老人性難聴の補聴器を購入する方法【正しい選び方を伝授!】

老人性難聴で補聴器を選ぶなら専門店で買いましょう。認定補聴器技能者が性能、金額、デザイン、聴力、耳の状態に応じてあなたに合う失敗しない補聴器の買い方をご提案します。老人性難聴は補聴器専門店で正しく選びキッチリ解決しましょう!

補聴器の選び方

親が老人性難聴と診断されたので補聴器を考えているけど補聴器の選び方がわからない。どこで買えばいいかわからない。そんな方も多いと思います。補聴器にはいくつか種類がありますね。耳かけ形補聴器、耳あな型補聴器、ポケット型補聴器とその中で販売している補聴器メーカーも幾つかあります。初めて補聴器を考える方は補聴器自体についてもよくわからない点が多くあるでしょう。補聴器選びで大きく分けても値段の違い、形、メーカー(性能)の違いがあります。

値段の違い

補聴器は専門店で売られている補聴器だと片耳で約5万円から50万円まであります。一方、通信販売などでは1万円を切る物から高くても6万円ほどです。何も知らなければ価格の違いに困惑してしまいますね。

補聴器の形の違いもわからないポイントです。耳あなに入れる補聴器と耳にかける補聴器は何が違うのかわかりませんよね。

メーカー(性能)

補聴器を販売しているメーカーも何社かにわかれます。メーカーによって違いはあるはずなのでどの補聴器メーカーが優秀なのか考えると思います。補聴器の性能も気になりますよね。よく聞こえる補聴器を選びたいですよね。

老人性難聴の補聴器の選び方について

老人性難聴に合う補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。耳鼻科で予め老人性難聴と診断された方を対象に説明します。補聴器専門店では聴力の測定を致しますが難聴の診断はしておりませんので予めご了承下さい。補聴器を選び購入するまでの流れです。

聴力や耳の状態を確認してもらう

補聴器の選び方ですがまず大事なのはご本人様の耳の聞こえ方です。聴力を測らない事には適応する補聴器も選べません。そして耳の状態です。耳の状態でも選ぶ補聴器の形が変わります。例えば耳漏れがある方、耳の中が湿っている方には耳あな型補聴器があまり適さないなど補聴器の形を選ぶ上で重要です。これは老人性難聴に限らず大事です。補聴器専門店で適切なアドバイスを貰いましょう。

実際に補聴器がどんな物かを知る

次に大事なのが補聴器のメーカー、機種の性能です。専門店で扱う補聴器の性能は値段により変わってきます。もちろんメーカーによってもです。ですので値段が高い補聴器には今の補聴器で出来る最大限の性能が入っているとお考え下さい。この性能の選び方は耳の聞こえ方、予算と自身の生活環境に合わせて選んでいきます。補聴器専門店で相談して決めるのがよいでしょう。メーカー、機種がある程度決まったら補聴器を試聴したりレンタルをする事で補聴器がどのような物かわかりますので是非利用しましょう。大阪聞こえ補聴器では1週間500円で補聴器のレンタルをしていますので希望の方は事前にご予約をお願い致します。補聴器の形状、耳あな型や耳かけ形は好みに合わす事ができますが耳の状態や聴力によっては希望に添えない場合もあります。故障のリスク、聞こえの改善をするには補聴器専門店のスタッフとよく相談して決めるのが大切です。

聞こえに合う補聴器が見つかれば購入

機種が決まれば補聴器専門店で注文します。耳あな型補聴器にする場合はオーダーメイドの補聴器なので耳の型をとります。注文した補聴器が出来上がったらお渡しします!購入後の補聴器のアフターケア、点検もとても大事ですので定期的に補聴器の調整などする必要があります。補聴器は買ってお終いではありません、聴力が変わったり音量に変化を出したい時は補聴器専門店で調整、点検してもらいましょう。

補聴器の種類、性能の違いについて詳しくはこちら

補聴器専門店で購入する方が良い理由

補聴器専門店で買うのをおすすめする理由があります。通信販売や電話注文などでも今時補聴器は買えます。しかし、この補聴器には注意する事があります。対面販売で売られていない補聴器や集音器と呼ばれる物は聴力に合わせた音質の調整が出来ません。簡単に分けると集音器などの類は一般向けで、補聴器専門店で取り扱う補聴器は難聴者向けに作られた機器です。ですので通信販売の補聴器は老人性難聴の方が使う物として向いていません。老人性難聴であれば聴力のデータを入れて調整ができる補聴器にしなければ効果が無い物になります。通信販売などで売られている物は安いです。その分良い性能は見込めません。安く買えても使い物にならなければ意味がありません。購入する際は補聴器専門店で取り扱う補聴器と通信販売で売られている補聴器、集音器の違いをしっかりと理解した上で購入しなければいけません。

通信販売で売られている補聴器と補聴器専門店の補聴器の違いについてはこちら


認定補聴器専門店で相談するのが解決の決め手になります!

大阪聞こえ補聴器は認定補聴器専門店です。認定補聴器技能者が4名在籍しています。あなたの聞こえに合った補聴器を提案致します。ご相談、聴力測定、試聴、レンタル、すべてお受けします!他店で買われた補聴器で、今の調整を変えたい方、購入店が閉店してしまってお困りの方は当店の取扱いメーカー(フォナック、ベルトーン、シーメンス、GNリサウンド)であれば再調整をお受けします。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

補聴器のセカンドオピニオンはこちら

補聴器専門店で買うメリットとデメリット

メリット
  • 補聴器を選ぶ際に適切なアドバイスをもらえる
  • 補聴器の試聴やレンタルが出来る
  • 性能がわかった上で購入できる
  • 補聴器の効果をみてもらえる
  • 購入した後も定期的に点検、調整してもらえる
デメリット
  • 補聴器専門店に足を運ぶ必要がある
  • 聴力の変化など、音質を調整するのに時間が必要
  • 通信販売などと比べると予算が上がる

補聴器専門店の補聴器は年齢と共に難聴が進んだ時も聴力を測定して聞こえに合わせて調整をする事ができますので購入してからも安心です。大阪聞こえ補聴器では店舗に足を運ぶのが難しい方の為にご自宅や入院先に訪問する事ができる出張訪問サービスをおこなっています。出張訪問のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

出張訪問サービスについてはこちら

まとめ

老人性難聴の補聴器を選ぶ方法を紹介しました。補聴器を選ぶ時は補聴器専門店に行きましょう。通信販売では安く買えますし、足を運ぶ必要もありません。しかし、いい事ばかりでは無くその分売られている補聴器も性能には期待できません。老人性難聴であればちゃんと聴力に合わす事ができる補聴器を選びましょう。性能に関しても補聴器専門店でアドバイスをもらい性能を確認しましょう。プレゼントなどで補聴器を考えている方は失敗しない様に気をつけて下さい。聞こえに合った補聴器で明るい生活をおくりましょう。