補聴器の価格

補聴器の価格にはとても幅があるようですが、ふつういくら位するものですか?
補聴器の価格には数万円〜数十万円までかなりの幅があります。通常、器種によっても付いている機能によっても価格が違ってきます。ご購入をお考えのときはある程度の予算の上限を決めておかれたほうがよいですが、価格で選ぶよりご本人の聞こえに会ったものを購入されることをおすすめします。認定補聴器専門店【関西きこえ補聴器】ではご使用する方の希望(使用目的、見た目が気になるか、取り扱いの容易さ、価格)や耳の状況、聴力データ-等に基づき、私たち認定補聴器技能者である専門スタッフが最適と思われる補聴器をご提案し、いろいろな器種を視聴していただいた後に安心してご自分にあった補聴器を選択していただけます。
価格が極端に安い器種と高い器種がありますが、何がどう違うのですか?
補聴器の価格差は補聴器に搭載されている機能、性能の違いです。 価格の高い補聴器は雑音を抑制する最新の機能や、自動的にハウリング(ピーピー音)を抑える機能、 ご自分の声がより自然に聞こえる機能、そして、一人ひとりの聴力にあわせて音質を、きめ細かく調整できる機能等が搭載されています。また、一般的に耳あな形補聴器は一人ひとりの耳の形状や「きこえ」の程度に合わせて、オーダーメイド(手作り)で製造されますので、 耳かけ形補聴器に比べ高価になります。(耳あな形補聴器の中でも、目立ちにくいCIC補聴器は、さらに高価な場合があります。)ただ、補聴器を購入される場合は、価格よりも、お使いになる方の「きこえ」の程度と目的に合った機種を選ぶことをおすすめします。

→Q&Aハウリング(ピーピー音)
→Q&A耳あな形補聴器・CIC

価格の高い補聴器と安い補聴器の「聞こえ」に差はありますか?
補聴器を使用する環境によっては「聞こえ」に差がでます。例えば、特に騒がしい騒音の中でも言葉の聞き取りに違いが出ます。また、雑音がうるさくなく、常に聞き心地の良い補聴器もあります。ただし、どんなに高い補聴器でも「聞こえ」の程度や補聴効果、評価に個人差があります。「聞こえ」や目的に合わせて、納得のいく補聴器をご購入されることをおすすめします。そのためには、まずご自分の「聞こえ」の程度を知ることが大切です。その上で、どんなときに困っているのか、また、どんなときに補聴器を装用し、改善したいのか等を補聴器店の技能者にお伝えください。
補聴器の値段が高いのはなぜですか?
補聴器は「聞こえ」を補う身体の一部です。より自然でクリアな音質を提供するために、先進技術を駆使して開発された精密な医療機器です。しかも、一人ひとり「聞こえ」の程度に合わせて調整するため、それなりに高価になります。また、耳あな形補聴器の中には、極少サイズも有り、そのなかに音を拾うマイク、音を増幅するアンプ、そして音を出すレシーバーが入っていますので、開発費等を含めるとこのような価格になるということをご理解ください。
デジタル補聴器はなぜ高価なのですか?
従来の補聴器では実現できなかった細やかな調整や、より良い音を得るための多くの機能があるからです。しかし、聴力の低下には個人差があり、ご自身の聞こえにあった補聴器を選ぶことが大切です。デジタル補聴器の機能が必要かどうかは、「認定補聴器技能者」である私たちにご相談ください。
医療費控除の対象になりますか?
医療費控除の対象となる医療費の範囲に含まれるものとして、医療用器具の購入、賃借又は使用のための費用で通常必要なもののほか、自己の日常最低限の用を足すために供される義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯等の購入のための費用も含まれるものとされています。(所得税基本通達73-3)しかし、これらの費用は、医師又は歯科医師等の治療又は診療等を受けるために直接必要なものであることが要件です。 (所得税基本通達73-3本文)したがって、眼科医に検眼をしてもらって、その診断書や処方に基づいて眼鏡店で購入される近視や遠視、老眼、弱視などのために使用される眼鏡は、日常最低限の用を足すために使用するものではありますが、医師の治療等の過程で直接必要なものとは認められませんので医療費控除の対象とはなりません。また、このことは、補聴器であっても同様に、医師の治療等の過程で直接必要とされて購入した場合に限られます。確定申告の際には、補聴器に係る領収書のほかに、治療の対象となる疾病名や、 治療を必要とする症状であることが明確に記載された処方箋を確定申告書に添付してください。