耳穴形と耳掛型補聴器って何が違うの?選び方の極意!

耳あな型補聴器と耳かけ型補聴器どっちが性能がいいのか?
とお悩みの方は多いと思います。これはどちらの補聴器も本来の性能自体には大きな違いはありません。耳あな型と耳かけ型を選ぶ時に重要なのは自身の聴力、耳の状態、使う環境、見た目などです。その上でご希望の補聴器にされるのが一番いいです。今回はそんな耳穴形と耳掛型補聴器のそれぞれの特徴を知って補聴器選びの参考にしましょう。

耳穴形、耳掛型ってどっちが見た目は目立たないの?

耳穴形と耳掛型の補聴器は現在はどちらも目立ちません。どちらも非常に小型に出来ております。昔は耳穴形は小さくて目立たない。耳掛型は大きくて目立ちやすい。といった事がありましたが、現在はどちらも小さく出来ております。

しかし、髪の毛が少ない方、丸坊主の方などは耳掛型は目立つ可能性があります。耳穴形も聴力によっては大きいサイズになってしまうので耳掛型の方が目立たないこともあります。その辺りは補聴器店で聴力測定をしてもらい、アドバイスを聞いてください。
同じ補聴器でも聞こえ方や扱いやすさ、見た目など特徴によっておこる違いがあります。
では耳穴形と耳掛型補聴器はどのように選んだらいいのか?

それぞれの特徴を見ていきましょう。

耳穴形と耳掛型のそれぞれの特徴

耳穴形補聴器と耳掛型補聴器の特徴とは?

耳あな型補聴器の特徴

まずは耳穴形補聴器です。耳の型を取って作るオーダーメイドになります。
耳穴形には大きく聴力に分けて3種類あります。
CIC(超小型)、カナル(小型)、フルカナル(パワータイプ)と呼ばれる物があります。
CICは形状がとても小さく軽度の難聴から中度まで対応。カナル、フルカナル型は高度または重度の難聴まで対応しています。

img_1309
メリットは

・耳の中は汗が少ないので、汗での故障が軽減される。

・動きに強いので運動する方に向いている。
・耳かけに比べると電話がしやすい。
・眼鏡や帽子、マスクなどの邪魔にならない。
デメリットは
・耳の中を密閉するのでこもり感を感じる。
・耳の中を密閉するので耳掛型に比べると自分の声が大きく聞える。(違和感ある。)
・耳の状態により合わない、作れない事がある。

・耳掛型に比べると値段が少し高い。(9万円からあります。)

こちらの記事も参考にしてみて下さい

耳掛型補聴器の特徴

次に耳掛型補聴器はどのような感じなのか?耳掛型の種類はRIC、通常の耳掛型、重度難聴用耳掛型の3種類あります。RICと通常の耳掛型は軽度から高度の難聴、重度用は中度から重度の難聴まで対応しています。

fullsizerender
メリットは
・扱いやすい。
・価格帯が安い物がある。(5万円代からあります。)
・幅広い聴力に適応しやすい。

・耳穴形に比べると違和感が少ない。

・耳穴形に比べると自分の声が気にならない。

デメリットは

・耳穴形に比べると汗での故障がしやすい。
・帽子やマスク、眼鏡の邪魔になりやすい。
・耳栓が合っていないと音漏れ(ハウリング)の原因になる。

こちらの記事も参考にしてみて下さい

耳の状態も補聴器選びで重要です

補聴器を選ぶにあたって、耳の中や形もとても重要です。
例えば中耳炎などで耳漏れがある方や耳垢がとてもやらかい、湿っている方。このような場合はどちらのタイプがいいのか?耳漏れがある場合は耳かけ型の補聴器を選ばれた方がいいです。しかし耳かけ型でもRICタイプは同じく避けた方がいいです。なぜかと言いますと耳あな型とRICタイプは耳の中に音の出るレシーバーが入りますので耳漏れがひどい方の場合は補聴器に耳漏れが入って故障の原因になってしまいます。しかし場合にもよりますが補聴器の音孔部分に加工をする事で故障を軽減できる場合もあります。どうしても耳穴形を希望の方は専門店スタッフとよく相談しましょう。
※あと手術をされている方や耳の形が変形している方は耳穴形で作るのが無理な場合があります。

耳あな型と耳かけ型補聴器のまとめ

耳あな型と耳かけ型では補聴器自体の性能は変わらないという事。
しかし、耳あな型、耳かけ型にはそれぞれに特徴があります。
耳かけ型は扱えるのであればほとんどの聴力の方に適応します。
耳あな型は耳の状態で使用ができない場合があります。(術後耳、中耳炎など)
耳あな型補聴器か耳かけ型補聴器で迷われている方はまずは補聴器専門店のスタッフと相談しましょう。

 

まずは補聴器を試聴してみましょう

大阪聞こえ補聴器では補聴器を購入前に説明、試聴、貸し出しもおこなっています。そしてお客様の希望する補聴器を選んでもらいます。
貸し出しや試聴は基本的には耳かけ型になります。
「耳あな型では試せないのか?」という事ですが耳あな型補聴器はオーダーメイドになりますので貸し出しなどはできません。しかし耳あな型はお作りして納品から3ヶ月以内でしたら返品、交換しております。ですのでもし耳あな型で作ったが合わないので耳かけ型がいいとなった場合は交換する事もできます。大阪聞こえ補聴器では耳掛型は納品から30日、耳穴形は納品から90日以内であれば返品または機種交換に応じております。補聴器選びでお悩みの方はいつでもご相談下さい。