ハウリングについて

ピーピーと音がしてうるさいのですが、故障ですか?
補聴器からピーピーと音がするのは、音が漏れることによって起こる「ハウリング」と呼ばれる現象です。ハウリングは故障ではありません。耳せんやイヤモールドがあなたの耳にピッタリ収まっていなかったり、ボリュームをあげすぎていませんか?

→Q&Aイヤモールド

ハウリングとはどういう現象ですか? どんなときに起こりますか?
補聴器が「ピーピー」いう現象をハウリングといいます。補聴器で増幅された音が、再び補聴器のマイクに入ることによりハウリングは起こります。ですから補聴器の音量を大きくするほどハウリングしやすくなります。

補聴器をつけているときにハウリングする場合は、耳せんや補聴器の形が耳の形と合っていないため耳から音が漏れて起きているのです。耳せんや補聴器を装着するときに、耳への入れ方に注意し、きちんと耳の穴に入っているかを確認してください。それでもハウリングが起こる場合は補聴器取扱店へご相談ください。

→Q&A「オーダーメイド補聴器」
→Q&A「耳かけ型補聴器」
→Q&A「ポケット型補聴器」
→Q&A「イヤーモールド」