イヤモ二の耳型は大阪聞こえ補聴器にお任せ下さい【イーイヤホン認定優良店】

イヤモ二用の耳型が大阪聞こえ補聴器で採取できます。当店、大阪聞こえ補聴器と東京の秋葉原にある姉妹店秋葉原補聴器リスニングラボは耳型採取に関しての経験、知識がありますので安心して採取していただけるイーイヤホン認定優良店です。イヤモ二(カスタムIEM)を製作する時に必要になる耳型(インプレッション)は補聴器専門店で採取する事ができます。しかし、イヤモ二の耳型の採取は補聴器の採取方法と異なる為技術と知識がなければ綺麗に採取する事ができません。初めての方、何度か経験のある方にも優良店である当店のインプレッション採取の流れ、サービスを改めて紹介します。

イヤモ二について

初めに知らない方もいらっしゃるかと思いますのでイヤモ二について簡単に紹介します。イヤモ二は別名でカスタムインイヤーモニター(カスタムIEM)と呼ばれています。カスタムという名前から自分好みにカスタムできるイヤホンです。 要はオーダーメイドのイヤホンですね。よくテレビの音楽番組、実際のライブなどでミュージシャンが耳に着けているイヤホンを見た事がありませんか?あれがイヤモニと呼ばれる物です。イヤモニは当初ミュージシャンの演奏用イヤホンとして80年代中頃にアメリカで生まれました。 バンド演奏やボーカルの声を聞き取るためや、PA(音響装置)やエンジニアなどバンドのスタッフの技術を向上させるためにも作られました。 最近では音楽活動以外でもリスニング用で使用される方が若い方を中心に増えています。

耳型採取1

イヤモ二の耳型について

耳型は耳の形を専用のシリコンを流し込み耳の形状を形成して作製します。採取された耳型はインプレッションとも呼ばれています。 耳型採取は歯医者さんで歯型を採取するのと似た工程となります。耳にシリコンを流し込み、片耳約10分ほどで固まり完成します。 採取の所要時間は両耳で約20分です。耳型採取11

イヤモ二の製作はイヤホン専門店eイヤホンでご注文できます!

イヤモ二を注文出来るのは東京、名古屋、大阪に店舗があるイヤホン、ヘッドホン専門店eイヤホンで出来ます! eイヤホンで取扱いがあるのはイヤホン、イヤモ二、ヘッドホン、各種オーデオ機器です。大阪には梅田と日本橋、2店舗あります。

耳型の採取は極めて重要です!

イヤモ二を製作するに辺り、とても重要なのがイヤモ二の形状の元となるインプレッション、耳型です。 このインプレッションが上手く採れていないと出来上がりのイヤモ二の装用時に若干の誤差がでてきます。メーカーでの製作過程で問題があるケースもありますがベースとなる耳型は非常に重要です。カスタムIEMの耳型採取は補聴器専門店で採る事ができますがすべての補聴器専門店ではおこなっていません。補聴器とイヤモ二の耳型では手順や採取する場所などが大きく違います。ですのでイヤモ二の耳型採取は特定の補聴器専門店でしかおこなっていないのです。

耳型採取2-2

耳型採取では自分の要望を伝える事が大事

イヤモ二の耳型はただ単に採取する訳ではありません。採取の方法によりイヤモ二の形状、フィット感に違いを出す事ができます。後、用途によっても変わってきます。音楽を楽しむだけで使用するのか、バンドをやっている、ミュージシャンでありその時に使用するなど様々です。大きく分けて採取の用途は3つ!

  • ミュージシャン用
  • リスニング用
  • エンジニア用

用途によりそれぞれ採取方法は変わります。採取の方法で遮音性、フィット感に大きく違いが出るんです。

耳型採取の手順、方法について詳しくはこちらをご参考下さい。

耳型採取の価格や注意事項について

大阪聞こえ補聴器の耳型採取料金や注意事項について説明します。耳型の採取料金は5400円(イヤチップのエアラ、耳栓ミミブタは4000円)となります。基本的には左右1ペアの採取となりますが仕上がった耳型が上手く形成出来ていない時などは追加で採取させて頂く場合があります。耳型採取を行うには採取に同意して頂く必要があります。その際未成年の方(20歳未満)は本人の同意以外に保護者の同意も必要となります。保護者の同意がなければ採取する事ができませんので予めご了承下さい。同意書はダウンロードする事ができますので同意を頂いてからご来店下さい。

同意書のダウンロードはこちらから

大阪聞こえ補聴器では安全安心に採取を行っている為耳型採取に同意頂いても以下の場合採取がする事が出来ない場合があります。

  • 耳の手術の跡がある、傷がある方
  • 中耳炎になられた方で耳漏がある方
  • 過去90日以内に突発的に片耳の聞こえが悪くなった、聴力の低下を感じられる方
  • 耳垢が多く、鼓膜の確認が出来ない方
  • 急性や慢性のめまいがある、体調が優れない方
  • 外耳炎になっている、耳道内が炎症している方
  • 耳の中に痛み、不快感がある方

この内一つでも当てはまる内容があれば耳型採取をする事はできません。すぐに耳鼻科を受診下さい。心配がある方は耳型の採取を行う前に耳鼻科で診てもらうと安心して採取できます。

イヤモ二の使用方法はしっかり守りましょう

イヤモ二の使用は注意しなければ耳を痛め、難聴にも繋がる恐れがあります。ですのでしっかり守る必要があります。例えば長時間のリスニングをしたりする事や、大きな音量で聴くなどは難聴の原因となりますのでご注意下さい。

音響外傷や騒音性難聴についてはこちら

大阪聞こえ補聴器はeイヤホン認定のインプレッション優良店です

大阪聞こえ補聴器はインプレッション製作に必要な知識と経験があります。リスニングラボのマークのある補聴器専門店はイーイヤホンが認定したイヤモ二用インプレッション採取の優良店です。大阪聞こえ補聴器はイヤモ二取扱い店に認められている耳型採取の優良店となります。ですのでリスニングラボのマークのある補聴器専門店では安心して耳型採取をする事ができます。今後大阪聞こえ補聴器では耳型採取に関するお得なサービスなど実施予定です。イヤモ二製作お考えの方、耳型採取は大阪聞こえ補聴器へお越し下さい。


東京にはeイヤホンカスタム店の地下に姉妹店である秋葉原補聴器リスニングラボがあります。同じく優良店となっていますので東京にお住まいの方はリスニングラボで採取する事が可能です。
秋葉原補聴器リスニングラボはこちら

まとめ

イヤモ二用の耳型採取について紹介しました。カスタムIEMの耳型採取は補聴器専門店で採取できますが、補聴器とイヤモ二の耳型採取は方法が異なるのでどの店舗でも行える訳ではありません。採取前に確認をとる事が大事です。大阪聞こえ補聴器はインプレッション採取に関してイヤモ二を数多く取り扱っているeイヤホンに優良店として認められています。耳型採取に関する知識と経験があります。安全安心に採取していますのでお気軽にご来店下さい。インプレッション採取は事前の予約を頂いていますのでご来店日、時間をお伝え下さい。大阪聞こえ補聴器ではあなたのイヤモ二製作のお手伝いをいたします。ご来店お待ちしています。