集音器と補聴器を比較しました【性能の違いを解説】

集音器って補聴器とどう違うのか比較してみました。まず集音器は補聴器と違い医療機器ではないです。集音器は一般向け、補聴器は難聴者向けの機器です。性能の違いを簡単に紹介します。間違えて購入すると失敗してしまいますよ。

集音器と補聴器のそもそもの違いがわからない

今時インターネットが普及して何でも簡単に買える時代になりました。よく通販や新聞に掲載されている集音器という物があります。この集音器は補聴器と比べて値段も安くて音量を大きくして耳の聞こえを良くするといった紹介がされています。一方補聴器は価格が集音器と比較すると高額です。片耳分を購入するのでも約5万円から50万円まで幅広くあります。同じ耳の聞こえを良くする機器というのはなんとなくわかってもその違いはわかりにくいですよね。難聴の方はどちらを買えばいいのか迷ってしまいますよね。予算の問題も出てきます。では集音器と補聴器、一体どう違うのかをわかりやすく比較して解説致します。

集音器と補聴器の違いを比較

医療機器であるかないか

集音器と補聴器、実はこの二つは全く違う物です。違いの一つにまず医療機器であるかないかがあります。集音器は医療機器ではありません。補聴器は医療機器です。この違いは重要です。医療機器に認可されるためには厚生労働省が定めている基準をクリアしないといけません。補聴器を製造、販売するためには制限がある。集音器は医療機器ではないので制限なく製造・販売する事ができます。

性能の違い

補聴器と集音器の性能は大きく違います。まず集音器は基本的に音の増幅のみしかできません。ですので使用する人の耳の聞こえに合わすことができません。簡単に言えば音を大きくするだけですので聞きたい音以外も増幅します。補聴器専門店で売られている補聴器は製品にもよりますが聞きたい音声以外の周りの雑音を抑える事や特定の方向からの音声を聞きやすくすることができます。例えば突発的な大きな物音を抑える機能があるなど様々な機能があります。集音器と大きく違うのが使う人それぞれ耳の聞こえの状態に合わせて音質の調整をすることができます。補聴器は集音器よりも圧倒的に多機能で高性能です。

値段の違い

集音器は補聴器と比較して安いです。補聴器の金額は安くて片耳5万円、高くて50万円程度する物もあります。集音器は1万円前後で購入することができます。この違いは性能の違いによるものです。補聴器は自然な聞こえにできる限り合わせるために色んな機能を持ち合わせています。中に入っている機械の性能が違う分これだけ価格に差があります。

購入場所の違い

集音器は電話やネット通販、電気店で購入できる為、購入方法がとても簡単です。補聴器は基本対面販売で、補聴器専門店にて購入します。購入までの手続きも集音器は買うだけですが、補聴器は補聴器専門店で聴力の測定や調整などの時間が必要となります。

集音器と補聴器を比較するとこの様な違いがあります。
こちらの記事も参考下さい

  • 1万円から5万円の通販やテレビコマーシャルの補聴器は集音器ではなく補聴器とうたっていますが既成品の補聴器に関しては音質調整が出来ないので集音器とほぼ同じ扱いでお考え下さい。

集音器と補聴器を使うならどちらがよいのか

集音器と補聴器、果たしてどちらを購入するべきか?購入する時に大事なのは集音器と補聴器を比較して違いを知った上で購入するという事です。補聴器は難聴者の生活を補助する物です。個人個人の聞こえに合わせて使用することができる医療機器です。集音器は個人個人の聞こえに合わして使用する事はできない、大衆向けの機器です。違いをわかった上で購入しなければ買って効果が無いという事になります。難聴と診断された方、聞こえが悪くて困っている方には補聴器を購入する事をおすすめ致します。使用する目的をよく考えて購入しましょう。聴力の低下を感じる事、難聴に関して気になる場合は耳鼻科の専門医に相談して適切な診断やアドバイスを受けることが大切です。補聴器専門店では難聴の診断はできませんがご相談はお受けしています。

違いをわからずに購入すると失敗や健康にも影響します

健康に影響を及ぼす

補聴器は難聴の人が使用するのを前提に開発、製造、販売されています。補聴器は周りの環境がうるさい中でも会話を聞きやすくする機能があったり、音を出しすぎないよう設定が出来たり安全に使用できる様々な機能があります。補聴器と比較して集音器は難聴者を対象として開発・製造されているものではありません。一般大衆に向けて販売されています。集音器は使用方によっていきなり大きな音を聞いて耳を傷める、悪くするという事にもなる恐れがあります。

失敗する、諦めてしまう

違いがわからず補聴器と思って集音器を購入してしまうと効果が得られないということになりかねません。集音器で効果がなかった為にどれを使っても無駄だと思い込んでしまい補聴器の使用にも踏み込みにくくなってしまいます。補聴器と比較して価格が安い、購入が楽だ、という理由だけで買ってしまうと失敗、聞こえの改善を諦めてしまうことになる可能性があります。

まとめ

集音器と補聴器を比較して違いを簡単に解説しました。集音器と補聴器の違いを知るという事はとても大事です。違いを知って購入しなければ失敗したり、健康にも影響が出ます。補聴器は難聴者向け、集音器は一般大衆向けという事を覚えておいて下さい。使用目的を理解した上で購入して下さい。難聴の疑いがある方は耳鼻科で診断してもらいましょう。大阪聞こえ補聴器では補聴器のご相談、補聴器の試聴やレンタルをしていますよ。補聴器に興味がある方、集音器との効果の違いを実感したい方はお気軽にご相談下さい。どちらが自分に良いのかを判断して、生活に役立てて下さい。