敬老の日に補聴器のプレゼントはいかがでしょうか?選び方について紹介します!

敬老の日が近づいていますね、日頃の感謝を込めて補聴器をプレゼントするのはどうでしょうか?選び方を紹介します。
敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんへ補聴器をプレゼントしようとお考えの方へ、喜ばれる補聴器選びについて紹介します。初めに言うと通信販売で購入するのはあまりおすすめできません。
通信販売にあるのは補聴器というより集音器になります。おすすめできない大きな理由としては聴力に合わせた調整などができない事です。ではどの様に補聴器を選ぶのが良いのか紹介します!

補聴器はどこで購入するのがよいのか?

補聴器ですがどこで購入するのがいいのかですが、まず補聴器は通販で買うのはおすすめできません!
今の時代インターネットの普及で簡単に品物を購入できる時代になりました。
プレゼントをインターネットで調べてそのまま購入するというのは経験がある方も多いのではないでしょうか?
通信販売で売っている補聴器は価格帯も安い物が多く手軽に購入する事ができます。
しかし、その安さだけで補聴器を選んでしまうとせっかくのプレゼントも意味の無い物になる可能性があります!

何故通信販売などで購入するのがおすすめできないか?

通信販売や新聞広告に出ている既成品の補聴器、集音器はまず聴力に合わせた調整が出来ない物がほとんどです。
そして既製品の為、耳の形にしっかり合わない事もあります。耳あなにちゃんと入らない、入れると痛い、などでは意味がないですよね。
あまりにもサイズが違うとピーピーと音漏れの原因にもなります。
補聴器は管理医療機器です。補聴器を選ばれる時はご本人がその場に居合わせて対面で購入するのが望ましいです。すなわち補聴器専門店できちんと聴力を見てもらい、耳に形も見てもらって選ばれるのが良いです。

買ったけど使わないのは、家族もショックですし、本人も家族へ対して申し訳ない気持ちでいっぱいになるでしょう。

しかしご自身の耳に合わない補聴器を無理して気をつかって使うのもおじいちゃん、おばあちゃんに可哀そうです。
また補聴器専門店も押し売りする様な所ではなくしっかりと相談ができるお店が良いですね。

補聴器専門店で購入するのがよい理由とは

内緒でプレゼントを贈りたいという方も中にはいらっしゃるかと思いますが、説明した様に補聴器はご本人が居合わせて購入するのがいいです。

サプライズで補聴器をプレゼントしても返って迷惑がられることもあります。家族の方が難聴であるなら、そのことをキチンとご本人様に理解してもらい、「補聴器を試してみよう!」と言って承諾を得てからお店へ来店することが良いでしょう。足が不自由であるとか体調の理由などでお伺い出来ない場合はご自宅へお伺いいたしますよ。
ですので聞こえが悪いからと簡単に通販などで購入するのはおすすめできません。
何故本人がいないと購入してはダメなのか?
それはまず聞こえの程度がわからないという所です。
耳が遠いから補聴器だったら何でもいいか。という訳にはいかないんです。
補聴器は聞こえの程度がわからないと合う補聴器を選ぶ事ができません。
ですので聴力がわからないのに通販で買うと聴力に合っていないいない為に全然聞こえないという事になります。
それではせっかくのプレゼントも意味がないですよね?


補聴器専門店では購入前に補聴器の試聴、貸し出しもしているのでご本人の聞こえ方も確認して購入する事ができます。
大阪聞こえ補聴器でも補聴器の試聴、レンタルをしていますのでお気軽にご相談下さい!

補聴器を購入に行くのが難しい方はどうすればよいか?

補聴器をお店に購入に行くのが難しい方はまずは補聴器専門店で相談されるのがよいです。
耳鼻科での聴力データなどがあればある程度どの様な補聴器がよいかもわかります。
自己判断で通信販売で買うのは避けて補聴器専門店の方とよく相談して下さい。

大阪聞こえ補聴器ではご来店の難しいお客様の為に出張訪問サービスをしています!

大阪市内は勿論、大阪府、京都、奈良、兵庫の一部の地域まで出張訪問をしています!
出張訪問のご要望はお電話、メールで受け付けています!
詳しくは画像をクリック

生活環境や予算で選ぶのが大事です

補聴器選び方で大事なのは補聴器の形状なども勿論ですが性能の選び方と予算  です。
補聴器の価格帯は片耳5万円から50万円と幅広くあります。
何故価格がこんなに違うのかというとそれは性能にあります。
環境に合わせた調整が多く出来る物につれて補聴器の価格もあがります。
価格が高くなればなるほど補聴器の性能が良くなるのですが重要なのは補聴器を使われる方の生活環境です。
あまり外出されない方とよく外出される方ではやはり補聴器の性能の選び方も変わってきます。
ですので騒がしい所で静かに会話を聞きたいという事であればそれに対応した補聴器ではないと上手く聞こえないという事になったりします。
ですので使う環境に合わせるという事はとても大事です。予算の問題もあるので性能で選ぶ際はよく補聴器専門店で相談するのがよいです。

クーリングオフについて

専門店スタッフの方とよく相談、試聴して決めた結果補聴器を買ったが合わない、返品したい。
その様な時のために大阪聞こえ補聴器では耳かけ形なら30日、耳あな型オーダーメイドなら90日までの返品、機種交換、再作などもしております。
ただし一部かかった備品(電池や耳栓)などは差し引く場合もございますが大半の本体価格に関しては全額返金いたします。

紛失や破損はクーリングオフは出来ません。故障などは実費いただくこともありますのでご注意ください。

補聴器は購入して終わりではないという事

補聴器をプレゼントして終わり、となる方もいるかも知れませんが補聴器は購入後のアフターケアが大事です。
耳は年齢と共に聞こえなくなります。その都度、聴力測定をして調整したり音の出る音孔部分に耳垢が詰まることがあるのでクリーニングなども必要になってきます。
定期的に調整したり補聴器のクリーニング、点検などがとても大事です。
大阪聞こえ補聴器でも一人ひとりのお客様の補聴器をしっかりとアフターケアしております!

まとめ

敬老の日にプレゼントで補聴器をお考えの方に選び方を紹介しました。

良く聞こえる補聴器でおじいさま、おばあさまの聞こえがよくなる補聴器をプレゼントしないと意味がありません。
通信販売で補聴器を購入するのはあまりおすすめできません。
一番安心して購入できるのは認定補聴器技能者が在籍する補聴器専門店ですね。

認定補聴器技能者

大阪聞こえ補聴器(関西きこえ補聴器)では認定補聴器技能者が4名在籍しております。
価格や性能など補聴器を選ぶ際は専門店のスタッフとよく相談をすることが大事です。
大阪聞こえ補聴器ではご来店が難しい方に自宅へ出張訪問しております!
自宅で補聴器の調整やクリーニングいたします。アフターケアもお任せ下さい!

大阪聞こえ補聴器では敬老の日&店舗改装キャンペーンに備えて補聴器のセールも開催いたします!敬老の日のプレゼントで補聴器をお考えの方へ、一度大阪聞こえ補聴器で補聴器相談をいたしませんか?

東京の秋葉原補聴器リスニングラボはコチラです。