クロス補聴器のおすすめ!【選び方がわかる】

クロス補聴器でおすすめを選ぶ方法を教えます!片耳難聴で聞こえに困っている方が多いです。片耳の難聴に効果的な補聴器があります。それはクロス補聴器と言います。効果は難聴のある側の音声をクロス補聴器で拾い聞こえる耳に着けた補聴器に送信する仕組みとなっています。そんな一側性難聴に効果があるフォナック社のクロス補聴器の選び方をまとめました。

片耳難聴でお悩みの方が多いです

片耳難聴は両耳が難聴の方に比べ理解を得られづらいです。片耳は聞こえるので聞こえる時もあれば聞こえない時もある。ですので無視をしているなど勘違いを生む事があります。日常的な会話も聞こえの程度によれば聞きとる事が困難になります。特に騒がしい場所での会話は聞こえのいい人でも聞きにくい事があるので片耳難聴の人はより聞きとりが困難になります。仕事をされている若い方、学生の方は特にその様な環境に身を置いているので悩みも増えてストレスにもなります。一般的な補聴器では改善する事が難しい事が多いです。片耳難聴と補聴器について

補聴器の選び方がわからなく効果の無い補聴器を購入してしまわない為に補聴器を選ぶ際は補聴器専門店で相談しましょう。

片耳難聴になる原因

片耳難聴になる原因は様々です。片耳難聴の主な3つの原因を紹介します。

突発性難聴

今回紹介する難聴の中でも一番有名な難聴です。芸能人にも多く発症された方がいらっしゃいます。発症の原因は不明とされています。突発性難聴は発症した時自分でわかると言われています。1週間以内にしっかり治療を行う事で改善される事があると言われていますが、治らずに難聴が残る事もあります。最近では原因はストレスやウイルス、血液の循環が悪くなる事でおこるのではないかと言われています。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

ムンプスウイルスが内耳に感染する事で発症する難聴。おたふく風邪にかかりその影響で難聴になります。それがムンプス難聴です。難聴の程度は高度以上になる事が多くて大抵が音声に反応する事ができない状態になります。片耳だけに発症することが多く、2歳児~15歳の子どもに多く発症する事が多いですが成人してもおこる難聴です。妊娠中に母親がおたふく風邪にかかりそれが原因で生まれつきに難聴になる事があります。

先天性難聴(生まれつきの難聴)

生まれつき難聴になる先天性難聴と呼ばれる難聴。先天性難聴は先天性と後天性に分かれます。遺伝子の突然変異やご両親の遺伝で難聴になった場合におこるのは先天性。妊娠中にウイルス感染した時に難聴を引き起こした場合は後天性になります。

片耳難聴に効果があるのがクロス補聴器です!

片耳難聴にお悩みの方に試していただきたい補聴器があります。それはクロス補聴器といいます。クロス補聴器の仕組みを簡単に紹介します。クロス補聴器は送信機の役割りをしています。クロス補聴器は一般的な補聴器と一緒に使う事で効果があります。ですので使用時はクロス補聴器と補聴器、両耳での使用となります。クロス補聴器を難聴のある耳に着け、補聴器を聞こえる耳に着けます。難聴側に着けたクロス補聴器に入った音声を補聴器に送信します。難聴側に入った音声を聞こえる耳に着けた補聴器に送信するという仕組みです。ですので片耳難聴であってもクロス補聴器を使用する事で難聴側の音声を聞きとる事ができます。

クロス補聴器はこの様な方におすすめです

突発性難聴などにより片耳の聴力を失った方
聴力が左右で差があり補聴器で補うのが難しい方
生まれつき片耳が難聴の方

他にも片耳の聴力が悪くて、もう片側の耳の聞こえも悪いという方にもクロス補聴器は有効です。

クロス補聴器の効果、性能や使う環境

クロス補聴器は生活する中で使用してもらうと効果的です。性能も雑音を抑える働きやピーピー音が鳴るハウリングを抑える機能もあります。騒がしい環境でも会話の聞きとり、仕事の大事な会議、学校の授業などの聞きとりも改善されるでしょう。しかし、音の方向性を感じ取る事が難しいです。片耳に音声が集中するので方向感覚がわかりづらいです。後、一般的な補聴器と比べ電池の消耗が早くなります。(常に補聴器が通信をする為)

クロス補聴器の種類について

クロス補聴器の種類について紹介します。クロス補聴器には耳にかける耳かけ形、耳あなに入れる耳あな型の二種類あります。耳かけ形(RICタイプ)と耳あな型では特徴が異なります。

クロス補聴器のメーカーや価格について

クロス補聴器を取り扱うメーカーや価格帯を紹介します。クロス補聴器を販売している補聴器メーカーはフォナック、シーメンス・シグニア、ワイデックスになります。補聴器メーカーによって対応する補聴器の機種が決められています。クロス補聴器の性能、仕組みは各メーカーほぼ同じになります。メーカーにより音質の違いがあったり、調整方法が異なります。お値段はシーメンス・シグニア、ワイデックスが共に形状はRICタイプのみで97200円(税込み)。フォナックのみシリーズや形状により価格帯に違いがあり、クエストシリーズのRICタイプが91800円(税込み)、耳あな型が118800円(税込み)。ベンチャーシリーズのRICタイプが97200円(税込み)、耳あな型が124200円(税込み)になります。

大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器をおすすめし、メインで取り扱っています!

クロス補聴器を使用した方の感想

当店、大阪聞こえ補聴器ではフォナックのクロス補聴器を多く販売しています。その中でクロス補聴器を使用した方の感想、購入した決め手や使ってみてどうなのか?クロス補聴器を使用する上でのデメリットやメリットを偽り無く書いて頂きました。何名かのクロス補聴器の感想をまとめましたので紹介します。

大阪聞こえ補聴器ではクロス補聴器のモニターキャンペーンやレンタルサービスをしています!

クロス補聴器をお考えの方に耳よりなおすすめ情報です!大阪聞こえ補聴器では片耳難聴でお困りの方にフォナックのクロス補聴器をお得に購入していただけるクロス補聴器モニターキャンペーンを実施中です!キャンペーンの概要はクロス補聴器を購入された際に使用時の感想など、クロス補聴器の調整に役立てる為に使用された方の声をお聞かせいただいています。

サービスの内容はこちら
  • クロス補聴器モニター価格10% off
  • 電池20パック 25,920円分プレゼント
  • V50以上の商品はD-DRY乾燥機をプレゼント

クロス補聴器を一度試してみたいという方にはクロス補聴器のレンタルをやっております。一週間500円になります。レンタルの際には身分証明ができる物が必要となります。数に限りがあるのでレンタル希望の方は事前にご予約をお願いします。

クロス補聴器を購入するまでの流れ

カウンセリング

まずは片耳難聴になった経緯や補聴器をする上での希望(形や性能、予算)をお聞きします。耳鼻科で治療中か、補聴器の経験があるかないかも補聴器を選ぶ上で大事です。突発性難聴やムンプス難聴の場合は補聴器専門店に行く前に必ず耳鼻科を受診、治療を受けましょう。


聴力測定

相談をお聞きした後は聴力の測定をします。補聴器を合わせていく上で必ず必要となりますので測定をさせていただいています。補聴器専門店でおこなう聴力測定は耳鼻科でおこなう検査とは異なり難聴の診断はできませんのでご理解下さい。気導聴力、骨導聴力、語音を測定します。


試聴、レンタル

聴力の測定が終われば補聴器の試聴をしていただけます。お測りした聴力を元に補聴器を調整します。クロス補聴器を調整する際に重要なのがクロスのバランスです。防音室ではわかりづらいので外に出て試聴してもらいます。クロス補聴器を着けている時、着けていない時の聞こえ方をすぐに実感していただけます。試聴をして試してみたいという方はクロス補聴器をレンタルいたします。補聴器のレンタルは1週間500円です。生活環境の中で使う事が出来るのでより補聴器の効果がわかります。


補聴器の効果を測定

試聴した後はクロス補聴器の効果を測定します。補聴器を着けた状態で言葉の聞きとりを測定します。


納品、アフターケア

補聴器が必要となり、形状や性能を決めたら購入です。耳あな型補聴器は耳の型をおとりします。耳あな型補聴器は約1週間ほどで出来上がり、お渡しする事ができます。納品時は補聴器に聴力データを入れて調整をします。補聴器の使い方、手入れの方法を説明します。補聴器をお渡しした後は生活の中で聞こえる楽しさを実感して下さい。お渡し後の補聴器の点検や調整もとても大事です。問題が無くても定期的に補聴器の点検をおこなう事で安心してお使いできます。大阪聞こえ補聴器でも購入後のアフターケアをしっかりおこなっています。点検のご案内もお送りしています。

まとめ

クロス補聴器のおすすめについて。メーカーや種類について紹介しました。クロス補聴器はまだ登場して古くなく認知度も低い補聴器です。取扱い店もまだ少ないのが現状です。クロス補聴器は片耳難聴の方の手助けとなるでしょう。一度着ければほとんどの方が効果を実感できます。まずは試聴をして効果を体験してみて下さい。クロス補聴器はある程度慣らす事も大切です。初めから完璧な聞こえというのは中々難しいですので焦らずにお試し下さい。片耳難聴でお悩みの方は大阪聞こえ補聴器にご相談下さい。聞こえの悩みを解消しませんか?

補聴器のオススメのメーカーを教えます【失敗したくない方必見!】

補聴器でオススメなメーカーの選び方をお教えします。耳の聴こえ方、デザイン、形、性能、値段は人によって様々です。「あなたに合った補聴器はコレです」とすぐには判断は出来ません。失敗しない補聴器を購入する為にもあなたに合った補聴器の選び方をご説明します。

補聴器のメーカーは沢山あるのでどれにすればよいか悩みますよね

補聴器を購入する際にまず補聴器のメーカー選びが大切です。補聴器のメーカーって沢山ありますよね。(フォナック、シーメンス・シグニア、ベルトーン、GNリサウンド、リオネット、ワイデックス、スターキー、ユニトロン、オーティコンなどなど)一体どのメーカーが一番性能がいいのか?一番聞こえるメーカーはどこなのか?など気になりますよね。メーカーにもそれぞれ特徴がありますから余計に迷ってしまいます。初めてで何もわからない方が決める参考となるのは有名なメーカーだから、知人のおすすめ、インターネットでの評判になるのではないでしょうか?

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器、どっちにすればいいかわからない

補聴器の形状もどちらがいいのか分からない、という方が多いかと思います。補聴器の形状は耳の聞こえ方、耳の状態、聴力の状態、手先の器用さなどで、機種選定する形状やメーカーなどは変わります。よく補聴器専門店でお客様の希望と予算と耳の状態や生活背景など説明してから相談する事をオススメします。

耳あな型補聴器と耳かけ形補聴器の違いについて詳しくはこちら

補聴器のメーカーを選ぶのに正しい選び方を紹介します

初めに説明すると補聴器のメーカーは沢山ありますが根本的な補聴器の性能はどのメーカーもそこまで違いはありません。今の補聴器は雑音を抑える機能やハウリングというピーピーとする音漏れを防止する機能など数年前はよくトラブルになった問題はほぼ標準で装備されております。ですので初めて補聴器を購入される方はそこまでメーカー選びに拘らなくても大丈夫です。

メーカーにより違うのは音の入れ方の量や計算式などです。各補聴器メーカーによって計算式や音質が違うのでそこだけご自身に合うメーカーを選べば良いです。

他にも音を抑制する機能の働き方、それ以外の機能も異なる箇所があります。補聴器の経験がある方は今使用中のメーカーと同じにするのも良いと思いますし、別のメーカーを聞き比べるのも良いと思います。現在使用しているメーカーで満足しているのであれば使用中の補聴器と同メーカーだと割と馴染みやすいです。他メーカーにすると音質の違いで多少は慣れにくい事があります。しかしその逆の可能性もあります。ですのですぐに購入するのではなく初めに試聴やレンタルをする事をオススメします!勿論初めての方も補聴器がどの様な物かを知る為に試聴、レンタルをするのが良いです。自分にあった補聴器は試聴をする事が大事です!

補聴器のメーカーの違いについて詳しくはこちら

自分に合う補聴器メーカーを見つけよう

自分に合う補聴器、メーカーを選ぶには購入するお店が非常に重要となります。補聴器のメーカーでオススメをお探しの方は通信販売などの安物の補聴器は購入しない方が良いでしょう。通信販売は対面販売とは違い現物もわからずネットの口コミの評価などを見て決める事しかできません。通信販売で取扱う補聴器は音質調整は出来ませんし、性能自体がお客様の難聴にはあまり向いていないことが多いです。

ただし通信販売の補聴器は既製品で安いのでどうしても皆さん買ってしまうということが多いです。補聴器専門店としてはまずオススメはしません!!

通信販売の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについて詳しくはこちら

オススメのメーカーを選ぶには認定補聴器専門店に行く事が大事です!認定補聴器専門店には幾つかのメーカーの取り扱いがあり、性能も良い物が多いです。価格は片耳約5万円から約50万円ほどと通信販売で売られている補聴器と比べると高額になりますがその分性能が優れています。優れている所は聞こえに合った補聴器の調整も可能ですので聴力が変化した際にも対応する事ができます。その他に環境の合わせた細かな音質の調整も可能です。通信販売で買える既製の補聴器にはこの様な機能はありません。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。取り扱いメーカーもベルトーン、フォナック、シーメンスシグニア、GNリサウンド、ユニトロン、いずれも優秀な補聴器メーカーです。まずはご相談、聴力の測定、試聴、貸し出し(レンタル)もしています。認定補聴器技能者があなたに合う補聴器を提案いたします!

補聴器を購入する流れ

カウンセリング

初めに難聴になった経緯、どの様な事でお困りか、補聴器の予算や希望する性能、形などをお聞かせ下さい。話しを聞く事で補聴器のメーカーや形状を選ぶ大事な情報となります。


聴力測定

聴力の測定をします。耳の聞こえ方がわからなければ補聴器を合わす事もできません。ですので必ず聴力の測定をします。補聴器専門店で行うのは耳鼻科で行う聴力検査とは違い補聴器を調整する際に必要な聴力の測定となります。難聴の診断はしておりません。


試聴とレンタル

補聴器を試聴してみましょう。聴力の測定が終われば実際に補聴器の試聴をしてみましょう。実際の補聴器の聞こえ方がわかります。外に出てみて少し騒がしい場所で聞くとより補聴器の効果がわかりやすいです。

試聴してみて補聴器を使ってみたいという方には補聴器の貸し出しをオススメします。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器レンタルしています。身分証明できる免許書、または保険証を持参下さい。


補聴器の装用効果

補聴器を着けた時と着けていない時の装用効果の測定をいたします。


納品からアフターケア

補聴器の性能、聞こえ方がわかり生活に必要となれば補聴器購入となります。耳あな型補聴器の場合は耳の型をとりオーダーします。補聴器は耳かけ形で在庫があれば即日お渡しが可能です。耳あな型補聴器であれば一からお作りするので約1週間ほどお待ちいただく事となります。店に補聴器が届けば補聴器の調整、使い方の説明をして納品いたします。補聴器は購入後のアフターケアが大事です。補聴器は点検や調整など購入後も必要となります。購入後のアフターケアを受けれる販売店で購入すると安心です。大阪聞こえ補聴器では購入後のアフターケアもしっかり対応致します!

訪問や出張サービスもいたします!

便利な出張訪問サービスがあります!

ご来店が難しい方にはご自宅、病院や施設などに伺う事ができる出張訪問サービスを実施しています。専門スタッフが親身に対応致します。出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

補聴器のオススメのメーカーを選ぶ方法を紹介しました。補聴器のメーカーはどのメーカーも音質の違いや調整方法に違いがありますが根本的な性能はそこまで違いがありません。ですので初めての方にはそこまで重要ではありません。ただし各メーカによって好みの音質はあると思います。補聴器の経験のある方、使用中の方でメーカーにお悩みの方は使用中の補聴器メーカーと他社メーカーを聞き比べてみて選んで下さい。ネット社会なので色々と情報はありますがいい評判だけに流されず、自分に合う補聴器を選んで下さい。通信販売などの既製品の補聴器は専門店ではオススメしません。補聴器を買うには補聴器専門店でキチンと相談をして試聴をしてから買うのが一番です。

補聴器の選び方で大切なことは
  1. 難聴の悩み
  2. 価格
  3. デザインや形
  4. 試聴

このことを販売店のスタッフに聞いてもらい、ご自身が得心できる補聴器を選ぶことです。

補聴器のメーカーに悩んだらまずは補聴器専門店にご相談下さい。大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。補聴器のメーカーでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。耳に合う補聴器で快適な日々を過ごしましょう。

補聴器のオススメな店の選び方【優良専門店のポイント!】

補聴器を買う時にオススメの店を選ぶポイントについて。補聴器のお店を選ぶなら認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店がオススメです。  補聴器の知識と経験のある販売員、耳鼻科との連携も取れているので安心できます。補聴器購入にオススメなお店選びをお教えします。

補聴器をどこで買えばいいのかわからない

補聴器を買おうと思っても売っている店が多くてどこで買ったらいいのかわからない!そんな方も多いかと思います。今どきインターネットの通販などでも購入する事もできる補聴器。補聴器を売っているお店はメガネ店、補聴器専門店、百貨店、電気店など様々です。色々お店がある中、補聴器を買う時に一体どのお店を利用するのがオススメなのでしょうか?

購入する店により扱う補聴器の種類が違います

補聴器には多くの種類がありメーカーもあります。買う店により勿論取り扱う補聴器も変わります。その中で注意しなければならないのが同じ補聴器という名前だけで判断してしまうという事です。補聴器という名前であっても音質を聞こえに合わす事ができる物とできない物があるんです。ここを選び間違えると難聴の方であれば着けても効果がない物を買ってしまう恐れがあります。よく通信販売などで売られている補聴器は値段もリーズナブル(1万円以下から6万円ほど)です。購入の手段も自宅で買う事ができるのでとても簡単です。しかしその分売られている補聴器は聞こえに合わす事ができない物となります。聞こえに合わす事ができないというのは補聴器の聞こえる幅が予め決まっていて音の増幅は出来るが聴力に合わした補聴器の調整が出来ないという事です。そうなると聴力は人それぞれ違うので効果が出る人と出ない人が出てきます。効果が出なければ買っても意味がありませんよね。通信販売は安く買えるが対面販売では無い為、補聴器がどんな物のなのか説明を見るだけでしかわかりません。正直素人が見ても詳しい内容まではわからないですよね。通信販売で売られている補聴器は集音器に近いです。ですので難聴がある方にはあまりオススメできない、一般大衆向けの物がメインです。この事をよく理解して補聴器を買わなければ失敗してしまうんです。

集音器と補聴器の性能の違い(専門店の補聴器と通信販売の補聴器の違い)について

補聴器の店を探すなら認定補聴器専門店がオススメです

補聴器を買う店の決め手となるのはズバリ!補聴器専門店であるかどうかです。補聴器専門店というのは認定補聴器専門店の事です。認定補聴器専門店というのは公益財団法人テクノエイド協会が補聴器販売店からの認定申請に基づき、その店舗の補聴器販売事業が、 補聴器の適正な販売を行うために遵守すべきものとして定めている「認定補聴器専門店業務運営基準」に適合して行われていると認定し、 当協会の認定補聴器専門店登録簿に登録し、認定証書を交付している補聴器販売店です。この運営基準は、補聴器関係各分野の有識者によって構成されている補聴器協議会の議を経て定められており、又、認定補聴器専門店の認定は、 補聴器協議会の答申に基づいて行っております。(テクノエイド協会HP内より)認定補聴器専門店には補聴器の知識と調整技術に優れた資格を持つ認定補聴器技能者が在籍しています。売られている補聴器も通信販売の物とは違いひとりひとりの聴力に合わす事のできる性能のいい補聴器を取り扱っています。価格帯は片耳で約5万円から50万円まであります。メガネ店や電気店にも補聴器専門店と同じ補聴器は売っていますが補聴器は聴力に合わす調整技術が非常に重要です。調整が上手く出来ていなければ性能が良い補聴器を買っても効果を十分発揮できていない可能性があります。その為補聴器を買う店を選ぶなら認定補聴器技能者がいる補聴器専門店がオススメなのです。認定補聴器専門店の多くは耳鼻科との連携も取れている為に安心できます。

このマークが目印です!



認定補聴器技能者

認定補聴器専門店を探すには耳鼻科からの紹介やインターネットで探されるのが確実です。全国の認定補聴器専門店を探せるページもありますので利用してみて下さい。当店、大阪聞こえ補聴器も認定補聴器専門店です。

補聴器の性能と安心できるサービスがある、信頼できる店で買う事が大事です!


認定補聴器専門店で補聴器を購入する流れ

まずは問診、相談をします。どのような経緯で難聴になったのか、お困りになっている事、補聴器購入の予算などをお聞きします。


聴力の測定を行います。あくまでも耳鼻科などでの聴力検査とは違い、補聴器を合わせる為の測定となります。ですのでここでは難聴の診断などは行いません。気導聴力(鼓膜の聞こえ方)骨導聴力(神経の聞きとり)語音測定(ことばの聞きとり)を測定します。


測定した聴力のデータを元に補聴器を合わせ、試聴をしていただきます。ここで補聴器がどの様な物なのかがわかります。実際に補聴器を着けてどれだけ聞こえ方が変わるのかを実感する事ができます。補聴器を着けた時、着けていない時の言葉の聞きとりを測定します。通信販売の補聴器と違い、補聴器の効果をしっかり確認する事ができます。


すぐに決めれないけど補聴器を使ってみようかな?と感じられた方は補聴器のレンタルを致します。実生活の中で補聴器を使用して補聴器の購入を考える事ができます。補聴器がどの様な物なのかがわかった上で購入できるのでオススメです。大阪聞こえ補聴器では1週間500円でレンタルしています。レンタルに必要なのは身分証明ができる物だけです。補聴器が必要では無いと感じたり予算の都合で見送りになっても問題ありません。レンタルをしたから必ず購入しなければならないという訳ではないので安心してご利用下さい。


補聴器を購入しよう!となった方は機種の選定です。補聴器を買うとなると予算の問題もありますしメーカーや補聴器の形状、機種を選ばなければいけません。補聴器には耳にかける耳かけ形補聴器、耳あなの型をとって作るオーダーメイドの耳あな型補聴器が主な物となります。着けられる方の好みにもなりますし、聴力や耳の状態にもこの形状選びは大きく関わります。ご自身の予算の中でこういった機種や形状を選ぶ際も知識のある販売員がオススメを説明してくれたりアドバイスしてくれるので安心です。自分ひとりで補聴器を買うのと専門の人に相談するのでは専門の人に見てもらった方が何に関しても安心できますよね。補聴器が決まれば注文をします。


注文した補聴器が店に届いたら納品です。補聴器を合わせてから補聴器の使い方など大事な内容を説明します。今日から補聴器で不便に感じていた悩みが減るでしょう。そして補聴器は買ってお終いではありません。定期的な点検や調整などアフターケアが非常に重要です。補聴器を買ってからもお気軽に点検や調整にお越し下さい。大阪聞こえ補聴器ではあまり調整、点検をされていない方にも6ヶ月と2年の点検案内をお知らせして実施しています。

補聴器専門店で買うメリットやデメリット

メリット
  • 認定補聴器技能者が補聴器の調整、点検するので安心できる
  • アフターケアなど補聴器購入後も気軽に調整、点検できる
  • 耳の事で何かあれば耳鼻科の紹介など連携が取れているので安心できる
  • 補聴器故障、紛失の際もしっかり対応してもらえる
デメリット
  • お店に足を運ばなければならない
  • 調整や点検などする際に時間が必要
  • 補聴器の値段が高額

大阪聞こえ補聴器では店舗に出向くのが難しい方の為にオススメな出張訪問サービスを実施しています。お年寄りの方、施設や病院のご訪問も可能です!出張訪問サービスについて

まとめ

補聴器を買う際にオススメな店の選び方について説明しました。オススメなのは認定補聴器専門店です。資格を持った認定補聴器技能者が在籍しているので補聴器の調整も安心できます。売られている補聴器も高額にはなりますが雑音を抑える機能やピーピー音がするハウリングもほとんどありません。聴力に合わせた調整をする事ができる性能の良い補聴器を取り扱っています。買う時の手間や値段だけで補聴器を選んでしまうと失敗してしまいます。しっかり性能の違いを理解した上でお選び下さい。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者は4名在籍していますので補聴器のご相談はお気軽にご連絡下さい。信頼できるお店で自分に合う補聴器をお選び下さい。聞こえる生活でより快適な日々を送りましょう。

補聴器の最安値のセールを開催【年末年始のお正月バーゲン!!】

補聴器を最安値でセール価格で販売するお正月セールを12月1日より来年の1月30日まで開催いたします。年末年始のスペシャルなセールです。目玉商品から奉仕価格の補聴器まで最安値で限定商品をご用意しております。皆さまのご来店心よりお待ちしております。

年末年始ですから通常では販売できない破格な値段で!

大阪聞こえ補聴器では年末年始のお客様にドドーンと最安値で補聴器を販売いたします。

通常では販売できない価格で補聴器をお届けいたしますので、是非ともこの機会にご検討ください。

大阪聞こえ補聴器では特別奉仕品や限定商品もご用意しております。

今話題の充電式補聴器シーメンスCellion(セリオン)Primax(プライマックス)2pxも用意しております。

なぜ年末年始に安くするのか!?

 

年末年始は家族や親せきが集まり、皆さんで一年の終わりと、来年の始まりを祝う縁起の良い月です。

そんなおめでたい席でふとおじいちゃん、おばあちゃんが耳が遠くなっていることに気づかれることありませんか?

一人だけ家族団らんの席で会話に入れない、紅白歌合戦や年末年始の特番のテレビの内容がわからない。

おじいちゃん、おばあちゃんの難聴をどうにかしてあげたい思いがある家族の方のご希望にお応えしてお正月セールを開催いたします。

特別奉仕品は下記のとおりです

 

今話題の充電式が20万円をきる価格で選べます。

目立ちにくいRICタイプの耳かけ式です。充電方法は差し込むだけの非接点式なので差し込んでいたのに充電ができていないという心配がありません。

ピーピーするハウリング音も心配ありません。テレビオプションが使用できるので周りに気にせず聞きやすい音量で聞くことができます。防塵防水のIP68を取得しているので故障も非常にしにくくなりました。セリオンの充電式おすすめですよ。

 

Beltoneの耳穴型のご紹介です。

この価格帯ながらも基本性能はきっちり。耳穴型でもリモコンやテレビリンクの機能が使えます。耳穴型が欲しいけれども両耳にすると高くて買えなかったという方や以前から耳穴型をお使いの方の買い替えにもおすすめです。

 

 

Beltoneの耳かけ型Origin2のご紹介です。

今まで集音器などを使っていたけれども安くてもちゃんと聴力に合わせた補聴器を使いたい。そんな方にお勧めです。

プログラムボタンの切り替えで指向性に切り替わるので騒がしい場所でも快適に聞くことができます。ボリュームの調整も簡単に操作ができますよ。5万円をきる価格でこの性能非常にお買い得です。

 

 

最近高齢の家族の方が会話がしづらくなって補聴器をさがしているそんな方にお勧めです。耳にかけたりする操作が難しいかたでもポケット型ならイヤホンを耳に入れるだけ難しい調整も必要ありません。電池も手に入りやすい単四電池を使用。カラーも好みにあわせてお選びいただけます。どなたでもお使いいただけるのでプレゼントにもピッタリです。

 

 

 

シーメンスシグニア匠フェアを開催【補聴器のフィット感の解決します!】

シーメンスシグニアの匠フェアを12月13日(水)、14日(木)の2日間で開催いたします。
補聴器の事に精通したシーメンスシグニア補聴器の職人「匠」による補聴器のスペシャル点検です!
大阪聞こえ補聴器だけの独占催しです!フィット感が合わない、耳が痛くなる、ピーピと音が漏れる、など物理的な問題で補聴器が合わない方、あなたの補聴器を無料で点検いたしますよ。

スペシャル点検!匠フェアとは?

シーメンスシグニアの匠フェアとはどのような催しなのでしょうか?
シーメンスシグニアの匠フェアとは補聴器の事に精通したシーメンス補聴器の職人によるスペシャル点検です!
お手持ちの補聴器をプロだからこそできる技術で修繕、クリーニングいたします。
普通の販売店スタッフによる点検作業は細かくするのにも限界があります。
今回は補聴器の修理などをおこなっている職人による点検ですので大変満足していただけると思います!

人数に限りがあります、限定20名様までになります。

完全予約制ですのでご注意下さい!お一人様約30分を予定しております。

どのような方が対象なのか?

今回開催される極みフェアですがどのような方が対象なのか?
対象になる方は補聴器を使用されている方なら誰でも対象となります!
例えば他店で購入した補聴器、シーメンス補聴器(シグニア)以外の補聴器メーカーでも大丈夫ですよ!
耳穴型、耳かけ形、補聴器であればすべて点検いたします!
ですのでより補聴器を細かく点検してもらいたいという方や補聴器の着け心地が気になる方でしたら誰でも対象です!

特にこの様な悩みがある方はこの機会にいかがでしょうか?
  1. 耳穴型補聴器、イヤモールドの着けた感じが気になる方(当たって痛いなど)
  2. 使用中の補聴器の動作確認が気になる方
  3. より細かいクリーニングを希望する方
  4. 補聴器のヒビ割れなどが気になる方

クリーニング、動作確認など丁寧に対応します!

極みフェアではどの様な事をしてもらえるのか?
シーメンス補聴器の職人が補聴器を修繕する道具などをすべて用意していますのである程度の修繕が可能です!
例えば耳穴型補聴器の場合、着けていて痛くなるなどでお困りの方は補聴器本体を削ったりする事ができます。
削る事により当たっている部分を軽減する事などが可能です。
他にも補聴器ヒビ割れなども埋めたりして直す事が出来ます。そしてなんとすべて無料です!
しかし補聴器の状態にもよりますがその場での修繕が難しい場合があります。
中の機械が壊れているなどその場合はメーカーに修理を出さなければいけない事もありますのであらかじめご了承下さい。
シーメンス補聴器の職人による補聴器のスペシャル点検をこの機会にお試し下さい。

極みフェア予約受付時間のご案内

極みフェアの受付時間のお知らせです。

12月13日(水)の受付時間は10時から17時までになります。
12月14日(木)は10時から17時までの受付けになります。
お一人様約30分のお時間を予定しております。
ご希望の方はお電話、メール、FAXにてご連絡下さい。
当日のご予約でも大丈夫です。

お問い合わせ

大阪聞こえ補聴器

電話   06-6245-0330

FAX   06-6245-8705

MAil   info@seiseido.co.jp

職人のプロの技術を体験して下さい!

12月13日(水)と14日(木)は大阪聞こえ補聴器では極みフェアを開催します!
シーメンス補聴器の職人、匠による補聴器の無料スペシャル点検です!
限定20名様の完全予約制になりますのでご注意下さい。
補聴器の事に精通したプロが一人ひとり丁寧に対応いたします!
匠フェアのご予約はお気軽にお電話、メール、FAXにてお願いいたします。
ご使用の補聴器の気になる箇所など、この機会に是非スペシャル点検を試してみてはいかがでしょうか?

補聴器が耳あなに合わない方に朗報【痛みも解消】

補聴器をして耳あなに合わない、着けると痛いなどお困りの方におすすめの情報です。大阪聞こえ補聴器ではシーメンス・シグニアの技術者を招いて補聴器の点検、加工をその場で行う匠フェアを開催致します。12月13日、14日の2日間開催致します。耳あな型補聴器やイヤモールドをお持ちの方でお悩みのある方すべて対象となります!

補聴器を作ったけど耳に合っていないかもしれない

耳の型をとってオーダーメイドで補聴器を作ったけど耳に合っていない、着けると痛い、ピーピー音漏れがする。そんな悩みがある方も多いかと思います。耳の形状で作った補聴器でもこの様な事がある場合があります。補聴器が耳に合っていない、痛い、ピーピー音(ハウリング)すると補聴器が煩わしくもなりますし、補聴器を着けるのがストレスにもなります。この様な場合には購入した販売店で対応してもらいます。

この様な悩みはありませんか?

  • 耳あなに合っていない、ゆるい
  • 耳あなに入れると痛い
  • 耳あなに入れてるのにピーピー音漏れ(ハウリング)する

オーダーメイドで作ってもこれでは着けれないですよね。

補聴器のプロの技術者が悩みを解消します

補聴器のそんな悩みにお答えするのが補聴器メーカーの技術者です。補聴器専門店でもイヤーモールドの加工、修繕を行ったりもしますが、メーカーの技術者に対応してもらうと尚安心です。大阪聞こえ補聴器では補聴器メーカーのシーメンス・シグニアの技術者をお招きしてみなさんの補聴器の点検、加工、修繕をその場で対応させて頂く催しを開催致します。それが匠フェアです。12月13日、14日の2日間開催致します。二日間で先着20名様の完全予約制です。シーメンス・シグニアの補聴器の技術者、匠が一人一人丁寧に対応致します。補聴器に確かな知識と技術がある匠が対応するのでみなさんに満足して頂けるでしょう。大阪聞こえ補聴器の匠フェアは補聴器の着け心地に悩みがある方が対象です。着け心地に悩みがある方以外に補聴器を綺麗にクリーニングしてもらいたい、点検して欲しい方も対象となります。

匠フェアで出来る事
  • 耳あな型補聴器、イヤモールドのシェルを削る
  • シェルを盛る(ヒビや欠けている箇所)
  • 補聴器の取り出しテグスが千切れているのを治す
  • クリーニング、点検

場合によりその場で修繕出来ない事もありますのでご了承下さい。

匠フェアは大阪聞こえ補聴器で毎年開催しており大変好評頂いております。今年もシーメンス・シグニアの匠を招いて開催が決定しました。この機会に是非ご利用下さい。匠フェアは毎年沢山のお客様にご利用いただいています。先着20名様の完全予約制となっていますのでご希望のお客様は事前にご予約をお願いします。

匠フェア開催場所のお知らせ

開催場所 大阪聞こえ補聴器

住所 〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-6-2 ケンガンビル4F

開催時間 朝10時から17時まで(二日間20名の完全予約制)

開催日 2017年12月13日、14日 10時~17時まで

電話 06-6245-0330

匠フェアは誰でも対象!

他店で購入された補聴器でもOK!
完全予約制(20名様限定)

大阪聞こえ補聴器の匠フェアは誰でも対象となります。シーメンス・シグニアの補聴器以外をお使いの方、他店で購入された方でも大丈夫です!補聴器の修繕、点検、クリーングをご希望なら大阪聞こえ補聴器の匠フェアを是非ご利用下さい。気になる匠フェアの利用金額ですが、すべて無料となります!その他補聴器の調整などご希望の方は当店のスタッフも対応させて頂きます。

補聴器の修理とは異なります

匠フェアは補聴器の修理とは異なるのでご注意下さい。補聴器の音が出ない、電源が入らないなどその場で対応できない故障はお受けする事ができません。その場合、メーカー修理となりますので別途費用がかかります。メーカー修理の場合は当日のお渡しも出来ませんので予めご了承下さい。

まとめ

補聴器の修繕、加工でお困りの方におすすめする大阪聞こえ補聴器の匠フェアについて紹介しました。耳あな型補聴器をお使いの方も耳かけ形補聴器をお使いの方もメーカーに関わらず対象となります。補聴器のシェルにお悩みがあれば是非ご利用下さい。シーメンス・シグニアのプロの技術者匠があなたのお悩みを解決致します。開催日は12月13日、14日の二日間です。完全予約制ですのでご注意下さい。匠フェアを利用して補聴器を快適に使いましょう。

 大阪聞こえ補聴器ではお客様の補聴器のアフターケアを大切にしております!!

シーメンスシグニアが補聴器でSignia Nxを発表【自声を自然に!】

シーメンスシグニアの補聴器がSignia Nxを発表。新商品Signia Nxは自分の声のこもり感、響き感を抑えより自然な聞こえを届ける性能となっています。世界初の性能です。発売は来年1月下旬の予定。そんなシーメンスシグニアのSignia Nxの今わかる情報をご紹介します。

補聴器をして自分の声が気になる方が多いです

補聴器をされている方の多くに自分の声の響き感やこもり感を感じられている方は多いです。シーメンスシグニアが統計を取った結果、新規の方と経験者384人中59%の方が自声に不満があるという事でした。補聴器をすると口元から補聴器の距離が近く補聴器で増幅される為に自分の声が大きくなり、こもった感じや響く感じが出てきます。逆に骨導はそこまで影響しないので   す。当店でも補聴器使用時の自分の声について悩みのある方は多いです。

補聴器にまつわる満足度について

もっと音質のよい補聴器はないのか?そう感じている方も多いです。こちらもシーメンスシグニアが補聴器所有者416人から取ったデータですが、音の豊かさや再現度に不満を感じているのが38%。自然な音質なのかについては40%の方が不満に感じており、満足されている方よりやや不満に感じている方の方が多いという結果でした。

自然な音質、自声が気にならない補聴器ができました

シーメンスシグニアからそんな悩みにお応えできる性能の補聴器が発表されました。新機種のSignia Nx(Natural experience)です。Natural experienceは自然体験という意味。世界初の特許技術を採用した新たな補聴器です。その特許技術が補聴器が声を覚えるOVP(OWN VOICE PROCESSING)という機能です。訳すと自分の声の処理という意味になります。今まで自分の声を低減するには低音を抑える、もしくはベント(通気穴)を開けて和らげる調整でした。そうすると自声はある程度低減できますが他の音声も抑えてしまうんです。今回のSignia Nxは補聴器に自分の声を覚えさせる事が可能です。OVPの設定手順として補聴器を合わせる時に自分の声を録音します。そうする事で補聴器が自分の声を認識します。補聴器使用時、自声の検出は指向性で行われ補聴器がなんと覚えた自分の声だけを抑えてくれます。そして周りの音声はしっかりと抑える事なく増幅してくれます。このOVPですが声の録音も非常に簡単で10秒で出来ます。録音のやり直しも大丈夫ですしもともとこまらない方には無害です。自声の変化にも対応するようで風邪声や声やせしても問題ありません!

Nxの優れた3つの技術

Nxチップ スピードアップ

ダブル処理をエコにこなします!40%のチップ小型化で省電力で使用が可能です。そして処理速度60%の高速処理が可能です!

Nxマイク 音質アップ

Nxマイクは従来の補聴器と違いマイクが4倍大きくなりマイクの制度が8倍上がりました!両耳で使用すればバーチャル8マイク×4倍でバーチャル32マイクとなるウルトラHD両耳通信が可能です。

Nxプロセッシング 性能アップ

補聴器調整に新方程式Nx fitを採用。高域の音質を今までより抑え静か、自然な聞こえにする事ができます。この3つの技術が特許を支えています。

 

Signia Nxの性能について

今回のシーメンスシグニアの新商品Signia Nxは特徴の一つに自声を抑えるという所に特化しています。実際に補聴器使用者に試して貰ったシーメンスシグニアのデータがあるのですが384人中75%の方がNxで自声が気になるのが解決したとの事です。そして使用中の補聴器と比べて15%言葉の明瞭度が上がっている結果がありました。空間認識ではっきりわかりやすく聞きとれます。そして11シーンに自動対応する環境認識機能があります。

自動対応する11のシーン
  1. 静かな所の会話
  2. 雑音下の会話
  3. 雑音下
  4. 音楽
  5. 車内
  6. 静寂
  7. ハウリング
  8. 距離(ダブルピント)
  9. 動き(モーションセンサー)
  10. 自声(OVP)
片耳でもNx

今回のSignia Nxは片耳で使用される方にもおすすめできます。勿論売りはOVPや両耳使用時のウルトラHD両耳通信ですが新しく開発されたNxチップにより片耳でも響き感を少なくする事が出来ます。

Nxはこんな方におすすめできます

  • 軽度から高度難聴の方
  • 自声がうるさくて声が聞こえないという方
  • 明瞭度が悪い方
  • 補聴器に過剰に期待する方
  • 補聴器に対してネガティブな方
  • 響き感や音が合わなくて再調整をされる方

Signia Nxのラインナップ

7Nx、5Nx、3Nxの3クラスの用意があります。

3Nx 24ch

片耳270000円、両耳540000円

5Nx 32ch

片耳360000円、両耳720000円 一年間紛失保証付き

7Nx 48ch

片耳510000円、両耳1020000円 一年間紛失保証付き

今現在は耳かけ形、RICタイプのみの電池式がリリースの予定です。

2018年1月下旬発売予定

まとめ

シーメンスシグニアのセミナーで発表された新商品Signia Nxについて紹介しました。まだ資料が揃っていない為、簡単な説明となりましたがSignia Nxは自声のこもり感、響き感、自然な聞こえに重点を置いた機種となっています。今までには無かった補聴器に自分の声を覚えさせるなど世界初の特許技術を採用した補聴器となります。実際に試聴させていただきましたが、従来の補聴器と比べると明らかに違いがわかりました!今の聞こえに満足されていない方、自声に関する悩みがある方はこのSignia Nxで解決できるかもしれません。自然な音質にも拘ったSignia Nxの発売を楽しみに待ちましょう!

補聴器を紛失した時の保険について【知っておきたい保証】

補聴器の紛失には保険があるのか。実は紛失の保証が付いている補聴器があります。しかし全部の補聴器に付いている訳ではなく、保証の対象外になる事があります。保証内容は補聴器メーカーによっても異なります。その他対策できる事も紹介します。

補聴器をなくしてしまった

補聴器をなくして見つからない、そんな経験がある方もいらっしゃいます。旅先でどこかに置いてきて見つからない、どこかに落としてしまったなどで紛失してしまった時はとてもお困りになりますよね。聞こえない不安もありますしすぐに買うにも補聴器は高額ですよね。失くしたらどうしようと使いながら不安になる場合もあります。補聴器の保証には自然故障や初期不良に対しての品質保証はありますが、失くしてしまった場合や自分の不注意による故障などについては保険や保証の対象外になってしまいます。

補聴器を紛失してしまう恐れがある行動


  • 補聴器をケースに入れずポケットなどに入れてしまう

  • 旅先で外した時
  • 外した時に毎回違う位置に置いてしまう、置く場所が決まっていない
  • 電話の時に外してその場に置いた時
  • 洗面所で外す(排水溝に落下)
  • 一日に何度も着け外しを繰り返す

この様な場面で補聴器を紛失してしまう事が多いんです。耳あな型補聴器は耳の形に合わせて作られているので着けていて落とす事は無いのですがこの様な場面では注意が必要です。

紛失保証が適用されている補聴器があります

補聴器によって紛失保証という保険がある物があります。補聴器の紛失が心配な方にとってはとても安心できるので紛失時の保証を付ける事をおすすめします。全部の補聴器に紛失保証があればいいのですが、紛失保証が無い補聴器もあります。ですので補聴器の保証についても予め知っておくといいでしょう。補聴器の紛失保証ですがメーカーにより様々なんです。

フォナックの紛失保証

フォナックの補聴器は4つのクラスに分けられています。その中でもプレミアムクラス(90)アドバンスドクラス(70)が紛失保証の対象になります。内容は購入してから1年までが50%の割引き、2年目までで30%の割引きで買い戻しをする事が可能です。購入した販売店で対応できます。

シーメンス・シグニアの紛失保証

シーメンス・シグニアの補聴器も一部の種類にのみ紛失保証が付いています。対象となるのは7px.5pxの耳かけ型と耳あな型/7bx.7miの耳あな型のみとなります。保証内容は購入から1年間、1回に限って無料で新品を提供するというサービスです。紛失時には販売店でも対応してもらいますがその前に警察など公的機関へ届けだされたことを証明する信憑書類が必要になるのでお忘れなく。

GNリサウンドの紛失保証

GNリサウンドの紛失保証は少し他とは異なります。購入時に限りオプションで紛失・破損保証をつけることができるんです。保証期間が1年間の器種を除く総合カタログに掲載されているすべての補聴器が対象になります。これは補聴器購入時に片耳につき3万円で保証をつけられる制度です。クラスによっても異なり、9シリーズ、7シリーズは2年間、5シリーズは1年間の保証となります。この保証の内容は期間中であれば1度限り無料で補聴器を受け取る事ができます。新しい機種、リサウンドリンクス3Dの9シリーズに限り2回まで紛失保証を受ける事ができます。

この様に補聴器メーカーに元から紛失保証が付いている場合があります。紛失が心配な方にはとても安心できるサービスです。

その他、紛失時に確認して頂きたい事

加入している保険

自分が加入している保険をご確認下さい。保険には、動産総合保険という保険があります。加入している保険にこのサービスがあれば補聴器を紛失、盗難などの際に補償が受けられる事があります。万が一紛失した場合は保険の確認をしてみて下さい。

介護施設などで紛失した時

介護施設などに入居している方で補聴器を施設の職員に任せている事があります。その時に補聴器の紛失や破損がある場合施設が加入している保険により補聴器の代金を補償してもらえる可能性があります。

補聴器が紛失保証の対象にならない場合でも加入している保険なども確認してみて下さい。後は無くした後も慌てずに思い当たる所を探してみましょう。見つかる事もありますので諦めない事も大事です。

ベルトーンの補聴器なら位置情報がわかる物があります

補聴器メーカーのベルトーンのi phone対応機種は補聴器の位置を確認する事ができます。i phoneと補聴器を連動すれば補聴器の位置情報がわかります。補聴器の電源が最後に入っていた位置が地図で表示されるのでその後に動いていると見つけれないのが難点です。しかし位置が表示できるのでレストランに忘れたなどが確認できます。

ベルトーン補聴器のi phone対応機種についてはこちら

補聴器をなくさない為に

補聴器をなくすと聞こえにも影響して不安にもなります。そして補聴器は値段も高額ですので保険が無ければ困りますよね。
ですので無くさない為に対策をしましょう!補聴器には落とさないように固定する専用の落脱防止商品やパーツがあります。
大阪聞こえ補聴器では補聴器の紛失が心配な方に次の対策を提案しています。

スポーツロック(コンチャロック、サポートロック)

こちらは耳かけ形補聴器のRICタイプのみに使える物になります。ツルのような形状で耳の中でくるっと回って耳に固定できる仕組みとなっています。色は透明なので目立ちにくくなっています。特に補聴器を着けて運動をされる方におすすめです。メーカーによりサイズが少し異なりますので購入時には確認をしましょう。1個216円で販売しています。

イヤモールド(SPシェル、RICモールド、HPモールド)

耳かけ形補聴器の耳栓を自分の耳型に合わせたオーダーメイドの耳栓にする。イヤモールドにすれば耳の形にピッタリ合うので抜け落ちるなどの心配がなくなります。閉塞感を強く感じてしまう方にはあまり向かないかもしれませんがこちらも一つの方法です。耳かけ形補聴器、RICタイプでもお作りする事ができます。当店では1個10,800円で作製する事ができます。

イヤーチェーン

紹介する中では少し目立ってしまいますが紐を補聴器に付けておくと万が一落としても大丈夫です。こちらも基本耳かけ形補聴器に使用しますが耳あな型補聴器に付けられている方もいらっしゃいます。年配の方に多く使って頂いています。片耳用と両耳用があります。お色は紺と茶色です。片耳、両耳どちらも1,080円で販売しています。

これらの対策をすれば補聴器の紛失の予防になりますよ。しかし補聴器を目立たせたくない方には物により補聴器を着けているのが目立ってしまうというのがデメリットになります。これら以外に補聴器を置く場所をちゃんと決めておくのも対策になりますね。

まとめ

補聴器を紛失した際の保険について紹介しました。補聴器はメーカーにより紛失保証がある場合があります。それもメーカーにより対応が違うのでご注意下さい。自分が加入している保険を利用できる場合などもあるので一度確認を取るのもよいです。
補聴器を外す際も決めた位置に保管するのをおすすめします。ポケットにしまう癖がある方も補聴器のケースをご利用下さい。
施設で無くされた場合は施設の職員の方とよく相談してみて下さい。大阪聞こえ補聴器ではお店の保証制度はないのですが紛失時もしっかり対応しますし相談にもある程度応じております。大切な補聴器を無くさないように管理して長く愛用しましょう。


東京の秋葉原にも姉妹店がございます。東京にお住まいの方は秋葉原補聴器リスニングラボへ!

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

イヤモニをオーダーする方法を紹介【失敗したくない方必見!】

イヤモニのオーダーをする方法を教えます。イヤモ二に必要な耳型は補聴器屋さんで採取をしましょう。ただしイヤモニの知識がある補聴器専門店へ行くことが大切です。買い方の流れが解れば誰でも簡単に購入ができます。相談、試聴、耳型採取、納品までの手順を解説いたします。

今お使いのイヤホンに悩みはありませんか?

音楽が好きでよくイヤホンを使われる方も多いと思います。今時はイヤホンの種類も豊富ですね。しかし、売られているイヤホンはすべて既成品です。既成品のイヤホンだとどうしても耳に合わないという事があります。イヤホンで耳に合わなければ当然抜け落ちたり、隙間ができて音が漏れてしまったり、耳の中が当たって痛いなど様々な悩みが出てきます。耳あなの形状は人それぞれ違いますからね。これだと好きな音楽も楽しめないですよね?楽しむはずの音楽ですがイヤホンが合っていない事で逆にストレスを感じたりします。そんな悩みがある方に耳に合うイヤホンがあります。今若い方を中心に人気があるカスタムIEM(カスタムインイヤーモニター)通称イヤモ二と呼ばれるイヤホンです。イヤモ二は耳の型をとって作るオーダーメイドのイヤホンなので耳にピッタリ合います。イヤモ二は音質に拘りがある方や、音楽活動をされている方、有名なアイドル、ミュージシャンもイヤモ二を愛用されている方が多いです。

イヤモ二をオーダーする流れを紹介します

耳型採取1

イヤモ二の存在を知っていてもオーダーの仕方はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか?イヤモ二のオーダーは基本イヤモ二を取り扱う販売店でオーダーをします。イヤモ二を製作するのに必要な耳型は補聴器専門店で採取をします。ですのでイヤモ二はイヤモ二の販売店と補聴器専門店を利用してオーダーします。インターネットでのオーダー方法などもありますね。ネットでオーダーをする際も補聴器専門店で耳型の採取をします。今回紹介するイヤモ二の販売店は大阪、名古屋、東京に店舗があるeイヤホンというイヤホン販売の専門店です。eイヤホンではイヤモ二以外にもヘッドホン、各種オーディオ機器を取り扱っています。eイヤホン店頭での耳型採取はイベント時以外実施しておりません。

まずはイヤモ二がどんな物なのかを知る事

イヤモ二にはメーカーも沢山あり、種類もいっぱいありますね。まずオーダーする前にどのメーカーにするか、どんな機種にするのかを決めましょう。メーカーも沢山あります。メーカーにより元々のフィット感、得意な音質などが異なります。機種が決まったら試聴する事も出来ますので実際に試聴しましょう。音の雰囲気も機種によって高域が出やすい、低域が出やすいなどあるので機種選びに失敗しない為にはよく試聴をする事や販売店スタッフに自分の好きな音楽のジャンルなどを参考に相談する事が大事です。イヤモ二の相場も知っておくと選ぶ参考になります。イヤモ二の相場は約2万円前後の物から高い物で20万円ほどまで幅広くあります。

機種を決めたら注文をします

作るイヤモ二のメーカー、機種が決まれば次に注文です。メーカーによっては色を選べたり、フェイスプレートを自分の持ち込んだイラストにデザインする事ができるメーカーなどもあります。大体のメーカーでは色やデザインはオプションになっているので機種代以外に別途費用がかかってきます。

機種が決まれば一番重要な耳型採取をします

機種の注文と前後するかもしれませんが、基本お作りするメーカーが決まってから耳型採取(インプレッション採取)をおこないます。耳型の事をインプレッションと呼びます。作るイヤモ二が決まってからという理由としてはメーカーによる指定の採取方法がある為です。(必ずしもその採取方法でとらなくてもよい)インプレッション採取は耳の形を形成するので一番重要になります。インプレッション採取は補聴器専門店で採取します。(補聴器専門店でもインプレッション採取をおこなっていないお店もあるので事前に確認する事が必要)このインプレッション採取もイヤモ二代金とは別に発生します。インプレッションの採取料金は大阪聞こえ補聴器ではカスタムIEM(イヤモ二)は5400円で採取しています。eイヤホンで取り扱うイヤピース、エアラは4000円で採取致します。

未成年の方が耳型採取を行うには保護者の同意が必要となります保護者の同意が無ければ採取する事はできませんので予めご了承下さい。

                 耳型採取同意書はこちらから

耳型とオーダー用紙を販売店に渡す

耳型を採り終わったら後は販売店に渡して納期を待ちましょう。イヤモ二の納期はメーカーにもよって早い、遅いがあります。早くて約1ヶ月、遅くて半年くらいですね。納期が遅いメーカーだと忘れた頃に出来上がってくる事もあるそうです。楽しみに待ちましょう。大阪聞こえ補聴器ではeイヤホンでオーダーがすでにお済みの方は耳型を当店でお預かりして発送する事が可能です。注文を先に済ませて頂くとオーダーがよりスムーズになります。

イヤモ二の納品

流れの最後は出来上がったイヤモ二の納品です。使用感の確認もこの時にする事ができます。この時にあまりにもフィット感が合わないなどの場合は販売店スタッフにご相談下さい。保証期間などもありますので確認しておく事が大事です。自宅に発送してもらえるサービスもあります。


東京のeイヤホン秋葉原店には大阪聞こえ補聴器の姉妹店、秋葉原補聴器リスニングラボがeイヤホンのカスタムIEM店の下にありますので随時採取が可能です。近郊の方はチェックしてみて下さい。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

イヤモ二製作に必要な耳型採取する時に気をつけるべき点

大阪聞こえ補聴器ではイヤモ二のインプレッション採取をしています。このインプレッションが上手く出来なければイヤモ二の完成度も落ちてしまいます。最近ではこの耳型を自分で製作しようとされる方もいますがこれは非常に危険ですので絶対にしないで下さい。万が一自分で採取をされた方は耳鼻科にて早急に診察を受けて下さい。大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。知識と技術のあるスタッフが採取をいたしますので安心してご利用下さい。

採取の方法についてはこちら

採取をする際に方法が何種類かあります。お好みの採取方法でお取りする事ができます。

閉口状態

耳型採取30

リスニングの状態に近くいつでもつけれるフィット感になります。

基本の取り方になります。リラックスして力を抜いて軽く口を閉じて採取します。この時に口を動かしたり、歯を食いしばったりすると耳型の形状が変形してしまいますの注意して下さい。

割り箸を横で口に挟む

耳型採取31

割り箸を軽く噛むので顎の動きによる差異が少ない。フィット感はゆるくも無くきつくもない。

閉口状態と基本的には同じですが割り箸を軽く噛み、顎関節を固定するので変化を少なくできます。この採取時の注意点は力を入れて噛まない事です。力を入れて噛むと変形してしまいます。歯の噛み合わせが悪い方には向いていません。

割り箸を縦で噛む

耳型採取

顎の関節が下がる為耳あな入り口が少しきつくなります。フィット感をきつめにしたい方やより遮音性を上げたい方向きです。

割り箸の持ち手側を縦に噛んで採取します。適度なきつさが欲しい方向きです。この時の注意点ですが印象剤の硬化前に口から何度も取り出したりすると耳型のバランスが崩れます。カナルワークスが採用している採取方法です。

バイトブロック

耳型採取34耳型採取33

ミュージシャン、ステージで演奏する人向きです。耳あなの入り口がとてもきつくなります。

バイトブロックを縦、もしくは横で噛みます。口が大きく開いた状態で採取するのでフィット感がとてもきつく仕上がります。ミュージシャン、ステージで使用される方向きの方法になります。注意点としてリスニングで使用を考えている方にはあまり向かない採取方法です。その為リスニング用で初めてイヤモ二を作られる方でバイトブロックの使用を考えている方は注意が必要です。ご希望であれば採取できますので申しつけ下さい。リスニングで使用するのには玄人向けになります。バイトブロックは1個200円で販売しています。

須山式

耳に接する面積が少なくなります。イヤモ二使用時に顎をよく動かす、歌を口ずさむ方向き。

須山補聴器(フィットイヤー)が採用している採取方法。印象剤を入れた後に口を大きく3回開け、顎を横に2回動かす。硬化前にこの動きをする事で耳に接する面積が少なくなります。注意点は無駄な動きをしない事、採取する側も硬化前に反対側の採取をしない事です。

採取の方法はこの5つです。他にも口に指を挟んだ採り方などもありますが大阪聞こえ補聴器ではこの5つの採取方法を取り入れています。よほど変な動きをしない限り耳型には影響しませんのでリラックスして採取して下さい。

採取時の体調、耳の状態にも気をつけて下さい

採取をする時の体調と耳型は関係がないと思われている方もいるかと思いますが実は関係があります。前日にお酒を飲みすぎたり、寝不足、この様な時は採取を控えるようにして下さい。耳のむくみなどの影響が出てよい耳型にならない事があります。採取時に気分が悪くなったりする可能性もあるので採取の日は体調の良い時がいいですね。あと注意して頂きたいのがよくいらっしゃる耳垢詰まりの方です。耳垢が多い、詰まっていて鼓膜の確認ができない場合は耳型採取をお断り致しますのでご了承下さい。理由は安全、正確な採取が出来ない為です。一番良いのは採取をする前に耳鼻科に行く事です。自分で耳垢を取ると傷ができたり、耳の中が炎症して採取時に痛みを感じやすくなりますのでご注意下さい。耳鼻科では耳の中の確認、耳垢を取ってもらえるので採取前に耳鼻科に行く事をおすすめします。イヤモ二をすでにお持ちの方は採取をする前は使用を控えましょう。

イヤモ二の使用感が合わなかった場合

イヤモ二が耳に合わない、着けると痛い、などがある場合はイヤモ二のリフィットをする事ができます。当たりのある場所を修繕したりできます。耳に全然合っていない、きついなどの場合はインプレッション(耳型)を再作して作り直す事が可能です。大阪聞こえ補聴器ではイヤモ二を納品してから30日以内でしたら1回限り耳型を無料で再作いたします。ただし、無料で再作できるのはeイヤホンで注文された方に限ります。その他販売店でオーダーした場合は採取料金5400円が必要となります。リフィットのご相談はイヤモ二の販売店(eイヤホン)にてお願いします。あくまで補聴器専門店(大阪聞こえ補聴器)では耳型の採取のみをおこないます。イヤモ二の修理に関するご相談などはおこなっていませんのでご注意下さい。

イヤモ二の使用方法を守りましょう

補聴器専門店の視点から注意していただきたいのがイヤモ二の長時間の使用や音量です。長時間の使用は外耳炎になってしまったりする事があります。そして音量を大きく毎回使用すると耳を傷め難聴にもつながります。イヤホン難聴やロック難聴と呼ばれる音響外傷です。若い方でも関係なくおこる難聴ですので注意が必要です。イヤモ二の使用方はしっかりと守りましょう。
音響外傷についてはこちら

まとめ

イヤモ二をオーダーする方法を簡単に紹介しました。大体の流れはこのようになります。イヤモ二のオーダーで重要なのはメーカー(機種)選び、耳型の仕上がりです。耳型の採取の方法によってイヤモ二のフィット感は変わってきます。初めてイヤモ二のオーダーをされる方は一般的な採取の方法がおすすめです。しかし、それは個人の好みになりますのできつめがいい方もいらっしゃいます。耳型の採取時に自身の希望をお伝え下さい。イヤモ二のオーダーで失敗しない為には注文機種の音質を知っておく事。そして耳型の製作です。大阪聞こえ補聴器では事前にご予約いただけると耳型採取をしておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。耳にしっかりフィットしたイヤホンで好きな音楽を快適に楽しみましょう。

老人性難聴の補聴器を購入する方法【正しい選び方を伝授!】

老人性難聴で補聴器を選ぶなら専門店で買いましょう。認定補聴器技能者が性能、金額、デザイン、聴力、耳の状態に応じてあなたに合う失敗しない補聴器の買い方をご提案します。老人性難聴は補聴器専門店で正しく選びキッチリ解決しましょう!

補聴器の選び方

親が老人性難聴と診断されたので補聴器を考えているけど補聴器の選び方がわからない。どこで買えばいいかわからない。そんな方も多いと思います。補聴器にはいくつか種類がありますね。耳かけ形補聴器、耳あな型補聴器、ポケット型補聴器とその中で販売している補聴器メーカーも幾つかあります。初めて補聴器を考える方は補聴器自体についてもよくわからない点が多くあるでしょう。補聴器選びで大きく分けても値段の違い、形、メーカー(性能)の違いがあります。

値段の違い

補聴器は専門店で売られている補聴器だと片耳で約5万円から50万円まであります。一方、通信販売などでは1万円を切る物から高くても6万円ほどです。何も知らなければ価格の違いに困惑してしまいますね。

補聴器の形の違いもわからないポイントです。耳あなに入れる補聴器と耳にかける補聴器は何が違うのかわかりませんよね。

メーカー(性能)

補聴器を販売しているメーカーも何社かにわかれます。メーカーによって違いはあるはずなのでどの補聴器メーカーが優秀なのか考えると思います。補聴器の性能も気になりますよね。よく聞こえる補聴器を選びたいですよね。

老人性難聴の補聴器の選び方について

老人性難聴に合う補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。耳鼻科で予め老人性難聴と診断された方を対象に説明します。補聴器専門店では聴力の測定を致しますが難聴の診断はしておりませんので予めご了承下さい。補聴器を選び購入するまでの流れです。

聴力や耳の状態を確認してもらう

補聴器の選び方ですがまず大事なのはご本人様の耳の聞こえ方です。聴力を測らない事には適応する補聴器も選べません。そして耳の状態です。耳の状態でも選ぶ補聴器の形が変わります。例えば耳漏れがある方、耳の中が湿っている方には耳あな型補聴器があまり適さないなど補聴器の形を選ぶ上で重要です。これは老人性難聴に限らず大事です。補聴器専門店で適切なアドバイスを貰いましょう。

実際に補聴器がどんな物かを知る

次に大事なのが補聴器のメーカー、機種の性能です。専門店で扱う補聴器の性能は値段により変わってきます。もちろんメーカーによってもです。ですので値段が高い補聴器には今の補聴器で出来る最大限の性能が入っているとお考え下さい。この性能の選び方は耳の聞こえ方、予算と自身の生活環境に合わせて選んでいきます。補聴器専門店で相談して決めるのがよいでしょう。メーカー、機種がある程度決まったら補聴器を試聴したりレンタルをする事で補聴器がどのような物かわかりますので是非利用しましょう。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器のレンタルをしていますので希望の方は事前にご予約をお願い致します。補聴器の形状、耳あな型や耳かけ形は好みに合わす事ができますが耳の状態や聴力によっては希望に添えない場合もあります。故障のリスク、聞こえの改善をするには補聴器専門店のスタッフとよく相談して決めるのが大切です。

聞こえに合う補聴器が見つかれば購入

機種が決まれば補聴器専門店で注文します。耳あな型補聴器にする場合はオーダーメイドの補聴器なので耳の型をとります。注文した補聴器が出来上がったらお渡しします!購入後の補聴器のアフターケア、点検もとても大事ですので定期的に補聴器の調整などする必要があります。補聴器は買ってお終いではありません、聴力が変わったり音量に変化を出したい時は補聴器専門店で調整、点検してもらいましょう。

補聴器の種類、性能の違いについて詳しくはこちら

補聴器専門店で購入する方が良い理由

補聴器専門店で買うのをおすすめする理由があります。通信販売や電話注文などでも今時補聴器は買えます。しかし、この補聴器には注意する事があります。対面販売で売られていない補聴器や集音器と呼ばれる物は聴力に合わせた音質の調整が出来ません。簡単に分けると集音器などの類は一般向けで、補聴器専門店で取り扱う補聴器は難聴者向けに作られた機器です。ですので通信販売の補聴器は老人性難聴の方が使う物として向いていません。老人性難聴であれば聴力のデータを入れて調整ができる補聴器にしなければ効果が無い物になります。通信販売などで売られている物は安いです。その分良い性能は見込めません。安く買えても使い物にならなければ意味がありません。購入する際は補聴器専門店で取り扱う補聴器と通信販売で売られている補聴器、集音器の違いをしっかりと理解した上で購入しなければいけません。

通信販売で売られている補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについてはこちら


認定補聴器専門店で相談するのが解決の決め手になります!

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者が4名在籍しています。あなたの聞こえに合った補聴器を提案致します。ご相談、聴力測定、試聴、レンタル、すべてお受けします!他店で買われた補聴器で、今の調整を変えたい方、購入店が閉店してしまってお困りの方は当店の取扱いメーカー(フォナック、ベルトーン、シーメンス、GNリサウンド)であれば再調整をお受けします。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

補聴器のセカンドオピニオンはこちら

補聴器専門店で買うメリットとデメリット

メリット
  • 補聴器を選ぶ際に適切なアドバイスをもらえる
  • 補聴器の試聴やレンタルが出来る
  • 性能がわかった上で購入できる
  • 補聴器の効果をみてもらえる
  • 購入した後も定期的に点検、調整してもらえる
デメリット
  • 補聴器専門店に足を運ぶ必要がある
  • 聴力の変化など、音質を調整するのに時間が必要
  • 通信販売などと比べると予算が上がる

補聴器専門店の補聴器は年齢と共に難聴が進んだ時も聴力を測定して聞こえに合わせて調整をする事ができますので購入してからも安心です。大阪聞こえ補聴器では店舗に足を運ぶのが難しい方の為にご自宅や入院先に訪問する事ができる出張訪問サービスをおこなっています。出張訪問のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

老人性難聴の補聴器を選ぶ方法を紹介しました。補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。通信販売では安く買えますし、足を運ぶ必要もありません。しかし、いい事ばかりでは無くその分売られている補聴器も性能には期待できません。老人性難聴であればちゃんと聴力に合わす事ができる補聴器を選びましょう。性能に関しても補聴器専門店でアドバイスをもらい性能を確認しましょう。プレゼントなどで補聴器を考えている方は失敗しない様に気をつけて下さい。聞こえに合った補聴器で明るい生活をおくりましょう。