片耳が聞こえない難聴ならクロス補聴器(CROS)の効果を体験してください!

「片耳が聞こえない」という難聴にクロス補聴器(CROS)を試聴して効果を体験できる専門店です。おたふく風邪(ムンプス)、突発性難聴、生まれつき片耳が聞こえない(先天性難聴・感音性難聴)でお悩みの方にクロス補聴器を体験してもらい、片耳で両耳の音を聞きとる試聴体験をし販売もしております。クロス補聴器は機能の理解をしてもらい、頭と音の感覚と方向感を理解して頂けたら効果は抜群です。そんな片耳しか聞こえない一側性難聴のお悩みとクロス補聴器の効果や機能についてご紹介いたします。

原因!なぜ片耳だけ聞こえないのか?

片耳が聞こえない原因は難聴にあります。また難聴の種類も色々とあります。片耳が聞こえなくなる難聴の原因と種類をご説明いたします。

突発性難聴

片耳が聞こえない人の発症例でいえば突発性難聴が一番多いと言われております。患者数は推定35,000人、2014年は40,000人に急増しています。人口100万人あたりでみると275人が突発性難聴として治療を受けていています。数年前は50歳~60歳に多い病気でしたが、近年は若い方にも多く、性別や年齢の偏りはなくなっております。発症してから1週間以内に病院へ行って治療をすれば回復する可能性もあります。原因についてはストレス、ウイルス感染、血流障害だと言われていますが、原因不明が多いです。突発性難聴は内耳を悪くして発症するので感音性難聴の部類に入ります。

ムンプス難聴(おたふく風邪)

片耳が聞こえない病気にムンプス難聴もあります。ムンプスはおたふく風邪のことをいいます。原因はおたふく風邪のウイルスによる感染です。極稀に合併症で重度の難聴で片耳がほとんど聞こえなくなります。昔の教科書などには1万5000人に1人程度とされておりましたが、近年はもっと多く報告されており184~533人に1人とする調査結果があります。国立感染症研究所は2001年の1年間の全国のムンプス難聴の受療患者数を調べたところ 650人と推計しております。

中耳炎

片耳だけ中耳炎を患い、そのまま治療をしないで片耳だけ難聴で聞こえなくなる。耳は外耳、中耳、内耳にわかれておりますが、耳の中に耳垂れが出て、鼓膜を破ったり、中耳の耳小骨に悪い影響を及ぼすこともあり難聴度も高くなります。慢性中耳炎になる前にしっかりと治療しましょう。音の伝わりが悪い病気なので伝音性難聴の部類に入ります。

感音性難聴

感音性難聴は耳の中の内耳神経の有毛細胞が無くなって発症する難聴です。年齢と共に起こる難聴ですが両耳とも一緒に悪くなる方が多いです。しかし中には片耳だけ難聴が進行して悪くなることもあります。また年齢と共に悪くなる難聴ですが、年齢に関係なく難聴になることもありますのでご注意ください。

先天性難聴

生まれつき片耳が全く聞こえない方。

事故による後遺症

外傷的な事故の治療や手術で聴力を失ったケースです。

片耳が聞こえなくて困ること

片耳が聞こえないと困ることがたくさんあります。耳が聞こえないということは見た目にはわかりません。特に一般的な難聴に比べると片耳だけ聞こえない難聴は一見は普通の健常者と変わりません。静かな場所や1対1の会話は普通にコミニケーションが取れたとしても、騒がし場所や集団での会話や色んな方向から話しかけられると、聞き取れなかったり、音の方向感がわからなくなるのでとてもストレスを感じます。

  1. 片耳が聞こえないと、音の方向感がわからなくなります。
  2. 全ての音が片耳から入るので音を聞き分けられない。
  3. 一般の人に比べ聞き返しが多い。
  4. 騒がしい場所、会議、集団での会話、早口が聞き取れない。
  5. 聞き返して相手に嫌な印象を与える。
  6. 仕事のミスが多くなる。
  7. 集中して話を聞くので精神的に疲れる。
  8. ストレスの原因になる。

フォナック(Phonak)のクロス補聴器が便利です

片耳が聞こえない方の悩みは本当にたくさんありますが、最近そういった方に画期的な補聴器が誕生しました。それが

フォナックのクロス補聴器

聞こえない側の耳を聞こえている方の耳に音を送信して、片耳で両耳の音を聞きとる補聴器です。

両耳に補聴器をしないといけません。聞こえない方の耳にクロス(送信機)を着けて、聞こえている側の耳に補聴器(受信機)を着けます。聞こえていない側の音を聞こえている側に瞬時に音を送信し片耳で両方の音を聞きとる、聞き分ける、という仕組みになっています。

クロス補聴器の効果の症例

大阪聞こえ補聴器では片耳が聞こえない人にフォナックのクロス補聴器をオススメしております。半信半疑で来店された人も試して言葉の聞きとりを実感して購入された方が後を絶ちません。一度試聴してもらうのが良いと思います。体験して実感してもらうことが一番わかってもらえます。下記のお客様は当店でクロス補聴器を試された方の症例です。

26歳 会社員 営業 男性

  • 原因 ムンプス難聴
  • 主訴 会議や大勢の中での会話がわからない
  • 右耳は健康 / 左耳は全く聞こえない
  • 購入した補聴器 右耳 フォナック オーデオB-312 B30(Phonak Audeo B-312 B30)受信機 / 左耳 フォナック クロスB13 (Phonak B-13) 送信機
  • 価格 282,600円 → 特別値引 250,000円にて販売。電池10パックサービス。

 お客様の悩み 

食品会社に勤務する営業マン。就職して4年目。15歳の頃におたふく風邪で片耳が聞こえなくなったそうです。学生時代は片耳が聞こえていなくて不便には感じていたが、なんとか誤魔化してやり過ごしてきたそうです。しかし就職して色々と仕事を任されて大事な仕事が多いそうです。仕事にやりがいを感じているが、会議やミーティングや騒がしい現場での会話が多くて、話しかけられても聞こえないことが多くて困っている。学生時代のように誤魔化すといったことはできないので、思い切ってクロス補聴器の効果を試しに来た。特に数字やデータやお金の話になど大事な話を聞き逃して仕事に支障が来て毎日不安感じて過ごしていた。学生時代のように誤魔化すといったことはできないので、思い切ってクロス補聴器の効果を試しに来た。


 販売の結果 

右耳にフォナック オーデオB-312 B30を左耳 フォナック クロスB13 を試して頂きました。試聴して直ぐに表の騒がしい環境でお話ししながら試聴体験をしてもらいました。すると、今まで聞こえなかった左側からの音が右耳の聞こえる耳に通信されて会話がわかるようになりました。音の方向感も聞こえない左側からも聞こえる。大阪の中心街である心斎橋商店街や御堂筋の交通量の多い騒がしい環境でも音の方向性も会話もわかるようになった。と喜ばれておりました。お試し頂いて表情が直ぐにわかるくなったのが印象的でした。一週間ほどレンタルさせて頂きまして、効果を見て頂き、納得した上でご購入いただきました。またお客様が驚かれていたのはクロス補聴器の小ささでした。補聴器を着けて目立つことのコンプレックスが強かったそうですが、最近の耳かけ型補聴器は小型でほとんど目立たないことに安心されたそうです。

クロス補聴器のまとめ

  • クロス補聴器は片耳が全く聞こえなくて、もう片方の耳が聞こえる方にとても効果的です。一側性難聴に絶大な効果があります。
  • 補聴器を聞こえる側に入れて、聞こえない側にクロス補聴器(CROS)を装用します。
  • 突発性難聴やムンプス(おたふく風邪)などの片耳が聞こえない難聴でお悩みの方にオススメです。
  • フォナック(PHONAK)のクロス補聴器をオススメしております。
  • 音の方向感や騒がし場所、集団での会話に役に立ちます。
  • 大阪聞こえ補聴器では試聴して体験してもらい、実感して納得してから販売いたします。

野田圭男 店長からひとこと

認定技能者 野田圭男からひとこと

片耳が聞こえない一側性難聴に悩まれている方は大変多いです。特に働き盛りの若い方は仕事や勉強などで大事な環境下で聞き逃したらいけないプレッシャーやストレスで悩まれている方が非常に多いです。そんな片耳難聴に悩まれている方が少しでも快適に使用できる人生を送って欲しいのが僕の本音です。

大阪聞こえ補聴器ではフォナック社製のクロス補聴器をオススメしております。通信処理速度の速いフォナックのクロスはとても画期的な製品です。クロス補聴器は耳かけ型と耳あな型の2種類あります。補聴器のランクや種類、お客様の用途や聴力によっておすすめする機種やタイプも様々です。レンタルもしております。1週間500円です。試聴体験してもらい、実感して納得してから販売いたします。販売してから30日以内であれば返品・機種交換もお受けいたします。

是非とも大阪聞こえ補聴器ではクロスを体験してもらい、効果を試して頂けたらと思います。

※クロスの試聴器は数に限りがありますので、必ずご予約ください。ご来店される予定日に試聴器をご用意いたしますのでご予約だけは必ずお願いいたします。クロス補聴器のパンフレットなどの資料請求もご遠慮なくお問い合わせください。