の補聴器メーカーと他社メーカーを聞き比べてみて選んで下さい。ネット社会なので色々と情報はありますがいい評判だけに流されず、自分に合う補聴器を選んで下さい。通信販売などの既製品の補聴器は専門店ではオススメしません。補聴器を買うには補聴器専門店でキチンと相談をして試聴をしてから買うのが一番です。

補聴器の選び方で大切なことは
  1. 難聴の悩み
  2. 価格
  3. デザインや形
  4. 試聴

このことを販売店のスタッフに聞いてもらい、ご自身が得心できる補聴器を選ぶことです。

補聴器のメーカーに悩んだらまずは補聴器専門店にご相談下さい。大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。補聴器のメーカーでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。耳に合う補聴器で快適な日々を過ごしましょう。

補聴器のオススメな店の選び方【優良専門店のポイント!】

補聴器を買う時にオススメの店を選ぶポイントについて。補聴器のお店を選ぶなら認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店がオススメです。  補聴器の知識と経験のある販売員、耳鼻科との連携も取れているので安心できます。補聴器購入にオススメなお店選びをお教えします。

補聴器をどこで買えばいいのかわからない

補聴器を買おうと思っても売っている店が多くてどこで買ったらいいのかわからない!そんな方も多いかと思います。今どきインターネットの通販などでも購入する事もできる補聴器。補聴器を売っているお店はメガネ店、補聴器専門店、百貨店、電気店など様々です。色々お店がある中、補聴器を買う時に一体どのお店を利用するのがオススメなのでしょうか?

購入する店により扱う補聴器の種類が違います

補聴器には多くの種類がありメーカーもあります。買う店により勿論取り扱う補聴器も変わります。その中で注意しなければならないのが同じ補聴器という名前だけで判断してしまうという事です。補聴器という名前であっても音質を聞こえに合わす事ができる物とできない物があるんです。ここを選び間違えると難聴の方であれば着けても効果がない物を買ってしまう恐れがあります。よく通信販売などで売られている補聴器は値段もリーズナブル(1万円以下から6万円ほど)です。購入の手段も自宅で買う事ができるのでとても簡単です。しかしその分売られている補聴器は聞こえに合わす事ができない物となります。聞こえに合わす事ができないというのは補聴器の聞こえる幅が予め決まっていて音の増幅は出来るが聴力に合わした補聴器の調整が出来ないという事です。そうなると聴力は人それぞれ違うので効果が出る人と出ない人が出てきます。効果が出なければ買っても意味がありませんよね。通信販売は安く買えるが対面販売では無い為、補聴器がどんな物のなのか説明を見るだけでしかわかりません。正直素人が見ても詳しい内容まではわからないですよね。通信販売で売られている補聴器は集音器に近いです。ですので難聴がある方にはあまりオススメできない、一般大衆向けの物がメインです。この事をよく理解して補聴器を買わなければ失敗してしまうんです。

集音器と補聴器の性能の違い(専門店の補聴器と通信販売の補聴器の違い)について

補聴器の店を探すなら認定補聴器専門店がオススメです

補聴器を買う店の決め手となるのはズバリ!補聴器専門店であるかどうかです。補聴器専門店というのは認定補聴器専門店の事です。認定補聴器専門店というのは公益財団法人テクノエイド協会が補聴器販売店からの認定申請に基づき、その店舗の補聴器販売事業が、 補聴器の適正な販売を行うために遵守すべきものとして定めている「認定補聴器専門店業務運営基準」に適合して行われていると認定し、 当協会の認定補聴器専門店登録簿に登録し、認定証書を交付している補聴器販売店です。この運営基準は、補聴器関係各分野の有識者によって構成されている補聴器協議会の議を経て定められており、又、認定補聴器専門店の認定は、 補聴器協議会の答申に基づいて行っております。(テクノエイド協会HP内より)認定補聴器専門店には補聴器の知識と調整技術に優れた資格を持つ認定補聴器技能者が在籍しています。売られている補聴器も通信販売の物とは違いひとりひとりの聴力に合わす事のできる性能のいい補聴器を取り扱っています。価格帯は片耳で約5万円から50万円まであります。メガネ店や電気店にも補聴器専門店と同じ補聴器は売っていますが補聴器は聴力に合わす調整技術が非常に重要です。調整が上手く出来ていなければ性能が良い補聴器を買っても効果を十分発揮できていない可能性があります。その為補聴器を買う店を選ぶなら認定補聴器技能者がいる補聴器専門店がオススメなのです。認定補聴器専門店の多くは耳鼻科との連携も取れている為に安心できます。

このマークが目印です!



認定補聴器技能者

認定補聴器専門店を探すには耳鼻科からの紹介やインターネットで探されるのが確実です。全国の認定補聴器専門店を探せるページもありますので利用してみて下さい。当店、大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。

補聴器の性能と安心できるサービスがある、信頼できる店で買う事が大事です!


認定補聴器専門店で補聴器を購入する流れ

まずは問診、相談をします。どのような経緯で難聴になったのか、お困りになっている事、補聴器購入の予算などをお聞きします。


聴力の測定を行います。あくまでも耳鼻科などでの聴力検査とは違い、補聴器を合わせる為の測定となります。ですのでここでは難聴の診断などは行いません。気導聴力(鼓膜の聞こえ方)骨導聴力(神経の聞きとり)語音測定(ことばの聞きとり)を測定します。


測定した聴力のデータを元に補聴器を合わせ、試聴をしていただきます。ここで補聴器がどの様な物なのかがわかります。実際に補聴器を着けてどれだけ聞こえ方が変わるのかを実感する事ができます。補聴器を着けた時、着けていない時の言葉の聞きとりを測定します。通信販売の補聴器と違い、補聴器の効果をしっかり確認する事ができます。


すぐに決めれないけど補聴器を使ってみようかな?と感じられた方は補聴器のレンタルを致します。実生活の中で補聴器を使用して補聴器の購入を考える事ができます。補聴器がどの様な物なのかがわかった上で購入できるのでオススメです。大阪聞こえ補聴器では1週間500円でレンタルしています。レンタルに必要なのは身分証明ができる物だけです。補聴器が必要では無いと感じたり予算の都合で見送りになっても問題ありません。レンタルをしたから必ず購入しなければならないという訳ではないので安心してご利用下さい。


補聴器を購入しよう!となった方は機種の選定です。補聴器を買うとなると予算の問題もありますしメーカーや補聴器の形状、機種を選ばなければいけません。補聴器には耳にかける耳かけ形補聴器、耳あなの型をとって作るオーダーメイドの耳あな型補聴器が主な物となります。着けられる方の好みにもなりますし、聴力や耳の状態にもこの形状選びは大きく関わります。ご自身の予算の中でこういった機種や形状を選ぶ際も知識のある販売員がオススメを説明してくれたりアドバイスしてくれるので安心です。自分ひとりで補聴器を買うのと専門の人に相談するのでは専門の人に見てもらった方が何に関しても安心できますよね。補聴器が決まれば注文をします。


注文した補聴器が店に届いたら納品です。補聴器を合わせてから補聴器の使い方など大事な内容を説明します。今日から補聴器で不便に感じていた悩みが減るでしょう。そして補聴器は買ってお終いではありません。定期的な点検や調整などアフターケアが非常に重要です。補聴器を買ってからもお気軽に点検や調整にお越し下さい。大阪聞こえ補聴器ではあまり調整、点検をされていない方にも6ヶ月と2年の点検案内をお知らせして実施しています。

補聴器専門店で買うメリットやデメリット

メリット
  • 認定補聴器技能者が補聴器の調整、点検するので安心できる
  • アフターケアなど補聴器購入後も気軽に調整、点検できる
  • 耳の事で何かあれば耳鼻科の紹介など連携が取れているので安心できる
  • 補聴器故障、紛失の際もしっかり対応してもらえる
デメリット
  • お店に足を運ばなければならない
  • 調整や点検などする際に時間が必要
  • 補聴器の値段が高額

大阪聞こえ補聴器では店舗に出向くのが難しい方の為にオススメな出張訪問サービスを実施しています。お年寄りの方、施設や病院のご訪問も可能です!出張訪問サービスについて

まとめ

補聴器を買う際にオススメな店の選び方について説明しました。オススメなのは認定補聴器専門店です。資格を持った認定補聴器技能者が在籍しているので補聴器の調整も安心できます。売られている補聴器も高額にはなりますが雑音を抑える機能やピーピー音がするハウリングもほとんどありません。聴力に合わせた調整をする事ができる性能の良い補聴器を取り扱っています。買う時の手間や値段だけで補聴器を選んでしまうと失敗してしまいます。しっかり性能の違いを理解した上でお選び下さい。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者は4名在籍していますので補聴器のご相談はお気軽にご連絡下さい。信頼できるお店で自分に合う補聴器をお選び下さい。聞こえる生活でより快適な日々を送りましょう。

補聴器を紛失した時の保険について【知っておきたい保証】

補聴器の紛失には保険があるのか。実は紛失の保証が付いている補聴器があります。しかし全部の補聴器に付いている訳ではなく、保証の対象外になる事があります。保証内容は補聴器メーカーによっても異なります。その他対策できる事も紹介します。

補聴器をなくしてしまった

補聴器をなくして見つからない、そんな経験がある方もいらっしゃいます。旅先でどこかに置いてきて見つからない、どこかに落としてしまったなどで紛失してしまった時はとてもお困りになりますよね。聞こえない不安もありますしすぐに買うにも補聴器は高額ですよね。失くしたらどうしようと使いながら不安になる場合もあります。補聴器の保証には自然故障や初期不良に対しての品質保証はありますが、失くしてしまった場合や自分の不注意による故障などについては保険や保証の対象外になってしまいます。

補聴器を紛失してしまう恐れがある行動


  • 補聴器をケースに入れずポケットなどに入れてしまう

  • 旅先で外した時
  • 外した時に毎回違う位置に置いてしまう、置く場所が決まっていない
  • 電話の時に外してその場に置いた時
  • 洗面所で外す(排水溝に落下)
  • 一日に何度も着け外しを繰り返す

この様な場面で補聴器を紛失してしまう事が多いんです。耳あな型補聴器は耳の形に合わせて作られているので着けていて落とす事は無いのですがこの様な場面では注意が必要です。

紛失保証が適用されている補聴器があります

補聴器によって紛失保証という保険がある物があります。補聴器の紛失が心配な方にとってはとても安心できるので紛失時の保証を付ける事をおすすめします。全部の補聴器に紛失保証があればいいのですが、紛失保証が無い補聴器もあります。ですので補聴器の保証についても予め知っておくといいでしょう。補聴器の紛失保証ですがメーカーにより様々なんです。

フォナックの紛失保証

フォナックの補聴器は4つのクラスに分けられています。その中でもプレミアムクラス(90)アドバンスドクラス(70)が紛失保証の対象になります。内容は購入してから1年までが50%の割引き、2年目までで30%の割引きで買い戻しをする事が可能です。購入した販売店で対応できます。

シーメンス・シグニアの紛失保証

シーメンス・シグニアの補聴器も一部の種類にのみ紛失保証が付いています。対象となるのは7px.5pxの耳かけ型と耳あな型/7bx.7miの耳あな型のみとなります。保証内容は購入から1年間、1回に限って無料で新品を提供するというサービスです。紛失時には販売店でも対応してもらいますがその前に警察など公的機関へ届けだされたことを証明する信憑書類が必要になるのでお忘れなく。

GNリサウンドの紛失保証

GNリサウンドの紛失保証は少し他とは異なります。購入時に限りオプションで紛失・破損保証をつけることができるんです。保証期間が1年間の器種を除く総合カタログに掲載されているすべての補聴器が対象になります。これは補聴器購入時に片耳につき3万円で保証をつけられる制度です。クラスによっても異なり、9シリーズ、7シリーズは2年間、5シリーズは1年間の保証となります。この保証の内容は期間中であれば1度限り無料で補聴器を受け取る事ができます。新しい機種、リサウンドリンクス3Dの9シリーズに限り2回まで紛失保証を受ける事ができます。

この様に補聴器メーカーに元から紛失保証が付いている場合があります。紛失が心配な方にはとても安心できるサービスです。

その他、紛失時に確認して頂きたい事

加入している保険

自分が加入している保険をご確認下さい。保険には、動産総合保険という保険があります。加入している保険にこのサービスがあれば補聴器を紛失、盗難などの際に補償が受けられる事があります。万が一紛失した場合は保険の確認をしてみて下さい。

介護施設などで紛失した時

介護施設などに入居している方で補聴器を施設の職員に任せている事があります。その時に補聴器の紛失や破損がある場合施設が加入している保険により補聴器の代金を補償してもらえる可能性があります。

補聴器が紛失保証の対象にならない場合でも加入している保険なども確認してみて下さい。後は無くした後も慌てずに思い当たる所を探してみましょう。見つかる事もありますので諦めない事も大事です。

ベルトーンの補聴器なら位置情報がわかる物があります

補聴器メーカーのベルトーンのi phone対応機種は補聴器の位置を確認する事ができます。i phoneと補聴器を連動すれば補聴器の位置情報がわかります。補聴器の電源が最後に入っていた位置が地図で表示されるのでその後に動いていると見つけれないのが難点です。しかし位置が表示できるのでレストランに忘れたなどが確認できます。

ベルトーン補聴器のi phone対応機種についてはこちら

補聴器をなくさない為に

補聴器をなくすと聞こえにも影響して不安にもなります。そして補聴器は値段も高額ですので保険が無ければ困りますよね。
ですので無くさない為に対策をしましょう!補聴器には落とさないように固定する専用の落脱防止商品やパーツがあります。
大阪聞こえ補聴器では補聴器の紛失が心配な方に次の対策を提案しています。

スポーツロック(コンチャロック、サポートロック)

こちらは耳かけ形補聴器のRICタイプのみに使える物になります。ツルのような形状で耳の中でくるっと回って耳に固定できる仕組みとなっています。色は透明なので目立ちにくくなっています。特に補聴器を着けて運動をされる方におすすめです。メーカーによりサイズが少し異なりますので購入時には確認をしましょう。1個216円で販売しています。

イヤモールド(SPシェル、RICモールド、HPモールド)

耳かけ形補聴器の耳栓を自分の耳型に合わせたオーダーメイドの耳栓にする。イヤモールドにすれば耳の形にピッタリ合うので抜け落ちるなどの心配がなくなります。閉塞感を強く感じてしまう方にはあまり向かないかもしれませんがこちらも一つの方法です。耳かけ形補聴器、RICタイプでもお作りする事ができます。当店では1個10,800円で作製する事ができます。

イヤーチェーン

紹介する中では少し目立ってしまいますが紐を補聴器に付けておくと万が一落としても大丈夫です。こちらも基本耳かけ形補聴器に使用しますが耳あな型補聴器に付けられている方もいらっしゃいます。年配の方に多く使って頂いています。片耳用と両耳用があります。お色は紺と茶色です。片耳、両耳どちらも1,080円で販売しています。

これらの対策をすれば補聴器の紛失の予防になりますよ。しかし補聴器を目立たせたくない方には物により補聴器を着けているのが目立ってしまうというのがデメリットになります。これら以外に補聴器を置く場所をちゃんと決めておくのも対策になりますね。

まとめ

補聴器を紛失した際の保険について紹介しました。補聴器はメーカーにより紛失保証がある場合があります。それもメーカーにより対応が違うのでご注意下さい。自分が加入している保険を利用できる場合などもあるので一度確認を取るのもよいです。
補聴器を外す際も決めた位置に保管するのをおすすめします。ポケットにしまう癖がある方も補聴器のケースをご利用下さい。
施設で無くされた場合は施設の職員の方とよく相談してみて下さい。大阪聞こえ補聴器ではお店の保証制度はないのですが紛失時もしっかり対応しますし相談にもある程度応じております。大切な補聴器を無くさないように管理して長く愛用しましょう。


東京の秋葉原にも姉妹店がございます。東京にお住まいの方は秋葉原補聴器リスニングラボへ!

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

老人性難聴の補聴器を購入する方法【正しい選び方を伝授!】

老人性難聴で補聴器を選ぶなら専門店で買いましょう。認定補聴器技能者が性能、金額、デザイン、聴力、耳の状態に応じてあなたに合う失敗しない補聴器の買い方をご提案します。老人性難聴は補聴器専門店で正しく選びキッチリ解決しましょう!

補聴器の選び方

親が老人性難聴と診断されたので補聴器を考えているけど補聴器の選び方がわからない。どこで買えばいいかわからない。そんな方も多いと思います。補聴器にはいくつか種類がありますね。耳かけ形補聴器、耳あな型補聴器、ポケット型補聴器とその中で販売している補聴器メーカーも幾つかあります。初めて補聴器を考える方は補聴器自体についてもよくわからない点が多くあるでしょう。補聴器選びで大きく分けても値段の違い、形、メーカー(性能)の違いがあります。

値段の違い

補聴器は専門店で売られている補聴器だと片耳で約5万円から50万円まであります。一方、通信販売などでは1万円を切る物から高くても6万円ほどです。何も知らなければ価格の違いに困惑してしまいますね。

補聴器の形の違いもわからないポイントです。耳あなに入れる補聴器と耳にかける補聴器は何が違うのかわかりませんよね。

メーカー(性能)

補聴器を販売しているメーカーも何社かにわかれます。メーカーによって違いはあるはずなのでどの補聴器メーカーが優秀なのか考えると思います。補聴器の性能も気になりますよね。よく聞こえる補聴器を選びたいですよね。

老人性難聴の補聴器の選び方について

老人性難聴に合う補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。耳鼻科で予め老人性難聴と診断された方を対象に説明します。補聴器専門店では聴力の測定を致しますが難聴の診断はしておりませんので予めご了承下さい。補聴器を選び購入するまでの流れです。

聴力や耳の状態を確認してもらう

補聴器の選び方ですがまず大事なのはご本人様の耳の聞こえ方です。聴力を測らない事には適応する補聴器も選べません。そして耳の状態です。耳の状態でも選ぶ補聴器の形が変わります。例えば耳漏れがある方、耳の中が湿っている方には耳あな型補聴器があまり適さないなど補聴器の形を選ぶ上で重要です。これは老人性難聴に限らず大事です。補聴器専門店で適切なアドバイスを貰いましょう。

実際に補聴器がどんな物かを知る

次に大事なのが補聴器のメーカー、機種の性能です。専門店で扱う補聴器の性能は値段により変わってきます。もちろんメーカーによってもです。ですので値段が高い補聴器には今の補聴器で出来る最大限の性能が入っているとお考え下さい。この性能の選び方は耳の聞こえ方、予算と自身の生活環境に合わせて選んでいきます。補聴器専門店で相談して決めるのがよいでしょう。メーカー、機種がある程度決まったら補聴器を試聴したりレンタルをする事で補聴器がどのような物かわかりますので是非利用しましょう。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器のレンタルをしていますので希望の方は事前にご予約をお願い致します。補聴器の形状、耳あな型や耳かけ形は好みに合わす事ができますが耳の状態や聴力によっては希望に添えない場合もあります。故障のリスク、聞こえの改善をするには補聴器専門店のスタッフとよく相談して決めるのが大切です。

聞こえに合う補聴器が見つかれば購入

機種が決まれば補聴器専門店で注文します。耳あな型補聴器にする場合はオーダーメイドの補聴器なので耳の型をとります。注文した補聴器が出来上がったらお渡しします!購入後の補聴器のアフターケア、点検もとても大事ですので定期的に補聴器の調整などする必要があります。補聴器は買ってお終いではありません、聴力が変わったり音量に変化を出したい時は補聴器専門店で調整、点検してもらいましょう。

補聴器の種類、性能の違いについて詳しくはこちら

補聴器専門店で購入する方が良い理由

補聴器専門店で買うのをおすすめする理由があります。通信販売や電話注文などでも今時補聴器は買えます。しかし、この補聴器には注意する事があります。対面販売で売られていない補聴器や集音器と呼ばれる物は聴力に合わせた音質の調整が出来ません。簡単に分けると集音器などの類は一般向けで、補聴器専門店で取り扱う補聴器は難聴者向けに作られた機器です。ですので通信販売の補聴器は老人性難聴の方が使う物として向いていません。老人性難聴であれば聴力のデータを入れて調整ができる補聴器にしなければ効果が無い物になります。通信販売などで売られている物は安いです。その分良い性能は見込めません。安く買えても使い物にならなければ意味がありません。購入する際は補聴器専門店で取り扱う補聴器と通信販売で売られている補聴器、集音器の違いをしっかりと理解した上で購入しなければいけません。

通信販売で売られている補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについてはこちら


認定補聴器専門店で相談するのが解決の決め手になります!

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者が4名在籍しています。あなたの聞こえに合った補聴器を提案致します。ご相談、聴力測定、試聴、レンタル、すべてお受けします!他店で買われた補聴器で、今の調整を変えたい方、購入店が閉店してしまってお困りの方は当店の取扱いメーカー(フォナック、ベルトーン、シーメンス、GNリサウンド)であれば再調整をお受けします。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

補聴器のセカンドオピニオンはこちら

補聴器専門店で買うメリットとデメリット

メリット
  • 補聴器を選ぶ際に適切なアドバイスをもらえる
  • 補聴器の試聴やレンタルが出来る
  • 性能がわかった上で購入できる
  • 補聴器の効果をみてもらえる
  • 購入した後も定期的に点検、調整してもらえる
デメリット
  • 補聴器専門店に足を運ぶ必要がある
  • 聴力の変化など、音質を調整するのに時間が必要
  • 通信販売などと比べると予算が上がる

補聴器専門店の補聴器は年齢と共に難聴が進んだ時も聴力を測定して聞こえに合わせて調整をする事ができますので購入してからも安心です。大阪聞こえ補聴器では店舗に足を運ぶのが難しい方の為にご自宅や入院先に訪問する事ができる出張訪問サービスをおこなっています。出張訪問のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

老人性難聴の補聴器を選ぶ方法を紹介しました。補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。通信販売では安く買えますし、足を運ぶ必要もありません。しかし、いい事ばかりでは無くその分売られている補聴器も性能には期待できません。老人性難聴であればちゃんと聴力に合わす事ができる補聴器を選びましょう。性能に関しても補聴器専門店でアドバイスをもらい性能を確認しましょう。プレゼントなどで補聴器を考えている方は失敗しない様に気をつけて下さい。聞こえに合った補聴器で明るい生活をおくりましょう。

集音器と補聴器を比較しました【性能の違いを解説】

集音器って補聴器とどう違うのか比較してみました。まず集音器は補聴器と違い医療機器ではないです。集音器は一般向け、補聴器は難聴者向けの機器です。性能の違いを簡単に紹介します。間違えて購入すると失敗してしまいますよ。

集音器と補聴器のそもそもの違いがわからない

今時インターネットが普及して何でも簡単に買える時代になりました。よく通販や新聞に掲載されている集音器という物があります。この集音器は補聴器と比べて値段も安くて音量を大きくして耳の聞こえを良くするといった紹介がされています。一方補聴器は価格が集音器と比較すると高額です。片耳分を購入するのでも約5万円から50万円まで幅広くあります。同じ耳の聞こえを良くする機器というのはなんとなくわかってもその違いはわかりにくいですよね。難聴の方はどちらを買えばいいのか迷ってしまいますよね。予算の問題も出てきます。では集音器と補聴器、一体どう違うのかをわかりやすく比較して解説致します。

集音器と補聴器の違いを比較

医療機器であるかないか

集音器と補聴器、実はこの二つは全く違う物です。違いの一つにまず医療機器であるかないかがあります。集音器は医療機器ではありません。補聴器は医療機器です。この違いは重要です。医療機器に認可されるためには厚生労働省が定めている基準をクリアしないといけません。補聴器を製造、販売するためには制限がある。集音器は医療機器ではないので制限なく製造・販売する事ができます。

性能の違い

補聴器と集音器の性能は大きく違います。まず集音器は基本的に音の増幅のみしかできません。ですので使用する人の耳の聞こえに合わすことができません。簡単に言えば音を大きくするだけですので聞きたい音以外も増幅します。補聴器専門店で売られている補聴器は製品にもよりますが聞きたい音声以外の周りの雑音を抑える事や特定の方向からの音声を聞きやすくすることができます。例えば突発的な大きな物音を抑える機能があるなど様々な機能があります。集音器と大きく違うのが使う人それぞれ耳の聞こえの状態に合わせて音質の調整をすることができます。補聴器は集音器よりも圧倒的に多機能で高性能です。

値段の違い

集音器は補聴器と比較して安いです。補聴器の金額は安くて片耳5万円、高くて50万円程度する物もあります。集音器は1万円前後で購入することができます。この違いは性能の違いによるものです。補聴器は自然な聞こえにできる限り合わせるために色んな機能を持ち合わせています。中に入っている機械の性能が違う分これだけ価格に差があります。

購入場所の違い

集音器は電話やネット通販、電気店で購入できる為、購入方法がとても簡単です。補聴器は基本対面販売で、補聴器専門店にて購入します。購入までの手続きも集音器は買うだけですが、補聴器は補聴器専門店で聴力の測定や調整などの時間が必要となります。

集音器と補聴器を比較するとこの様な違いがあります。
こちらの記事も参考下さい

  • 1万円から5万円の通販やテレビコマーシャルの補聴器は集音器ではなく補聴器とうたっていますが既成品の補聴器に関しては音質調整が出来ないので集音器とほぼ同じ扱いでお考え下さい。

集音器と補聴器を使うならどちらがよいのか

集音器と補聴器、果たしてどちらを購入するべきか?購入する時に大事なのは集音器と補聴器を比較して違いを知った上で購入するという事です。補聴器は難聴者の生活を補助する物です。個人個人の聞こえに合わせて使用することができる医療機器です。集音器は個人個人の聞こえに合わして使用する事はできない、大衆向けの機器です。違いをわかった上で購入しなければ買って効果が無いという事になります。難聴と診断された方、聞こえが悪くて困っている方には補聴器を購入する事をおすすめ致します。使用する目的をよく考えて購入しましょう。聴力の低下を感じる事、難聴に関して気になる場合は耳鼻科の専門医に相談して適切な診断やアドバイスを受けることが大切です。補聴器専門店では難聴の診断はできませんがご相談はお受けしています。

違いをわからずに購入すると失敗や健康にも影響します

健康に影響を及ぼす

補聴器は難聴の人が使用するのを前提に開発、製造、販売されています。補聴器は周りの環境がうるさい中でも会話を聞きやすくする機能があったり、音を出しすぎないよう設定が出来たり安全に使用できる様々な機能があります。補聴器と比較して集音器は難聴者を対象として開発・製造されているものではありません。一般大衆に向けて販売されています。集音器は使用方によっていきなり大きな音を聞いて耳を傷める、悪くするという事にもなる恐れがあります。

失敗する、諦めてしまう

違いがわからず補聴器と思って集音器を購入してしまうと効果が得られないということになりかねません。集音器で効果がなかった為にどれを使っても無駄だと思い込んでしまい補聴器の使用にも踏み込みにくくなってしまいます。補聴器と比較して価格が安い、購入が楽だ、という理由だけで買ってしまうと失敗、聞こえの改善を諦めてしまうことになる可能性があります。

まとめ

集音器と補聴器を比較して違いを簡単に解説しました。集音器と補聴器の違いを知るという事はとても大事です。違いを知って購入しなければ失敗したり、健康にも影響が出ます。補聴器は難聴者向け、集音器は一般大衆向けという事を覚えておいて下さい。使用目的を理解した上で購入して下さい。難聴の疑いがある方は耳鼻科で診断してもらいましょう。大阪聞こえ補聴器では補聴器のご相談、補聴器の試聴やレンタルをしていますよ。補聴器に興味がある方、集音器との効果の違いを実感したい方はお気軽にご相談下さい。どちらが自分に良いのかを判断して、生活に役立てて下さい。

補聴器の補助金を大阪で申請する方法【簡単に解説】

補聴器に関する補助金について大阪での申請方法を簡単に紹介します。
補聴器の補助は聴力障害の障害者手帳を持っている方に支給されます。
あまり知られていない補助も説明していきますね。

難聴で悩んでいるが補聴器が高価

難聴で聞こえに困ると補聴器を考える方がいると思います。しかし、補聴器は高価なので少しでも予算を抑えたい方も多いですよね。難聴だが予算がなくて補聴器を購入できずに困っている方が多くいらっしゃいます。補聴器専門店で販売されている補聴器は片耳で約5万円から50万円と幅広く用意があります。購入費用がなくて補聴器を諦めている方、負担を少なく補聴器を購入したい方に知っておくとお得なのが補聴器の補助金制度です。実は難聴の方で条件をクリアされている方には補聴器の補助金が支給されるんです。補聴器の補助金は大阪の市内、府内でも支給されています。補聴器の補助金が支給される条件について説明しますね。

補聴器の価格や違いについて

どこで申請ができるのか

この補聴器の申請は決まった場所でしか受け付けていません。それは自分の住んでいる自治体(市区町村)、役所(福祉事務所)になります。難しい手続きはほとんどありません。手帳の交付を希望されるご本人様、またはご家族の方が基本的に手続きに行く必要があります。

補助金の支給条件や内容について

大阪で補聴器の補助金申請、支給されるには条件があります。これは大阪以外の地域でもほとんど同じ内容となっています。
補助金を受ける為に必要な条件は聴覚障害者で障害者手帳を交付してもらう事です。障害者手帳を持っていれば補聴器の補助金が出ます。しかし障害者手帳が出るのにもまた決まった条件が必要となってきます。

聴覚障害者として障害者手帳が出る条件

聴覚障害として認定してもらうのには指定の耳鼻科医師に意見書を書いてもらわなければいけません。障害者として認定されるには決まった聴力の程度である事が条件です。両耳の平均聴力が70dBから手帳は出ます。ですので聞こえが悪くなったから手帳が貰えるとは限りません。必ず指定医の意見書が必要となります。聴覚障害の障害者等級は6級から2級まであります。

詳しい障害者等級についてはこちら

まず難聴がある方は一度耳鼻科にて聴力の検査を受ける事をおすすめします。補聴器専門店でも聴力の測定は可能ですが、難聴などの診断は行っていないので最終的な難聴の診断、障害者手帳に関する意見書は指定の耳鼻科医にてお願いします。指定の耳鼻科医については大阪聞こえ補聴器で紹介していますのでお気軽にご相談下さい。手帳交付までしっかりサポートしています。

手帳が交付されたら役所の福祉事務所にて手続きをします

障害者手帳が交付されたら次に補助金の申請です。障害者手帳が交付されたら次は指定の医師に補装具(補聴器)に関する意見書を書いてもらいます。そして補聴器専門店で見積もり書を作成してもらい、作成してもらった見積もり書を役所、福祉事務所に提出します。手続き完了となれば補装具費支給券が交付されます。補装具費支給券を初めに手続きした補聴器専門店に持参して補聴器と交換します。違う補聴器専門店に持参しても対応する事はできません。等級によって支給される補聴器、金額が異なります。補聴器の種類は主に耳かけ形補聴器になります。耳あな型オーダーメイド補聴器も支給される対象になりますがほぼ出る事は無く、仕事上でヘルメットの着用、マスク着用などの理由がある方には支給される事があります。

障害者総合支援法では、難聴の程度により判定された障害等級からそれに応じた補聴器の基準の価格が定められています。自己負担額は原則1割りの負担ですが、所得に応じて例外も出てきます。詳しくは大阪聞こえ補聴器にお問い合わせ下さい。

障害者総合支援法の補聴器についてはこちら

補聴器の補助金をスムーズに申請するには

補助金をスムーズに申請するのは指定の耳鼻科医と随時連絡が取れる補聴器専門店で相談する事です。自分一人で手続きするにもわからない事が多いですよね。障害者手帳、補聴器の支給の事は調べても面倒そうだと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時は補聴器専門店、または役所に直接問い合わせて下さい。一番スムーズなのは指定の耳鼻科医と連携の取れる補聴器専門店で相談する事でしょう。

補助制度を最大限活用しましょう

聴覚障害の手帳や補聴器の補助金制度を最大限利用しましょう。手帳や補助金制度は色々と活用できる事が多いんです。例えば障害者手帳をお持ちだと補聴器の補助金支給以外にも交通運賃の割引きや一部年金手当てなどこちらから確認しないと教えてくれない事もあります。ですのでどの様な補助を受けられるのかは覚えておきましょう。

補聴器補助以外に受けれる補助内容はこちら

次に補聴器の支給ですが支援法で支給される補聴器は一回きりではないという事。これも以外に知らない方や利用していない方がいらっしゃいます。一度も補聴器支給を利用されてない方も中にはいますね。補聴器の支給は5年経過毎に新しい物を受け取る事ができるんです。この時に必要な手続きは場合にもよりますが手帳の再交付が必要な場合、補聴器専門店の見積もり書だけでいい場合とあります。大阪でも市内、府内、各地域により異なります。医師の意見書が必要な場合はまた検査を受けないといけません。補聴器の修理に関しても購入から1年は補助は出ませんがそれ以降は手続きをすれば修理費が出ます。ただし一度修理した部分はまた1年経過するまで修理の補助を受ける事はできませんのでご注意下さい。役所(福祉事務所)や補聴器専門店など足を運ぶ事が多いですが、その分色々と補助を受けられますので是非活用してみて下さい。

まとめ

補聴器の補助金の申請方法について紹介しました。大阪でも補聴器補助の申請はできます。補助を受けるには補聴器専門店、指定の耳鼻科医、自治体(市、区、町、村)福祉事務所に行く必要があります。わからない事は補聴器専門店に相談しましょう。手帳の申請から補聴器の補助までサポートしてもらえますよ。大阪聞こえ補聴器でも福祉に関する手続きをおこなっています。耳鼻科の紹介、役所への手続き方法などわかりやすく説明致しますのでお気軽にご相談下さい。これでわからなかった補助の内容や、どこで申請の手続きすればよいのかがわかったと思います。補聴器の補助やその他補助を活用して負担を少なくしましょう。

耳かけ形補聴器の耳栓でお悩みの方へおすすめするイヤーモールド耳栓を紹介します

耳かけ形補聴器を使用されている方で耳栓に悩まれているという方におすすめのイヤーモールドを紹介していきます!
耳かけ形補聴器をお使いの方の悩みに多いのが耳栓です。既成の物だと耳あなに合わない事があり、耳に合っていなければピーピー音が鳴るハウリングの原因にもなります。今回はお悩みの方にイヤーモールド耳栓を紹介します。

耳かけ形補聴器について

耳かけ形補聴器は軽度から重度難聴まで幅広く適応する補聴器です。耳に本体をかけて耳あなに耳栓を入れて使用します。チューブに耳栓がついた標準タイプと補聴器本体ではなく外部にレシーバーが付いたRICタイプがあります。
どちらも耳栓を使用します。耳かけ形補聴器は扱いも簡単でパワーも出せる物があるので普及率は今一番高いです。
しかし、利点ばかりでもありません。

耳かけ形補聴器のメリットとデメリット

メリット
  • 扱い、操作が簡単
  • こもった感じや違和感がほとんどしない
  • 幅広い聴力に対応できるので適応しやすい
  • RICタイプはレシーバーが耳に入る為より鼓膜に近く音量感を得る事ができる
デメリット
  • ヘルメットやマスクの着用時には向かなかったり邪魔に感じる事がある
  • 耳栓が合っていなかったり、パワーを出しすぎるとピーピー音(ハウリング)が起きるリスクが高くなる
  • 耳栓が合っていないと耳に痛みを感じたりする事がある
  • 汗や水に濡れる事が心配、故障の原因になる(最近の補聴器はほとんどが防水加工されていますので水や汗での故障はほとんどなくなりました)

耳かけ形補聴器の使用で悩みが多いのがハウリング

耳かけ形補聴器を使用されている方の悩みで多いのが補聴器からピーピー音が鳴るハウリングと呼ばれる現象です。
耳あな型補聴器に比べるとこのハウリングと呼ばれる現象のリスクは高くなります。そもそもハウリングって何故起きるんでしょうか?

ハウリングの原因

補聴器からピーピー音が鳴る現象はハウリングまたはフィードバック現象と呼ばれています。補聴器の耳栓が耳あなに合っていない、小さいなど取り扱いで上手く耳あなに入れれていなかったりすると耳の穴と耳栓の間に隙間ができてしまいます。この耳あなにできた隙間から音が漏れるとこのハウリングが発生します。他にも聴力によったり、補聴器の音量を上げたりパワーを上げると耳あなにある隙間から音が沢山出てハウリングのリスクがますます上がります。
カラオケが好きな方はご存知な方が多くて経験されている方いらっしゃると思います。マイクとスピーカーを近づけると感高いキーン!という大きな音が出ることがありますよね?これも補聴器と同じくハウリングです。補聴器も何か障害物に近づけると反響してハウリングします。

このハウリングを止める方法はあるんでしょうか?

補聴器のハウリングってどうしても気になりますよね?自分自身もですし、周りの人にもわかるので嫌ですよね。お悩みの方に、このハウリングを止める対策があります!それは耳栓をオーダーメイドにする事です!耳の型をとって耳栓を作るんです。そうすると自分の耳あなにピッタリな耳栓に仕上がります。ピッタリなサイズなので隙間が無くこのハウリングを大幅に無くす事ができます。このオーダーメイドの耳栓をイヤーモールドと言います。

ハウリングについてはこちらもご参考下さい

イヤーモールドの製作は補聴器専門店で耳型をとります

イヤーモールドの製作手順について紹介します。

耳型採取5

まずは耳穴の確認をします。この時に耳穴の状態、鼓膜の確認をしっかりとおこないます。怪我や術後ではないか確認します。

耳型採取6

耳穴の確認ができれば次にストッパー、綿球を慎重に耳あなに入れていきます。

耳型採取7

ストッパーを入れたらこの二種類の耳型採取専用のシリコン素材を手に取り混ぜ合わせます。

耳型採取8

二種類を混ぜ合わせたらシリンジに入れ、耳の中に流し込みます。

耳型採取9

約5分ほどで固まるので慎重に空気を入れながらゆっくり耳から外していきます。

耳型採取10

耳から取り出したら耳型の完成になります。この耳型をメーカーに送ってイヤモールドを作製してもらいます。

耳型採取11

手術後の方や耳垢づまり、怪我をされている方の耳型は採取できませんので予めご了承下さい。

イヤーモールド製作に必要な耳型採取は大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい!

大阪聞こえ補聴器ではイヤーモールド耳栓の耳型採取をしています。補聴器の耳栓が合わない方やイヤーモールドの再作などありましたら是非ご利用下さい。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。安全、丁寧、正確に耳型をお取りしています。

イヤーモールドについて

イヤーモールドはハウリングを止める他にも必要な音声をしっかり届けるのに重要な役割をします。上手く耳あなに入れられないという方にも耳の形に合わせているのでしっかり入れる事ができます。こもった感じ、自分の声が気になる方にはベントホールと呼ばれる小さな穴をイヤーモールドに開ける事によりこもり感も軽減できます。

イヤーモールドについてはこちらもご参考下さい

イヤーモールドのメリットとデメリットについて

メリット
  • ハウリングを抑える事ができる
  • 耳にピッタリ合うので外れるという事がない
  • 隙間を無くす事で既成耳栓に比べ音声をしっかり届ける事ができる
デメリット
  • 素材により長時間の使用で疲労感を感じる事がある
  • 既成耳栓に比べるとこもり感や閉塞感などの違和感がある
  • 耳の形状によっては当たりが出て痛みを生じる事がまれにある

耳の当たりを和らげるソフトタイプのイヤモールドがあります

素材によって慣れていない方は耳に疲労感を感じる事もあったりします。そのような方にはソフトタイプのイヤーモールドをおすすめいたします。ソフトタイプをお考えの方には須山歯研で製作しているフィットイヤーがおすすめです。フィットイヤーはウルトラソフトシリコンを採用しています。優しく耳にフィットする超軟質のシリコンイヤーモールドです。耐久性にも優れていてシリコン製では出来なかったベントホール(通気穴)の指定も可能となっています。従来のハードタイプでは痛みを感じたり、疲労感があった方におすすめできます。イヤーモールドの中でも珍しくカラーを20色から選ぶ事が可能です!おしゃれを楽しみたい方にも喜んで頂けます。フィットイヤーについてお値段や詳細が気になる方はお気軽に大阪聞こえ補聴器にお問い合わせ下さい。


東京でイヤーモールド製作を希望の方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します。

秋葉原補聴器リスニングラボについてはこちら

まとめ

耳かけ形補聴器の耳栓が合わない方や悩んでいる方におすすめするイヤーモールドを紹介しました。耳かけ形補聴器の耳栓は補聴器を使う上でとても重要な役割をしています。ですので耳栓は適当に選ぶ物ではなくしっかりと耳に合ったサイズを使用する事がとても大事です。耳に合わないと抜け落ちたり、ハウリングや痛みを伴う事があります。ですので一番いいのは耳の型をとってオーダーメイドの耳栓にするのがおすすめです。大阪聞こえ補聴器ではイヤーモールドの型取りをしています。耳型採取は安全、丁寧、正確におこなっておりますので安心してご利用下さい。ハウリングでお悩みの方や今のイヤーモールドに満足していない方は一度大阪聞こえ補聴器にお越し下さい。ご来店お待ちしております。

高い補聴器もあれば安い補聴器もありますよね?補聴器の違いについて紹介します!

高い補聴器と安い補聴器がありますが何か違いがあるのか紹介致します!補聴器には高い物、安い物があります。聞こえるのなら安い補聴器でもいいんじゃない?と思われるかもしれません。違いは何なのか?値段の違いは補聴器の性能にあります!この性能は補聴器選びでとても大事です。性能の違いや選び方を紹介します!

補聴器の相場について

補聴器ってどれくらいの価格なんでしょうか?補聴器専門店に行った事のある方やメーカーのカタログをご覧になられた事がある方は知っているかもしれませんが、補聴器って高価なんです。相場で言うと片耳で約5万円から約50万円ほどします。補聴器でもこれだけ値段に差があるんです!5万円と50万円の補聴器、何がそんなに違うのでしょう?それに通信販売などで売っている補聴器はかなり低価格ですよね。同じ補聴器でも何故こんなに違うのでしょうか?

通信販売で買える補聴器について

よくインターネットを見られる方は通信販売で安く売っている補聴器を目にした事があるかと思います。1万円以下で買える物も多く、高くても5、6万円で販売されています。何故こんなに安いのか?通信販売で売られている補聴器のほとんどは助聴器や集音器の部類に近い性能であります。既製品の補聴器や集音器はボリューム調整は出来ますが、音質の調整が出来ません。ですから既製品の補聴器は性能で言えば難聴者の方にはおすすめできません。おすすめできない理由もあります。比較的安く買える通信販売の物は聴力に合わせた調整ができません。音の増幅はできますが細かな音質の調整ができないんです。ですので難聴で聞こえに困っている方が所謂集音器を使用しても中々聞こえが改善されないとお考え下さい。聞こえに困り始めた初期に試しに使用するのには良いかもしれませんが難聴が進んだ後にするのには向きません。耳あな型の補聴器に関してもオーダーメイドではなく既成の物のみになります。通信販売で買える補聴器は医療機器ではない物が多いです。音質の調整ができないと快適に使用できなかったり、聴きたい音質で使用できなかったり、ボリュームばかり上げてピーピーと音漏れがする(ハウリング現象)がおこります。

通販で買える補聴器と専門店の補聴器の違いについてはこちらもご参考下さい

通信販売で買える補聴器、集音器のメリットとデメリット

メリット
  • 値段が安い
  • 自宅でも購入できるので簡単に買う事ができる
デメリット
  • 聴力に合わせた音質の調整をする事ができない
  • 購入後の聴力の変動に対応する事ができない
  • 補聴器が本当に効果があるのか測定できない
  • 既成の作りなので耳にちゃんと合わない事がある
  • 雑音を抑える機能やハウリング(ピーピー音)を抑える機能が揃っていない物が多い

補聴器専門店で買える補聴器について

補聴器専門店で買える補聴器は管理医療機器です。価格帯は高価ですがそれに伴った性能になっています。そしてその中でも値段が上がるにつれて様々使える機能も増えます。何故こんなにも高いのか?という事ですが理由があります。補聴器に収納できるほどの小さい精密機械に費用がかかっています。そして購入後の調整などの技術料も含まれています。通信販売で買える補聴器と違い専門店で買える補聴器は使う方の聴力に合わせる事ができます。ですので通信販売で買える補聴器とは性能が全然違うんです。

補聴器専門店で買える補聴器のメリットやデメリット

メリット
  • 聴力に合わせて音量、音質の調整ができる
  • 購入後の調整もいつでもできる
  • 補聴器の効果を測定する事ができる
  • 雑音やハウリング(ピーピー音)を抑える機能がある
デメリット
  • 価格が高価な物がある
  • 調整をする時間が必要になる

補聴器は補聴器専門店で買う事をお勧め致します

通信販売で買うのは簡単で、値段も安いです。しかし難聴の方が使うのであれば専門店で扱う補聴器をおすすめします。理由は聴力にちゃんと合わせて調整ができる事や補聴器の効果を確認できる為です。そして購入後の調整も販売店で可能である事も重要です。補聴器は買ってからの調整が大事です。難聴の方が音の増幅しかできない物を使っても効果は期待できません。ですので購入後もしっかりとアフターケアをしてくれる補聴器専門店で買う事をおすすめします。

補聴器の値段の違いについて

専門店で買える補聴器の値段の違いは性能が大きく関わってきます。値段が高い補聴器は一番性能が高いという事です。言わば高い補聴器の性能が今補聴器が出来る事の限界という事です。値段が高い補聴器はチャンネル数が多いです。簡単に言うと音質の調整が細かくできます。そして、より雑音を制御する事ができます。良い補聴器になるにつれマイクの制度も高くなるので聞きたい音声をより聞きやすくしてくれます。予算があっての事ですが値段(性能)によって自分の生活環境にあった補聴器を選ぶ事が大事になってきます。使う環境によっては性能の違いがわからない事もあります。ですので自分の使いたい機能や性能を知った上で補聴器を選びましょう。

補聴器の値段の違いについてはこちらもご参考下さい

まずは補聴器を試聴してみましょう

補聴器を悩んでいる方は一度試聴やレンタルしてみましょう。補聴器は高価なのでどんな物か知ってから購入したいという方が多いと思います。ですのでそんな時は試聴やレンタルを利用してみましょう。大阪聞こえ補聴器でも補聴器の試聴、レンタルをやっています。レンタルは一週間500円になります。レンタルに必要なのは身分証明できる物だけです!ですので当日にレンタルする事も可能です。ただし希望する補聴器がレンタル中の場合はご了承下さい。自宅や入院先にも伺える出張訪問も可能です!

大阪聞こえ補聴器では他にも値段で迷われている方におすすめのサービスがあります!

大阪聞こえ補聴器では予算的に補聴器の購入が難しいという方の為に分割での補聴器購入ができます!低金利で尚且つ手数料無料です!最大24回払いまで金利手数料無料です!気になる方はお気軽にご相談下さい。15万円以上の補聴器に限ります。

難聴者応援システムについてはこちら


東京で補聴器をお探しの方は秋葉原に姉妹店がございますのでそちらで対応致します

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

高い補聴器や安い補聴器の違いについて紹介しました。補聴器を買いたくても予算が人それぞれあるので簡単には購入できませんよね。しかし、安いからと値段だけで補聴器を決めてしまうと使っても効果がない可能性が出てきます。
ですので補聴器を選ぶ時は補聴器専門店でしっかり相談されるのがよいです。大阪聞こえ補聴器ではしっかり予算と性能に合った補聴器を提案いたします。試聴やレンタルも可能です。15万円以上の補聴器なら最大24回払いで低金利、手数料無料で補聴器の購入も可能ですよ!補聴器購入後のアフターケアも安心してお任せ下さい!補聴器の事でご相談があればいつでもお気軽にご連絡下さい!ご来店お待ちしております。

ストレスによる難聴になった時の補聴器の選び方

ストレスで難聴になり、その時に補聴器を選ぶ方法を紹介します!
難聴の種類にはストレスが関係しておこる難聴もあります。ストレスで難聴になった時の補聴器の選び方を紹介します。ストレスが関係して起こる難聴の種類やストレス性の難聴をある程度予防するにはどういう事に気をつければよいかについても紹介します。

難聴は誰にでも起こる可能性があります

若い方は難聴とは無縁に感じている方が多いと思います。しかし、難聴って若くてもなるんです。芸能人の方が発症して難聴の種類でも有名になった突発性難聴という難聴があります。突然片耳が聞こえなくなるという難聴です。原因は今もわからない難聴です。しかし、最近では突発性難聴になる原因はストレスが関係しているのではと言われています。その他にもストレスが関係していると言われている難聴があります。

ストレスの影響で難聴になるのか

少し紹介した突発性難聴の他に難聴にはストレスが関与して起こる難聴があると言われています。
ストレスが関与する難聴の種類を紹介します。

突発性難聴

突発性難聴は突然耳が聞こえなくなります。同時に吐き気やめまいを伴います。耳鳴りが起こる事もあると言われています。発症後にすぐに病院での治療をする事で聴力は回復する事があります。
突発性難聴の原因は明らかになっていません。しかし、内耳で起こる障害はウィルスの感染、循環障害やストレスが原因ではないかと考えられています。突発性難聴は比較的に健康な人が精神的にストレス、疲労を感じているときに発症したケースがある為にストレスが原因の一つとされています。ストレスは免疫力や循環器に影響を与えます。すると心身にさまざまな不調が起こります。しかし、因果関係はまだ正確にはわかっていません。

突発性難聴についてはこちらもご参考下さい

突発性難聴の他にもストレスが関係しているのではと言われている難聴があります

ストレスが関与する難聴には以下の症状があります。

心因性難聴

心因性難聴の原因は精神的ストレスからくると言われています。
特徴は男性より女性に多いと言われ依存心の強い性格の人に多く発症すると言われています。
心因性難聴は学童期に多く家庭環境でのストレス、心理的な葛藤から逃避するために難聴が起こります。

低音障害型突発難聴

低音障害型突発難聴は、ストレスや疲労、睡眠不足などが原因とされる急性の難聴です。
内耳の蝸牛にリンパ液が増え過ぎることで起こると考えられており、低音だけが聞こえにくくなることや、低音の耳鳴りや耳の詰まった感じの症状があります。20~40代の女性に多い難聴です。

メニエール病

メニエール病は内耳の内リンパ液が過剰となって内リンパ水腫になることで起こる病気です。
症状には難聴や耳鳴り、めまいを繰り返すなどがあります。女性に多く発症すると言われています。
メニエール病の原因はストレス、几帳面な性格、睡眠不足、疲労、気圧の変化などです。

メニエール病についてはこちらもご参考下さい

生活習慣を見直して予防する事が大事です

ストレスと難聴の関係はまだ明確にはなっていませんが、何かしら関係があるとされます。
突発性難聴は原因がわからないので予防することも難しいです。ストレスは突発性難聴以外の多くの病気の要因となるのでできるだけ規則正しい生活やバランスの良い食生活を送る生活習慣が重要になります。よく睡眠をとることもストレスをためない生活習慣につながります。もし耳に異常を感じた時は早く正しい診断や治療を行うために迷わず医療機関を受診しましょう。

ストレスで難聴になった時に補聴器をどう選ぶか

ストレスの難聴で補聴器を選ぶ時、どの様に選べばよいか?

突発性難聴など片耳が聞こえなくなった場合

片耳が聞こえなくなって補聴器をされる方には片耳難聴の方が使用するクロス補聴器と呼ばれる補聴器(送信機)があります。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使用する事で聞こえなくなった片耳の聞こえを補う事ができます。
難聴のある耳にクロス補聴器をして反対側に補聴器をします。難聴側に入った音声を補聴器に送信する仕組みになっています。今まで聞こえなかった方向からの音声を聞きとれる事ができます!大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。

クロス補聴器について詳しくはこちら

メニエール病や聴力の変化が起こる場合

メニエール病や聴力の変動がある方には自分で音量やプログラムを変更できる補聴器にする事が大事です。
日によってや体調によって聴力が変動する方は自分で音量を調整できる補聴器がよいですね。
補聴器にプログラムを追加する事で聞こえにくい時や聞こえがましな時など自分で切り替える事ができます。
プログラムを変更できない補聴器の場合は聴力の変動に対応できないのであまりおすすめする事ができません。

メニエール病と補聴器について詳しくはこちら

ストレスによる難聴の疑いがある場合はすぐに病院、耳鼻科の受診をお願いします

ストレスによる難聴の疑いがある方は補聴器専門店に行く前に耳鼻科を受診しましょう。
ストレスによる難聴、突発性難聴などは耳鼻科で早期の治療を受ける事で聴力が回復する事があります。
治療を受けるのは早ければ早いほどよいです。ですので補聴器専門店に行く前に病院での治療を受けましょう。

治療しても治らなかった場合は補聴器を試してみましょう

難聴が治らなければ補聴器で聞こえを補う事ができます。大阪聞こえ補聴器では補聴器の相談から試聴、レンタルもおこなっています!出張訪問もおこなっていますよ。まずはお気軽にご相談下さい。ご購入いただいてからの補聴器のアフターケアもお任せ下さい。万が一交換、返品を希望される場合は耳かけ形補聴器は販売日より30日以内、耳あな型オーダーメイド補聴器は90日以内でしたら交換、返品をお受けしていますので安心してご相談下さい。


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応します。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

ストレスによる難聴になった場合に補聴器を選ぶポイントを紹介しました。
難聴はストレスによってもおこると言われています。生活習慣を見直す事で予防にも繋がります。
難聴の種類や程度で選ぶ補聴器は変わってきますので、補聴器専門店のアドバイスを参考に選びましょう。
大阪聞こえ補聴器ではレンタルをおすすめしています。購入前に補聴器の効果がわかるので安心して購入していただけます。ストレスによる難聴でお悩みの方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。
ご来店お待ちしております。

補聴器は保険の対象になるのか?【補助金や申請について】

補聴器って保険が適用されるのでしょうか?補助金の制度はあるんでしょうか?結論から言うと残念ながら補聴器購入は一般的な健康保険や介護保険、医療保険は対象ではないので保険適用はないです。聴覚障害での身体障害者認定を受けて障害者手帳を持つ方であれば補聴器の補助を受ける事ができます。そんな補聴器の補助金制度についてご説明します。

補聴器は介護保険などの適用外になります

補聴器ってお年寄りが身につける機器だというイメージがあるかと思います。
ですので介護保険など適用されそうなイメージですよね?しかし、補聴器は介護保険が適用されないのです!
介護保険ではいくつかの福祉用具は適用されるのですが補聴器は未だ適用にはなっていません。
しかし、動産総合保険(法人向けの損害保険)のサービスがある保険に加入していれば補聴器が紛失した時に補聴器紛失の補償がもらえる事があります。例えば介護福祉施設等で職員の方による補聴器の紛失破損があるとその施設が加入している受託賠償責任保険などが適応される事があります。その他健康保険、生命保険なども適用外になります。

補聴器は管理医療機器ですが医療費控除の対象にはならない?

補聴器は管理医療機器のクラス2に分類されます。
医療器と聞くと購入になった際医療費控除の対象になるかと思いますがこれも残念ながら対象になる事はほとんどありません。
補聴器購入の際に特別な条件がある方のみが対象となります。その特別な条件は医者が治療に必要と判断して補聴器を購入された方が対象となります。医療費控除の対象とされるには非常にハードルが高いです。ですのでほぼ控除を受ける事は難しいとお考え下さい。医療費控除を申請するのに必要な物は補聴器購入の領収書、治療の対象となる病名、治療を必要とする症状であるという事が医師より明確に記された処方箋を確定申告書に添付して提出する必要があります。

補聴器と医療費控除について詳しくはこちら

補聴器に対する補助制度は無いの?

保険の適用が無い補聴器ですが少しでも安く、負担が少なく補聴器を購入する補助などはないのでしょうか?
実は補聴器の補助制度は受ける事が可能です。しかし、こちらも条件があるので対象になる方が限られます。
補聴器購入の補助金、助成金を受けるには聴覚障害の障害者手帳をお持ちの方が対象です。
障害者総合支援法によって聴覚の身体障害者等級に該当する方は補聴器の補助、支給を受ける事ができます。

障害者等級について

聴覚の障害者等級について紹介します。
聴覚障害の場合、等級は6級、4級、3級、2級となります。

2級 

両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)


3級 

両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)


4級

1、両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)

2、両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの


6級 

1、両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)

2、一側耳の聴力レベルが90dB以上、他側耳の聴力レベルが50dB以上のもの

(注)
1)同一の等級について二つの重複する障害がある場合は、1級上の級とする。
ただし、二つの重複する障害が特に本表中に指定されているものは、該当等級とする。

2)異なる等級について二つ以上の重複する障害がある場合については障害の程度を勘案して、当該等級より上の級とすることができる。

(身体障害者福祉法施行規則別表第5号「身体障害者障害程度等級表」より)

難聴の程度について詳しくはこちら

 

補聴器支給の流れ

障害者手帳の手続きの流れを紹介します
  1. お住まいの市、区、町、村の役所、福祉窓口に相談をしていただき、身体障害者手帳交付申請書を交付してもらいます。
  2. 指定されている耳鼻咽喉科医師に診断、検査を受け手帳交付の意見書を交付してもらいます。
  3. 申請書と意見書など必要な書類を役所の福祉課窓口に渡し、障害者手帳の交付申請をします。
  4. 申請手続きが完了すると該当する等級の障害者手帳が交付されます。

意見書を作製できるのは指定の医師しか書く事ができませんのでご注意下さい。
障害者手帳が交付されると次に補聴器の申請をする事ができます。

補聴器支給の流れを紹介します
  1. 指定の耳鼻咽喉科医師に補聴器の支給に関する意見書を交付してもらいます。
  2. 総合支援法の補聴器取り扱いの補聴器専門店にて見積書を作成してもらいます。
  3. 役所の福祉窓口にて障害者手帳と役所の申請書、医師の意見書、補聴器専門店の見積もり書を提出して申請をします。
  4. 補聴器支給判定後に役所から補装具費支給券がご自宅、または補聴器専門店に郵送されます。
  5. 補装具費支給券と印鑑を指定の(手続きをした)補聴器専門店に持参下さい。総合支援法の補聴器を支給します。

補装具費支給券の持参、補聴器の受け取りは必ず手続きをした補聴器専門店にて行って下さい。

違う店舗では手続きする事はできません。

障害者手帳で補聴器以外で受ける事ができる内容について詳しくはこちら

支給される補聴器について

総合支援法で支給される補聴器は、福祉対応の補聴器になります。基本耳かけ形補聴器です。他にもポケット型も対象になる事もあります。耳かけ形には耳の型で作るイヤモールド耳栓も同時に支給される事が多いです。

  • オーダーメイドの補聴器交付は仕事でヘルメットの着用、マスク着用、多汗症で耳かけ形だと故障しやすい、アレルギーなどの理由がありお医者様に認めてもらい意見書の特記事項に記入してもらい、リハビリステーションセンターにて承認を得なければ支給されません。
大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者4名在籍しています。病院との連携もすぐに取る事ができますので耳鼻科の予約などもスムーズです。当店は補聴器専門店ですので難聴の診断はできません。ですので難聴の恐れがある方は耳鼻科での検査を提案しています。

まとめ

補聴器は保険の適用があるのかを紹介しました。補聴器は介護保険や生命保険など保険には適用していません。
医療費控除に関しても審査のハードルは高く、ほとんど対象になる事はありません。しかし、聴覚障害の手帳をお持ちの方は補聴器や日常生活用具等の補助を受ける事が出来ます。それ以外にも色々な補助も受けれますので手帳をお持ちの方は最大限活用しましょう。大阪聞こえ補聴器ではいつでも補聴器の補助についてご相談に乗ります!
補聴器支給までしっかりサポート致しますのでご安心下さい。お渡しした後も引き続きアフターケアさせていただきます!