補聴器の種類

補聴器の種類

補聴器にはどんな種類がありますか?
補聴器の種類には、その形状から大きく分けて、耳あな形、耳かけ形、ポケット形、メガネ形の4つのタイプがあります。また、補聴器の調整の仕方によって、ドライバーで調整する【アナログタイプ】とコンピューターを使用して調整を行なう【プログラマブルタイプ】に分けられます。
※詳しくは「全国補聴器専門店認定協会」のホームページをご覧下さい。

補聴器-形による分類

耳あな形補聴器

耳現在、一番普及しているのが耳あな型です。1997年までは耳かけ型が一番多く使用されていましたが、1999年に逆転し耳あな型がすっかり定着しました。耳の中に収まるタイプで、目立たないのが特徴です。

すっぽりと耳の中に入って外から見えにくい小型のものや、耳の入口までくるやや大きめのものまであり、耳の形状ときこえの程度にあわせて作るオーダーメイドタイプが一般的です。耳の奥深くまで収める小さいタイプでも、 人によっては大きめになることもあります。

また、小さい補聴器ほど、調整つまみや電池も小さくなります。目がご不自由な方や、指で小さなつまみを扱いにくい方は大きめな補聴器をお勧めします。

人気のあるタイプはオーダーメイドタイプの耳あな形補聴器ですが、「きこえ」の程度によっては、お使いいただけない場合もあります。

~特徴~

  • 補聴器が耳の中に入り、その先端にレシーバーがあるので、音の出口から鼓膜への距離が補聴器の中で最も近い。従って、音の伝わりの効率が良く、良く聞える。
  • 耳介の効果(集音・方向感・共振)を最大に生かせる。
  • 電気音響的特性が他の器種に比べ、最も自然な音。
  • オーダーの場合は自分の耳の型を採って作るのでつけていて違和感がない。主に軽中度の難聴向き。
  • 小さくて目立たないので、現役で仕事をしている人、若い人、女性などにはよい。
  • 電池代が高くつく。

 

耳あな形補聴器の種類

耳あな形補聴器は難聴の度合いによっても補聴器の大きさがかわります。高度難聴の方には耳にすっぽりと収まるフルサイズ、中高度から軽度の方には小さくて目立ちにくいカナル、中度から軽度難聴の方には周囲からほとんど付けているのがわからないCIC(マイクロタイプ)があります。

CIC 一番小さなマイクロタイプの補聴器で、耳に入れると外からは見えません。耳あなにぴったり収まります。
カナル CICよりも大きめですが、耳にぴったり収まるタイプです。このタイプはCICタイプの電池よりも、少し大きめの電池を使います。
フルサイズ さまざまなタイプの難聴に広くお使いいただけます。サイズが大きめなので使いやすくなっています。
耳かけ形補聴器

耳の後ろに本体をかけチューブでつながった耳栓を耳の中に入れて音を聞くタイプ。比較的取り扱いやすく、種類が豊富で性能によって選るので、根強い人気があり、軽度難聴から重度な難聴まで、あらゆる難聴の度合いに対応できます。
最近では重度難聴者に対応するパワー型や耳穴型よりも目立ちにくい小型な商品も開発されています。また、肌や髪の色に合わせていくつかの色の中から補聴器の色を選べ、カラフルな色を取り揃えている場合もあります。一人ひとりの耳の形に合わせたイヤモールド(オーダー耳栓)を使用することで、ハウリング(ピーピー音)がおこりにくくできます。

~特徴~
・ポケット形よりはずいぶん小型だが、耳穴形よりは目立つ。
・器種が豊富なので、広範囲の中から器種選択が可能で重度難聴に対応するタイプもある。
現在、耳かけ型は、最も器種の選択幅が広く、出力・利得・周波数レスポンスなどの基本性能や、調整器、価格等の面で、既成の補聴器の中では代表的な補聴器。

箱型に匹敵する高出力・高利得、幅広い音質選択が可能。また、調整幅も広く、その場での対応性に優れている。

  • 中耳炎の手術などで耳あな形ができない人や耳漏のある人などにはよい。
  • 耳栓をしっかり合わせないとピーピーと音漏れ(ハウリング)がする。
  • マイクが耳の後ろにあるので電話をかけるのにコツが必要。
  • 耳にかけて使用するので汗が入りやすい。
  • 電池代が多少高くつく。

→Q&Aイヤモールド
→Q&Aハウリング

クロス(CROS) 補聴器

クロス補聴器はクロス補聴システムで一側性難聴へのソリューションです。聞こえない耳側に「フォナック(PHONAK)クロス(CROS)送信機」を、聞こえる側にフォナック補聴器を装用することで、送信機のマイクロホンが周りの音声をキャッチして、聞こえる耳側の補聴器まで届けてくれます。

※電波を使用する製品のため、心臓ペースメーカーをお使いの場合はご購入の前に必ず専門医にご相談ください。

バイクロス補聴器

バイクロス補聴器は上記で述べたクロス補聴器の構造から聞こえている側の耳に軽度もしくは中度の難聴がある場合に対応します。聞こえている側も軽中度難聴があれば補聴器で難聴を補い、聞こえていない側の耳は聞こえている側へクロス補聴で送信する調整のことです。

※電波を使用する製品のため、心臓ペースメーカーをお使いの場合はご購入の前に必ず専門医にご相談ください。

ポケット形補聴器

補聴器本体をポケット内に収めて、あるいは首からさげてイヤホンをコードでつなぐタイプ。操作が比較的簡単で、機種によっては高出力も得られ、大きな音量が出せるので軽度の難聴から重度の難聴まで幅広くお使いいただけます。 デジタル型はありません。

~特徴~

  • 比較的大型なので目立つが、操作はスイッチ、ボリュームを見ながら手元で操作できるので簡単。
  • 高出力が得られ、大きな音で聞くことが出来る。
  • ピーピー音(ハウリング)がしにくい。
  • 乾電池を使うため電池代が安くつく。
  • 聞きたい音の方向にマイクを向ければ音を拾いやすい。
  • ポケットなどに入れて使うので衣擦れの音が入ってしまう。
  • イヤホンコードを使用するので邪魔になることがある
  • 行動的な人、若い人には向かない。家の中で過ごすことの多い人や入院中、寝たきりの人、テレビや会議の時のみ使う人などにはよい。
  • 中耳炎などの手術で耳あな形が出来ない人や耳漏のある人には適している。
メガネ形補聴器

メガネと補聴器が一体化したタイプ。メガネのつるの部分に補聴器が内蔵されていて、耳の後の骨を振動させ直接聴神経に音を伝える補聴器です。中耳炎などで難聴になり骨導聴力の残っている方におすすめです。メガネと併用できる利点はありますが、レンズと補聴器の両方を調整する必要があります。カチューシャタイプのものもあります。操作は比較的簡単です。

~特徴~
・骨導聴力が軽度~軽中度の方に対応します。中耳炎等で難聴になった人むき。
・メガネもしくはカチューシャを装着する必要があるので本体が重く、耳の後を押さえるので頭に少し負担がかかる。
・メガネの形が変わったりすると耳の骨に震動が伝わらず聞こえにくくなるので、メガネの調整が必要になる。
汗による故障が多い。

特殊補聴器

以上4種類のほかに、離れた場所に設置したFM送信機から手元の補聴器に音を送る、騒音に強いタイプや、高音域の子音を聴き取りやすいよう周波数を圧縮するものなど、特殊な用途で使う補聴器もあります。

調整の仕方による分類

補聴器の調整は大きく分けてドライバーで調整する【アナログタイプ】とコンピューターを使用して調整を行なう【プログラマブルタイプ】に分けられます。

アナログタイプにはアナログ補聴器、プログラマタイプにはプログラマブル補聴器とデジタル補聴器があります。

アナログタイプの補聴器

音質の調整は、基本的に低音・高音の2つのパートに分けてドライバーで調整するので、調整の幅はかなり限られてきます。聴力の度合い、聴力型によってそれぞれ適合する補聴器の機種が異なるので、その時の聞こえに合ったものを選択します。聴力が変わり、使用している機種が合わなくなれば買い替えの必要があります。アナログタイプはアナログ補聴器とも呼ばれています。

プログラマブルタイプの補聴器

一般的にセミデジタルのものを「プログラマブル補聴器」といい、フルデジタルのものを「デジタル補聴器」といいます。軽度から一部高度の難聴まで1つの補聴器で合わせることができるの、聴力が途中で変わっても設定を入力し直すだけで買い替えの必要がありません。

音質の調整は低音・高音に加え、中音域の調整も可能なので、補聴器を使う人の聞こえに最適な状態に合わせることが可能です。従来のアナログタイプのものとは音質と調整の幅に格段の差があります。人はそれぞれ聞こえの好みが違います。強めの音が好きな人もいれば、ソフトな音が好みの人もいます。まったく同じ聴力の人であっても同じ調整になるとは限らないのです。自分好みの音に合わせられる幅があることが、プログラマブル補聴器やデジタル補聴器の最大の特徴といえるでしょう。

長期に渡ってアナログ補聴器を使用していて、アナログの音に慣れている人の場合は、プログラマブルタイプの自然に近い音では物足りないということもよくあることです。

オーダーメイド補聴器ってなんですか?
耳の形や聞こえは、一人ひとり違います。とくに耳あな形補聴器は耳あなへのぴったり感が大切です。つける人の耳の形と聴力に合わせて作る、世界で1台の自分専用の補聴器がオーダーメイド補聴器です。

【特徴】

  • 耳の奥まで入るので鼓膜の近いところで音を出すことが出来て音質が良い。
  • 耳かけ形は汗での故障が多いが、耳あな形は汗での故障が少ない。
  • 耳の中にすっぽりと収まるため、耳介の音を集める効果や方向感を生かすことが出来る。

【短所】

  • 過去に耳の手術をされている方、中耳炎や耳漏の多い方にはあまりおすすめ出来ません。
  • 耳かけ形に比べ音漏れ(ハウリング)がしやすいですが、最近のデジタル補聴器は音漏れを防止する機能が付いています。
  • 重度難聴には対応していません。重度難聴者には耳かけ形もしくはポケット形をおすすめします。

※耳あな形にも既製品がありますが、オーダーメイドではありませんのでお気をつけください。

既製耳あな形とオーダーメイド耳あな形は何が違うのですか?
既製耳あな形はオーダーメイドの耳あな形補聴器と違い、耳の型を合わせないで使用する補聴器です。オーダーメイドにくらべて音漏れが多くなります。比較的軽度の難聴の方向けで、中度難聴以上の方にはあまりおすすめ出来ません。音の調整機能も劣ります。
【特徴】

  • 価格が安い。
  • 既製品のため、通信販売が多くあまり専門店では販売していない。
  • ボリューム調整のみで音質調整など細かい調整があまり出来ないタイプが多い。
  • 既製品なので耳の穴が合わなければ音漏れが多くなり、補聴器装用の効果があまりない。

デジタル補聴器

デジタル補聴器ということばをよく耳にするのですが、デジタル補聴器とは何ですか?
最近、補聴器もデジタルが主流になってきています。デジタル補聴器とは、音を数値化したデジタル信号にかえて処理します。この補聴器はいわばコンピューターの頭脳を持った補聴器であると考えてよいでしょう。内部では、不要な音を押さえたり、会話の声をより明瞭にしたりするなどのさまざまな処理が瞬時に行えます。このデジタル音声処理によって、補聴器はさらに使いやすく、聞き取りやすさが向上するなど高性能に進化しました。また、補聴器の設定を細かに変更して補聴器自身にプログラムとして記憶させることができますので、お使いになる方の感覚や環境に合わせた微妙な変更も確実に行えます。
デジタル補聴器の音はどこが違うのでしょう?
デジタル補聴器にはごく小さいコンピューターが組み込まれています。このコンピューターが音楽CDと同様に音声信号をデジタル化してクリアな音をもたらしています。また、音声信号を高速で計算・処理することで、必要な音量に増幅したり、補聴器内の雑音を押さえ込んだり、周囲の雑音の中から会話音だけを分離したり、子音を強調して言葉を聞き取りやすくするなど、複雑な処理も同時に行うことができます。そのため、一般の補聴器に比べ、ひずみの少ないより明確な音が得られるのです。
デジタル補聴器はどこまで進歩しているのですか?
現在、デジタル補聴器は周囲の環境を自動的に認識し、その場に応じた聞こえを提供することができるようになっています。さまざまな環境でのいろいろな音に対応して、会話に不要な音は小さく抑える機能、自動的に小さな音を聞きやすくしたり、強大な音を抑えて常に聞きやすくする機能、ボリュームを調整しているうちに好みの音量を補聴器が記憶して自動的に設定してくれる機能、etc.。
デジタル補聴器は、入ってきた音をさまざまに処理・加工できますので、アナログの補聴器に比べて、よりよい聞こえを実現するための多彩な機能をさらにプラスしていくことができます。デジタル補聴器はこれからも進化し続けるでしょう。
デジタル補聴器は操作が難しいですか?
電源が入れば操作は必要ありません。補聴器自身が周囲の環境に応じて自動的に音を処理するので、面倒な音量調整などは必要ありません。基本設定は専門スタッフが行います。音をうるさいと感じたり、違和感があるようでしたらお気軽に技能者(専門スタッフ)にご相談ください。「認定補聴器技能者」である私たちがいつでも対応させていただきます。
デジタル補聴器は調整が何度か必要ですか?
デジタル補聴器はお使いになる人の聴力に適した調整を自動的に行いますが、慣れるまでに少し時間が必要です。最適な聞こえを得るためには従来の補聴器と同様に、技能者(専門スタッフ)による調整が必要です。この調整により、本当に満足のいく聞こえを得られます。遠慮なさらずに、何度でも私たち【関西きこえ補聴器】に調整をお申し出ください。
デジタル補聴器はなぜ高価なのですか?
従来の補聴器では実現できなかった細やかな調整や、より良い音を得るための多くの機能があるからです。しかし、聴力の低下には個人差があり、ご自身の聞こえにあった補聴器を選ぶことが大切です。デジタル補聴器の機能が必要かどうかは、「認定補聴器技能者」である私たちにご相談ください。

≪その他補聴器について≫

イヤモールドって何ですか?
耳かけ形補聴器、ポケット形補聴器の付属の耳せんは既製品なので、耳の形に合わない場合があります。耳せんが耳の形とあっていないと耳から音が漏れてピーピー音(ハウリング)を起こします。使われる人の耳の形に合わせて作ったオーダーメイドの耳せんをイヤモールドといいます。イヤモールドはハウリングや補聴器の脱着を防ぎます。また、聞こえに適した音量調節もできます。イヤモールドにはいろいろな色があります。

→Q&A耳かけ形、ポケット形補聴器
→Q&Aピーピー音(ハウリング)

補聴器は買ったらすぐに聞こえるようになるのですか?
オーダーメイドの補聴器は、はじめから使う人の聴力に合わせて作られていますが、既製品の補聴器は、使う人の聴力に合わせた調整が必要になります。調整は補聴器店の技能者が行います。調整がきちんと行われても、耳は感覚の器官ですから補聴器の音にはすぐには順応できませんので、少しずつ新しい音に慣れていきましょう。認定補聴器専門店【関西聞こえ補聴器】では、私ども専門技能者がお客さまとの二人三脚できめ細かな調整のお手伝いをさせていただきます。

→Q&Aオーダーメイドの補聴器

集音器ってなんですか?補聴器と集音器の違いを教えてください。
集音器は補聴器と違い、音を大きくさせる機能だけの器具ですが、価格が安く、通信販売が多いので簡単に購入できます。軽度難聴の方などには比較的合いやすいです。但し、雑音が多く補聴器のように調整が出来ない為、聴力に合わせた音質を作ることが出来ません。補聴器は医療機器ですが、音質調整が出来ない集音器は医療機器ではありません。予算に余裕がある方は補聴器を購入していただくことをおすすめします。