充電式補聴器が今人気です!大阪聞こえ補聴器の最安値を紹介!

充電式補聴器は人気があります!大阪聞こえ補聴器で販売する最安値の紹介です!
今従来の電池を使用する補聴器以外に充電式の補聴器が発売されています。
電池が不要なので電池切れの定期的な交換が不要になりました。
電池交換は意外と煩わしく感じられている方が多いです。その為そのような方には電池交換不要の充電式補聴器が人気なんです。
今回充電式補聴器の紹介と大阪聞こえ補聴器での最安値の紹介をします!

今までの補聴器との違いについて

今までの補聴器は空気電池を使用する補聴器が一般的でした。
その為電池が切れるとその都度交換しなければいけませんでした。
しかし今回紹介する補聴器はそんな電池の交換が不要になった充電式の補聴器です!
補聴器の性能は各種電池式と変わりないのですが空気電池ではなく充電器で充電して使用できる便利な補聴器です!
電池交換って意外と面倒に感じる事もありますよね?上手く電池交換が出来ない方でも充電式だと充電器に置くだけなので簡単です!
大阪聞こえ補聴器で取り扱っている充電式補聴器のメーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーンになります。

充電式補聴器のメリットとデメリットを紹介

メリット
  • 電池交換が不要になる(充電池が寿命の場合はメーカーでの交換が必要になります)
  • 充電の方法が簡単にできる
  • 電池ゴミが少なくて地球環境にやさしい
  • 電池の購入が不要(充電池の交換の際は交換費用が必要)
デメリット
  • 充電ができていないと補聴器が使えない
  • 充電があまりできていない場合、外出時の充電切れの心配がある
  • 充電池の寿命がなくなると新しい物と交換が必要

充電式補聴器は充電器で充電して使用するので楽に使える事がいいですね。
電池ゴミが出ないので環境にもいいですね。ただいい点ばかりという事もなく充電が不十分だと補聴器が途中で使えなくなります。
充電式補聴器は充電をしないと使用できないので外で切れてしまう事があるのが注意点です。
ベルトーンの充電式補聴器に関しては通常の空気電池との併用ができます。
ですので万が一充電が切れても空気電池を携帯していれば空気電池で補聴器を使う事ができます。
その際は間違えて充電地を捨ててしまわないように注意が必要です。

充電式補聴器の各メーカーや種類について詳しくはこちら

各メーカーの充電式補聴器の特徴

メーカー毎に充電の仕組みや充電時間が変わってきます。

フォナック

フォナックはスイスの補聴器メーカーになります。
フォナックの充電式補聴器はリチウムイオン電池を使用してます。
充電の方法は接触充電になります。フル充電が3時間、24時間で長時間稼働となっています。30分の充電で6時間使う事ができます。
フォナックの充電式は形状が選ぶ事ができます。耳かけ形のみですがRICタイプと標準タイプの2種類から選択できます。

フォナックの充電式補聴器についてはこちら


シーメンス・シグニア

シーメンス・シグニアはドイツの補聴器メーカーになります。
シーメンスの充電式補聴器もリチウムイオン電池を使用しています。しかし充電方法は非接触充電になります。
30分の充電で7時間使用可能、4時間フルに充電で27時間使う事ができます。
非接触充電ですので充電器に置くだけで簡単に充電ができます。
充電式補聴器は耳かけ形のRICタイプです。

シーメンス・シグニアの充電式補聴器はこちら


ベルトーン

ベルトーンはアメリカの補聴器メーカーでスマートホンに接続して音を調整できるなど通信機能が進んでいる補聴器メーカーです。
充電方法は銀亜鉛二次電池を使用している接触充電になります。
Zパワーを採用していて対応する補聴器を持っている方は比較的安価で充電式補聴器に切り替える事ができます。
ですのでベルトーンの充電式は空気電池との併用が可能です。
ベルトーンの充電式補聴器は耳かけ形のRICタイプになります。

ベルトーンの充電式補聴器についてはこちら

充電式補聴器をお得に買える?最安値情報!

今人気の充電式補聴器ですが今までの電池式と比べると少し費用も上がってしまいます。
補聴器が高額になると予算的に難しい問題になります。
そんな悩みでお困りの方に朗報です!
今回は大阪聞こえ補聴器の充電式補聴器の最安値を紹介します!
只今大阪聞こえ補聴器では両耳購入で片耳が半額になる大変お得なセールを開催しています!
今回のセールは紹介した各充電式補聴器、本体が20万円以上に限りすべて対象となります。
ですので人気の充電式補聴器をお得に購入できるチャンスとなっています。
そして大阪聞こえ補聴器で販売する充電式補聴器の最安値はシーメンス・シグニアのセリオンになります!
今回両耳セール適用になるとセリオンプライマックス2が大変安くなります!
気になるお値段は通常定価44万3200円がなんと34万3200円になります!これは充電式ではとてもお得です。
そして今回先着12名に限り充電器4万3200円を無料でサービス致します!ですので更に安い30万円での販売になります!
セールは大変好評頂いております、無料でお付けできる充電器には限りがございますので予めご了承下さい。

こちらの記事もご参考下さい


東京でお探しの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応致します。
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

今人気のある大阪聞こえ補聴器で販売する充電式補聴器の最安値を紹介しました。
充電式補聴器は電池式補聴器の電池交換の手間が無くなった扱いが簡単な最新の補聴器です。
充電方法も簡単ですので安心してお使いいただけます。
今回大阪聞こえ補聴器では両耳セールを開催中です。この期間に購入いただくと大変安く充電式補聴器を購入する事ができます。
まずは試聴やレンタルで試してみませんか?電池交換のいらない快適な充電式補聴器を是非一度お試し下さい。

片耳難聴で片耳は聞こえる場合には補聴器が必要か

片耳難聴で片耳が聞こえる時は補聴器は必要でしょうか?
片耳だけが難聴で反対側の聞こえに問題が無い場合に補聴器をどうするかですが、まず特に片耳難聴で不自由を感じていない方は無理に補聴器をする必要は無いでしょう。片耳難聴で不自由を感じる、悩んでいる、改善したいという方は補聴器をするのがおすすめです。
片耳難聴の方が選ぶ補聴器はどの様な物が良いのか?補聴器をする事によって得られる効果など紹介します。

補聴器を考える時期

片耳難聴でもその経緯、原因は様々です。
中耳炎で治らなかった、突発性難聴、ムンプス難聴、先天性難聴、片側の外傷などで難聴になったなど原因は色々あります。
片耳が難聴になると耳鳴りを生じたり生活する中で悩みの原因になったり、不便に感じられる事があるでしょう。

片耳難聴による悩み
  • 難聴側の耳の方向から話されると聞きとれない
  • 音の方向感がわからない
  • 騒がしい環境になると会話の聞き取りがうまくできない
  • 聞こえたふりで適当な返事をしてしまう事が多い
  • 学校の授業や仕事の会議などで集中する事が増えるので疲れやストレスになる
  • 周囲に聞こえない事を理解してもらえない事がある

この様な悩みが出てきて補聴器を考えられる方も多いと思います。ではどのタイミングで補聴器をすればよいのか?
まずは補聴器をする前に病院で診察をしっかり受ける事が大事です。
特に突発性難聴など急に聞こえなくなった時などはすぐに病院で診察を受けて下さい。
片耳の難聴の中には治療、薬の服用などで回復する場合があります。
ですので片耳難聴の症状が出たらまずは病院で診察を受けられるのがよいです。
医師からの診断を受けた後だと難聴により不便が感じられればそれが補聴器をする時期、タイミングです。
補聴器の使用はなるべく早期にするのがよいです。

難聴の程度で合う補聴器は変わってきます

難聴には軽度、中度、高度、重度難聴と程度がわかれています。
その聴力、耳の聞こえ方で合う補聴器は変わってきます。
今回は片耳が正常で他側耳が難聴の場合の補聴器選びを紹介します。

片耳難聴の程度が軽度から中度難聴の場合

難聴が軽度から中度難聴の場合には一般的な補聴器がよいでしょう。
補聴器の形状は耳かけ形、耳あな型が主な種類になります。
補聴器は聴力の状態や耳漏れ、耳の形状、操作性の問題など様々な状態を判断して選ばなければいけません。
ですのでご希望の補聴器が耳に合わないという事もありますし、場合によれば通常の補聴器で補うのが難しい場合もあります。

片耳難聴の程度が高度から重度難聴の場合

難聴が高度から重度難聴の場合は通常の補聴器では効果を得にくい場合があります。
聴力が特殊な方、言葉の理解力が低下している方などそのような方には通常の補聴器では補えない可能性が高いです。
補聴器で補えないのなら諦めるしかないのか?実はそのような片耳難聴の方の為に開発された特殊な補聴器があるんです。
それはクロス補聴器という補聴器(送信機)です。種類は耳あな型と耳かけ形(RICタイプ)があります。

クロス補聴器は片耳難聴を補う補聴器です

今回片耳難聴の方におすすめするのがクロス補聴器と呼ばれる送信機です。
まず、クロス補聴器について説明いたします。クロス補聴器は通常の補聴器とセットで両耳で使用していただきます。
ですのでクロス補聴器(送信機)と通常の補聴器(受信機の役割)の二台が必要となります。
難聴がある耳にクロス補聴器をして、正常な耳に補聴器をします。
難聴側のクロス補聴器に入った音声を正常な耳にした補聴器に送信するという仕組みです。
ですので今まで聞こえなかった難聴側からの音声を補聴器を通して聞く事ができます。

クロス補聴器について種類や価格など詳しくはこちら

クロス補聴器の調整方法にバイクロスと呼ばれる方法があります

バイクロスと呼ばれる方法について説明します。
バイクロスは片耳難聴で片方も軽中度の難聴がある場合に適用される調整です。
両耳に難聴がある為に両耳共に聴力を補えるという調整方法です。
仕組みはクロス補聴器と同じ仕組みとなりクロス補聴器に入った音声を補聴器に送信します。

試聴やレンタルする事で補聴器の効果を確認できます

補聴器の試聴やレンタルは購入する前に効果を知る事ができるのでおすすめです。
大阪聞こえ補聴器でも効果を知ってもらう為に試聴やレンタルをしています。
クロス補聴器はすぐに効果が実感できます。そのままお貸し出しする事ができますので普段の生活環境で効果をみる事ができます。
大阪聞こえ補聴器では補聴器の貸し出しを一週間500円でサービスしています。
大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を取り扱っています。

片耳難聴に対する補助制度について

ある程度の難聴になると聴覚障害による障害者手帳が交付されます。
片耳難聴の場合でも条件に適応すれば障害者手帳が交付され、国からの補聴器の補助を受ける事ができます。

片耳難聴と障害者手帳交付について詳しくはこちら


東京の秋葉原に姉妹店がございます。東京でお探しの方は秋葉原補聴器で対応致します。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

片耳難聴でもお困りではない場合は無理に補聴器をつけなくても大丈夫です。
年配の方で長年聞こえない事に慣れられている方など。難聴の程度、症状によって使用する補聴器は変わってきます。
補聴器は治療器具ではないので難聴が治る事はありませんが今まで悩んでいた事や不自由に感じている事が改善されるかと思います。
大阪聞こえ補聴器ではそんな悩みをお聞きして改善できるような補聴器の機種選定をいたします。
貸し出しもしていますので生活の中で補聴器がある時と無い時の違いも実感していただけます。
そして今大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器モニターキャンペーンをおこなっています。
(クロス補聴器モニターキャンペーンについてはこちら!)
片耳難聴で補聴器をお悩みの方は一度大阪聞こえ補聴器にご来店下さい。

補聴器で人気のある種類は何だろうか?【目立たない補聴器について】

補聴器の中で人気がある種類って何でしょうか?
補聴器の形状や種類で人気があるのは目立たない補聴器です!補聴器を着けるにあたり見た目を気にされる方って非常に多いんです。

補聴器は耳に着けるのでどうしても見た目が気になりますよね。見た目が気になる方におすすめなのが目立たない小型補聴器です。

その中でもフォナックのバートBチタンは耳あなに入り込むサイズでとても小さく目立たないです!
人に知られたくない方、見た目が気になる、と理由は様々あるでしょうがその様な方に大変おすすめできます。

見た目が気になる方は多いです

補聴器を考えているが見た目がちょっと、、と見た目を気にされる方って多いんです。聞こえが悪いので補聴器をしたいけど人目が気になるなど補聴器を着けた時の見た目を意識してしまいます。聞こえないまま生活をすると不便に感じる事も出てきますし、ストレスにもなります。補聴器を着けたいけど見た目が気になるから補聴器を悩んでいるという方が多い中で開発が進んできているのが目立たない補聴器です。少し前までは補聴器って大きなイメージがあると思いますが最近の補聴器ってかなり小型化が進んでいるんです。それは耳にかける補聴器も耳あな型補聴器も同じく小型化しています。そんな目立たない小型補聴器が今人気があります。

補聴器を選ぶならなるべく目立たない補聴器にしたい

難聴である事を隠したい方や仕事上でもマイナスになるのではないかと黙っている方も中にはいらっしゃいます。
実際に目立たない補聴器を希望されるのは補聴器を購入される方の6割ほどです。それだけ目立たない補聴器は人気があります。

選ばれる方の中でも若い方や女性の方は特に多いかと思われます。この様に目立たない補聴器を希望される方が多いので今では補聴器の小型化が進んでいます。

補聴器に対するイメージ

補聴器のイメージでは見た目が目立つ物だとお年寄りみたい、障害があるという目で見られるのが気になる、補聴器を着けているとおしゃれができない、など今現在もマイナスイメージが中々払拭されていません。世間の補聴器に対する見る目や考えというのがあまりまだ認知されていないのが現状です。しかし、最近ではカスタムイヤモニターなどテレビでミュージシャンなどが耳に着けているオーダーメイドのイヤホンがあります。この通称イヤモニは今若い方を中心にとても人気があります。一見補聴器をしているのかな?と思われている方も多いようですね。この様に耳に入れて着ける物に対しての抵抗が段々無くなってきているので補聴器に対しての見る目やイメージも変わってくるのではないでしょうか?

耳の中に隠れるほどの補聴器が人気です

見た目が気になる方、目立たない補聴器にしたいという方におすすめしたいのが今人気のある超小型の補聴器です!

耳かけ形補聴器のRICタイプや耳あな型補聴器のCICやIICタイプです。その中でも今回は人気がある耳あな型補聴器のCICとIICタイプについて紹介したいと思います。まずはメリットやデメリットについて見てみましょう。

CICとIICのメリットとデメリットについて

補聴器でも耳あな型の物で耳あなに隠れるサイズが今あります。CICやIICと呼ばれるタイプの耳あな型補聴器です。
非常に小さく出来ているので初めて見る方にも大変驚かれます。

メリット
  • 鼓膜までの距離が近くなるので音が鮮明に聞こえる
  • マイクの位置が耳の入り口になるので、耳本来の集音効果を使って聞くことができ方向感がわかりやすい
  • 耳の型に合わせているので落としたりする事がない
  • 見た目が目立たない
  • 耳あなに隠れるので雨や汗などの影響を受けづらい
デメリット
  • 耳の形状や、耳の状態によっては作製できない場合がある
  • 耳垢が湿っぽい、水っぽい、量が多い人にはおすすめできない
  • 自分の声がこもる、閉塞感を感じる
  • 電池の費用がかかりやすい
  • 年配の方や手が不自由な方は補聴器が小さいので扱いが難しい事がある

この様にメリットもあればデメリットもあります。人気がある点はやはり見た目が目立たないという所です。
しかし、耳の状態によると目立たない補聴器を希望でも作製できない事や、小さい形状なので手が不自由な方だと扱いが難しいという事もあります。

目立たない補聴器の最新機種フォナックのバートBチタン!

目立たない補聴器で今人気でおすすめできるのがフォナックのバートBチタンです!
この補聴器、名前にチタンと付いていますが補聴器の素材がチタン合金でできています!


今までなかったとても斬新なデザインです。チタン合金なので強度がありますし、アレルギー反応の心配もありません。
本体の厚みもチタンので薄くても頑丈でその分パワーの出るスピーカーなどを搭載できます。バートBチタンにはチタンならではの特徴があります。
チタン製なので従来の15倍の強度ですごく丈夫です。それと本来のCIC・IIC補聴器より小さく作製する事ができる(パワーを大きくする場合、圧迫感を減らしたい場合は普通のCICサイズになります。)ですのでこのバートBチタンは小型補聴器の中でも超小型に出来るんです。

性能もフォナックならではの独自性能オートセンスOSを搭載しているので快適な聞こえでお使いいただけます。

バートBチタンの性能や価格帯についてはこちら

小型補聴器の作製には耳型採取が重要です!

CICやIIC、そして今回紹介したバートBチタンなどの小型補聴器を注文する際に大事になるのが補聴器を作る時に基本となる耳型採取です。
小型補聴器の耳型採取は一般のサイズの時と違いある程度の技術が必要となります。
耳型が上手く採取できていないといい補聴器には仕上がりません。
大阪聞こえ補聴器では耳型採取に優れたスタッフが在中していますのでご安心下さい!

耳型採取についてこちらをご参考下さい

大阪聞こえ補聴器では只今バートBチタンが安く買えるチャンスです!

大阪聞こえ補聴器では秋の半額セールを開催中です!
片耳20万以上の補聴器を両耳で買うと片耳が半額になります。
これはかなりお買い得となっています!今回紹介したフォナックのバートBチタン、その他人気のある機種も対象となっています。
この機会にどうぞご利用下さい。秋の半額セールについてはこちら


東京でお探しの方は東京にも姉妹店がございますのでそちらで対応いたします。同じくセールも開催中です!
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

人気のある目立たない補聴器について、フォナックのバートBチタンを紹介しました。目立たない補聴器を探されている方はなるべく小さい物がいいですよね。フォナックのバートBチタンは可能な限り最小に作製する事ができます。それはチタン合金を使用しているからです。目立たない補聴器をお探しの方には大変おすすめだと思います。そして大阪聞こえ補聴器では半額セールで両耳購入で片耳を半額にしています。
フォナックのバートBチタンも対象ですので目立たない補聴器をお考えの方には大変お得になっています!
CICをお使いの方もこの機会に超小型補聴器にしてみませんか?

大阪聞こえ補聴器の半額セール【秋の最安値キャンペーン】

大阪聞こえ補聴器では秋の半額セールを開催しております。最安値のキャンペーンで補聴器を激安で買いませんか?いざ補聴器を購入するって本当に値段と性能と考えさせられることばかりです。大阪聞こえ補聴器では性能の良い補聴器をどこよりも安く買えるキャンペーンを考えました。片耳が本体価格が20万円以上の補聴器であれば両耳に購入して頂けるならば2つ目を半額で販売いたします。

補聴器の半額セールは本体価格が片耳20万円以上の商品に限ります。また両耳に買うことを原則とします。

補聴器を両耳で買うと片耳が『半額』になる!

両耳ペアで補聴器を購入すると片耳が半額になるセールです。とてもお買い得となっております。新製品の補聴器でも最上位の補聴器でも片耳が20万円以上の補聴器なら大阪聞こえ補聴器で取扱う補聴器ブランドはなんでもドーンっと安くしちゃいます。

更には補聴器用電池も10パックプレゼント!!

さらに電池を12,960円分の10パックもプレセントいたします。

但し充電用補聴器は電池が必要ないので対象外です。

半額セールの取扱メーカーと条件について

対象商品はフォナック(PHONAK)、シーメンス・シグニア(SIEMENS・SIGNIA)
NJH関連のベルトーン(Beltone)とユニトロン(Unitron)となります。

条件
  • 片耳の補聴器の本体価格が20万円以上の商品が対象となります。
  • HPを見て頂き 『Web秋の特別セール』 とスタッフに言って頂けたら適応いたします。
  • クロス補聴器や片耳の本体価格が20万円以下の商品はセール対象外となります。
  • 当店が初めての方は電話・メール・FAXにてご予約をお願いします。

是非とも大阪聞こえ補聴器の難聴者応援システムをご利用ください。皆さまのご来店心よりお待ちしております。

補聴器のお問い合わせ

補聴器のことならどんなことでもお気軽にご相談下さい。わかりやすい説明で懇切丁寧に対応致します。

住所 〒541‐0054 大阪市中央区南本町3-6-2ケンガンビル4F
営業時間
定休日 : 日曜・祝日
営業時間 : 10:00〜19:00         土曜:10:00〜17:00
電話 : 06-6245-0330 (日曜・祝日を除く、平日の10時~17時)
FAX : 06-6245-0247 (24時間OK)


大きな地図で見る

東京の秋葉原の姉妹店はコチラをご覧ください!

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラです。

片耳が難聴になるムンプス難聴の方に合う補聴器はあるのか

片耳の難聴の症状でムンプス難聴があります。その方に合う補聴器ってあるのでしょうか?
片耳の難聴の原因にムンプス難聴と呼ばれる難聴があります。ウイルス感染による難聴です。
ムンプス難聴は一般的な補聴器では補えない聴力にまで低下する事が多いです。
その様な片耳の難聴に適応する補聴器がクロス補聴器と呼ばれる補聴器です。

ムンプス難聴について

ムンプス難聴とは、ムンプスウィルス(おたふく風邪)の原因になるウイルスが内耳に感染しておこる難聴です。
難聴の程度は高度以上になる事が多くて大抵が音声に反応する事ができない状態になります。
片耳だけに発症することがほとんどと言われています。2歳児から15歳の子どもに多く発症する事が多いです。
妊娠中に母親がおたふく風邪にかかると生まれつき難聴になる事があります。

この図の内耳と呼ばれる箇所にウイルスが入り難聴を引き起こします。

ムンプス難聴の症状について

症状については発熱や耳の下、あごの下などが腫れた後、およそ4日~18日以内に難聴の症状が出てきます。
その際、耳鳴りやめまいを同時に伴うことがあります。子供の難聴は症状を伝えにくかったり異変に気づかずに過ごしてしまう事が多いです。
ですので学校の健康診断などで難聴の症状を発見されることも多いです。
熱や腫れがひいてくると安心してしまうのですが症状が収まった後に重度の難聴になる可能性があります。
しっかりと病院で治療を続けるのが大事です。ムンプス難聴は片耳に発症する事がほとんどです。
難聴の程度は高度~重度までになる事が多いです。

ムンプス難聴の治療について

おたふく風邪は熱などを抑える薬を処方しながら回復を待つしかありません。
必ず効くという特効薬がまだないのが現状です。
ムンプス難聴になった場合は治療による回復がほとんど見込めないと言われています。
予防接種で予防する事ができるので受けていると安心です。ムンプス難聴の疑いがある方は早期に耳鼻科で治療を受けましょう。

※当店は補聴器専門店ですので難聴の治療はしていません。症状の疑いがある方はまずは病院(耳鼻科)でお医者様の診察、治療を受診して下さい。

片耳が難聴になると日常生活にも支障がでてきます

片耳は聞こえるので大丈夫かと思われる方もいるかもしれませんが片耳の難聴になると色んな支障がでてきます。
耳は本来両耳を使って聞きとりをしています。ですので片耳が聞こえなくなるとその能力も半分になります。
片耳が聞こえなくなると音の方向感がわからなくなります。騒がしい場所での会話、大人数での会話が聞きとりにくくなります。
片耳が聞こえないと聞こえない側から話しかけられた時に内容がわからなくなります。
ですので片耳が聞こえないという事は人と接する機会の多い人ほど悩みにもなりますし、聞こえない事でストレスにもなります。

片耳の難聴は補聴器で補うのが難しいケースがあります

片耳難聴は一般の補聴器では補うのが難しい事があります。
全く聴力が残っていない場合や聴力の低下が極端な方、言葉の認識能力が低下してしまっている方などがそれに当てはまります。
その様な場合には補聴器を使用しても効果が見込めないです。これは聴力を調べる事でわかります。
補聴器をしても効果がない場合にはどんな方法で補えばよいのか?

片耳が聞こえない方に効果のあるクロス補聴器という補聴器があります

一般的に使用される補聴器で効果が見込めない片耳難聴の方におすすめする補聴器があります。
それはクロス補聴器と呼ばれる送信機です。クロス補聴器はマイクで拾った音声を補聴器に送信する事ができます。
使い方は健聴側に補聴器をして、難聴側にクロス補聴器をします。
そうすると補聴器とクロス補聴器が連動して、クロス補聴器で拾った音声を補聴器に送信して出力します。
ですので難聴側の音声を健聴側で聞けるという仕組みです。
音の方向感に関しては慣れが必要とはなりますが、今まで気づけなかった音、難聴側からの声に気づく事ができます。
クロス補聴器には耳あな型と耳かけ型の二種類あります。大阪聞こえ補聴器ではフォナック補聴器のクロス補聴器を取り扱っています。

クロス補聴器について詳しくはこちら

  • 補聴器は難聴を治療する治療器ではありません。聞こえを補助する医療機器です。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンをおこなっています!

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器についての取り組みをおこなっています。
クロス補聴器の試聴はもちろん、一週間500円でレンタルもしています。
クロス補聴器のモニターキャンペーンは使用して気づいた事を良い点、悪い点など感想文を書いていただくと購入時にお得なサービスをしています。

サービス内容はこちら
  • クロス補聴器モニター価格10% off!
  • 電池20パック 25,920円分プレゼント!
  • V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント!

お書きいただいた感想文は今後の販売、調整などの参考にさせていただきます。
よろしければ当店のブログでも内容を紹介させていただきます。

モニターキャンペーンについて詳しくはこちら


東京にお住まいの方には秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応いたします!
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

片耳が聞こえなくなるムンプス難聴について原因や改善方法を紹介しました。
ムンプス難聴は片耳が高度から重度の難聴になるので日常生活に大きく支障が出てきます。
片耳が聞こえない事で悩んだり、ストレスになったりします。特に若い方は人と接する機会が多いです。
その様な方に聞こえない耳を補う補聴器、クロス補聴器があります。
クロス補聴器をする事で今まで難聴側で聞こえなかった音声を聞く事ができます。
大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器の試聴やレンタルをしています。
ですので効果をみてから安心して購入いただけます。ムンプス難聴で補聴器のお試しを考えられている方は一度大阪聞こえ補聴器にお問い合わせ下さい。今まで苦労していた聞きとりの改善ができますよ!

補聴器の購入で分割支払いって可能なのか?

補聴器を購入する際、分割支払いは可能なのでしょうか?補聴器って価格帯が高価です。予算的に迷われている方も大変多いです。
購入の際、一括で支払うのが難しい方の為に分割での支払いがあるのはご存知ですか?
どうにか負担が少なく購入したいですよね。今回は補聴器の支払い方法などについて紹介します。

補聴器の相場について

補聴器の値段は各メーカーにもよりますが最安値で片耳5万円、一番高価な物で片耳約50万円と幅広くあります。
こんなに補聴器って高いの!?と思われる方も多いかと思います。
一方、通信販売、テレビショッピングなどでは約1万円ほどからでも購入できたりします。
安く買えるのなら通販でいいかな?しかし、これには注意が必要になります。通信販売などで取り扱われている物は言わば集音器です。
集音器と補聴器は全くの別物で集音器は耳に合わす事ができなくて補聴器は耳に合わす事ができます。
集音器は音量の増幅はできますが音質の調整や聴力に合わす事ができません。
補聴器は聴力を入力して音質を調整する事ができます。ですので集音器は聴力に合わす事なく単純に音量を上げるだけです。
出力制限なども付いている物もありますが補聴器と集音器は全く違います。
特に難聴度の高い人には合わないです。集音器を買ったけど全然聞こえないと来店される方は多いです。

補聴器の購入は専門店で買うのが望ましいです

補聴器は補聴器専門店で買うのが望ましいです。
専門店には補聴器に関して知識のあるスタッフがいるので安心して購入する事ができます。
ご相談や聴力測定、補聴器の試聴、貸し出しなど色々と親身になってくれる専門店で買うのが良いでしょう。
補聴器は頻繁に買い替える物でもありませんのでしっかり専門店で合わせてもらうと安心です。

集音器と補聴器の違いについてはこちら

補聴器って一括で支払う物なんでしょうか?

補聴器の価格帯は説明した通りです。中でも一番購入されている相場は片耳約10万円からの物が多いです。
補聴器購入の際にネックになってくるのが予算の問題です。いくら購入を考えても予算に合わなければ購入できません。
ですので少しでも安くなっている時に購入を考えられる方が多いと思います。
補聴器の支払い方法って一括じゃないと出来ないのかと思われている方も多いと思いますが実は少しでも支払いの負担を減らせる方法があります。
それが分割での支払いです。大阪聞こえ補聴器では一括での支払いが予算的に難しいという方の為に分割での支払い方法をお選び頂けます。

分割支払いで補聴器を購入する事ができます!

大阪聞こえ補聴器では予算の関係で一括払いできない方の為に安心な分割払いを提案しています。難聴者応援システムです。分割の支払い方法は簡単でオリコローンでローンを組んで頂きます。書類を記入して頂き、審査があります。審査が通れば分割での支払いが可能になります。
オリコローンは最大24回払いを金利手数料のかからない無金利で組む事が可能です!金利手数料の負担がありません!一括で払うのはちょっと、、と思われていた方には大変安心して利用頂けます。審査時間も約2、30分ほどで完了します。ですので難しい手続きもほとんどありません。
不明な点があればこちらでローンの流れもしっかりとサポートいたします。審査に通らない場合は分割払いは適用できませんのでご了承下さい。
分割が利用できる補聴器の価格帯は15万円以上に限ります。最新の機種でも適応可能です!

詳しい内容についてはこちら!

大阪聞こえ補聴器では他にもお得なキャンペーンがあります

只今大阪聞こえ補聴器では秋の半額セールを開催中!
片耳20万円以上の補聴器を両耳で購入する場合片耳の金額が半額になります。
とてもお得な内容となっていますので是非ご利用下さい。

まとめ

補聴器を購入する際の支払い方法を紹介しました。
補聴器を購入したいが予算的に迷われていた方におすすめしたいのが分割での支払い方法です。
ローンを組んで頂き毎月の支払いをしていただきます。審査がありますので審査に通ればすぐご利用いただけます。
審査が通らなければ利用できませんのでご了承下さい。大阪聞こえ補聴器では少しでも負担が少なくなる様にサービスをしております。
補聴器の購入、ローンについてご不明などご相談があれば大阪聞こえ補聴器にお気軽にお問い合わせ下さい。

【難聴者応援システム】補聴器本体は24回まで金利手数料は無料!!

大阪聞こえ補聴器は高価な補聴器を安い金利手数料で買い易くする為に【難聴者応援システム】を導入してます。補聴器を購入するのに片耳の本体価格が15万円以上の補聴器は全て一ヶ月24回払いの金利手数料を当店で負担させて頂きます。より良い補聴器を買い易くお客様の予算の負担を少なくさせる為に導入した画期的なシステムです。

こんな方にオススメです!

  1. 学生やサラリーマンの方で高性能な補聴器が欲しいけど高くて買えない方
  2. 補聴器が欲しいけど現金での持ち合わせがない方
  3. 定年者で年金だけの生活を送られている方
  4. 高価な補聴器を低金利で長期ローンを組んで買いたい方

高性能な補聴器は高価なものです。性能が良い分雑音が少なくて快適に聴こえますが、その分価格は高くなります。ハイスペックな補聴器は補聴器専門店でもだいたい15万円くらいからになります。両耳になると30万円いたします。

そんな時に24回払いの金利手数料が0円の【難聴者応援システム】があれば便利ですよね。15万円の補聴器でありますと月々6,250円で補聴器が購入できる計算になります。

例えば、両耳30万円の補聴器だと

【難聴者応援システム】を利用すると両耳30万円の補聴器だと一ヶ月12,500円の24回払いになります。

低金利&手数料0円の条件

【難聴者応援システム】には条件が必要です。全てのお客様に適応できるわけではありません。今からその条件をご説明いたします。

  1. 65歳以上の方は家族や友人の保証人の証明が必要
  2. 購入者または保証人は60歳未満の有職者であること
  3. 支払の完済時に年齢が75歳までであること
  4. 補聴器の本体は定価販売になります
  5. 値引やキャンペーンの適応はされません

当店が契約しております信販会社はオリコになります。

手続きの持ち物

【難聴者応援システム】には手続きに以下の持ち物が必要です。

  1. 銀行に登録している印鑑(シャチハタ、認印は不可です)
  2. 身分証明証(住民票、免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカード)

さらにお得なプレゼント!!

【難聴者応援システム】では更に難聴者を支援したいので補聴器の電池を10パックプレゼントいたします。※充電式補聴器は電池が必要ないので電池プレゼントは付きません。

まとめ

【難聴者応援システム】は金利&手数料は0円で最大24回払いで補聴器が購入できます。性能の高いハイスペックな補聴器が欲しいけど買えない方にオススメの購入プランです。24回払いであると24ヶ月なので2年間で完済されます。補聴器のメーカー保証も2年が期限なのでその時に補聴器のオーバーホール点検を頼めばさらに補聴器は長持ちすると思います。

是非とも大阪聞こえ補聴器の難聴者応援システムをご利用ください。皆さまのご来店心よりお待ちしております。

補聴器のお問い合わせ
補聴器のことならどんなことでもお気軽にご相談下さい。わかりやすい説明で懇切丁寧に対応致します。

片耳だけ補聴器をされている方へ、両耳にすると色んな効果がありますよ!

片耳に補聴器を使用している方に教えます。両耳装用だと様々な効果があります!
難聴になり補聴器をするとなった時に考える事の一つに片耳にするか両耳にするかがあります。
両耳共に難聴であれば両耳にするのがいいです。耳は本来両方の能力を使って聞きとりをしています。
ですので両耳共に難聴で補聴器をするのであれば両耳にするのが自然な事なのです。

補聴器を考える時期について

まず難聴について。難聴は自分でもわかる事もあれば全く自覚が無い事もあります。
不思議な事に思いますが周りに指摘されるまで難聴だと気づかない方もいらっしゃいます。
テレビのボリュームが大きくなったり、聞き返し、聞き間違いが増えると難聴の疑いがあります。
難聴かどうかは聞こえ方を調べる事でわかります。耳鼻科での聴力検査、もしくは補聴器専門店で聴力測定をする事でわかってきます。
補聴器を考える時期ですが一般的には軽度の難聴から補聴器使用するのが望ましいとされています。
ですので難聴があれば補聴器の使用に早い、遅いなどはありません。

補聴器はまだ早いと思われている方が多いです

補聴器をするのにこれくらいじゃ必要ないだろうと自分で思っている方は多いです。
しかし、補聴器は使用するのが遅くなるほど効果が出にくくなります。
難聴が進むにつれて言葉の理解力が落ちてしまい言葉の理解力が悪くなると補聴器を使用しても聞こえるが内容がわかりづらいという事になります。
補聴器はその人本来の能力までは補う事ができないのです。
ですのでその能力が悪くなる前に補聴器をするのが望ましいです。

 

両耳に補聴器をする事で得られる効果

得られる効果
  • 両耳に補聴器を装用するので両耳共に音が聞きとりやすくなる
  • 音の方向感、距離間を感じやすい
  • 騒音下にいる時や複数人で会話をする時に聞きとりやすくなる
  • 聞きとり方が自然な感じになる
  • 片耳に集中して聞く事が無いので疲れにくい
  • 両耳に補聴器をするので聞きとりの衰えを予防する事ができる

両耳に補聴器をすると疲れる、煩わしいなどのイメージを感じている方もいらっしゃいますが両耳に補聴器をする事で片耳の補聴器使用だけでは得られない効果があります。メリットがあればデメリットもあります。

  • 電池の消費量が二台分になるのでコストが上がる
  • 補聴器が二台分の予算が必要
  • 両耳を塞ぐ為に閉塞感を感じる事がある

しかし、この閉塞感は補聴器使用に慣れてくると個人差はありますが気にならなくなってきます。

片耳だけで補聴器をする場合

予算の関係やそれ以外の理由で片耳だけに補聴器をする場合はどの様に選ぶのが良いのか。
基本的には片耳にする場合は聞こえの良い方の耳にします。補聴器の選び方は難聴の程度にもよります。
ですので今までの補聴器の経験や希望などもありますので補聴器専門店でよく相談する事が大事です。

補聴器の機能も両耳ならではの効果がありますよ

補聴器も両耳にすると片耳だけでは無い両耳専用の機能などもあります。

両耳間で通信をする機能や、より自然な聞こえに調整できるようになったり選べる機能が変わります。

各メーカーそれぞれ特徴もあるのでメーカーによる特徴なども補聴器専門店でよくご相談下さい。

両耳で補聴器を一度お試ししてみませんか?大阪聞こえ補聴器では試聴や貸し出しをしております

今補聴器を片耳だけで使用されている方は一度両耳での聞こえを体験してみませんか?
大阪聞こえ補聴器では聴力測定や補聴器の調整の他、補聴器の試聴や貸し出しもしています。
補聴器をレンタルする事で両耳での聞こえを実生活で試す事ができます。
大阪聞こえ補聴器の貸し出しは片耳、両耳どちらも一週間500円で貸し出しできます。
補聴器の貸し出し時には身分証明できる免許証などが必要となります。
貸し出し希望の方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。


東京でお求めの方は秋葉原に姉妹店があります。東京にお住まいの方は秋葉原補聴器までお越し下さい。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

補聴器を片耳だけで使用されている方に両耳で使用した時の効果などについて紹介しました。
補聴器の使用は両耳に難聴がある場合は両耳にするのが望ましいです。
耳は本来両耳を使って能力を発揮します。ですので補聴器の使用も当然両耳難聴であれば両耳にするのが自然です。
予算の関係などもあるのでよく補聴器専門店で相談して補聴器を選びましょう。
大阪聞こえ補聴器では聴力をよく確認した上で両耳の補聴器装用をおすすめしています。
聞こえの事を考えると大事な事ですので説明は必ずしております。
両耳で扱えるか不安がある方も当然いらっしゃいます。ですので購入をする前に一度補聴器を実生活でお試しできる補聴器の貸し出しをしております。
そうする事で両耳か片耳での使用か自分で判断もできると思います。補聴器をお考えの方は一度大阪聞こえ補聴器にお問い合わせ下さい。

メニエール病でお悩みの方が補聴器を選ぶ時に確認するべき事はあるのか

メニエール病に悩まれている方が補聴器の使用をする際気をつける事はあるのでしょうか?
難聴の症状の一つにメニエール病と呼ばれる症状があります。回転性のめまいや耳鳴り、片耳の難聴を主とする疾患です。
メニエール病は体調などで聴力が変化します。補聴器を選ぶとすればどの様な補聴器にするべきかを紹介します。

メニエール病とは?

メニエール病はどの様な病気、疾患なのか?
主な症状は頭がぐるぐる回る回転性のめまい、片耳の難聴、耳鳴りが主症状になります。
正確な原因は不明とされていますが内耳の障害、内リンパ水腫(内耳のリンパが増えて水ぶくれの状態)によっておこると言われています。
突然の激しいめまいが30分から6時間ほど続きます。同時に難聴や耳鳴り以外にも吐き気や腹痛なども伴います。
症状が出ている時には立っていることができません。横になって安静にするしかありません。
めまいが治まってくると難聴や耳鳴りも戻ってくるがめまいを繰り返すたびに少しずつ難聴が悪化していく事があります。
30代から40代の女性に多くみられ、やせ型で几帳面、神経質な性格の人がなりやすいという統計もあるようです。
精神的なストレスや肉体的疲労、睡眠不足が原因にもなっているようです。初期症状では突発性難聴の可能性もある為、診断の確定には様々な検査を行なう必要があるようです。早期に治療することが重症化を防ぐポイントです。
めまいがあるだけでは正確な診断はされず、難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する。というのが診断基準となります。

メニエール病になるとおこる症状

  • 回転性のめまいを繰り返す
  • 耳塞感を感じる
  • 大きな音などが響く、過敏になる
  • 体調や日による聴力、聞こえ方の変化
  • 音声の聞きとりが困難になる

内耳の障害が原因でメニエール病はおこるとゆわれています。
めまいがする事や日々の聞こえ方の変化など、悩みになる事が多い症状です。

メニエール病の治療について。発症の疑いがあればすぐに病院に行く事が大事です。

メニエール病の疑いがあればすぐに病院、耳鼻科で診察をして下さい。ストレスを溜めない事や精神状態を安定させる事が大切です。
めまいを落ち着かせる薬の投与や手術をおこないます。メニエール病が発症すると発症前の半分程度に聴力が低下すると言われています。
しかし薬の治療により9割くらいまで回復すると言われています。メニエール病での補聴器の使用は症状が安定してからにするのが大事です。

※当店は補聴器専門店です。診断や診察、治療はしておりません。症状の疑いがある時はすぐに耳鼻科へ行っていただきお医者様に診断してもらう事をお勧め致します。

補聴器はどんな物を使えばよいか?

メニエール病で聴力の低下がおこり補聴器の使用を考えているが一般的な補聴器で大丈夫なのか?
聴力にもよりますが一般的な補聴器の使用で大丈夫です。聴力によって補聴器の種類は選定されます。
ただし、メニエール病の特徴の一つに聴力の変動があります。ここが気を付けなければいけないポイントです。

メニエール病の症状を注意した上で補聴器を使用しなければいけません。

補聴器を選ぶ時に確認する事

ボリューム調整ができる補聴器がよい

聴力の変動に対応する為に音量を自分で調整できる補聴器にするのが大事です。
補聴器に使用できるリモコンなども合わせて持っておくと安心です。
この事を考えると扱いやすいのは耳かけ型の補聴器が扱いやすいです。
ただし、耳あな型でも音量調整はできますし、耳あな型の方が適している場合もありますのでよく相談して決める必要があります。

雑音抑制や突発音を防止できる性能の補聴器がよい

メニエール病の症状を踏まえた上で選ぶポイントに雑音を抑える機能や大きな衝撃音などを響かないように抑えれる機能がある補聴器がよいです。
大きな音などに過敏になってしまう傾向があるのでできる限り雑音や大きな音を抑えれる性能がよいです。

プログラム設定を幾つか選べる機種がよい

音量調整が出来るのと合わせてあるとよい機能にプログラム設定ができる補聴器にすると安心です。
プログラム設定でできるのは補聴器のデータ自体の音質、音量の調整をいくつか分けて補聴器に保存する事ができます。
ですので、いつもよりよく聞こえるという時に少し音量感を抑えたプログラムに切り替えるという事が可能です。
補聴器本体のプログラムスイッチでの切り替え、または専用のリモコンで切り替える事ができます。

補聴器の使用は無理をしないという事も大事です。体調が不安定な時などは使用を控えたりしましょう。
特に初めは慣らしていく事が大事なので疲れていたり、体調がすぐれない時は無理をしないようにしましょう。

補聴器を試聴やレンタルでお試ししてみませんか?

メニエール病での難聴と加齢などの難聴はまた違った症状となります。聴力の変動などもある為に調整も少し難しくなります。
補聴器を使用するのは必ず体調が安定してきた頃からにするのが大事です。補聴器を考えられている方におすすめするのが補聴器専門店での補聴器の試聴やレンタルです。購入前に自身の生活環境で補聴器を試しに使用する事ができます。大阪聞こえ補聴器のレンタルサービスは1週間500円でレンタルしています。片耳、両耳でも変わりません。レンタルする際は身分証明できる物を提示下さい。
大阪聞こえ補聴器では自宅や病院先にお伺いする主張訪問サービスもしておりますのでお気軽にご相談下さい。


東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応させていただきます。
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

メニエール病でお悩みの方の補聴器を選ぶ際に確認しておく事を紹介しました。
メニエール病は回転性のめまいや体調の変化や日々の聴力変化があります。
まずは必ず適切な治療を受ける事が大事です。補聴器を使用するのは体調や症状が安定してからが望ましいです。
難聴になったからとすぐに補聴器を使用するのは注意が必要です。補聴器を選ぶ時にはメニエール病の症状に適した性能を選ぶ事が大事です。
まずは補聴器専門店で聴力の測定や補聴器の試聴をしてみましょう。
お悩みの方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。あなたに合った補聴器を提案いたします。

補聴器のハウリングが気になる!そんな悩みの解決策!

補聴器から音が鳴るハウリングを気にされている方、そのような悩みを解決する方法!
補聴器をお使いの方の悩みになる事の一つにハウリングがあります。
このハウリング、最近の補聴器だとかなり改善されました。しかし、それでもハウリングはおこる事があります。
ハウリングの解決策として効果のある方法を幾つか紹介します。

ハウリングって何だろう?ハウリングの仕組み

補聴器からピーピー音が鳴っているのを聞いた事、もしくは経験した事がある方も多いんではないでしょうか?
このピーピー音がハウリングと呼ばれる現象です。どの様に起こっているのかを説明します。
ハウリングは補聴器から音が漏れ補聴器のイヤホンから出た音が補聴器のマイクに入ります。
その音が増幅されてイヤホンから出力されマイクがその音を拾うと同じ音を繰り返し増幅してしまいます。
これがハウリングの仕組みです。カラオケボックスやマイクなどの音量を大きくさせるスピーカーでも同じ現象が起こります。

ハウリングは補聴器使用者の誰もが悩むポイントです

補聴器を使用されている方の悩みの一つにハウリングがあります。電池を入れた状態で保管する際には必ず電池ドアを開けておく事が大事です。補聴器をオフにしていないとケース内でハウリングをおこします。ハウリングはピーピーと音が鳴ります。何かの障害物の近く、壁の横などに補聴器があると起こりやすいです。しかし、それ以外の場面でもハウリングしてしまう事があります。ハウリングは周りの人にもわかる音で鳴ります。
これは補聴器使用者にとってとても嫌な事です。周りの人に指摘されたりして恥ずかしいという気持ちや補聴器使用を隠している人はハウリングで使用しているのがわかってしまいます。実際にそのような経験をされた方がいます。ですのでそうなる前にハウリングに関しては事前にしっかりと予防する事が大事です。

ハウリングはどの様な時に起きるのか?

ハウリングが起きる原因には幾つか考えられる事があります。

耳に合っていない場合
しっかりと補聴器が耳あなに入っていない場合

これらが主なハウリングの原因として考えられます。

補聴器の種類とハウリングの関係

補聴器の種類によってハウリングの有無も変わるのか?種類で言えば耳かけ型より耳あな型の補聴器にするとハウリングのリスクは減ります。

耳あな型は耳の型を採るので耳あなにしっかり収まります。耳かけ型は既成耳栓の場合にハウリングがおきる可能性が考えられます。

しかし耳かけ型補聴器でも耳栓を耳型に合わせたオーダーメイドにする事が可能です。その他、最近の補聴器はハウリング抑制に優れている物が多く、既成耳栓を使用してもハウリングはかなり改善されてきました。

ハウリングの解決策について

ハウリングの解決策なのですが、基本的に本人で解決するのは無理です。

補聴器専門店にてハウリングは対処します。ハウリングの解決策ですがケースごとに説明します。

耳に合っていない場合

耳に合っていない場合というのは耳に入れると痛い、ゆるいなど耳の形状に補聴器が合っていない状態です。この様な場合の解決策ですが耳かけ型なら耳の型を採ってイヤモールドを作製します。既成の耳栓だと上手く耳あなに入らず隙間ができてハウリングします。耳型を採取してオーダーメイドの耳栓を作製するとしっかり耳あなに入るので隙間ができる事もなくなりハウリングしなくなります。

耳あな型補聴器の場合は耳あなに合わなくなっているので補聴器自体の型を採り直して再作するという方法をとります。

耳あなも病気をされたり、年齢を重ねる事で形状が変わります。ですので耳の型を採って作ったオーダーメイド補聴器でも耳に合わないという事がありえます。新規で作った場合でも形状に手を加えないとハウリングする場合があります。その時も状態をみて再作をしてもらいます。

うまく耳あなに入っていない場合

耳あなに入っていない場合というのはしっかり補聴器が耳あなに入れれていないという事です。

耳あなにしっかり入っていないと隙間ができてハウリングします。これは補聴器専門店にて補聴器の扱いをもう一度復習する事で解決します。

その後もうまく扱えない場合は補聴器の種類を変更するなどの必要があります。

この二つの原因以外でもハウリングがある場合は音量の調整をやり直す必要などがあります。いずれも補聴器専門店にて対応する事となります。

他にも調整をする事で解決する事もあります。ハウリングは補聴器専門店で対応してもらいましょう。

イヤモールド耳栓、補聴器の耳型採取に関しては大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい

大阪聞こえ補聴器では耳型採取もしっかりと対応させて頂きます!イヤモールド耳栓の製作、耳あな型補聴器製作に必要な耳型は大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい。耳型採取に優れたスタッフが在籍していますのでご安心下さい。補聴器の調整に関してもしっかり対応いたします。

まとめ

気になる補聴器のハウリングの解決策について紹介しました。補聴器のハウリングには原因があります。

多くの原因が耳に合っていない、うまく耳あなに入れれていないなどです。あとは音質の調整の問題も考えられます。いずれも補聴器専門店にて解決できる事になります。主なハウリングの解決策は耳かけ型補聴器なら耳栓、耳あな型補聴器なら補聴器本体の再作をする事で解決する事が多いです。ハウリングがおきて困っている、改善したいという方は一度大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。一番有効な解決策を提案させていただきます。