騒音性難聴の症状や原因について【補聴器の選び方】

騒音性難聴は症状と原因にどのような事があるのか。補聴器の選び方も紹介します。騒音性難聴は職業上騒音下にいる事が多いのが原因で難聴になります。騒音性難聴は、まず騒音の場所を避けることが大切です。予防する為に耳を守る行動が必要です。軽度の場合には、一時的に症状が出ても、しばらく大きな音を避けることで自然に治ることも多いです。しかし、数日症状が続いている場合には、直ちに病院に行き、適切な治療を行うようにして下さい。騒音性難聴と補聴器について紹介します。

長年騒音下の職場に勤務して難聴になった

仕事も色んな職種があります。事務所での仕事、営業、など静かな場所での仕事以外に機械音が鳴り響くような環境での仕事、パチンコ店での仕事、工事現場など騒音が激しい環境で仕事をされている方もいらっしゃいます。その様な騒音が激しい環境に長い間身を置いていると難聴になってしまう事があります。それが騒音性難聴です。騒音性難聴はいきなり発症する難聴ではありません。騒音性難聴は長い時間をかけて段々と聴力低下がおきます。そして耳鳴りがある事もあります。音楽をされている方やライブによく行かれる方なども同じ様に音による難聴になる音響外傷になる事があるので注意して下さい。

音響外傷と補聴器について詳しくはこちら

騒音性難聴とは?原因や症状

騒音性難聴は別名で職業性難聴や音響性難聴と呼ばれる事もある進行性の難聴です。騒音性難聴は、パチンコ店や工場、工事現場などの騒音下で長時間働くことによっておこります。難聴は勤務している年数が長いほどに騒音にさらされている時間が長くなるのでその分進行してしまいます。他にもコンサート、ライブハウスなどで大きな音を聞く環境に長時間いることによっても難聴になる事があります。音響性難聴(音響外傷)ともよく呼ばれています。騒音により傷害を受けるのは内耳にある有毛細胞です。低音域より高音、3000Hz以上音成分が悪くなります。騒音性難聴は感音性の難聴となります。騒音性難聴では、ほとんど両耳が同程度の難聴になります。音響性難聴ではどちらか片方が難聴になる事があります。同じような騒音環境にいても騒音性難聴になるかどうかは個人差があるので難聴になる人とならない人がいます。騒音性難聴の症状は、聞こえが悪くなること、それに耳鳴りを伴う場合もあります。基本的に85dBを超える音を聞き続けると難聴になる確率が上がると言われています。85dBという音の大きさは街頭での騒音に値します。1日辺りの許容時間は世界保健機関WHOによると約8時間とされています。その基準値を超えている恐れのある方は注意して下さい。騒音性難聴は、まず騒音の場所を避けることが大切です。仕事なのですぐに環境を変えるのが難しいという人は耳栓をするなど、耳を守る行動を取ることが必要です。

騒音性難聴の症状

症状は難聴になる以外に耳鳴りを伴う事が多いです。そして大きな音は割れて聞こえてやかましく感じます。
言葉の識別能力も低下する傾向があります。そして高音が聞き取れない感音性難聴の特徴が出ます。

騒音性難聴の治療法は?

急性に起こった音響外傷の場合にはステロイドが有効とされています。しかし長期間の音によりダメージを受けた有毛細胞は一度失われるともう元に戻る事はありません。現在の医療ではまだ治療で治す事もできません。出来る事は今後の難聴の進行を避ける為に遮音できる耳栓の使用、長時間音楽などを大音量で聴かず耳を休ませる。他にも規則正しい睡眠をとる事など。

騒音性難聴を予防する3つの対策

  1. なるべく大きな音の環境を避ける
  2. 耳栓を用意して騒音を和らげるようにする
  3. 耳鳴りなど耳に違和感を感じたら病院に行くようにする

仕事上騒音の鳴る環境にいる方は耳栓で予防が大事です。今は大丈夫でも後になり難聴になったでは遅いですのでしっかり予防しましょう。そして万が一難聴になった場合は早めに病院で診察、適切な治療を受けましょう。

騒音性難聴になった場合、補聴器で補えるのか?

難聴になると聞こえが悪くなるのでそれを改善させる為に補聴器の使用が考えられます。騒音性難聴の種類は感音性難聴です。ですので補聴器の使用は有効ですが完全にすべての音、言葉が耳が良かった時のように聞き取れるようになるのかと言われるとそれは不可能です。ですが今の現状より聞きとりを上げる事が出来ます。言葉を聞きとる能力は誰もが持っています。言葉の聞きとりは難聴が進むと低下していきます。ですのでその能力が低下してしまわないように補聴器を使い改善させます。その為補聴器の使用は早期の使用がおすすめです。そして補聴器を選ぶ際は補聴器専門店で相談する事をおすすめします。インターネットなどで簡単に購入する事もできますが補聴器の性能には違いがあります。その違いを理解した上で購入しなければ失敗してしまいます。通信販売の補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについて補聴器専門店では聴力の測定、耳の状態をみて適切な補聴器をお選びできます。補聴器はちゃんと聞こえ方に合わさなければ使い物にならなくなります。補聴器を選ぶ際は購入場所、予算や補聴器のデザイン、性能で選ぶようにしましょう。

補聴器の買い方、選び方について詳しくはこちら

補聴器をお考えの方、大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。きこえと予算に合った補聴器を提案いたします。まずは相談、聴力をお測りして一緒にお選びいたします。ご来店が難しい方には出張訪問をしていますのでお気軽に相談下さい。


東京にお住まいの方は秋葉原に姉妹店がありますのでそちらで対応いたします。

秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

騒音性難聴について紹介しました。騒音性難聴は感音性難聴になり、大きな音が割れて聞こえる、言葉が聞きとるのが難しくなります。そして多くの場合耳鳴りを伴う事があります。騒音性難聴は予防をする事が大事です。予防の仕方としては遮音性のある耳栓を使用する事、可能であれば少し耳を休ませる事、適度な睡眠、運動をする事などがありますので仕事の関係で騒音下にいらっしゃる方は出来る限り予防をして下さい。騒音性難聴は進行性の難聴ですので長年蓄積されたダメージで難聴になります。ですので予防があまりされていなければ難聴になる可能性があがります。難聴になり改善される場合は補聴器をお試し下さい。大阪聞こえ補聴器では聴力の測定、補聴器の試聴や貸し出しをする事ができます。騒音性難聴でお困りの方で補聴器を希望される方はお気軽にご相談下さい。補聴器をして聞きとりの改善ができれば生活も変わってきますよ。ご来店お待ちしています。